アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


富屋食堂

7月28日(土)18時半から予定していました百人一首塾ですが、
急なことで申し訳ないのですが、当日台風直撃のため、日程を
8月2日(木)18時半からにずらします。
ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。
      小名木善行 拝


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

純粋な若者たちが、日々の猛烈な訓練を経由して戦い、散っていかれました。
なんのためでしょう。
私たちの住む日本を守るためです。
なぜ日本を守ろうとしたのでしょう。
そこに愛する人たちがいるからです。
そう思えるだけの思いやりの心を、
誰もが共有していたからです。


富屋食堂
20180728 富屋食堂
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
8月2日(木)18:00 百人一首塾 第28回←日程を変更していますのでご注意ください。
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
8月26日(日)14:00 チャンネルAJER主催・誰も言わないねずさんの世界一誇れる国日本
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


ある本の文をご紹介します。

=======
無事にトメが退院し、富屋食堂は数ヶ月ぶりに元に戻った。
年が明けて昭和19年。
少年兵は第十期生が巣立ちを終え、それぞれに南方の空に飛び立っていき、代わって第十一期生になっていたが、池田、川畑らの5人組の指導教官は残っていた。

その日曜日、二女の礼子は初潮を見てお腹が痛いため、奥の自分の部屋で寝ていた。
トメは娘の成人を祝って朝から大量に赤飯を炊いて、いそいそと立ち回っていた。
昼頃になると少年兵たちが三々五々集まってきて、富屋は賑やかになった。
いつものように若い教官の五人組も集まっていた。

「小母ちゃん、きょうは礼ちゃんはいないの」
「礼子はね、きょうはおめでたい日なの。
 だから奥で寝てるけど」
話し声は寝ている礼子にも聞こえた。
「さ、皆さん、きょうはおめでたい日なので、お赤飯を炊いたのよ。
 お祝いだからどんどん食べてね」
「お赤飯? すげえな」
と池田たちは半ば感動し、半ば驚喜していた。
「でも、小母ちゃん、なんのお祝い?」
「なんのお祝いって、皆さん喜んでください。
 礼子が女になったのよ」
それが聞こえて来ると礼子はふとんの中で赤くなった。
「礼ちゃんが女になった?
 小母ちゃん、変なこというなあ。
 おれ、初めっから礼ちゃんて女の子だと思っていたけど、
 礼ちゃんて女じゃなかったの」
トメはくすくす笑った。
「それにしても変じゃない。
 礼ちゃんが男だったとしても、
 どうしていまごろ女になるのさ」

体は大きくて、お国のために戦うと立派な覚悟を持っていても、まだこの子たちは数えで19歳、「女になる」という言葉を知らないほどに純粋無垢なのだ。
「さあ、皆さん、どんどんおかわりしてよ」
その言葉の意味がどうであろうと、ここのところは色気より食い気。
少年たちはそろってパクウパクと赤飯にかぶりついた。
========

ねずさんの新刊


スポンサーサイト

塵垢皮膚にみつるとも/藤田東湖

7月28日(土)18時半から予定していました百人一首塾ですが、
急なことで申し訳ないのですが、当日台風直撃のため、日程を
8月2日(木)18時半からにずらします。
ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。
      小名木善行 拝


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

幕末の武士達の精神的支柱になったのが水戸の藤田東湖(ふじたとうこ)です。
その藤田東湖は、水戸藩主徳川斉昭の腹心として斉昭から絶対の信頼を得ていましたが、斉昭が幕閣内の政争に破れて失脚すると、同じく失脚してしまい、弘化元(1844)年には俸禄(ろく、給料)まで剥奪されてしまいました。
嘉永六年の黒船来航によって藤田東湖は再び本流に返り咲くのですが、安政の大地震のときに、母を救おうとして建物の下敷きになり、この世を去っています。
その藤田東湖が、弘化年間の失脚中に著わした漢詩が『回天詩』です。
この歌は幕末の武士達の心を支柱となった有名な詩です。


藤田東湖
20180727 藤田東湖
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
8月2日(木)18:00 百人一首塾 第28回←日程を変更していますのでご注意ください。
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
8月26日(日)14:00 チャンネルAJER主催・誰も言わないねずさんの世界一誇れる国日本
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


回天詩 藤田東湖作
【原文】
三決死矣而不死 二十五回渡刀水
五乞閑地不得閑 三十九年七處徙
邦家隆替非偶然 人生得失豈徒爾
自驚塵垢盈皮膚 猶餘忠義填骨髓
嫖姚定遠不可期 丘明馬遷空自企
苟明大義正人心 皇道奚患不興起
斯心奮発誓神明 古人云斃而後已


【読み下し文】
三たび死を決して しこうして死せず
二十五回 刀水(とうすい)を渡る
五たび閑地をこいて 閑(かん)を得ず
三十九年 七所にうつる

邦家の隆替(りゅうたい)偶然にあらず
人生の得失(とくしつ)あに徒爾(とじ)ならん
みずから驚く 塵垢(ぢんこう)皮膚に みつるを
なお餘(あま)す 忠義骨髓を うづむるを

嫖姚(ひょうよう)定遠(ていえん)期すべからず
丘明(きゅうめい)馬遷(ばせん)
むなしく自ら 企わだてる

いみじくも大義を明らかにし人心を正せば
皇道なんぞ興起(こうき)せざるを憂えん
この心奮発して神明(しんめい)に 誓う
古人いう、斃(たお)れて後(のち)にやむ



ねずさんの新刊




通州事件の惨劇「Sさんの体験談」

7月28日(土)18時半から予定していました百人一首塾ですが、
急なことで申し訳ないのですが、当日台風直撃のため、日程を
8月2日(木)18時半からにずらします。
ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。
      小名木善行 拝


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

通州事件を学ぶということは、二度と私達が同じ悲劇を招かないということだけでなく、そもそも日本人とは何かを学ぶことです。
もちろん下手人は許せませんが、下手人だけを捕まえても、それはただの下っ端にすぎないのです。
もう一歩考察を深めて行動に結びつけたとき、はじめて犠牲になられた方々への追悼になるのだと思います。


ブーゲンビリア
20180726 ブーゲンビリア
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
8月2日(木)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
8月26日(日)14:00 チャンネルAJER主催・誰も言わないねずさんの世界一誇れる国日本
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


今日、29日は、通州事件(1937年(昭和12年))があった日です。
今年も「Sさんの体験談」を掲載します。

通州事件は、その残虐性、計画性から、まさに世界史に残る大虐殺事件として記録されるべきものです。
それだけでなく、大切なことは通州事件の惨劇は、もしかするとそのまま続けて上海において、同じことが当時上海にいた3万名を越える日本人に向けて行われた可能性が大であったという事実です。

歴史にIFは禁物だ、などというのは、歴史調査の段階での話です。
IFを考えることは、洞察力を養うことです。
それは未来への備えです。

通州事件の後に起きた第二次上海事変において、海軍陸戦隊の活躍がなければ、日本人への虐殺は確実に行われています。
それは、そのままチベットにおける中共人民解放軍による蛮行として実現されています。
チベットに流れ込んだ人民解放軍は、人口600万のチベットにおいて、150万人を虐殺しています。
それが歴史の事実です。

最近、古事記に書かれた天照大御神と須佐之男命の逸話を、あちこちでお話しています。
八百万の神々を目覚めさせるために、須佐之男命はあえて泥をかぶって田んぼの畦を壊したり、水路を埋めたりするのですが、それでも神々が目覚めない。
そこで裸に剥いた天馬を織部の女官たちがいる神殿の屋根から投げ込んだところ、織女が機織りに使う木器の梭(ひ)で陰部を衝(つ)いて死んだという記述が古事記にあります。
このことは、天が何かに目覚めさせようとしていながら、人々が目覚めないとき、そのしわ寄せが必ず女子供など弱い者に来るということの、ひとつのたとえです。

当時の日本は、国内においては政治家が自分の選挙区に鉄道や道路を敷設して票を集めることに躍起になり、また国会は政友会と民政党の二大政党がぶつかり合っていて、そのために国内では派出所が政友会系と民政党系の二つが同じ街にあったり、あるいはどちらかへの政権交代のたびに、駅の看板が右から書く、左から書くと書き換えられたりしていました。
当時の議員たちからすれば、票にならない外地のことなど、いかに邦人が酷い目に合わされようが他人事でしかなかったし、政争ばかりやっていて、まったく国際情勢や、民衆の平和と安定など省みられない状況が続いていました。

その様子は、大雨や土砂災害、地震等が相次いで起こりながら、すでに老朽化して耐用年数さえも過ぎている建物や橋梁、トンネルなどの補強工事や再生工事といった国家の大事をまったく省みることなく、森友だの加計だのと、はっきりいってくだらない議論に終始しているいまの国会の状況によく似ています。

戦前は、こうして通州事件が起こり、結果として日本はChina事変、そして大東亜戦争へと突入していきました。
それはまるで天照大御神が岩屋戸にお隠れになり、天地が闇に覆われたかのような事態でした。
そして日本は敗戦し、いまではすっかり、ありとあらゆる難事が、あたかも古事記に書かれた「狭蝿なす満ち」といった状況に至っています。

古事記では、そこでようやく目覚めた八百万の神々が、会議を開いて天の岩屋戸を開き、以後、責任をもって政治にあたるようになるのですが、いまの日本はどうでしょう。
ミニ・通州事件は毎日のように国の内外で起きています。
そして当時と同じように電車が停まり、日本社会の安全性や安定性、時間の正確性は、すでに大きく損なわれつつあります。
それでもまだ日本は目覚めないのでしょうか。
目の前で、もっと大きな通州事件の再来でもなければ、日本人は目覚めることができないのでしょうか。

Chinaの動きは早いです。
かつて事件のあった通州城は、いまではすっかり様変わりし、歴史はすっかりかき消されて近代都市に生まれ変わっています。
上海の街も、いまでは原発による夜間のライトアップによって、夜の上海は、まるで超近代的な未来都市のようです。
Chineseからみると、日本の都会はすでに前近代的な田舎町です。
物価もChinaより日本が安く、Chineseたちからみたら、日本はすでに発展途上国です。

そしてそのChinaは、巨大な客家集団によってすでに世界的なネットワークを構築し、世界の主だった諸国の大統領府や与野党に介入し、映画の世界にも客家資本が入り込んでいます。
日本が内輪もめをしている間に、日本は世界の潮流から、経済的にも文化的にも政治的にも置いていかれてしまっているのです。

通州事件は、事件が起きる2年も前から周到に計画され、準備し、実行に移された事件です。
そしてその背後にあったものは、実はChina共産党でも国民党でもなく、アヘン利権を日本軍によって潰されたChinaマフィアによる工作です。
彼らは、政党・国家・敵味方に関わらず、どこにでも入り込み、長い年月をかけて仕込みをして世界に向けて大きな影響力を確保しました。
そしてそれは、いまも続く工作活動です。
孫子の兵法の「戦わずして勝つ」は、要するにそうした謀略のことを言います。

通州事件の惨劇を読んで、ただChineseへの怒りを駆り立てるだけでは、はっきりいって歴史を学んだことにはなりません。
日本のみならず、世界の民衆にとって、ごく一握りのひとがカネと贅沢三昧な暮らしを得、そのために多くの人々の生命財産を蹂躙して平気でいる人たちというのは、いるのです。
それは人類の癌細胞のようなものですが、癌細胞は意外と強いものです。
癌に負けるのか、それとも健康を取り戻すのか。
日本はいま、それを試されています。

さて、ここから先の<続きを読む>以降は、いよいよ佐々木テンさんの体験談です。
まだ読まれたことのない方は、長文ですが、ぜひ一度お読みになって下さい。
※18禁です。

なお、トップにはブーゲンビリアの画像を貼らせていただきました。
ブーゲンビリアは7月の花で、花言葉は情熱・魅力です。
犠牲となられた方々が、今度は生まれ変わって、情熱と魅力の人生を送れますように。
そんな願いを込めさせていただきました。

ねずさんの新刊


私達の先祖たちは「よろこびあふれる楽しい国」を希求してきた

7月28日(土)18時半から予定していました百人一首塾ですが、
急なことで申し訳ないのですが、当日台風直撃のため、日程を
8月2日(木)18時半からにずらします。
ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。
      小名木善行 拝


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

よく「日本を良くしよう」と言いますが、
そのために怒ってばかりいても、
人々はついてきません。
そうではなくて、
「日本を楽しくしよう」
という発想や行動がもっとあって
良いのではないかと思います。
日本はイザナキ、イザナミの時代から、
元来
「よろこびあふれる楽しい国」
を希求し続けてきた国なのですから。


20180726 笑顔
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
8月2日(木)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
8月26日(日)14:00 チャンネルAJER主催・誰も言わないねずさんの世界一誇れる国日本
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


暗いニュースや怒りの報道が満ち溢れています。
野党さんの行動を見ても、ひたすら怒れば票が集まると思っているかのようです。

しかし日本書紀を読むと、そこにはイザナキ、イザナミの神が、そもそも何のためにオノゴロ島を作ったかの目的が書かれています。それが、
「豈国無歟(あにくになけむや)」です。
「あに〜や」は、学校の古文の授業では単なる反語としか教わらず、ですから「あに国なけむや」は、「国はあるだろうか。ないよね。だったら自分たちでつくろうよ」といった語感としてしか訳されません。

けれども日本書紀は、ここで「豈(あに)」という漢字を用いています。
「豈」は楽太鼓(がくたいこ)の象形文字です。
楽太鼓は、神社などにある据え置き型の太鼓です。
この太鼓はうれしいとき、楽しいときに打ち鳴らす太鼓です。
だから「楽しい太鼓=楽太鼓」という名前が付いています。

つまりイザナキ神とイザナミ神は、
「よろこびの太鼓を打ち鳴らすような
 楽しい国はどこかにないだろうか。
 ないよね。
 じゃあ、自分たちで築こうよ」
と語りあって、この世をつくられたのだと、日本書紀は書いています。


ねずさんの新刊



8月15日靖国神社昇殿参拝のお知らせ

7月28日(土)18時半から予定していました百人一首塾ですが、
急なことで申し訳ないのですが、当日台風直撃のため、日程を
8月2日(木)18時半からにずらします。
ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。
      小名木善行 拝


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20170717 靖国神社


毎年恒例の8月15日、ねずさんと靖国神社昇殿参拝のお知らせです。
14時半に参集殿前で受付開始。15時から参拝です。
参拝の5分前までには受付を終わらせてください。
受付の名前は「日本の心をつたえる会」です。

1 日時 平成30年8月15日
   受付開始 14時30分
   昇殿参拝 15時〜
  (16時までには終了になります。)

2 集合場所 靖国神社 参集殿前
   14時半から受付開始します。
   受付は14時55分には締めますので、
   必ずそれまでにお越しください。

3 初穂料 一律2000円
  (当日、日心会の受付でお支払いください。
   全員の分をとりまとめのうえ、
   全額靖国神社に納めさせていただきます。)

4 主催 日本の心をつたえる会(通称:日心会)
神社内の案内表示は「日本の心をつたえる会」です。
代表 小名木善行(ねず)

5 服装等
  当日は暑さが予想されます。
  神様にお会いするので、本来は正装ですが、
  礼服で来られて倒れる方もおいでになるのだそうです。
  熱中症対策のため、平服で大丈夫です。

6 募集定員 70名

7 Facebookご利用の方は下のURLから参加表明いただくと助かります。
  ↓
 https://www.facebook.com/events/104391193741130/

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

新渡戸記念館廃館問題続報(13)

7月28日(土)18時半から予定していました百人一首塾ですが、
急なことで申し訳ないのですが、当日台風直撃のため、日程を
8月2日(木)18時半からにずらします。
ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。
      小名木善行 拝


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

新渡戸記念館問題の続報です。
連中は裁判で勝ち目なしと思ったのか、今度はテクチを変えて誹謗中傷をはじめました。
それが個人ならまだしも、公的機関である十和田市役所が情報発信元になっているのですから、呆れ返ってしまいます。


20180725 新渡戸記念館
(画像をクリックすると新渡戸記念館のホームページに飛びます。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
8月2日(木)18:00 百人一首塾 第28回←日程を変更していますのでご注意ください。
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
8月26日(日)14:00 チャンネルAJER主催・誰も言わないねずさんの世界一誇れる国日本
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


新渡戸記念館の廃館問題とは、十和田市が建物のコンクリート強度が問題だとして一方的に記念館の廃館を迫ったというものです。
建物を取り壊すなら記念館に保管されている遺物の保管場所をキチンと取り決めなければなりません。
ところが十和田市は保管場所の取り決めもなく、ただやみくもに展示物の引き渡しを求めるという不法行為を行い、しかも原因となっているコンクリート強度の試験は、意図的に操作された疑いの濃いものでした。

そこで現在、この問題に裁判所で係争中なのですが、青森地裁の一審は裁判所に管轄権がないとして訴えを棄却、これを不服として記念館側が仙台高裁に再審請求で控訴。
仙台高裁は、この訴えを認めて青森地裁に審理のやり直し(差し戻し)を命じました。
現在行われている裁判は、その差し戻し審です。

差し戻し審の最大の争点は、実際のコンクリート強度は、十和田市が言うように本当にダンボール並みの強度しかないのか、それともそれは間違いで、実際にはちゃんとした強度があるのか、です。
十和田市側は、裁判所による調査をさせないように、いたずらに期日の引き伸ばしを計っていますが、これ以上の引き伸ばしはもう不可能ですし、市が調査に応じなければ、その時点で裁判は市の敗訴が決まったようなもの、という状況にあります。

ところが信じられないことに、なんと十和田市(というよりも副○長ひとりなのですが)は、共産党を利用して、
「記念館を乗っ取ろうとのキャンペーン」
をはじめました。
また、なんと新渡戸家の出自を誹謗中傷するデマまで流して、個人中傷をはじめました。
さらに大手建設会社に、現在の記念館に代わる新たな博物館を建てることを、これはあくまでいまさら「打診中」と言い出すありさまです。


ねずさんの新刊



プレスコードと差別用語

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

最近はAIというほどたいそうなものではありませんが、特定の用語でひっかかったサイトを通報するということが行われています。
やっているのはごく少人数で、IPアドレスを変えて、自動メールで通報、まえもって受け皿となるように手配もしてあるから、一定件数の通報すればそのサイトを閉鎖に追い込めるというわけです。
もっとも朝日はそれをたくさんの良識ある人たちによる集団通報だと報じていましたが。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180724 月
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
8月26日(日)14:00 チャンネルAJER主催・誰も言わないねずさんの世界一誇れる国日本
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。



「プレスコード(Press Code for Japan)」というのは、GHQが日本の精神構造の解体を目的に、新聞、雑誌、書籍、ラジオ放送などの報道を統制するために発せられた規則です。
正式名称は「SCAPIN-33、日本に与うる新聞遵則」で、終戦の約一ヶ月後である昭和20(1945)年9月19日に発令され、9月21日に発布されました。

GHQは、このプレスコードをもとに、約5700人の日本人を雇い入れて、国内で刊行されるすべての印刷物およびラジオ放送(当時はまだテレビはありません)の台本などを検閲するのに用いました。
当時の検閲は、新聞記事だけで一日に約5千本以上を対象に、毎日休みなく行ったといいます。
その内容は、30項目あります。
具体的な内容は末尾に掲載します。

このプレスコードは、政治的には昭和27年のサンフランシスコ講和条約で日本が主権を回復した時点で破棄されています。
従って国内法的にはすでに存在しません。

ところがいくつか理由から、いまも事実上、このプレスコードは生きているように擬装され、使われています。
理由は敗戦利得者の利権です。


ねずさんの新刊



*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク