アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


カンボジアの水道水

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

プノンペンの街並


今日も、日心会のMLで紹介されたお話です。
これまた素晴らしい。
感動します。

~~~~~~~~~
<引用>
【カンボジアの水道水】


「日本の水道水は、蛇口からそのまま飲める世界でも珍しい例です。」
よく知られた話ですし、海外に行かれた経験をお持ちの方なら、それを肌で感じた場面があるかも知れません。
同じように水道水を、そのまま飲める国として「カンボジア王国」があることを御存知でしょうか?
今回は日本とカンボジア王国の水道水にまつわる話を紹介します。

カンボジア王国は、東南アジアに位置する熱帯雨林気候の国で、その豊富な降水量から「水の国」と呼ばれていました。
しかし、長年の内戦で水道インフラは破壊され、1990年代初頭は一日のうち、14時間も断水していました。

水質も悪く、水が悪ければ、おいしいご飯も炊けません。
水道水で炊いたご飯は茶色く色づいてしまったと言います。

おまけに漏水率も低く、その数値は72%。
つまり、供給された水道水のうち、7割以上が一般家庭に給水されるまえに途中の水道管から漏れだしたり、不法に接続された配管から水が盗まれていたのです。

特に首都プノンペンでは、政府高官が水を勝手に売って私腹を肥やす事態まで発生しました。
水道施設などのハード面でも、それを管理監督する人間のソフト面でも荒廃していたのです。

そこで救いの手を差しのべたのは、「北九州水道局」でした。
他の自治体にも打診はありましたが、「カンボジアは地雷の国」というイメージが強く、首を縦にふる自治体は現れませんでした。

主にJICA(独立行政法人 国際協力機構)の技術協力プロジェクトに参画することにより、まず首都プノンペン(人口約120万人)において、2003年から2006年にかけて浄水場の整備や水道管設置に大きく貢献しました。

その結果、以前は半日以上断水していた水道が24時間供給されるようになりました。
さらに2007年からは、カンボジア王国の主要都市(シェムリアップ市・シハヌークビル市・バッタンバン市・プルサット市・コンポンチャム市・カンポット市・コンポントム市・スバイリエン市)でも同様の技術協力事業を行っています。

また、現地に北九州水道局員を派遣するだけでなく、カンボジア王国からの研修生を北九州市に受け入れ、人材育成にも取り組んでいます。

もちろん困難もありました。
暴動に巻き込まれ、滞在していたホテルを焼け出されたり、帰国日前日の夜から翌日朝の出発ギリギリまで浄水場の捜査手順の確認をしたりと、現地での技術指導には、その国のならではのトラブルとの戦いもあったのです。

この技術協力のおかげで、プノンペンでの漏水率は2009年の時点で6.2%まで激減しました。
なお、ロサンゼルスは漏水率9%、ロンドンでも26.5%という数値です。
プノンペンでの漏水率がいかに優秀か、この数値でハッキリわかります。
(ちなみに東京は3%、これは世界最高水準です。)

漏水率が下がると、結果的に水道事業体の経営も改善され、サービスに還元されます。
つまり、「水道を設置したい!」と訴える住民が増え、普及が進み、それが水質向上につながる好循環が生まれたのです。

さらに、職員に制服を支給し、給与も上げて規律を高め、汚職も一掃。
水道料金も順調に徴収出来るようになりました。
水道水を供給する側にも、利用する側にも「蛇口をひねれば、すぐ飲める」という事が誇りになっていったのです。

こうした技術協力が成功するか否かは、現地の人々との信頼関係を築けるか否かが鍵になります。
上から目線で、「お前たちに与えてやる、感謝しろ。そのかわり儲けはよこせよ!」というスタンスでは絶対に信頼関係など築けるはずがありません。

お互いが同じ目標に向かって、共に汗をかき、共に苦労し、共に喜びを分かち合う。
このような姿勢が現地の人々に受け入れられたのでしょう。

任期を終えた北九州水道局職員が日本に帰国する際に、「またカンボジアに戻ってきてください」と、現地スタッフから寄せ書きが送られています。

また、プノンペン水道公社のエク・ソン・チャン総裁は、同公社事務所を訪ねた吉田一彦水道局長に対し、「私達は、北九州水道局を兄だと思っている。日本は経済成長のために、海外にどんどん進出すべきで北九州市は水道分野で、そのパイオニアだ」と挨拶されました。

日本の技術と支援が「信頼」という形になった何よりの証でした。

今日も、日本の技が生み出した透き通った水道水が、カンボジアの人々の喉を潤しています。

<引用ここまで>
~~~~~~~~~

カンボジアの水道、素晴らしいですね。

実はカンボジアの水道は、つい最近まで、なんと100年前の水道管と揚水施設がそのままつかわれていたのです。
もっといえば、首都のプノンペンでさえ、水道を利用できる人は人口の5分の1、水道局内には汚職と非効率が蔓延し、肝心の水道局自体が、月々の電気料金さえ払えない状況が続いていたのです。

そのプノンペン水道局が、平成14(2004)年には、アジアで最高の水道システムを擁するとして、アジア開発銀行から表彰までされるようになったのです。

現在、プノンペンの水道利用率は、ほぼ100パーセント。
巨額にのぼっていた水道局の借金は、すでに全額返済され、水道管はすべて新しいものに取り替えられ、ほぼどの接続口にもメーターが取り付けられています。

ここまで進歩したカンボジアの水道設備の復興に、日本の北九州水道局が関与したというのが、冒頭のお話なのですが、これだけの貢献をした一方で、ある日本の投資会社が、このカンボジアの水道局の利権を買い取ろうと持ちかけたのだそうです。

もちろんカンボジア水道局は、「わたしたちの水道は売り物ではない」とにべもなく断ったのですが、とてもじゃないが、ボクにはこの「日本の投資会社」なるものが、ホンモノの日本人の会社とは思えない。
まったくもって情けない限りです。

いま日本には、3通りの日本人がいるようです。
日本人としての魂を大切にし、日本人としての誇りと矜持を持って生きようとする日本人。
戦後左翼や在日外国人に洗脳され、欲にまみれてアホになった日本人。
そのどちらでもない中間層の日本人。

欲にまみれてアホになった日本人がこれ以上増えないうちに、日本は国家規模で立ち直らなきゃいけないと思います。
そのためにも、覚醒したひとりひとりが、日本をしっかりと学び直すことが必要なのではないでしょうか。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

国旗の重み マンガール村の日の丸


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会

関連記事

コメント
No title
〉水道局の利権を買い取ろうと持ちかけた
許せませんね、人の心を持っていれば出来ないことです
勿論誰であっても許せないことですが、せめて本当は
日本を語っただけと言うおちであって欲しいと思います
2014/06/05(木) 17:07 | URL | 名無しの日本人 #-[ 編集]
No title
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2012/08/27(月) 14:38 | URL | 株の初心者 #-[ 編集]
No title
素晴らしいお話の数々 本当にありがとうございます。
2012/01/29(日) 10:01 | URL | トクメイ #-[ 編集]
No title
いつも素晴らしいお話をありがとうございます。

このような日本人が活躍したお話をマスコミや日教組教育では知らせたり教える事は無いでしょう。
それにしても水の事で気がかりなのは外資による(殆どは中共と思いますが)水源地やその周りの土地の買収や産経にも記事として出ておりますが自衛隊や在日米軍周辺の外資による土地買収です。防衛、安全保守上非常に危ぐされるところです。大正時代に制定されたとされる外国人や外資による土地取得制限の法律を生かし早急に規制すべきと思いますが。・・・対馬や尖閣同様に国内の土地にも気をつけなくてはなりません。

財政難という面はありますが、日本国は自国の防衛と安全を守る為に防衛予算のアップと自衛隊や海保の増強
が必要と考えます。まずは民主党と言う売国政権の打破が何よりも優先されると思いますが。
2012/01/28(土) 13:24 | URL | 一有権者 #-[ 編集]
No title
感動して涙がでました。
2012/01/27(金) 14:37 | URL | 志士 #-[ 編集]
No title
>>ある日本の投資会社が、このカンボジアの水道局の利権を買い取ろうと持ちかけたのだそうです。

この投資会社の名前は絶対に掴むべきですね。
2012/01/26(木) 19:21 | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #-[ 編集]
国旗の重み マンガール村の日の丸
水道の話もですが、マンガール村の日の丸には感動いたしました。

地球の果ての名も知らぬ小さな漁村に『此処に日本の真の友人がいるよ!』と教えてくれた、二人の日本人チームの大事故は決して偶然でjはなかったと察します。

祖先が、この様な国の民族と親交を深めなさいと導いているかのようです。

素晴らしいことを知ることができました、行ってみたいですね!

2012/01/26(木) 14:37 | URL | アンテナ #-[ 編集]
良いお話を有難うございます。
「あいさん」様がコメントを残しておられますが、国賊・日教組によって破壊された道徳教育が、今日のように金銭欲塗れの嘆かわしい日本人を作り出しているのでしょう。

日本のマネーストックは決して潤沢ではなく、一部富裕層の方を除いてセレブを保持する実力がない現実を直視せず、「勝ち組」などとほざく真正エコノミックアニマルが、格差社会を助長し、貧困世帯を増加させて、挙げ句の果てには少子高齢化を招いています。

地方自治体の一部では世帯平均構成人員が2.0人以下にまで落ち込む(=2軒に1軒が一人暮らし)など、日本海側や中山間部を中心に過疎化から、基礎自治体消滅~無人化地域の拡大等という、国家として看過できない現象が広がりつつあります。

過疎化・無人化地域の増加を踏まえて、エコノミックアニマルの一部は地方の切り捨て、大都市への集約・効率化を主張して恥じません。

無人化地域には自衛隊など防衛力を展開せざるを得ず、少子高齢化で税収も先細る中、反比例するように防衛力の増強のために予算が新たに必要になる事実など、国家防衛に必要な当たり前の事実さえ理解出来ない愚かな人々が増加しているように感じます。
2012/01/26(木) 12:32 | URL | cesera #ve3BzUyY[ 編集]
No title
今、その投資会社と同様な事をやろうとしているのが
大阪の市長です。
府と市の水道局を合体させ、供給能力が余っているから
金になる浄水場を売り飛ばせ、と。
供給能力の余裕を持たせる意味など無視し、数字上だけで
判断する愚かさ。
大阪市地下鉄の先人技術者たちが将来の利用者増加に
備えてトンネルをもう一本掘って居たからこそ今梅田駅が
広々としているのに。
売却する為のお題目作りの心理は、日本人の心とは異なる。
2012/01/26(木) 09:49 | URL | 大阪人 #oh4NkpYI[ 編集]
いつもありがとうございます。
むかしは、道徳の時間などで、このような良いお話しを教えてもらったものです。やはり今の日本をよくするためには、よい教育が必要だと思います。学校のみならず、家庭においても、子供には良い徳育を身につけさせたいものです。
2012/01/26(木) 09:10 | URL | あいさん #-[ 編集]
今日もいいお話をありがとうございます。
いいお話ですね。

外国に出て行って収奪する。。
そんな発想は日本人には基本的に無いと思っています。
あるのは共存共栄の精神ではないでしょうか。

有名な東インド会社なんてのは会社ではなく軍隊だった。
戦闘のための国家だったと最近知りました。
とんでもないです。
2012/01/26(木) 08:51 | URL | 兵藤一馬 #-[ 編集]
No title
日本人とカンボジア人の血と汗の結晶である水道システムを買いあさろうとしたふざけた企業の名前を公表すべきでは。
2012/01/26(木) 08:16 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク