アクセスランキング

日本を取り戻したい。 そのために日本を学びます。 そうすることで私たちは愛と喜びと幸せと美しさのある本来の日本人に戻れると思うからです。


西洋生まれの西暦には297年間の水増しがあるかもしれないというお話

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180409 ファントム時間仮説

(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
4月15日(日)13:30 チャンネルAJER「古事記に学ぶ日本型経営学」
4月22日(日)13:30 第50回記念 倭塾公開講座
5月5日(土)18:30〜 第26回百人一首塾(公開講座)
5月19日(土)18:30 第51回倭塾(公開講座)
6月9日(土)18:30〜 第27回 百人一首塾 公開講座
6月30日(土)13:30〜 第52回 倭塾 公開講座


昨年、ドイツの歴史学者ヘリベルト・イリグ氏は、
「中世ヨーロッパ史の297年間は捏造されたものである」
と発表し、西洋史に一大センセーショナルを巻き起こしました。

イリグ氏の主張の要点をあげると、次のようになります。

▼年代の改ざんは、神聖ローマ皇帝オットー3世が西暦996年ではなく、西暦1,000年に統治を開始したと見せるために行われた。

▼年代改ざんを指示したのは、
 コンスタンティノス7世、
 オットー3世、
 シルウェステル7世、の3人である。

▼シャルルマーニュの聖騎士やカール大帝(742-814 フランク王国の王で後の西ローマ帝国皇帝)などは、年代改ざんのつじつま合わせのために、当時存在していた史書を改ざんして創作された人物群である。

▼このため西暦614年から911年までの297年間には、文献史料がほとんど存在しない。
それ以前や以後については、数多くの文献があるにもかかわらず、である。

▼また、西ヨーロッパで10世紀(西暦900年代)に建築されたとされる建築物の多くは、千年以上前に建築されたとは到底考えられない。


これらの主張をイリグ氏は、具体的な事実をもとに検証して、297年間の水増しを指摘したわけです。
ということは、今年は西暦2018年ではなく、実は1721年(?)ということになります。

なんだか文科省の文書改ざんのようなことが、過去の歴史にも起きていたわけですが、要するに「書いてあることが真実であるとは限らない」ということです。

歴史を知る手がかりは、大きく分けると3つあります。
考古学と文献史学と、歴史学です。

考古学は遺跡から発掘された遺物(持ち運びできるもの)や遺構(住居跡のように持ち運びできないもの)という証拠そのものを検証する学問です。
このため、たったひとつの考古学的発見によって、それまでの歴史認識が、根底からひっくり返るようなことが起こったりします。

文献史学はこれと異なり、文書や記録、あるいは典籍と呼ばれる古史古伝(史記や宋書のようなもの)から、史実を知る手がかりを得ようとする学問です。

歴史学は、考古学的検証や文献史学等に基いて、過去にあった出来事を再現する学問分野です。
つまり、これこれの事実や事情があったからこのような出来事が生まれ、それが後世にこのように影響したということをストーリー化して再現したり、その再現の妥当性を検証するのが歴史学です。
広義の歴史学には文献史学も含まれますが、狭義の歴史学はその再現そのもののことを言います。

歴史学は、幹となる史書があったとしても、これをただ鵜呑みにするのではなく、他国の史書や当時の日記、手紙や財産の壌渡書類などの文献史学上の研究や考古学的発見等を傍証として、史書に語られた歴史が真実であるかどうかを検証しながら、歴史を再構築してくわけです。

つまり「書いてあるから正しい歴史(真実の歴史)」とは限らない。
真実を知るには、思考力・洞察力が必要だということです。

お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

20180326 イシキカイカク大学



四度あった南京事件

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
クリック・クリック

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

以前にご紹介し、動画にもなったお話です。
日本陸軍が行ったという、いわゆる南京虐殺は捏造(ねつぞう)ですが、
その南京では、いずれもChinese同士での大虐殺が行われています。


良民証をつけた南京の子供
20180305 良民証をつけた南京の子供
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
4月1日(日)13:30 第三回名古屋倭塾公開講座
4月7日(土)18:30 第25回 百人一首塾
4月22日(日)13:30 第50回記念 倭塾公開講座
5月5日(土)18:30〜 第25回百人一首塾(公開講座)
5月19日(土)18:30 第51回倭塾(公開講座)
 *****

中共がいう南京大虐殺はねつ造です。
ただし南京には、
実際に起こった虐殺事件があります。
こちらは史実です。

その南京虐殺事件とは、以下の4つです。

1 第一次南京事件(大正2(1913)年)
  張勲軍が南京に乱入し、城内の民間人に対して
  虐殺、強姦、略奪を行った事件
2 第二次南京事件(昭和2(1927)年)
  国民党の国民軍が騙し討ちのような形態で南京
  に入り込み、
  城内で虐殺、強姦、略奪を行った事件。
3 第三次南京事件(昭和12(1937)年)
  南京に陣取った国民党軍が、
  日本軍がやってくるからと城内で
  虐殺、強姦、略奪を行った事件。
4 第四次南京事件(昭和24(1949)年)
  中共軍が南京を制圧し、資本家らを襲い虐殺、
  強姦、略奪を行った事件。

1~2では、在留邦人も被害にあいました。
3は、中共政府が宣伝する南京大虐殺の「前」にあった出来事です。
4は、昭和24年ですから、
 すでに大東亜戦争も終わり、
 日本とはまるで関係のない中で起きた事件です。

以下、順にその概要をみていきますが、
これを見ると、いかに大陸の流儀というのが、
被害者を加害者に、
加害者を被害者にすり替える
いい加減なものかがわかります。



1517998807




◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑



地球環境の長期的変化と仮説

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

デビルスタワー(ワイオミング州)
20171021 デビルスタワー
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


地球環境が、いまの地球環境に限定して古代を考えることは、私は間違っていると思います。
地球環境は、たとえば海面の高さはいまより140メートルも低かった時代もあれば、10メートル以上も高かった時代もあったのです。


【お知らせ】
10月26日(木)18:30 第19回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
11月 3日(金・文化の日)14:00 第2回 名古屋倭塾 公開講座(古事記)
11月 5日(日)18:30 第45回 倭塾 公開講座
11月25日(土)18:30 第20回 百人一首塾
12月16日(土)18:30 第46回 倭塾 公開講座
12月23日(土)18:30 第21回 百人一首塾
 *****

先日、巨人ネフィリムのご紹介をしましたが、今日ご紹介するのは、あまりにも巨大な木の切り株です。
上の写真にあるのは「デビルスタワー」と呼ばれるアメリカ合衆国ワイオミング州北東部に存在する岩山です。
地下のマグマが冷えて固まり、長年の侵食によって地表に現れた岩頸とされているのですが、写真を見てわかりますように、縦に行く本もの筋が入っています。
この筋のことを「柱状節理」というのですが、これが実は「巨大な樹木の切り株なのではないか」という動画が公開されています。
たいへんおもしろいです。

『この地球に山や森は存在しない』
(前編)


(後編)


この岩山の柱状節理が実は木の繊維であって、この岩山が巨大な樹木の切り株跡なのではないかというのが、この動画の主張です。
またグランドキャニオンなどの荒野も、実は古代における採石場の跡ではないかという仮説が、後編で述べられています。
たいへんに説得力のある動画ですので、長いですがお時間のある際にでも一度ご覧頂くと良いと思います。





◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
古事記3の一部

実は現代と似ている第一次世界大戦後の日本と世界

本日、18時半から倭塾開催です。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3376.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3376.html

【お知らせ】
 5月13日(土)18:30 第40回倭塾
 5月18日(木)18:30 第15回百人一首塾
 6月24日(土)18:30 第41回倭塾
 7月15日(土)18:30 第42回倭塾
 7月23日(日)14:00 第 1回名古屋倭塾
 7月27日(木)18:30 第16回百人一首塾
日本史検定講座・第八期生募集中
〜〜下の顔写真をクリックすると募集ページにジャンプします。〜〜
20170411 日本史検定講座


   *****

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20170512 軍縮会議


ブログのタイトルを「ねずさんのひとりごと」から、
「大和心を語るねずさんのひとりごと」
に変更しました。

 *

第一次世界大戦のあと、軍縮会議が行われて、英米日の戦艦総排水量比率が「5:5:3」にされたという話は、お聞きに成られたことのある方も多いと思います。
けれど実は、この軍縮会議、4回ありました。

1919(大正8年)に、第一次世界大戦の終戦処理をするために「パリ講和会議」が行なわれたことは、みなさまよくご存知のことと思います。
この会議の席上、日本は、新たに設立される予定の国際連盟規約に「人種平等の原則を入れる」という、当時の世界ではまさに画期的な提案をかかげたことも、有名な史実です。

ところがこの会議の席で、日本は参加16カ国中、11カ国の賛成を得るという、多数決の論理に従えば、明らかに成立になろうとする快挙を成し遂げるのですが、会議の議長であった米国第二十八代大統領ウッドロー・ウィルソンがこれを、「全会一致でない」というひとことで、退けたということも、やはり有名な話でご存知の方も多いかと思います。

このときの日本の「人種の平等」という理想の提案は、実はものすごいことということができます。
なぜならこの時代というのは、西欧諸国のお金持ちや、そのお金持ちたちのいる、いわゆる欧米列強の諸国は、富の大部分を、人種を差別した植民地政策によって得ていた時代です。
それが人種が平等になるということは、欧米の資本家や貴族たちにとっては、その富の源泉を失うことを意味するのです。
つまり、それはもしかしたらヨーロッパで数百年続いた資産家たちの破産をさえ招くという提案であったわけです。

それだけの気宇壮大な提案をしておきながら、参加16カ国中、11カ国の賛成を得たということは、これは当時の日本の政治力の凄さということができます。


これ、おもしろいですよ^^


『ねずさんと語る古事記 壱』絶賛発売中!
     20170226 古事記壱


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆



5月3日 済南事件

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

【お知らせ】
 5月13日(土)18:30 第40回倭塾
日本史検定講座・第八期生募集中
応募多数につき4月末で募集を締め切ります。お早めにお申込みください」
〜〜下の顔写真をクリックすると募集ページにジャンプします。〜〜
20170411 日本史検定講座


   *****

20170504 済南事件


昨日は憲法記念日でしたが、その同じ5月3日として、忘れてはならないのが昭和3(1928)年に起きた「済南事件(さいなんじけん)」です。

大正6(1917)年にロシア革命が起きました。
この後、世界を共産主義支配下に置こうとするいわゆる世界共産主義革命が開始されました。
共産主義は、社会の対立を煽り正当化します。
この時代の支那は、社会環境が劣悪でしたから、民衆の社会への不満が高まっていました。

そうした不満に裏から資金や武器を提供すれば、その動きは激しさを増します。
このことは、国と時代は異なりますが、青瓦台にパククネ大統領に対する不満派が大量に集まったとき、その群衆にペンライトではなく、もし機関銃や手榴弾、迫撃砲などを渡していたらと考えていただければ、すぐに察することができようかと思います。

当時の支那は、明治44(1912)年に清王朝が倒れたばかりです。
同年1月1日に、南京で孫文(そんぶん)が中華民国臨時政府を樹立し、臨時大総統職に就任するのだけれど、軍事力の弱い孫文は、支那内部にある武闘派を掌握しきることができずにいた時代です。
支那は伝統的に、青白きインテリよりも、武闘派が影響力を持つ国です。
日本に留学して知恵と知識を得た孫文は、支那で多くの人々の信頼を勝ち得ましたが、一方で、伝統的な武闘派の掌握ができずにいたのです。

その結果、北京軍閥の長である袁世凱(えんせいがい)に、今日ご紹介する済南事件の2年後の大正4(1915)年には大統領職を譲っています。
そして袁世凱は「中華帝国」初代皇帝に即位しています。

ここは大切なところです。
孫文の「中華民国」の成立は1912年(明治44年)ですけれど、
その「中華民国」は、1915年(大正4年)末には倒れて、「中華帝国」が誕生しているのです。
ところがその「中華帝国」も、翌1916年(大正5年)3月には、帝政取り消し声明が出され、これにより支那国内は軍閥が群雄割拠する時代へと進みます。

ちなみに下の図がこの中華帝国の国旗です。
20170504 中華帝国

こうした中で、大正9(1920)年に起こったのが「尼港事件(にこうじけん)」です。
「尼港事件」は、ロシアのトリャピーチン率いる、ロシア人、朝鮮人、支那人約四千のならず者たちが、共産パルチザンを名乗って、黒竜江(アムール川)の河口にある尼港(現・ニコライエフスク)を襲った事件です。

この事件では、石田領事を含む約700名の日本人居留民が虐殺されましたが、まだこのときは、狙いが日本人だったというよりも、白系ロシア人が標的となっていました。
むしろ日本人は、眼の前で白系ロシア人たちが虐殺(というよりも大量屠殺に近い)される様子を見て、これに抗議し、抗議することでやや巻き添えを食う形で、虐殺されています。

ところがこの尼港事件で味をしめた共産パルチザンは、日増しに乱暴狼藉を激化させるのです。
そして満州や北支方面でのゲリラ活動を激化させていきました。



『ねずさんと語る古事記 壱』絶賛発売中!
     20170226 古事記壱


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆



秦の始皇帝の再検証

20160917 兵馬俑
(画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

秦の始皇帝悪玉論は、いまだに根強く残っているようです。
それが実は誤解であるという論考が「大紀元」で紹介されました。
「大紀元」様のご承諾をいただきましたので、こちらのブログでも皆様にご紹介したいと思います。

先に3つのことを申し上げておくと、

先ず第一に、秦の始皇帝は、漢族ではなく、突厥(とっけつ)です。
突厥は、いまのウイグルのことで、唐代まではウイグルは黒髪、直毛、黒目のモンゴロイドです。
その後、中央アジアでトルキスタンを制圧して混血し、いまのように変化しました。
支那は古代において、農耕民族であるモンゴロイド系先住民と、あとからやってきた狩猟系コーカソイド移民との間で激しい殺し合いが起こりますが、これによって中原を追われて周辺民族となっていったのが、いまの支那の少数民族と呼ばれる人々といわれています。

つまり秦の始皇帝は、過去において中原を追われたモンゴロイドが、再び中原を制圧して支那をひとつに統一し、始皇帝を名乗った人、ということになります。
つまり外来王朝です。
ただし、ウイグルの特徴として、彼らは人も家畜も、生き物はすべて財産と考えます。
つまり人を財産と考えて、支那全土を統一した始皇帝が、ただいたずらに残忍なだけの人物とは考えにくいのです。

二つ目に、先般ご紹介した秦の将軍、司馬穰苴(しばじょうしょ)があります。
彼は、『司馬法(しばほう)』という書を顕し、そのなかで、

 国が大なりといえども、戦を好めば必ず亡(ほろ)ぶ。
 天下安らかなりといえども、戦を忘れれば必ず危うし。
( 國雖大 好戦必亡 天下雖安 忘戦必危)

と説いています。
秦の軍隊は、当時の支那にあって最強で、その勇猛な秦軍の将軍が、上記のような言葉を残しているわけです。
(言葉の詳細については↓参照)
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3102.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3102.html

部下を見れば人がわかるといいます。
これだけの人物が将軍として仕えた始皇帝が、ただの暴君とは実際考えにくいのです。

三つ目に、兵馬俑(へいばよう)があります。
始皇帝陵から発見された俑は八千体に及びます。
そしてそのひとつひとつの顔かたちが、おそらくは実際の兵を生き写しにしたものであったろうと言われています。
しかも発見時には、兵士の俑は、無彩色に思われたのですが、その後の調査で、できた当時は、極彩色に塗られていたことが判明しています。
巷間言われてきたように、始皇帝が乱暴な暴君なら、ほんものの人間を埋めたことでしょう。
けれど始皇帝は、雑兵を道連れにするのではなく、親兵の人形(俑)を一緒に埋葬することを選んでいます。
これは、始皇帝が兵たちを信頼し、兵たちもまた始皇帝を慕っていなければ、およそ行われないであろうことです。

というわけで、おかしいなとは思っていたのですが、このたび大紀元に、良い記事が掲載されましたので、ご紹介に至った次第です。
大紀元の本文のご紹介の後、すこし私の考えを述べます。


20160810 目からウロコの日本の歴史




閲覧注意・支那人の食習慣

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

森田春代画
20150614 sunuu1


今日の記事は18歳未満閲覧禁止、また成人であっても女性の方は閲覧注意とさせていただきます。

戦前の京都大学・東洋史家の桑原隲藏(くわばらじつぞう)教授が書いた『支那人間に於ける食人肉の風習』という論文があります。
大正13(1924)年3月19日の『東洋學報』第14巻第1号に掲載された論文です。

戦後の京都大学は、左翼の巣窟となりましたが、戦前は世界でも最高水準の学問の府として、本当に優秀な教授陣が揃っていたのです。
なかでも桑原教授は、支那語、女真語、モンゴル語、フランス語、アラビア語など、数十カ国の言語に通じ、古今の文献資料をあたるだけでなく、現地調査まで実施して、真の東洋史を研究された明治3年生まれの教授です。
息子さんにはフランス文化研究者で京都大学教授の桑原武夫先生があり、また東洋史研究家としては、その後岡田英弘教授、宮脇淳子教授などの師匠筋に当たる方になります。

今日ご紹介する『支那人間に於ける食人肉の風習』は、ネットでその全文を読むことができますので、ここでは要約をご紹介します。
全文→http://www.aozora.gr.jp/cards/000372/files/42810_23981.html</u>">http://www.aozora.gr.jp/cards/000372/files/42810_23981.html

要約版は、大正8(1919)年に桑原教授が雑誌『太陽』に寄稿したもので、これをいつものねず式で現代語に訳したものを、ここでご紹介しようと思います。
なお、こちらの要約文の方も、ネットで原文を読むことができます。
要約文→http://www.aozora.gr.jp/cards/000372/files/4270_14876.html</u>">http://www.aozora.gr.jp/cards/000372/files/4270_14876.html

支那人の食人肉風習は、かねてよりねずブロでも何度となく皆様にお伝えしてきたことです。
桑原隲藏の論考は大正末期のものですが、戦後においても、支那の文化大革命の際、当時中学生が中心であった紅衛兵たちが、中学校内に立てこもりました。
当時、この紅衛兵に参加し、後に米国に亡命したある支那人は、
「中学校の校舎を占拠した紅衛兵たちは、教師を殺し、その遺体を煮て食べていた。あまりのことに自分は大人になったら絶対に外国に亡命すると誓い、そのようにした」と述べています。



*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク