アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


秦の始皇帝の再検証

20160917 兵馬俑
(画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

秦の始皇帝悪玉論は、いまだに根強く残っているようです。
それが実は誤解であるという論考が「大紀元」で紹介されました。
「大紀元」様のご承諾をいただきましたので、こちらのブログでも皆様にご紹介したいと思います。

先に3つのことを申し上げておくと、

先ず第一に、秦の始皇帝は、漢族ではなく、突厥(とっけつ)です。
突厥は、いまのウイグルのことで、唐代まではウイグルは黒髪、直毛、黒目のモンゴロイドです。
その後、中央アジアでトルキスタンを制圧して混血し、いまのように変化しました。
支那は古代において、農耕民族であるモンゴロイド系先住民と、あとからやってきた狩猟系コーカソイド移民との間で激しい殺し合いが起こりますが、これによって中原を追われて周辺民族となっていったのが、いまの支那の少数民族と呼ばれる人々といわれています。

つまり秦の始皇帝は、過去において中原を追われたモンゴロイドが、再び中原を制圧して支那をひとつに統一し、始皇帝を名乗った人、ということになります。
つまり外来王朝です。
ただし、ウイグルの特徴として、彼らは人も家畜も、生き物はすべて財産と考えます。
つまり人を財産と考えて、支那全土を統一した始皇帝が、ただいたずらに残忍なだけの人物とは考えにくいのです。

二つ目に、先般ご紹介した秦の将軍、司馬穰苴(しばじょうしょ)があります。
彼は、『司馬法(しばほう)』という書を顕し、そのなかで、

 国が大なりといえども、戦を好めば必ず亡(ほろ)ぶ。
 天下安らかなりといえども、戦を忘れれば必ず危うし。
( 國雖大 好戦必亡 天下雖安 忘戦必危)

と説いています。
秦の軍隊は、当時の支那にあって最強で、その勇猛な秦軍の将軍が、上記のような言葉を残しているわけです。
(言葉の詳細については↓参照)
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3102.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3102.html

部下を見れば人がわかるといいます。
これだけの人物が将軍として仕えた始皇帝が、ただの暴君とは実際考えにくいのです。

三つ目に、兵馬俑(へいばよう)があります。
始皇帝陵から発見された俑は八千体に及びます。
そしてそのひとつひとつの顔かたちが、おそらくは実際の兵を生き写しにしたものであったろうと言われています。
しかも発見時には、兵士の俑は、無彩色に思われたのですが、その後の調査で、できた当時は、極彩色に塗られていたことが判明しています。
巷間言われてきたように、始皇帝が乱暴な暴君なら、ほんものの人間を埋めたことでしょう。
けれど始皇帝は、雑兵を道連れにするのではなく、親兵の人形(俑)を一緒に埋葬することを選んでいます。
これは、始皇帝が兵たちを信頼し、兵たちもまた始皇帝を慕っていなければ、およそ行われないであろうことです。

というわけで、おかしいなとは思っていたのですが、このたび大紀元に、良い記事が掲載されましたので、ご紹介に至った次第です。
大紀元の本文のご紹介の後、すこし私の考えを述べます。


20160810 目からウロコの日本の歴史




閲覧注意・支那人の食習慣

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

森田春代画
20150614 sunuu1


今日の記事は18歳未満閲覧禁止、また成人であっても女性の方は閲覧注意とさせていただきます。

戦前の京都大学・東洋史家の桑原隲藏(くわばらじつぞう)教授が書いた『支那人間に於ける食人肉の風習』という論文があります。
大正13(1924)年3月19日の『東洋學報』第14巻第1号に掲載された論文です。

戦後の京都大学は、左翼の巣窟となりましたが、戦前は世界でも最高水準の学問の府として、本当に優秀な教授陣が揃っていたのです。
なかでも桑原教授は、支那語、女真語、モンゴル語、フランス語、アラビア語など、数十カ国の言語に通じ、古今の文献資料をあたるだけでなく、現地調査まで実施して、真の東洋史を研究された明治3年生まれの教授です。
息子さんにはフランス文化研究者で京都大学教授の桑原武夫先生があり、また東洋史研究家としては、その後岡田英弘教授、宮脇淳子教授などの師匠筋に当たる方になります。

今日ご紹介する『支那人間に於ける食人肉の風習』は、ネットでその全文を読むことができますので、ここでは要約をご紹介します。
全文→http://www.aozora.gr.jp/cards/000372/files/42810_23981.html</u>">http://www.aozora.gr.jp/cards/000372/files/42810_23981.html

要約版は、大正8(1919)年に桑原教授が雑誌『太陽』に寄稿したもので、これをいつものねず式で現代語に訳したものを、ここでご紹介しようと思います。
なお、こちらの要約文の方も、ネットで原文を読むことができます。
要約文→http://www.aozora.gr.jp/cards/000372/files/4270_14876.html</u>">http://www.aozora.gr.jp/cards/000372/files/4270_14876.html

支那人の食人肉風習は、かねてよりねずブロでも何度となく皆様にお伝えしてきたことです。
桑原隲藏の論考は大正末期のものですが、戦後においても、支那の文化大革命の際、当時中学生が中心であった紅衛兵たちが、中学校内に立てこもりました。
当時、この紅衛兵に参加し、後に米国に亡命したある支那人は、
「中学校の校舎を占拠した紅衛兵たちは、教師を殺し、その遺体を煮て食べていた。あまりのことに自分は大人になったら絶対に外国に亡命すると誓い、そのようにした」と述べています。



尼港事件

  
毎週平日の月曜日は「ねずさんのメールマガジン」の発行日です。初月無料です。

■ねずさんの、目からウロコが落ちまくる「百人一首」解説本は3月上旬より先行予約開始です。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

尼港 1900年
尼港 1900年


今日は、尼港事件(にこうじけん)の際に、現場にいた日本人たちが軍人を中心に決起した日です。
尼港事件というのは、大正9(1920)年3月から5月にかけて、黒竜江(アムール川)の河口にあるニコラエフスクで、約4300人の共産主義パルチザンが引き起こした大規模な住民虐殺事件です。
殺された住民は、当時のニコラエフスクの人口の約半分にあたる6,000名で、日本人はほぼ皆殺し、街の建物もことごとく破壊されました。
犯人の共産主義パルチザンは、ロシア人約3000人、朝鮮人1000人、支那人300人の内訳でした。

もともとニコライエフスクは、ロシアやソ連ではなく、支那女真族(満州族)の土地だったところです。
ここには、大正9(1920)年当時、日本人700名を含む1万7千人あまりが住んでいました。

内訳は次の通りです。
日本居留民 約   700名
白系ロシア人約1万5000名
中国人   約  1000名
朝鮮人   約   500名
日本人700名というのは、日本陸軍の2個歩兵中隊が約260名であり、その他440名は軍属と婦女子です。



閔妃殺害事件

ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
 オーディオブック版のダウンロードはこちらから

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

閔妃
閔妃・明成皇后


いきなり冒頭に不愉快な写真ですが、一般に、李氏朝鮮最後の国王の妻、閔妃(みんぴ)の写真とされているものです。
もっともこの写真さえも、実は当時の妓生(きーせん)の売れっ子の写真とすり替えた偽物であるのだそうです。

この閔妃のことを、昨今の韓流ドラマでは「明成皇后」などと、もっともらしい名前を付しているようですが、これまたとんでもない話です。
当時の李氏朝鮮は、清国の属国です。
ですから清国のボスが「皇帝」であって、属国は「王」です。
「皇后」というのは、皇帝の妻のことであって、王の妻なら「王妃」でしかありえません。
「王」は、「皇帝」の部下なのです。

この閔妃は、後に殺害されています。
その犯人たちは、当時の朝鮮国王によって徹底的に捜査され、犯人は捕まり、犯人だけでなく、その家族まで、全員処刑されています。
主犯格の男は、逃亡していましたが、それに対しては、朝鮮国王は、なんと刺客まではなってこれを殺害しています。

閔妃殺害に関しては、日本がこれに関与したのではないかという説が当時ささやかれ(昔も今も、悪いことをするときは日本人になりすます)、このため日本も、国際社会における非難を畏れて、本件事件に関与したといわれる人物を全員逮捕拘留し、徹底的に調査しています。
結果は、公正な捜査の結果、全員「シロ」でした。
つまり日本人の犯行への関与は完全に否定されています。



三別抄が元寇を遅らせたというデタラメ

ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
 オーディオブック版のダウンロードはこちらから

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

モンゴル騎兵


驚いたことに、最近では元寇について、「朝鮮半島で武臣政権による三別抄の乱がフビライ・ハーンの日本遠征を遅らせた」などというデタラメが、結構流布しているのだそうです。

以下の文は、たいへんおもしろいので、是非、ご一読賜われればと思います。

さて元寇は、ご存知の通り1274年の文永の役と、1281年の弘安の役の二度にわたっての蒙古襲来事件です。
これについて鎌倉武士たちが勇敢に戦い、蒙古と高麗の連合軍を打ち払ったわけですけれど、実は、歴史用語としては「蒙古襲来」が本来の言葉で、「元寇」というのは明治以降になって言われだした言葉です。

どういうことかというと、明治にはいって我が国が国を開いてから(そういえば6月3日は嘉永6年にペリーの黒船4隻が浦賀にやってきた日です)、朝鮮半島や支那などが、「自分たちは倭冦によって被害を受けたのだ」などと言い出したことから、「その前に君たちが日本を襲ったではないか。それこそ元寇だ」と言い返したところから、登場した言葉です。
明治の人たちは、ちゃんと言い返す術を持っていたのですね。

元寇については↓コチラ。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1570.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1570.html

その元寇は、元を建国したフビライの指示によって日本が侵攻された事件なのですが、この当時の朝鮮半島には、高麗国がありました。
あたりまえのことですが、当時の世界帝国であるモンゴル(なんとアジアから東ヨーロッパまでを版図におさめていた)は、日本にやってくる前に、その高麗へ侵攻しているわけです。

このときに、高麗には勇敢な「武臣政権」があり、その正規軍である「三別抄(さんべつしょう)」がモンゴルと勇敢に戦った結果、日本への蒙古襲来が遅れ、その間に日本はいろいろな準備をすることができて、結果として日本は救われたのだ、というのが、最近の一部の歴史学者(たぶん在日系)の言い分なのだそうです。
聞いて呆れるとはこのことです。

尼港事件

ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
第五回倭塾日心会合同公開講座が錦糸町で開催されます。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

尼港事件


 この写真はあるところの壁に書かれた文字です。そこには「大正九年五月二十四日午後十二時 忘ルナ」と書かれています。何があったのでしょうか。実は、日本人として絶対に忘れてならないひとつの歴史がここにあります。

 これが書かれたのは、いまではロシアの「ニコライエフスク」となっている街の、とある建物の中です。昔はそこは尼港(にこう)と呼ばれていました。場所は中国黒龍江(アムール川)の河口から二十キロの地点です。




縄文人と弥生人は同じ人

ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
第五回倭塾日心会合同公開講座が錦糸町で開催されます。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

偽写真


のっけから物騒な頭蓋骨の写真を掲示して申し訳ないのですが、上にある写真は「縄文人と弥生人」の頭骨の比較として、あちこちに引用されている写真です。
この話は、先日行われた日本史検定講座における長浜浩明先生の講義で、私も初めて知ってびっくりしたのですが、なんとこの写真、偽造(変造)写真だというのです。

写真を見ますと、なるほど縄文人よりも弥生人の方が、頭骨が面長に見えます。
だからこの写真は、縄文人よりも弥生人は面長な顔立ちで、民族的特徴がまるで違うということを証明する写真として、NHKが「日本人はるかな旅」という番組で放送し、その後、同じタイトルの本でも紹介され、さらにマンガでも出版されて、広く世の中に出回っています。

ところがこの写真、真っ赤な偽写真です。
本物の写真は、下の写真です。

もとの写真


こちらの写真の方が全体に白いですが、冒頭の写真は、この写真を何度もコピーを繰り返すことで(当時はコピー機の性能が低かったため)全体に写真がくろずんだものです。
しかも、写真をよくみると、顔を線対称にして、張り合わせていることがわかります。

最近、STAP細胞に関して、データの改ざんや切り貼りなどが問題視されていますが、こうした考古学や歴史学、あるいは古代史の分野では、戦後左翼系の学者たちによって、このようなデータの改ざんや証拠のねつ造が、繰り返し何度も行われ続けてきました。
そしてそれが教科書にされ、本になって出版され、デレビでも何度も繰り返し放送され続けてきたのです。
それこそ、小保方さんどころの話ではないのです。



ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓

↓好評発売中↓




ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク