アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


昭和20年8月、ソ連侵攻

人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

ソ連国境付近での戦い


昔、Chinaや満州に駐屯していた関東軍というのは、東京や埼玉、千葉の関東地方とはなんの関係もない名称です。
日本がChinaから租借した遼東半島のあたりが、その昔、Chinaで関東州と呼ばれていたことから、この地方の守備隊として関東軍の名前がついた。

その関東軍の指揮下で、満州の北端、牡丹江省に、「石頭予備士官学校」という士官学校がありました。
生徒数3600名、教官は半数が尉官か見習い士官という陸軍の学校です。

昭和20(1945)年8月9日未明のことです。
突然、一方的に日ソ不可侵条約を破ったソ連軍が、満洲地方になだれ込んだ。

その日、石頭予備士官学校では、早朝からけたたましく非常呼集のラッパが鳴り響きました。
校庭に全員整列します。


校長は、全校生徒に「本日未明、ソ連軍来襲、目下交戦中」と非常事態を伝達します。

そしてその場で、3600名の生徒は2組に分けられ、歩兵砲、機関銃隊1600名は、荒木連隊長の指揮下に、残り1600名は学校長小松大佐のもとに、東京(とんきん)城に布陣することになりました。

東京(とんきん)城方面に向けられたソ連軍は、航空部隊や戦車部隊を含めて約50万の大軍です。
メレンコフ元帥が直接率いたこのソ連部隊は、歩兵4師団、十二個狙撃師団、戦車二個師団、十五個国境守備隊、大隊砲3500門、ロケット砲430門、戦車約1000両、他に空挺部隊を保有する、ソ連の最強軍団です。

これを、歩兵銃の弾もろくにない、重機関銃の弾薬さえも欠乏している石頭予備士官学校の生徒たちが、わずか3600名で迎え撃つことになった。

士官候補生たちが士官学校を出て、東京(とんきん)城方面に向けて駆け足で行軍しているときのことです。

満州北部から避難する、在留邦人を満載したトラックとすれ違います。
避難する老人や女子供たちにとって、軍隊だけが唯一の頼みの綱です。

トラックの荷台から、彼女たちは「お願いしま~す」「頑張ってくださ~い」と、悲痛な声で叫びます。
そして祈るようなまなざしを向ける。

士官候補生たちは、すがりつかんばかりの必死の叫びに、胸をしめつけられるような、全身に激しい闘志と責務に奮い立ちます。
俺たちが頑張らねば・・・・。

士官候補生たちは、夜を徹して駆け足行軍をし、翌未明、「隘路口(あいろくち)」に到着します。
そこで敵戦車を迎え撃つべく、一文字山峡に布陣する。

そして正午ごろ、山麓の川辺で大休止をします。
ハンゴウを出して、飯を炊きだした。
ずっと駆け通しで、汗みどろです。
素裸になって、川に飛び込んで泳ぐ者もいた。

そこに突如、ソ連の爆撃機が飛来します。
爆弾が落下する。
大地を揺るがす轟音とともに砂塵が吹きあがる。

いましも湯気のあげるハンゴウに敵弾が命中する。
川面にも機銃掃射のしぶきがあがる。
静かだった山峡はたちまち戦場となります。

士官候補生たちは、軍服をまとう暇もなく、慌てて身を伏せます。
川で泳いでいた者は、素裸のまま重機関銃に飛びつき、対空射撃の命令とともに、機関銃を発射する。

といっても弾はわずかしかないのです。
敵を十分引きつけて、一発、一発で敵機を撃つ。

それでも思いもよらぬ対空射撃にに驚いた敵機は、そのまま逃げて行きます。

ただちに予備士官候補生たちも移動を開始する。
この戦闘で、青木中尉他、多数の死傷者が出ます。

すでに敵はすぐ近くまで来ている。

この頃の関東軍は、軍事物資を南方戦線に送っています。
ですから、重火器の数もなく、弾薬も不足していた。
歩兵全員に支給されるべき歩兵銃も、数名にひとつくらいしかない。
要するに、完全武装で戦車まで繰り出しているソ連軍に対し、味方の軍団には、武器らしい武器がないのです。

これで敵の重火器軍団と戦わなければならない。
武器があろうがなかろうが、戦うべきときには戦わなければならないのが、帝国軍人です。

で、彼らがどうしたか。
予備士官候補生たちは、全員、あらかじめ準備してあったランドセルを持ったのです。

当時、満州にはもはや武器らしい武器はほとんど残っていなかったけれど、民生用の土木工事のためのダイナマイトは、まだ豊富にあったのです。

彼らは、その民生用のダイナマイトを、ランドセルにびっしり詰め、それに30cmくらいの導火線を結んだ。
そしてその先にマッチ棒を3本、木綿糸でしっかりとくくりつけていたのです。

敵戦車が接近したら、マッチ棒をすって点火させてから、爆薬を抱えたまま全力疾走で突っ込む。
それしか戦う術がなかった。

ランドセルは、点火すると3~4秒で爆発します。
彼らはこれを「対戦車肉迫攻撃」といい、略して「肉攻」と呼んでいた。

敵は明朝になれば必ず攻めてきます。
来ればどうなるかは、もう誰もがわかっていることだったのです。

あと数十時間の命です。
「お父さん、お母さん、先立つ不孝をお許しください」

8月13日、代馬溝陣地を突破したソ連重戦車が、ついに磨刀石にその姿を現します。
地面を揺るがせながら、道路を一列になってゆっくりと士官候補生たちの陣地内に侵入してくる。

この道路の両側には、草や小枝で擬装した蛸壺の中に「急造爆雷」を抱いた候補生が潜んでいます。
戦車が近づく。

すると次々に、「先にゆくぞ」と叫んで、敵戦車に突入して行く。

戦車には自動小銃を構えた敵兵が随伴しています。
蛸壺を見つけると、中に潜む肉攻手を狙い撃ちする。

ですから飛び込む前にやられる者もいる。
同時に爆薬を炸裂させ、敵もろとも吹き飛ぶ者もいる。

味方の重機関銃も猛然と射撃を開始する。
小型迫撃砲も一斉に発射する。

この重機関銃陣地をつぶそうと、敵の戦車砲、機関銃が集中砲火を浴びせる。
後方の高台に布陣をしている友軍砲兵が援護射撃を開始する。
そして榴散弾(りゅうさんだん、弾の中に多数の散弾がつめてあり、炸裂して人馬を殺傷する)を浴びせかける。

敵は炎上する戦車を道路下に突き落として、次々と進撃してくる。
蛸壺の中では、爆薬を抱えた数百名の候補生が息を殺して潜んでいる。

やがて、肉攻壕の土が、ボコボコと戦車の地響きで崩れ始める。
耳を聾するキャタピラの音、重油の焼け焦げる匂いが胸をつきます。

敵の随伴歩兵がトラックから降りて、自動小銃を構えて、戦車の周りに見え隠れして続々と向かってくる。
ソ連兵の自動小銃が肉攻壕を狙う。
肉攻手は、即座に自爆する。

重機関銃隊が、銃の偽装の小枝をそっと払う。
たちまり味方の重機関銃がうなった。榴弾筒部隊も発射した。
二十数名のソ連兵がぶっ倒れる。

ひるんだ敵の歩兵が戦車から退いて行った。
肉攻手が爆弾を抱えて踊り出る。

ひとりの肉攻候補生が、蛸壺を飛び出す。
爆雷を道路に置いて伏せる。

ソ連戦車は急ブレーキをかけて爆雷の3M手前で停まる。
候補生は、ほふく前進して爆雷を戦車の下に押し入れようとする。

戦車の直前で、爆雷は轟音を発し、士官候補生の半身が、高さ20Mまでも白煙とともに砕きあがる。
そして鮮血を撒き散らしながらぐるぐると回転して、またもとの位置に落下する。

東満洲の軍都、牡丹江の防衛最前線として磨刀石に布陣した石頭予備士官学校候補生の、ソ連戦車体当たり戦法は、こうして開始されたのです。

またひとり、小さな体で四角い爆薬の包みをかかえて飛び出す。
一瞬、ものすごい閃光がひらめき、白焔が戦車をつつむ。
そして、またひとり・・・

突然、戦車の砲頭の下から吐き出す紅蓮の火炎に巻き込まれ、すさまじい轟音とともに自爆します。

肉攻陣地があることを察知したのか、敵戦車はしばらく全身を躊躇(ちゅうちょ)したが、こんどは火炎放射機で周囲の肉攻壕を焼き払いながら、その上に乗っかってグルグルと回転しはじめる。
敵の歩兵も散開して肉攻壕に、自動小銃をを撃ち込んで進んでくる。

味方の重機関銃が銃身も裂けんばかりに撃ちます。
的戦車の砲身や機銃が、一斉に味方の重機関銃小隊に集中した。
第一分隊の銃手が即死する。

重戦車の巨砲が向きを変え、味方の陣地に向かって水平射撃の位置に砲身を構えます。
五体を揺るがすような炸裂が山野をゆるがす。
体が壕に叩きつけられ、舞い上がった土砂で半分ほど埋まる。

陣地における指揮連絡はまったく寸断され、日が暮れて、生き残った者同士が、負傷者をかばいながら引き揚げる。
けれど集合場所さえ定まらない乱戦です。

当時のことを、川上哲次候補生は、手記で以下のように報告しています。

~~~~~~~~~~~~
道路上に、3~40両の敵戦車が轟音をあげてあらわれた。
まるで動く岩のようであった。
またひとりの肉攻手が、爆薬をかかえておどりでた。戦車はとまらない。

肉攻手の姿が一瞬見えなくなった。
次の瞬間、肉攻手は、戦車のキャタピラに腕を挟まれ、逆さ宙づりになった。

おもわず息をのむ。

そのとき爆薬が炸裂した。
ピカッ、グワーン!

閃光が走り、ものすごい煙に包まれ、敵戦車は立ち往生した。
恐ろしくなったのであろう。ソ連兵は戦車から飛び出し、逃げ出した。

勇敢な肉攻手が2~3名、壕から飛び出し、敵の戦車に躍りあがり、掩蓋(えんがい)から中にはいる。

戦車の砲塔が、ぐるりと後ろを向いた。

ズドーン!

すぐそばまできていた後続の戦車めがけて、ぶっ放したのである。

「やった!」と壕の中では歓声があがった。

続いて戦車めがけて一発! そしてまた一発!
分捕り戦車は猛然と火を吐いた。

痛快極まるとはこのことか。
たちまち5~6両の敵戦車を粉砕してしまったのである。

後続の敵戦車群は大混乱となり、後退した。
そのときの勇士は、鈴木秀美候補生、一之瀬候補生、和泉伍長の3名である。

鈴木候補生は、敵戦車の構造をよく知らず発砲の折、砲座で顔面を強打し、大腿部も負傷していた。
彼は、戦車から外に出て、中隊長や戦友に向かい、

「自分は負傷してこれ以上戦えない。速射砲の分隊長として、砲と運命を共にする責任がありながら、砲は射撃不能となった。自分はここで砲とともに自爆する。天皇陛下万歳!」

そう叫ぶと、10キロの爆弾を抱きしめ、壮絶な爆死を遂げた。

猪俣大隊長は、戦車砲撃の直撃を受け、一片の肉も留めぬ壮烈な戦死を遂げられた。

代わって大隊の指揮は、梅津眞吾中尉がとられ、敵戦車に果敢な奇襲攻撃をかけられたが、ついに陣地は敵戦車に蹂躙され、死傷者続出の事態となった。

梅津中尉は、もはや組織的な戦闘は不能と判断し、生存者を集めて、後方の山中に入り、脱出した。

8月15日、掖河(えきか)の本体にたどり着いたときは、磨刀石出撃時に750名いた猪俣大隊の候補生は、わずかに105名になっていた。
~~~~~~~~~~~~

予備士官候補生たちが戦った相手は、自分たちの140倍近い人数の完全武装した敵です。
しかも相手には豊富な武器弾薬、火炎放射器に、戦車まである。

こちらにあるのは、ランドセルに仕込んだダイナマイトと、少数の迫撃砲、弾の少ない重機関銃だけです。
勝ち目は最初からありません。


けれど彼らは、自分たちがここで一日でも、一時間でも、一分でも、一秒でも敵を釘づけにしさえすれば、民間人の婦女子たちが逃げることができる。そう考えました。

そうすることで、牡丹江に向かって、続々と避難している在留邦人たちが、すこしでも早く、すこしでも遠くまで安全に逃げ伸びれる。
彼女たちが日本に帰還することができる。
そう思いました。

だから死を恐れず、戦ったのです。

ひとつ、申し上げておかなければならないことがあります。
予備士官候補生たちは、ただ上から命令されたから戦い、散華したわけではない、ということです。
彼らは、命令以上に崇高な使命のために、戦い、散って行かれた。
命令はそのきっかけにすぎなかった、ということです。

彼らの気高い魂を、彼らの勇気を、私たち日本人が語り継がないで、いったいどこの国の誰が、語り継ぐのでしょうか。

(参考資料)高崎弥生著「実録 遥かなる回想」

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

通化事件 (通化大虐殺)亡国の現実から学ぶべきこと
関連記事
スポンサーサイト

コメント
No title
皆様こんにちは。

8/30養う様へ大丈夫です。察しは付いていましたので。
明らかに反日日本人かそうでない人だなと。
今在京キー局をはじめとするTVではありもしない半島の歴史捏造番組を放送したりしていますが半島にきらびやかな歴史があったなどということは嘘である事も知っておりますから。事実は中国の属国だった事それだけです。

原発は非常に大きな被害をもたらし今現在もこの先何時になったら被害にあわれた福島の人達が戻れるのか
本当に大変な事になりました。

しかし現状すぐに原発を無くす事は難しい事です。
国力維持の為に簡単に無くせません。経済活動を阻害する事は日本国内の雇用が維持できなくなり企業が海外へシフトし国内の産業空洞化を招く事等別な意味で大変なこともあります。

今回の事故は地震と津波は天災でありましたけれど事故そのものは人災で有った事を冷静に考え検証する事が必要と思います。
最近になって色々な事実が出てきているようですが何年も前に津波に対しては無力であり対策を講じる助言を受けながら何ら対策を講じなかった事や、菅のパフォーマンスによる被害拡大などです。

結局は何重にも対策を講じる必要性を握りつぶして対策を怠った東電と指導しなかった政府の責任が大きいのです。
被害を見れば原発を無くすことももちろん必要かとは思いますが、ではその足りない分を何で補うのか、そのインフラ整備にどれだけの予算と時間が必要かをよく考える事、また電力料金の負担がどれだけ増えるのか?色々と有りますね。

国の科学技術の維持発展から見た場合は原子力の技術を発展させより安全でコントロールが容易な技術開発と維持は絶対に欠かせないものとも思います。
2011/08/31(水) 08:41 | URL | 一有権者 #-[ 編集]
大切な国土
そんなに大切に守った国土に多くの不完全な原発を建設して現在の事態を招いた人たちを許すことができるでしょうか。
戦争で国土を失わなくとも今の状況では、福島は失われたのと同じです。
2011/08/31(水) 04:39 | URL | 甘木 #AIlHpmOk[ 編集]
案件(議題順): 内閣総理大臣の指名
第177回国会本会議中継2011年8月30日 (火)
開会日 : 2011年8月30日(火)
会議名 : 本会議
収録時間 : 39分
案件(議題順): 内閣総理大臣の指名
横路孝弘(衆議院議長)  13時 02分  36分
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
2011/08/31(水) 00:41 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
急性白血病で作業員死亡 福島第1原発に従事「作業との因果関係なし」
 東京電力は30日、福島第1原発の復旧作業に当たっていた40代の男性作業員が急性白血病で死亡したと発表した。この作業員の被ばく線量は0・5ミリシーベルトで、東電は「医師の診断によると作業と死亡の因果関係はない」と説明している。
 東電によると、男性は8月上旬から1週間、放射線管理などの業務に従事。体調不良を訴え診察を受けたが、その後死亡した。内部被ばくはゼロだった。就労前の健康診断では問題がなかったという。16日に元請け企業から東電に連絡があった。
 東電によると、急性白血病に関する厚生労働省の労災認定基準は年間5ミリシーベルト以上の被ばく、1年間の潜伏期間などがある。この男性の福島第1原発での作業は、基準に達しないという。同原発の作業に従事する以前の職歴については分かっていないが、東電は「これ以上調査する予定はない」としている。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110830/bdy11083013180003-n1.htm
2011/08/30(火) 19:05 | URL | #-[ 編集]
貸出先の性格に違いも長銀事件と同じ結論 旧日債銀差し戻し控訴審判決、逆転無罪
貸出先の性格に違いも長銀事件と同じ結論 旧日債銀差し戻し控訴審判決、逆転無罪
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110830/trl11083012060003-n1.htm
【関連情報】
【足銀問題】
http://www.aixin.jp/agmd.cgi

次々と覆られる小泉ー竹中イカサマ金融政策、海外へ逃亡する主犯企業
の詐欺組織。  長銀から日債銀に続くりそな銀
行は国民を騙す手口で株価は急回復して濡れ手
に粟の大勝利した外資ハゲタカ軍団。
 次なる大型倒産経済詐欺事件は足利銀行。
【足銀国有化の見直しの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj3.cgi
【足銀国有化の見直しのタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
2011/08/30(火) 15:48 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
No title
★日本の原発の全ては地震に耐えられない欠陥品★ 原発を廃炉にしなければならない論理的事実
http://soumoukukki.at.webry.info/201108/article_8.html
2011/08/30(火) 14:21 | URL | ・●日本の破壊の全ては 自民党の売国行為が発端で有る事を認識 #urZPoj9o[ 編集]
軍国賛美でしょうか…
ねずきちさん
今日も、日本人が語り伝えることができなかった、お話をありがとうございました。
日本人は、辛く苦しい過去は語らないので、こういう事実を知ることができませんでした。


名無しさん
是非、8月15日に昇殿参拝されてみてください。
そうすれば、軍国賛美とかの安易な言葉で、簡単に決めつけることなどできないとわかるはずです。
靖国拝殿で手を合わせれば、真実が見えてきますよ。

必ず♪
2011/08/30(火) 11:56 | URL | 普通の人 #-[ 編集]
No title
2011/08/30(火)10:38名無しさんへ

軍国主義賛美ではありませんよ。日本の民間人、特に子供や婦女子、老人を一分一秒でも早く逃がしてあげてたいと願いソ連軍の攻撃に敢然と反撃した日本の兵隊さん達のお話です。
貴方のおじいさんか御親戚にもこのように日本と家族を守る為に戦ってくださった方がいるはずです。
その血筋を貴方も継いでいるのです。よく自分の御先祖様の事を考えて見られる事も必要です。
2011/08/30(火) 10:58 | URL | 一有権者 #-[ 編集]
軍国主義を賛美するネトウヨ。
キモチワルイ
2011/08/30(火) 10:38 | URL | #-[ 編集]
馬鹿な中国への修学旅行
中国への修学旅行について 

①学校および教育委員会は、万が一の事故の場合の医療体制等を点検する義務があるが、 長崎県教委は把握していないことが判明した。 
高校教育班M氏によると、高速鉄道の事故処理のような人命を二の次にした処理がないように、「願う」しかないとのこと。
http://www.youtube.com/watch?v=5qI0uzXC090
(中国高速鉄道事故後の、事故処理映像)



②同じ案件で長崎W高校に問い合わせたところ、事故処理の方法については把握していない。
修学旅行担当の学年主任M氏は、日本同様に人命を尊重するような 処置を要求することは、内政干渉になるという認識。
①②に共通するのは、長崎県教委も長崎W高校も文初高一三九号などの通達に違反する。
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/t19880331002/t19880331002.html 
また、生徒の人命を軽視している。 

http://jbbs.livedoor.jp/news/1898/



③公船がわが国の領海を侵犯した。緊張が高まるのではないか。生徒を人質のような状況に置かれるようなことにはなりはしないか? 
という問いには、外務省の渡航禁止措置や学校長判断で対応するという県教委M氏の返答を戴いたが、危機意識が不足していると考える。 
2011/08/30(火) 08:59 | URL | 不経済な中国への修学旅行 #N.CarXIg[ 編集]
No title
素晴らしい武勇伝だと思います。まさに大軍にひるまずに戦う様は大阪夏の陣の真田幸村軍のごとき鬼神と化した精鋭の部隊だと感じました。こうした終戦まぎわの帝国軍人の戦いはまさに真の大和魂を感じさせてくれます。そして、婦女子が蹂躙されずに無事に帰国してくれとの願いもあったと思います。そうした尊い犠牲があったからこそ今日の日本の礎があったと確信しています。
2011/08/30(火) 08:53 | URL | alto5611 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク