アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


お薦め書籍、お薦め演劇

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

月中になってしまいましたが、毎月行っているお薦め書籍のご紹介を行いたいと思います。
今回はお薦めの演劇もあります。
次の3冊と、演劇ひとつです。

▼お薦め書籍
 1『はじめての日月神示』中矢伸一著、かざひの文庫
 2『ジャポニズム43号』青林堂
 3『差別された韓国で気づいたふるさと日本』金田正一著 桜の花出版
▼お薦め演劇
 4『君よ生きて』演出脚色・望月龍平さん


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180618 君よ生きて
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


───────────
1『はじめての日月神示』中矢伸一著、かざひの文庫
───────────

日月神示の第一人者の著者が、日月神示の中でも特に大切な神示を、原文無しで、はじめから現代語訳して、その要点を解説した書です。
難解とされる日月神示が、ものすごくわかりやすく書かれた入門書で、見開きの右ページに神示の言葉の現代語訳、左ページにその解説が掲載されています。

日月神示は、ほとんど数字で書かれた原文だけで37巻、補巻1巻という膨大なものです。
全訳も出されていますが、その一語一語に解釈が必要で、読み解きを間違えてしまったら、せっかく読んでも何も得るものがなくなるどころか、ご神意を履き違えるのですから、とんでもないことになってしまいます。
つまり、日月神示は、正しく読むことが大切なのです。

著者の中矢先生は、この日月神示を完訳された先生で、現在我が国における日月神示の第一人者です。
その第一人者が、日月神示のなかでも、特に大切と思われる言葉を、誤解のないように現代語訳し、それぞれに解説を加えた、というのがこの本です。

本は見開きで、右のページに日月神示の原文の現代語訳、左のページに解説が書かれています。
たいせつなポイントを外さずに、日月神示のポイントを大づかみに学ぼうとするとき、この本はたいへんに役に立つと思います。

同時にこの本は、現代人が現代日本を生き抜く知恵を教えてくれる本でもあります。
日月神示そのものには興味がないという方であっても、現代を生き抜く知恵は必要です。




ねずさんの最新刊!


20180612 イシキカイカク大学



読んで感じたことがあります。
「この世はバーチャル・リアリティによる仮想世界だ」
というまるでSFのような説があります。
れっきとした現代物理学の仮説で、「シミュレーション仮説」といいます。
極大(マクロ)宇宙論と極小(ミクロ)世界の理論を統合しようとすると、この仮説でしか説明できなくなるのだそうです。
あやしげな宗教ではなくて、れっきとした物理学の説です。

ウチの孫がやっているプレイステーションのモンスターハンターというゲームは、画面がまるで映画のようでびっくりします。
昨今のゲームでは、VR(バーチャル・リアリティ)といって、大きめのアイマスクのようなものを装着すると、3Dの空間内に自分が入ってゲームができるのだそうです。

スーパーコンピューターといえば、日本の「京」などが有名ですが、それはビルのひとつのフロアを全部コンピューターが占めてしまうほど巨大なものです。
ところが現在開発中の量子コンピューターが誕生すると、そのスパコン以上の演算速度を持つコンピューターが、ノートパソコンくらいの大きさになってしまうのだそうです。
最近の研究では、脳を直接刺激することによって、食感や触感などもシミュレーションで体験できるようなVRも可能になるとやらで、そうなると、仮想現実と実際の現実のどちらが本物か、人間の脳では区別がつかなくなりそうです。

そしてそうなると、たとえば「南の島に旅行したい」というとき、いまなら実際に飛行機に乗ってその場まで行かなければならないのですが、未来社会では、VRの中で、本当に行ったのと同じ体験が寸分たがわずできるようになるといわれています。
つまりVRが現実世界に追いついてしまうわけです。

そこまで行ったら、今度は意識をVRの中に移してしまう。
つまり、人はまさに永遠の生命をそこで得ることができるようになるわけです。
その中では、人は何でも思い通りに好きなことが好きなだけできるし、病気も肉体の重さも老化さえもない。

以前にも書きましたが、私は宇宙人とかUFOとかには懐疑的で、それはあるかもしれないけれど、むしろ世間の目を欺くための、それらしい情報の小出しなのではないかと思っています。
何度かUFOを観ましたが、もし文明が極限まで進歩したら、何も乗り物に乗って移動する必要はなく、空間を捻じ曲げてどこでも好きなところに行けるようになるのであろうし、それが人に近い形をしている必要もないからです。
たとえば目が二つとも顔の前に着いているのは多くの哺乳類の特徴ですが、その哺乳類の中でも、牛や馬の目は両側に付いていて、人間よりもはるかに視覚が広い。
昆虫に至っては、360度の視覚を持つものもあります。
過酷な環境を生き抜くためには、脊椎動物よりも、甲殻型生物の方が適しているかも知れない。

要するに何を言いたいかというと、文明が進歩すれば、肉体という重荷を捨てて、VRの中に意識体を溶け込ませてしまうということが、現実味を帯びてくるのではないかということです。

ところがそうなればなったで、人の意識はなんでもできるかわりに、できすぎてしまうことで成長ができない。
そうすると何らかの制約や重荷を課したVR世界をまた別に作って、そこで意識体を鍛えようとする・・・ということは、実際に起こりそうに思うのです。

我々がたとえばサッカーをするときは、ボールを手で持ってはいけないとか、様々な制約(ルール)を課し、そのルールの中で自分を鍛えて行こうとします。
サッカーをしている自分も、日常生活を送る自分も同じ自分です。
そしてサッカーを通じて、自分を鍛えて行こうとします。

日月神示には、神界も現世も等しいもので、人が喜ぶことは神様も喜び、神様が喜ぶことは人も喜ぶと書かれているのだそうです。
それはおそらく、サッカーで勝てば自分も嬉しく、自分を鍛えるためにサッカーをする、ということと、実は同じ意味なのかもしれません。

とにかくこの本は、わかりやすく書いてはあるものの、そこから様々な思索や想像を働かせてくれる、すばらしい本になっていると思います。
お薦めです。


───────────
2『ジャポニズム43号』青林堂
───────────

今月のジャポニズムは、読みどころが特に多かったように思います。
なかでも、
 矢作直樹先生の『詔にみる天皇のしろしめす国』
 赤尾ゆみ先生の『セクハラ・パワハラで萎縮する社会』
は圧巻で読み応えがあります。

また、
 小坪しんや先生の『ネット保守への言論弾圧と政治の動き』
 江崎道朗先生の『日米同盟のキーマンは誰か』
も、とてもおもしろいです。

他にも、毎号とても勉強になって楽しみなのが
 坂東忠信先生の『中国が狙う日本の最先端技術』
で、これは本当に大きな問題提起だと思います。

他にも杉田水脈先生と田沼隆志先生の対談や、藤井厳喜先生の憲法論など、読みどころ満載です。

保守系の月刊誌としては、『正論』、『Will』などがありますが、ジャポニズムの特徴は、どの先生の文章も、わかりやすさ、読みやすさが優先しているように思います。
いわゆる「気負い」がなく、気楽に楽しく読めて、それでいて勉強になる。
いってみれば、革靴やハイヒールではなくて、サンダル履きで縁側で会話を交わすような、肩のこらなさが特徴で、その楽しさこそ、本来、文芸にいちばん大切なことなのではないかと思います。

また、今月のジャポニズムでは、余命さんの記事がありません。
ご存知のことと思いますが、あるトラブルによって、しばらく余命さんは登場できません。
ジャポニズムは、余命さんの記事がある意味ウリだったというところがあって、それがなくなるということは、かなり売上に影響が出ようかと思われます。

ジャポニズムは、大切な保守の機関紙です。
そういう意味からも、是非、みなさまのご理解とご協力をお願いしたいです。



───────────
3『差別された韓国で気づいたふるさと日本』金田正一著 桜の花出版
───────────

この本の帯には、「日本のために尽くすことこそ在日の生きる道」というサブタイトルが書かれています。
著者の金田氏は、在日Koreanで、こよなく祖国を愛し、South Koreaで志願して兵役にまで就いた方です。
ところがそこで体験した現実は、あまりにも酷いもので、あらためて自分が日本に生まれたことの幸せを知り、そこから真実に目覚めて行ったのだそうです。

出版社である桜の花出版は、これまでにも、本当に戦後の日本社会や、戦後の日韓関係について、一定の問題提起をする実に良い本を次々と出版している会社で、この本も、問題提起という意味で、極めて意義深い本だと思いました。

「在日は出て行け」という過激な論もありますし、心情的にはまったく同感ですが、実は問題はそこにあるのではなくて、もともと大陸から半島にかけて大暴れしていた凶悪な共産パルチザンのKoreanが、朝鮮戦争の前に済州島で大暴れしてから大量に日本に密航してきたことにあります。
彼らはありとあらゆる非合法手段を駆使して、日本にいた、あるいは朝鮮戦争の影響で日本に逃げてきた元日本人であるKoreanたちを利用主義的に利用し、洗脳し、日本国内で大暴れして、日本の裏社会を牛耳り、さらに昨今では表社会までも、牛耳ろうとしているという点にあります。

もともと上下関係しかなく、和という精神を持たない半島人にとっては、上がそのような人達であれば、その影響を受けざるをえず、それはKoreanにとっても不幸なことだし、日本にとっても何一つ良いことなどないことです。

その現実に、いちにちもはやく在日Koreanの方々自体が目覚めること。
また、他人に目覚めてもらうことなど、なかなかむつかしいというのであれば、日本人こそがその現実に目覚め、彼らがそのような人達であるということを、普通の日本人の常識にしていくことであろうと思います。
たいへん良い本で、一読に値する本だと思います。



───────────
4『君よ生きて』演出脚色・望月龍平さん
───────────

上の3つは書籍ですが、これは演劇です。
実は、演出脚色の望月龍平さんから、お手紙を頂戴しました。
そこには、
「この作品のみならず演劇を通じて、
 日本人、とりわけ子供達に
 命の縦糸を繋いでいきたい」
と書いてありました。

また、この度、4度目の『君よ生きて』出演が決まった俳優の青木結矢さんは、ご自身のブログに次のように書いています。
「僕の人生を変えた作品。
 今や誰でも好き勝手に
 生きられる世の中だけど。
 この作品に出会って。
 俺は勝手に。
 この世に生きる責任というものを
 考えるようになりました。」
https://lineblog.me/youya_aoki/archives/8383969.html

youtubeに『君よ生きて2015 ダイジェストムービー』が上がっています。
先の大戦やシベリア抑留を題材にした演劇ですが、日本兵というものが、当時の若者達であり、その若者達が、現代の若者達の様子が、等身大で迫ってくる、そんな演劇です。

これまでに全国十都市で上演し、5千人を動員した音楽劇です。
2018年の『君よ生きて』は、
2018年8月30日 (木) ~2018年9月2日 (日)
東京放送芸術&映画・俳優専門学校 1F特設ステージで上演されます。

(チケット)
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=46936&

音楽劇 「君よ生きて」演出家・望月龍平に訊く! 【CGS 神谷宗幣が訊く 特別編】


お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

▽最新刊・好評予約受付中▽
  

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




関連記事

コメント
No title
こんにちは。エ~ルだけですみません。
地震および天災にて被害を受けた方々へ
大変でしょうが元気だしてくださいね。
明日がきます。

万葉集4160冒頭 大伴家持
 天地(あまつち)の遠き初めより 世間(よのなか)は
 常なきものと語り継ぎ ながらえてきた ・・・



2018/06/21(木) 04:02 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
妄想
「知ろしめす」「汝自身を知れ」「自己を征服」はすべて同じ意味での象徴?。「鏡・勾玉・剣」「鏡」は自分の心を外側に映すもの(人の振り見て我が振り直せ)。自分が見ている現実は自分の心が創った世界。その世界を知る(体験する)ことでコントロール(征服)することが魂が物質世界に天下った目的。象徴・模範としての存在が天皇。「剣」は五感の影響により発生したエゴによる敵(恐怖心と戦う象徴)。「察する」も両刃の剣で猜疑・嫉妬があると相手の好意も悪意ととらえることもよくある。敵とは「幽霊の正体見たり枯れ尾花」恐怖心が創り出した現実。「汝の敵を愛せよ」こそが敵に勝つ唯一の方法。
2018/06/21(木) 03:53 | URL | hiyo #Ldyc1/3I[ 編集]
うーん・・・
「目覚めた」という在日Koreanの取った行動が結局、帰化して日本に居座り続けることだったことが残念です。
日本が好きだというなら同胞と協力して自分の国が良くなるよう努力すればいいじゃないですか。
「日本のために尽くすことこそ在日の生きる道」ならば自分のみならず、在日と帰化人(日本国籍返納)全てを祖国に引き揚げるよう声を上げて欲しい。
2018/06/20(水) 20:31 | URL | 名無し #-[ 編集]
未来志向?
韓国政府は「日韓の未来志向」と言いながら「慰安婦問題」を蒸し返そうとしています。韓国の「捏造慰安婦問題」に気付き始めた外国人が増えています。

が、アメリカを始め、世界のリベラル派やマスコミ、学者の多くは真実を意図的に見ようとしません。日本をいつまでも貶めておきたいからです。

日本には「特定秘密保護法」があります。
紆余曲折の末に成立した法律です。
特定秘密事項以外は公開されます。

そこで聴きたいことがあります。
「朝鮮人慰安婦証言」はその法に該当しているのでしょうか。
該当していないなら公開されるべきです。
しかし、国会でこの話が全く出てきません。

1980年代後半から問題となった「従軍慰安婦」の証言は「二つ」あります。

一つは、韓国の大学教授達が聞き取った「19名の慰安婦証言」です。
そしてもう一つは「河野談話」の根拠とされた「16名の慰安婦証言」です。

この二つの「慰安婦証言」は外務省にあるはずです。
慰安婦問題が発生してから30年近くになります。
特定秘密保護対象でもない「証言」を何故隠すのでしょうか。

国会で是非取り上げて欲しい問題です。
2018/06/20(水) 10:39 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク