アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


奉天駅前事件

人気ブログランキング
←はじめにクリックをお願いします。

外蒙古から奉天へ向かうソ連軍


以下は、当時中学三年生だった山崎さんという方(男性)の手記です。

まず、読んでみてください。

~~~~~~~~~~~~~

僕ら日本人の一団は、吉林省の平安屯で、ひとつの団体を作ったのです。

ロシア軍が不意に国境を越えて満洲国に侵入したとき、吉林省内の各地に散らばって開拓の仕事をしていた人たちは、何一つ持つこともなく、着の身着のままで吉林に向かったのです。

でも、吉林もロシア軍が侵入してきて、無茶苦茶なことをしていたので、平安屯に集まった人たちでひとつの団体を作って、新京に逃れることにしたのです。

この新京に到着するまでの出来事を思い出すと、いろいろのことが山のようにあります。

でも、その出来事というのは、ロシア人と満人から日本人である僕らがいじめられたということです。

ロシア人にとって、日本人というのは虫けら以下だったのです。
あの当時、ロシア兵は日本人を殺そうが、焼いて食おうが、自由気ままにできたのです。
だから、平安屯から新京までの間でも、ずいぶん痛めつけられました。


ようやく新京に着いたので、これで安心と思ったのは、日本人のヌカ喜びだったのです。

ロシア兵と満人が、田舎から出てきた僕らに対し、虫けらでも殺すのと同じように殺したり、傷つけたり平気でするのです。
道をひとりで歩けませんから、二、三人で歩いていると、不穏の動きがあると言ってロシア兵から取り締まられるのです。

ロシア兵に見つかって逃げると、すぐパーンと銃で撃たれるのです。
それで日本人が死んでも、それは全く日本人が悪いのだというのです。

何をしても日本人の言うことは通用しないし、いじめることではロシア人ほど上手な奴はいないでしょう。
あれは、人間ではなくて、鬼か蛇のようなケモノ達だったのです。

結局、僕たちは新京にいてはいけないと、ロシア兵が言うのです。
とうとう平安屯から一緒にきた日本人は、ハルピンに追いやられることになったのです。

さんざん苦労してハルピンに着いたのは、満洲では降った雪が来年まで溶けないと言われる11月の中ごろだったのです。

しかし、そのハルピンも、僕たちにとっては永住の地ではなかったのです。
もちろん僕たちも戦争に負けた日本人のひとりだから、そんなに楽な生活をしようとは思ってなかったのです。

しかしロシア軍が、日本の強い兵隊がいたときに満洲に攻めてきて、強い日本軍と戦争して勝って満洲国に入ってきたのだったら仕方がないとあきらめるけれど、ロシア軍というのは卑怯な奴だから、強い日本軍がほとんどいなくなったすきに、コソ泥のように満洲に入ってきて、日本人である僕たちをいじめるのだから、腹が立って仕方なかったのです。

もし僕がもっと大きくて力をもっていたら、僕ひとりでもロシア兵と戦うのになあと思いました。

ロシア兵はそんな無茶苦茶なことをするのです。
僕たちは、みんな、歯を食いしばってロシア兵の乱暴に耐えたのです。

こうした思いをもってハルピンまでたどりついたのです。
ところがハルピンに着くと、ロシア兵がやってきて

「お前らのような汚い日本人をハルピンにおくことはできない。
お前たちはみんな奉天に移動せよ」と申すのです。

やっとハルピンに着いたのに、また奉天に行けとはあんまりしたことであったので、日本人を代表してロシア兵に抗議をしに行った日本のおじさんは、抗議をしたというだけで、その場で撃ち殺されてしまったのです。

僕たちは、もう、抗議をすることも、お願いをすることも許されないということを知らされました。
牛や馬が、人間の言うままに動かなくてはならないのと同じだったのです。

奉天に移動するということになると、もうひとつ大変困ったことがあるのです。

それは、平安屯から新京へ、新京からハルピンへと移動したのですが、実をいうと移動するたびに、僕らの持っている荷物が減ってくるのです。

そんなことはロシアの兵隊にはわからないし、また、わかっても言うことを聞くような奴らではありません。

ロシア兵という奴は、自分たちが少しでも機嫌が悪くなると、すぐ日本人をなぶり殺しにするのです。
日本人が死んで行くのを見ては、ワイワイ騒ぎながら酒を飲んで、自分たちの機嫌を直すのです。

こんなロシア兵が奉天に移れと言うので、仕方なく奉天に移ることにしました。

奉天に移ることになると、汽車に乗らなければなりません。
三時間汽車に乗ると、五時間歩かなければならなかったし、五時間汽車に乗ると、五万円も七万円も機関手に賄賂を渡さなくてはならなかったし、いやないやな旅でした。

ようやく奉天に着いたものの、もう12月も終わりに近づいていた満洲は、大変な寒さであった。

ハルピンも奉天もこの、寒いということでは、一緒であったし、平安屯から持ってきた着物などもほとんど売りつくしていたので、奉天の集中営に入ったときは、乞食と同じようになっていました。

この集中営に入ってからは、自分の持っている着物は全部身につけてしまったけれど、まだ寒いので毎日震えていました。

そして何もない、本当になにもないお正月が終わって、五、六日過ぎた頃、突然ロシア兵が十五、六名、どやどやと部屋の中に入ってきました。

そしてその中で日本人のような顔をしたロシア兵が、大きな声でわめくように、
「この中に、陸軍の将校の家族の者はいないか。いたらすぐロシア軍の司令部まで来い」と日本語で怒鳴ったのです。

僕たちはどうなることだろうと思っていましたが、誰もそんな人はいないだろうし、またいても、出て、ロシア軍の司令部に行くようなお人好しはいないだろうと思っていました。

すると僕のすぐそばにいた、僕をいつも可愛がってくれていた、山田というおばさんがすーっと立つのです。

僕はびっくりしました。
時がときだけに、僕の心臓は早鐘を打つように高鳴ってきました。

山田のおばさんは、そのまま外へ出て行こうとします。
僕はおばさんの後を追って、部屋を出ました。
そして集中営の出口のところで、山田のおばさんに追いつきました。

「おばさん、どこへいくの」と尋ねたのです。

するとふっと振り返った山田のおばさんは、いつもよりすこし青ざめた顔をしておりました。
しかし、いつものようの微笑みながら
「ロシア軍の司令部へ行くんですよ」と、いつもの変わらぬ口調でおっしゃるのです。

僕はこの山田のおばさんの言葉にびっくりして、
「おばさん、行っちゃだめだよ。
ロシア軍の司令部に行ったら、どんなことをされるかわからないから、行っちゃだめ。
おばさん、誰も知らないことだから、行かなくてもいいよ。
それにおばさんは、軍人さんのおばさんですか」と尋ねると、

「そうです。おばさんのところのおじさんは、立派な軍人さんでした」

「おばさん、行かなくてもよいでしょう。行かないでください」
僕が頼むように言うと、おばさんは笑いながら、

「おばさんは、帝国軍人の妻ですよ。
満男ちゃん、立派な人になって、戦争に負けた日本の国を、早く再建してください」と言い残すと、そのままロシア軍の司令部の方へすたすたといつもと同じような様子で、立ち去って行かれたのでした。

奉天に来てから、あんなに僕を可愛がってくれたあの優しいおばさんのことが胸いっぱいに湧き上がってきて、おもわず僕は泣きたくなりました。

そしてその翌日のことでした。

昼ごろになったので、日本人はみんな食事をしようかなと話し合っているときでした。
ロシア軍の司令部から、命令が出たとのことです。

それは日本人は全員、奉天駅前に集合せよ、とのことです。
みんなは、何だろうと話しながら、奉天の前に急いだのです。

ただ、僕は、奉天の駅前に集まれとの命令が出たときから、何かしきりと胸騒ぎがしていたのです。
それは何の胸騒ぎであるかわかりませんが、きっと何かおおきな不幸が怒るんじゃないかと、胸が痛いほど心配がたかぶってきたのです。

奉天の駅前に着いてみると、もう黒山のように人がいっぱい集まっていました。

日本人だけではありません。
満人も、鮮人も一緒でした。

日本人が一番前の方に出されました。

するとあの日本人のような顔をした日本語をよくしゃべるロシア兵が出てきて、集まっている日本人をにらみつけました。

「今日ここで、みんなに見せつけのために、日本のかつての陸軍の将校の家族のものを処刑する。
正しくない戦争、侵略の戦争をすれば、その最後はこんなものになるのであるということを、みんな肝に銘じておけ」と大声で怒鳴るのです。

(ねずきちです。よく言うよ!です。「正しくない戦争、侵略の戦争?」日本軍の勢力が衰えたところにまるで泥棒猫のように侵略し、暴行非道の限りを尽くすことこそが、正しくない戦争であり、侵略の戦争でしょう!こうしたコミュニストマインドというのは、世界の悪そのものです)

日本語が上手といっても、ロシア人です。

ところどころの日本語はわからないようなところもありましたが、何かこのロシア兵がわめいていることを聞いているうちに、ぞーっとしてまいりました。
そして僕の体が、ガタガタと震えだしたのです。

この日本語をしゃべるロシア兵が、しゃべり終わって後ろを向いて合図をしました。
すると、ちょうど奉天駅の前に、僕らが奉天に着いたときからあったロシア軍の大きな戦車の横から、十三名のロシア兵に連れられた日本の女の人が現われてきたのです。

僕はその女の人をパッと見たとき、のけぞるばかりに驚きました。
その女の人は、あの山田のおばさんだったのです。

「あっ・・、山田のおばさん」と僕は叫びだしたいような衝動に駆られました。
僕の膝はガクガクと揺れ出してしまって止まりません。

そしてその山田のおばさんの姿を見ていると、もう立っていることができないようになりました。

鬼より、野獣より、汚い恐いロシア兵が、山田のおばさんに何をするのだろうと不安で胸が破裂しそうです。

ロシア軍戦車の前に引き出された山田のおばさんは、薄紺のズボンに薄紺の上着を着ているのです。

とても綺麗なおばさんに見えるのです。
いままで山田のおばさんが、こんな綺麗な美しい人だとは知らなかったのです。

その山田のおばさんは、いま、僕の眼の前で、さみしそうだけれど、その顔には微笑みさえ見えるのでした。

やがてこの奉天駅前の広場に、五頭の馬が引き出されて来ました。
そしておばさんの右手と左手、右足と左足に、大きな縄がくくりつけられました。

そしてその縄のはしを、引き出された五頭の馬にそれぞれくくりつけられたのです。

しかし山田のおばさんは、顔色を変えずにまだ立っているのです。

そして僕たち日本人の方を静かに振り向きながら、はっきりした口調で、

「さようなら、みなさん。元気で早く日本に帰ってください。そしてまたきっと遇いましょう」と言われたのです。

おばさんがこの言葉を言っているうちに、ひとりのロシア兵が出てきて、いきなりおばさんの顔を針金のようなものでピシリと殴り付けたのです。

おばさんの頬から、真っ赤な血潮がパッと吹きだすように流れました。
見ていた日本の女の人たちは、おもわず横を向いて目をつぶったのです。
見ていられなかったのです。

僕はおもわず、
「おばさーん、おばさーん」と叫びました。

そしておばさんの方へ駆け出そうとしました。
その僕を、誰かがしっかり押さえました。

そのうち、もう一本の縄がおばさんの首にかけられ、馬にくくりつけられました。

やがて、ロシア兵の将校が現われてきました。
髭を生やした偉そうな男です。

この男が合図をすると、二人のロシア兵が来て、おばさんを押し倒し、そのおばさんの体の上に、このロシア兵が馬乗りになっていました。
五頭の馬には、ひとりずつ、ロシア兵が手綱と鞭を持って立っていました。

どうなることかと見守っていると、やがてあの髭を生やしたロシア将校が、さっと手をあげて合図をしました。

すると、ああ、いま思い出してもぞっとするあの惨劇が眼の前で行われたのです。

五人のロシア兵が馬の手綱をひきながら、鞭で馬の尻を叩いたのです。
馬は五方面に走りだしたのです。

そのときどうでしょう。
ギャーッという叫び声とバリバリという音が聞こえました。

そして山田のおばさんの体は無くなってしまっているのです。
ただ、蛇のような腸の切れ端が少し残っているだけだったのです。

満人と鮮人は、ワーッと喚声をあげていました。
ロシア兵はニタリニタリと笑っていました。

僕はとても見ていることができず、その場に座り込んでしまったのです。
動くことができなかったのです。

ロシア兵も満人も鮮人もいなくなりました。
あとに残ったのは日本人だけだったのです。

日本人の眼には、誰の眼にも涙が光っておりました。

僕はしばらくたって、あのおばさんの体の引き裂かれたものを、ひとつひとつ集めました。

ほかの日本人の人たちも、このおばさんの体を集めはじめました。

僕は、いまでも奉天という名を聞くだけで、何かを呪いたいような気持になさしめられるのです。
~~~~~~~~~~~~

このお話は、調寛雅(しらべ かんが)著「天皇さまが泣いてござった」から、そのまま引用させていただきました。

最近、日本なんてなくなったっていいんだよ。俺たちは国際人として、あるいは世界市民としてこれからの新し時代を築くのだ、などと、まことしやかに言う議論を耳にします。

しかし、そういう気楽な発言ができるのも、ここが日本だから、そういう庶民が自由に発言できる日本という国を、立派に守ってくださった多くの先人たちの血の努力があったからなのだということを、忘れてはいけないと思うのです。

日本という国があるから、人々は安心して暮らすことができ、自由に意見も言える。

そういう国という枠組みがなくなったらどうなるのか。何が起こるのか。そのひとつの例が、今日、ご紹介した山崎さんの手記です。

中学生の男の子が、こんな体験をしなければならない。

彼の眼に、鬼畜のように写ったロシア兵も、その多くは銃で脅され、本人の意思とは関係なく軍に挑発され、言うことを聞かなければ殺されるという環境の中で、給料も払われず、そのかわり戦勝地では、ありとあらゆる略奪、暴行が許されるという環境の中にいた兵士達です。

当時のソビエト共産党にとって、ソビエト人も人間ではない。家畜以下です。
そして家畜以下にされた彼らロシア人は、同様に日本人に対して、さらに酷い家畜以下の仕打ちをした。

要するに、「武器を持っていれば、なんでも無理を通すことができる」という、人類史の闇が前面に出てきたとき、こうした自体が起こるということです。

日本人は、武器をもって他人に言うことを聞かせるのではなく、ひとりひとりが武器を持つことよりも働くこと、人のためになることを優先する民です。
そうやって過去、1万年の進化を遂げてきた。

しかし、世界はそうではない、ということです。
武器を持って支配する。
言うことを聞かなければ殺す。
支配する者と支配される者との関係は、人と家畜の関係以下である、ということです。

ですから、日本の左翼が好きかって言えるのも、ここが日本だからです。
しかし彼らが望む、日本崩壊、日本亡国は、結果として、多くの日本人に「悲惨」の二字を与える。

文中に出てくる陸軍将校の奥さんのお話が出てきました。

おそらく、髭のロシア将校が、日本人の将校の妻を今夜のごちそうにしようと、部下に命じて徴発させたのでしょう。

山田のおばさんも、そんなことは百も承知だった。
同時に山田のおばさんは、誇り高い日本陸軍の将校の妻として、絶対に彼らの言うことは聞くまいと、心に誓って彼らのもとに赴いたに違いありません。

何週間も風呂にも入れない生活が続いた避難民です。
おそらく、ロシア将校は、山田のおばさんに、将校の妻だからと、新しい服を与え、体もきれいに拭かせたのでしょう。

そしておかずにしようとした。
しかし、山田のおばさんは、これを凛として拒んだに違いありません。
そしてそのあまりの凛々しさに、さすがのロシア兵すらも、手を出すことができなかった。

そこで見せしめのために、馬に引かせて五体をバラバラにして殺した、というのが真相であろうかと思います。

そしてそういう非道を、子供にさえも平気で見せる異常さ。
そういう残酷な姿を見て喜ぶ満人や鮮人の異常さ。

世界には、そういう異常者がいるのだ、という事実を、やはり私たちは絶対に忘れてはならないと思うのです。

日本を守るのは、日本しかない。

それが歴史の真実です!

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

満州国国都、新京


日本の心を伝える会 日心会
関連記事

コメント
No title
 いつも近くのパチンコ屋の横を通るたびに
駐車場にたくさんの車が止まっています。
 「ここにも何も歴史を知らない日本人が朝鮮人
に金を貢いでいる。しかもその売上金額や日本全国で20兆円を超える」と思いながら通り過ぎます。
 通州事件とともにこの奉天駅前事件も教科書に載せたいくらいです。刺激が強すぎるかもしれないけど日本人は事実をもっと知らねばいけません。
2012/04/18(水) 00:49 | URL | sakiyomi17 #mQop/nM.[ 編集]
No title
到底許す事は出来ない残虐行為、結局力こそ正義?
弱者は家畜!の毛唐や支那、朝鮮人、露助などは信頼できませんね、在日など通名禁止、犯罪者は即時強制退国、犯罪者の国籍、帰化人かどうかも報道する事は必要です。
2011/05/26(木) 07:25 | URL | イシコウ #-[ 編集]
No title
このような事実を隠して、日本の将来を担う子供たちに自虐史観の噓八百を教え込む日教組の教師たちも異常だと思います。せめて自分はこブログを見て勉強し、無念な気持ちで死んでいかれた先人たちの生きざまを伝えていきたいと思います。
2011/05/25(水) 20:19 | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #-[ 編集]
初めまして
‥いかにも‥いかにも 美意識ゼロですね

何とも言い語い人間たち‥
2011/05/25(水) 17:45 | URL | ロ-タス ~(*ё)/~~ #-[ 編集]
2010/12/12(日) 02:24の続き
古代中国の戦乱の世を生き抜いた孔子は、仁義礼智信などの崇高な理念を掲げ、各国の王にそれを説き続ける旅を敢行しました。

ほとんどの王は、戦乱の世に道徳学問など無用として聞く耳を持たず、ひどい時には国外追放や野盗に殺されそうになったりと、孔子の人生の大半は不遇をかこつものでした。


孔子の伝説の一つに、儒教の教えが「形骸化」つまり上辺だけ華々しく飾られてしまい、儒教の本旨は二の次になってしまう事を、孔子自身が予期していた、という話があります。

儒教の本旨を忘れ、支配階級の権力維持の為だけの道具としている今の中国の有り様を見れば、孔子の予見は的中したと言えるでしょう。


きっと、孔子が「孔子平和賞」を知ったら、驚いてこう言うと思います。

「私の名を冠した、争い無きを期する表彰ならば、投獄されている劉暁波氏こそが相応しい」


中国反体制派「オスロの誓い」 劉暁波氏が“まとめ役”に  (1/2ページ)
2010.12.12 01:53
http://sankei.jp.msn.com/world/china/101212/chn1012120155000-n1.htm
2010/12/12(日) 02:45 | URL | #-[ 編集]
人食について
孔子の生きた時代は、大洪水や蝗害などが多く大飢饉が頻繁に起こり、食糧事情は非常に厳しいものでした。
当の孔子や弟子たちも、旅の間中飢えや盗賊などに苦しめられたと言われています。

当時の有り様を記録する歴史書には、しばしば「皆飢えて、隣家と子供を交換し合って食べた」旨の記述があります。

もちろん、人食など考えただけでおぞましく、到底容認出来ないものですが、今の飽食日本を生きる我々に、果たして当時の中国における人食を非難出来るのでしょうか?


「今の価値感で過去を裁いてはならない」

どこかで聞いた事のある言葉では?



そうは言っても、昔ほど食に困ってもいないにも拘わらず、未だに人食が止まない(という噂です)現代の中国は、やはり野蛮であると断ぜざるを得ないでしょう。
2010/12/12(日) 02:24 | URL | #-[ 編集]
感想
ねづきちさん、いつも日本人が忘れている事実を掘り起こしてくださり感謝の言葉もありません。
満州といえば、西欧諸国が植民地化・資源獲得の狙いを付けていた場所ですね。世界恐慌後のブロック経済化・保護貿易化の進む世界では日本の命綱であったし、軍事大国のソ連・ロシアとの緩衝地帯の意味もあったでしょう。そこで何が起こったのか、日本人なら満州進出の是非を様々な角度から絶対に学習しなければなりません。以前の満州関連のエントリーも興味深く拝見しました。ねずきちさんのBlogは、24時間無料開放された貴重な資料庫、近現代史アーカイブだと思います。
これからも頑張って下さい。
2010/12/11(土) 07:14 | URL | 名も無き愛国者 #-[ 編集]
大前研一は韓国人帰化人
大前研一は韓国人帰化人 大前研一は韓国人帰化人 大前研一は韓国人帰化人
大前研一は韓国人帰化人 大前研一は韓国人帰化人 大前研一は韓国人帰化人
大前研一は韓国人帰化人 大前研一は韓国人帰化人 大前研一は韓国人帰化人
大前研一は韓国人帰化人 大前研一は韓国人帰化人 大前研一は韓国人帰化人
大前研一は韓国人帰化人 大前研一は韓国人帰化人 大前研一は韓国人帰化人

竹島は韓国領で構わないと主張する絶倫変態野郎 大前研一

日本国内における韓国人売春婦の経済効果でも計算しとけ、強姦大国韓国人帰化人の大前研一
2010/12/11(土) 02:02 | URL | 韓国ナショナリズム 変質者 岡田克也  #xxsJQsqE[ 編集]
復刻求む。
「天皇さまが泣いてござった」
本当に売っていません。
復刻ドットコム
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail%3Fno%3D9868&wsi=8713c26c439622d3&ei=iHnMTJjiJsuikAWYoo22BA&wsc=tb&ct=pg1&whp=30
にリクエストしてみましょう。
2010/12/09(木) 23:38 | URL | #-[ 編集]
悔しい
悔しい。なぜこのような事実を今頃になって初めて知ったのだろう。悔しい。悔しい。悔しい。
2010/12/09(木) 23:27 | URL | zipangu #-[ 編集]
No title
中韓さんのブログによると、孔子は人肉の塩漬けが大好きだったようです。
それを念頭におくと中国の「孔子平和賞」はなにかお笑いじみてますね。
そのうち、孔子は聖人ではなくて人肉グルメ人という定説になるかもしれません。

気持ち悪いことを書いて失礼しました。
こんなことを書いてるとそのうち投稿禁止になるかもしれませんね、、^^。
2010/12/09(木) 22:26 | URL | 杜若 #He.JWYoo[ 編集]
スレ違い済みません
笑いどころのようです。
 ↓ ↓ ↓


ノーベル平和賞に対抗 “茶番劇”孔子平和賞に失笑 本家同様、受賞者不在
2010.12.9 21:04

http://sankei.jp.msn.com/world/china/101209/chn1012092107004-n1.htm

 「孔子平和賞」受賞となった台湾の連戦元副総統の代理として、トロフィーを受け取る少女(左)=9日午後、北京市内(共同) 【北京=川越一】中国の民主活動家、劉暁波氏に対するノーベル平和賞授賞に対抗して、急遽(きゅうきょ)設立された「孔子平和賞」の授賞式が9日、北京市内で行われた。初代受賞者に選ばれた台湾の連戦・中国国民党名誉主席は受賞を拒絶。本家と同様、受賞者不在というおまけがついた“茶番劇”に、報道陣から失笑がもれる一幕もあった。

 「孔子平和賞は長い間準備してきたものだ」「連戦氏は当代の平和に貢献した」「(劉暁波の)3文字とは関係ない」-。選評委員会の譚長流委員長(北京師範大博士)が顔を真っ赤にして訴えた。

 孔子が論語の中で述べた「和をもって貴しとなす」の心を設立理由に挙げ、ノーベル平和賞への対抗措置であることを否定。だが、パンフレットには「ノーベル平和賞は世界中の人々に開放され、少数派の推薦で決めてはならない。同賞は多数派とは言い難く、不公平さ、誤謬(ごびゅう)は免れない」と明記されている。

 インターネットを通じた投票に基づいて選出したといいながら、サイト名や調査期間の公表を拒否。台湾メディアが連戦氏の受賞拒否についてただすと、「拒絶などできない…」としどろもどろに。同氏に正式に通知すらしていないことも明らかになり、最後は無関係の少女にトロフィーを渡してお茶を濁した。

2010/12/09(木) 22:06 | URL | #-[ 編集]
No title
こんな残酷な事があったとは驚きです。

時々「中国ロシアは獣同然」との意見を見つける事がありますが、それは少し違います。

狼や虎などの獣は、こんな残酷な殺し方はしません。

ですから、獣では無く、悪鬼と言う方が、より事実に即しています。

これは悪口の類では無く、事実を通した見解です。
2010/12/09(木) 22:00 | URL | #-[ 編集]
涙が止まりません
私は奉天(瀋陽)駅に行ったことがあります、そんなことがあったとは知らず…留学時はいつも謝ってばかり。無知は本当に身を滅ぼしますね。
2010/12/09(木) 20:45 | URL | おりおり #mQop/nM.[ 編集]
No title
日本の左派よ、近代史を再度勉強しろ。

蛮族共に、我が民族、日本人の多くの女性が辱めを受けて虐殺さたり、多くの一般人が非人間的扱いされ虐殺された事実を。

蛮族の露助やシナ人又朝鮮人にされた事実を知れ。

史実も判らずに、富を得るために蛮族に媚びを売り、日本の誇りを失い、産業も領土も盗られている現実を見つめよ。

蛸の足食いと同じなんだ、大和魂・大和の国を売り飛ばす国賊行為なんだ。

祖先が築き上げた、崇高なる大和の国を僅かな目先の欲望ね為に売るな。
連中がどれ程の蛮族かを 思い知れ。

大和の国、天皇陛下、愛する人を、守らんが為に己の命をも捧げられた、英霊の方々のお心を忘れるな。
真の大和民族なら!
2010/12/09(木) 17:07 | URL | 猫ドン #XalHd2pY[ 編集]
No title
あまりのことに泣けてしまいます。日本人は本当に酷い目にあっています・・・・。「通州事件」もそうですが、東京裁判だって、冤罪です・・・・映画「東京裁判」をみたことがありますが、日本人として悔しい思いをしました。
最後、「デスバイハンギング」という判決を、冷静に受け止め、静かに頷いていた東条英機初めとする「戦争犯罪人」とされた人々の顔が脳裏に焼きついて、私は忘れることができません。
日本は素晴らしい、良い国。反日外国人や反日日本人と戦って、勝利しないといけないと思います。
2010/12/09(木) 16:36 | URL | 翡翠 #flPMGraQ[ 編集]
No title
あまりに残酷な仕打ちに怒りがこみ上げて悔しさで涙が出ました。。こんな人でなしの仕打ちをした者達を同じ扱いをしろと言う戦後の教育に腹が立ちます。
私はアメリカがますます憎くなりました。GHQの戦後の洗脳がなければシナの傲慢を簡単にへし折ってやれたのに。シナ、ロシア、朝鮮人に対してははじめは腹が立ってましたが、最近、同じ人間ではないと思うようになりました。侮蔑と頭のおかしい人間を相手にしなければならない煩わしか感じられません。差別的といわれるかもしれませんが、私としてはただの区別したいんですよね。人間と外道を。人間には話が通じますが、外道には話は通じない。こちらの力があるところ見せて追っ払ういがいの方法しかないのに。
2010/12/09(木) 15:58 | URL | すずき #-[ 編集]
No title
この素晴らしい伝統文化をもつ日本と比して
世界はあまりに野蛮で、ずる賢く、醜悪ですね。
2010/12/09(木) 15:54 | URL | #-[ 編集]
【中井氏非礼発言】国会の事務所に血判付き抗議文 脅迫視野に捜査 警視庁
【中井氏非礼発言】国会の事務所に血判付き抗議文 脅迫視野に捜査 警視庁
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101209/plc1012091317012-n1.htm
同署によると、8日午前11時ごろ、東京都千代田区の
衆院議員会館内の中井氏の事務所で、郵便物を仕分け
していた秘書が、封筒に入った抗議文が届いているのを
発見した。同日午後、同署に届け出た。

【関連情報(動画)】
テーマ:皇室への暴言まで・・・菅政権は国賊だ!!
http://www.choujintairiku.com/mezame/mezame008.html

日本の国柄を侮辱する重大ニュースを隠蔽して捏造暴
行事件の報道解説にうつつを抜かす、支那人や朝鮮人
の支配する反日売国テレビ局・マスコミを徹底的に糾弾
しよう。
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2010/12/09(木) 15:43 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
続けてすいません
花うさぎさんのblogで

カルタゴの話は 確かに身につまされます

ですが、私たち日本人には 《天皇》がおられます

日本の心は、《天皇》がまとめてきた

アメリカが憲法にしなくとも、私たちの心は《天皇》にあり、《天皇》は私たち 日本国の象徴、日本人の魂なのです

だから、私たちは カルタゴのようにはならない

決して!

させない!!


失礼致ましたm(_ _)m
2010/12/09(木) 15:13 | URL | マカロン #-[ 編集]
だから、これからは、その時の為に
ソ連からロシアに戻っても民族性は変わりません。まして、支那、朝鮮人においておや。
二度とこのような仕打ちを日本人が受けない為に、クーデターを起して「憲法」を停止し、自衛隊を国軍として、陛下にお返しする必要があるのです。
北チョンのようなカスみたいな国が、アメリカ相手に互角の外交交渉が出来るのは、核を持っているからです。
日本には、最低でも四隻の核ミサイル搭載の潜水艦が必要です。
怨みは絶対、晴らさねばなりません。
2010/12/09(木) 13:55 | URL | 歩三・安藤大尉 #-[ 編集]
国境を知らない子供たちへ
屠殺に慣れた民族には特に用心すること。私が子供のころ家で鶏やアヒルを飼っていましたが、一度もその屠殺の場面を見た記憶がありません。
2010/12/09(木) 13:47 | URL | #-[ 編集]
おぞましき血は根絶やしに!
他blogコメにもあるのですが、やたら電車内が臭いと思いませんか
昔は(20年前位まで)夜に ビールに餃子などを食べたね のオジサンが乗り込み、みんな顔をしかめる程度だったのが、朝から まともに ニンニク臭!!
体に染み付いた、いやらしい、おぞましい、汚ならしい民族の臭い…
隣に在日創価一家が住み、嫌がらせをされているので、在日集ストに遇ってますが、ネットで騒がれていた 集団ストーカーは 在日シナチョンカルト宗教の連中だと 私はハッキリ分かりました
暇な在日をまとわりつかせている隣人在日も、朝10時から焼肉!(爆)

通勤では車両を変えたり、何本が遅らせたりしますが、毎日のように見る同じ顔、同じような服装…
「在日だ」「朝鮮人だ」呟いてやります

職場では「気をつけなよ」と心配してくれますが、それこそが腹立だしい

ここは 日本で、日本人の国なのに、頭のオカシイ奴等がでかい顔し、ナリスマシ日本人になって嫌がらせする…

日本人同士なら 仕方ないが、害虫特亜人に何で日本人が気をつかわなくちゃいけないのか!

在日特権 通名をまず止めさせましょう!

ねずきちさんの話は涙無くては読めません…
2010/12/09(木) 11:11 | URL | マカロン #-[ 編集]
ゴミに埋もれた支那の都市
ゴミに埋もれた支那の都市
http://tt.mop.com/read_5327019_1_0.html
(画像)
これがGDPが日本を追い越し、世界2位に迫ると報じら
れている中国の実相でしょうか?ね・・・まさに中国経済
は噴火口上に花咲く虚構の楼閣だと思います。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2010/12/09(木) 10:53 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
合掌。
【「勲を語らなかった零戦の英雄を悼む」】
(「諸君! 2006 2月号」佐々淳行 著)

=========
平成17年(2005年)11月25日、ノーベル工業株式会社会長・志賀淑雄さんが91歳の波瀾に満ちた生涯を終えた。

志賀さんは日本海軍史にその名を残す零戦の飛行隊長で、敗戦により価値観が崩壊した戦後の日本では忘れられた英雄だった。

始めて志賀さんに会ったときの驚きを、筆者は今も忘れない。
彼を紹介してくれたのはスイス・エリコン社の日本代表、英国籍のサビエル・小池氏(故人)だった。
志賀さんは、中肉中背の、礼儀正しく穏やかで謙虚な中年紳士という印象だった。
渡された名刺を見て首をひねった。志賀淑雄?聞いたことがある名だ。共産党幹部に同名異人がいるな。まてよ、もしかして太平洋戦史によく出てくるあの有名なゼロ戦乗りか?

「失礼ですが、もしかしてハワイ空襲の空母『加賀』のゼロ戦制空隊長の志賀さんですか?」とたずねてみると、「ハイその志賀でございます。こうして生き恥をさらしております」という返事が返ってきた。

戦史上、筆者の知っていた志賀淑雄海軍少佐は、鹿児島出身、海兵六十二期、旧性四元、源田サーカスとよばれた海軍戦闘隊の超エースの一員。

ハワイ空襲以来「加賀」「飛龍」「隼鷹」「信濃」と四隻の空母の分隊長又は飛行長として徹頭徹尾太平洋のあらゆる海空戦を最前線指揮官として戦い抜いた。

とくに南太平洋海戦では三回も攻撃隊指揮官として出撃し、最期は沈みゆく米空母の上を超低空で航過し、艦番号を自分の目で確かめて、それが「ホーネット」であることを報告した英雄だった。

(中略)

気性の烈しい軍人だったようだ。
麾下の零戦隊から特攻隊志願者を差し出せと高級幕僚が命令してきたのを断乎拒否し、「どうしてもというなら私が征く。その時は参謀長、貴官も私と一緒に征け」とくってかかり、辟易した参謀は尻尾を巻いて引き上げたというエピソードもある。

(中略)

「なぜ戦後航空自衛隊に入らなかったのですか?」と訪ねると、
「多くの部下を戦死させました私の出来ることは、彼らの菩提を弔うことと、生き残った戦友たちや戦死者の遺族たちの生活の面倒を見る事です。
空戦中、敵機に後ろに廻り込まれてあわや撃墜されるかと思ったとき、列機が間に割り込んで庇ってくれ、被弾炎上したその零戦の搭乗員が私に挙手の礼をして墜ちていきました。
その姿が忘れられません」という答えだった。

部下に殉職者を出した経験のある筆者には、数限りない修羅場をくぐり、地獄をみ、多くの部下同僚を戦死させた志賀さんの菩提遁世の心境はわかるような気がした。

戦争がなくなった戦後でも、日夜命がけの任務を遂行している
警察官の身の安全について志賀さんの力の入れようは尋常ではなく、利益を度外視して警察のニーズに対応してくれた。

筆者が後藤田警備局長(当時)の特命で ケネディ暗殺事件調査と要人警備体制の研究のため訪米したとき、フーバーFBI長官にお土産として持参した伸縮式特殊警棒は、志賀さんのノーベル工業製のものだった。

(中略)

警察官たちを凶弾凶刃から護る最期の護身装備である防弾・防刃チョッキ、初期の爆発物処理器材などなど、志賀さんが研究開発した警察装備は数々あった。

だが、枯淡の心境にあった志賀さんは、いざ量産、やっと儲かるという段階になると実に爽やかに大企業に儲けの機会を譲ってしまい、筆者らはそのあまりな無欲さぶりに歯がゆい思いをしたものだ。

謙虚な人柄だった。ある時、「志賀さん、零戦の星として四年も最前線で戦い抜いたんですから、さぞ沢山敵機を撃墜したでしょう。撃墜記録は何機ですか?」と聞いてみた。

答えは「単独撃墜は六機でございます。あと協同撃墜はもっと多うございます。ある程度撃っておいて、まだ撃墜記録のない新参の列機に墜させるんでございます」

これには筆者は恐れ入った。

ハワイ空襲、ミッドウェイの支援作戦だったアリューシャン作戦、珊瑚海海戦、南太平洋海戦等々艦上戦闘機零戦の分隊長、飛行長を四年間第一線の艦隊勤務で、最期は松山の柴電改第三四三飛行長として、勝ち誇る米高速機動部隊のパイロットたちをして「日本にまだこんなに強い戦闘機隊が残っていたのか」と驚嘆せしめた志賀淑雄少佐のことだ。
撃墜五十機といおうが百機といおうが、流石「源田サーカス」の列機だった名パイロット、当然のことと世人は納得するだろうに、「六機」ときた。

この人は「本物だ」と思ったものだった。

(略)

筆者は日本のために戦い、大空に散った空の勇士たちを代表するにふさわしい人を招いてよかったと目頭が熱くなった。

昭和史の語り部志賀さんは、遂に勲を語ることなくこの世を去った。志賀淑雄さん、どうぞ安らかお眠りください。

=========
2010/12/09(木) 10:26 | URL | 共通一次世代 #HfMzn2gY[ 編集]
子供たちに教えるべきは自分たちの命が多くの命を賭けた人たちによって守られているということ
穴沢大尉の記事のコメント欄に書かれた「無名」さんの内容と同じ気持ちを、私も昨晩ニュースZEROを見て感じました。非常に複雑な思いがしました。

「命の大切さ」「戦争の悲惨さ」は「広島、長崎」でも充分刻まれます。いまも子供たちが殺される事件が起こったとき、学校は子供たちに「命の大切さ」を教える。でも命の大切さはみんな解っているはずです。

あの北朝鮮のような気の狂った、異常な人間がこの世の中にはいる。次に教えるべきはそれらから自分の命を守るにはどうしたら良いか。そして多くの命を守るためにはどうすべきか。これがすっぽり抜けてしまっている。

また、昔、狂人の集団から日本を、日本人を守るために戦ってくださったのが英霊の方々であること。自分の命を賭けて守ろうとしてくれたこと。いまの自衛隊の方々も同じく日本を守ってくれていること。

自分たちの命がどんな人達の努力のお陰で守られているか、どれほど命がけで守っていただいているか、それを教えることが重要だと感じます。

仙谷の「暴力集団」という言葉は、本当に許せません。
あの言葉は国を守るために命を賭ける人たち全てを冒涜した言葉だと思います。即刻議員辞職すべきだと思います。

2010/12/09(木) 10:24 | URL | 共通一次世代 #HfMzn2gY[ 編集]
書籍について
おはようございます。ねずきちさんのブログを毎日読むのが日課となっております。今日のブログ文内で「天皇さまが泣いてござった」から引用、となっていたので、ぜひ読みたいと思い検索してのですが出てきません。慧燈財団のHP(http://etou.thaijp.net/)までは行き着いたのですが。もう絶版になっているのでしょうか?
2010/12/09(木) 09:13 | URL | 球出しおやじ #cBDQp4Os[ 編集]
毎朝の更新有難う御座います。
ねずきちさんにお願いが有ります。
その1 携帯では全文表示しきれず最後まで読めない事が有ります。改善して頂きたいです。
その2 「博士の独り言」のように「ねずきちのひとりごと」も書籍化を希望します。親戚・縁者に配布するつもりです。学校の教科書には何も期待出来ません。
2010/12/09(木) 07:39 | URL | チェルノブ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

捏造された我が国の歴史教科書・・・

☆陸前高田市に行って来た。 親戚が入っている仮設住宅を問うたら、知って いるけど、個人情報なので教えられないと総合 案内所の職員がお茶をススリナガラ言いやが ったw!この、個人情報保護法なるもの何とかな らんのかいな!!不便極まりない。結局近くの職 員が調...
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓

↓好評発売中↓




ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク