アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


なずな

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
クリック・クリック

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

なずな
20180130 なずな
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
4月7日(土)18:30 第25回 百人一首塾
https://www.facebook.com/events/147531692576940/
4月22日(日)13:30 第50回記念 倭塾公開講座
https://www.facebook.com/events/179618245972621/
 *****

ナズナは、旧仮名遣いでは「なづな」と書きました。

 古畑や
 薺(なづな)摘み行(ゆ)く
 男ども


と詠んだのは松尾芭蕉ですが、もともとナズナは食用草です。
だから「な(菜)」で、夏には枯れてなくなる”な(菜)”だから「なつな(夏菜)」という説もありますが、どちらかというと、次々と小さな花を咲かせるので、「撫でたいほど可愛い食用菜」だから「撫づ菜」と呼ばれるようになったという説の方が、なんとなくそれらしい気もします。
漢字の「薺」は、ナズナの花部の象形文字です。

芭蕉の句には、他に、

 よく見れば
 なずな花咲く
 垣根かな


という句があります。




◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
古事記3の一部



第23回 百人一首塾開催のご案内

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

この講座は公開講座です。
今回は、木曜日開催です。
どなたでもご参加いただけます。
服装自由です。
テーマは、百人一首第67番の「周防内侍」です。


20180129 周防内侍
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
4月7日(土)18:30 第25回 百人一首塾
https://www.facebook.com/events/147531692576940/
4月22日(日)13:30 第50回記念 倭塾公開講座
https://www.facebook.com/events/179618245972621/
 *****

 春の夜の夢ばかりなる手枕に
 かひなく立たむ名こそをしけれ

(はるのよのゆめはかりなるたまくらに
 かひなくたたむなこそをしけれ)

寒い日が続いていますが、一足早く春の訪れを題材に、周防内侍の歌を学んでみたいと思います。
「春の夜に見る一夜の夢でしかない腕枕の誘惑で
 つまらない世間の噂が立ったらお悔しいでしょ?」
と詠んだ周防内侍のこの歌が象徴しているもの、それは日本社会にある男女の対等観です。
今回は「天宇受売と周防内侍」と題して、日本的男女の対等観について、学んでみたいと思います。

1 日 時 平成30年2月8日(木)18:30~20:30
      開場 18:00
      開始 18:30
      終了 20:30(予定)
2 場 所 江東区文化センター 第三研修室
      〒135-0016
      東京都江東区東陽4丁目11−3
      東京メトロ東西線「東陽町」駅1番出口より徒歩5分
3 講 義 テーマ「天宇受売と周防内侍」
      講 師 小名木善行
5 タイムスケジュール
  (1) 18:30〜19:30 講義1
  (2) 19:30〜19:40 休憩
  (3) 19:40〜20:30 講義2
  (4) 20:30〜    後片付け
6 参加費 お一人様2000円
      ご夫婦でお越しの場合はお二人で2000円
      未成年者無料です。
7 参加方法
  会場に直接お越しください。
  お飲み物などをご用意してお待ちします。
  Facebookご利用の方はお手数ですが参加ボタンをクリックください。
  https://www.facebook.com/events/127043201308620/

8 懇親会はありません。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

身分や地位、家柄などよりも前に、日本人は誰もが日本人なのです。

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
クリック・クリック

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

産経デジタルに拙記事が掲載されました。
「はっけよい」古事記から読み解く神事としての大相撲」

http://ironna.jp/article/8783

醍醐忠重海軍中将
醍醐忠重海軍中将
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


階級闘争史観というのは、兎にも角にも、社会の上層部にある者たちは、全部「敵」であり、その「敵」が独占する富を奪い取ればみんなに幸せがやってくると考える、極めて幼稚な歴史観なのですが、そのようなものに我が国の学問界や文化芸術界などが染まってしまっていたというのは、なんともお寒い限りです。
貴族だ庶民だ対立だと考える前に、たった一点、貴族も武士も平民(庶民)も、等しく同じ日本人であったのだという視点を持つことです。


【お知らせ】
1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
4月7日(土)18:30 第25回 百人一首塾
https://www.facebook.com/events/147531692576940/
4月22日(日)13:30 第50回記念 倭塾公開講座
https://www.facebook.com/events/179618245972621/
 *****

戦後のアニメや映画、ドラマなどにおいて、常に「いかがわしい存在」として描かれてきたのが貴族、いわゆるお公家さんです。
武士たちが忠義を尽したり武芸を競うような映画やドラマでは、お公家さんはいかがわしい権威のもとでなにやら陰謀を働くおかしな人たちであるかのように描かれたし、文学の世界においても、我が国の誇るべき和歌など、あたかも公家は恋愛にのみうつつをぬかしていた存在であるかのように歪めて描かれ続けていました。

おもしろかったのはテレビ時代劇の連続ドラマ『柳生一族の陰謀』(昭和53年)で、亡くなった成田三樹夫演ずる烏丸少将文麿が、化粧をしたお公家さんの陰謀家で、「くじゃれ、おじゃれ」を連発しながら、やたらに剣が強い達人を演じていました。これが実に名演で、毎回楽しみに視聴していたことを覚えています。
ちなみに成田三樹夫さんといえば、東大生だった人で、悪役が多かったですが、実はとても知的な人であったそうです。

これよりすこし時代を遡ると、昭和29年の大映映画『山椒大夫』がありました。
森鴎外原作の小説を映画化した作品で、田中絹代が主演、安寿を香川京子、厨子王を花柳喜章が演じたのですが、世の不正に立ち向かう貴族の若者の姿が描かれました。

漫画の世界では、里中満智子さんが持統天皇の生涯を描いた『天上の虹』があります。が、世の中が持統天皇といえば権力を振りかざした横暴な女帝と解釈している中にあって、唯一持統天皇に好意的な解釈を施した作品でした。
世間一般の解釈と異なるものであっただけに、連載当時は相当な非難もあったようですが、ただ少女漫画であり、あくまでも創作だということで、里中さんは信念を貫かれたようです。
ただ、連載する出版社を次々と変えながらでしたから、たいへんなご苦労であったことと思います。

しかし、思い当たるのはこの程度で、他の作品においては歴史研究も含めて、奈良平安の時代は貴族たちが民衆を厳しく搾取しながら、贅沢三昧と愛欲に満ちたふしだらな生活を送っていた暗黒の時代という、階級闘争史観に基づいた解釈をしたものばかりであったように思います。
いまでも学校の教科書を見れば、当時の生活は、一般庶民がアワやヒエばかり食べていた中にあって、貴族たちはまるで宴会料理のような豪勢な食事を楽しんでいたかのように、わざわざジオラマの写真付きで書かれています。

階級闘争史観というのは、兎にも角にも、社会の上層部にある者たちは、全部「敵」であり、その「敵」が独占する富を奪い取ればみんなに幸せがやってくると考える、極めて幼稚な歴史観なのですが、そのようなものに我が国の学問界や文化芸術界などが染まってしまっていたというのは、なんともお寒い限りです。

貴族だ庶民だ対立だと考える前に、たった一点、貴族も武士も平民(庶民)も、等しく同じ日本人であったのだという視点を持つことです。
階級の前に、私たちは誰もが日本人なのです。
そして日本人とは、天皇のもとに「おほみたから」とされ、誰もがその「おほみたから」のために自分の人生を捧げて生きてきた民なのです。





◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
古事記3の一部



経済にバブルなんてありません

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
クリック・クリック

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

バブル経済という名前があります。
経済にバブルなんてありません。
むしろバブル崩壊後の1995年以降、世界の中で日本だけが経済成長がマイナスとなり、貧国化が進んでいることの方が、はるかに問題です。


20180126 日経平均株価
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
4月7日(土)18:30 第25回 百人一首塾
https://www.facebook.com/events/147531692576940/
4月22日(日)13:30 第50回記念 倭塾公開講座
https://www.facebook.com/events/179618245972621/
 *****

日経平均株価が上昇しています。
昨年1万9000円前後をウロウロしていた日経平均株価は、今年に入ってから2万3000円台を行き来する動きとなり、今年はさらに2万8000円〜3万円を上回る動きになるのではないかという予測もあります。

このことについて、投資ストラテジストの武者陵司さんは、日本経済が価格競争(ナンバーワン戦略)から抜け出して、技術品質に特化した新たなビジネスモデル(オンリーワン戦略)に移行したため、もっというなら価格ではなく、日本的な質を追求したビジネスモデルにチェンジしていることが原因ではないかと分析しています。
http://ironna.jp/article/8763?p=1

なるほど一見好調そうにみえたChina、Koreaなどは、ハイテクなどに投資していても、その周辺や基盤技術の多くを日本に依存しています。
技術革新の波は、日進月歩どころか秒進日歩にあるわけで、その革新に必要な周辺技術や基盤技術のほぼすべてを兼ね備えた産業構造を持つ国は日本だけ(同上)です。

そして「直近の企業収益は、営業利益対国内総生産(GDP)比11・9%で過去最高となっている。また、日銀短観による製造業大企業の経常利益率は、2017年度は8・11%と予想され、それはバブル景気のピーク1989年度(5・75%)、リーマン・ショック直前のピーク2006年度(6・76%)を大きく上回」っている(同上)にあります。

ここで気をつけなければならないのが、日本人が「バブル経済」とか「バブル崩壊」と呼んでいる1986年12月から1991年2月までの好景気と、その直後から起こった株価の急落に関する用語は、実は世間を欺く目眩ましでしかない、ということです。





◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
古事記3の一部




競うより自分らしく生きる

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
クリック・クリック

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

世の中には「対抗国家」などといって、日本と対抗することが愛国だと履き違えている国があります。
あるいは金があるということを鼻にかけて、金と暴力で人を支配しようとする日本に住み日本語を話す日本人のような顔をした日本人でない人たちもいます。
人の上に立ちたい、人を支配したいということを、まるで人生の目的であるかのように思い行動している人たちもいます。
しかし競った先にあるものは、暴力による支配と孤独です。

20180126 花束
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
4月7日(土)18:30 第25回 百人一首塾
https://www.facebook.com/events/147531692576940/
4月22日(日)13:30 第50回記念 倭塾公開講座
https://www.facebook.com/events/179618245972621/
 *****

あるメルマガの本文をご紹介します。
まずはご一読してみてください。

*****

あなたはどんな花が
好きですか。

バラですか。

ユリですか。

ヒマワリですか。

花にはみな個性があり
まったく形状がちがいます。

しかし花はお互いを比較して
「自分のほうが美しい」
と思ったりはしません。

ただ自分らしく
咲いているだけです。

他の花と競って
咲いたりはしません。

ところが人間は
他と比較し
競って生きています。

自分が他と比較して
優秀なほど
「幸せになれる」
と信じているからです。

だから他と競うことに
必死です。

しかし時代は進化しています。

もう人と競う時代では
なくなってきています。

これからは
自分らしく生きることが
幸せの基準になるのです。

人は誰も他人になれません。

自分は自分です。

もう人と比較して
落ち込むことなどありません。

自分らしく生きること。

それがあなたの
幸せの道なのですから・・・

*****





◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
古事記3の一部



身分を返上した武士や貴族たち

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
クリック・クリック

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180125 日本の風景 春
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
4月7日(土)18:30 第25回 百人一首塾
https://www.facebook.com/events/147531692576940/
4月22日(日)13:30 第50回記念 倭塾公開講座
https://www.facebook.com/events/179618245972621/
 *****

世界中どこでも、革命を成功させると、その成功させた側が、以後の政治の中心、つまり権力者になります。
しかし我が国にはこの歴史があてはまりません。
明治維新では、維新の立役者となった藩主も武士たちも維新成功後に進んで身分を返上しています。
さらに「四民平等」を実現し、「版籍奉還、廃藩置県」まで行っています。

「明治政府は薩長政権だったではないか」と仰る方がおいでかもしれません。
しかし官軍側であっても、お殿様で維新後に内閣総理大臣になった人は、平成5年に内閣総理大臣となった第79代細川護煕氏だけです。他には居ません。

明治維新後に身分を失ったのは、武家だけではありません。
かつての摂関家を含む公家も身分を失っています。
公家出身の明治の元勲といえば岩倉具視が有名ですが、なるほど彼が養子入りした先の岩倉家は正三位の大納言の家柄ですが、実父の堀川家は中納言格です。
摂関家を今でいう閣僚級とすると、その下の大納言・中納言は庁官クラスにあたります。
また、岩倉具視は若い頃は「岩吉」と呼ばれる京の都のガキ大将でしたが、公家時代の収入は100俵取りといって、お蔵米を支給される役職でした。





◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
古事記3の一部



『目からウロコの日本の歴史 vol.2』発売イベント追加の件

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
クリック・クリック

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180107 目からウロコの日本の歴史 vol2
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


次代を担う若者たちが、そうした歴史を踏まえて、国家観、目的観を明確に認識することで、間違いなく日本は変わります。
これを実現しようとしたのが、
『目からウロコの日本の歴史 vol.2』です。
その追加キャンペーンのお知らせです。


【お知らせ】
1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
4月7日(土)18:30 第25回 百人一首塾
4月22日(日)13:30 第50回 倭塾公開講座
 *****

先日お伝えしました好評DVDの『目からウロコの日本の歴史 vol.1』の後編、
『目からウロコの日本の歴史 vol.2』ですが、さっそくたくさんのご注文をいただいたとのことです。
本当にありがとうございます。

このDVDは、発売記念イベントとして、『vol.1』と『vol.2』を2月15日まで限定で、セット購入された方に、セット割引と、『ねずさんと語る古事記 全3巻』または『古事記紙芝居』のどちらかを全員プレゼントしています。
  ↓↓↓
https://xn--eckaubhp5cv436c4he.com/lp/rekishi/

ところが、実際に発売を開始してみると、すでに『vol.1』を購入されていて、『vol.2』だけ求めたいという方も大勢いらしたため、急遽、追加キャンペーンを行うことになりました。

その内容は、『vol.2』のみをお求めいただきました方には、
(1) 『ねずさんと語る古事記』の全3巻のうちのいずれか1冊
(2) 『表ひろあき先生の日本人を考えるのシリーズDVD』
のいずれかをプレゼントするというものです。
  ↓↓↓
https://xn--eckaubhp5c.com/goods/561/



*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク