アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


中国人の語る中華思想

人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

長野五輪で兇徒と化した中国人


digi-logというブログがあり、すこし古い記事なのですが、2008年3月17日の記事で「中国人の語る中華思想とは」というタイトルがあります。

http://digi-log.blogspot.com/2008/03/blog-post_17.html

西洋人から見たら、支那人も日本人も区別がつかないという、その支那人のものの考え方が、以下の文章に、よく出ています。

たいへんショッキングかつ参考になるものと思いますので、以下に全文引用してみます。

~~~~~~~~~~~~


十代の最後の頃、中国人の集まりに、やめとけばいいのにモンゴル人の友人を招いたことがある。

モンゴルからの友人は当然のように中国は内モンゴルを「返還」すべきだと言う。
一方の中国人は猛反対し激しい論戦になった。

*

大学生のときに住んでいた寮の半分くらいは中国人で、私はよく彼らと酒を飲んだ。

彼らはすぐに日本の戦争責任を追求するし、東アジアにおける中国の覇権について話していた。

彼らは結構普通に
「日本も中国の一部です」
と言っていた。

私は、まあ幾分かは困りながらも、そういう話になると熱くなるタイプだったので日本の正当性を訴えたり、逆に謝ったりしたものだった。

そもそも半分くらいの中国人は日本語を話さなかったし、私も私で英語で上手く話せなかった。

それに中国人の人名を中国語風の発音できないのだから、細かい話なんてできるわけがなかった。

まあ、それでも異文化交流として楽しかった。

知性ある彼らが中国の教育とメディアに「汚染」されてるなぁと思って、私は彼らにそう言った。

そして逆に彼らは私が日本の教育とメディアに「汚染」されてると責め立てた。

NHKの7時のニュースを見ながら

「報道が歪んでいる」
「いや歪んでんのはあんたらだ」

とか言い合いながら、私たちは野菜炒めをつまんでビールを飲んだ。

*

そんなこんなで中国人の攻撃性には私自身は慣れていて、モンゴル人は一見きわめて温厚に見えたのでまさか喧嘩になるとは思わなかった。

モンゴル人は一見温厚だが怖いところがある。

これは個人差とか性格ではなく、教育の差、文化の差なのだろうと感じる。

彼らは普段は大人しく、驚くほど素早く異文化を吸収する。
彼らはどの国の留学生よりも日本語を上手く話し(単に言葉が近いからなのだろうか?)、日本の風俗も柔軟に受け入れていた。

しかし、心の底に強いプライドがあるのを時に驚きをもって感じ取ったことが何度かあった。

彼らには自負があるからこそ温厚に振舞い、それでも誇り高く、したたかに自分の目的を達する民族なのだと言う印象を受けた。

モンゴル人の部屋には、チンギス・ハンの肖像が貼られていて、かつての大帝国に想いを馳せているのは疑いようも無いとおもう。

*

で、そんなモンゴル人に中国人はさっぱりと

「モンゴルも中国の一部になった方がよいですよ」

と言うのである。


あせった。

確か挨拶と自己紹介の次くらいだった。

普通、そこから話を始めるか? 

こんな心配をよそにリーさんはにこにこと話しつづける。

「中国」は民族概念ではなく、文化概念であり、皆が中国になるのが幸せなのだという。
民族を超えて幸せになる原理が中華らしい。
内蒙古の人たちも中国の一部になって喜んでいるのだという。


モンゴル人はそういう中国人を信用していない。

「そう言ってチベットのようにしてしまうつもりだろう」と言う。

モンゴル人は中国人がチベット人の土地を奪い(漢民族や回教徒の入植)、宗教を弾圧、更には民族浄化をしているではないかと訴える。

中国人は平然と答える。

「中華は民族概念ではないので、中華は漢民族の利益の問題ではない。
事実、異民族王朝は必ず中華となる。

フビライ・ハンだって中国にきたら元という形で中華になった。

漢民族が多民族を中華にしたことはない、全ての民族は本質的に中華になりたいのだ」
という。

中国人は続ける。

「だから、チベット人だって中華になりたいのだ。
しかし、その障壁として全時代的で非科学的な迷信があるので、中華はチベット人を解放しているのである。
民族も宗教も解放されるべきものだ」


というわけである。


「しかし」とモンゴル人のオトゴウは反論する。「

それぞれの民族に固有の価値観があってしかるべきではないか。

中華が幸せであるというのは中華の側の視点でしかなく、チベット人が自分の民族としての文化を持ち、宗教を営むことを止める権利はあるのか。

それは中華の驕りではないのか」

*

「昔、こういう話ありました」と平行線の論争の後で、リーさんは物語りを始めた。

「ある異民族が中華に敵対していました。
勿論、中華はその民族、攻撃しません。
攻撃する必要ありません。
人は幸せになりたいのであり、中華になりたいのですから。

しかし、その民族の王は民衆を抑圧していました。
民は苦しんでいました。

迷信と妄想がその国を支配していました。
民衆を解放することが天命であり、革命のときは近づいていることを、私たちは知りました。

時は来て、異民族の王は中華に挑みました。
そして敗れました。
その王は捕らえられました。
王は殺せと言いました。

でも、私たちはその王を殺しません。
王は隙を見て逃げてゆきます。
私たちは追いません。

異民族王は再び兵を集め、私たちに挑みました。
そして、再び敗れました。
そして、捕らえられました。
今度こそ王は殺されると思いました。

でも私たちは殺しません。
逃がしてやりました。

そして三度目、異民族の王は再び兵を集めました。
兵は僅かしか集まりませんでした。

王はそれでも私たちに挑みました。
そして敗れました。
私たちは王を捕らえ、また逃がそうとしました。

王は逃げませんでした。
王は跪き、こう言うのです:

どうか私を中華にして下さい
あなた方の一員にして下さい

王は役人となり、男には仕事が与えられます。
女は豊かな中華の男に嫁ぎ、子供には高度な中華の教育が与えられるのです。

これが中華です。
これが中華の徳なのです」

*


たしか、こんな話だったと思う。細かいところは忘れた。

話し終わり、満足そうな顔をしている中国人に、その温厚そうなモンゴル人は殴りかかった。

本当に素早かった。

それでも中国人が5、6人で、日本人が私だけで、モンゴル人は彼だけだった。

モンゴル人はすぐに取り押さえられた。

そして、彼はそのまま立ち去った。

「お前らはそうやって『あたかも戦争をけしかけられたかのように』戦争をけしかけ、人の文化も歴史も、土地も血の流れすらも奪い去るんだな! 大国のやることはいつも同じだ」

のちにオトゴウは、
「あんなに腹の立つ話をきいたのは初めてだ」と語った。

*

中国人は話を続けた。

「ですから矢野さん、民族や宗教、これ人を幸せにはしないのです。
暴力を生むだけなのです。
優れた文化だけが、人を幸せにするのです」


「いやいや、ありえないっしょ」と私は反論した。
「もうちょい感情ってのを考えたらどうよ? 
それに中華が優れてるってのも押し付けじゃない?」

「中華は優れていなければなりません。逆にいえば、優れてなければ中華ではないのです。
誰もがいいと思うからこそ、誰もがそこを憧れるからこそ中華なのです。
そうした高潔な思想の前には、感情に流されることはあってはならないのです。
中華は個別の利益を超えた全民族の幸福を考えているのです」

「ちょっと待て、少なくとも、俺は中国人になりたくないんだけど」

「それはあなたが日本のメディアや教育に洗脳されているからです。
これは丁度あなたが私たちの教育やメディアを洗脳と思うのと同じです。
ただ、結論は見えているのです。
日本人は中華になるしかないのです」

「それって、中国に日本が侵略されるってこと?」

「違います。
日本が進んで中華に属したいと望むことです。
東アジアの平和はそれで実現しますし、それ以外には平和の実現はありません。
それに、今後、アメリカに見放されたあなたたちは、中華に属さず、一体どこで誰と生きてゆくつもりですか? 
矢野さん、すぐに分かります。
あなたたちは私たちを憧れるようになるのです。
この国の誰もが中華になりたいと思うようになるのです。
あなた達は近い将来、何も持たない哀れな民族になるでしょう。
私たち中華の繁栄を眺めるしかないのです」

「でもねえ。俺たちは怖いよ? しかも、強い。そうなったら、いやそうなる前に、俺たちはあんたらの国を襲うかもしれない」

「そんなことを言うから、あなたは小人なのです。
確かに切迫した日本は私たちの富を求め牙をむくかもしれません。
いいでしょう。
奪ってみなさい。
中華はそんなに小さな問題はどうでもよいのです。
半世紀前の教訓をいかさず、再び破綻した思想をでっち上げて、無駄に罪を重ねるつもりなのでしょう? 
それも良いでしょう。
中華のなすところは変わりません」

「今度はあんたらに勝つかもしれないよ?」

「また、あなたは小さいことを言う。
いいですか。
あなた方が戦争に勝ったとしたら、その瞬間に、あなた方が今度は中華になるのです。
中国史に異民族王朝が追加されるだけなのです。
それだけの話なのです。
中華に勝つには中華になるしかないのです。
あなた方は中華に敗れるか、自らが新たな中華の担い手になるかしかないのです。
中華思想は民族は関係ないのです」

「なんで? 日本は中国を支配しても日本だろう?」

「愚かな。
今の日本にアジアの覇権を握る能力はありません。
こんなことは分かりきっています。
世界中の人が知っています。
分かっていないのはあなた方だけです。
戦争に勝てても覇権を握れなければ抵抗により敗れ去る以外にはないでしょう。
まあ、それでも確かにあなた方は数十年程度なら蓄えた経済力と軍事力で勝利できるかもしれません。
しかし、自分勝手な論理と力だけでは覇権を握ることはできないのです。
私たちは百年先を見ています。
それも全ての民族の幸福を。
本当の平和を掴み取るには、あなたたちは中華になるしかないのです。
まあ、無理な話かもしれませんが」

「なんであんたらはそんなに自信があるんだ?」

「それは私たちが中華だからです。
私たちには中華の歴史があり、中華として生まれ育ち、中華であるべく努力をしているのです。
真に為すべきことを為しているのです。
矢野さん、日本人は何をしていますか? 
思想の無い民族に徳はなく、徳のない民族に覇権は握れないのです。
これが、思想の無いあなた達が覇権を握れない理由です。」

「俺たちが中華になる? 
中国人になるのか? 
そんな訳ないだろう。
俺たち日本人は日本人だったし、日本人なんだ」

「それは事実ではありません。
あなたたちは中国の属国でした。
中華文化圏という枠組みを一歩たりとも出ていません。
それが明治時代以降に西洋の影響を受けたために、中華文化から外れただけです。
ただ、その文明は他ならぬあなたたちにとってさえ居心地が悪い。
戻るところは中華文化の他にありません。
ただ、それは分からぬことでもありません。
私たちでさえ、一時は伝統を捨て去りました。
しかし、それも百年の計の一部だったのです。
世界に真の平和を築くために、中華は再び立ち上がるのです」

「あんたら、それ宗教だよ。
しかも、かなりヤバめの」

「過去に帝国を築いたことも無く、それが故に抽象思考の発展の無かった小国には分からないことでしょう(失礼、『大日本帝国』と『大東亜共栄圏』がありましたね)。
私たちには歴史と思想があるのです。
いいですか? 
文字面だけの歴史や思想ではありません。
そんなものに意味はありません。
本物の歴史と思想があるのです。
血の流れた歴史と思想だけが、人をひきつけるものです。
論争は無意味です。
結論は現実に出ています。
人々は中華に集まり、哀れな島国を見捨てるのです。
それが現実です。
しかし、安心してください。
私たちは日本を見捨てません。
寛大な中華は日本を許し受け入れるのです」

*

まあ、こんな感じで、日々、リーさんたちは自信たっぷりに中華思想を披瀝し続けた。

そんな「悪口」言われっ放しの集まりに、若いとはいえよく通ったものだった。

一つには、彼らの作る料理が抜群にうまかったからだと思う。
彼らは皆なぜかバラエティーに富んだおいしい料理を大量に作れた。
だから持ち寄ればパーティーを簡単に開ける。
常に余るほど作るので、私のタダ食いに嫌な顔を全然しない。
それどころか、話を聞き料理を食べることを大いに喜んでいたほどだった。

要は自国の文化がスタンダードな集まりでさえあれば、いつも客は十分にもてなすのだろう。

彼らはこうした食事会に様々に人を呼び合い、様々に情報交換と議論をしていた。
少なくとも中国人のネットワークの構築力だけは私は高く評価する。

そういえば美人な上海出身のお姉さんがたまにやってきて、その人に「だから日本人、ダメよ」とか言われてマゾ的に喜んでいるという側面もあった。

彼女は日本の都市銀に勤めていて、そういう中国人の視点から見た日本のダメさを私に訴えた。

異文化の美人にやや訛りのある日本語で、自分の文化や歴史を批判されるのはどことなく気持ちよい。

日本人の「まず褒める」というスタンスと異なり、中国人はまず攻撃というスタンスだ。

だから初対面の人は、必ず挨拶の次には様々な攻撃をぶつけてくる。

慣れないうちは面食らうが、これはそういう文化なのであり、いいとか悪いとかいう問題じゃないと思う。

それできちんと攻撃に対処し、不信感を拭えた人間に対してだけ、仲間意識を持つのだろう。

彼らの説得のロジックはおもしろい。

寓話や故事に基づくことが多いという特徴がある。

基本的に観客のいる状況での議論は、優位に話す時間の長さのパワーゲームになるわけで、長い逸話を話されるとそれだけで優位に立たれてしまう。

それに単純な概念による説得と違い、逸話というのは様々な解釈しなければ切り返しが出せないので、話を聞いた後に沈黙が生まれやすい。

具体的な物語、歴史的な逸話は抽象的な概念と違う説得力を持つものだと何度も味わった。

それに下手な解釈で反論したりすると

「ああ、あなたは歴史を知らない」となるわけである。

最初は中国人しか友人がいなかったのだが、そのうち、ドイツやイギリス出身の友人ができた。

そして、結局、彼らの西洋中心主義というか啓蒙主義というのも、中華思想と大して変わらず、逆にその点が面白かった。

やっぱり大陸の大国は違うものだと思った。

~~~~~~~~~~~~

引用は以上です。

いかがでしょうか。

中華側の話だけを聞いていると、なんだか彼らの言っていることが確信に満ちていて、素晴らしく正しいことのように見えてしまいます。

ところが、ロジックのひとつひとつをたぐると、そこここに嘘とはったりが混ざっている。

たとえば、中華には歴史と伝統があるという。

それって、どの歴史なのでしょうか。
中華人民共和国ができてからの歴史というなら、今年でわずか62年の歴史でしかない。

これに対し、日本の天皇は、歴史に表れているだけで皇統2700年という世界最古の歴史を持ち、しかも日本民族は、エデンの園よりも1万年も古くから火を使い、集落を営み、言語を持ち、土器を使って煮物をして食卓を囲む文化があった。

わるいけれど、支那よりもはるかに古い歴史と伝統をもっているのが日本です。

自分勝手な価値観の殻に閉じこもり、いたずらに他人を悪く言って批判し、「結論は出ています。人々は中華に集まり、哀れな島国を見捨てるのです。それが現実です」などと一方的に、自信たっぷりを装って人を見下してみせる。

ところがそれだけの歴史と伝統と文化性を主張する彼らは、実際には、地震が起こっても、その後の収奪や、人民解放軍と農家の撃ちあいで、80万人もの死傷者を出したりする野蛮人でしかない。

多くの日本人が、歴史を知らず、教えられていず、不安な毎日を送っているときに、いかにも確信に満ちたような表現で、自信たっぷりに嘘八百を並べ立てて、他国を貶めようとする。

それが中華の現実です。

目覚めよ、日本人!
中華に騙されるな!

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

アフリカ人 vs 韓国人+中国人 歴史認識編

↑この動画に、わけのわからない韓国女がでてくるが、いつまで日本はこんなバカな洗脳に付き合わなければならないのか。

日本の心を伝える会 日心会
関連記事

コメント
日本が鋼の国家であることを示せ
 中華北京が日本の兄だと腫脹するのであれば、それは中華王朝であり中国共産党ではなくなる矛盾があるように、理論の矛盾に満ち溢れているのが反日思想国家である。
 その中国の引き起こした南沙諸島問題から始まる対中華北京への東アジア島嶼国家絶対防衛権の設立を日本の主導の下、米国の力もかりながら台湾、フィリピン、ベトナムインドネシアと同盟し構築すべきである。中華北京の太平洋進出の野望こそがシーレーンをあげるまでもなく、日本の国力を損ないかねない生命線にかかわる事態であることは間違いないし、国際社会も望んではいない。
 世界統一民主主義政府など昔から言われ、情報化社会で国家機能の低迷(いわゆるボーダーレス化)が言われてきたが、そんなに簡単ではないことが分かってきたし、日本人もはやく気付かないといけない。
 民主党政権が誤ったのは中華北京に日本の意思をあやまった形でメッセージを送り続けたところ。メッセージは意思さえあれば軍事費よりもお金は殆どかからないのに間違ってしまった。
 従軍慰安婦もそうだ。河野・村山談話は永久に葬り去りたいが歴史のパーツとして、それを超克するしかないのだ。

2016/01/17(日) 02:16 | URL | 電力じじぃ #-[ 編集]
No title
全て賛成はできませんけど、すごく面白かったです。

そのリーさんも逆に冷静に掘ってみれば、なかなかのものですよ。
実に面白い深い話です。

中華の元の意味は世界の中心て意味です。
「あなた方は中華に敗れるか、自らが新たな中華の担い手になるかしかないのです。中華思想は民族は関係ないのです」は全ての大陸民族の伝統とも言える芯になる思想だと思います。

大陸民族は土地が繋がっているから常に争いが起きやすい環境である、いつか「王」が誰かに変わるのも日常事です。
大陸にいる「民」は飯を食わせてくれる「王」は良い王だと言う思想は普通であります。その「王」は誰であろうと、民族がなんであろうとそんなに関係はありません。
その辺は日本の島国文化のほうの思想が逆に世界的では少ない方かと思います。

実際周りの中国人からもなかなかそこまでの理論を言える人は少ないと思います。
周り他の中国人も居る中、あのリーさんは実際どういう意味で話をしてるかは本人しか分かりませんが、なかなかなもんです。
「メディアに汚染されてる」て所も当たってると思うし、面白い人物ですね。

読んでてよかった、勉強になりました。ありがとうございました。
2012/03/08(木) 14:45 | URL | #-[ 編集]
No title
今のシナ人はイナゴの様な民族です。日本人が尊敬している漢民族は、昔の漢の時代に滅亡しています。その後異民族の血が混ざりあってイナゴの様な民族に成ったのです。シナ人は歴史は無知です、本当の中国史を知ればいくらでもシナ人を論破出来ます。

 動画の武田先生のコペルニクスで、「中国は1500年占領国家だった。」「中国人との付き合い方」などを見ると、何故中華思想と言うメチャクチャな考えなのかが。、分かると思いますよ。   知識は力なり! シナ人と対峙する時に必ず役に立ちますよ。
2011/10/03(月) 03:15 | URL | よしあき #GnNgHaxA[ 編集]
孫子
はじめは処女のように振る舞い、ひとたび敵が門を開けば脱兎の如く攻め入る。これで敵に防ぐ策はない。
敵の領民をスパイに仕立てろ。
金を惜しんで敵の情報を集めないのは馬鹿だ。
死を覚悟して敵に偽情報を流せ。
まず敵の愛するところを奪え。
2011/01/23(日) 20:21 | URL | #-[ 編集]
「中国人の語る中華思想とは」
いつも貴重な情報ありがとうございます。

「中国人の語る中華思想とは」、ブログで引用させて頂きました。(http://blog.goo.ne.jp/tera-3

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
2011/01/20(木) 23:26 | URL | テラ #-[ 編集]
No title
虚構の玉座に座っていなければ
民族的自尊心を保てないのだろう。
哀れな人たちだ。
裏を返せば、劣等感の表れでもある。
それはそれで人間らしい。
本気で言っているなら、太陽系を超えた愚だ。

2011/01/20(木) 00:52 | URL | ぶた #mQop/nM.[ 編集]
中国にあるのは虚構の歴史
中国4千年の歴史と言います。が、本当でしょうか?異性革命で多くの人間を虐殺してきた歴史しかありません。それは今も続いています。中華思想の解放は虐殺です。

チベットもウイグルも開放と言って弾圧と虐殺を続けています。彼らはこれからも「開放」という犯罪を続けていきます。

大東亜戦争で日本は「平和の罪」いう、今までなかった罪を着せられました。「侵略を計画した」とでっち上げたのです。

平和の罪を犯しているのは「中国」です。嘘とプロパガンダで他国の領土侵略を今も続けています。中国とは必ず衝突します。日本が避けたくても中国が衝突を煽ります。1937年のシナ事変を見れば分かります。

憲法9条を守り、なにもしなければ攻撃されないという方々がいます。中国と平和的な条約を結んだチペットはどうなったでしょうか。何もしない人間を平気で攻撃するのが中国民族です。文化大革命で殺されたのは何も言わない大人しい人たちでした。

何もい言わないことが罪に問われたのです。社民党を信奉する方々は中国に乗り込んで「日本の平和憲法」を勧めて下さい。それが出来ないのなら偽りの平和主義者です。

黄文雄氏の「日本人から奪われた国を愛する心」や石平氏の「私はなぜ中国を捨てたのか」を読んで下さい。念仏平和主義の愚かさと中国民族の怖さが良く解ります。
2011/01/18(火) 15:57 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
カルト教団に洗脳された信者と言ったところですね。人の肉を旨いと言って食べる中国人を人間だと思ってはいけないと思います。(本当にあっけらかんと食べた事を、得意げに話すんです。彼らは。)所詮、朝鮮と同じご都合主義。人間ではない。
2011/01/18(火) 09:44 | URL | #-[ 編集]
更新お疲れ様です。
特定アジアの国々というのは口先だけは立派だなと常々思わされます。

記事中に「敵を許す」という言葉が出て来ましたが
半世紀以上も前の日本の行いを
「鬼畜の所業だ、日本を許すな」とお粗末な嘘を交えつつ
未だあちこちに広め続けているのは一体どこのどなたでしょうか。

「中国や朝鮮は日本の父や兄だ」などと言いながら
肝心な時にはいっさい役にたたず
いつも日本に金ばかりせびっているのはどこのどなたでしょうか。

「旧日本軍伝説」の有名なコピペがありますが
(少し前にねずきちさんのブログでも取り上げてくださいましたね)
あれを最初に見た時は正直吹きだすどころか爆笑してしまいました。
お粗末な嘘にもほどがあります。
でも、実際に旧日本軍に所属し
誇りを持って戦ってくださった方々からしたら
これらの嘘ひとつひとつが彼らを侮辱し誇りを汚す
立派な凶器でもあるんですよね。
そう思うと最初は連中の粗末な嘘がおかしくてしかたなかったのですが
だんだん悔しくて悲しい気持ちになってしまいました。

嘘に負けず、過去に置いて来た日本らしさを取り戻す。
卑怯な手でやり返すのではなく正当なやり方で常に毅然した態度をとる。
これからの日本は正々堂々とこれらの国のやり方と渡り合える国になってほしい。
それはこれからの日本だけではなく
英霊の方々や他のアジアの国々のためにもなるのではないかと思います。
2011/01/18(火) 06:06 | URL | 紅狐 #-[ 編集]
その論はトートロジーだ
要するに自己満足しているだけだ。どうでもいいことをだらだら言うなと一喝すればよい。そうやってお前らは他国に支配された歴史をもっともらしく受け入れている敗北史観だ。要するに君たちはアホなんだよと言ってやればよい。つまらん話しだ。
こういう馬鹿な連中を大真面目に相手するのが日本人の生真面目さというか、迫力のなさだ、私などは実生活でやくざまがいの連中とやりあっていたから、こういう調子でやればよいのだ。
2011/01/18(火) 05:17 | URL | 愛国者 #-[ 編集]
No title
こちらのブログを訪れるたびに、ここに来られる方々は本当に知的水準が高いと感じます。いちおう、私は勉強をしているつもりですが、皆さんにはかないません。
2011/01/18(火) 01:55 | URL | 楠公忠烈 #-[ 編集]
No title
>マカロンさん
>ご注意しますさん
日本近現代史は酷かったですよ。
台湾人と書くべきなのに台湾漢族系住民なんて書いて媚中丸出しでした。
内容も反日的であり、反日洗脳講座でした。
教授の経歴を見たら創価大学、これじゃあ駄目ですね。
でも『アメリカの歴史と文化』はそんなに悪い内容ではありませんでしたよ。
少しですが442部隊の事が書かれていますから。
まあそれでも放送大学は注意が必要でしょうね。
2011/01/17(月) 23:22 | URL | TAKE #6sKD86ww[ 編集]
No title
 簡単なことですね。
 
 彼らには“手段を選ばず自分の欲望を実現する”という行動原理しかありません。最終的には、自分たちどうしでお互いに殺戮しあうことになるでしょう。現に中華四千年の歴史はその繰り返しではないですか。はっきり言って“猿”の方が彼らより文明的、文化的です。
 
 中華馬鹿は放っておけばいいんです。ただ、こういう馬鹿連中は日本から徹底的に排除しなければなりません。この件については、それこそ「論争は無意味」なのです。


 
2011/01/17(月) 22:06 | URL | ddzggcd #-[ 編集]
憲法・選挙制度改正で大連立に言及 半年後の衆院選前提 安倍元首相
憲法・選挙制度改正で大連立に言及 半年後の衆院選前提 安倍元首相
マニフェスト(政権公約)の見直しに付いて

、「民主党はいんちきマニフェスト(政権公約)で政権を
盗み取ったわけだからもう一回衆院選をやり直すのが
基本だ」
【関連情報】
【民主党の政権公約】
http://www.aixin.jp/smjh/sjmenu.cgi
代表選共同記者会見で小沢氏
が実現を明言した先の衆院選公約。
しかし、テレビ局が隠蔽しているので日本国民はこの
内容を知ない。【民主党の政権公約】をカッチとね
http://blogs.yahoo.co.jp/success0965/4830983.html
詳細は【リンク先】をカッチとね
注意:リンク先が混乱しています
反日売国マスコミが不都合な記事を隠蔽する為に関係
ない所へ飛ばしています
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

2011/01/17(月) 22:03 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
一度目は悲劇として、二度目は喜劇として
 ……皆様の周りの方々に聞いてみてください。
「TPPに加盟すると、加盟国の労働者の移動が基本的に自由化されるのを知っていますか?」
「TPPに加盟すると、アメリカの法律サービスが、一切の障壁なしで日本に流れ込んでくることを知っていますか?」
「TPPに加盟すると、世界金融危機の元凶となったアメリカの投資・金融サービスが日本に流れこんでくることを知っていますか?」……

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10771031578.html

2011/01/17(月) 21:32 | URL | #-[ 編集]
売国奴
ねずきち様いつも大変勉強させて頂いております。

国家公安委員長またもや極左です。

本当に今立ち上がらないと手遅れです。

2011/01/17(月) 21:23 | URL | 愛国者 #-[ 編集]
共産主義はカルト
いつも、素晴らしいお話をありがとうございます。

やはり、共産主義はカルトだなという思いが、ますます強くなりました。
法輪功への弾圧も、国家自体がカルトですから、激しいものになるのでしょう。

オウムの数千倍・数十万倍のカルトが日本侵攻を考えてる
と思ったら恐ろしくなりますね。カルトとの戦いは避けて通れません。

向こうには妥協の余地はないのだから、屈服させられるか、・・・
相手が破綻するまで、こちらが持ちこたえられるかでしょうね。

日本も防衛力を整備して、抑止が出来るよう法整備も急がねばなりません。
2011/01/17(月) 20:46 | URL | 登野城1番地 #-[ 編集]
くらくらしてきた
「中華を支配したら中華になる」って、支配者側からすれば、支配してみたものの中国人の人口が多すぎて体制を変えるにも収拾がつかないから仕方なく今まで中国がやってきた支配の方法でやるしかなかっただけで、文明がどうとかではなく大陸がでかかっただけの話じゃないかと思うのは私だけでしょうか・・・

それより、日本は欧米化していますが世界は微妙に日本化してますよね。
日本文化には世界の人達が平和に暮らすヒントが沢山ありますので、私はむしろ、日本文化の方がそういう運命にあるのではないかと思います。
最近は本当にくだらない事で日本が叩かれますが、それって日本化を恐れてる人達がやってるんじゃないかとすら思えます。だとしたらそれは世界を恐怖で支配しようとする勢力と一致しそうです。

・・・と危険思想と持つ気はありませんが、「和の心」いつかは世界中の人が考えなければならなくなります。戦争屋の思い通りにさせないためにも日本の伝統は大いに役に立ちます。
頑張って守って行こうではありませんか!

セントルイスブルースの名無し様

返事が遅れました。私の稚拙な文章に返信下さりありがとうございます。
ただの一個人が無策に行動しても、簡単に潰されてしまいますね。
でも平和が壊されて行くのを横目に普通の生活を送っていると思うとなんだか目眩がしてきます。
どうすればいいのでしょうか・・・
とりあえず危険でない程度に一人でできる活動をすることにします。
2011/01/17(月) 20:20 | URL | 少女貴族 #8jHFfXP.[ 編集]
中華真理教
ここまで行くと本当に宗教ですね。
日本が征服して本当に中華になるか試したらいいんじゃないでしょうか?

それよりも動画の韓国人は酷いですね。
ゾマホンの方が歴史を知っていましたね。
中川八洋氏が著作の中で併合は
歴史に残る大失敗だと断じていましたが
まさしくその通りですね。
日本の血税を湯水のように投入して
その結果が感謝されるどころかこの有様ですから。
2011/01/17(月) 19:52 | URL | MERCURY #-[ 編集]
だまされるな
■「何の効果もない法人税減税」
法人税減税って何?
政府がしっかりと公共支出をして国内需要と雇用を支える時。

日本の企業は、本当に諸外国に比べ税金を払っているの?
5.5兆円の子ども手当こそ公共投資して子々孫々に繋ぐ国づくりを。

経済学者にごまかされないための法人税減税のポイント
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/archive.php?show_date=20110115

■【経済討論】TPPと世界経済の行方[桜H23/1/15]
三時間目がアップされていました
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13328516

2011/01/17(月) 19:50 | URL | #-[ 編集]
反日洗脳放送大学
関東圏の方々だと
日中の地上波レベルの低俗さに嫌気がさして
BGM代わりに放送大学を流している方もあるでしょうが、
私は、放送大学の台湾に対する変更講義と
やたらと『アジア太平洋戦争』なる新造語を
振りかざす親中派教授に嫌気がさして
洗脳されないために見ないようにしております。
2011/01/17(月) 19:09 | URL | ご注意します #-[ 編集]
大場大尉の戦いが映画化されました。

「映画「太平洋の奇跡ーフォックスと呼ばれた男Trailer.1
http://www.youtube.com/watch?v=sELLlv0WKmg
「映画「太平洋の奇跡ーフォックスと呼ばれた男Trailer.2
http://www.youtube.com/watch?v=MfLNp4qp6g4
2011/01/17(月) 19:04 | URL | 屯田兵 #-[ 編集]
No title
間違いなくシナは気違いです。我が国は核武装しない限り、極めて危ない状況にあります!
2011/01/17(月) 17:07 | URL | 元組合活動家 #-[ 編集]
2020年 アジア地図
日本は日本の海域もはっきりした線で。チベットもウィグルも台湾も独立国。

尖閣、沖縄諸島には日の丸の旗印、勿論竹島も。

中国の半分以上が砂漠地帯となる。人口3,7億人。

日本国中の子供達の机の前に貼り、毎日2020年を考える。

日本が自治区なっている、江沢民の息子の地図2030年の目標の地図を『無』にする為の対抗策です。

どなたか2020年の地図を作る方いらっしゃいませんか。
日本を守るための地図です。

江沢民の息子は想念の力を知っているのだと推測します。この地図は多く出回っている筈です。

たかが地図と軽く考えるのは無知、想念には想念で戦わないといけない。
2011/01/17(月) 16:53 | URL | #-[ 編集]
料理で洗脳 人民兵、食料は経費で落とす。
僅かな保障で立ち退きを強いられ、二人の町民が政府に抗議する為、屋根から飛び降り自殺した。十五人ほどの町民がそれを見ていた。

が、何事もなかったかのように各人が立ち退きの苦情か何かの話に夢中になっていた。

ごく最近の中国の地方の出来事で、ほん一例です。

今日のお話の「オカルト料理洗脳教室」の人民兵は日本人を料理で誘い洗脳するのが仕事、戦法を学び実行しているのでしょう。

有り余る食料の資金源は?

同じ町民が目の前で飛び降り自殺しようと動揺もなく無視できる。獣の心理そのものが現代の中国人。

人間としての感情も心もない民族が「すぐれた文化、、、これが中華の徳なのです」って、オカルト宗教に入信させようとする誘致人の言葉が、こんなもんじゃないんですか。

藁をも掴みたい心理で、料理を食べたい心理で同じようなものでしょう。ボケがひどい人は洗脳されますね。

日本に入り込んでしまったケダモノ達をどう退治するか!!
2011/01/17(月) 16:08 | URL | #-[ 編集]
No title
奴らは本当にキチガイですよね。
日本は粛々と軍備を整えその時にそなえるべきだと思います。
2011/01/17(月) 15:12 | URL | #-[ 編集]
No title
特亜3国人をむやみに信用してはいけないという事でしょう。平和ボケした私達日本人は彼らの本当の意図を見抜かなくてはいけないが、大多数の日本人が気が付いた時
手遅れにならなければいいですけれど。
2011/01/17(月) 14:17 | URL | 一有権者 #-[ 編集]
感謝
私は、最近、西洋キリスト教の一神教的世界観よりもギリシャや日本などの多神教的世界観がこれからの世界をリードすべきだと考えていました。このエントリーを読むと、中華思想というのは単なる民族主義ではなく、まさしく宗教ですね。漢民族の絶対主義に天台宗的な「絶対妙」を加味したもののようです。あるいは中共がマルクス主義の「止揚」をアレンジしたものかもしれません。いずれにしても、一神教的世界観の産物で、結局は帝国主義に他なりません。貴重な話しをエントリーしていただいて、大変感謝しています。
2011/01/17(月) 12:31 | URL | ゆのき #-[ 編集]
No title
昨年末に子供達と東京へ行った際に体験したことです。                         大崎駅のコンビニでレジ係のおねえちゃんの言葉使いが日本人のそれとかなり違っているので、どんな名前なのか名札を見ると、なんと日本人の名前でした!日本人ならすぐにシナか韓国人とわかりますよ。顔立ちからするとシナ人かも・・・                                         そういえば、きつい感じの人だったです!                               子供達にはすぐに話しましたが。          
2011/01/17(月) 12:21 | URL | 二児の母 #-[ 編集]
No title
>普通、そこから話を始めるか?

米国留学中、よく一緒に昼食をとった韓国人若手官僚Hと台湾人の女の子がおり、それに同じプログラムのチリ人ともうひとりやはり中央官庁から留学していた韓国人Kとで、台湾人の女の子の誕生日に食事をしたことがありましたが、韓国人Kがいきなり、日本は韓国に戦争責任を謝罪していない、などと言い出し、びっくりしたことがあります。女の子の誕生日を祝って会食してる場で、いきなりそんな話持ち出すかって・・・ いわゆる特亜の人達に我々のTPOは関係なしですね。

ところで、ここに出ている中国人の言い分をみてると、中国にはやはり近代国家概念が全く確立されていないのだと思わざるを得ません。その上粗暴な(文化)帝国主義丸出しのこういう国にいまだに好意を寄せ続けている左翼・サヨクの人たちというのも何者なのだか。もっとも彼等が憧れた20世紀の共産主義自体が湯浅赳男氏のいうように東洋的専制国家のリニューアル以外の何物でもなかったのだから、今さら左翼がまともな進歩主義者だという前提でモノ言うこと自体間違いかもしれませんが。
それにしても、近代以前ならともかく、この現代に、自分たち中心の中華思想に浸りきっていられる神経ってのは何なんでしょうね。どうみたって現代では後進社会・後進文明もいいところ、お話になるような思想も何もないような状態で思想、思想って。
あるいは、過去の文明・帝国を誇るのはけっこうだが、そういう古い文明ゆえにとっくに盛期は過ぎ若い文明に主役の座を明け渡す運命にあるとは想像しないのですね。
2011/01/17(月) 11:55 | URL | #-[ 編集]
拡散の難しさ
中国や韓国好きな人は身近にいないんだけど、怖さを知らない人が多すぎます。ネットではあたりまえだけど、リアルな知り合いって、警戒心なさすぎて怖いです。
中華思想の本当のおぞましさが日本国民にあまねく知れ渡ったころにはもう手遅れになってるかもしれません。
拡散したくても、なかなかです。

こないだ知り合いに力説して話してみたら差別するなって言われましたよ。本当に怖い。日本人の平和ボケが・・・

2011/01/17(月) 11:07 | URL | ぶんぶく #-[ 編集]
No title
読んでるだけで、胸がムカムカして朝食が消化不良になりそうです。
常々思っていましたが、中国人の知ってる歴史や思想は中身の無いプロパガンダにすぎません。
同じことをただ繰り返すだけ。人の意見も、事実も、聞き入れません。
どうやったら、あそこまで凝り固まれるか理解できません。
新しいものを受け入れること、検証するとか、新事実とか、再発見とか、再認識とか・・・つまり、改めるとか目を覚ますということを絶対にない。
まるで、今まで信じてきたものを少しでも動かそうものなら、回路が狂って機能停止にでもなると思っているようで、まるでロボットです。人間の思考回路じゃないみたいで気味が悪いです。
世代や、環境で違いは出てくるので、中には、日本の真の姿を知って、「中華のウソ」に気付く人もいるだろうけど、そういう人のほうが極まれなんですよね。
友人として、当たり障りなく付き合うのはいいけど、雇用するのも、上司に持つのも御免被りたいです。
しかし、これを読んでよく解かりました。
ある大企業の雇用担当者が、「外国人の話にはストーリーがある。」って言って賞賛していたらしいけど、たしかに「ストーリー」は持ってるみたいですね。でも、雇用担当者は、彼らがその自分の「ストーリー」からちょっとでも外れたことは一切認めないってことまで気付いているんでしょうか?
こんな人が、日本の会社のために働いて、社や上司の指示に従うとはおもえませんが・・・ 雇用担当者が絶賛した「自己主張」を振りかざして人の言うことなんか聞かないと思うのですがね。

2011/01/17(月) 09:27 | URL | うさんぽ #7sIlu4zw[ 編集]
No title
三国志演義にでてくる孔明の南征の話ですね。
史実かどうかは疑い深いものです。
逆に蜀軍がまけつづけたという話もあるそうです。

中華宗教ですね。
興味深い話ありがとうございます。
2011/01/17(月) 09:13 | URL | sai #-[ 編集]
解ります、解ります。
江沢民の息子のシンガポール事務所にあった地図は
日本が自治区になっていました。目標2030年です。


2011/01/17(月) 08:57 | URL | 猫背の猫 #19lnXSO6[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク