アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


すこし古い映画ですが・・・

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

墨攻


昨日、稲田朋美議員を訪問したあと、日心会のみんなで、ちょっとした飲み会があり、そこで映画の話が出ました。

その中で、すこし古い映画なのですが、香港映画の「墨攻」という映画が、あれは実に素晴らしい、という話になり、是非、ブログでも紹介しようよという話になりました。

この映画の原作は、酒見賢一(さけみけんいち)です。
酒見賢一といえば、「後宮小説」という作品で第1回日本ファンタジーノベル大賞受賞を受賞した作家で、この作品は、日本アニメにもなっていて、 アニメ版のタイトルは、「雲のように風のように」です。

これも実によくできたアニメで、小説の方の雰囲気というか、その心をよく表しています。

Youtubeでも観れます。
http://www.youtube.com/watch?v=u66yovSMTqY
(※著作権がどとかのことはよくわかりません。とりあえずあったのでURLを載せました)

「墨攻」は、酒見賢一の小説で、昔、秦の始皇帝の時代にあった墨子という思想集団のことを描いた小説です。

墨子自体は、実在の教団で、いまでも「墨守」といえば、堅い守り、命がけで守りぬく守備の戦いをいいます。

この墨子の僧が、ある小さな城砦都市を10万の兵力の敵から守りぬくという物語で、これが実によく書けている。

そのことから、「小説・墨攻」は、脚本を久保田千太郎氏が書き、作画森秀樹で、マンガ化され、こちらも、大ヒット。
原作の「墨攻」の筋書きをよく活かしながら、新たな展開を加え、実に内容の濃いマンガに仕上がっています。

そしてこの漫画を読んで感動した香港映画界の人たちが、実写版で作った映画が、「映画・墨攻」です。
数年前に封切られた映画なので、いまならレンタルビデオ屋さんの旧作で、安く借りることができます。たいてい香港映画のコーナーにあるようです。

じつはねずきちは、映画館には行ってないのですが、原作者の酒見賢一が好きな作家でもあることから、レンタルDVDでこの映画を観ました。

これが、じつに素晴らしい。

ひとりひとりの役柄が、非常に細やかに描かれているのです。

主人公だけがヒーローというわけではない。

主人公を好きになった女性の、実に女性らしい心遣い、国を守るためには厭味な男を演じなければならない国王、若さあふれる国王の息子、実力者である敵方の大将等々、登場人物にまったくの無駄がなく、そのことが作品に非常に深みを持たせています。

日本映画では、原作がものすごく良くて大感動して、その小説が映画化されてすごく楽しみに観ると、ヾ(*`ω´*) ッテオィ、なんじゃこりゃ~!みたいな、原作の良さをまるで無視したかのような中途半端な作品に仕上がっているものが多いのだけれど、この「墨攻」は、原作の良さを活かしながら、実にすばらしいできばえの作品にしています。

香港映画では、最近レッドクリフが大ヒットとかいわれていますが、ボクからみると、この「墨攻」のほうが、数段上の仕上がりになっています。

映画「墨攻」は、香港映画として、世界中で大ヒット、興行収入も莫大な世界的大ヒット映画です。
そりゃそうです。できが良い。

ところが、なぜか日本では、この映画は、ハナからB級映画というレッテルが張られていました。
上映期間もほんのわずか。あっという間に映画館から消えた。

DVDになってからも、わざわざ箱に、ご丁寧に「B級映画」と書いてある。

支那の「日本支配工作要領」によれば、支那は、工作員によるマスコミ部を設けて日本人に、「歴史劇、映画等」で「郷土愛、民族一体感を呼び醒ますものは好ましくな」いものとして、故意に排斥しているとか。

おそらく意図的に日本人に見せまいとしてこうしたレッテル貼りがされているのだろうと思います。

「墨攻」に描かれているのは、たった4000人が立て篭もる城に、10万の大軍が攻めてくる。
それに対し、智謀の限りを尽くして戦う男たちの姿です。

そしてその姿は、そのまま拉孟の戦いや、騰越(とうえつ)の戦い、あるいは義和団事件、あるいは通州事件、尼港事件等で、日本軍が行った戦いでもあります。

良い映画なので、お暇な時にでも、是非、ご覧あれ。
けっこう、いいです^^


 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

墨攻日本版預告


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
日本の心をつたえる会ロゴ

強く、切なく、たくましく!戦う女性は、美しい

Yahooのトップページに、

「強く、切なく、たくましく!戦う女性は、美しい」
という記事がありました^^

本日公開された、綾瀬はるか主演の「ICHI」をはじめ、戦う女性を描いた人気のアクション映画をピックアップしたものです^^
zasouiti

綾瀬はるかの最新作「ICHI」

綾瀬はるかが挑む時代劇のダークヒロイン、座頭市。
日本を代表する時代劇のダークヒーロー座頭市を、目の不自由な芸者“離れ瞽女”のヒロインとして設定した意欲作。近寄る者を斬り捨てながら生きてきた孤高の女性、市の過酷な運命が展開する。監督は『ピンポン』の曽利文彦。ヒロインの市を『僕の彼女はサイボーグ』の綾瀬はるか、彼女と惹(ひ)かれあう侍・十馬を『築地魚河岸三代目』の大沢たかおが演じる。綾瀬はるかのアクション・ヒロインぶりと、映像クリエイターとして名高い曽利監督のビジュアル世界が見どころなのだそうです。
(*^.^*)エヘへ、観たいなぁ~(笑)

azumi01

上戸彩が好演した「あずみ」

上戸彩ちゃん、かっこよかったですぅ~~^^b
てか、ねずきちは原作の「あずみ(小山ゆう)」が大好きで、なぜか全巻持っているwwwwww
マンガのほうが、内容が濃くて、読み応えがあるというか、あずみという女性の強さと悲しさ、世の中の不条理みたいなものがすごい鋭く描かれていたのに対し、映画の「あずみ」は、監督がアホなのか、ただのアクション映画。
絶対に許せななかったのは、肝心の殺陣シーン。
マンガのほうでは、非力な子供であり女性であるあずみたちは、基本的に戦いのときに剣による「受け」をしない。つまり相手の剣を、刀でチャリーンと受けない。かわりに抜群の運動神経で相手を倒すのに、映画では、普通の時代劇風に相手の刀を受けていた。なんだかなぁ~~って思った^^;
でも、それ以上に上戸彩ちゃんが素晴らしくて、それなりに楽しめる映画になっていました^^b

tya-ri-zu

ミラ・ジョヴォヴィッチの「バイオハザード」もいいっすね~~♪

この映画のⅢ、ポスターなどでは主演のミラ・ジョヴォヴィッチが胸を出していたので、映画の中で、ねずきちはめっちゃ期待してそのシーンを待っていたのですが、実際の映画の中には、そーいうシーンはありませんでした(*^^*ゞ

強い女性といえば、ねずきちの一番のオススメは、ドリュー・バリモア主演の「エバー・アフター」
eba-ahuta

1998年の作品なので、もう古い映画なのだけど、誰しも知ってる「シンデレラ」の物語を現代風にアレンジして映画化した作品。
ただかわいいだけのシンデレラではなくて、強くたくましいシンデレラ物語で、この映画、めっちゃ感動しました^^
土日、お暇な方、まだ観てない方いたら、是非オススメかもです^^b

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

【EVER AFTER】


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

子供の妊娠・・・じつは・・・

映画『コドモのコドモ』が、9月27日から公開されるそうです。

この映画は、同名のマンガを映画化したものとか。

観に行こうとは思わないけど、「小学生が妊娠する」という設定は、たいへん重いものがあると思う。

以前、産婦人科医の講演を聞きに行ったことがあるのだけど、

そのとき医師の先生が、

「ウチの病院でも、年4~5件、中学生の堕胎を扱っている」

というお話がありました。

産婦人科医が、わりと地域密着型であることを考えると、市内全体では、毎年○○○名くらいの中高生(中には小学生も)の妊娠を扱っていることになる・・・というお話でした。

そして、相手の男性は、ほとんどの場合、実のお兄ちゃん・・・・

女の子のほうも、自分になにが起こったか、まったく理解できていない。

そして、相手の男性について一切口をつぐんでいるケースでは、ほぼ100%実兄との間にできた子供ということでした。

これ、哀しいことですが、実話です。

だから性教育をきちんとしなきゃイケナイという議論もあるようですが、
ボクはそうは思いません。

教育をしようがしまいが、男女の中というのは、Hの仕方をしらなくてもHできてしまう。性教育なんて必要ないんです。そんな教育がなかった時代だって、ちゃんと子供が生まれたから、現代にヒトが生きている。

つまらない性教育など、ボクに言わせたら、寝た子を起こすようなもので、かえって、少年少女の劣情をあおるだけのものでしかない。

ただ、実際に小中学生の妊娠というものが、これだけ数多く発生ているという事実を考えると、やはり、性を教育するなどということよりも、人間として、人として正しく生きるとはどういうことか、ということを、情報化社会だけに、もっともっと子どもたちに厳しく叩きこんでいかなければならないような気がします。

市議会紛糾の問題作『コドモのコドモ』ついに公開!(映画)

<記事引用>-----------------------------------
賛否を呼んでいる理由は、タイトルにある通り子供が子供を産む話だからだ。しかも、小学5年生の女の子がである。生理が始まったばかりの主人公の女の子が、幼馴染の同級生の男の子と"くっつけっこ"と称した遊びを、その行為の意味する本当のことを知らずにしてしまったゆえに、妊娠してしまう。確かにこれだけ聞くと驚きだ。実際にロケ地となった秋田県能代市では、廃校とはいえ実際の小学校の校舎を撮影に使わせるのはいかがなものかと反対意見も出たそうで、市議会で議論が交わされた。
-----------------------------------------------

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

映画『コドモのコドモ』予告編


小学校の異常な性教育授業風景


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ


強い女性がセレブな時代・・・女王アンジェリーナ・ジョリーの超セレブ像

アンジェリーナ・ジョリー主演の映画「ウォンテッド」の次週のランキングは通算7億円以上の興収を記録して初登場首位になりそうとか。

『ウォンテッド』女王アンジェリーナ・ジョリーの超セレブ像
(livedoorニュース)

そもそもジョリーは、アクション映画で主役を張れる数少ない女優として非常に興行価値が高い。

01年の『トゥームレイダー』は興収27億円稼いでその真価を示し、03年の続編『トゥームレイダー2』で20億円、そして『Mr.&Mrs.スミス』は現パートナーのブラッド・ピットとの共演ということもあって46.5億円。

彼女以外に、アクション映画で同規模の売上が計算できる女優は、『バイオハザード』シリーズのミラ・ジョボビッチぐらいだろう。他には『チャーリーズ・エンジェル』の3人がいることはいるが、3人とも単独ではアクション映画で見かけない。

アンジェリーナ・ジョリー、今年33歳。セクシー女優にして、未婚のパートナーと共に6人の子供を育て、世界中を慈善活動で駆け回り、アクション映画で大ヒットを叩き出すという、常人離れしたセレブ像を呈示して止まない。

強い女性といえば、大ヒットした映画「あずみ」の上戸彩も、単独200人斬り!なんてアクションをしていたけど、

時代が持てめているヒーロー(ヒロイン)は「強い女性」なのかもしれませんね^^

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v


ウォンテッド 予告 WANTED trailer


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ


歴史に残る駄作・映画「男たちの大和」

いま、テレビで、映画「男たちの大和」をやっています。

前の記事で映画のことを書いたので、つけたしになりますが、この映画のことを、すこし書いてみたいと思います。

いろいろな見方はあろうかと思いますが、ねずきちとしては、この映画「男たちの大和」は、歴史的事実と、原作者の辺見じゅん氏に対する冒涜以外のなにものでもない!というのが、ボクの所管です。

この映画は、巨額の費用を投じた大規模なロケセット、CGの駆使、きわめつけの役者を揃え、テーマも、「大和」。
日本を代表する名作になる筈の映画だったと思います。

辺見じゅん氏の原作も、戦艦大和だけでなく、下士官の生活風景を細やかに描いているし、その下士官たちは、大和の喫水線の下にいたり、あるいは機銃に張り付いていて、果敢な最期を遂げています。

映画のラストで語られる臼淵大尉の、

「日本は、進歩ということを軽んじ過ぎた。
 進歩よりも精神主義を重んじた・・・
 しかし、進歩のないものは決して勝たない。
 歴史がこれを証明している。
 幕末、薩英戦争で、負けた薩摩、馬関戦争で敗れた長州は、
 その後、攘夷鎖国を捨て、ヨーロッパから新式の武器を輸入して
 幕府を倒した」
 敗れて目覚める・・・・それ以外に日本が救われる道があるか?
 今。目覚めずしていつ救われるか?・・・
 俺たちは日本が新しく生まれ変わるために先駆けのして散る。
 将に本望ではないか」

という名セリフも、歴史に残る事実として語られました。

しかし、映画化された大和は、その巨額のセットや出演料に対し、
物語の焦点が、血の通った人間としての下士官たちや、その家族、恋人たちに当てられすぎ、あまりにベーシックな人間ドラマに偏っている。

なぜ大和が、出撃しなければならなかったのか。
なぜ、そういう作戦を実行せざるをえなかったのかという、背景描写があまりにお粗末。
なんだか、途中で撃沈されるのが確実なのに、天皇陛下がやれと言われたからやった、という実にお粗末な解釈になっている。

当時の参謀も、将官も、バカではない。それなりの考え、解釈をして死に望んでいる。その「なぜ出撃したか」を描写しなければ、下士官たちの死さえも、軽いもの、ただばかげたものになってしまう。
それって、亡くなった方々への冒涜以外のなにものでもない。

日本人は死んでも抵抗するのだ、という姿を見せておかなければ、民族単位で叩き潰されてしまう。
黄色人種は、ヒトではないという考えが、まだまだ世界の標準だった時代に、アジアの黄色人種として、最後まで戦い抜かなければならないという背景があったから、やむなくあんな悲壮な作戦が実行されたという、「歴史」をきちんと訴えてほしかった。

セットは素晴らしい出来映えだが、そこで予算がつきちゃったの?とすらいいたくなる。だから映画に奥行きがない。

しかも、この世には大和一隻しか存在しないような、そんな映画になっている。僚艦の存在もまるで感じられない。言ってみれば6億のセットを舞台にした演劇みたいなものになっている。

戦闘シーンも、大和の全景をほとんど描写せず、カメラは常に甲板のどこかにある。甲板上ばかりを写している。
大和を離れ、空中からの構図や海上からの構図がない。
だからスケール感がなく、貧弱な舞台演芸になっている。
おもわず、投じた30億円の費用は、大和のセット6億円、役者のギャラ10億円、事前のCM代15億円に消え、CG費用までまわらなかったのかい?、と聞きたくなる。

映画評論家さんたちの、ご意見は、素晴らしいの連発だったらしいけど、
この映画に、それだけの素晴らしさをほんとに感じたというなら、その評論家さんたち、明日から映画評論家を廃業したほうがいい、などと思ってしまいました^^b

以上。オシマイ^^;

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

Otoko Tachi No Yamato - Battle Scene


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ


記事の意見とは逆なんだけど・・・映画界が衰退していくワケ

マズローの消費者心理の中に、
「消費者は、買う前より勝った後に、よりその商品についての情報を求める。」
「消費者は、知れば知るほど、それが欲しくなる」というのがある。
たとえば、釣りの好きな人なら、何番のテグスがどうのとか、そこにこだわりも生まれ、興味・関心が深まり、よりその世界にはまり込む。そしてそうした情報は、自分がその商品を購入したあとに、より一層、求められる。

映画評論家も同じかもって思うんだよね~

<引用>-------------------------------------
評論家といいながら、映画観ただけの印象批評ばかり垂れ流して、
自分で資料を調べようともしないし、
過去の関連作品を探して観ようともしない、
作り手に直接会って質問しようともしない、
撮影や編集の現場は経験したこともない、
カメラの仕組みも知らない、
シナリオやコンテも勉強したことがない、
映画は観るが、歴史や政治や経済のことはこれっぽちも知らない、
安楽椅子ライターが山ほどいる。

水野晴男さんや、淀川さんなどの洋画のカリスマエヴェンジェリスト亡き今、映画の良さを訴求して、人の興味を喚起できる人もそんなにはいなくなっているように思います。

映画界が衰退していくワケ
(livedoorニュース)
-----------------------------------------------

たしかに、それはそうかもしれないかも。。。。

だけどさ、多くの視聴者は、そうした細部へのこだわりよりも、1本の映画全体を通じての感動を求めるのではアルマイカ。

なまじ専門性の高い映画評論家の評価よりも、おすぎが「おもしろいよ~」と言ってくれた映画のほうが、実際、オモロイし。。。。

対して、より専門性の高い映画評論家の評価は、まるでアテにならない気がする。
どうみても、誰が観ても、絶対ツマラナイ映画だし、二度と観たいと思わないような映画が、評論家の採点で5つ星。。。(゜ロ゜;)エェッ!?

まじで、なんで? って思う。

逆に、映画評論家が、見むきもしなかった映画が、実に奥行きが深くて面白かったりする。

レンタルビデオ屋さんに行くと、店長さんとかスタッフがひとことメモを付けてくれてて、「これ、めっちゃ感動しました!!」なんて書いてある。

細々と上映されて、あっという間にDVDになったその映画が、観ると、(ノ´▽`)ノオオオオッ♪、たしかにおもしれ~~~!!

細部にこだわり全体を見ないというのは、日本人の特徴だけど、
要するに、上の記事の内容とは正反対の意見かもだけど、むしろ専門性が高い評論家の意見であればるほど、ツマラナイ。。。

観る側は、その映画に感動を求めているのであって、細部のこだわりをもとめているわけじゃないし。。。

実際、何百億円かけた映画でも、つまらないものはつまらないし、Youtubeの動画のように、一般の視聴者のなにげない動画が、めちゃおもしろかったりする。

専門性を駆使した評論も結構だが、観るのは視聴者じゃん。

視聴者の視点にたった評価をしてくれること、
そのうえで、
その映画の深みを味あわせてくれるような評論家が、

求められているように思うのだけど。。。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ



ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク