アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


ツカエナイ大学

■「第六期 日本史検定講座」が受講生募集中です。
今期は本当の近現代史を学びます。
http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html</u>">http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

20151103 東大安田講堂


昨今は国立大学でも、日本人は生徒の3割で、残りの7割は支那人、韓国人になっています。
国立大でさえこれです。私立大学となると、推して知るべしです。

実際、行ってみると大学のキャンパスに日本人学生は少ないです。
親元を離れて暮らす日本人学生は、下宿代や学費のために大学に行かずにアルバイトに精を出し、入学金から学費まで日本国政府に全額面倒をみてもらい、生活費として月15万円の支給までされている支那、韓国の学生たちは、アルバイトに行くこともなく、キャンパス内で悠々と学び、遊んでいます。

こうした現象が起きる理由は、少子化のため大学の運営のための生徒数が足りず、その足りない生徒数を補うために外国人留学生の受け入れは、「やむを得ざる措置」と一般には説明されているようです。

けれど、これはおかしな話です。
なぜおかしいというのかというと、大学における教育が、本当に世の中の役に立つものなら、企業が社員の研修等のために大学に社員を派遣し、大学と企業が一体となって人材育成に取り組んだり、シルバー教育の場として、大学が利用され、活用されるはずだからです。




授業づくりJAPAN

■オーディオブック■
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』
ねずさんの百人一首本は2015年3月発売予定です。
【CGS ねずさん】第6話 植民地支配に反対した日本


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

八百万の神々1227


早いもので、もう今年もあと4日になりました。
さてそこで、新年から始まる新しい取り組みのお知らせです。

来年1月、「自由主義史観研究会」(藤岡信勝代表)から、新たに「授業づくりJAPAN」が誕生します。
「自由主義史観研究会」は、戦後失われた、というより意図的に歪められた日本の教育を正し、子供たちが日本人としての誇りを持てる真実の歴史を取り戻していこうとする教育者の集いです。

そしてここから南京問題や慰安婦問題についての詳細な研究や資料の発掘がなされ、また幕末から日清、日露、満州建国、支那事変、大東亜戦争などの真実が掘り起こされ、それがさらに「新しい歴史教科書」、「新しい公民教科書」をつくる運動にも広がりました。
自由主義史観研究会のオフィスにお伺いさせていただいたことがありますが、もうほとんど図書館状態です。
ここにありとあらゆる資料が持ち込まれ、研究され、そしてその成果が発表されていきました。

とかく私達は、表面に出てきたものしか見えないものですが、ここでは、教育を専門とする先生、教師、教諭、教授たちが、純粋に真実を見つけ出そうと、ひたすら地道な調査検証作業が積み重ねられ、議論され、なんどもやり直しを経て、その研究成果が「新しい歴史教科書」として世の中に出て行ったわけです。

そしてこのたび、ここからさらに一歩進めて、そうした成果をどのようにして具体的に授業に生かしていくかを教師間で学び合う場として新たに「授業づくりJAPAN」が発足することになりました。
以下は、誇りある日本人を育てる教育をすすめる「授業づくりJAPAN」からのお知らせです。



大学教育を建て直せ

「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名
日本史検定講座第四期生募集中

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

安田講堂


保守系の論壇の中で、日教組教育の弊害や、憲法問題、メディアの偏向、あるいは戦後の左傾化や支那、韓国、北朝鮮の問題については、相当な意見も多数出され、いまやすこしずつこれらの正常化に向かって国内の世論も(少しずつではありますが)動きつつあるように思います。

ところが、もうひとつの大きな問題、大学教育、特に文系を中心とした大学教育に関しては、いまのところメスがまだはいっていないように思います。
しかし、大学がひどいのです。
そこで今日は、この問題について考えてみたいと思います。

戦後のGHQが行った公職追放と、教育界の左傾化路線の影響、そしてその後の激しい学生運動の時代を経由して、いまなお大きな禍根を残しているのが、実は「大学教育」です。


歴史教科書の大罪

■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
■ねずさんの本の新刊案内はココをクリック

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

日本史検定講座第三期第一回


一昨日、第三期の日本史検定講座の、第一回の教室講座があり、藤岡信勝先生に講義をしていただきました。
テーマは「歴史教科書6つの大罪―教科書問題入門」です。
教室には、中山成彬先生もお見えになり、熱心に受講されていました。

私も生徒として受講させていただいたのですが、いやまあ、びっくり仰天でした。
昨今の日本の教科書のデタラメぶりは、自分でもある程度承知しているつもりだったのですが、まさか、ここまで酷いとは。

昨今の教科書について、小山常実先生が「中韓隷属史観である」と喝破したことは、結構保守派のなかでは有名な話ですが、教科書の記述は、それに輪をかけて、なんと泥棒国家論まで堂々と教科書に記述されているという、なんとも怒りを通り越して、あきれ果ててしまうような記述がなされています。
これが日本人として、健全な精神を育成しなければならない中学生向けの教科書とは、まさにきいて呆れます。



八重の桜と什の掟

■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
■ねずさんの本の新刊案内はココをクリック

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

什の掟


なんだかお恥ずかしい話ですが、私のブログを応援するブログができたようです(汗)。
ありがたいことですが、なんだかくすぐったいです。
「小名木善行さんを応援する会」というのだそうです。
http://lavender-cat.cocolog-nifty.com/blog/
よろしかったら、のぞいてあげて、応援クリックなどもしてあげてください。

さて、今日のお題です。
会津藩の「什の掟(じゅうのおきて)」といえば、最近では「八重の桜」でも有名になり、「ならぬことはならぬものです」の言葉が、わりとひろく定着してきた観があります。

「什(じゅう)」というのは、会津藩における武家の男子専門の子供会のようなもので、藩士の子供たちが10人単位で集まりをつくっていたものを、そのように呼んでいたものです。
「什」というのは、ある意味、たいへんわかりやすい言葉です。
なにせ、にんべんに「十」です。

5人一組なら、にんべんに漢字の「五」で「伍(ご)」、軍隊などにおける伍長の「伍」です。
「伍」が二つで「什(じゅう)」。
「什」が10個集まった、百人の隊は「伯(はく)」です。

ちなみに昔は、漢字の一部を略して書くことが多かったため、「百」が「白」と書かれています。
同様の例では、古い文書で「仙人」のことが、「山人」と書かれていたりします。

目的をもってはじめる

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

源氏物語 薄雲


先般「白い喪服」の記事を書かせていただきました。
喪服の色が、なんで政治経済ブログなんだと、お叱りを被りそうですが、なるほど喪服の色が白だろうが黒だろうが、いまの時事問題には何の関係もありません。

けれど、そんな小さな話から先人達が苦労して日本を守ろうとしてくれたという気付きがひとつの話題となとなって多くの人の口にのぼり、そこから「日本には、長い歴史があったんだ、日本は守らなくちゃいけないものがる国なんだ」という、国を愛する気持ちを目覚めさせるきっかけになってくれれば、たいへんありがたいことだと思って、その記事を書きました。

けっして大きなことではない。身近なちょっとしたことから、愛国者の輪を広げて行く。
そういう私たちにできる「小さな努力の積み重ね」が、実は長い目で見るとたいへんに大きな日本を取り戻す力になるものだと思います。

日本は太古の昔から、天子様(天皇)というありがたい存在があることによって、私たち民衆は、天皇のたみ(民)、皇民とされてきた国です。
だからこそ、民衆は、大切にしてもらったお礼にと、誰もが自己を鍛え、お国のために何か役立つことをと自分の人生を捧げることに、大きな価値を見いだしてきました。

そして気がつけば、日本は世界最古の国家として、いまなお存在し続けています。





挑発されて手を出すのは正当な行為

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

挺身落下傘部隊の活躍


いまの多くの日本人は(もしかするとほぼ100%の日本人が)、暴力はイケナイと思っています。
いかなる事情があれ、手を出した方が悪い。
なぜならそれは「暴力」だから、と普通に思い込んでいます。

ところがこれ、日本の常識、世界の非常識です。

「暴力」は、「挑発」されていないのに、手を出す(アタックする)ことをいいます。
相手に「挑発」されて手を出すのは、正当な「自衛権、交戦権の行使」です。
あたりまえです。
「挑発」した方が悪いからです。



ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク