アクセスランキング

日本を取り戻したい。 そのために日本を学びます。 そうすることで私たちは愛と喜びと幸せと美しさのある本来の日本人に戻れると思うからです。


ものすごく高かった日本の民度とは

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180429 チューリップ
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
5月5日(土)18:30 百人一首塾 第26回
5月19日(土)18:30 倭塾・東京 第51回
6月9日(土)18:30 百人一首塾第27回
6月10日(日)13:30 チャンネルAJER 古事記に学ぶ日本型経営学/戦いの時を古事記に学ぶ
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月12日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


いまでは現金送金するときは、銀行のATMを使いますが、江戸時代にも現金送金はありました。
どうやって送金するかというと、金飛脚(かねびきゃく)と呼ばれる、専門の飛脚さんたちが、街道をエッホエッホと走って全国にお金の配送をしていたわけです。

ちなみにこの金飛脚、普通の飛脚さんと違って、腰に一本、長脇差を挿していました。
大量の現金を持っているわけですから、護身のため・・・なのですが、江戸時代265年を通じて、この金飛脚が道中を襲われたという事件が、1件もないというのは、これまたすごいことだと思います。

以前にもお話したことがありますが、ではその金飛脚に、どうやって現金輸送を依頼したのかというと、これは加瀬英明先生から教えていただいたことですが、たとえば江戸から地方に送金するときには、江戸の日本橋(いま日本橋三越のあたり)に、送金するお金を持参したのです。

ご存知のように日本橋は、東海道、日光街道、甲州街道、奥州街道、中山道の五街道の出発点であり、また全国から江戸にやってくる人たちの到達点です。
いまでいったら新宿や渋谷の歩行者天国みたいに往来の華やかなところです。

その日本橋の橋のたもとに、竹で編んだ平たいザルがいくつも置いてありました。
ザルには全国の各藩の名前を書いた紙が貼ってあります。


20180326 イシキカイカク大学



日本人はなぜ自分よりも強い相手と戦ったのか

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

男が武を用いるときというのは、ものごとを正して正義を実現するときです。
だから正義は絶対に負けない。
やられても、殺されても、それでも負けない、退かない。
常に日を背負う。


サクラソウ。花言葉は「長続きする愛」
20180429 サクラソウ
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
5月5日(土)18:30 百人一首塾 第26回
5月19日(土)18:30 倭塾・東京 第51回
6月9日(土)18:30 百人一首塾第27回
6月10日(日)13:30 チャンネルAJER 古事記に学ぶ日本型経営学/戦いの時を古事記に学ぶ
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月12日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


私が子供の頃に死んだ親父がよく言っていたことに、
「喧嘩をするなら、自分より強いやつとやれ」
というのがありました。
子供だって腹の立つことはあるわけです。
男の子だから当然喧嘩になります。
とっくみあいや殴り合いで生傷が絶えないのが男の子です。

けれども自分よりも強い者としか喧嘩しちゃいけないというのですから、困ったものです。
やればたいてい負けました。
負けて鼻血を流して半べそをかきながら、
「今日はこのへんで勘弁しといてやらあ!」
と言って、また殴られました(笑)

いま思えば、親父の言葉は、喧嘩に勝つとか負けるということなど問題にしていなかったことがわかります。
それは、
 たとえ負けても卑怯な真似をせずに正々堂々と挑むとか、
 強きを挫き弱きを助けるのだとか、
 軍国少年教育とも、
まったく異なるものでした。


20180326 イシキカイカク大学



日本人の愛と勤労と奉仕の心を証明する”あるもの”とは

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

日本人の愛と勤労と奉仕の心を証明する”あるもの”とは、一体何でしょうか。
それは1万年の歴史を持つ”あるもの”です。


20180427 富士山と花
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
5月5日(土)18:30 百人一首塾 第26回
5月19日(土)18:30 倭塾・東京 第51回
6月9日(土)18:30 百人一首塾第27回
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月12日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


勾玉の形は、写真で見たり、学校で習ったりしてご存知の方も多いと思います。曲玉とも書きます。
『古事記』では「曲玉」、『日本書紀』では「勾玉」です。
縄文時代の遺跡から多数出土しており、古いものになると一万年以上も昔の遺跡から出土しているものもあります。
また三千年前には、朝鮮半島へも伝播しています。
日本では長い歴史を持った品物ですが、もともとは縄文初期の頃の耳飾りが原型といわれています。
その後、古代日本の装身具か、祭祀に用いられたものとされています。

その勾玉について、こんな話を聞いたことがあります。
いまから2700年ほど前に神武天皇が初代天皇として日本を開国なさいましたが、天皇家は、それ以前に上方様(うわかたさま)と呼ばれた時代があって、これが約6千年続いたのだそうです。
その上方様の時代の天皇家は末子相続制で、子供たちの中でいちばん最後に生まれた男の子が、家を継ぐことになっていたのだそうです。

子だくさんの時代です。
たくさんいるお兄ちゃん、お姉ちゃんたちは、民間に降りて結婚し、一般の人々と血縁関係を結びました。
こうして人口が増えてくると、お兄ちゃん、お姉ちゃんたちの一部は、新しい土地を求めて土地を去って行きました。
そのときに、上方様の血族であるという証に、勾玉をもらっていったというのです。



20180326 イシキカイカク大学



第26回百人一首塾(公開講座)開催のお知らせ

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

今回も楽しみな百人一首塾。
どなたでもご参加いただけます。
今回も土曜日開催です。


20180425 菅原道真
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
5月5日(土)18:30 百人一首塾 第26回
5月19日(土)18:30 倭塾・東京 第51回
6月9日(土)18:30 百人一首塾第27回
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月12日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)



今回のテーマは「菅原道真」です。
百人一首ですと24番の菅家(かんけ)になります。

 このたびは幣も取りあへず手向山
 紅葉の錦神のまにまに
(このたひはぬさもとりあへすたむけやま
 もみちのにしきかみのまにまに)

巨大な利権を持つ遣唐使の廃止を決定した菅原道真は、大宰府に左遷され怨霊になったといわれながら、いまでも学問の神様として親しまれ、なんと天の神様という名の天神さまとさえ呼ばれています。
菅原道真とその時代を、百人一首の歌を通して考えてみたいと思います。

1 日 時 平成30年5月5日(土)18:30~20:30
      開場 18:00
      開始 18:30
      終了 20:30(予定)
2 場 所 江東区文化センター 第三研修室
      〒135-0016
      東京都江東区東陽4丁目11−3
      東京メトロ東西線「東陽町」駅1番出口より徒歩5分
3 講 義 テーマ「菅家」
      講 師 小名木善行
5 タイムスケジュール
  (1) 18:30〜19:30 講義1
  (2) 19:30〜19:40 休憩
  (3) 19:40〜20:30 講義2
  (4) 20:30〜    後片付け
6 参加費 お一人様2000円
      ご夫婦でお越しの場合はお二人で2000円
      未成年者無料です。
7 参加方法
  会場に直接お越しください。
  お飲み物などをご用意してお待ちします。
  Facebookご利用の方はお手数ですが下のURLから参加ボタンをクリックください。
  https://www.facebook.com/events/195479577868797/
8 懇親会はありません。


お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


私権は制限されてあたりまえのものです。

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

早い話、悪事を働く犯罪者に私権などありません。
私権を制限するのは、むしろ正常な社会においては、あたりまえのことです。
私権を制限されても、まっとうに生きている人にとっては、何の不都合もありません。
制限されて困るのは、犯罪者や国家転覆を狙うテロリストや、日本人の富を狙う泥棒国だけです。
従って、私権が「生まれながらのもの、天賦(てんぷ)のもの」というのは、詭弁(きべん)です。
私権は制限されてあたりまえのものなのです。


20180425 家族
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
5月5日(土)18:30 第26回百人一首塾(公開講座)
5月19日(土)18:30 第51回倭塾(公開講座)
6月9日(土)18:30 第27回 百人一首塾 公開講座
6月30日(土)13:30 第52回 倭塾(公開講座)
7月14日(土)18:00 第53回 倭塾(公開講座)
7月28日(土)18:00 第28回 百人一首塾(公開講座)
8月10日(金)19:00 倭塾関西 第一回 (IK歴史勉強会)
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝


なんでもかんでも外国のものが良いというつもりはまったくありません。
ただ、良いものは摂り入れるべきであろうと思います。

英国はご存知の通り君主国です。
その英国には、法人を含めて一般人に「所有権」はありません。
土地も建物も人も、英国にあるすべてのものは国王の所有物だからです。

けれども「ここは俺の家だ。俺の土地だ」といえるものはあります。
それは「使用権」であるとされています。
国王の土地を使用させてもらっているのだ、という考え方です。

日本も、この形に戻すべきであると思います。
そしてそれは、現行憲法においても、十分に解釈しうるものです。


20180326 イシキカイカク大学



首都東京を捨ててみたら?

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

日本が生まれ変わるためには遷都を考える必要があります。
我が国は古代において、むしろそれを常識化していました。


20180424 新首都
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
4月22日(日)13:30 第50回記念 倭塾公開講座
5月5日(土)18:30〜 第26回百人一首塾(公開講座)
5月19日(土)18:30 第51回倭塾(公開講座)
6月9日(土)18:30〜 第27回 百人一首塾 公開講座
6月30日(土)13:30〜 第52回 倭塾 公開講座


学校では日本の首都は東京だと教えています。
しかし、ではなぜその首都の名前が「東の京」を意味する「東京」なのかは教えません。

東京に都が移る前は、京都が都だったと誰もが教わっています。
このことは現代日本人のおそらくは常識であろうと思います。

ところが「京」の訓読みは「みやこ」、都の訓読みも「みやこ」です。
ですから「京都」は「みやこのみやこ」ですから、文字だけを見れば、まるでいまでも京都は日本の都のようです。

実は正解は、現代日本では、東京も京都も、どちらも都(みやこ)です。
慶応4年7月17日(新暦1868年9月3日)に、江戸が東京と改称されました。
そして同年9月に元号が明治に改められました。
ですから慶応4年は、明治元年です。
そしてこの年の10月13日に天皇が東京に入られました。
これを「東京奠都(とうきょうてんと)」と言います。

「奠都(てんと)」は耳慣れない言葉ですが、都を京から東京へと移転させる「遷都(せんと)」と違い、この場合は、京都も東京も、どちらも都になります。

「奠都」の「奠(てん)」という字は、「香奠(こうでん=香典)」にも使われますが、この字は「酋(樽酒)」を台に乗せて神に供える動作の象形です。
つまり京都に都を置く日本が、東京をも神々に捧げるから「奠都」です。

そもそも江戸という地名がありながら、どうして東京という名称になったのかといえば、理由が二つあります。
ひとつは、江戸が「えど」であるという理由です。
戊辰戦争のあと、江戸に、明治天皇がおこしなられるのですが、天皇がおわす場所となれば、それは聖域です。
聖域が「えど(穢土)」では話になりません。


20180326 イシキカイカク大学



かつて日本海側の人口が多かった理由とは

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

結論から申し上げますと、もともとは日本海の海流(日本側で北上する日本海流と大陸沿いに南下するリマン海流)を利用した国際交易で栄え、この当時の金細工や金物細工の技術の蓄積から、鎖国後は日本海流だけを利用した北前船で栄えながら幕末を迎え、明治以降鉄道の普及とともに交通路が太平洋側に移ったために貧しくなるのだけれど、戦時中に開発されたコシヒカリの品種改良によって、ふたたび盛り返す勢いを持つようになったというのが、日本海側の加賀から越後にかけての大雑把な歴史です。
どんなに苦しくてもあきらめない。
どんなにつらくても、あきらめない。
先人たちは、そうやって世界に誇れる日本を築いてきたのです。


20180423 金箔
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
4月22日(日)13:30 第50回記念 倭塾公開講座
5月5日(土)18:30〜 第26回百人一首塾(公開講座)
5月19日(土)18:30 第51回倭塾(公開講座)
6月9日(土)18:30〜 第27回 百人一首塾 公開講座
6月30日(土)13:30〜 第52回 倭塾 公開講座


どこかの大学教授が、江戸時代までの日本において、日本海側、とりわけ新潟県の人口が、江戸や大阪に匹敵する巨大人口を抱えていたことについて、その理由が
1 新潟が米どころだった
2 日本海の北前船による海運事業が盛んだった
3 浄土真宗が盛んで子供の間引きが少なかった
という3点にあると発表しました。
昔から「大学のセンセイというのは勉強をしすぎてアホになる」とよく言われましたが2はともかく、1はもうすこし常識を働かせて考えていただきたいと思います。

3については、真宗は我が国最大の宗門です。
日本海側ばかりが真宗だったわけではありません。
加えて、間引きというのは、何百年に一度でも近隣で1件でもあれば、それがかわいそうな言い伝えとなって、まるで昨日のことのように言い伝えられたのです。
年中、どこにでもあったことなら、言い伝えにさえなりません。

そもそも日本は、来日した外国人が書いているように、もともとものすごく子供を可愛がる国柄です。
加えて、昔は子供はよく死んだのです。
だからこそ、生きている子供は愛しいし、近隣の住民みんなが親代わりとなって子供達の面倒をみたのです。
そういう日本の文化的背景をきちんと踏まえてもらいたいものです。

2については、これこそが新潟の発展の理由なのですが、先に1についてお話したいと思います。
なるほど昨今では、新潟産コシヒカリや魚沼産コシヒカリが有名で、新潟は酒処、米処として名高いし、新潟のお米は本当においしいです。
しかし、もともと稲というのは熱帯性の植物であって、寒冷地での栽培は適さない植物です。
加えて、コシヒカリが定着したのは昭和31年以降のことです。
さらにいうなら、コシヒカリという名称は、越の国が光り輝くという意味で付けられた名前です。
それ以前は本当にたいへんだったのです。


20180326 イシキカイカク大学



*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク