アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


拡散希望「明治維新から150年 真の日本の姿」動画公開

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

20190522 明治150年 真の日本の姿


やっと公開になりました。
この動画、実に良いです(笑)
収録は、3時間ほど一気にお話させていただいたものを、TV番組をてがける動画会社さんが編集してくださいました。
全編ですと、おそらく5〜7話になると思います。
そのうちの2話が公開になりました。

よろしければ、拡散してくれそうなお友達にシェアをお願いします。


明治150年 真の日本の姿 第一話


明治150年 真の日本の姿 第二話


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

締切間近!ラストチャンスです。

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20190219 伊勢神宮


お申込みの締切は5月20日です。

明治以降113年の実績のある我が国最古の研修施設である伊勢「修養団」で行う研修です。
みなさまとともに、伊勢神宮への正式参拝を行い、また五十鈴川での禊(みそぎ)水行、そして講義があります。
お申込みには専用フォームがあります。

講師は、
元銚子市長でつくる会副会長の岡野俊昭先生、
修養団の名物講師で名高い寺岡賢先生、
日月神示の第一人者で日本弥栄の会の中矢伸一先生、
(以上五十音順)
と、私です。

初日の夜には懇親会、二日目の研修終了後には内宮でのお神楽の奉納も行います。
昨年12月、この研修を受講してきましたが、ものすごく良い研修でした。
私がサラリーマン時代にいた会社では、社長が研修好きで毎年様々な研修が行われましたが、そのなかで「役に立った」と思えた研修は「7つの習慣」の研修だけでした。
けれど昨年経験したこの伊勢修養団の研修は、その研修を数倍上回る内容の濃い体験となりました。
本当にお薦めです。

お申込みは↓のURLから行って下さい。
▼PCからのお申込みフォーム
https://ssl.formman.com/t/3YVs/
▼携帯からのお申込みフォーム
https://ssl.formman.com/t/i/3YVs/

【概要】
1 日時 2019年6月1日(土)〜2日(日)一泊二日
2 集合 現地集合
  伊勢青少年研修センターに
  6月1日午後12時半までにお越し下さい。
3 参加費 25,000円(税込み)
  (受講料、宿泊費、食事代込)
4 定員 150名

5 服装
 <伊勢神宮参拝時>
  男性 背広、ネクタイ、革靴着用
  女性 スーツ・礼装またはそれに準じた服装
 <研修中および宿泊>
  ジャージなど軽装をご用意下さい。

6 持ち物
  筆記用具、洗面用具、着替え、保険証など
  タオル(水行時に必要です)
 ※よろしければ故郷の一品(お酒、珍味など)
  を持ち寄って、ともに味わいましょう。

7 スケジュール
【第 1 日】
 13:30-14:00 開講心得案内・開講式
 14:15-15:45 第1講 小名木善行(倭塾)
 16:00-17:30 第2講 岡野俊昭先生(つくる会)
 17:45-18:30 水行方法についての説明
 18:30-19:30 夕食
 19:30-20:15 反省行 武田数宏先生(研修センター所長)
 20:30-21:15 五十鈴川にて禊(水行)
 21:15- 入浴・懇親会(直会)・消灯
 ※水行は必修ではありません。
  水行なしでのご参加も可能です。
【第 2 日】
 05:30 起 床・洗 面・寝具整理
 06:00-08:00 静座行・神宮(内宮)特別参拝
 08:00-08:50 朝食
 08:50-10:20 第3講 中矢伸一先生(日本弥栄の会)
    ※中矢先生は二日目のみのご参加です。
 10:30-12:00 第4講 寺岡賢先生(伊勢修養団)
 12:00-12:30 閉講式・解散
 14:00- 御神楽奉納(希望者のみ、費用別途)
 ※御神楽の間、荷物等は修養団
 で預かっていただけます。

8 主催
  倭塾(塾長:小名木善行)
  日本の心をつたえる会(会長:田沼喜一)

9 共催・会場
  公益財団法人修養団 伊勢青少年研修センター
  〒516-0024 三重県伊勢市宇治今在家町153番地
  電話 0596-25-0265

10 公益財団法人修養団(SYD)とは・・・明治39年(1906)に創立され、平成28年(2016)2月11日に110周年を迎えた社会教育団体。創立100周年の記念大会の折りには天皇の行幸も賜った由緒ある研修団。この研修施設に倭塾塾長他、岡野俊昭先生、中矢伸一先生を迎えて講話をいただき、昔は元服の儀の事前必携とされた水行をみなさんとご一緒し、また宿泊研修の利点を活かして、語り明かそうという企画です。

11 お問い合わせ先
ご不明な点があれば小名木善行までお気軽にお問い合わせ下さい。
電話 080-4358-3739 小名木携帯
E-mail nezu3344@gmail.com

12  申込締切期限 2019年5月23日

 
お申込みは↓のURLから行って下さい。
▼PCからのお申込みフォーム
https://ssl.formman.com/t/3YVs/
▼携帯からのお申込みフォーム
https://ssl.formman.com/t/i/3YVs/


チラシのダウンロードは↓こちら↓
https://blog-imgs-124.fc2.com/n/e/z/nezu621/2019022107201261e.jpg




お読みいただき、ありがとうございました。
皆様のご参加をお待ちしています。



人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑

第62回 倭塾 開催のお知らせ

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

20190510 美しい日本


倭塾(公開講座)は、大人から子供までどなたでもご参加いただける、ねずさんの公開私塾です。
また女性のご参加が多いのも、倭塾の特徴です。
塾生としての登録が必要なわけでもなく、当日お越しいただければ、どなたでもご参加いただくことができます。

今回のテーマは、いつもの古事記から少し離れて、
「鎖国ができる国とは」
です。
みなさまとともに、戦国から江戸時代を振り返ることで、日本の強さの根幹を探ってみたいと思います。
そこに日本人としての生きる知恵があるものと思います。

会場は江戸川区・船堀駅前の「タワーホール船堀」です。
江戸川区から江東区、都心部までを一望できる展望塔(入場無料)なども備えた、駅前立地のたいへんにきれいな建物です。
セミナールームの机も椅子も、たいへんに座り心地の良いものになっています。
1Fには喫茶室、7Fにはレストランもあります。
みなさまのふるってのご参加をお待ちします。


1 題 名 第62回 倭塾(公開講座)
2 テーマ 鎖国ができる国とは

3 日 時 平成31年5月19日(土)13:30〜16:00
  開場 13:00
  開始 13:30
  終了 16:00

4 場 所 タワーホール船堀 401会議室
  〒134-0091 東京都江戸川区船堀4丁目1−1 研修室
  都営新宿線「船堀駅」下車 徒歩約1分。

5 講 師 小名木善行
6 定 員 50名

7 参加費
 (1) ご新規        2500円
 (2) 割引券持参者     2000円
 (3) ご夫婦で参加 お二人で2000円
 ※事前振込は必要ありません。当日会場でお支払いください。
 (4) 未成年者          無料
  (5) ご家族お友達招待特典
   これまでに一度でも倭塾にご参加されたことの
   ある方が、倭塾初参加となるご家族・ご友人などを
   お連れになった場合、
   そのお連れの方を人数に関わりなく
   初回参加のみ無料とします。

8 参加方法
  直接会場にご来場ください。

9 懇親会(希望者のみ)
  参加費は3500円です。
 (懇親会場の都合もあり、今回から500円値上げです)

10 Facebook参加ページ
  お手数ですが下のURLから
  「参加」ボタンをクリックしてください。
  https://www.facebook.com/events/525503517972340/

11 次回以降の予定
(場所:タワーホール船堀)
5月19日(日)13:30 第61回 倭塾(401会議室)
6月1〜2日 日心会10周年記念神話を体感する伊勢修養団研修 ※開催場所:伊勢市)
6月8日(土)18:30 第38回百人一首塾(402会議室)
6月23日(日)第62回 倭塾公開講座(307会議室)
7月6日(土)第63回 倭塾公開講座(307会議室)
7月20日(土)第39回 百人一首塾(407会議室)


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

今週土曜日、第37回 百人一首塾 が開催されます

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

20190505 菅原道真


百人一首塾は、百人一首を通じて、藤原定家が遺そうとした日本文化の根幹を学ぼうという取り組みです。
単に和歌を鑑賞しようというだけでなく、感動を通じて、現代日本が取り戻さなければならない根幹を探ります。
毎回、必ず皆様の人生のお役に立つ内容です。

どなたでもお気軽に参加いただくことができます。

今回は百人一首の21番〜25番までの5首を取り扱います。

21番 素性法師
今来むといひしばかりに長月の 有明の月を待ち出でつるかな
いまこむといひしはかりになかつきの ありあけのつきをまちいてつるかな

22番 文屋康秀
吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山風をあらしといふらむ
ふくからにあきのくさきのしをるれは むへやまかせをあらしといふらむ

23番  大江千里
月見ればちぢにものこそ悲しけれ わが身ひとつの秋にはあらねど
つきみれはちちにものこそかなしけれ わかみひとつのあきにはあらねと

24番 菅家
このたびは幣も取りあへず手向山 紅葉の錦神のまにまに
このたひはぬさもとりあへすたむけやま もみちのにしきかみのまにまに

25番 三条右大臣
名にし負はば逢う坂山のさねかずら 人に知られで来るよしもがな
なにしおははあふさかやまのさねかつら ひとにしられてくるよしもかな

武将の心得を詠んだ素性法師、世間を批判して中央を追われた小野小町の彼氏の文屋康秀、平安期の大学者である大江千里、遣唐使の廃止を取り決めた菅原道真、平安初期の大物政治家である三条右大臣。
いずれも中身の深い歌人たちの歌です。

古事記も百人一首も、日本の核心を学ぶために書かれた古典です。
この一点を忘れて、ただ古文や和歌をもてあそぶだけなら、それは学問の名に値しないただの虚学です。
私は倭塾や百人一首塾を、
「誰もが豊かに安心して安全に暮らせる日本を築く」ための本質や根幹を学ぶために行っています。


1 日時 令和元年5月11日(土)18:30~20:30
2 場所 タワーホール船堀 401会議室
  〒134-0091 東京都江戸川区船堀4丁目1−1
  都営新宿線「船堀駅」駅前

3 講義 百人一首(21番〜25番)
4 講師 小名木善行

5 タイムスケジュール
  開場 18:00
  開始 18:30
  終了 20:30

6 参加費  お一人様2000円
  ご夫婦でお越しの場合はお二人で2000円
  未成年者無料です。

7 参加方法
  会場に直接お越しください。
  お飲み物などをご用意してお待ちします。
  Facebookをご利用の方は↓から参加ボタンのクリックをお願いします。
  https://www.facebook.com/events/288857681768262/

8 懇親会はありません。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

日心会10周年記念・神語を体感する伊勢修養団研修開催のお知らせ(再掲)

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20190219 伊勢神宮


皆様のふるってのご参加をお待ちしています。

ねずさん主催の宿泊研修としては初の試みです。
明治以降113年の実績のある我が国最古の研修施設である伊勢「修養団」で、神話を体感する研修を行います。
みなさまとともに、伊勢神宮への正式参拝を行い、また五十鈴川での禊(みそぎ)水行、そして講義があります。
お申込みには専用フォームがありますので、そこからお申し込み下さい。

講師は、
元銚子市長でつくる会副会長の岡野俊昭先生、
修養団の名物講師で名高い寺岡賢先生、
日月神示の第一人者で日本弥栄の会の中矢伸一先生、
(以上五十音順)
と、私です。
初日の夜には懇親会、二日目の研修終了後には内宮でのお神楽の奉納も行います。

昨年12月、この研修を受講してきましたが、ものすごく良い研修でした。
私がサラリーマン時代にいた会社では、社長が研修好きで毎年様々な研修が行われましたが、そのなかで「役に立った」と思えた研修は「7つの習慣」の研修だけでした。
けれど昨年経験したこの伊勢修養団の研修は、その研修を数倍上回る内容の濃い体験となりました。
本当にお薦めです。
ぜひ、みなさまとご一緒したいと思います。

五十鈴川での水行(禊)もあります。
冬の水行のこの研修では、神谷宗幣さんが今年も12月に企画しています。
ただ、さすがに中高年には冬の水行はこたえる(笑)ので、日心会は世代的に6月の温かい時期での研修にしました。
江戸時代までは、水行をしてはじめて元服の儀をさせていたくことができたそうです。
ということは、私は60歳をすぎてはじめて大人の仲間入り?(笑)
実際に体験したときの模様は↓に書いていますのでご参照ください。
伊勢・寒中水行研修記

今回、研修終了後に御神楽の奉納も行いますが、お伊勢様での御神楽もまた、なにか特別な力を感じます。
以前、百人一首の本の奉献のためにお伊勢様に参拝したとき、個人で御神楽奉納を行いましたが、ここでもまた、なにやら魂が抜け出して、神界の御神楽を観ているような、そんな感じがしました。
錯覚なのだろうと思われるでしょうし、実際そうなのかもしれませんが、そのように感じたことは事実です。

というわけで、ご一緒に是非、いのちの洗濯をしに行きましょう!!
研修は、現地集合・現地解散です。

 *

お申込みは↓のURLから行って下さい。
▼PCからのお申込みフォーム
https://ssl.formman.com/t/3YVs/
▼携帯からのお申込みフォーム
https://ssl.formman.com/t/i/3YVs/

(ご注意)
事前に配布したチラシの一部にgoogleの申込みフォームでのご案内を記したものがありますが、あらためて「ふぉーむまん」の申込みページを用意しています。
2月18日までにすでに一度お申込みされている方も、お手数ですが上にあるお申込みフォームから、再度、お申込み手続きをお願いします。


【概要】
1 日時 2019年6月1日(土)〜2日(日)一泊二日
2 集合 現地集合
  伊勢青少年研修センターに
  6月1日午後12時半までにお越し下さい。
3 参加費 25,000円(税込み)
  (受講料、宿泊費、食事代込)
4 定員 150名

5 服装
 <伊勢神宮参拝時>
  男性 背広、ネクタイ、革靴着用
  女性 スーツ・礼装またはそれに準じた服装
 <研修中および宿泊>
  ジャージなど軽装をご用意下さい。

6 持ち物
  筆記用具、洗面用具、着替え、保険証など
  タオル(水行時に必要です)
 ※よろしければ故郷の一品(お酒、珍味など)
  を持ち寄って、ともに味わいましょう。

7 スケジュール
【第 1 日】
 13:30-14:00 開講心得案内・開講式
 14:15-15:45 第1講 小名木善行(倭塾)
 16:00-17:30 第2講 岡野俊昭先生(つくる会)
 17:45-18:30 水行方法についての説明
 18:30-19:30 夕食
 19:30-20:15 反省行 武田数宏先生(研修センター所長)
 20:30-21:15 五十鈴川にて禊(水行)
 21:15- 入浴・懇親会(直会)・消灯
 ※水行は必修ではありません。
  水行なしでのご参加も可能です。
【第 2 日】
 05:30 起 床・洗 面・寝具整理
 06:00-08:00 静座行・神宮(内宮)特別参拝
 08:00-08:50 朝食
 08:50-10:20 第3講 中矢伸一先生(日本弥栄の会)
    ※中矢先生は二日目のみのご参加です。
 10:30-12:00 第4講 寺岡賢先生(伊勢修養団)
 12:00-12:30 閉講式・解散
 14:00- 御神楽奉納(希望者のみ、費用別途)
 ※御神楽の間、荷物等は修養団
 で預かっていただけます。

8 主催
  倭塾(塾長:小名木善行)
  日本の心をつたえる会(会長:田沼喜一)

9 共催・会場
  公益財団法人修養団 伊勢青少年研修センター
  〒516-0024 三重県伊勢市宇治今在家町153番地
  電話 0596-25-0265

10 公益財団法人修養団(SYD)とは・・・明治39年(1906)に創立され、平成28年(2016)2月11日に110周年を迎えた社会教育団体。創立100周年の記念大会の折りには天皇の行幸も賜った由緒ある研修団。この研修施設に倭塾塾長他、岡野俊昭先生、中矢伸一先生を迎えて講話をいただき、昔は元服の儀の事前必携とされた水行をみなさんとご一緒し、また宿泊研修の利点を活かして、語り明かそうという企画です。

11 お問い合わせ先
ご不明な点があれば小名木善行までお気軽にお問い合わせ下さい。
電話 080-4358-3739 小名木携帯
E-mail nezu3344@gmail.com

12  申込締切期限 2019年5月23日

 
お申込みは↓のURLから行って下さい。
▼PCからのお申込みフォーム
https://ssl.formman.com/t/3YVs/
▼携帯からのお申込みフォーム
https://ssl.formman.com/t/i/3YVs/


チラシのダウンロードは↓こちら↓
https://blog-imgs-124.fc2.com/n/e/z/nezu621/2019022107201261e.jpg




お読みいただき、ありがとうございました。
皆様のご参加をお待ちしています。



人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑

第61回 倭塾公開講座開催のご案内

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

20190412 special2-2


倭塾(公開講座)は、大人から子供までどなたでもご参加いただける、ねずさんの公開私塾です。
また女性のご参加が多いのも、倭塾の特徴です。
塾生としての登録が必要なわけでもなく、当日お越しいただければ、どなたでもご参加いただくことができます。

今回のテーマは
「ヒルコの秘密を日本書紀に探す」
です。
単に「ヒルコ」とは何かというだけではなく、そのことを通じて私達の祖先の営みを再考し、そこから現代を生きる知恵を学んでみたいと思います。

会場は江戸川区・船堀駅前の「タワーホール船堀」です。
江戸川区から江東区、都心部までを一望できる展望塔(入場無料)なども備えた、駅前立地のたいへんにきれいな建物です。
セミナールームの机も椅子も、たいへんに座り心地の良いものになっています。
1Fには喫茶室、7Fにはレストランもあります。
みなさまのふるってのご参加をお待ちします。


1 題 名 第61回 倭塾(公開講座)
2 テーマ 水蛭子(ひるこ)の秘密を日本書紀に探す

3 日 時 平成31年4月27日(土)13:30〜16:00
  開場 13:00
  開始 13:30
  終了 16:00

4 場 所 タワーホール船堀 4F 研修室
  〒134-0091 東京都江戸川区船堀4丁目1−1 研修室
  都営新宿線「船堀駅」下車 徒歩約1分。

5 講 師 小名木善行
6 定 員 50名

7 参加費
 (1) ご新規        2500円
 (2) 割引券持参者     2000円
 (3) ご夫婦で参加 お二人で2000円
 ※事前振込は必要ありません。当日会場でお支払いください。
 (4) 未成年者          無料
  (5) ご家族お友達招待特典
   これまでに一度でも倭塾にご参加されたことの
   ある方が、倭塾初参加となるご家族・ご友人などを
   お連れになった場合、
   そのお連れの方を人数に関わりなく
   初回参加のみ無料とします。

8 参加方法
  直接会場にご来場ください。

9 懇親会(希望者のみ)
  参加費は3500円です。
 (懇親会場の都合もあり、今回から500円値上げです)

10 Facebook参加ページ
  お手数ですがこのページの
 「参加」ボタンをクリックしてください。
https://www.facebook.com/events/445675309301497/

11 次回以降の予定
(場所:タワーホール船堀)
4月27日(土)13:30 第60回 倭塾(研修室)
5月11日(土)18:30 第37回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ(401会議室)
5月19日(日)13:30 第61回 倭塾(401会議室)
6月1〜2日 日心会10周年記念神話を体感する伊勢修養団研修 ※開催場所:伊勢市)
6月8日(土)18:30 第38回百人一首塾(402会議室)
6月23日(日)第62回 倭塾公開講座(307会議室)
7月6日(土)第63回 倭塾公開講座(307会議室)
7月20日(土)第39回 百人一首塾(407会議室)

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

この時期だからこそ桜田大臣を擁護する

20190225 伊勢修養団研修バナー
内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


桜田大臣には、どうか今回の件に懲りず、堂々と議員としての活動を続けていただきたいと思います。
すくなくとも今回の騒動で、我が国の国政における病巣とは何かを、身をもって体験されたことと思います。
その体験を活かして、日本再生のために一層の活躍をしていただけることを望みます。


20190411 桜田義孝先生
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


桜田義孝オリンピック・パラリンピック担当大臣が辞任に追い込まれました。
さっそくまるで鬼の首でも取ったかのように、死んだはずのR4女史やら舛◯やらが登場してはしゃいでいます。
実際にはしゃいでいるかどうかは別として、少なくとも私にはそう見えます。

いわゆる言葉尻を捉えて、閣僚を辞任に追い込むという手段は、明治以降のいわゆる憲政史上において、何度も繰り返されてきたことです。
しかし言葉尻を捕まえることが正しいことかといえば、大きな間違いです。

いつの時代もそうですが、その時々で重要な政治課題はいくらでもあります。
まともな会社の重役会議や部長会などで、会社が目の前にしている重要課題の議論をしようというときに、言葉尻を捕まえてああでもない、こうでもないと、本来の議論とはまったく関係のないことを言い立てるような役席者がいたら、おそらくその人は更迭か降格です。
子会社に出向かもしれない。

はっきりいって、言葉尻を捉えるばかりで、まともな議論をしようとしないような者は、会社の役職者として、ふさわしいとはいえないからです。当然のことです。

ちなみにネットに、
『インターネットにおけるKorean論法の特徴』
というものが紹介されています。
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=275908&id=67980170
これを読むと、言葉尻をつかまえて本来の議題とは関係のないことに話を誘導するのがどういう人たちであり、意図であるかがわかります。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


20190317 MARTH




*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク