アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


世界初のパソコン用マイクロプロセッサを開発した日本人

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

人は石垣、人は城です。
目的をもって行動する人は強い。


島正利さん
20190217 島正利


以前日心会Bさんからいただいたお話です。
世界初のパソコン用マイクロプロセッサは、日本人の開発だったというお話です。
まず転載します。

~~~~~~~~
普段何気なく使っているパソコンですが、そのパソコンが一般的になる前、日本で「電卓大戦争」と呼ばれる時期がありました。

トランジスタ製のプロセッサーの出現により、それまで複雑な回路構成が必要だった演算機構が、単純なトランジスタの組み合わせで可能になり、かつ小型化できたことから、それこそ雨後の筍のごとく電卓メーカーが出現し、中には田舎の一軒家が工場なんてメーカーもあったそうです。

そのようなメーカーの中に「日本ビジコン」という会社がありました。
この会社が、四則演算だけではなく、プログラムによる汎用性を持つ新たな電卓を開発しようと、当時、まだ会社創設間もない「インテル」にプロセッサーの開発を依頼しましました。

ビジコン側が考えていた回路構成ではトランジスタプロセッサー12個程度を使うものだったようです。
その全ての開発をアメリカのメーカーに打診したところ、これに応えたのが「インテル」だけだったのです。

実は、他の大手のメーカーは、日本の大手の電卓メーカーのバックオーダーを膨大に抱えていて、「インテル」以外は、どこも鼻にもかけてくれない依頼だった。

ところが創設間もない「インテル」は、回路設計に応じられる能力が、せいぜい3個程度しかなく、せっかくのオーダーも、会社の首脳は頭を抱えることになってしまいました。
そんな所に、日本ビジコンから嶋正利という技術者がインテルに派遣されてきます。

さあ「インテル」は困った!!!!!!
何とか誤魔化す!!!!いやピンチを切り抜ける良い方法はないか!?


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html


最新動画《大人のための修身入門 第十八回「行儀とは?」》



スサノヲ大神は、なぜ日本人に人気があるの?

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

強さとやさしさ。
一途な思い。
常に堂々とした態度。
そしていつも元気がよい。
そんな須佐之男命は、古来、日本中で愛され、慕われ続けた神様です。


20190216 ヒドラ
ギリシャ神話に出てくるヒドラ。ヒドラは頭が9つある蛇で、ヘラクレスによって倒されます。
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


全国にある神社の数はおよそ15万社。
そのなかで、素盞嗚神社(すさのをじんじゃ)、須佐(すさ)神社、八重垣(やへかき)神社、八坂(やさか)神社、熊野神社、氷川(ひかわ)神社、広峯(ひろみね)神社、天王(てんのう)神社などの名前のついている神社は、いずれもスサノヲ大神をお祀りする神社です。
それらの神社の系列の神社は、神社の中でも最も数が多いといわれています。
それだけスサノヲ大神は、古来、庶民に愛され慕われ続けてきた神様といえます。

素盞嗚神社は、そのまま「すさのをじんじゃ」と読み、御祭神は明らかです。
須佐神社は、スサノヲ大神がヤマタノオロチを退治したことにあやかって、諸願成就の神様と言われています。

八重垣神社の名前は、スサノヲ大神がオロチ退治の後に、愛する櫛稲田比売(くしいなだなひめ)とスサの地で幸せに暮らし、いよいよ御子がお生まれになるというときに、
 八雲立つ やぐもたつ
 出雲八重垣 いずもやへがき
 妻籠みに つまこみに
 八重垣作る やへがきつくる
 その八重垣を そのやへがきを
と歌を読んだことに由来します。
そこから縁結びや夫婦円満、安産祈願の神様とされています。

八坂神社は、もとの名前を祇園神社と言います。
祇園祭りの神社としても有名です。
強力な武神であるスサノヲ大神が、祇園精舎の守護神である牛頭天王(ごずてんのう)と同一視されたことが、祇園神社の名前の起こりですが、明治のはじめの廃仏毀釈運動のときに、仏教の神様である牛頭天王が御祭神から外れて、弥栄=八坂様として、いまの名前になっています。
武門の神様として、古来信仰され、家内安全、厄除けなどでも有名です。

熊野神社の主祭神の家都美御子大神(けつみみこのおほかみ)は、スサノヲ大神の別名です。
熊野様は、身分の貴賤や老若男女を問わず全ての人を受け入れる懐の深い神様とされ、江戸時代までは「蟻の熊野詣」と呼ばれるくらい大勢の人々が競って参詣したと言われています。
また熊野様に伝わった文書が、有名な九鬼文書(くかみもんじょ)です。

氷川神社も、スサノヲ大神をお祀りする神社です。
名前の「氷川(ひかわ)」が、実はスサノヲ大神がヤマタノオロチを退治した場所が、奥出雲の「肥川(ひぃかわ)」であったことに由来します。
河川としての「肥川」は、いまでは「斐伊川(ひいかわ)」と表記されるようになりましたが、一方、神社のお名前は「氷川」と書かれるようになりました。
「ひ」をどうして「氷」と書くようになったのかというと、「氷」の清浄性に基づくと言われています。

他にもご紹介しなければならないことはたくさんあるのですが、上にご紹介したそれぞれのスサノヲ大神にまつわる神社は、更に全国に末社を2千〜3千抱えています。
どれだけたくさんの人たちから、スサノヲ大神が愛され続きてきたのか、ということです。

スサノヲ大神が、これだけ多くの人々から愛され、慕われ続けてきたことには理由があります。
簡単にまとめると、次の7つになります。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html


原点に帰る

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

7世紀の改革も、19世紀の改革も、どちらも合言葉になったのが
「神武創業に還れ」
です。
その神武天皇は、天地開闢の精神への回帰を図られて初代天皇に昇られた方です。
その天地開闢の精神とは何か。
それは日本書紀に書かれています。


20190213 天地開闢
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


ほんとうに次から次へと、あきれるくらい政治問題が起こります。
とりわけ外交問題と与野党の対立、あるいはその争点となっているものなどは、腹の立つことばかりで、こうなると腹がいくつあっても足らないくらい。

むかし「討匪行(とうひこう)」という戦時歌謡があって、その歌詞に、
「どこまで続くぬかるみぞ
 三日二夜を食もなく
 雨降りしぶく鉄かぶと」
という台詞がありましたが、ほんとうに、近年の政治も報道も、あきれるほどに腹の立つことばかりです。

ところが、いろいろと調べてみると、戦前も実はまったく同じだったのです。
もちろん現代と質は違いますが、腹が立つという意味においては、いまよりももっと深刻だったかもしれません。
なにせ生死がかかっていたのです。

たとえば日本はKorea半島を併合しましたが、あまりに半島の生活水準と民度が低すぎるからと、莫大な予算を当時の日本政府は半島に投入しました。
しかしそのために、当時起こった東北地方の凶作対策への予算投入が行き届かず、東北地方では子供達が学校にお弁当を持っていくこともできずに、大根を持っていってかじる。
あるいは、幼い娘さんを遊郭に売る。
年寄りを姥捨(うばすて)にする等々、ほんとうに悲惨な状況が国内で起きていました。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html


最新動画《大人のための修身入門 第十八回「行儀とは?」》



道路行政と利権のお話

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

いまの日本では、何事も利権が優先し、生活者の利便は後回しの観があります。
政治が利権のための政治に陥るからこのようなことになります。
本来政治は、「おほみたから」である民衆が豊かに安全に安心して暮らせるためにこそ存在します。
いまの日本の道路を見ると、とても残念に感じます。


20190207 ネタニア市


道路の車道と歩道の間に、路側帯と車道を分別するためのコンクリート・ブロックが置かれています。
一昔前までは、歩道は車道よりも一段高く作られていたのですが、近年ではこれが改められて、高さ15cm〜25cmのコンクリート・ブロックが置かれています。

何のために置かれているのかといえば、歩行者が安全に通行できるように、との理由付けがされているのですが、この路側帯のコンクリート・ブロック、自動車を運転する側にとっては、きわめて危険なものです。
たまに、このコンクリート・ブロックに乗り上げてしまっているクルマを見かけることもあります。

歩行者の通行を妨げないという理由は、よく理解できます。
しかし、クルマに危険を及ぼす高さ20cmを越えるブロックを、なぜ設置しなければならないのでしょうか。
都内では、歩道を歩く人の数は本当に多いものです。
けれど、地方に行くと、歩道を歩く人はほとんど見かけず、一方、車道には多くのクルマが通行しています。
そこに置かれたコンクリート・ブロックは、まるで自動車の通行を拒んでいるかのようにも見えます。

もともと、歩道に盛り土していたものが、どうしてコンクリート・ブロックに変わったのかといえば、それがコンクリート・ブロックになれば、生コンの需要が高まるからです。
全国規模では、いったい何十万トン規模になるでしょうか。
何やら利権が絡んでいそうです。

人の通らない幅広の歩道に、やたらに高さのあるコンクリート・ブロック。
果たしてそんな道路行政は、本当に人々の暮らしの役に立っているのでしょうか。

上にある写真は、イスラエルのネタニア市の海沿いの道路です。
御覧頂いてわかると思うのですが、広い歩道がありますけれど、その歩道に切れ込みがあり、そこに車が停車できるようになっています。
ネタニア市は、比較的新しい都市ですが、こうしてクルマと人とが両立できるように道路行政が行われているのです。

日本にも、路駐できる道路はあります。
けれどその路駐は、単に道路の路肩を駐車スペースにしているものです。
そうではなくて、道路から歩道側に切り込みを入れて、そこに路駐できるように工夫したのが、ネタニアの道です。

これを観た時、素晴らしいと感じました。
それで市長に、「素晴らしいアイデアですね」と言いました。
すると市長は、
「これは日本から学んだのです」とおっしゃいました。

日本には、このように歩道に切れ込んだ駐車帯はありません。
おそらく路肩の駐車スペースのことを市長はおっしゃられたのだと思います。
ただし、それを単に模倣するのではなく、そこから一歩工夫を施して、さらに歩行者と自動車が共存しやすいように道路行政を考えて進められたわけです。

いまの日本では、何事も利権が優先し、生活者の利便は後回しの観があります。
政治が利権のための政治に陥るからこのようなことになります。
本来政治は、「おほみたから」である民衆が豊かに安全に安心して暮らせるためにこそ存在します。
いまの日本の道路を見ると、とても残念に感じます。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html


最新動画《大人のための修身入門 第十九回「身体とは?」》

和とは結ぶこと。和の反対は「ほどく」こと

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

私達日本人は、どこまでも「和」を大切にします。
和とは結ぶことです。
ですから和の反対は「ほどく」ことです。
ちいさく「っ」を入れたら「ほっとく」になります。
つまり、無関心は日本的精神ではないということです。


20190208 聖徳太子
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


聖徳太子の十七条憲法は、みなさんご存知のことと思います。
その第一条は「和をもって貴しと為す」で、まさにわが国のカタチそのものをここで明確にお示しになられたものであり、これこそわが国が世界に誇る文化遺産といえるのではなかろうかと思います。

さて、この「和をもって貴しとなす」以下の十七条憲法は、日本書紀に書かれているものです。
日本書紀には次のように書かれています。

「以和為貴」

一見すると漢文で書かれているようです。
だから日本書紀は「外国人向けに書かれた史書」だと言われています。
なぜ「史書」なのかというと、Chinaの歴代王朝には史書があり、その史書はそれぞれの王朝の正統性を示すものだから、我が国もそれを模倣したのだ、と説かれています。

本当にそうでしょうか。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html


最新動画《大人のための修身入門 第十八回「行儀とは?」》



六十年の時を経て届いた手紙

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

 笑顔は見えなくなり、帽子もだんだん小さくなり、
 最後、鉛筆の芯ほどの黒い天になって消えて行きました。
 私は夢中で小旗を振りながら、
熱い涙をこらえることができませんでした。


長田和美大佐
長田和美中尉


サイパン戦は、昭和19(1944)年6月から7月にかけて行われた戦いです。
サイパン島の日本の守備隊は、陸海合わせて31,629名。
そこに、ホランド・スミス中将指揮のアメリカ軍第2海兵師団、第4海兵師団、第27歩兵師団、66,779名が襲いかかりました。

島には、まだ約2万人の在留邦人が残っていました。
実は、サイパンでは、戦いの4カ月前の2月から、兵員増強のための輸送船の帰り船を利用して、女性や老人、子供たちの日本への帰国を推進していたのですが、3月には帰り船が米潜水艦に撃沈され、500名の民間人全員が死亡してしまっています。
サイパン島の周囲は、既に米潜水艦隊が包囲網を完成させていたのです。

島から脱出しようとした船舶は、民間船に対しても無差別の攻撃を加えました。
この結果、島にはまだ婦女子を含む在留邦人が2万人も残っている状況下で、戦いの火ぶたが切って落とされたのです。

6月11日、アメリカ軍艦載機1,100機がサイパンを奇襲ました。
13日には、戦艦8隻、巡洋艦11隻、ならびに上陸用船団を伴った艦隊がサイパンに接近し、小さなサイパン島に、なんと砲弾合計18万発もの艦砲射撃が加えられました。
この攻撃で日本側の陣地は壊滅し、航空機150機のすべてが失なわれました。
それでも日本軍は、物資の乏しい中を必死の防戦図り、なんとまる一ヶ月も米軍をサイパンに釘付けにしています。

戦死25,000名、自決5,000名。
7月7日午前3時、約3千名の日本兵が、最後のバンザイ突撃をして玉砕しました。

平成14(2002)年5月のことです。
作家、重松清さんのもとに、NHKの渡辺考ディレクターから、一本のメールが届きました。

当時NHKが、サイパン戦の検証番組を作るために、ワシントン国立公文書館に保存されていた機密扱いのサイパン従軍日本兵の手紙や日記を翻訳した20あまりの文書を用意していたのです。
そのまま手帳などが残されているものもありますが、大半は米軍が日本研究のために原文を英文に訳したものです。
原文自体はほとんどが破棄されてしまっています。

その中に、ナガタカズミ大佐が激戦のさ中に戦況を克明に綴った日記がありました。

 *



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html


最新動画《大人のための修身入門 第十九回「身体とは?」》



紀元節を寿ぐ

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

紀元節という用語の復活を望む声もありますが、そもそも論として宮中祭祀の日である「祭日」という用語を含めて復活すべきと思います。
日本は、天皇あっての日本だからです。


20190208 紀元節
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


2月11日は紀元節です。
日本の初代天皇である神武天皇が即位された日であり、ご皇室の祭祀の日でもあります。
ですから紀元節は、昔は「祭日」とされていました。

ちなみに「祭日」とは宮中祭祀の日のことをいい、「祝日」とは政府の行う祝いの日を言います。
従って紀元節は祭日です。

なぜ2月11日が紀元節かというと、この日が神武天皇が即位された旧暦の皇紀元年元旦だからです。
いまから2679年前のことです。

紀元節は、明治5(1873)年の太政官布告によって祭日と定められました。
この日には宮中皇霊殿で、天皇親祭の祭儀が行われ、各地で神武天皇陵の遙拝式も行われました。
そして明治22(1889)年には、大日本帝国憲法が、この日を期して発布されています。

さらに明治24(1891)年になると、小学校祝日大祭儀式規程が定められ、天皇皇后の御真影(写真)に対する最敬礼と万歳奉祝、校長による教育勅語の奉読などが、この日に行われるようになりました。
ですから2月11日は祭日で学校がお休みの日だけれど、全校登校日で、雪の降るグランドに全校生徒が整列し、「きをつけ」の姿勢で、校長先生の教育勅語奉読が行われました。
そして、生徒たちには紅白まんじゅうなどが配られました。

大正3(1914)年になると、全国の神社で紀元節祭が行われるようになり、大正15(1926)年以降は、村の青年団や在郷軍人会などによる建国祭の式典が全国各地で催されるようになりました。

そして紀元節は、日本の建国を祝う日であると同時に、私達国民が、日本の建国の理想を再確認する日でもありました。
そこで、神武天皇の建国の詔を、みなさまとご一緒に読んでみたいと思います。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html


最新動画《大人のための修身入門 第十八回「行儀とは?」》



*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク