アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


永野修身元帥のこと

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

永野修身
永野修身


永野修身(ながのおさみ)のことを書いてみようと思います。
といっても、日本海軍で、海軍大臣、連合艦隊司令長官、軍令部総長の3重職を全て経験した、ただひとりの人です。
元帥閣下でもある。
有名人なので、これをお読みのみなさんの方が、ボクなどよりはるかに詳しいかもしれません。

たいへんな経歴の持ち主なので、そのひとつひとつのエピソードをご紹介したら、それこそ一冊の本になってしまいます。
なので、ボクが永野修身の人生の中で、さすがだな、すごいな、と思ったことをすこし書いてみたいと思います。


永野修身は土佐の人です。
ちなみに一番尊敬していた人が、同郷の坂本龍馬だったとか。

もっとも永野自身は、土佐藩の士族(上士)の家柄で、明治13(1890)年生まれ、高知海南中学(現・高知県立高知小津高等学校)を卒業後、海軍兵学校に入学しています。
入学時、卒業時とも、成績は2番。とても優秀な方でした。

そして24歳のときに、日露戦争を戦っています。

開戦のときは、巡洋艦香港丸乗務でしたが、その後、旅順旅順要塞攻撃の海軍陸戦重砲隊の中隊長に任官しています。

司馬遼太郎が日露戦争のことを描いた「坂の上の雲」では、旅順要塞を20センチ砲で陥落させた後、要塞から眼下に見える旅順港に停泊するロシア太平洋艦隊にすかさず砲撃を加え、敵艦隊をあっという間に撃滅してしまったかのように書かれていますが、実は、これは事実とかなり様子が異なります。

そもそも旅順要塞から、旅順港は見えません。
見えるわけなどないのです。そんなところに要塞なんて作らないです。

そもそも旅順要塞は、旅順港に停泊するロシア艦隊を護るために、ロシアが築いた要塞です。
要塞から旅順港が見えるのなら、要塞を攻めようとする敵(この場合日本軍)からも、港が見えてしまうわけで、それなら日本は何も苦労して旅順要塞など落とさなくても、要塞の近くからロシア艦隊に砲撃を加えれば良い。

つまりどういうことかというと、旅順要塞というのは、旅順港を背後から攻撃しようとする敵を、後ろからやっつける位置にあるわけで、ですから、要塞の位置は、山二つ分くらい、港の後方にあります。

何年か前、ボクは支那で、この旅順要塞の跡地に立ってみたのですが、実際、旅順港なんて遠くの山の彼方にあって、とてもじゃないけれど視認できるような場所ではありませんでした。

ついでに言うと、いまでもこの旅順要塞跡地には、乃木大将が建てた、ちょうどライフルの銃弾のような形の記念碑が立っています。
そこまではいいのですが、その脇に、中国共産党が建てた石碑があって、そこには、
「かつてこの地で、日本人とロシア人が意味のない殺し合いをした云々」との記述があった。
あまりに腹が立ったので、写真を撮ることも忘れて、後ろから思い切り石碑を蹴飛ばしたら、足が痛かった(笑)。
それにしても、この跡地は、日本人は立入り禁止区域となっているとのことだったけれど、こんな石碑が建っているのでは、さもありなんと妙に納得したものです。

話がついつい脱線してしまいましたが、要するに、旅順要塞から旅順港は、すくなくとも「眼下には見えない」わけです。

さりとて、そもそも日本軍の戦死者約5050名、負傷者約1万6930名という莫大な損害を出してまで旅順要塞を攻略したのは、旅順港に停泊するロシア太平洋艦隊を、なんとしても殲滅しなければならないからです。

もちろん、旅順要塞の先にある山を越せば、旅順港は眼下に見下ろせます。
そこからなら、百発百中で、港にいるロシア艦隊を沈めることができる。

けれど、そのためには、旅順要塞と旅順港の間にある山を2つも越えなければならず、しかもその山は雑木林で、道すらない。
そんなところに、ドでかい大砲を運ぶとなれば、まずは大砲が通るための道を造成し、しかる後に砲撃を加えなければならない。

けれどそんな悠長なことをしていれば、旅順港にいるロシア艦隊は、日本がのんびりと道を造っている間に、とっとと逃げ出してしまいます。

そしてこのロシア太平洋艦隊が、欧州からやってくるロシア・バルチック艦隊と合流したら、もはや日本海軍に勝算はありません。
そうなれば、日本は制海権を失い、大陸にいる日本陸軍は退路を断たれ、補給を失い、ロシアの大軍の前に全滅してしまう危険すらある。

日本としては、何が何でも、すぐに旅順港にいるロシア艦隊への砲撃を開始しなければならなかったのです。

このとき、一介の海軍重砲隊の中隊長がひとつの案を出します。
そしてそれが採用になる。

案を出したのが、若き日の永野修身です。
彼は、重砲隊指揮官の黒井悌次郎大佐(のち大将)に、座標をもとにして、二〇三高地から着弾地点を観測し、無線連絡で着弾点を補正する方法を提案したのです。

そして自ら、着弾観測と照準補正連絡のために、港の見える最前線まで赴き、そこで着弾点座標修正の陣頭指揮を執り、砲撃を大成功に導いています。

もともと永野修身は、兵学校時代から「創意と意欲の塊」と称された人で、その創意工夫が、この二〇三高地でも、活かされたわけです。

ただ、この件について補足しなければなないのは、軍という、大勢の専門家が参画するプロ集団の中にあって、普通なら一介の中隊長の意見など、採用になることはまず、ない、ということです。

会社勤めをしていても、こうしたほうがいい、ああしたほうがいいなど、「良い案」を持つ人はたくさんいます。百人の社員がいれば、おそらく百通りの方法論がある。

けれど問題は、自分の持つ「良い案」を、いかにして「通すか」です。
具申した意見が良ければ採用となるなどというほど、世の中、甘くないのは、少し社会経験のある人なら誰でもわかることです。
しかも昨日今日、学校を出たばかりの、まだ青二才だった永野修身が、その意見を述べ、そして「通した」ということは、それだけ彼の日頃からの言動が、上官をして「なるほど」と思わせるだけのものがあったということです。

このことは非常に大切なことで、昨今では「意見が通らないから」と、拗ねたり、逆に上司の悪口を言ったりするような情けない行為が、まるで市民権を得ているようだけれど、そうではない。
意見を通すには、その意見の内容が正鵠を得ていることと、さらに、日頃からの上司との信頼関係がきちんと成立していなければ、通るものも通らない、ということです。

そして見事に、永野修身は、自身の意見を通し、無線通信によって弾道を補正するという案を、軍に採用させたのです。

そしてこれもまた、実にたいへんなことです。
無線通信といっても、当時はまだ、トンツートントンのモールス信号の時代です。
現代のように、音声通信ができる時代ではない。

また、当時の大砲は、いまのうようなGPS搭載で、弾が勝手に軌道修正して目標に命中するなどというようなものでもありません。
砲撃は、大砲の方位を合わせ、相手との距離から仰角と火薬の量を調節し、その上で命中させる。

発射した大砲の弾の着弾地点を見て、具体的に方位何度、仰角何度修正、しかもその修正をモールス信号で無線で知らせ、その上で「撃て~!」とやるわけです。

最前線で着弾地点の観測をする永野は、瞬時にこの方位、仰角の修正角を暗算し、その修正角を無線で指示した。
後方で大砲を撃つ砲術班は、その指示通りに、見えない敵艦をめがけて、大砲を発射する。

永野の指示した弾は、ことごとくが命中だったといいます。
まさに、プロの技、匠の技ともいうべき活動だった。

後年、海軍軍令部総長にまで出世した永野だけれど、彼は、単に頭がよく、人柄も良くて、体力、気力にも恵まれ、軍事に関する技量にも恵まれていただけでなく、若い頃からたいへんに義侠心が強く、一時は清水次郎長一家に本気で弟子入りしようとしたというくらい、侠気のある男だったそうです。

だからこそ、日露戦争、第一次大戦、支那事変と、度重なる戦の中で、多くの部下を失いながら、そのことの重みや辛さを一番わかっている人でもあった。

だからこそ彼は、大東亜戦争の戦時中、軍令部総長として、実務は次長以下に任せながら、自身は戦没者の墓碑銘を日々、書き連ねていた。

よく「軍人は戦争好き」などとバカなことを言う人がいるけれど、軍人ほど戦争の厳しさを知り、戦争回避を願う者はいないと言っていいと思う。

大東亜戦争の開戦にあたっては、永野は終始一貫して、米国との戦いにおいては、太平洋まで出て米国と直接対決するという案に、「余りにも博打すぎる」として、反対し続けています。
最終的には、山本五十六らが「太平洋に出て行くという作戦が通らなければ連合艦隊司令部一同が総辞職する」と永野に詰め寄り、結果としてこれを承認しているけれど、彼は、むしろ南方資源地帯の確保と、本土防衛を主軸とした漸減邀撃作戦でいくべきとの考えでした。

このことは、戦争が終わってみての結果論にすぎないけれど、結果から見れば、永野の案の方が正しかったのではないかと思う。
なぜなら、大東亜戦争において、日本はあまりにも太平洋に戦域を広げすぎていたと思うからです。
このことは、旧陸軍の生き残りの士官の方などのお話を聞くと、常に言われることでもあります。

「南方資源地帯の確保と陸軍の活動の支援に徹していれば、日本はミッドウエーでの大博打もなく、資源の確保も確実に行え、制空権、制海権を失うこともなく、陸軍の多くの将兵を飢え死にさせることもなかったのではないか。日本が負けたのは海軍があまりにも戦域を太平洋に広げすぎたためだ」というお話は、旧陸軍の関係者の方々が口を揃えておっしゃられることでもある。

結果として、永野は山本五十六らに押され、真珠湾攻撃と太平洋の島々への出撃を許可したのだけれど、戦後、東京裁判においてA級戦犯とされた永野は、裁判中、自らにとって有利になるような弁明を一切していません。
そして真珠湾攻撃の責任の一切は自らにあるとし、戦死した山本らに真珠湾の責任を押しつけるような発言は一切なかった。
その姿に、米国海軍大将のジェームズ・リチャードソンは「マーシャル永野こそ、真の武人である」と絶賛を惜しまなかったといいます。

いま、永野修身閣下は、靖国神社に祀られ、墓所は、東京都世田谷区の浄真寺と、地元高知の筆山墓地に置かれています。

その永野が、開戦前に述べた言葉が、昨日の記事でご紹介した、以下の言葉です。

~~~~~~~~
アメリカの主張に屈服すれば亡国必至であるとのことであったが、
戦うもまた亡国であるかも知れない。

すなわち戦わざれば亡国必至、
戦うもまた亡国を免れぬとすれば、
戦わずして亡国にゆだねるは身も心も民族永遠の亡国である。

が、戦って護国の精神に徹するならば、
たとい戦い勝たずとも祖国護持の精神がのこり、
われらの子孫はかならず再起三起するであろう。
~~~~~~~~

その子孫とは、私たちのことです。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

泉水隆一監督作品 凛として愛 (字幕つき)


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
関連記事

コメント
No title
永野さんといえば日露戦争における軍功が圧倒的ですが、大孤山から海軍重砲隊中隊長として、戦艦レトビザンに命中弾を与え、黄海海戦のきっかけをつくったことは有名ですよね。あと軍政面でも大角人事によって追放されてしまった条約派や軍政畑軍人(山本や井上、米内など)を海相時代に再復活させたエピソードとか。
2011/12/06(火) 21:09 | URL | たぬ #VgYZu9o6[ 編集]
吉報
http://www.youtube.com/watch?v=se83s5-XGB8&feature=player_embedded

小沢氏と橋下氏の連携で、公明党と世襲制で議員になっていない自民党議員の連携が動き出します。
2011/12/04(日) 19:09 | URL | ちょっと失礼 #-[ 編集]
203高地を落とした時点では観測所としての重要性は少々低下してたそうです それ以前に港めがけて大弧山観測所から砲撃がされてて たまりかねた艦隊が湾外に出て海戦もしてます が やはり203高地は敵の予備兵力消耗させる意味でも重要な拠点であるのには間違いはないでしょうし 決して永野閣下の功績が薄れるわけではありません ちなみに 観測射撃した28サンチ砲弾は不良品も多く 多数命中はして被害は与えましたが多くは自沈処理をしたようです 我が家に有る旅順攻略戦の本類は司馬さんの考えが元になってるようで 児玉元帥が203高地に攻撃変更を命じて 占領し観測射撃して艦隊殲滅 というふうに書かれてる物しかないのでアチコチ覗いて調べてる途中でもあります
2011/12/04(日) 14:11 | URL | ひろ #s1IOzH.I[ 編集]
No title
昨夜に続いて投稿させて頂きます。
経済産業省が緊急用の石油備蓄施設を
韓国の釜山あたりに作る計画をしているようです。
詳しくは
http://www.asahi.com/business/update/1202/TKY201112020700.html
を見て下さい。
2011/12/04(日) 07:45 | URL | まさ #-[ 編集]
No title
旅順港砲撃については司馬遼太郎の小説の知識しかありませんでした。
確か小説中では203高地の価値に気がついた児玉源太郎が旅順要塞を壊滅させ、その後はやりたい放題で旅順港に砲撃したような内容だったと思います。

小説中で繰り返し述べられていたのは、決まった時間に突撃を繰り返す無能な乃木大将が、若い日本の兵を徒に消耗させたということのみだったと思います。それが前線に布陣しないせいだと述べていたように思います。

歴史を好きになるきっかけとしては司馬遼太郎は確かに一役買ったのかもしれませんが、司馬史観は害でしかないですね。
司馬史観にどっぷりだった僕は振り返ってそうおもいます。
2011/12/04(日) 07:36 | URL | wktk #-[ 編集]
私は高知で生まれ育ちましたが、ねずきちさんのおかげで、今日の永野元帥といい野中兼山といい、地元出身の素晴らしい方たちの功績を知ることができ、ありがたく思います。
永野元帥のお墓があるという筆山にはうちの墓もあり、大変身近に感じました。
どうぞこれからも多くの事実を教えてください。
2011/12/03(土) 20:41 | URL | あまがえる #LzNuQ0zA[ 編集]
都知事
青島さんも昔、佐藤栄策はアメリカの男妾だと国会で発言していましたね。
2011/12/03(土) 20:22 | URL | #AIlHpmOk[ 編集]
No title
旅順要塞地跡は日本人立ち入り禁止?
ねずきちさんはどうやってここに入られたんですか?
それはともかく大東亜戦争を起こしたのは
アメリカの国力を知らない陸軍が海軍の反対を
押し切って始めてしまったと今まで教えられて
きましたが、そうではないらしいとわかって
きましたね。
2011/12/03(土) 16:54 | URL | #-[ 編集]
うろ
うろ
2011-12-03

日本における原油の輸入自由化は昭和35年に始まります。

これによって縄文時代から続いた里山生活、自然との共存を捨て去る事となる。

それから、たった何十年しか経ってないと言うのに日本人の民族性は変化をしているが、今如きの日本人はまだ日本人は大丈夫だといった根拠の無い妄想を持っています。何故、危機意識が無いのか?

理由は経済界・体制政府などの既得権者による情報操作ですね。

経済界は、分かりやすいと思います。商人は利益追随ですので自給自足社会は否定する対象としかなりません。ので、大量生産・消費を促進するしか脳がありません。

で、体制政府の方はと言うと、まあ、一緒です。

続きはHPで。↓アドレスです。
http://ameblo.jp/adgjmptw-214c/entry-11093951804.html#cbox
2011/12/03(土) 14:43 | URL | みそ汁の具 #hsC.TtQU[ 編集]
知られざる真実
永野修身元帥の知られざる真実。
旅順攻略戦でのご活躍。初めて知りました!!
…知らないことが多過ぎます…
2011/12/03(土) 05:35 | URL | 晩成 #-[ 編集]
No title
TPP反対署名を米国政府へ直接届けます。 http://p.tl/oQ-G
日本人だけでなく、海外にも知らせてください。世界から包囲網を作りましょう。 

5分でできるネット署名手順を動画解説 ⇒ http://bit.ly/vO4GRh

STOP TPPA of 1%, by 1%, for 1%. Japanese girls made a petition on WH.gov. 日本語ナレーション付 http://youtu.be/QAbvdIaxAio
2011/12/03(土) 04:30 | URL | Facebook「TPPって何?」 #-[ 編集]
日本は米国の「めかけ」=太平洋戦争開戦70年で―石原都知事
東京都の石原慎太郎知事は2日の記者会見で、8日に太平洋戦争開戦から70年を迎えることに関連し「日本は(戦後)ずっとアメリカのめかけできた。国家や民族の自主性まで収奪され、アメリカの情婦だ。今でもそうだ」と述べた。
 石原知事はこの中で「無条件降伏するのはばかで、ドイツ人はちゃんと条件を付けて降伏した。日本人は何もかもアメリカ任せで、ドイツとはずいぶん違う」と強調した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111202-00000080-jij-pol
2011/12/02(金) 23:28 | URL | #-[ 編集]
(^。^)反日工作員粉砕
 いわゆる戦後日本人の立場を一言でいうならば、「モラトリアム」を信奉し、それを固持しているということだろう。
 確かに戦後の進駐軍による占領政策の一環として反国家、反伝統、反民族意識の反日洗脳工作を行う謀略装置としてのマスコミが配置され、占領終了後も温存されてきた。
そして、それが明治憲法の皮肉な陰画として、神聖不可侵にして盤石不動な存在であるように見られてきたのである。
けれども、占領期を克服脱却し、独立を回復して以来半世紀を超えた今に至るまで、それらを維持し続ける必要があるだろうか。
結論をいえば「最早ない」と言うべきである。
これからの我々は、占領期に墨を塗られ隠蔽されてきた日本の真実を取り戻さねばならない。

(・o・)真実を知ろう!
2011/12/02(金) 22:56 | URL | (^_^;)売国商人粉砕 #p.YN4pq2[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク