アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


明治維新は「尊皇攘夷」対「開国佐幕」の戦いだったのか

20190225 伊勢修養団研修バナー
内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


歴史とういうのは、過去の事実を整理してストーリー化したものです。
そのストーリーができるだけ合理的に再現性のある形に描かれたものが正しい歴史認識です。
幕末明治維新についていえば、幕府側も薩長側も、等しく尊皇です。
そこを間違えると、幕末の歴史の流れが混乱するもとになってしまいます。


20190422 鳥羽伏見の戦い
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


よく薩長は「尊皇攘夷派」で、「開国佐幕派」の幕府側と戦ったと言われます。
しかし「攘夷(じょうい)」というのは、外国人を打ち払うという意味のことばです。
では、どうして戦いに勝利した薩長側が築いた明治新政府は「尊皇開国」になったのでしょうか。
変質したのでしょうか。
変質したとしたら、それはなぜでしょうか。

このように、論理的に説明がつかない歴史認識は、筋書きに合理性・再現性を欠きますから、ひとことでいえば「間違った歴史認識」ということになります。

では実際にはどうであったのかといえば、幕府側も薩長側も、また、全国の諸藩も、いずれも「尊皇」であることは共通しているのです。
そしてすでに幕末において、日本は幕府によって「開国」しているのです。
欧米列強の圧力の前に、すでに「鎖国」は不可能になっていたのです。

欧米諸国の植民地支配の圧力の前に、国が「鎖国」をするということは、実はたいへんなことなのです。
なぜなら「鎖国」を維持するためには、交易を迫ってくる外国を打ち払うだけの軍事力を持ち、その軍事力を保持できるだけの財力があり、かつ、外国と交渉ができるだけの語学力も保持した国でなければ、「鎖国」はできないからです。
鎖国を単なる不作為と考えると大火傷します。
鎖国ができるということは、世界最強の軍事力と世界一の財力、世界一と言ってよいだけの政治力がなければ、鎖国なんて現実的に不可能なのです。

限られた意味でいうなら、「鎖国」は「永世中立」と少し似ているともいえます。
中立というのは、戦っている双方のどちらにも与(くみ)しないことが条件です。
片方の国の軍隊の通過や駐屯を許しただけで、もう中立は失われるからです。

たとえばスイスは、ナチスドイツがスイス国内を通過することを断固拒否しました。
ドイツ軍のスイス通過を許すなら、それはドイツに味方したことになるからです。
そしてそのためにスイスは、まさに国民皆兵を(これは今でも)実施しています。
万一スイスと戦うというのなら、スイス人全員を相手にどこまでも、いつまでも戦い続けなければならない。
そんなことは不経済だし、非現実的だから、戦争当事国は、スイスは避けて通らざるを得ない。
けれどそのために、スイスは、まさに全国民が武器を持ち、各家庭には重機関銃まで据え付け、国民全員が常に軍事訓練を怠らず、絶対に他国の進出を許さないという国の体制を堅持しているのです。
「永世中立」というのは、それだけたいへんなことなのです。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


20190317 MARTH





西洋社会 vs 日本社会

20190225 伊勢修養団研修バナー
内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


三万年の日本の歴史文化伝統は、たかだか数十年の教育や政治ごときで変えられるような底の浅いものではないものです。

20190409 三十年戦争
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


「三十年戦争」は、1618年から1648年にあったカトリックとプロテスタントによる最後にして最大の宗教戦争です。
ドイツ、フランス、スペイン、デンマーク、スウェーデンなどの各国が参戦しています。

この三十年戦争を描いた本に、グリンメルスハウゼンの『阿呆物語』(岩波文庫)があります。
戦災孤児となった主人公の半生を描いた小説ですが、その中に、まさに三十年戦争の時代の傭兵たちの様子が詳細に描かれています。
引用してみます。

*******
それからはどの兵隊もそれぞれとんちんかんなことをやり始めたが、そのどれもが落花狼藉といった感じを与えた。
これからはすばらしい酒宴を始めるかと思われるほど何頭もの家畜を刺し殺し、それを煮たり焼いたりする兵隊があるかと思うと、1階から2階を風のように駆けめぐって、便所のなかまで探しまわり、コルキスの金羊皮でも捜し出そうとするような兵隊もあった。

一部の兵隊は布地や衣類やさまざまな家具を包みこんで大きな包みをつくり、どこかで古物市でもひらこうとするつもりに見えた。
失敬して行くほどのものでないと考えたものは、たたき壊し、ばらばらにした。

一部の兵隊は敷布団から羽根をふるい出し、そのあとへベーコンをつめこんだりしたが、そのほうが羽根布団で寝るよりも寝心地がよいとでもいうようだった。
また、これからは常夏がつづくとでもいうように、ストーブと窓をたたき壊す兵隊もあった。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


20190317 MARTH





源平桃と平教経(たいらののりつね)

20190225 伊勢修養団研修バナー
内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


「教経殿、
 あまり罪を作りなさるな。
 そんなことをしても
 相手は立派な敵だろうか」


源平桃
20190405 源平桃
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


桜の季節になるとときたま見かけるのですが、白、ピンク、紅の三色の花をいっぱいにつけて木があります。
遠目には、まるで桜の花で、ピンク色の河津桜と、薄桃色の染井吉野がまるで並んで咲いているようにみえます。とてもきれいです。
けれどそれが、よくみると一本の木です。

実はこれ、桜ではなく、「源平桃(げんぺいもも)」という花桃の木です。
名前の「源平桃」は、白=源氏、紅(赤)=平家が入り乱れて戦った「源平合戦」に例えられたものなのだそうです。
おもしろいもので、この花、咲き方は土壌やその年の気候によって、同じ木でも、白やピンクの花のつきかたが毎年違います。

よく桃の木はChina原産といわれますが、このようになんでもかんでもChina生まれとするのは、おかしなことです。
桃は温帯に広く分布する植物で、桃自体に国境があるわけではありません。
大昔は日本列島は、大陸と陸続きでしたし、その時代には、いまの黄海も朝鮮半島もありません。
いま大陸棚となっているところが地上に露出し、あたかも琉球諸島を環礁とするように大陸がせり出して、そのまま日本列島と接続していました。
その琉球諸島と、せり出した大陸棚との間の海のことを「曙海(あけぼのかい)」といいます。
下の図の水色のところがおよその海岸線で、白っぽく見えるところはかつて陸地だったところです。
「北東亜平野」という名前もついているのだそうです。

曙海
20190405 源平桃


縄文時代の遺跡には貝塚がありますが、これに明らかな通り、人々は海沿いに住んでいたと考えられます。そうで図をご覧いただくとわかりますが、曙海は琉球諸島がまるで環礁(リーフ)のようになっていますから、波も静かで、人々が住むにはたいへんに環境が良かったものと思われます。

ちなみにこの時代、ベーリング海峡は陸続きです。
つまりユーラシア大陸と北米大陸は陸続きです。
陸続きだから、私達と同じ祖先を持つ人達が北米から南平大陸にいるのですが、おもしろいのはそれだけではなくて、ベーリング海峡がふさがっているということは、北極海からの寒流が南下しないということを意味します。

するとどうなるかというと、黒潮の暖流が、そのまま日本列島を北上し、ベーリング海峡から北米大陸の西側を経由して赤道にまで戻るようになるのです。
海面がいまよりもずっと低かった時代というのは、地球全体としては氷河期であり、たいへんに寒かった時代なのですが、北東亜平野から日本列島にかけては、この黒潮によってたいへん温暖で住みやすい環境にあったろうといわれています。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


20190317 MARTH



いろいろな歴史認識

20190225 伊勢修養団研修バナー
内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


歴史とは「過去の事実の因果関係を記述したもの」のことをいいます。
少し詳しく言うと、歴史は

  直進する時間
  時間を管理する技術
  文字で記録をつくる技術
  ものごとの因果関係の真実

の4つが揃ってはじめて歴史となります。


20190401 江戸時代
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


このような、いわば「歴史因果関係説」というのは、世界の中ではむしろ少数派です。
たとえば古代インド文明は、歴史を持ちません。
なぜなら、彼らは輪廻・転生の思想を持ち、事件や事故の原因を前世に求め、その結果を今生と考えるからです。
前世が未来になる場合もあるわけですから、そこには時間の直進さえありません。

またイスラム文明も、一瞬一瞬はすべてアラーの神の思し召しと創造によると考えます。
瞬間自体が新たに創造されるものなのですから、そこに因果律はありません。
つまり「歴史を持たない文明」も、世界には数多く存在するのです。

一方、「歴史を創作する文明」もあります。
それがヨーロッパの地中海文明と、China文明です。

ヨーロッパでは古代ギリシャのヘロドトスが『ヒストリア』を書きました。
この書の序文でヘロドトスは、
「世界は変化するものであり、その変化を語るのが歴史である」と述べています。
そして、バラバラで対立と闘争を繰り返していたギリシャの都市国家が、強大なペルシャがやってきたので、最後にはみんなで協力してペルシャをやっつけた。めでたしめでたしという筋書きを書いています。

これは、不当な侵略を前に、英雄たちが立ち上がって勝利するという筋書きです。
ですからそこには、世界がまとまるための恐怖の帝国の存在を必要とします。
戦後の国連秩序といわれるものになっています。

一方、China文明においては、前漢の武帝に仕えた司馬遷が著した『史記』が歴史書の原点になっています。
これは皇帝の正統性を記したものです。
誰が正統かということは、もっと簡単に言うと、誰がいちばん偉いかです。
それがChinaの歴史観です。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


20190317 MARTH



共産主義の恐ろしさをウクライナの悲劇に学ぶ

20190225 伊勢修養団研修バナー
内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


ウクライナは飢饉のときの2年間で、1千万人の国民と家畜たちが死んでいきました。
さらに第二次大戦で、民族の4分の1にあたる700万人の兵士が死亡しました。
大戦後もソ連の内政によって400万人から1000万人が殺されました。


20190318 ウクライナ
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


このブログで何度かご紹介させていただいた数多久遠さんが、新著『北方領土秘録』を出版なさいました。
早速読ませていただきました。
小説ですので、たいへんに読みやすい。
思わず夢中になって読んでしまいます。
外交とは、国益とは。
そういうことの学びや気付きのある本です。
ものすごくお薦めです。



さて、この小説のなかで重要な役割を果たしているのが、「ウクライナ」です。
黒海の北側に位置するこの国は、かつてはソ連の一部となっていました。
そしてソ連の一部となることで何が起き、そしてなぜ彼らは独立の道を選んだのか。
今回はウクライナの歴史を考えてみたいと思います。

 *

ウクライナは、もともとはロシア発祥の地で、ヨーロッパの穀倉地帯と呼ばれる豊穣な土地です。
ほとんどの国民は、敬虔なロシア正教の信徒です。
そのウクライナに、旧ソ連の前身となる「ウクライナ社会主義ソビエト共和国」が誕生したのが、大正8(1919)年のことです。
ソビエト連邦は、このウクライナに出来た「ウクライナ社会主義ソビエト共和国」に、大正11(1922)年になって「ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国」、そして「白ロシアソビエト社会主義共和国」等が合併して出来上がった連邦国家です。
だから「ソビエト連邦」と言います。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


20190317 MARTH



ハリネズミの進化論

20190225 伊勢修養団研修バナー
内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


日本人は、いっけんおとなしく従順です。
日頃から謙虚に地味に人としての成長を目指す日本人は、そのように見えますし、実際、おとなしいです。
しかし、やるときには断固としてやり抜きます。
そしてやり遂げるまで決して手を抜かないのです。


20190315 ハリネズミ
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


「徳川家康公遺訓」は、たいへん有名なものですので、ご存知の方も多いかと思います。
慶長8年1月15日のものです。

「人の一生は
 重荷を負うて、
 遠き道を行くがごとし
 急ぐべからず
 不自由を常と思えば不足なし
 心に望みおこらば
 困窮したる時を思い出すべし
 堪忍は無事のいしずえ
 怒りは敵と思え
 勝つことばかりを知って
 負くることを知らざれば、
 害、其の身に到る
 己を責めて人を責めるな
 及ばざるは過ぎたるに優れり」


徳川家康は、当時の世界にあって、世界一の大金持ちであり、世界一の軍事力を持った人物であると、この時代に来日にした西洋人宣教師が報告しています。
それだけの人物が、徳川家の遺訓として遺したものが、
「急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なし」であり、
「堪忍は無事のいしずえ、怒りは敵と思え」です。
そして、
「己を責めて人を責めるな。及ばざるは過ぎたるに優れり」
と述べました。
数々の戦いを経由し、また世界一の大金持ちとなった家康は、その日常において、たいへん謙虚な姿勢を人生訓にしていたことがわかります。


20190305 MARTHバナー

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


阿片戦争(あへんせんそう)の真実

20190225 伊勢修養団研修バナー
内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


阿片戦争の真実を知ったとき、持たれていたイメージと、実態があまりにかけ離れていることに驚かれるのではないでしょうか。

20190315 阿片戦争
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


阿片戦争(あへんせんそう)といえば、多くの人々の一般的認識は
「日本の幕末の頃、
 大英帝国がChinaに
 阿片を無理矢理
 売り付けようとして起こした
 侵略戦争」
といったイメージであろうかと思います。

実際はどうだったのでしょうか。
なるほど当時の英国が、七つの海を征する植民地国家であったことは事実です。
けれど本当に英国は、Chineseを麻薬漬けにするために阿片を大量にChinaに持ち込んでいたのでしょうか。

「阿片窟(あへんくつ)」という言葉もあります。
阿片の吸引所です。
そこには阿片中毒になった男女が、もうもうと立ちこめる阿片の煙の中で、性的モラルを失って薬物とセックスに浸り込んでいるといったイメージで語られるところです。
では実際にそのような場所があったのでしょうか。

歴史は、現在の価値観で図ろうとすると、大きな間違いを犯します。
ここは、当時の時代の価値観や実勢を振り返って、再考したいところです。
そういう視点でこの時代を見ると、実はこの時代、阿片を含めて、いま言われるいわゆる「麻薬類」の販売、所持、吸引などが、まったく規制外であったことがわかります。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


20190317 MARTH


*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク