アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


お町さん

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

お町さんの碑
20130126 お町さんの碑


戦後、戦犯として投獄、処刑された人の数は、約6千名にも達します。
その処刑され殺害された人の中に、女性が4人います。
4人の中には、東洋のマタハリと異名をとった川島芳子(かわしまよしこ)などもいるのですが、お町さんも処刑されたうちのひとりです。

愛知県の三ヶ根山に「お町さんの碑」があります。
そこには次の記述があります。

「お町さんは佛都福井県吉崎御坊近くの在家に生まれ、
 後、旧満州国安東市に渡って湯池子温泉の女中頭となり
 この地に終戦を迎えた。

 昭和二十年八月十五日、
 敗戦国民と化した在満日本人は
 家を奪われ財を失い、
 悲惨な俘虜の運命へと追い込まれて行った。

 奥地より陸続伝え来る無惨な同朋の悲報。
 然し此処にして誰に何ができるだろうか。
 若し出来得るとするならば機智縦横度胸あり、
 身を捨てて同朋の愛に死んでくれる、
 そんな女人でなければならない。

 国境、北辺より避難南下の人々を抱えて
 ふくれ上がった安東幾千万の
 日本人の命運を背負っての責は、
 余りにも重く、酬いられる保証は全くない。

 この時お町さんは人々に請われて「挺身娘子隊」を編成し
 その総監となり、
 ソ連軍駐し来るや慰安慰撫に奮闘司令官の信頼を
 一身にして日本人の被護活動に挺身した。

 奉天陸軍病院五龍背分院の重度傷病兵、
 三上勝弘中尉以下一〇八名が
 八路軍の分院接取により退去を余儀なくされ

 『止まるも死進むも死、
  ならば一歩でも日本に近付いて死ぬべし』
 と道を求めて彷徨終に得られず
 半死半生安東へ辿りついた彼等を迎え

 『お町も日本の女でございます。
  此の目玉の黒い間は
  滅多に餓死させるものではありません。

  お町は唐人お吉ではございません。
  お町には国府も八路もございません。

  日本人の為に生き、死ぬばかりでございます。

  時を経て、
  一顧だにされないだろうことは
  覚悟の上でございます』

 お町さんの活躍は
 満州電電安東支社長稲津宗雄氏の回顧録
 「望郷」の随処にかかれているが、
 彼女が心身困ばく、絶望のどん底にあった
 三上中尉以下に生きる気力と体力
 故国帰還の夢と希望を与えた事には
 全くふれられていない。

 あれから三十余年、
 いよいよかなしくあはれにお言葉が忘れられず、
 ソ連軍撤退して八路軍により
 鴨緑江河畔に銃殺刑となったお町さんへの、
 死をかけた平和への祈りと
 冥福の久遠をこめて此処に碑を建立す。

   昭和五十五年九月」

この物語を聞いた日の夜、あるスナックに伺いました。
そのスナックは、終戦後に南京から帰還された女性が経営しているお店です。
彼女は、大東亜戦争終結後、上海に疎開し、そこから日本に帰ってこられました。
復員船では、船倉に押込まれ、船酔いでたいへんな思いをされたそうです。
けれど彼女たちは、ソ連兵にも国民党軍にも、八路軍にも、まったく脅かされたり危害を加えられたりしていません。

なぜでしょう。答えは、根本博陸軍中将以下の元日本陸軍兵士たちが最後の最後まで武装を解かず、果敢に暴行魔たちを追い払い続けてくれたからです。
残念なことですが、世界は紳士ばかりではありません。
身を守るために、わたしたちは国家としての武装が必要なのです。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

三ケ根山訪問と名古屋講演会のご報告

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

20130126三ケ根


1月26日(土)三ケ根山参拝、27日(日)と名古屋講演を行いましたので、今日はそのご報告をしたいと思います。

26日午後2時に三ケ根山に到着しました。
三ケ根山スカイラインの中腹に、「ゆーとぴあ」というドライブインがあります。
そこのオーナーの伊藤さんご夫妻が、日常の三ケ根山の慰霊等のお手入れをされている事実上の管理人さんです。

お会いし、お集りいただいた16名の皆様の前で、ねずブロでお声がけさせていただきましたご寄付を伊藤様にお渡しさせていただきました。
ご寄付の封書には「ねずさんのひとりごと有志一同」とさせていただきました。


天皇と公民

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

天皇皇后両陛下0125-1


先日、ある方とお話しているときに、元旦の陛下のお勤めについての話になりました。
元旦、陛下はまだ夜明け前から起き出され、「四方拝」、「歳旦祭」のあと、内閣総理大臣や国会両院議長、最高裁判所長官、外国大使などからのお年賀を、まさに分刻みで深夜まで執り行なわれます。

そのすさまじいスケジュールは、宮内庁のHPからもご確認いただくことができます。
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/gokanso/gyoji-h23.html


で、彼は、その陛下のお忙しさに、我々国民が休んでいるときに、陛下は早朝からお勤めをされている。すごいねえ、というご感想だったわけです。

たしかにそれもそうです。
けれど大切なことは、もうすこし別なところにあります。



世界は日本と違う

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

富士山0128


安倍政権によって日本が極右化するのは危険などとあろうことか中共政府や韓国政府が日本を批判し、これをうけた日本のマスコミが、テレビや新聞などでさかんに安倍政権によって日本は戦争をしようとしているなどと、アホなことを書き立てています。

そもそも徴兵制のある国に、国軍さえない日本が軍事大国化すだの、極右だのと発言すること事態が、論理の飛躍だし、明らかに失当です。
また、いわば敵国の宣伝に便乗する日本のメディアは、どこの国のメディアなのかといいたくなります。



ウクライナのお話

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

Kseniya Simonova - Sand Animation


今日は、めずらしく冒頭にYoutubeの動画を貼らせていただきました。
この動画は、全世界で2千400万回も再生されているサンド・アート・パフォーマンス(Sand Art Performance)の動画です。

描いているのは、セーニャ・シモノバさんというウクライナの女性芸術家です。
そしてここに描かれていているのは、ウクライナの愛と暴力の歴史です。


凛として

三ケ根山殉国碑への個人カンパご協力のお願い
詳細は→http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1721.html


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

河原撫子(かわらなでしこ)
かわらなでしこ


 たおやかに
   やまとなでしこ
     咲きにけり
  凛(りん)と気高く
    たじろぎもせず

長谷川伸(はせがわしん)の書いた本の中に、「日本捕虜志」という作品があります。
第4回菊池寛賞を受賞した本です。
その中で、二木可南子(ふたきかなこ)さんという実在の女性が紹介されています。


1月27日名古屋講演のお知らせ

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

皇居


1月27日午後、名古屋市中区で講演会が開催されます。
場所等は、下欄記載の通りです。

テーマは「アッツ島の戦いと日本人の心」です。
このお話では、「なぜサムライたちは戦ったのか」をサブテーマにしました。

先日、ミニ講演会があったのですが、そのときは、50分の講演にたいし、質疑が60分となりました。
話から、みなさまの中に様々な着想が沸いてきてのことであったろうと思います。

今回も、会場の時間をたっぷりとっています。
単に、話を聞くというだけでなく、対話の中で様々な感動を皆様と共有できたらいいなと思っています。


【日心会名古屋講演会】

日 時 1月27日(日曜日)13時30分~16時

場 所 名古屋市中区「中生涯学習センター視聴覚室」
   (愛知県名古屋市中区橘1-7-11)

講 師 小名木善行(国史研究家、ねずさんのひとりごと)

テーマ アッツ島の戦いと日本の心
    〜なぜサムライは戦ったのか〜

参加費 500円

主催  日本の心をつたえる会 中部ブロック


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!

*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク