アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


世界に先駆けて外科手術を成功・・・佐藤泰然

人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

佐藤泰然(さとうたいぜん)
佐藤泰然


明治維新(1868)より、すこし前の文久年間(1861~1864)のことです。

横浜にジェームス・カーティス・ヘボン(James Curtis Hepburn)という米国人がいました。

そうです。あの ヘボン式ローマ字を生んだヘボンです。

彼は、医師で、牧師でした。
そして幕末ごろ、米国長老派教会系医療伝道宣教師として来日します。

そのヘボンのもとに、ある日、卵巣水腫の病人が来ます。


卵巣水腫という病気は、卵巣に水が溜まって袋が出来てしまうという難病です。

病人を診断したヘボンは、
「手遅れです。これは難病なので治療方法がありません」と答えた。

たまたま同じ横浜でヘボンと親交のあった佐藤泰然(さとうたいぜん)が、この病院に来ており、話を聞いて、
「それなら開腹手術をしましょう」と申し出ます。

これを聞いたヘボンは、びっくりして、
「それでは病人が死んでしまう」と主張した。

ところが佐藤泰然は、10年ほど前に、同じ病気の人二名に開腹手術を施し、完治させている、と話します。

ヘボンはびっくりして「信じられない」と答えた。

そうなんです。
当時、欧米でさえ、まだ卵巣水腫の手術は難しい、というより、できないものとされていたのです。

ところが、日本では佐藤泰然が、とっくに手術を成功させていた!

佐藤泰然という人は、実は、順天堂大学の創始者です。

生まれは文化元(1804)年です。
川崎で生まれ育ちますが、26歳のとき蘭方医を志して高野長英に師事し、31歳で長崎に留学。そこで蘭医ニーマンの指導を受けます。

そして天保9(1838)年に江戸へ帰って、両国薬研堀に「和田塾」という外科専門の病院を開設します。「和田」というのは、母方の姓です。

ちょうどその頃、全国で疱瘡(天然痘)が大流行します。
いまでこそ克服された天然痘ですが、この伝染病は感染力が強く、当時は死亡率が40%もありました。
治っても顔や手足に“あばた”が残ることから、人々に大変恐れられていた病気です。

ところが佐藤泰然は、自分の子どもに疱瘡の“うみ”を少しだけ接種することで免疫を持たせることに成功します。

これが江戸で大評判になり、佐藤泰然は千葉県は佐倉藩主の堀田正睦(ほったまさよし)に招かれます。

佐倉藩主の堀田正睦といえば、徳川幕府の老中をも勤めた人ですが、彼の蘭学好きは有名で、藩士を長崎に送って修業させるだけではなく、藩校でも蘭学が学べるようにしようとしたのです。

招きに応じた泰然が、天保14(1843)年8月に、佐倉城下の本町に開いた塾が「佐倉順天堂」です。

「順天」とは、中国の古書にある言葉で、「天の道に順(したがう)」という意味です。
泰然が、この言葉を塾の名前に付けたのは、「順天」こそが医者として人間として、最も大切なことと考えたからだといわれています。

当時、佐倉順天堂の治療は、国内の最高水準を極めていたといわれています。

高弟であった関寛斎(せきかんさい)が「順天堂外科実験」という書を顕しているのですが、そこに記載された治療例は、実は、ずば抜けた当時の世界最高水準のものといえます。

まず、嘉永2(1849)年には、牛に天然痘のうみを植え付けて、そのワクチンを人に接種し、天然痘の予防に成功しています。

また嘉永4(1851)年12月には、日本初の膀胱穿刺(ぼうこうせんし)手術に成功しています。
膀胱穿刺というのは、尿が詰まって激しい痛みを起こす病気で、膀胱に針を刺して尿を取る大手術です。

さらに翌、嘉永5年には、冒頭の卵巣水腫摘出のための開腹手術や乳癌の摘出手術を成功させています。

ただし、この時代、まだ麻酔はありません。
麻酔は、紀州の華岡青洲(はなおかせいしゅう)らが研究していましたが、当時はまだ危険をともなうものだったのです。

ですから患者は、麻酔なしで体を切り開かれます。
いまならとても残酷なことのようですが、当時の外科手術の最先端は、まだそういう時代だったのです。
そして佐藤泰然は、痛みより病人の命を大切にしたのです。

それにしても、無菌室も止血剤も輸血もなかった時代です。
出血を考えると、手術は相当手際よく行われなければならず、おそらく今の時代なら佐藤泰然はまさに「神の手」として世界から絶賛される外科医となっていたであろうと思われます。

それにしても、手術を行った佐藤泰然もすごいですが、麻酔もなしで手術に耐えた患者さんも偉かったですね。

旧佐倉順天堂


数々の難病に対する手術の成功で、佐藤泰然は嘉永6(1853)年2月には、町医から藩医にとりたてられます。

そして順天堂は、大阪の緒方洪庵の蘭学塾「適塾(てきじゅく)」と並んで、その名を全国に知られるようになる。

佐倉順天堂では、塾生がオランダ語の習得と書物だけの勉強をするだけでなく、実際の診療に役立つ知識・技術を習得させることを目指した教育が行われました。

この結果、佐倉順天堂からは、明治医学界を担う多くの優秀な人材が育ちます。

佐藤泰然は、安政6(1859)年、病気を理由に家督を養子の佐藤尚中(さとうたかなか)に譲り、55歳で隠居します。

そして、文久2(1862)年、佐倉を離れ、横浜に移住する。
冒頭のヘボンとの交流のあった時期は、その横浜在住時のことです。

泰然は、明治5(1872)年、東京下谷茅町(現台東区池之端)に移り、肺炎のため没します。享年60歳でした。

家督を相続した佐藤尚中は、明治に入ってすぐ、東京に出て順天堂病院を興します。これが、現在の順天堂大学ならびに大学病院の前身です。

また佐倉の順天堂は、同じく佐藤泰然の子の佐藤舜海(しゅんかい)に委ねられ、施設を拡充し、昭和27(1952)年跡取り不在で閉鎖されるまで、およそ一世紀にわたって営まれました。

また、佐藤泰然の曾孫に、佐藤登志子がいます。
結婚して姓が変わりました。

夫の名は、鴎外(おうがい)です。
そうです。森鴎外です。

医師でもあった森鴎外は、妻の郷里でもある佐倉を2度訪れ、2題の漢詩を残しています。

ところで、佐藤泰然が藩医にとりたてられた嘉永6(1853)年といえば、ペリーの乗った黒船が浦賀に来航した年です。

このときペリーは、日本の開国・通商を求める米大統領の親書をもって来日していますが、幕府側が一年の猶予を求めたため、ペリーはいったんひきあげています。

翌安政元(1854)年1月16日、再びペリーは来航し、今度は東京湾に直接侵入します。

そして約1ヶ月の交渉の末、同年3月に締結したのが、日米和親条約だ、というのは教科書によく書いてある史実です。

この日米和親条約の第九条に、日本が片務的最恵国待遇を米国に与えるという文字があり、これが治外法権を認める不平等条約になったなどということも、教科書で習ったご記憶があろうかと思います。

しかし、教科書にまったく書かれていない、もっと重大なことが、この年、日米間で決められました。
このお話は、昨日、詳しく述べていますが、蘭学好きの開明派の幕閣によって、日本は開国し、日米和親条約を締結します。

この日米和親条約は、その後の日米修好通商条約と並んで、不平等条約であり、明治政府は、陸奥宗光外務大臣のときに、この不平等条約を改正した、とみなさんは学校で教わったことと思います。

しかし、いちばん大切なことが、教科書の記述から洩れている。

みなさんは、不平等条約というものが、なぜ「不平等」かといえば、それは「治外法権」を外国に認めた、すなわち、外国人が日本で犯罪を犯しても、日本政府はこれを取り締まることができない、だから不平等条約だと、学校で教わったことと思います。

けれども、よく考えてみてください。
現代社会でも世界共通で、外国人の犯人が大使館に逃げ込んだら、日本の法律はその中には及びません。
その意味では、すくなくとも外国大使館の中はまさに「治外法権」なのであり、その程度のことはいまも昔もなんら変わりはない。

昨日も書きましたが、実は、この日米和親条約の最大の問題は、条約が「締結された翌月」に交わされた細則にこそ、最大の問題があります。

その細則によって、日本は、世界の金銀の為替相場(交換比率)と、国内の交換比率の違いによって、国内の金をまるごと米国に流出させることになったのです。

このお話は、昨日、詳しく書きましたので、繰り返しませんが、この為替で大儲けした(日本からみれば大損した)ハリスは、ワシントンの出身です。

その後、世界で何が起こったかといえば、アメリカで南北戦争が起こった。
南北戦争では、北軍が勝利し、南軍は、巨額の戦費を世界から外債を発行して集めていたので、戦争に負け、それが払えなくなり、南軍の持つ領土11州を、北軍に売却しています。
北軍は、南軍11州を占領し、南軍の作った借金を全額立替え払いした。

では、その北軍は、どのようにして戦費を調達したのでしょう。
北軍が外債を発行したという話は伝わっていません。
しかも南軍の外債まで立て替え払いして清算している。
北軍の戦費はどこから?

つまり、日本から流出した金、約1京円(10000兆円)の資金が、北軍の戦費となり、アメリカ合衆国の統一資金となった。
それだけじゃなく、南北戦争の直後にアラスカをキャッシュで買い取っている。
アラスカは占領ではありません。
「買い取った」のです。
しかもその時期は、巨額の戦費がかかった南北戦争の直後です。
どこからお金がでたのでしょう?

さらに、です。
北軍は、南北戦争で使われた膨大な量の鉄砲や弾薬、大砲などの火器を、まるごと中古品として日本に売却しています。
南北戦争で余った中古の武器弾薬は、イギリス経由で官軍へ、フランス経由で幕軍に売却された。
これで米英仏は、大儲けです。坊主丸儲けとはこのことを言います。

日本国内だけなら、火器は300年前の火縄銃くらいしかなかったし、武器は刀と槍くらいです。
幕府はすでに大政を奉還していおり、あえて倒幕軍を興す必要もなかった。
すでに内戦する理由はなかったのです。
火器がなければ、仮に戦闘があっても、せいぜい斬り合いの局地戦くらいしか起こらなかった。

戊辰戦争は、両陣営に火器が手に入ったこと、および、金の流出で国内経済が悲惨なほどたいへんな状況になって幕府討つべしの気運がどうしようもないくらい高まったこと、それに火器なら、自分は痛い思いをしなくても闘える。遠くからズドンと撃つだけです。

武器は、南北戦争の中古品。
武器を使うのは、武士だけでなく、農民兵。

経済の混乱というのは、小判(金)の国外流出によって日本国内に小判がなくなったということがあります。
この対策のため、幕府は、金の含有量が慶長小判の4分の1しかない万延小判を発行した。金の流出を停めようとしたからです。

おかげで、昨日までの1万円札が、今日から2千円の値打ちしかなくなった。
驚いた庶民は、両替商(いまでいう銀行)に殺到し、いまでいう取り付け騒ぎが起きている。
国内経済は混乱し、急激なインフレが世を襲います。
庶民のストレスもピークに達したのです。

物価高騰の原因は、幕府が開国して金を流出させたからだ。
悪いのは幕府だ!

国内世論は、攘夷論に一気に傾きます。
倒幕をしなければならない、という気運が高まり、そこに南北戦争で生まれた大量の中古武器が流れ込んだわけです。

この後の歴史は、みなさんがご存知の通りです。

戦後の教科書は、南北戦争や戊辰戦争(明治維新)のことは書いているけれど、南北戦争の戦費やアラスカの買い取り、日本からの小判(金)の流出のことは、まったく書いていません。

そして、この時代の日本の混乱の糸をずっとたぐっていくと、蘭学にかぶれた一部の閣僚によって、日本はたいして考えもせずに開国し、カネを騙し取られ、内乱を誘発され、また騙されて武器弾薬を買わされた。
もしかしたら、個人的に巨額のワイロ(キックバック)が動いたかもしれない。
おかげで日本は、いいカモにされたわけです。

もちろん、蘭学によって、今日ご紹介した佐藤泰然のような優秀な医者も誕生したし、西洋医学の導入によって日本の医療は格段に進歩した。そういう面も見逃せません。

ただし、この佐藤泰然が、卵巣摘出手術に、西洋にさきがけて成功しているように、彼はただ単に西洋かぶれ、外国かぶれになったのとはワケが違う。

彼は、日本人としての公に奉ずる心を失わず、学ぶべきところを外国に学び、技術を取り入れ、それをさらに良いものに昇華しています。

これは「かぶれ」ではない。
謙虚に「学び」、「工夫」し、「昇華」させたものです。
「学ぶ」ことは、「かぶれる」ことと違います。

イケナイのは、ただ外国万歳と、なんでもかんでも外国のものはスバラシイなどと、礼賛することです。
そこには謙虚さというものがない。「驕り」だけです。

現代社会でも同じです。
いたずらに、中国バンザイ、韓国バンザイなどとやって、工場を進出させ、多くの企業がものの見事に騙されている。

そこに利権がからみます。
支那のガス弾処理のために麻生政権が断った支那への資金と人材供出を民主党政権ははじめた。
総額1兆円規模です。
キックバックは2割という噂もある。
銭をもらうまでは、民主党政権は、支那のポチ君にならざるをえない。

そこには「誇り」も「矜持」も「謙虚さ」も、かけらすらない。
「欲」があるだけです。

何事もそうですが、してはならないことや、プライドを犠牲にしたら儲かるということがあります。
売春みたいなものです。
ボクは、いまの民主党政権というものは、終戦直後にアメリカ兵に春を売ったパンパンみたいなものだと思っています。
民主党パンパン政権です。

しかし、欲ボケ、色ボケ政権は、まさに国を滅ぼします。
それどころか、総額750兆円にのぼる日本の領海内地下資源さえも、中共政府に奪われ、日本の将来の富を失うことになる。

以前、「小麦のお話」を書いたとき、まさに日本は神国だと書きました。

小麦だけでなく、資源の問題も同じだと思います。
神々は日本人に、ハナから資源を与えることをしなかった。
先に省エネを研究し開発させた。
省エネのためのマインドも日本に定着させた。
その間、ずっと日本の埋蔵資源は、藪の中です。
見えそうで見えないものだった。
そして、ようやく省エネがカタチになったいま、日本人に埋蔵資源に気付くよう、これを明らかにされた。

南方の資源国と異なり、日本は、ただ資源を輸出するだけでなく、これを工夫し、加工する技術を持っています。
さらに世界の福祉と正直さや正義、人々が安心して安全に暮らせるための哲学を持った国です。

人を騙したり、暴力をふるったり、殺したりすることをなんとも思わない中共政府にその資源を与えるのか、それとも正直で、暴力を嫌い、ともに生きることを是とする日本に資源を委ねるか。

いま、世界の善意が試されようとしています。
そしてそのド真ん中にいるのが日本であり、私たち日本人です。

末尾になりますが、水間条項からのお願いです。

今日発売の「週刊ポスト」に、尖閣領域が日本の領海であることを示す、動かぬ証拠がグラビアページに掲載されます。

中共は、これを徹底して買占め、焚書しようと目論んでいます。

どうかみなさん、今日発売の「週刊ポスト」を買ってください。
そして「動かぬ証拠」を日本人覚醒のために使ってください。

↓クリックを↓
人気ブログランキング

開国150周年と幕末の佐倉


日本の心を伝える会 日心会
関連記事

コメント
あ、週刊ポスト買わなきゃ!
あ、週刊ポスト買わなきゃ!

超緊急拡散《尖閣領有にトドメを刺す中国発行の尖閣の地図が、10月4日発売『週刊ポスト』のカラーグラビアに掲載されます!》【水間条項からの転載】

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-151.html
2010/10/04(月) 21:40 | URL | #-[ 編集]
真相;;;;驚きました。
広く抗議します。
2010/10/04(月) 20:20 | URL | zipangu #-[ 編集]
☆動画ご紹介
不逞支那人排撃運動 IN池袋
http://www.youtube.com/watch?v=1RmEMwMpD60
不逞支那人排撃運動 IN上野
http://www.youtube.com/watch?v=d1i86n9rMcw
2010/10/04(月) 18:23 | URL | ウルトラス #-[ 編集]
別件で失礼します
●中国のこれからの動き

1)中国を市場としてASEAN諸国にいっそう開放する
今年の1月にASEANー中国自由貿易協定が締結され、中国との間で7000品目の製品が無関税か低関税になった。これをさらに広め、東南アジア諸国が中国市場に優先的にアクセスできるような配慮を行う。

2)歴史体験の共有とそれに基づく地域的連帯感の形成
上で述べたように、すでにロシアなどと行っている、日本という共通の侵略者に対して第二次大戦を戦った歴史的体験を強調し、地域的連帯感を形成し強化するやり方を東南アジアにも適用する。

ただし、これはあくまでも中国の外交戦略である。要するに、「第二次大戦の歴史体験の共有」を旗印にするということだ。したがってこれは、実際に歴史がどうであったのかということとはほとんど関係がない.
http://blog.trend-review.net/blog/2010/10/001765.html#more
2010/10/04(月) 15:34 | URL | k #f6NNaXKU[ 編集]
別件で失礼します
まったく報道されていないが、非常に重要なことが起こっている。

1)中国の自由貿易協定の拡大の動きが一段落した。

2)自由貿易協定の参加国などを中心に、国債を相互に持ち合い、それをベースに人民元とその国の通貨とを直接交換する決済システムの開始。ロシアとマレーシアですでに実施。

3)日本との戦争を戦った共通の歴史体験を強調し、アジア地域やロシアとの地域的な連帯感を全面に押し出す。
これらの地域と第二次大戦の歴史認識を共有することで、地域的な統合性を形成するというような戦略に出ている.


オバマ政権は尖閣諸島が日米安保条約の適用地域であることを強調しつつ、ニューヨークタイムスには、アメリカを代表するジャーナリストが尖閣諸島は中国領であるとする論文が掲載されたりしている。
2010/10/04(月) 15:33 | URL | k #yJFHejP6[ 編集]
週刊ポスト
週刊現代でしたよ。もちろん買いました。
2010/10/04(月) 11:56 | URL | タロ~ #-[ 編集]
真相
犬HKに送ろうとしたら文字数が多過ぎておくれなかった文章ですが。

「今はインターネットの時代。
醜い売国・偏向報道をいつまでするつもりか?

さて、ネットユーザーの情報レベルがどの程度か教えてやろう。
例の尖閣諸島問題だが、政府は何故拙速にも乗組員14人(人民解放軍兵士)と漁船(工作船)を支那に送り返したのか?
何故検察に責任転嫁してまで支那人船長(人民解放軍・大佐)を処分保留にして釈放したのか?
何故フジタの社員4人が拘束され、3人のみ釈放されても1人が拘束されたままなのか?
その答えはすべてカネと利権だ。
麻生前総理が潰した筈の支那遺棄化学兵器処理事業をルーピー鳩山がわざわざ復活させたが、その事業への日本側の出資額が総額1兆円にものぼることは貴局が一番よく知っていよう。
これを前提に、支那は日本のカン政権にある意図の脅しをかけるため、わざわざ当該事業の関係者であるフジタの社員を拘束。するとカン政権閣僚達は大慌て。
何故か。答は簡単。当該事業の日本側出資分からたっぷり貰える筈の「キックバック!」が貰えなくなるからだ。噂では2割らしいから、2千億円!? これを政府閣僚達と民主党で山分けする算段をしているのだ。
だから民主党政府は野党から何を言われようとも支那様を怒らせないよう国会の場でさえ嘘つきまくり。またキックバックを貰うまでは何があろうとも政権の座からは降りない。
つまり、日本の領土領海がどうなろうと、日本国民の生活がどんなに苦しくなろうと、民主党政権にとってはどうでもよい。
この国賊民主党を貴局等マスゴミが手厚くサポート。まさに真性売国奴!

支那が尖閣諸島近海でわざわざ事件を起こしたのは、尖閣諸島を奪うきっかけづくりなど幾つか目的はあっただろうが、その一つは日本政府の犬ぶりを確かめるため。
犬だから支那工作船を捕まえることはないと踏んでいた処が、逮捕してしまった。それも想定していた支那は早速大激怒の姿勢を示し、日本政府、外務省、日系企業などを恫喝しまくった訳だ。
フジタの人質を一人残したのは犬が暴走しないよう綱を付けておくため。
もうバレてるのさ、何もかも。
貴局がこれをキチンと調べて正確に報道するなら誉めてやるが、まあ潰れるまで報道しないだろう。支那・朝鮮様の犬HKだから」

インターネットで情報を精査すれば誰でも判る真相だが、日本国民の我慢もここまでだ。
2010/10/04(月) 07:57 | URL | 支那丸出し #nmxoCd6A[ 編集]
国を揺るがすのは何時も貨幣
>幕府は、金の含有量が慶長小判の4分の1しかない万延小判を
>発行し、>金の流出を停めようとします。
>ところが、これが国内経済を大混乱させた。

日露戦争の発火点も同じく貨幣が原因だったという事実を
最近になって聞きました。
当時、ロシアに事大し始めた李朝に付け込んで、ロシアは
自国の通貨ルーブルを朝鮮半島で流通させはじめ、
経済を牛耳ろうとした。これが日露戦争の直接の原因だった!と。
驚きました。

教えてくださったのは、父親が朝鮮総督府の職員で、
京城で生まれ育ったという御仁です。

やはり、通貨=経済が国を揺るがす騒乱の大元ですね。
2010/10/04(月) 07:14 | URL | 玄米茶 #WZhAAryA[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

転載記事:超緊急拡散《尖閣領有にトドメを刺す中国発行の尖閣の地図が、10月4日発売『週刊ポスト』のモノクログラビアに掲載されます!》

◆◇◆まずはご連絡◆◇◆ ニつ下の記事におきまして、 意見書文例:尖閣衝突事件における船長釈放についての抗議文*利用、改変可*  を...
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク