アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


「学ぶ」ということ

人気ブログランキング
←はじめにクリックをお願いします。

清流写真


「致知」のメルマガに載っていたお話が、日心会MLで紹介されました。
とても素晴らしいお話でしたので、ここでもご紹介したいと思います。


ちなみに「到知」というのは、日本的人間学を追究する出版社で、月刊誌「到知」を発行しています。
ご興味のある方は、↓へ。
http://www.chichi.co.jp/

~~~~~~~~~~~~~
【縁を生かす】

その先生が五年生の担任になった時、
一人、服装が不潔でだらしなく、どうしても好きになれない少年がいた。
中間記録に先生は少年の悪いところばかりを記入するようになっていた。

ある時、少年の一年生からの記録が目に留まった。
「朗らかで、友達が好きで、人にも親切。 勉強もよくでき、将来が楽しみ」
とある。
間違いだ。他の子の記録に違いない。先生はそう思った。

二年生になると、「母親が病気で世話をしなければならず、時々遅刻する」
と書かれていた。

三年生では
「母親の病気が悪くなり、疲れていて、教室で居眠りする」

後半の記録には
「母親が死亡。希望を失い、悲しんでいる」
とあり、四年生になると
「父は生きる意欲を失い、アルコール依存症となり、子どもに暴力をふるう」

先生の胸に激しい痛みが走った。ダメと決めつけていた子が突然、
深い悲しみを生き抜いている生身の人間として自分の前に立ち現れてきたのだ。
先生にとって目を開かれた瞬間であった。

放課後、先生は少年に声をかけた。

「先生は夕方まで教室で仕事をするから、あなたも勉強していかない?
 分からないところは教えてあげるから」

少年は初めて笑顔を見せた。

それから毎日、少年は教室の自分の机で予習復習を熱心に続けた。
授業で少年が初めて手をあげた時、先生に大きな喜びがわき起こった。
少年は自信を持ち始めていた。

クリスマスの午後だった。少年が小さな包みを先生の胸に押しつけてきた。
あとで開けてみると、香水の瓶だった。
亡くなったお母さんが使っていたものに違いない。
先生はその一滴をつけ、夕暮れに少年の家を訪ねた。
雑然とした部屋で独り本を読んでいた少年は、気がつくと飛んできて、
先生の胸に顔を埋めて叫んだ。

「ああ、お母さんの匂い! きょうはすてきなクリスマスだ」

六年生では先生は少年の担任ではなくなった。
卒業の時、先生に少年から一枚のカードが届いた。
「先生は僕のお母さんのようです。
そして、いままで出会った中で一番すばらしい先生でした」

それから六年。またカードが届いた。

「明日は高校の卒業式です。僕は五年生で先生に担当してもらって、
 とても幸せでした。おかげで奨学金をもらって医学部に進学することができます」

十年を経て、またカードがきた。
そこには先生と出会えたことへの感謝と父親に叩かれた体験があるから
患者の痛みが分かる医者になれると記され、こう締めくくられていた。

「僕はよく五年生の時の先生を思い出します。
 あのままだめになってしまう僕を救ってくださった先生を、
 神様のように感じます。
 大人になり、医者になった僕にとって最高の先生は、
 五年生の時に担任してくださった先生です」

そして一年。届いたカードは結婚式の招待状だった。

「母の席に座ってください」

と一行、書き添えられていた。

・。。・゜゜・。。・゜・。。・゜゜・。

本誌連載にご登場の鈴木秀子先生に教わった話である。

たった一年間の担任の先生との縁。
その縁に少年は無限の光を見出し、それを拠り所として、それからの人生を生きた。
ここにこの少年の素晴らしさがある。

人は誰でも無数の縁の中に生きている。
無数の縁に育まれ、人はその人生を開花させていく。
大事なのは、与えられた縁をどう生かすかである。

~~~~~~~~~~~~~~~

人に対する好悪の感情というのは、これは否定できないものです。

誰しも「気の合う人」もいれば、どうにも「気に入らない奴」というのもいる。

ただ、これだけは思うのですが、おかしな奴、へんな奴、嫌な奴であっても、なにより自分自身のために、あるいは国家のために、公のために、学ぶべきは学び、捨てるべきは捨てる。それでいいと思うのです。

もし、今日ご紹介した担任の先生が、その少年の「服装が不潔でだらしなく、どうしても好きになれず」、「少年の悪いところばかりを見る」ということ「だけ」を続けていたら、もしかすると感応妙で、そうした担任の心が他の同級生の生徒達に伝わり、それが生徒間の陰湿なイジメに発展し、徹底したその少年への誹謗中傷に結びつき、その少年は自殺に追い込まれ、問題を起こした先生は、教職の道を閉ざされ、同級生たちは仲間への殺人を一生抱えて生きるという不幸な事態を招いたかもしれない。

ところが、担任が少年のすごさに気がついたことで、少年に対するイジメもなく、彼は真剣に勉強に打ち込み、医者となって、こんどはさらに数多くの人たちの命を救うようになった。

人が人を評価する、判断するというのは、日常的にとっても軽はずみに行われています。
あいつがどうだ、こいつがどうだ。

そしてネットの世界では、その匿名性から、どこの誰ともわからない人が、特定個人をまさに「血祭りにあげる」ということが行われたりもします。

教室では、陰湿なイジメが、あたりまえのように繰り返され、子供の自殺まで招いている。

こうしたことが起こる背景のひとつが、「評価」するという概念にあるのではないかと思います。

なんでもかんでも、あたりまえのように、誰もが「評価」する。
あれがいい、これがいい、あれが悪い、これが悪い、いいか悪いか、好きか嫌いか、正しいか間違っているか等云々です。

歴史に対する姿勢もそうで、たとえばインパール作戦は正しかったのか、間違っていたのか、牟田口中将は利口者か大まぬけか、などなど、右か左か、上か下か、正しいか間違っているか等の二元論で「評価」する。

そしてその「評価」のために情報を集め、集めた情報でみんなが「評価」ばかりしている。

今日のお話の担任の先生も、最初、その少年の「服装のだらしなさ」を「好きになれない」と「評価」し、少年の「悪いところばかり」を「評価」しようとしていた。

ボクは、そういうところに現代日本の陥穽(大きな間違い)があると思うのです。

たいせつなことは「評価」ではなくて「学ぶ」ということだと思うのです。

少年を上から目線で「評価」するのではなくて、「少年から学ぼう」とする姿勢があれば、はなから「なぜ少年の服装がだらしないのか」という疑問に行き着きます。

担任は、その疑問を解いて行ったから、少年の身の上がわかった。
そして「少年に声をかけ」、「放課後一緒に勉強する」という「行動」が生まれ、少年の成長が生まれた。

要するに「評価」からは何も生まれず、生まれないどころか、人を貶めたり、中傷したり、嫌いな人物を切り捨てたりと、ろくなことが起こらない。
なぜなら、それは上から目線であり、「評価」するということ自体が生意気で傲慢なものであるからなのではないかと思うのです。

一方、「学ぶ」という姿勢からは、積極的かつ前向きな「行動」が生まれ、発展があり、成長がある。

戦後教育を受けてきた私たち日本人は、ともすればなんでもかんでも「評価」ばかりしようとする傾向があります。

テレビをつければ、なんでも鑑定団。
雑誌をひらけば、ランキング。
そんなのばかりです。

そこに、謙虚に「学ぶ」という姿勢はどこにもない。
あるのは「評価」ばかりです。

そして学ぶことを忘れた日本人の民度は下がり、いまや日本人の民度は、かつての支那、朝鮮なみに落ちているという人さえいます。

ちなみに、まったくどうでもいいことですが、ボクはこのブログを通じて、いろいろなお話をご紹介させていただいています。

けれども、これを書くことで、おそらく読んでいただいているどなたよりも、ボクが一番、先人たちに勉強させていただいている。

すごいとしか言いようのない先人たちを学ぶにつけ、自分自身に対しては反省することばかりです。

ですから、このねずきちブログは、ボク自身の勉強ノートです。
それを公開している。
それだけのことです。

たまに、読者の方でねずきちさんはすごいとか言ってくれる人がいるけれど、それは違います。間違っています。
ボクは、自分が先人たちから学ばせていただいているだけです。
すごいのは先人達であって、自分ではない。
そこを勘違いしたら、その瞬間に、ボクは、ダメ人間になる。

謙虚に、まじめに「学び」、それを「つたえる」。
そうすることで、命を削って偉業をなした先人たちの歴史を風化させず、彼らの命を、名前を、現代によみがえらせることができるかもしれない。

だから、これからもボクは、先人たちから、「学び」続けようと思います。

「評価」をする気は、一切ありません。
「評価」は、すればするほど、人の心から謙虚さを奪い、人の心を暗く陰湿にし、人を傲慢にする、そんな気がするからです。

すみません、せっかくの到知の良い話を、ツマラナイお話で汚してしまったようです。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

東郷平八郎閣下 軍人勅諭所感


日本の心を伝える会 日心会
関連記事

コメント
No title
最初に読んだ時は正直出来過ぎた話(完成度の高い話)だと思いました。それほど物語がすんなりと入ってきました。今回はねずきちさんの話が加わって二重に目頭に効きます。私は場末のブロガーをして、器量なしの評価体質に陥っていまので、それだけに後半のメッセージは胸に来ます。
2010/12/31(金) 05:06 | URL | togyo #-[ 編集]
No title
ねずきちさんが仰りたいこと分かる気がします。

しかし現在の鈴木先生って何万分の一の先生ですかね。

正直乾いた笑いが出て来ました。

現在で鈴木先生の様な方なんて出会った事も無いし、居る
とは思えませんね。
2010/12/31(金) 00:07 | URL | 名無しさん@2ちゃん #-[ 編集]
年の瀬に心温まる話しに感動!!!
心が温まると同時に感動で胸が熱くなる程に素晴らしい話でした。
私の母は戦後の混乱期に教鞭を振るい、時々教え子の話を聞かされたものでした。

更新記事を読む進む内に若くして病没した母の面影が何等の脈絡も無く浮かび、亦小、中学校時代の懐かしい思い出に包まれました。

感動深い逸話の御紹介!・・・真に有難う御座いました。

良い年お迎え、更に来年も国思う心情あふれる鯖らしい更新記事で、ブログ益々の隆盛を祈願致します。 
2010/12/30(木) 23:45 | URL | 小山圭介 #-[ 編集]
評価(することは)必要
評価(する)・・・って、漠然とした言葉なので、説明しにくいのですが・・・人が伸びていくためには、必要なことではないでしょうか。間違ってはいけないのは、評価者や本人・他人が、低い評点(者)を、悪い、能無しと言った感覚でみることだと思います。
 「本人の能力はこの段階にあります。それぞれに更に頑張りましょうね。」と激励し、努力させるためのみきわめをすることが、評価する、ということではないでしょうか。
従って
>日教組の・・・・運動会ではかけっこで手をつながせて誰もがびりにならないようにする・・・
などということは、とんでもないことである、と思います。
2010/12/30(木) 23:25 | URL | やっちゃん #6AQQ/9q6[ 編集]
No title
このお話は私も聞いたことがあります。
色々と考えさせられる話だと思いました。
そして親戚から昔言われたこと
「賢者は愚者に学び、愚者は経験に学ぶ」
という言葉。

愚者は経験して学び、賢者はその失敗を見て学ぶという事らしいです。
ただ、それだけではあまりにも傲慢な例えになってしまうので私なりに考えました。

つまり失敗してくれる人は、自分のために失敗して見せてくれているということ。
だからバカにするのではなく、そういった失敗の仕方もあるんだと謙虚に学ぶ事が大事だと思いました。
失敗をしてくれる人は先生であり、心の中でコッソリ感謝をしています。
2010/12/30(木) 23:18 | URL | 夜 #5GNoC3ss[ 編集]
No title
私は評価は悪くないと思います。積極的にすべきだと思います。ただし、評価する前に知ろうとすることが大事。

よく知りもせず悪く言ってはいけない。気に入らないからといって切り捨ててはいけない。たとえ気に入らなくとも、その言葉に耳を傾け、その言動の意味の理解に努め、ありのままを理解した後に、良いところも悪いところも評価する。良ければ良い評価を、悪いところには悪い評価を。そして、評価を受けた側は良いところを伸ばし、悪いところは直す努力をする。人から良い評価をしてもらえるようになる為に。そのようにすべきではないかと私は考えています。
2010/12/30(木) 22:38 | URL | sadatajp #me3Qc0Q.[ 編集]
No title
本日のお話、非常に大切な事と感じました。


評価と学ぶ事、たぶん、どちらも切り離せないものなのでしょうけど、あの事業仕分けみたいな「評価」は傲慢で無意味ですよね。

「何の為の評価か?もしくは評価のみで、謙虚に学ぶ事を忘れていないか?」みたいな感じでしょうか?


ちょっとうまく言い表せません・・
2010/12/30(木) 20:17 | URL | #-[ 編集]
ありがとうございます
 今日は、もう、ただ、うれしいとしか言いようがありません。
 こういう話、というより「誰からでも、何からでも学ぼうとする謙虚さ」こそが日本人の特質、と再確認させていただいたからです。
2010/12/30(木) 19:06 | URL | SR400 #-[ 編集]
No title
ねずきちさんの言わんとするところはよくわかります。
しかし評価しないということは非常に危険な側面を持ち合わせています。
たとえば日教組の教育方針です。彼らは評価することをきらい運動会ではかけっこで手をつながせて誰もがびりにならないようにする。
これは人間をひ弱にしひいては民族を弱体化させます。

人間は本質的に評価を望んでいます。そこから意欲が生まれることもある。
社会の発展もある程度こういった意欲によって支えられると思います。

でも理想社会というのはある面表裏一体の部分があって、共産主義もそのなかに魂が注入されれば非常に理想社会に近いものができるということを考えれば評価するしないもある面その背後にある魂的なものによって大きく変わるのかもしれません。
要は他者を謙虚な眼差しで見なければ真実は見えてこないということなんでしょう。
2010/12/30(木) 17:34 | URL | 杜若 #He.JWYoo[ 編集]
ニートや就活中の若者いる世帯に「無職税」
信濃毎日新聞のWEB上に載っています。
彼らは弱者の味方ですらないようです。
2010/12/30(木) 15:09 | URL | すずき #-[ 編集]
No title
本日も良いお話をありがとうがざいました。ただしこのお話しの現場である小学校は少なくとも20年以上前の出来事であり、それゆえに現在の厳しさが感じ取れます・・というのは、恐らくその同時代、私の愛娘も陰湿な“いじめ”にあい私の武道を通じ鍛えられ“個人として強かった”から数年を耐え、中学3年最後の学期に至って“勝利”した経験を持つからです。“いじめの克服”は千差万別ですが・・無骨者の私としてはこの方法しか思いつきません。参考までに・・
2010/12/30(木) 12:05 | URL | 元組合活動家 #-[ 編集]
No title
素晴らしいお話を紹介していただきありがとうございます。
ここしばらく色々な事があり、自分的に落ち込み傾向が強くなっており、年末の慌ただしさにかまけてろくに勉強もせずにいました。ただ在日という事を勉強してみました。許せない韓国!事なかれの日本に歯がゆい思い!等が鬱積してました。このお話で改めて人との縁、上からの評価でなく人と対峙する。日本人として忘れてはいけない事だと思いました。

ただ韓国、中国人とは対峙しても?という思いがありますが、、
2010/12/30(木) 12:00 | URL | Butubuti #-[ 編集]
語るに落ちる
御料マンmkⅡさん

なるほどですね、でもね、担任になる時に記録に目を通すかもしれませんが、その時には本人と記録が結び付かない、、、例えドラマチックでも。

多くの記録に目を通す一連の流れの中で本人を知りもしないでドラマに感動できるとすれば、そのような方は感受性過多で先生には不向きかも知れません。

本人と対峙して、本人に対する好悪の感情が芽生えて改めて記録を見返した時に初めて原因を探り、対策を見出すためにこの記録が生きてくるのではないでしょうか?

そして行動を起こすこと。

貴方の言われる通りフィクションかもしれませんが、ノンフィクションである可能性もあります。大事なことはここに示されていることの意味を正しく見出すことでしょう。

>私も中国人や朝鮮人の評価はやめようと思います。

語るに落ちるとはこのことですよ。

中国人や朝鮮人のことについて評価する必要は有りません、彼らの今に連なる歴史的真実を知れば十分でしょう。




2010/12/30(木) 10:49 | URL | 基準点 #oClLaHTE[ 編集]
信頼される人、信頼できる人
長くかかってもいいので「信頼される人」になりたいと思います。
子供たちにもそうなってほしいです。

これからも学びたいと思います。
2010/12/30(木) 10:22 | URL | 共通一次世代 #HfMzn2gY[ 編集]
No title
まあ、フィクションでしょうけど、いい話ですね。
(この手の記録は担任になった段階でまず最初に目を通しますし、こんなドラマチックな経歴をうっかり忘れてるようじゃ小学生の担任は務まりませんし)
私も中国人や朝鮮人の評価はやめようと思います。
2010/12/30(木) 08:36 | URL | 御陵マンmkII #/d4JJU.o[ 編集]
No title
うん!
そのとおり!

目からウロコが落ちたような気がします。

人が人を評価する時、どうしても上から目線で物事を観がちですね。
人を評価できるほど、私は偉くはありません。
そう思いながら生きてはいますが、どうしても許せないが、

粗にして野にして卑である、朝鮮人シナ人。

粗でも野でもいいが、卑なる人間にはなりたくない。

それこそが、日本人たるの矜持です。
2010/12/30(木) 06:22 | URL | 御陵マン #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク