アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


自分を捨てて日進月歩

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

日々是新(ひびこれあらた)に。
毎日が研鑽の積み重ねです。
そして、それはとっても面白くて楽しいことです。


20190129 神話
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


日進月歩のことを、別な言葉で「日々是新(ひびこれあらた)」と言います。
Chinaの『三国志演義』には、
「男子、三日会わざれば刮目(かつもく)して見よ」
という言葉があり、これはいまではすっかり日本語の慣用句になっていますが、もともとは、
「士別れて三日、即ち更に刮目して相待すべし」
という記述から生まれている慣用句のようです。

要するに、日々成長だということです。
ですから自信をもって世に出した自説であっても、それを世に出した時点で、そこが新たな出発点になります。
そこから出発して、さらに奥深くに研究を重ねていくのです。
すると、もっと深い事実がわかったりします。
そうなれば、過去の自説は、捨てざるを得ない。

はじめから全部わかっている人などいないのです。
みんな誰もが、わからないことを、いま、一生懸命知ろうとし、すこしでも成長しようとしています。
およそ学問に、これで完成、などというものはないのです。

クルマのデザインと同じです。
昔、ハコスカと呼ばれたクルマがありました。
当時はもう、ため息が出るほどかっこいいと思ったものです。
けれどいま見れば、やはりかなりデザインが古い。

おそらくいま、これが完成形だろう、これ以上かっこいいクルマなんて、きっと出ないに違いないと信じているクルマでも、あと30年もしたら、もう古臭いデザインのクルマでしかなくなっているかもしれません。

学問も同じです。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html



大和言葉の「おとな」って何だろう

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

大和言葉の「おとな」は「互いに結びつき力を併せて何事かをなす人」という意味の言葉です。
「こども」は「母の保護下にあって立派なおとなに成長して他のみんなとともに役に立つ人に育つことを期する」という意味の言葉です。
日本語はとても深いのです。


20190126 おとなとこども
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


大和言葉で「おとな、こども」とは、そもそもどのような意味を持っているのでしょうか。

漢字では「大人(おとな)」、「子供(こども)」と書きますが、漢字圏では子供は「孩子」と書きます。
漢字の「大」は、人が両手両足をめいっぱい広げている象形で、「人」は人間ですから、要するに体も心もでかい人が「おとな」です。
子供(孩子)は、「子」は頭部の大きな乳児を意味し、「孩」はイノシシの子のウリ坊で、要するに幼くてかわいい幼子(おさなご)を意味します。

では、大和言葉ではどのような意味でしょうか。
大和言葉は、一字一音一義で、それぞれの音に意味があります。
そしてたとえばカタカムナですと、

お  奥深い、大きい
と  統合する、結ばれる
な  重要なもの

こ  転がったり出入りする
と  統合する、結ばれる
も  漂う未完成

となります。
これを要約すると
「おとな」=奥深くで結ばれながら重要なことをしていく偉大な人たち
「こども」=(母と)結ばれた未完成な存在で、これから様々な経験を経由して成長していく人
といった意味になります。

また古事記では、自分のことを「あ(吾)」、相手のことを「な(汝)」と呼びます。
「と」は「貴方と私」というように、接続詞としても用いられます。
ですから、
「おとな」は「お」と「な」、
「ことも」は「こ」と「も」であるとわかります。


最新動画《江戸の天才数学者 関孝和》


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html



数詞(かぞへことば)の不思議

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

数詞(かぞえことば)は、子供が最初に受ける教育語です。
ご飯の「まんま」とか、お母さんの「まま、はは」などは、食のための生活用語ですが、数詞は教育で覚えていきます。
その数詞に、日本人としての魂の自覚を得るための工夫がなされてきたのが、縄文以来の日本の知恵であったのかもしれません。


20190123 数詞
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


先日「日本を取り戻す12の言葉」という記事の12番目で、「数詞(かぞへことば)」についてご紹介したのですが、本文でこれを扱ったことがないので、あらためてその数詞について書いてみたいと思います。

我が国では1〜10までを数える際に、
「ひぃ、ふぅ、みぃ、よぉ、いつ、むぅ、なな、や、ここ、とぉ」
という言い方をします。
これがもとからある日本式の数の読み方です。

「いち、にぃ、さん、しぃ・・」というのは、China式で「イー、アル、サン、スー」が日本式に訛(なま)ったもので、日本古来のものではありませんが、算術が進化してくる過程で広く用いられるようになりました。
ですから算術では、「1+2」を、「ひぃたすみぃ」とは言いません。
昔も今も、「いちたすに」です。

そうであるにもかかわらず、ではどうして昔ながらの「ひぃ、ふぅ、みぃ」といった数詞(かぞへことば)が大切にされてきたのでしょうか。
その理由は、そこに日本語(和語)の最大の特徴である「一字、一音、一義」の意義が込められているからです。

一例を示すと次のようになります。

「ひ」 霊(ひ)のことです。何事も御霊が先です。
「ふ」 生(ふ)のことで、御霊(ひ)から生命が誕生します。
「み」 身(み)誕生するのが「身」です。
「よ」 世(よ)身が織りなす世です。
「い」 齋(い)「いつき」とも言いますが、不浄を清めた神聖なという意味です。

「む」 無(む)は神聖を意味し無であることによって億兆に心が通います。
「な」 菜(な)食のことです。
「や」 家(や)住まいです。
「こ」 子(こ)子供たちです。
「と」 戸(と)戸がひらきます。


つまりここまでをまとめると、「人は、肉体が今生を生きているということだけでなく、永遠の生命である御魂の存在を自覚し、その御魂の乗り物である身が織りなす世を清め、自分自身を無とすることで億兆と心を通わせ、衣食住を足り、子どもたちの未来を担い、新しい世を築いていく、そのために私達は生きている」と意味になります。
深い意味が込められているのですね。


最新動画《江戸の天才数学者 関孝和》


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html



3つのDとPSCとは

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

・繁栄 Prosperity
・安定 Stable
・継続 Continual
という「PSC」が日本にはあり、それはChina式「3つのD」の正反対の極地にあります。
そしてこの「繁栄し、安定し、継続する」ということこそ、我が国が、上古の昔から目指してきた「豈国(あにくに=よろこびあふれる楽しいクニ)」の民の道です。


20190124 よろこび
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


昨年8月に「米中経済安全審査委員会(USCC)」が「中国共産党の統一戦線工作の特徴」を「3つのD」として発表しました。
それが、
・偽装(Disguise)
・欺瞞(Deceive)
・堕落(Deteriorate)
です。

1. 偽装(Disguise)
中国共産党の官僚やスパイは偽装工作に長け、様々な肩書を使い分ける。
こうして彼らはうまく他国に浸透し、各業界と関係を構築しパイプを作る。

2. 欺瞞(Deceive)
関係を構築したのち、中国共産党のスパイらは各国の政治、商業、軍隊、学術界などのキーパーソンを取り込む。
名誉や利益、ハニートラップを駆使してキーパーソンを買収もしくはコントロールし、中国共産党にとって有利となるような言論を発表させる。
同時に、中国共産党にとって不利となるような言論や政策を阻止させ、共産党にとって好ましくない人物を妨害する。
このような工作を行うスパイらは、時には違法行為も厭(いと)わない。

3. 堕落(Deteriorate)
統一戦線工作の「トロイの木馬」による浸透が奏功した後、スパイらは継続的に様々な不道徳的な手段を活用して買収工作を行い、さらに多くのインフルエンサー(影響者)を取り込む。取り込まれた人物らには中国共産党の利益となる言論を広げさせ、中国共産党が当該国で勢力を拡大できるような政策を制定させる。
こうしてその国は政治や経済面において中国共産党にバックドアを開き、ますます堕落し、弱体化する。
こうして中国共産党はその国における影響力をますます増大させ、ついには支配する目的を達成することができる。

ひどいものですが、このようなChineseの行動は、いまに始まったことではなく、戦前戦中からずっと続けられてきたことです。
日本が支那事変に追い込まれたのも、まさにこうしたChinaによる欧米での工作活動でした。


最新動画《江戸の天才数学者 関孝和》


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html



七五読み古事記(4)なはみぎに まわりあえ

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

古事記を読むに際して必要なことは、どこまでも先人の知恵に学ぶという姿勢であろうと思います。
そして今回のこの段での学びは、
「何事も『ひ』が上である」
という点です。


20190123 なはみぎに まわりあえ
絵:紙芝居・古事記(文・神谷宗幣)より
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


七五読み古事記をお届けします。
日本語は言霊の言語ですから、いっけんむつかしそうな古事記の漢字文も、七五調で声に出して読むと、その意味がストンと腑(ふ)に落ちます。
前回は伊耶那岐(いさなき)と伊耶那美(いさなみ)の「成り成りて」の会話をお届けしましたので、今回はその続きをヒルコまで読んでいきます。


七五調で読む古事記
1 天之御中主神
2 諸命以
3 成り成りて
4 蛭子誕生
99 しほみつるたま



最新動画《江戸の天才数学者 関孝和》


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html



第59回 倭塾(公開講座)開催のお知らせ

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20190125 神倭伊波礼毘古命
神谷宗幣著『紙芝居・古事記』より
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


倭塾公開講座は、大人から子供までどなたでもご参加いただける、ねずさんの公開私塾です。
また女性のご参加が多いのも、倭塾の特徴です。
塾生としての登録が必要なわけでもなく、当日お越しいただければ、どなたでもご参加いただくことができます。

今回のテーマは2月ということもあり、
「日本建国の原点を考える」
です。

日本の建国について、古事記や日本書紀はどのようにこれを書いているのか。
古事記の七五調の読みも含めて考えていきたいと思います。

日本を学ぶことは、新しい国作りの基礎であり、私達が国際人として飛躍するための原点となるものです。
そしてそのことは、家庭や会社などの組織においても、まるごと生きる知恵になっています。
とりわけ今回は日本の建国の原点を考えるのですから、とても重要なテーマです。

会場は江戸川区・船堀駅前の「タワーホール船堀」です。
江戸川区から江東区、都心部までを一望できる展望塔(入場無料)なども備えた、駅前立地のたいへんにきれいな建物です。
セミナールームの机も椅子も、たいへんに座り心地の良いものになっています。
1Fには喫茶室、7Fにはレストランもあります。
みなさまのふるってのご参加をお待ちします。


1 題 名 第59回 倭塾(公開講座)
2 テーマ 日本建国の原点を考える

3 日 時 平成31年2月2日(土)13:30〜16:00
  開場 13:00
  開始 13:30
  終了 16:00

4 場 所 タワーホール船堀
  〒134-0091 東京都江戸川区船堀4丁目1−1 研修室
  都営新宿線「船堀駅」下車 徒歩約1分。

5 講 師 小名木善行
6 定 員 50名

7 参加費
 (1) ご新規        2500円
 (2) 割引券持参者     2000円
 (3) ご夫婦で参加 お二人で2000円
 ※事前振込は必要ありません。当日会場でお支払いください。
 (4) 未成年者          無料
  (5) ご家族お友達招待特典
   これまでに一度でも倭塾にご参加されたことの
   ある方が、倭塾初参加となるご家族・ご友人などを
   お連れになった場合、
   そのお連れの方を人数に関わりなく
   初回参加のみ無料とします。

8 参加方法
  直接会場にご来場ください。

9 懇親会(希望者のみ)
  参加費は3500円です。
 (懇親会場の都合もあり、今回から500円値上げです)

10 Facebook参加ページ
  お手数ですが下ページから
 「参加」ボタンをクリックしてください。
https://www.facebook.com/events/298133391018764/

11 次回以降の予定
(場所:タワーホール船堀)
2月23日(土)18:30 第34回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ
3月9日(土)18:30 第60回 倭塾公開講座
3月16日(土)18:30 第35回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ
4月13日(土)18:30 第36回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ(407会議室)
4月27日(土)13:30 第60回 倭塾(研修室)
5月11日(土)18:30 第37回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ(401会議室)
5月19日(日)13:30 第61回 倭塾(401会議室)

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

とある惑星のお話

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

本当はとなりの国などに関わっているヒマは赤丸国にはありません。
正義と信頼の担い手として、世界の信頼を集める国になって行かなければならないのです。
そのための手術がはじまっています。


20190121 信頼
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


多くの日本人が誤解していることですが、38度線での停戦は、花札大統領のいるキャンディ国がカリアゲ王国との間で行ったものです。
この停戦協定に、空き缶国は関係ありません。
そのカリアゲ王国のカリアゲ王と、花札大統領が、来月対談します。
そこで何が話され、次に何が起こるのか。

まずこれから起きることです。
カリアゲ国と空き缶国は合邦することになるでしょう。
目下最大の懸案は、自称世界の真んなか国です。
その自称真んなか国は、先々包囲し、解体していくつかの国に分割して力を削がなければなりません。
それにあたりカリアゲ国が巨大軍事国家になることは、キャンディ国からすれば歓迎すべきことです。

そうなると空き缶国の人々は、いまでこそお腹に虫を飼わないでいることができますが、カリアゲ国に吸収されると、国民はみんなお腹に虫を飼うことになります。
空き缶国の経済が、カリアゲ国並に低下するからです。
けれどそれは、彼ら自身が選択したことです。

せっかく戦後に、多額の補助を与え、また空き缶国の製品を大量に買い付けてあげ、東西冷戦の最前線の国家として、西側の繁栄を示す広告塔として、成長させてあげてきたのです。
国連の事務総長のポストまで与えてあげた。
それはまさに世界の貴賓国待遇でもあったわけです。

ところが何を履き違えたか、自分たちの力で繁栄したのだと勘違いし、先進諸国の知的財産権をパクって安値で売るという馬鹿げたことを繰り返し、挙句の果てが嘘つき泥棒を国是とする国になってしまった。
そして自分たちで、カリアゲ側に寝返ることを選択してしまった。

それならそれで、目下最大の懸案は、自称世界の真んなか国なのです。
空き缶国には、キャンディ国の軍事基地があります。
問題は、合邦したとき、その基地をどうするかです。
軍事基地が保持されるだけでなく、合邦したならしたで、現在カリアゲ国となっているエリアにも、キャンディ軍事基地を置きたい。
さらにキャンディ国の原発を置きたい。
なぜかですって?
原発は原爆だからです。

ちなみに核の廃棄問題というのは、表向きです。
実際の所、廃棄したかどうかまで調査することはきわめて困難です。
簡単なのは、むしろカリアゲ国の国内にキャンディ国の核を置いてしまうこと。
これ以上の抑止力はありません。
その条件を飲むなら、カリアゲ国による空き缶国の吸収を承認しまっせという会議が、来月だとか。


最新動画《大人のための修身入門》


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html



*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク