アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


特攻せず。芙蓉部隊美濃部正少佐

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

美濃部正少佐
美濃部正少佐


日本海軍に、終戦時まで大活躍した「芙蓉部隊(ふようぶたい)」と呼ばれる飛行隊があります。

この飛行隊は、NHKや、フジテレビ、テレビ東京などで、「特攻を拒否した」=「ヒューマニズムあふれる航空隊」として紹介されています。

なるほどこの芙蓉部隊は特攻攻撃をせず、終戦時まで戦力を蓄え、果敢に米軍への攻撃活動を継続しているのですが、その隊長であり、芙蓉部隊の創設者である美濃部正(みのべただし)海軍少佐は、次のように述べてヒューマニズム説を明確に否定しています。


=========
戦後よく特攻戦法を批判する人があります。
それは戦いの勝ち負けを度外視した、戦後の迎合的統率理念にすぎません。

当時の軍籍に身を置いた者には、負けてよい戦法は論外と言わねばなりません。
私は不可能を可能とすべき代案なきかぎり、特攻またやむをえず、と今でも考えています。

戦いのきびしさは、ヒューマニズムで批判できるほど生易しいものではありません。

ーーー美濃部正
=========

文章からわかる通り、美濃部少佐は、戦後も生き残りました。
そして彼は航空自衛隊に身を置き、最終は空将となって後進の指導に当たっています。

美濃部正少佐は、旧姓を太田といます。
昭和16(1941)年11月にご結婚され、姓が美濃部と変りました。
海軍兵学校は、第64期で、最初は水上偵察機のパイロットをされていたそうです。

昭和18年11月に、ソロモン諸島の水上機を装備した航空隊の飛行隊長に就任し、そこで水上偵察機を利用して、夜間策敵や敵基地の夜襲を行い、大戦果をあげています。

昭和19年1月には、水上機たった一機で敵の飛行場を爆撃し、大成功をしています。

このあたりのことについて、すこし解説が必要かと思いますので、ちょっとだけ脱線します。

大東亜戦争の転機となった時点について、戦後、多くの識者は、昭和17年6月の「ミッドウエー海戦」を掲げます。
ミッドウエーでは、たしかにそれまで連戦連勝だった帝国海軍が、初といっていい大敗北を喫したのですから、そう思われても仕方がない節があるかもしれません。

けれど、ミッドウエーで日本海軍が失ったのは、空母4隻と航空機の285機にすぎません。
この時点では、まだまだ帝国海軍には、十分な余力があったのです。

それよりも、日本が戦力を大幅に消耗したのは、実は、ミッドウエー海戦の後に行われた、ソロモン諸島の戦いです。

この戦いは、昭和17年8月から昭和18年11月まで、1年以上に渡って行われた戦いで、日本は8万人の将兵を戦死により失い、艦船50隻、航空機1500機を喪失しました。
もちろん米軍の側も、この戦いではたいへんな損害を出しており、米軍側も戦死11000人、喪失した艦船40隻、航空機800を失っています。
日米両軍とも、大消耗戦を戦い、最終的に日本がガダルカナル等の拠点を放棄して、戦線を縮小し、撤退した。

ではなぜソロモン諸島で、両軍がこれだけの大消耗戦を行ったかというと、理由があります。
それはひとことでいえば、米軍が「戦法を切り替えた」ということです。

それまで、米軍は、米海軍の機動部隊による日本統治領への進出を作戦の主体にしていました。
ところが黄色い猿と見下していた日本側がとても強い。
米海軍は、空母やら艦船、あるいは航空機が次々と撃墜されたり沈没させられたりしていたのです。

そこで米軍が考えたのが、陸上の飛行場の建設です。
まず、日本軍がやってこない後方に飛行場を建設する。
そこから飛行機を発進させ、日本軍の基地を叩く。
日本軍が、防戦している間に、前線に米軍の飛行場を建設する。

要するに、空母だと強力な日本軍の航空隊に空母ごと沈められてしまうから、陸上に飛行場を建設しちまおうというわけです。
南方の島々は、珊瑚の島だから、基本、平坦です。
だからそこにブルドーザーを持ち込んで、一気に木々をなぎ倒し、鉄板を敷いて滑走路にしてしまう。

普通に私たちの現代の感覚から見ても、成田に飛行場をひとつつくるだけでも、膨大な期間を要する大工事が想像されます。
それを、一夜のうちに実現してしまった。
当時の日本軍にしてみれば、「まさか」の出来事だったわけです。

そして陸上の滑走路は、上に枯れ葉を敷き詰めたネットを敷くことで、簡単に偽装できた。
ですから、日本軍からしてみれば、米軍の飛行機がどこから飛んでくるかわからない。

きわめて単純でわかりやすい戦法です。
けれどこの単純な戦法で、日本は7000機を越える航空機と、7200人のパイロットを失った。
ミッドウエーの比ではなかったのです。

米軍のこの作戦で、日本は1年半後には、この地域から残存空軍をすべて撤収することになった。

昭和19(1944)年12月に内地に帰還した美濃部少佐は、米軍の行ったこの作戦を、日本本土を守るために逆用しようと考えます。

彼はまず、日本本土の後方に、前線攻撃のための航空機基地を構築した。
本土防衛のための防空基地ではありません。
攻撃のための基地です。
その場所は、静岡県藤枝市、現在の航空自衛隊静浜基地です。

昭和19年12月から、翌昭和20年1月にかけて、まず優秀なパイロットをこの基地に集めた。
そして艦上爆撃機として生産されながら、故障が多いからと放置されていた水冷式エンジン搭載の「彗星」を、この基地に集結させます。

彗星
彗星


そして1月には、正式に3個飛行隊を擁する芙蓉部隊を創設し、ここを拠点に猛烈な急降下爆撃の訓練を実施します。

その年(昭和20年)3月、沖縄戦が始まります。
美濃部少佐は、芙蓉部隊の前線基地を、鹿児島県の鹿屋に進出させる。

沖縄に集結した米軍機動部隊は、千機以上の航空機をもって、九州一帯から瀬戸内海方面まで、日本軍の航空戦力に爆撃を敢行し、大打撃を与えます。
一方日本側は、米艦隊に向けて特攻攻撃を仕掛けるとともに、新型戦闘機の「紫電改」による精鋭部隊で米軍航空隊を迎撃します。

特攻機は、昭和20年3月19日には、米軍大型空母フランクリン、同ワスプを急襲し、フランクリンを大破させ、戦死832人の戦果をあげ、ワスプも大破して戦死302人の大戦果をあげています。
さらに5月11日には、米軍の誇る大型空母バンカー・ヒルも大破させている。

この間の芙蓉部隊の戦果もめざましいものがあります。

芙蓉部隊の進出した鹿屋飛行場では、まず飛行場への空襲を回避するため、使用中以外は滑走路に仮設小屋や立木を置いて偽装し、滑走路に家畜を引き入れて牧場風にしただけでなく、飛行機も木の枝などで徹底的に隠し、また到着した飛行機からはガソリンを全部抜き取って火災による損傷を最小限に抑えます。

そして、特攻機が飛び立つと、特攻機が米軍によってレーダー補足されないよう、特攻機の進撃方向とは全然別な空域に金属片を散布して偽装し、特攻攻撃を成功に導きます。

さらにロケット弾や、空中で爆発して爆片をまきちらす新型爆弾などを積極的に導入し、
4月6日には、嘉手納海岸周辺の米軍巡洋艦を撃沈。
さらに12日には、米軍が占領した嘉手納基地を急襲して爆撃。
16日には、同じく嘉手納基地、読谷基地を急襲して爆弾を投下。
20日から26日にかけて、策敵行動をし、敵機を迎撃し、
27日には、北飛行場を爆撃し、中飛行場、伊江島飛行場の米軍を爆撃、慶良間で米艦隊を銃撃し、係留してあった飛行機を撃破。
30日には、敵夜戦機をおびき出し、燃料切れまでひっぱり回した上で、飛行場を襲撃し、敵空母を大破。

こうして芙蓉部隊は、8月15日の終戦の前日まで、述べ630機を出撃させ、莫大な戦果をあげます。
その戦果に対して、損害は、47機のみです。
しかも終戦時点で、なお、50機の残存戦力を持っていた。

芙蓉部隊は、あの物資の欠乏し、戦局厳しくなった戦争末期に、あえて特攻は行わず、人知の限りを尽くした戦法による爆撃や迎撃で、最後まで戦い抜きました。

戦争が終わり、GHQによる日本人洗脳計画がスタートし、日本国内では、メディアや左翼系有識者らがこれに悪のりすることで、戦争を起こしたのは全部軍部のせいだ、特攻などは、軍部が人命軽視をしていたなによりの証拠だ、などといった論調が形成されていきました。

そうなると、俄然、注目を浴びるのが、最後まで特攻攻撃ではなく、通常攻撃にこだわって大いなる戦果をあげた芙蓉部隊の存在であり、美濃部少佐の存在です。

メディアや左翼系学識者らは、なんとかして美濃部少佐を引っ張りだして、彼を戦時中、「人命軽視」の特攻攻撃に逆らったヒーローに仕立て上げようとします。

ところが、美濃部少佐は、こうした世論(?)の流行に、いっさい妥協しようとしなかった。
いくらそれが世論だからといっても、彼は帝国軍人として育った自らの信念を曲げることはなかった。

美濃部少佐は、航空自衛隊が組織されると、これに入り、最後は空将にまで登り詰めます。
その彼は、ひとこと、次のように述べています。

「戦前の海軍兵学校の人間教育及び卒後の人間関係は、戦後のどんな教育機関、組織より優れていたよ」


最後に、なぜ今日、美濃部正空将のことを記事にしたかについて、ボクの思いを少し書きたいと思います。

美濃部空将は、戦後も生きた方です。
その空将の戦前のご活躍は、靖国の英霊にも匹敵する素晴らしい戦いでした。
彼はまさに、日本が生んだ天才空将と言ってもいいかもしれない。

その彼は、自身の活躍をメディア等で語ることもなく、また何ら自慢することもなく、そして左翼の学識者や偏向メディアに踊らされることもなく、黙って後輩のパイロットを育て続けて、お亡くなりになりました。

戦後世代の私たちは、「言わなければわからない」という世代だと思うんです。
戦後の私たちの時代の日本人は、
「ちゃんと説明しなければわからない」
「わからないのは、ちゃんと説明しない方が悪い」
などと考える風潮があるようです。

黙っていたら誤解を生むだけ。
言わなきゃわからない。

たとえば会社の仕事にしても、マニュアルを見なきゃわからない。
自分はマニュアル通りにやっているのだから、それで失敗しても、それはマニュアルのせいであって、自分の姓ではない、などと考えるのが、いまでは普通のことになっています。

けれど、もともと日本にある文化は、そうではないのではないかと思うのです。
「言わなくてもわかる」
「見ている人は見ている」
「言わなくてもわかるものがわからないなら、そのわからない方が、勉強が足りない」
そう考えるのが、昔の日本人だったのではないかと思うのです。

私たちの世代は、そんなのは日本人にだけ通用する理屈であって、国際化社会ではそんなの通用しない、などというのが「常識」となった世代です。

けれどほんとうにそうなのでしょうか。

国宝である正倉院には、頑丈な鍵はついていません。
そこにあるのは、紙の封印だけです。
鍵が、ただの紙なのです。

ただ紙が貼ってあるだけで、そこで誰も盗みを働こうなどとしない。
マニュアルなんてなくても、注意事項書や、警告文などなくても、ただそこに紙が貼ってあるだけで、誰もが盗みにはいろうなんて思わない。

「言わなくても、そんなのはあたりまえ」
それが日本社会だったのではないかと思うのです。

けれどそれって、人類の理想社会なのではないでしょうか。

美濃部空将は、死ぬまで自らの手柄を誇るようなことはせず、また、自分が行った通常攻撃は、特攻とともに勝つための作戦として行ったにすぎないと、謙虚です。
その偉業を、一部の学者が特攻批判、軍隊批判の道具に利用しようとしたけれど、美濃部空将は、そんなものまるで相手にしようとしなかった。

そうとうストレスはあったようです。
ですから晩年の美濃部空将は、何度か胃の潰瘍手術もしている。
けれど、それでも「わかる人にはわかる」と、彼は弁解も、通釈も、なにもしなかった。

下にチャンネル桜の、美濃部空将に関する動画を貼っていますが、お時間のある方は、是非、ご覧になっていただきたいのです。
晩年の美濃部空将は、とても良いお顔をされている。

何を言われても我慢し、「わかる人にはわかる」と耐え抜いた先に、この美濃部空将の、まるで神様のような良いお顔立ちがある。
そんなふうに思うのです。

人は、良いときには、ちやほやされます。
けれど、ひとたび落ち目になると、ボロカスに言われる。
かつての帝国軍人さん達がそうでした。

けれど、そうした批判や中傷、あるいは利用しようとする悪徳識者らの誘いに、彼は一切応じようとせず、「わかる人にはわかる」と、自らの使命をまっとうして、お亡くなりになった。

戦後世代が否定してきた昔の日本の文化が、実は、もしかしたら、ほんとうの意味で世界が必要としている普遍性を持った文化だったのかもしれない。
そんなふうに思えるのです。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

芙蓉部隊、特攻せずPART1


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

【ご寄付について】
ねずブロの取材を応援いただける方は、以下の口座からカンパいただくことができます。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
nezu@nippon-kokoro.com

日本の心を伝える会 日心会
関連記事

コメント
No title
言われなくても察する、その日本人の美徳を悪用し、
千の嘘を重ねているのが反日活動家なのでしょう。
これらの嘘を報道を通じて大々的に広報する。許せない行為ですが、感心するほど上手いやり方です。
一度広められた情報を訂正するのは容易ではないし、大変な労力と気力が必要な作業になってしまいますから。
それに勇気も必要になります。自分や周りの人が害されるかもしれないのですから。
反日活動はそこを利用して、あからさまな捏造でも垂れ流し、指摘されると形だけのお詫びをします。そのお詫びを新聞や雑誌の隅に小さく一度だけ掲載し、ほとぼりが冷めたらまた嘘を垂れ流す。

また検証や報道を生業としない人々にとって、報道される事柄について関心を持ち、かつ真実か否か調べる作業を行うのはかなりの根気と手間を必要とします。
それらに時間を割くより楽を求めてしまう。そもそも真実を追及する理由を求めないのかもしれません。
本来なら学校教育や報道、政府広報によって人々の関心を惹起するべきなのに、それらの情報伝達手段の多くは反日家によって運営され、真実ではなく嘘が垂れ流されてしまっています。
2011/10/25(火) 20:14 | URL | 伝次 #-[ 編集]
お~
芙蓉部隊の本 私も昔読みました 美濃部隊長…戦後空自に居たのは知らなかったです… 大先輩だったのですね(私ゃ陸自でしたが (*_*)) 最後まで武人らしく信念を貫いた方だったのですね
2011/10/24(月) 21:41 | URL | ひろし #-[ 編集]
『国家の存亡』をベストセラーに
『国家の存亡』をベストセラーに


http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-539.html
『国家の存亡』(関岡英之著、PHP新書)を50万部のベストセラーにしましょう。
農業や医療などの関係者にも拡散しましょう。
2011/10/24(月) 21:34 | URL | 強い日本 #fRwR10vA[ 編集]
No title
戦争を知らない私達が「戦争をした日本人が愚かだった」とどうして簡単に語れるでしょうか?

 <「不可能を可能とすべき代案なきかぎり、特攻またやむをえず」

この言葉重いです。

2011/10/24(月) 21:25 | URL | #-[ 編集]
No title
ニコニコ生中継

民主前座り込み
http://live.nicovideo.jp/watch/lv68475047
2011/10/24(月) 21:01 | URL | 某さん #LkZag.iM[ 編集]
震災復興特別委員会審議中継を見ています
第179回国会審議中継
10月24日13:00~
震災復興特別委員会審議中継を見ていますhttp://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=41387&live=yes&media_type=wb

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
2011/10/24(月) 13:48 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
日教組とはこういうものだ!!!
日教組とはこういうものだ!!!
http://blogs.yahoo.co.jp/yaninattyauyo/62858096.html

【関連情報】
【拡散】 日教組の戦略的反日偏向教育による洗脳の脅威
http://www.youtube.com/watch?v=NBZ7MQ7jHaM&nofeather=True
(動画)
教育は国家100年の計、ロシアや支那の共産主義
革命を目的に活動している日本政治団体、旧社会党、
社民党、共産党などと日本人社会の破壊者公明党の
今までの行いを見て自分自身の頭で冷静に判断して
下さい。
 現在の日本をこの様な反日売国団体である民主党政権
が推進している破壊活動により国民の自由や人権を
抑圧する共産主義、社会主義に向かって突進しています。
 この国日本を日本民族が守るために愛国系日本民族は立ち上がって下さい。
詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2011/10/24(月) 12:03 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓

↓好評発売中↓




ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク