アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


階級闘争は共産主義の悪魔

人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

神武天皇


岩波文庫に、マルクス、エンゲルス著「共産党宣言」という本があります。
その本の表紙には、次の文章があります。
~~~~~~~~~~~~
「今日までのあらゆる社会の歴史は、階級闘争の歴史である」
という有名な句に始まるこの宣言は、階級闘争におけるプロレタリアートの役割を明らかにしたマルクス主義の基本文献。
マルクス(1818-83)とエンゲルス(1820-95)が1847年に起草、翌年の二月革命直前に発表以来、あらゆるプロレタリア運動の指針となった歴史的文書である。
~~~~~~~~~~~~

共産党宣言


要するに、共産主義というのは、家庭における親子の関係、学校における教師と生徒のような師弟関係、あるいは会社における上司と部下の関係、あるいは元請会社と下請会社との関係、国家と人民の関係など、ありとあらゆる関係を、ことごとくその本質を「階級」と「闘争」であると捉えるものである、ということです。

現代における歴史認識も、GHQによる25万人という膨大な数の公職追放を経て、いまだに階級闘争史観が主流となっているといわれています。

ですからたとえば「国家」のなりたちひとつをとってみても、それは「支配する者」と「支配される者」との「闘争」の歴史であり、奈良平安の時代は「貴族」と荘園における「農民」との「闘争」、鎌倉以降の武家社会も、「武家」と「農民」との「闘争」の時代、近代日本は「日本の軍国主義者」と「アジアの人民」との闘争の時代として描かれ、それがあたかも「常識」であるかのようにとたえることがインテリ層の仲間であることの条件となっている、というのがいまの日本です。

すくなくとも、多くの日本人が、学校やテレビなどで、「江戸時代の日本では、農民は四公六民や五公五民といった重い重税(年貢)に悩まされ続けたと教わってきたし、現にいまでもそう信じている人は多い。

けれど、実際に歴史をひもといてみると、年貢を納めていたのは、いまでいう地主さんたちです。
もっと端的にいえば、米の物納による年貢を納めていたのは農園主である地主さんであり、その地主さんたちから農地を借りて農業を営んでいる小作人さんたちには、年貢の納税義務はありません。

このことは少し常識的な目を働かせてみれば、すぐにわかることです。
年貢は米で支払われます。
誰もが米税で困っているという環境なら、農地では米しか作られなくなる。
なぜなら大根や菜っ葉、大豆や小麦を生産したら税が払えなくなるからです。
けれど大根も菜っ葉も大豆も小麦も、日本全国どこでも作られていたものです。
米で税を納めなければならないのに、なぜ、どうして大根や菜っ葉が生産されていたかといえば、その人達は直接には税を納める義務が課せられていなかったからです。

日本軍国主義というけれど、19世紀から20世紀初頭にかけては、まさに帝国主義の時代です。
欧米列強がその軍事力にものをいわせて、アジアやアフリカの国々を植民地支配していた時代です。
そうした中にあって、日本がその独立を保ち、国家として庶民の生活を守ろうとするなら、日本も欧米に負けない軍事力を保つしかなかった。あたりまえの帰結です。
そのおかげで、日本人は、いまでも一定の教育を受けることができ、日本語や日本文化をいまだに保ことができている。
とりわけ日清、日露の両戦争を経由して、世界の強国となった日本には、当時、植民地支配と差別にあえぐ世界の有色人種からの期待が一身に集まりました。
そしてその期待に応えようと、日本はアジア諸国に兵を送り、現地の人々の教育を行い、各国の独立自尊のために最大限の努力を行ってきた。
その結果、日本は欧米諸国から袋だたきにされたけれど、アジア諸国、それだけでなくアフリカの諸国も、ついには民族の独立を果たし、世界はいまや人種のカラーを超えて、ボーダレスな世界に変容を遂げています。

そして今日、いちばん言いたいことは、日本建国の歴史というのは、「支配する者」と「支配される者」との「闘争」の歴史などではなく、ひとりひとりの国民が「和をもって貴しとなす」という精神のもとに建国された、ということです。

それは初代天皇である神武天皇の言葉に顕わされています。
それが、
「掩八紘而爲宇」です。

これは「八紘(あめのした)を掩(おお)ひて宇(いえ)と爲(なさ)む」と読みます。
八紘とは、四方八方であり、それを覆って、ひとつの家にしよう、というのです。
つまり日本は、というか日本人は「みんながひとつの家族となろうよ」と宣言された。
これが日本という国の原点です。
すなわち、八紘一宇は、国全体がひとつの家族であるという宣言です。

そして日本は、ときに兄弟喧嘩や親子喧嘩はあったけれど、その基本にある精神は、常に「和を持って貴しとなす」という精神を持ち続けました。

江戸の町といえば、「火事と喧嘩は江戸の花」といわれるくらい、喧嘩や火事が多かったけれど、どんなに喧嘩をしても、終わればきれいさっぱりまた仲良く兄弟分や家族として互いに仲良く助け合う。
根本に、和の精神があるからです。

ところが共産主義にはじまる階級闘争に汚染されると、こうはいかなくなります。
とにかく闘争なのです。
相手を打ち負かし、なぎ倒し、殲滅し、死滅させてもなお、相手を辱め続ける。
そして都合の悪いことは、人のせいにする。
和なんてものはありません。
とんでもないものが世界に生まれたものです。

1940年にソ連は、占領中のポーランドから移送中のポーランド人将校や高級官僚、学者、ジャーナリストなど非武装の4400名をスモレンスク郊外で全員殺害しました。
大きな穴の前にひとりずつ立たせ、銃殺して穴に落として埋めたのです。
カチンの森事件ですが、ソ連はこれを戦後ずっとドイツのせいにしてきた。
バレたのは、ソ連が崩壊したときで、ゴルバチョフがスターリンの命令だったと認めたからです。

悪魔というもは、想像上の産物として、様々な姿に描かれるけれど、実際の話、共産主義ないし階級闘争という思考そのものが、おそらくは人類が生んだ最強の悪魔なのではないかと思う。

こうした階級闘争の汚染に対して、私たちは日本の心で戦おうとしています。
これを打ち負かすのは簡単です。
日本の心という水がきれいであればあるほど、そこに不信という毒をほんのちょっと混ぜるだけで簡単に崩壊させることができる。

けれど日本の心はなくなりません。
なぜなら人には善の心があるからです。
日教組教育の産物で、階級闘争に侵され、ついには売国政権までも誕生させてしまった日本人ですが、東日本大震災や、なでしこジャパンの優勝などを経由して、いま、陸続と多くの人々が日本の心に目覚めています。

日本はいま、生まれ変わろうとしている。
ボクはそう思っています。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

中国は世界一治安の良い国?


日本の心を伝える会 日心会
関連記事

コメント
ご教示ください
崇高なる愛国者のブログに反日左翼が紛れ込んで申し訳ありません。

ちょっと、おっしゃる意味がよくわからないのでご教示いただきたいのですが、

>米の物納による年貢を納めていたのは農園主である
>地主さんであり、その地主さんたちから農地を借りて
>農業を営んでいる小作人さんたちには、年貢の納税
>義務はありません。

こうした関係が一般化するのは、明治維新後ではないのでしょうか。

江戸時代の末期に湿地地主が発生次第にその勢力を増しますが、年貢を自分で負担する本百姓は、かなりの数残っていたはずです。

そもそも、太閤検地によって、土地は耕作者のものとされ、いわゆる「農園」(荘園をわかりやすく言い換えて下さったのでしょう???)は、江戸時代に入っても、存在しなかったと思われるのですがいかがでしょうか?
2011/10/07(金) 01:53 | URL | 阿蘇地☆曳人 #XxCSVzQA[ 編集]
【朝鮮進駐軍】
【朝鮮関連記事特集】
【朝鮮進駐軍】
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/kzsj/cscssc.cgi

日本国民の不幸
http://qazx.blog.eonet.jp/docdoc/2011/07/post-7809.html
韓国の新国籍法と改正軍法の本当の意味
http://www.best-data-navi.com/2011/05/blog-post_2764.html
【人権擁護法案反対の掲示板】http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/kzsj/kzsj5.cgi
菅首相側、北の拉致容疑者親族の周辺団体に6250万円献金
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
2011/07/20(水) 23:58 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
共産主義って

ユダヤ人が考えだしたものでしょ!


ユダヤ人は小さい時から親に徹底的に鍛え上げられ(学力)

7,8歳ですでに15歳並みの知力がついてるらしい!

↑最近 聴いた


2011/07/20(水) 19:36 | URL | MR2 #B0Nyfkl2[ 編集]
天気予報や台風情報まで捏造する売国反日テレビ局・マスコミ
天気予報や台風情報まで捏造する売国反日テレビ局・マスコミ
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110720-OYT1T00831.htm?from=navr

【関連情報】
静止気象衛星画像(地球)が映し出す台風6号の様子。 
可視 : 8192 x 8192で見ると大きく見やすいです。
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/
台風6号は午後5時現在、静止気象衛星画像(地球)
で確認される通り正午ごろにはグズグズになっていて
熱帯性低気圧に変わっています。 
夕方のニュースで警戒を呼びかけ、放映されている荒れ
る海の映像も何時撮影したものか真偽は定かで有り
ません。 
皆さんの自分の目で気象衛星の画像をご確認ください。
反日売国テレビ局・マスコミの捏造・偽装報道に騙され
ないように気を付けよう。

【天気・地震の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/tnk/tnk.cgi
【天気・地震の掲示板】最新版タイトル一覧はこちらをクリックして下さい。
2011/07/20(水) 18:54 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
民主党の実体、(裏の素顔)
5年ほど前、に書いたものですが。
酷いことになってしまいました。

チャンネル・桜、掲示板より
町工場の親方 2005ー01ー26

昨夜の報道ワイドで、水島社長が民主党の党首に対し、かっての社会党と同じような、対案を出さず自民党に反対している、と批判されましたが、その際、「民主党事務局には、旧社会党の人間がいるように聞いている」 という表現をされました。その問題は日本国民にとって非常に深刻な問題と考えますので、昨年三月、「民主党の癌」 の題名にて、<朝日新聞を叩き潰す掲示板> に書き込んだものを紹介させていただきます。お読みになった方はご容赦ください。

西尾幹二のインターネツト日録 九段下会議 (五) 2004/03/14(Sun)
平成15年11月の総選挙の結果は、危機を一段と深めた観がある。自民・民主の保守二大政党の対立であるかのごとくいわれたが、民主党はいささかも保守ではない。その民主党がマニフェストをさらに詳細にした 「民主党政策集 私達のめざす社会」 (10月20日発行)を出しているが、それをみると、旧社会党が乗り移ったかのような内容であり、他方、対する自民党のマニフェストもとても保守とはいえない無自覚な政策不在をさらけ出している。

「民主党政策集、私達のめざす社会」 はジェンダーフリー社会の樹立、夫婦別姓の導入、盗聴法廃止、外国人参政権付与法案、国立追悼施設の建設などなど、あっと驚くような時代逆行の標語のオンパレードである。慰安婦救済のための戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案とか、国会図書館法改正案(恒久平和調査局設置)といった提案もある。戦後処理はまだ終わっていないというこの姿勢は、言論界で論争し尽された理性の判断を無視している。外交政策は中国よりで、「アジア不戦共同体」 を築くなどと呑気なことを述べている。

基本に警察・自衛隊不信があり、集団的自衛権の確立もめざしていなければ、専守防衛堅持,非核三原則墨守のままで、旧社会党とまつたく何も変わっていない。幹部は国旗・国歌に否定的で、日米安保体制を軽視し、うす甘い国連中心主義などを唱えている。自由党と合体して民主党は保守の体質を強めたなどというのは大ウソである。社民党と共産党が選挙で没落した代わりに、両党のイデオロギーがそっくり民主党に乗り移っただけなのだ。・・・・

これに関連して、先日拉致問題に関する講演会を聞き、私がショックを受けた、重要な情報について述べさせていただきます。
社民党(旧社会党)は見るも無残な状態となってしまいました。 社会党本部実態は、野村旗守編 「社会党に騙された」 宝島社 に赤裸々に述べられています。先日、昨年秋の衆院選大敗の結果、社会党は本部職員の大幅なリストラをしなければ、どうにもならない状態に追い込まれたにもかかわらず、全然進まない、と新聞だか、週刊誌だかで読みました。彼らを拾って救おうという奇特な組織や団体も見当たらず、かってのことを思うと、ある面では自業自得とは言え、そぞろ哀れを催しました。 
彼らは従来の延長線の上で考えて時代の変化を読めず、二進も三進も行かなくなってしまった人間といえます。

私は講演会で、質疑の際に講師の方が、「社会党本部にいた、社会主義協会派系の人間達は、社会党分裂の際、社会党に見切りをつけて、多くが民主党に潜り込み、民主党本部事務局の職員として働いている」 と話されたのを聞き、深刻な思いをしました。

「こんな連中(=協会派) が民主党の事務局に潜り込んで、いろいろ暗躍、
画策しているからには、民主党が健全な国民政党になってもらえれば」 などと考えるのは、全くの期待外れ、甘すぎる、と言う以外にありません。社民党事務局に残り、リストラによる生活不安に怯えている人間は、むしろ愚直だったがために、現在苦境に立たされていると言えます。
言うまでもなく、「協会派」 はガチガチのマルクス主義者、階級闘争至上主義で固まった集団で、金日成の 「チュチェ思想」 の信奉者も多く、理論的支柱だった向坂逸郎などは、思想、言論の自由など全く認めない人間でした。

かって協会派が幹部となっている、官公労の組合の現場管理者は、階級憎悪を煽る彼等のイデオロギーよる、による、いじめ、嫌がらせ、にさらされ、地獄の毎日でした。暗い気持ちで毎日無職場へ通わねばならなかった、現場管理者とその家族の不幸を思うと、《普通の民間の職場なら、笑って話し合える者同士を、階級憎悪のイデオロギーで憎みあわす陰惨な思想》 今もって協会派には激しい怒りが湧きます。しかし、「築地」(=「朝日(チョーニチ)新聞」 を始め日本の左翼マスコミは、労組幹部が左翼で、その仲間のため、その酷い陰惨な実態については何も報道しませんでした。
なにしろマスコミが書かず、報道しないので、民主党本部事務局にそんなのが多くいるとはほとんどの人が知りません。「民主党は旧社会党から来た左派が問題だ」 とネットの上でもよく言われていますが、むしろそれよりも民主党の 「癌」 は本部事務局にある気がいたします。西尾名誉会長が述べていることと、本部職員の実体を考えると、「築地(チョーニチ)」 は今後、陰に陽に、あるいは露骨に民主党をバツクアップし、肩入れするのは間違いありません。この点よく注意して見ていく必要があると考えます。

 
2011/07/20(水) 13:02 | URL | 町工場の親方 #-[ 編集]
日誤一派の謀略・訴訟攻撃と戦う…
私はいわゆる『行動する保守運動』を応援していて、在特会系・チャンネル桜系問わずデモに参加しているのですが在特会の街宣・デモの後に居酒屋で懇親会を行ったのですがその場で在特会中央役員の一人から『在特会運動』は現代の階級闘争である!!と宣言されました…。       現在在特会は以前は仲間であった『日誤(?)会』の謀略・訴訟攻撃にさらされておりますが是を敢然と打ち破って正義は何処にあるのかを天下に明らかにしたいと思います。      男女間の諍いを悪用して『行動する保守運動』の破壊を目論む日誤一派は法の下に成敗したいと思います。長文失礼致しました。  今日も応援クリック!!
2011/07/20(水) 12:54 | URL | 和田 #CofySn7Q[ 編集]
ならば大川周明も否定せよ
ねずきちさんはかなり博識ですが、どうも考え方が論理的に一貫していない嫌いがあります。
例えば、以前、ねずきちさんが絶賛していた大川周明などは典型的な国家社会主義者つまり「右翼の衣をまとった共産主義者」です。
ですから、今日のエントリーのように共産主義・社会主義を完全に排撃するつもりならば、大川周明のような国家社会主義者も当然、排撃すべきです。

それに「八紘一宇」は確かに大東亜戦争期には国民的なスローガンとなり、この大義のために多くの兵士が奮闘されましたが、この言葉の出元を辿れば、明治から昭和初期にかけて活動した日蓮宗系の新興教団「国柱会」の開祖田中智学の「国立戒壇」設立の野望に行き付きます。「八紘一宇」という言葉は田中智学が自分の教説を広めるために日本書記の一文から勝手にこしらえた何の歴史的あるいは学問的根拠のないものです。
ですから、このような出自の怪しい言葉をブログで余り振りまわさない方が良いと思います。
2011/07/20(水) 12:47 | URL | #mQop/nM.[ 編集]
私の心には共産主義の悪魔が住みついているのか
「和を持って尊しとなす」
勉強になりました。ありがとうございます。

支配する者に良心が欠けたとき、支配される者はやはり闘争へと向かう以外に道はないように私には思えるのですが、そのあたり、ご教授いただければ幸いです。
2011/07/20(水) 11:08 | URL | O #JalddpaA[ 編集]
No title
2位じゃ駄目なんでしょうか?

駄目なんです!

2011/07/20(水) 09:36 | URL | あ太郎 #eSGkAR1I[ 編集]
なんとかしろ
仙谷がトロフィー掲げて喜んどる
普段国家というものを否定してる癖に
こういうときは便乗してはしゃぐ卑劣で真底下劣な奴
触るなよ穢れるだろ
レンホーもほざいてんじゃねえ
2011/07/20(水) 08:28 | URL | kkk #-[ 編集]
おはようございます。
今日も更新ありがとうございます♪

共産主義も資本主義も、どんな主義にも、人間のやることには全て『欲』という悪魔が潜む可能性があるのではないでしょうか。
今や、世界中が汚染されてしまいました…

それを防ぐには、やはり『日本の心』を取り戻すことが、最後の砦なのではないでしょうか。

保守の中にも蔓延している『恥』を感じない品格の乱れ。

世界を救うためにも、主義に毒されていなかった時代の『日本の心』を取り戻したいです!!

ねずきちさん、よろしくお願いいたします
2011/07/20(水) 08:02 | URL | みー #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク