アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


第四回 倭塾/日心会公開合同講座開催のお知らせ

「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名
日本史検定講座第四期生募集中
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識』
2014/04/12 発売予定ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版

ねず本のご注文書はコチラ

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
ねず本・第二巻のご案内はコチラにあります。

桜0412


この講座は、どなたでもご参加いただくことができます。
ねず本、第二巻の出版記念講演となります。
第四回は、前回、好評だった神田山緑師匠の講談も行われます。
みなさまのご参加をお待ち申し上げます。


倭国は東アジアの大国だった

「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名
日本史検定講座第四期生募集中
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識』
2014/04/12 発売予定ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
ねず本・第二巻のご案内はコチラにあります。

古代の朝鮮半島と日本


国際派日本人養成講座のメルマガで、「倭国は東アジアの大国だった」という記事が配信されました。
このことは、当ブログでも何度か書かせていただいたことですが、たいへんよくまとまっていますので、転載したいと思います。

==========
倭国は東アジアの大国だった
http://blog.jog-net.jp/201102/article_1.html</u>">http://blog.jog-net.jp/201102/article_1.html

No.685 倭国は東アジアの大国だった
<< 作成日時 : 2011/02/06 04:23 >>
 中国の史書は、倭国が国家の統合度と人口規模でずば抜けた大国であったと記している。

■1.古代中国の見た朝鮮半島

 古代史の研究にはかならず出てくる「魏志倭人伝」は、西暦280年から290年頃に編纂された『三国志』のうちの『魏書』の一部であるが、この書は我が国のみならず、「韓伝」「高句麗伝」など、東アジア各地の地理、歴史、国情を伝えている。たとえば:

__________
「高句麗伝」
 国の広さはほぼ2千里四方で、戸数は3万戸である。人々の性格は凶悪性急で、さかんに他国を侵攻し、財物を盗む。

「韓伝」
 韓は帯方(JOG注: 朝鮮半島の中西部)の南にあって、東西は海をもって境界とし、南は倭と接している。・・・

 馬韓(JOG注: 韓の3つの地域の一つ)は、月支国など全部で50余国。・・・馬韓の習俗は、制度がととのっておらず、諸国の都には主帥がいるが村落が整備されず入り乱れているためよく統治することができない。北部の帯方郡に近い諸国は礼俗をわきまえているが、遠い地域では全く囚人や奴卑のようで礼俗は備えていない。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 一方で、『魏書』は我が国に対しては「風俗は規則正しく、婦人は淫らでなく、嫉妬をしない、盗みがなく、訴訟も少ない」などとやけに好意的である。中国が手を焼いていた隣接地域と比較して、友好的な外交関係を結んでいた倭国への「えこひいき」もあるかと思う。


千葉講演のお知らせ

「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名
日本史検定講座第四期生募集中
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識』
2014/04/12 発売予定ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版

ねず本のご注文書はコチラ

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
ねず本・第二巻のご案内はコチラにあります。

桜0331 のコピー


中䑓塾主催の千葉市での講演を行います。

【日時】平成26年4月19日(土)
    14時開演 16時30分終了予定
【場所】千葉市幕張勤労市民プラザ
    千葉市美浜区若葉3-1-8
    JR京葉線・海浜幕張駅北口 徒歩13分 駐車場有
【講師】小名木善行
【テーマ】日本の誇り
【参加費資料代】1.500円
【主催】中䑓塾
【連絡先】 043-375-7535 ・ 090-6534-8780
【メール】sinseihosyuodawara@yahoo.co.jp

※終了後懇親会があります。

Facebookをしておいでの方は、↓コチラ↓から参加表明をしていただくことができます。
https://www.facebook.com/events/1459256577621360/?ref_dashboard_filter=upcoming&source=1</span></u>">https://www.facebook.com/events/1459256577621360/?ref_dashboard_filter=upcoming&source=1

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

河野談話撤回署名へのご協力のお願い

「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名
日本史検定講座第四期生募集中
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識』
2014/04/12 発売予定ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版

ねず本のご注文書はコチラ

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
ねず本・第二巻のご案内はコチラにあります。

慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める国民運動(署名活動)について


中山成彬先生の「河野談話撤回署名」の締め切りが近づいています。
その件について、Shionさんという方がこれをとても美しいブログ記事に仕上げておいでです。
  ↓
http://plaza.rakuten.co.jp/shion9/diary/201403170000/</u>">http://plaza.rakuten.co.jp/shion9/diary/201403170000/

是非、ご覧いただき、署名にご協力いただければと思います。

↓のURLをクリックすると署名用紙のPDFが開きます。
これを印刷して署名し、郵送かFAXで送れば完了です。
  ↓
http://nakayamanariaki.com/pdf/20140220.pdf

Shionさんのブログには、このURLで開くPDFを、セブン-イレブンの「ネットプリント」で印刷する方法も紹介されています。
みなさまも是非、署名にご協力いただければと思います。

講演のご報告、その他

「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名
日本史検定講座第四期生募集中
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識』
2014/04/12 発売予定ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版

ねず本のご注文書はコチラ

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
ねず本・第二巻のご案内はコチラにあります。

20140316ホメオパシー講演


正直、いよいよ出版となると、我が子が産まれるときみたいな感じで、もう不安で不安で・・・というのは、著作者の誰もが持つ共通の感覚なのだそうです。
私もまさにいまそんな感じで、もうほんとうに毎日ドキドキです。

ねず本の第二巻、この成功が、次の続刊にかかっていますし、続刊を続けることで書店さんの認知も高まり、本を置いていただける書店さんが増え、販売数も増えて行くのだそうです。
いまはもう祈るような気持ちでいます。

先日、日本豊受自然農株式会社の京都でのシンポジウムに伺った際、由井大会長が、私を講演にお招いただくに際し、会長ご自身がねず本(第一巻)を読まれたのだそうです。
そして読んでみて、その内容に、
「余所の悪口がひとつも書いてないことに感じるものがありました」と述べられていました。
とてもありがたいことです。

実際問題として、余所の悪口など、百年、千年言い続けても、日本がよくなることはないと思います。
もちろん事実の認識は必要ですし、そのための情報は不可欠です。
けれど、それらを単に批判しているだけでは、そこからは何も生まれない。
けれど、日本人が日本人としての誇りに目覚める。
そのための行動を、目覚めたひとりひとりが百年続けたら、千年続けたら、日本はおろか世界が変わるのではないでしょうか。



ねず本『第二巻』のご案内

「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名
日本史検定講座第四期生募集中
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識』
2014/04/12 発売予定ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版

ねず本のご注文書はコチラ

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねず本・第二巻
ねず本2帯付き


ねず本の『第二巻』が発売になります。

おかげさまで、昨年11月に発売となった「ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!」の第一巻は、大手書店さんのランキング、総合ベスト5にはいるなど、みなさまのお引立てによりまして、たいへんなご好評をいただきました。
ありがとうございました。
おかげさまで、いよいよ第二巻が発売です。

ちなみに私は、ネットの中ではある程度知られるようになりましたが、出版業界ではまったく認知されていない無名の新人で、出版業界では、実績のない無名の新人の本というのは、なかなか売上がむつかしいとのことで、大手の書店さんでは、かなりねず本をお取り扱いいただけたのですが、中小の書店さんには、本をなかなか置いていただけなかったりしました。

そうした中で、第一巻があり得ない量の販売数となり、版を重ね、多くのみなさまにご愛読いただけたことは、ひとえに日々、ブログやFacebook、Twitterでお世話になっているみなさまのおかげです。
心から感謝申し上げます。
ほんとうにありがとうございます。

第二巻は、4月12日に発売になることになりました。

硫黄島の星条旗と日章旗

「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名
日本史検定講座第四期生募集中


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

硫黄島の星条旗と日章旗


硫黄島の戦い(昭和20(1945)年2月16日~同年3月26日)は、大東亜戦争末期に小笠原諸島の硫黄島において日本軍とアメリカ軍との間に生じた戦闘です。
日本軍は、20,933名の守備兵力のうち20,129名までが戦死されました。

硫黄島の戦いは、大東亜戦争後期の島嶼での戦闘において、アメリカ軍地上部隊の損害(戦死・戦傷者数等の合計)実数が、日本軍を上回った壮絶な戦いでもあります。

第二次世界大戦中にアメリカ海兵隊に与えられた名誉勲章の、実に4分の1以上が、硫黄島侵攻部隊のために与えられています。
さらに米海軍は、いくつかの艦船に「イオー・ジマ」と命名しています。

大戦後に制定されたアメリカ海兵隊記念日は、硫黄島の戦いにおいて、同島の擂鉢山に星条旗を立てた日でもあります。
戦没者を弔う米国立アーリントン墓地のアメリカ海兵隊戦争記念碑は、硫黄島の戦いで掲げられた星条旗をかたどったものです。

今日書くのは、この擂鉢山にたてられた旗にまつわるお話です。



ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク