アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


国籍法改正法案、会期中は参院見送り

国籍法改正法案が、自民・民主の国対委員長会談で、30日までの会期中は参院での可決を見送り、入管審査の徹底などの付帯決議を行った上で成立させる見通しとなったそうです。

この法案は、主だった閣僚が不在のうちに、まるで泥棒猫のように少数の閣僚で閣議決定され、賛成多数で衆院を通過。その後、ネットユーザーが、関連議員さんや国会にFAXやメールを送り続け、ようやく、今国会での可決を見送るという動きになりました。

今回の国籍法改正法案は、はじめてネットが国政を動かしたケースといえるのかもしれません。

法案は、衆院で可決している以上、野党勢力が過半数を占める参院は、通常なら大過なくそのまま可決します。
閣議決定→衆院可決となっている法案である以上、現段階でできることは、法案可決時に問題点についての付帯決議をすることくらいしか残された改善方法がない。

付帯決議があれば、その内容にもよりますが、政令・省令をもって、DNA鑑定を事実上義務付けたり、インチキの偽装認知については、刑法上の詐欺・文書偽造等、複数の法律で処罰。あるいはこの法律に基づいて日本国籍を取得して入国する者にはDNA鑑定書を入国審査時の必要書類とすることを義務付ける等、次善策とはいいながら、あるていど網をかけることができる可能性が生まれます。

とにかく、いまのままの状態で可決されることが絶対によくない。

この法案は18日に全会一致で衆議院を通過。マスコミではほとんど報道されなかった法案で、このことがきっかけで、

「生活が脅かされる可能性があるものを報道してくれないなら、テレビなんて要らない」
「この国の政治家とマスコミが、ここまでも、こんなにも酷いとは思わなかった」
といったような批判が数多く見られたといいます。
この問題がきっかけとなり、マスコミや政治の偏向が議論されるなら、それはとっても良いことだと思います。

実際、この改正によって偽装認知が増えるのは確実でもあります。
なにせ父親が、「俺の子です」と認知しさえすれば、二重国籍だって可能なんて、とんでも法案なので、多くの方が
「戦後最大級の悪法」
「別名、日本国籍バーゲン法」
とまで言われるのは、あたりまえのことだと思います。

以前にも書きましたが、日本人の男が、海外に出かけて行き、そこで女性と交際し、子どもを作る。そして彼女の妊娠を知りながら、日本に逃げ帰る。
彼女は出産するが、貧しくて子供を育てることができない。
日本に行けば、日本のちゃんとした教育を受けされることができると知りながら、彼に連絡をとると、「俺は結婚しているから、その子供は認知できない」

そんな無責任男によって生まれた日系外国人の子供たちが数万人。
その子供たちは、満足な教育も受けれれないどころか、ゴミの山で生活したりと、悲惨な生活を送っている。

こうしたことから、最高裁で現国籍法が婚姻を条件としていることは違憲であるとの判決が出たのは、生まれてきた子供に罪はないという人道的立場から、当然のことであろうと思います。

法律が「違憲」であるとの判決が出た以上、三権分立の規定に従って、当然立法府である国会は、国籍法の改正案を審議しなければならなくなります。

ところが、わけのわからないのが、最高裁で違憲判決がでていながら、国会には審議委員会もできず、議員さんたちはこの問題について、まったく「なにもしない」。

いまさら言うのも変ですが、日本の国政は三権分立によって構成されており、国会(立法府)が法律を作り、これを行政(省庁)が法に基づいて執行。その立法と行政が法律通り行われているか監視するのが裁判所の役割です。

そして最高裁が「違憲」と判決したものについては、国会は迅速に法の改正を行わなければならない。それが国会の義務であるにもかかわらず、国会にはまるで改正案上程の動きがない(三権分立の精神事態が欠如)。
結局、心配した官僚さん(行政)が、改正国籍法を上程し、これを内閣が閣議決定しました。

しかし、総理も外遊中。ほとんどの閣僚も国へ帰っていて、ほぼ誰もいない状況下で、「国籍」という重要法案が、充分な内容の検証も審議もないままに、いとも簡単に少数の閣僚で承認・決定。
あとで、「どうしておまえ、あれにハンコついたんだ!?」と聞かれた某閣僚が、「いあ、いつもどおり、ただめくら版しただけだよ。アハハ」・・・・

これを知った、ネットユーザーが、これはとんでもないザル法案だと、法案の問題点を指摘。
「認知」だけで日本国籍が取得できるということは、帰化した在日外国人が、海外にいる子供たちを「俺の子だ」というだけで、みぃんな日本人にできちゃう!! これって、やばくね? というわけです。

実際、背景には、中国の産児制限の問題などもあって、中国では2番目3番目の子供は出産させることができない。でも生まれてきちゃう子供はやはりいるわけで、そうした子供たちは、戸籍を与えられず、当然学校にも行けない。そうした子供たちが億単位で存在する。この子供たちの多くは、蛇頭のような中華系マフィアに所属し、暴力と上下関係だけの世界で育っている。そしてなによりも「国籍」を欲しがってもいる。
簡単にいえば、蛇頭の子供たち全員(1億人以上いるといわれている)に、簡単に日本国籍を与えてしまうというものであり、これは誰が考えても由々しき事柄。日本社会を混乱に陥れるのはよほどのバカでも予期できることです。

さらにその子供たちが成人したら、日本人として選挙権も与えられるわけだから、国政にも多大な影響が出るのは火を見るより明らかです。

これだけ重要な法案でありながら、マスコミはまるで、無視。
衆議院においても、一握りの反対派議員がむくれて席を立ってくれたおかげで、全会一致で可決。不思議なことにこうした自民の暴走に対し、最大野党の民主が全面的に賛成というていたらく。いったい議会制民主主義の正義はどこに行ったんだ?

それでもあきらめずに、多くのネットユーザーが、国会にFAXやメールを行い、ようやく参院では、付帯決議案を作成後に可決させようという動きになったというのが、11月26日夜のニュースです。

現状の国籍法下でも、日本に滞在する外国人風俗嬢などが、日本での永住権を獲得するために日本人と偽装結婚し、日本人となっているケースが数多くあり、また、そうして帰化した「自称日本人」が、「わたしは日本人です」と言いながら、バスの中で隣の人の首をナイフで切ったりなどというとんでもない事件を起こしている。

東京の一部の地域は、すでに外国人街となり、治安が極度に悪化。
メガネをかけてカバンを持った普通の日本人サラリーマンは独り歩きできない。
このうえさらに暴力的な外国人が増えたら、いったいどうなるのか。

一番迷惑するのは、日本に住むまっとうな外国人さんたちでしょうし、日本人だって迷惑。
国家の安全、庶民の暮らしを守るのが国政の役割のはずなのに、こんかいのこの国会の不条理は、この国のセンセイ方が、まるで日本という国を考えていないということ。

非常に残念しごくな話でもあります。

ともあれ、ネットが国政を動かした初めてのケース。
いつまでもマスコミの偏向に騙されることなく、多くの日本人が、誇りある凛々しい心を取り戻し、庶民による庶民のための庶民の政治が実現できるよう、これからも声をあげていってもらいたいものだと思います。

<国籍法改正案>会期中は参院採決見送りで一致 自民と民主 2008年11月26日20時33分 / 提供:毎日新聞

国籍法改正法案は改悪?改正? 2008年11月25日08時00分 / 提供:kizasiジャーナル

森法相「国民からの声は紙の無駄」【国籍法改正案】

森法務大臣は、法務省に寄せられたFAXを、迷惑行為と断じていますね。非常識な人たちであると。どれも同じ文言だったとも言っています。
しかし、国籍法改正に関して、多くの庶民がいいたいことは、たった1点しかない。
それに、法務省のFAXがパンクして迷惑だったなんて、一時のことでしかない。
もし「認知」国籍法がそのまま生まれたら、この先ずぅ~っと国民は迷惑を被り、場合によっては命の危険にまでさらされる。だから危機感を募らせた。そのことを大臣は理解していないのでは?


国籍法改正を見込んで、日本フィリピン0811172国際移住機関

この問題が生まれた根本にあるのは、無責任なヤリっぱなし日本人男。子供たちに罪はない。
そのことを踏まえた上で、どう生まれてきた子供たちを救うかは、大きな課題です。
悪意の入国と、子どもたちに未来を拓く入国は、きちっと分けて考えるべきでしょうし、入国を認めた子供たちについては、彼らの日本での生活サポートについても、きちんと議論する必要があると思います。


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v


日本の赤ちゃん、150人に1人が中国系

日本国籍が簡単に取れてしまう、国籍法改正案が衆議院を通過しました。

そしてその一方で、昨日、次のニュースが流れました。

(1) 06年の日本の赤ちゃん、150人に1人が中国系―日本 2008/11/25 20:32 中国ニュース通信社

(2) 日本に嫁ぐ中国人女性、年間1万人超―中国 2008年11月25日10時24分 / 提供:Record China


(1)は、厚生労働省が発表した「人口動態統計特殊報告」に基づくものです。

06年に生まれた赤ちゃんは110万4862人。
このうち、父親が中国人である子供の数が3481人、母親が中国人であるもの6805人。両親ともに中国人が2505人。
新生児全体のうち150人に1人が「中国系の血を引く赤ちゃん」なのだそうです。

(2)は、厚生労働省が今年9月に発表した「人口動態統計」。
07年の日本の婚姻件数は71万9822組で、そのうち国際結婚は4万322組。なんと18組に1組が国際結婚をしている。

さらに中国人と日本人の国際結婚は1万2942組で、夫が日本人、妻が中国人の夫婦は1万1926組、夫が中国人、妻が日本人の夫婦は1016組。

ここ数年、中国人女性が日本に嫁ぐケースが大幅な増加傾向にあり、01年以降は毎年1万人を超えているとか。

あるていどまっとうなものとしては、農村の労働力となり、過疎化をくい止めているケースもあり、農業人口が減り続けている山形県の最上地区では、1989年には外国人の嫁が18人しかいなかったが、1995年には180人に増加し、その大部分が中国人女性だったのだそうです。

逆に、悪質なものとしては、中国本土で戸籍をとれない私生児だったものが、蛇頭などの犯罪組織に入り、日本に入国。日本で国籍をとるために日本人と偽装結婚をするなどのケースがあげられています。

日本に流入するこうした中国難民とも呼べる人々の数は、今後ますます増える傾向にあり、彼らと日本人との文化のギャップが、今後の大きな社会問題となりそうです。

先日も、駅で暴行を振るう中国人を注意した警察官が、電車のホームから突き落とされ、大けがをするというニュースが流れました。

暴力を振るうことが当然とされる文化のもとに育った中国人。
立場が上の者は、下位の者に対し、何を言っても、何をしても許されるという文化で育った人たち。

かわいい坊ちゃん顔をした少年が、店の前の商品を片端からズタ袋に入れて堂々と万引きをする。注意をすると、いきなり店員さんの首をめがけてサバイバルナイフが飛んでくる。ホントです。友人の都内のディスカウント店の店長も、これで斬りつけられました。

ちなみに、日本は共同体型文化なので、たとえばヤクザ者や、不良なら、ひと眼でそれとわかる服装や態度をとります。
そして刃物で刺す場合も、太ももや腹を狙って刺そうとする。
中国系の方の場合、まず、服装や態度では、まじめな青年なのか、不良なのか、まるで判別はつきません。こわもて風の態度もない。ごく普通の人が、いきなり相手を殺しにかかる。プチッっときたら、いきなり相手の首をめがけて斬りつける。

切腹というのは日本の慣習ですが、腹というものは、切ってもなかなか死なない。
だから日本では、介錯として最後に首を斬るという習慣が生まれた。
これに対し、いきなり首筋をめがけて斬りつけられたら、斬られた者は数秒で死に至ります。文化の違いとしか言いようがない。

子供の頃から、暴力的環境の中で育ち、徒党を組むことの有用性を肌でわかっている中国人と、飽食で甘やかされて育ってきた個人主義型の日本人では、勝負にならない。
悪事を見つけても、ただ目をそむけて通り過ぎるだけの日本人。
自分たちに気に入らないことは、徒党を組み、大声をあげ、暴力を用いてでも強引に通そうとする文化の中国人。

このまま不良外国人が増加すると、ほんとうに日本はとんでもないことになる。

関連記事=「狂気の世界」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-261.html


人種差別とかそういうことを言いたいのではありません。
国籍に関係なく、優秀で素晴らしい人もたくさんいます。
逆に、国籍に関係なく、どうしようもない連中もいます。

ただ、最終的に警察の権力に従うという文化を持つ日本人犯罪者と、犯罪を犯してでもカネをつくり、故郷の中国に逃げかえれば済むという中国人犯罪者の違い。

日本に帰化し、日本人と名乗って、世界各地で暴力行為や犯罪を働く中国人などが増えることは、日本にとっても、日本人にとっても、けっしてよくはない。
そしてそのことは、日本の庶民の暮らしに、結果として大きな悪影響を及ぼしていまうのではないでしょうか。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

凶悪支那人(中国人)の犯罪を許さないお茶の水駅前抗議

通過する法案、政局になる法案

<記事引用>-------------------------------------------
民主、参院で審議拒否 2008年11月18日(火)16:15産経新聞

麻生太郎首相と民主党の小沢一郎代表の党首会談から一夜明けた18日午前、国会は、衆院本会議で国籍法改正案などが予定通り可決されたものの、参院では民主党が外交防衛委員会や財政金融委員会など、すべてにわたり審議に応じない事態となった。

新テロ対策特別措置法改正案を審議する参院外交防衛委員会は、14日の理事懇談会において18日の委員会採決で合意していたが、民主党はほごにする構え。
18日午前の委員会はいったん開かれたが、民主党が採決に応じないためすぐに休憩となった。
同日中の開催はない見通しだ。

民主党は18日午前、役員会を開いて終盤国会の対応を協議し、党首会談の結果を踏まえて新テロ対策特措法改正案や金融機能強化法改正案の審議に応じない方針を確認した。
ただ、審議拒否の強硬路線に転じることで国民の支持が離反する可能性もあることから、政府・与党の出方を見極め、慎重な対応をとることも申し合わせた。
小沢氏は席上、首相が今年度第2次補正予算案の提出を明言しないことに対し「公約違反だ」と批判した。

一方、政府・与党からは民主党への批判が相次いだ。
河村建夫官房長官は同日午前の記者会見で、
「新テロ特措法改正案、金融機能強化法改正案を人質にして政局にしている。予想外のことで非常に残念だ」と不快感を示した。
鳩山邦夫総務相も閣議後の記者会見で「政局のためには何でもやってやるぞという姿勢に驚いた。私には理解できない」と非難した。
-----------------------------------------------------

この民主党の審議拒否については、共産党からも「何でも反対というのは、いかがなものか」と批判の声があったとか。

特にわけがわからないのは、民主党が座長を務める≪外交防衛委員会≫までも審議に応じないといしていること。

≪外交防衛委員会≫とえいえば、テロ特措法関連の審議で、田母神元空幕僚長の参考人招致までも行った委員会。

田母神氏の論文に関する議論は、いったいどこへ行ってしまったの??
日本の歴史観や氏の処分をめぐる重要な委員会じゃなかったの??

しかも座長が民主党でしょ??

金融機能強化法改正案だって、いまの世界的金融危機に際して、日本の外交上、めちゃめちゃ重要な法案。その是非をめぐる議論って、絶対に必要なハズ。

なのにどれもボイコット???

しかもその一方で・・・・

≪記事引用≫--------------------------------------

国籍法衆院通過 法務委実質3時間、審議不十分の声 11月19日8時1分配信 産経新聞

国籍法改正案は18日の衆院本会議で全会一致で可決、参院に送付された。今国会で成立の見通し。
採決が急がれたのは、自民、民主両党が12日、改正案を会期末までに成立させる方針で合意したため。
「与野党で合意したものをほごにはできない」と、国民とは直接関係のない国会対策上の事情が大きい。
--------------------------------------------------

全会一致ヾ(*`ω´*) ッテオィ!!

そういう問題じゃ、ないでしょう!!!@@

国籍問題って、今後の日本のカタチを決定づける重要法案ですぞ??

なのに自民・民主合意で、簡単にパス??

工工工エエェェ(゚Д゚)ェェエエ工工工

よくわからないけれど、いまの国会をみていると、

■ 外交面や日本の国際協力といった、海外向けに大金が動く問題は、政局となり、審議拒否まで飛び出す大騒ぎになる

■ 国籍法改正のような重要だけど内政向けでカネが動かない法案は、ろくな議論もなく官僚立法(議員立法ではない)でも、簡単に可決されている・・・

ような気がするのですが・・・・

ヾ(*`ω´*) ッテオィ、どうなってるの??

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

恐ろしい国籍法改悪案!河野太郎を絶対に許さない!


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

50年かけて民族を統一して治安の良い自由で清潔な国を作ったのに、それが一瞬にして崩壊してしまった国・・・日本はどうなる?

ing I.N.G

どこの国かというと、台湾のことです。日本が清から台湾の割譲を受けたのが1895年。当時の台湾は、多くの部族に分断された地域で、紛争が絶えず衛生環境も悪く、コレラ、赤痢、チフス、ジフテリアなどが風土病となっている島だったといいます。

日本は割譲を受けて日本領とした台湾を、日本の国の一部と考え、数多くの学校や病院を設置。街をきれいにし衛生環境を整え、上下水道を整備し、台湾を統一しました。
当時生まれ育った多くの台湾の人々は、自分たちは日本人であると考え、私たち日本人も、台湾を日本の一部と考えていました。

国家っていうのはおもしろいものですね。
江戸時代までは、藩が国家であり、日本は藩という名前の国家の集合体でした。
当時の北海道は、蝦夷地と呼ばれ、アイヌ民族が暮らす地域でしたし、当然言語も異なっていた。
沖縄も、琉球民族の住む土地であり、日本語に近いけど異なる言語が話されていた。
時代をもっとさかのぼれば、関東から東北にかけての地域には日本王朝があり、関西の大和朝廷と対立していたなんて説もあります。

ようするに国境とか国家なんてのは、地球が生まれたときから線が引いてあったわけでもなんでもなくて、一定の文化を共有する人々の集合体でしかない。

さて台湾ですが、日本の一部となり、四国地方・九州地方・沖縄地方などと同じ日本の一部となった台湾は、教育レベルも高く、街があたらしい分、本土よりも街は清潔で道も広く、人々は文化教育水準の高い、自由な言論のもと、平和に暮らしていました。

第二次世界大戦では、台湾出身の日本兵はめちゃめちゃ強く「またも負けたか○連隊」と呼ばれた関○地方の兵士とは比較にならない勇猛さを誇り、優秀な飛行兵なども数多く輩出しています。

こうして台湾割譲から50年かけて統一国家となった台湾は、日本の一部として、部族の対立もなくなり、東洋一とうたわれる衛生的で文化教育水準の高い地域となった。

ところが日本が戦争に負けると、そこに毛沢東ひきいる中国共産党に追われた中国国民党の蒋介石が雪崩を打って台湾に侵入します。当時の中国国民党の兵士たちは、相当の蒋介石自身が嘆いているように教育がなく、ほとんどやくざ同然の武力集団だった。
当時台湾では水道が普及しいつでも蛇口を捻ると水が出ましたが、それを見た国民党の兵士が蛇口を手に入れて、壁に穴をあけて取り付けて栓をひねったところ、水が出ないといって怒ったという笑い話もあります。

こうして台湾は、一夜にして中国国民党の支配下におち、大陸から来た国民党は台湾人に対し「日本の教育を受けたやつは奴隷教育を受けたのだ」と台湾人を罵ります。
それに対し高い教育と自由な言論で育った台湾人は、
「大きなお世話だ。俺たちが好んで受けたわけではない。俺たち台湾人に相談もなく下関条約で日本に売り渡したのは誰だ」と言い返します。

それでも、一定の混乱期のあと、高い教育を受けた台湾の人々は、国民党政権と融和し、戦後の台湾を日本と同様、質の高い工業国家として、独立した清潔な暮らしのできる国家を形成します。戦後国民党政府によって破壊された文化を、戦後60年かけて、台湾は、ようやく復活させた。それがいまの台湾(中華民国)です。

ところが、この台湾に政変がおこります。中国本土の出身で中国共産党の純粋なスパイである馬英九氏が、今年3月、台湾の総統に選ばれたのです。
豊富な中国資金と、たくみなメディア戦略で台湾国民を安心させて当選した馬英九総統は、総統になるとすぐに中国との親和政策を次々と打ち出します。

その結果、文化交流事業も数々打ち出され、台湾の歌手や芸能人が中国公演を実施。反対に中国からも数多くの芸能人が来台します。

そして事件が起こりました。

9月に中国で公演を行った、台湾出身のI.N.Gという3人組の女の子のボーカルグループが、台湾のテレビ番組に出演。中国で講演した時の感想を聞かれて、

「私たちって中国ですっごい人気なのよ」
「だけど中国のファンはとっても凶暴」
さらに、
「トイレの床を拭いたモップで、ステージの上を拭くのよ」と、衛生観念が低いことを指摘。食生活の習慣について、
「それに犬肉や鹿肉、ロバ肉まで高級食材として売ってるんだから」などとと語りました。おそらく彼女たちは、単に自分たちが見たもの感じたものをそのまま正直になんの飾りもなく放送で語ったものと思われます。

ところが、放送後まもなくこの番組がインターネットの動画サイトに流出。これを見た中国の一部ネットユーザーらが、
「我々を侮辱している」と激怒。
I.N.Gの公式ファンサイトには同サイト封鎖と彼女たちの解散を求める書き込みが殺到。
また各サイトの電子掲示板には彼女たちを激しく攻撃するコメントが相次ぐという事態が起こりました。
そして、11月にはいって、彼女たちは正式にお詫びのコメントを発表。しかし、おそらく彼女たちは解散に追い込まれるだろうとのことです。

そしてその翌週、台湾の前総統の陳水扁氏が、横領・資金洗浄の疑いで逮捕されました。わざわざ元総裁の陳氏に
手錠をかけ、その惨めな姿を台湾国民のまえにさらしました。

中国と台湾が別々の国ではなく、台湾を中国の一部とする国家の融合化を図ろうとする
馬総統にとって、独立国家台湾、言論の自由と高い教育水準を持つ自由主義国台湾を標榜する陳前総統は、ジャマな存在だったのです。

また、これから中国の属国となろうとするときに、実は中国は衛生環境が悪く、文化水準も低く、国民のレベルが低いということを、素直な眼で見て、素直に語る正直者の芸能人の女の子がいたら、じゃまだったのです。

中国は、誇り高い歴史と、多くの人口を抱えた大国です。人口が多い分、良くも悪くもいろいろな人がいて当然だとも思います。
ボクも中国人の方で、ほんとうに人格的にも教育レベルも高い水準の素晴らし人をたくさん知っています。

しかし、問題は、よい人がいる、悪い人がいるというレベルの問題ではないように思います。

考えてみてください。ふつうに授業が行われている、平凡な学校に、いきなり全校生徒の10倍の生徒を持つ、進学なんて関係ねえ!という暴力学校の生徒がどかどかと入り込んできたらどうなるか。

日本の良さ、素晴らしさというのは、いろいろなことがあると思いますが、ボクが日本のどこが好きかと聞かれたら、いのいちばんに、「なんでも言える国」であることを挙げます。個人が自由に発言できる。
会社にいて、飲み会で上司の悪口を言える(笑)、社長の悪口を言える(爆笑)。でも、悪口を言ったからといって、それが問題発言とか言われたり、社内で轟々とした非難を浴びることもない。その分、やることやって成果をあげたら、逆にアイツは見どころがある!なんて褒められたりもする。互いの信頼が第一とされる。日本て、おバカな国だけど、それなりにいいとこもいっぱいある。
六本木の繁華街を、女の子が露出の多い服を着てへいきで一人歩きできる国。
露出の多い服装の是非は別として、それだけ平和で暴力のない、良い国だと思うのです。

航空自衛隊の田母神氏が、日本を信頼できる良い国だと論文に書いて発表したら、問題発言だと騒ぐ政治家がいる。

12日に中国から輸入されようとした覚せい剤330キロが北九州で摘発されました。
ニュースではインドネシア人の船員らが逮捕と報道されましたが、その覚せい剤はウーロン茶の袋にはいった、明らかに中国製品。しかも、この手引きをした主犯格の男は、日本人名を持つ中国人からの帰化人です。

国籍法の改正により、父親の「認知」だけで、外国人が日本国籍をとれることになろうとしている。最高裁で違憲とされた以上、改正自体には賛成ですが、虚偽の申告によって日本国籍を取得する悪いヤカラが、絶対に現れる危険があることを考えたら、すくなくとも、DNA鑑定や、虚偽申告時の罰則強化はあたりまえなのに、中国や韓国の国籍との二重国籍すら認めようとする売国政治屋もいる。

なにを言っても自由ですが、私たち庶民の暮らしの平穏が保たれる国家であってほしい。

田母神氏を批判する人は、自分が自由に批判発言をさせてもらっている分、田母神氏が
自由な発言をすることを制約しないでほしい。

麻薬を日本に持ち込むような不届きな輩は、帰化を抹消して、二度と日本に入れないでほしい。

日本人である以上、日本人としてのルールをきちんと守る人であってほしい。

冒頭の台湾の例にあきらかなように、破壊は一瞬です。
そして運よく再興できても、それには半世紀という長い年月がかかる。

とりとめのない話になってしまいましたが、見たもの聞いたもの学んだものを、正直に話したら、駆逐される・・・・日本は、そんな国になってもらいたくないです。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

覚せい剤300k押収200億円相当-中国人逮捕


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

「国籍法改正法案」趣旨は良いけど罰則はもっと強化すべき

10月31日の事務次官会議で、未婚の日本人男性と外国人女性の間に生まれた子供について、父が認知さえすれば日本国籍を取得出来るようにする国籍法改正案を了承されました。
そして、11月4日午前の閣議で法案は正式承認され、今国会に提出、成立を目指すのだそうです。
国籍法改正案を閣議決定 父の認知で取得可能に(西日本新聞11月4日)

背景となっているのは、本年6月の最高裁判決。

未婚の日本人父とフィリピン人母との間に生まれ、出生後に父から認知を受けた計10人の子供が、父母が結婚していなければ日本国籍が取得できないと定めた国籍法は憲法違反であるとして、日本国籍の確認を求めた2件の訴訟で、一審の東京高裁は、違憲性はないとしてこれを却下。

ところが、最高裁大法廷が「父母の結婚」を国籍取得要件とした国籍法の規定は違憲であるとの判断を下し、認知だけで国籍を認める判決を言い渡した、という事件です。

いまさら事件を振り返ってみるのもなんですが、未婚の日本人男性とフィリピン女性との間に生まれた子供が生まれ、これを放置して日本に逃げ帰った日本人男性の行為は恥ずべきものであり、決して許されるものではありません。女性を愛し、子ができたのなら、男としてキチンと責任をとるのは、世界中どこでもあたりまえのことです。

したがって、最高裁の判決はきわめて妥当なものですし、最高裁で現行の国籍法について「違憲」と裁定された以上、国会は速やかに法の定めを改定し、政府はこれを施行しなければなりません。三権分立の基本です。

しかし、ここに問題があります。

それは婚姻をしていなくても、認知をすれば日本国籍を取得することができるという制度は、簡単に悪用され、不法滞在している中国や韓国の女性や、その子供たちが、実際には日本人男性との間に生まれた子供でもないのに、認知ならびに日本国籍の取得を申し立てるという危険があるということです。
さらにはカネに困った男性が、子の認知を餌に、カネを得るなんて事件も、今後起こる可能性もある。

これに対し、国籍法改正法案が示す「虚偽の届出」への罰則は、わずかに懲役1年以下20万円以下の罰金という軽微なものでしかない。国籍はく奪、国外追放といった厳しい処分はなにもない。認知に際してDNA検査等の義務もない。これではまるでザル法です。

日本人であるということは、血のつながりがあるということだけではなく、日本人としての固有の価値観を共有するということであろうかと思います。

人の言うことをよく聞く。おかみの言うことには逆らわない^^; 人との争いを好まない。人を殺してはいけない、あるいは暴力はイケナイという共通認識がある、火病やヒステリーを嫌う、言いはって争うよりも和を大切にする等々、日本人として共通の価値観、モラル感がある。

現行の国籍法が婚姻を条件にしたのは、外国人との間でできた子供を日本人とするには、同時に日本人としての価値観を子にちゃんと共有化させることを条件にしていたということがです。

残念なことに、ほんの一握りの無責任男のおかげで、価値観の共有が違憲とされることとなってしまった。日本国憲法が、人種国籍等による一切の差別をしないと高らかにうたっている以上これは仕方がない。

しかし、だからといって、日本国籍を乱造するような事態は、わが国の治安と国際的責任をまっとうするために、やはりどこかで歯止めをかけなければならないと思います。

そのためには、国籍法の改正に際しては、認知の要件を厳格に定めるとともに、虚偽届出に対して、厳罰をもって臨むことを改正法に織り込むべきではないかと、ねずきちは思うのです。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

父親の認知だけで日本国籍取得、というトンデモな改正案


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク