アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


常在戦場と米百俵 小林虎三郎

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑

《最新動画》大人のための修身入門 第13回「信義とは何か?」

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

「百俵の米も食えばたちまちなくなる。
 だが教育にあてれば明日の一万、百万俵となる。」
小林虎三郎の言葉です。


20181214 米百俵
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


米百俵(こめひゃっぴょう)といえば2001年の流行語として覚えておいでの方も多いのではと思います。
当時、小泉内閣発足時の総理の国会所信表明演説で、この言葉を引用して有名になりましたが、もともとは幕末から明治初期にかけて活躍した越後・長岡藩(いまの新潟県長岡市東部)で大参事を務めた小林虎三(1828〜1877)にまつわる故事から引用された言葉です。

越後・長岡藩藩主の牧野氏は、三河国でもともとは今川家の家臣でしたが、今川家が滅び、後に徳川家康の家臣となり、以後、豪勇を持って知られた徳川十七将に数えられた名門です。
この牧野氏が最初に知行(ちぎょう)していた牛久保は、戦国時、常に今川、武田、織田、松平からの脅威に晒されていたところで、ここから家訓として「常在戦場」の四字が生まれています。
「常に戦場にあるの心を持って生きる」という意味です。
ちなみに山本五十六大将も、この「常在戦場」を座右の銘としていました。

米百俵の逸話に出てくる小林虎三郎は、幼いころ天然痘を患い、その後遺症が左顔面に残る人でした。
けれど一生懸命に努力して、長岡藩校で若くして助教を務めるほどの俊才となり、長じて佐久間象山の門下生になりました。

佐久間象山は、私塾「象山書院」を運営して多数の弟子を獲った人ですが、特に後に吉田松陰と呼ばれる吉田寅之助と小林虎三郎は、塾の「二虎」と呼ばれ、
「義卿(松陰)の胆略、炳文(虎三郎)の学識、稀世の才」
と称えられています。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html



仁徳天皇 民のかまどと古墳のお話

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑

《最新動画》大人のための修身入門 第13回「信義とは何か?」

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

 民、うながされずして材を運び簣(こ)を負い、
 日夜をいとわず力を尽くして争い作る。
 いまだ幾ばくを経ずして宮殿ことごとく成りぬ。
 故に今に聖帝(ひじりのみかど)と称し奉る。


20181212 仁徳天皇陵
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


仁徳天皇(にんとくてんのう)といえば、「民のかまど」の物語で有名です。
仁徳天皇の四年、天皇が難波高津宮から遠くをご覧になられたときのことです。
「民のかまどより煙がたちのぼらないのは、
 貧しくて炊くものがないのではないか。
 都がこうだから地方はなおひどいことであろう」
と、天皇は向こう三年の租税の免除を求められました。

ここまではよく知られたお話です。
ところがこのお話には続きがあります。

三年経って天皇が三国峠の高台で炊煙が盛んに立つのをご覧になられたとき、かたわらの皇后に、
「朕はすでに富んだ。
 嬉ばしいことだ」
と仰せになるのです。
「変なことを仰言いますね。
 宮垣が崩れ、屋根が破れているのに、
 どうして富んだといえるのですか」
「よく聞けよ。
 政事(まつりごと)は
 民を本としなければならない。
 その民が富んでいるのだから、
 朕も富んだことになるのだ。」
仁徳天皇はニッコリされて、そう仰られました。

この言葉は我が国の「シラス」統治を指しています。
国家最高の政治権力者よりも上位におわす天皇が、国家最高の権威として民衆を「おほみたから」とする。
こうすることにより、民衆は天皇の宝として権力者の奴隷とならずに済み、権力者もまた民衆を私有民(隷民)にすることができなくなるのです。
これが日本の古代から続く知恵です。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html



赤穂浪士外伝「紅扇に乗せた梅の花」矢頭右衛門七

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑

《最新動画》大人のための修身入門 第13回「信義とは何か?」

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

今日は、その赤穂浪士討ち入りの日です。
そこで毎年恒例となりました、赤穂浪士外伝「紅扇に乗せた梅の花〜矢頭右衛門七(やとうえもしち)」をお届けしたいと思います。
泣けるお話です。


20181211 義士銘々伝 矢頭右衛門七
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


せんだって、赤穂浪士討入の理由について、このブログに書かせていただきました。
要約すると、江戸時代の日本では権力を行使する者は、同時にそれに等しい責任を必ず負担していた。
浪士の討ち入りについていえば、その責任者は将軍となり、その将軍への責任を回避するために知恵者の柳沢吉保が知恵を絞って行ったのが、討ち入りを義挙とすることであった、というものです。

ちなみにこのとき、コメント欄で「(将軍と勅使の席次が変更になったのは)十四代将軍家茂の将軍の時代であった」というコメントをいただきました。
要するに赤穂浪士討ち入りから200年近く経ってから制度が改められたわけで、その意味ではご指摘の通り赤穂浪士討ち入りとは、直接の因果関係はないともいえます。

けれど、多くの人々が赤穂浪士討ち入りの真実を知り、また光格天皇によって京都学習院が開設されてあらためて皇室の重要性が世間の常識となり、ようやく長年の伝統に変更が施されたわけです。
そこから私達は、たとえどんなに正論であったとしても、ひとたび定められた伝統を変えるのは、それだけ大変な歳月がかかることだということを學ぶ必要があるように思います。

さて、今日は、その赤穂浪士討ち入りの日です。
そこで毎年恒例となりました、赤穂浪士外伝「紅扇に乗せた梅の花〜矢頭右衛門七(やとうえもしち)」をお届けしたいと思います。
泣けるお話です。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html



三大神勅(天壌無窮、宝鏡奉斎、斎庭の稲穂)を学ぶ

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑

【最新動画】03-02 見立てると成り成りて



人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

三大神勅というのは『日本書紀』の天孫降臨の段で、天照大御神が、孫である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の地上降臨に際して詔(の)らされたとされる次の3つの御神勅(三大神勅)のことをいいます。

1 天壌無窮の神勅(てんじようむきゅうのしんちよく)
2 宝鏡奉斎の神勅(ほうきようほうさいのしんちよく)
3 斎庭稲穂の神勅(ゆにはいなほのしんちよく)

順にその内容を学んでみたいと思います。


20181210 天壌無窮の神
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


日本人として是非知っておかなければならないことのひとつに、
「三大神勅(さんだいしんちょく)」があります。

三大神勅というのは『日本書紀』の天孫降臨の段で、天照大御神が、孫である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の地上降臨に際して詔(の)らされたとされる次の3つの御神勅(三大神勅)のことをいいます。

1 天壌無窮の神勅(てんじようむきゅうのしんちよく)
2 宝鏡奉斎の神勅(ほうきようほうさいのしんちよく)
3 斎庭稲穂の神勅(ゆにはいなほのしんちよく)

順にその内容を学んでみたいと思います。

ちなみに、この3つの御神勅は、日本書紀の中で本編と離れて「一書曰(あるふみにいわく)」として、他の文献からの引用として紹介されているものです。
この時代は、漢字を我が国の標準文字として採用していこうという運動が行われていた時期にあたり、そこで、過去に様々な形で伝承されてきたものを、あらためてまる40年近い歳月をかけて漢字で書かれた文献として著したものが『日本書紀』です。

その日本書紀が「一書曰」と書いているのですが、「書」という字の上の「聿」の部分が、手に筆を持っている象形、下の部分が焚き火の象形です。
つまり「書」という漢字は、火を焚くと燃えてなくなってしまうものに、筆で何かを書きつけることの象形文字であるわけです。
従って「一書曰」とあれば、それは口承(口伝え)ではなく、何らかの形で文献として書かれたもの、を意味します。

ということは、日本書紀の前に書かれたものがあった、わけです。
現時点で、記紀よりも以前に、文字で書かれた文書は「あったかもしれないけれど現存しない」と言われています。
個人的には、神代文字で書かれた文書が、これは実はいまもちゃんと伝承されている、と思っていますが、その話は別な話。
いずれにしても、日本書紀は、天孫降臨のところまでの物語のあらましを本編として紹介したあとに、日本書紀よりも古い時代に書かれた古史古伝が、三大神勅を紹介しているとして、あらためてその物語を紹介しています。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html



神話教育の推進は、真正面から堂々と推進できる

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑

【最新動画】03-02 見立てると成り成りて



人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

難しいことをするのではありません。
紙芝居レベルで良いのです。
小学校の低学年のうちの教育カリキュラムに、古事記神話を入れるだけです。
たったそれだけのことで、子供達は自国に誇りと自信と愛を育むことができるのです。


20161012 古事記


真正面から堂々と進めたら、行政は肯定するしかないという典型です。
是非、全国の市区町村の議員の皆さんにはご実施いただきたいと思います。

東京・江戸川区の平成30年 第3回定例会でのことです。
区議会議員の岩田まさかず先生が次のように質問されました。
岩田まさかず先生は「龍馬プロジェクト」所属の先生です。

■岩田まさかず議員の質問

「日本最古の歴史書である
 古事記や日本書紀を
 読むことから始めるべきだと考えます。
 日本の国の成り立ちを
 物語で読むことによって、
 自分の国がどのように
 形づくられていったのかを理解し、
 そこから日本人の民族性も
 読み解くことができるようにもなります。
 例えば、
 天照大神(アマテラス)と
 大国主命(オオクニヌシ)の
 国譲り神話の内容を知れば、
 私たち日本人が
 決して争いを好まず、
 平和的な解決を望む、
 和を尊ぶ民族であるということが
 認識できるはずです。
 そこで学校教育の現場で
 神話を教えることによって、
 子どものうちから
 日本人としての
 アイデンティティーを形成する
 機会を与えることが
 重要だと考えます。
 先人からの語り継がれてきた
 神話や伝承には、
 現代にも通じる
 本質的な考え方が
 潜んでいると考えます。
 学校における神話教育の
 指導についての考えは?

■区の回答

 子どもたちが、
 神話・伝承を含めた
 我が国の先人の業績、
 生き方等について
 理念が深められるよう
 今後とも力強く
 教育活動を行っていきたい。

これはとても大切な質疑です。
子供達に、子供達向けの神話教育をしていくこと。
それは何より大切な日本人としての自覚と誇りを養うことになるからです。

是非、全国の市町村でも展開していただきたいと思います。
難しいことをするのではありません。
紙芝居レベルで良いのです。
小学校の低学年のうちの教育カリキュラムに、古事記神話を入れるだけです。
たったそれだけのことで、子供達は自国に誇りと自信と愛を育むことができるのです。





『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html


お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

徳のある人とは

【最新動画】大人のための修身入門 第十二回 「進取の気象とは何か?」



締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

日本的な意味での「徳のある人」というのは、ただ学問ができるだけの青白きインテリではダメで、武芸に通じ、文武両道に秀で、真っ直ぐな心で人として圧倒的な迫力と勢いを持つ人を意味します。
China式儒教に言う尊大ぶっただけのものは、我が国では徳のある人とは言いません。


林羅山
20181201 林羅山
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


「仁」は、五常における最高の徳目で、人と人との間に通う親しみやいつくしみ、あるいは思いやりの心です。
そして訓読みが「ひとし」です。つまり人と人が対等な関係にあることが、日本的儒教における仁です。

「義」は、羊に我と書きます。
古代において羊は神への捧げ物で、羊の代わりに我が身を捧げることが義です。
訓読みは「ことわり」です。
誰かのために身を犠牲にして働くことこそが、人に課せられた「ことわり=条理」であるということが、日本的儒教の特徴です。

「礼」は、旧字が「禮」で、相手を尊重する心を相手にはっきりとわかるように豊かに示す態度です。
訓読みは「ゐや=うや」で、相手を敬うことを意味します。
その相手を敬う態度を、相手にわかるようにはっきりと豊かに態度で示すのが礼です。

「智」は、「知」が神々に降りていただく神棚で、その下に「日」があります。つまり神々の知恵を意味します。
訓読みは「さとり」で、神々の知恵を我がものにして人々の生活に役立てることが智です。

「信」は、「言」という字が口に刃が当てられている象形で、嘘を言ったら刑罰を受けることを意味します。それに人偏が付いていますから、嘘を言わないことです。
訓読みは「まこと」で、嘘を言わないことが、まことです。

この5つの徳目を総称して、徳、または「五常(ごじょう)の徳」と言いました。
「徳」というのは旧字が「彳+悳」で、真っ直ぐな心で進むことを意味します。

日本書紀は、この「徳」の字を「いきほひ」と読んでいます。
つまり仁義礼智信の五常を備える者にこそ、「いきほひ(=勢い)」があると捉えています。
原文では、たとえば海幸山幸のところに次のように出てきます。

(原文)於是、兄知弟有神德、遂以伏事其弟

(読み下し文)
ここにおいて、兄、弟(おとのみこ)の
神の徳(いきほひ)有(います)ことを知りて、
遂(つい)にその弟(おとのみこ)に
伏事(したが)ふ。

(現代語訳)
ここにおいて兄の海幸彦は、弟の山幸彦が神の徳(いきおい)を持つことを知り、
ついに弟に従うことにしました。

実際に行われたことは、「徳」という字に「いきおい」という訓読みを与えたのではなくて、あらかじめ大和言葉に「いきほひ」という言葉があり、その言葉の意味するものに最も近い漢字として「徳」の字を選んで用いているわけです。
ここは非常に面白いところです。

Chinaでは儒者の士大夫は、常に口元に薄笑みを浮かべて、動作も鷹揚で物腰は尊大です。
要するに人の上に立つものは、鷹揚で尊大であることが徳のある士大夫の在り方であるとされてきました。
ところが日本では、勢いがあることに「徳」を見出しているのです。

日本でも、Chinaの儒教をただありがたがる人の中には、Chinaの士大夫のような尊大さをもって「徳」とする人もあったようですが、家康に見出され、徳川家の学問を総預かりした林羅山は、そのようなChina的儒者ではなく、むしろ五常を備えることによって、人しての勢いが生まれるとしました。
それこそが林羅山の説く「神儒合一論」であり、だからこそまだ弱冠23歳の林羅山に、わざわざ老齢の家康は面会し、その羅山をして幕府の正式顧問として、旗本たちの教育の一切を委ね、また、その学問が江戸時代の日本の学問(儒学)の主流にもなったのです。

日本的な意味での「徳のある人」というのは、ただ学問ができるだけの青白きインテリではダメで、武芸に通じ、文武両道に秀で、真っ直ぐな心で人として圧倒的な迫力と勢いを持つ人を意味します。
China式儒教に言う尊大ぶっただけのものは、我が国では徳のある人とは言いません。

普通に常識で考えても、二心(ふたごころ)なく前に突き進む人というのは、それだけで人間的な迫力を持つものです。
その迫力というのは、どこかのアマチュアボクシング界の終身会長さんのような、尊大で威張っている態度とはまったく異なります。

むしろ、話せば腰も低いし、親しみやすいけれど、それだけでなくて、学問も出来、武芸にも秀(ひい)で、仕事も出来て、なおかつ全身から黄金色(こがねいろ)のオーラを発散しているような神々しさと行動力をあわせ持つ人。
それが日本的「徳のある人」です。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
会場は都営新宿線船堀駅前にある「タワーホール船堀」です。
11月17日(土)18:30 高崎講演「日本人に伝えたいこと」
11月25日(日)18:00 第56回 倭塾公開講座
12月6日(木)18:00 第32回 百人一首塾 301会議室
12月24日(月)13:30 第57回 倭塾公開講座
1月14日(月・祭日)13:30 第58回 倭塾公開講座
1月26日(土)18:30 第33回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ
2月2日(土)13:30 第59回 倭塾公開講座
2月23日(土)18:30 第34回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ
3月9日(土)18:30 第60回 倭塾公開講座
3月16日(土)18:30 第35回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ
4月13日(土)18:30 第36回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ(407会議室)
4月27日(土)13:30 第60回 倭塾(研修室)
<関西・倭塾>
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会


【最新動画】大人のための修身入門 第十二回 「進取の気象とは何か?」




動画【CGS ねずさん 古事記のセカイ】
はじめに
01-01 私達はなぜ神話を学ぶのか
01-02 古事記と日本書紀の違いとは
第一章
02-01 隠身と別天神
02-02 創生の神々と十七条憲法のただならぬ関係とは

動画《大人のための修身入門》
01 修身教育とは
02 誠実
03 孝行
04 礼儀
05 博愛
06 公益
07 よい日本人
08 自立自営
09 我が郷土
10 人の名誉を重んじる
11 勇気 






『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html




なぜ私達の祖先は漢字を用いたのか〜額田王の歌を題材に〜

【最新動画】大人のための修身入門 第十二回 「進取の気象とは何か?」



締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

亀甲文字や鹿骨文字を組み合わせて新たな意味を持たせると、それが会意文字(漢字)になります。
会意というのは「意味を合わせた」というもので、いわば漢字の熟語のようなものです。
単漢字よりも熟語の方が、はるかに多くの意味を込めることができるように、単音の神代文字よりも漢字のほうが、一字に複数の意味をもたせながら、さらに複雑な意味をもたせることができるようになります。
私達の祖先は、漢字を輸入したのではなく、活用したのだ、ということが、私は正解であろうと思っています。


上村松篁 春丘
20181130 上村松篁 春丘
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


なぜ私達の祖先は漢字を用いたのかを、『万葉集』にある額田王の歌を題材に考えてみたいと思います。
『万葉集』は759年に成立した我が国最古の歌集です。
『万葉集』で有名な和歌といえば、たとえば額田王(ぬかたのおほきみ)の

 あかねさす紫草野行き標野行き
 野守は見ずや君が袖振る

があります。
この歌の歌意は一般に「茜色に輝く紫草の禁野で、あなたが私に袖を振る様子を野守が見てしまうのではありませんか」といったものであるとされています。

ところが実は、このような「漢字仮名交じり文」で一般に知られているこの歌は、実は『万葉集』では漢字ばかりで次のように書かれています。

【題詞】天皇遊猟蒲生野時額田王作歌
茜草指  武良前野逝  標野行  野守者不見哉  君之袖布流

題にある「天皇遊猟蒲生野時」というのは、668年5月に行われた天智天皇ご主催の蒲生野での遊猟会を指します。
旧暦の5月5日は、いまの暦ですと6月中旬になります。
ちょうど梅雨の始まる前くらいの季節です。

歌の冒頭にある「茜草」は、2字で「アカネ」読みますが、アカネの開花時期は8〜9月です。
従って、ここでは「アカネ」の花を詠んでいるのではなく、単に草としてのアカネのことを言っているとわかります。
アカネは、「アカネ色」という言葉があるように、古来その根が、染料として用いられます。
つまり「茜草指」と書くことで、「染料として用いられるアカネ草で染めるように、指し示す」という意味がここに込められていると考えられます。
同時に空がアカネ色に染まる時間帯、夜明け、夕方の時間帯の意味にもかかります。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html



*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク