アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


ビタミン発見と日本人

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

鈴木梅太郎
鈴木梅太郎


日心会のMLでSさんからご紹介いただいたお話です。

~~~~~~~~
【ビタミン発見と日本人】

最近はインフルエンザが流行っていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
インフルエンザ予防には、うがい、手洗い、そしてビタミン類が多く含まれた食品を摂る事が重要とされています。

ところで、この「ビタミン」という栄養素ですが、発見者は日本人ということをご存知でしょうか?
今回は、ビタミン発見に深い関わりのある二人の日本人について、ご紹介します。


ビタミン不足は様々な病気や体調不良の原因になりますが、「脚気(かっけ)」もその一つです。

「脚気」とは、主にビタミンB1が不足するため、手足のしびれや全身倦怠、足のつま先が上げられなくなり、つまずいて転びやすくなる。また、動悸、息切れ、低血圧、むくみ、頻脈、食欲不振、吐き気などが起こり、さらに進行すると歩行困難になり、最終的には心不全で死に至る病気です。

古くは「日本書紀」や「続日本書紀」の中で脚気と思われる記述があるほか、元禄時代には「江戸わずらい」と呼ばれ、江戸特有の風土病として恐れられていました。

地方の農民が雑穀を主食にしていたのに対し、江戸の町民は白米を主食にしていたので、玄米を食べれば摂れるビタミンB1が糠をそぎ落とした白米では十分摂れなかったのです。

江戸を離れ、雑穀を食べ始めると回復に向かうのも風土病とされた一因ですし、江戸で蕎麦が普及したのは、ビタミンB1を多く含む蕎麦が不足する栄養を補う意味もありました。
江戸の人々は、蕎麦を食べれば脚気が治る事を経験から知っていたのでしょう。

さて、時は流れて明治時代。
列強の帝国主義に負けじと近代的な軍隊を整えた日本ですが、脚気の猛威は相変わらずです。
陸海軍共に大事な兵士が脚気により死亡する例が後を絶ちませんでした。

1883年、当時海軍医務局長だった高木兼寛は、「西欧と日本における軍隊の違いは、食事にある」と考え、それまでの白米中心の食事からパン(後に麦飯)と肉類を中心とした食事に切り替えるように提唱します。

高木の説を取り入れた海軍では兵士の栄養状態が改善され、海軍の脚気患者はみるみるうちに激減していきました。

脚気患者がほとんどいなくなった日本海軍は、日露戦争における日本海海戦にて当時世界最強の名を欲しいままにしていたロシア海軍バルチック艦隊を打ち破り、日本を見事、大勝利に導いたのです。

ところが、ドイツの細菌学を参考にしていた陸軍では、「食事の改善などで脚気が治るはずがない」と唱え、白米食を続けました。
このころ、「脚気の病原菌が発見された」との誤った発表もありましたし、故郷を離れ、命を懸けて国防の任務にあたる兵士には、当時贅沢とされた白米を与えたい、という思惑もあったでしょう。

最後まで病原菌説を曲げなかったのが、文豪としても有名な森鴎外でした。
その結果、陸軍では多くの兵士が脚気によって命を落としています。

しかし、だからと言って当時の陸軍や森鴎外を責めることは出来ません。
最新の研究結果を踏まえた現在の物差しで当時の実情を図ることは、歴史を検証するうえで不適当です。

世界で初めてビタミンを発見したのは、鈴木梅太郎という人物です。
彼は脚気にかかった鳩に米糠を与えると症状が改善される事を突き止め、1910年、米糠から脚気に有効な成分の抽出に成功します。

同年12月13日、この研究を発表し、抽出した成分を「アベリ酸」と命名、後に「オリザニン」と改名しますが、これこそ現在の「ビタミンB1」なのです。

その後も彼はビタミン研究に心血を注ぎ、オリザニンの結晶化に成功。
1937年のフランス万博にオリザニン結晶を出品し、名誉賞を授与されています。

また、脚気治療薬「オリザニン」の製品化にも大きく貢献しました。
この治療薬のおかげで更に多くの人命が救われたことでしょう。

食事の改善という発想で日本海軍を影で支えた高木兼寛。
ビタミンの発見により、脚気の予防や治療方法を世界で初めて科学的に証明した鈴木梅太郎。
この二人の大きな功績が礎となり、世界中の研究者によってビタミン不足から引き起こされる様々な病気の予防策や治療法が確立されていきました。

有史以来、洋の東西を問わず、人類を苦しめ続けた難病「脚気」。
その苦しみから世界中の人々を解放する糸口を見つけたのは、我々の同胞、日本人だったのです。
~~~~~~~~~

素晴らしいお話ですね。
ちなみに生物の生存に必要な栄養素には、有機物と無機物があります。

無機物の代表がミネラルです。
有機物の代表が炭水化物・タンパク質・脂質で、これ以外の有機化合物を総称したものが「ビタミン」で、現在、ヒトに必要なビタミンとしては13種類が認められています。

ビタミンという名称は、ポーランドの生化学者であるカシミール・フンクが命名しました。
フンクといえば、15人の子持ちの絶倫家としても有名ですが、それはまた別のお話。

彼は脚気の原因を研究し、明治44(1911)年に、米ぬかに含まれる化学物質が欠乏すると脚気が起こることを発見します。
そしてその物質には、アミンの性質があることから、それに「生命に必要なアミン」という意味で「vitamine」という名称をつけています。

フンクが発見したビタミンが、実はいまでいうビタミンB1だったのですが、ところが実際には、フンクが発見する1年前の明治43(1910)年6月14日に、鈴木梅太郎が同じく米ぬかからビタミンB1の抽出に成功し、その論文を発表していたのです。

この同日に発表されたこの論文は、「白米の食品としての価値並に動物の脚気様疾病に関する研究」という名称で、
1 ニワトリとハトを白米で飼育すると脚気様の症状がでて死ぬ
2 糠と麦と玄米には脚気を予防して快復させる成分がある
3 白米にはいろいろな成分が欠乏している
という内容の論文になっています。

そして彼は、同年12月13日には、「糠中の一有効成分について」を発表し、糠に含まれる有効成分にオリザニンとという名称を付けています。

日本語で発表されたこの論文は、翌年にはドイツ語に翻訳されて世界の研究者に紹介されるのですが、このとき、「オリザニンは新しく発見された栄養素である」という一行が、なぜか翻訳されなかったのです。

理由はわかりません。
ただ、当時の世界は、まだまだ人種差別全盛の時代だったこと、日本人は欧米人たちからみて、黄色い猿でしかなかったことなどから、有色人種ごときに新しい発見などできる筈がない、とされたのかもしれません。

このため鈴木梅太郎の研究は、世界の学者達から注目されることなく埋もれ、翌年フンクが米ぬかから抽出した同じ物質に「ビタミン」と名付け、それが世界初の発見とされ、結果としていまでもビタミンという名称が世界に普及したわけです。

ちなみに、その鈴木梅太郎、大正7(1918)年には合成酒の商品化に成功しています。
合成酒というのは、それまで世界になかったものです。
要するに発酵させてお酒を作るのではなく、アルコールにアミノ酸などを加えてお酒みたいにしたのが合成酒ですが、これは昨今のような不景気の時代には、ボクなどのような庶民にはたいへん重宝なお酒です。

おもしろいのは鈴木梅太郎の、この開発のための動機です。
第一次大戦のあとの戦勝景気のあとに襲った不況と米不足の中にあって、食糧難時代でもお酒が飲みたい!という庶民の渇望に、彼は自分の知識経験をなんとか活かそうとした。
要するに、みんなのために自分ができること、を追求した結果が、合成酒だったわけです。

鈴木梅太郎にとって、オリザニン(ビタミンB1)の発見も同じ動機です。
脚気や壊血病に悩む多くの人々を、なんとかして救いたい。多くの人々に貢献したいという、心が、彼の研究への情熱となっています。

自分のため、自分の欲望のための研究ではなく、社会公共のためにいかに貢献するか、真心を捧げるか、その思いが世界に名を馳す大偉業を実現した。

そしてよくみると、彼の行動は、教育勅語の精神そのものでもある。
「恭儉己レヲ持シ 
 博愛衆ニ及ホシ 
 學ヲ修メ
 業ヲ習ヒ
 以テ智能ヲ啓發シ
 器ヲ成就シ
 進テ公益ヲ廣メ
 世務ヲ開ク」

そしてその心は、私たちの祖先がのこしてくれた教訓であり、昔も今も変わらず、世界に通じる正しい心だと思う。

私たち日本人にとって、いまいちばん大切なことが、その日本の心を取り戻すことにあると、ボクは思っています。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

たいせつなもの ~こどものための教育勅語~
>


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
関連記事

コメント
No title
あ太郎さま

 鈴梅太郎はノーベル賞を白人に掠め取られたというより、東大が彼をノーベル財団に推薦しなかったのがそもそもの原因です。

 農学者の言うことなど信用できるかという空気が東大医学部にあったためでしょう。その後100年東大医学部は足の引っ張り合いでノーベル賞の推薦を行わなかったため受賞者が出なかったのです。

 そのような風潮に意義を申し立てた私の曽祖父の弟は東大医学部教授の椅子を約束されていながら東大追放となり市井の一医師として生涯を送りました。日本橋三越の今はライオンの立っているところに小さな診療所を構えたそうです。その後、三越百貨店建設に当たってその場を立ち退き、三越の紹介で生命保険会社の嘱託医になったということです。

 因みに曽祖父のひ孫(私のまたいとこ)は東大医学部を出て教授となり東大医学部付属病院内科医長にまでなりました。はたしてどちらの生き方がよかったのでしょうか、、、
2012/02/29(水) 21:14 | URL | 遠藤 #-[ 編集]
No title
ジャップごときにノーベル賞なんざ、百年早いわ!

鈴木梅太郎は、ヨーロッパの化学者にノーベル賞をかすめ取られてしまいました・・・・・本当です。

2012/02/29(水) 08:03 | URL | あ太郎 #eSGkAR1I[ 編集]
橋下終了 正体見えたり!!
橋下終了 正体見えたり!! 
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/blog-entry-1608.html

大阪の戦いは大阪の水の争奪戦です、支那による水資源の支配は
有名な話です。 橋下は支那の先兵となっているので、支那人民解放軍
野戦軍司令官の小沢一郎と共に日本人社会の破壊活動をしている事
は、今回の南京大虐殺に関する発言で明らかに成りました。
 橋下は日本人社会の破壊なくしては在日朝鮮人が生き残れないと言っているのです。 
この様な者に日本の政治を委ねる事は反日売国民主党より更に危険な状態になります。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2012/02/28(火) 21:22 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
森鴎外の短所は大きかったと認めるしかないだろう
森鴎外は科学者ではなかった.

上記の話しの中では森鴎外を庇っているが,
海軍方式を森は断固として拒否したようだ.
科学者に大事な試行の態度が彼にはなかった.

カッケでで戦闘で死ぬのと同じ位の人間が死んだ.
これは当時の陸軍の責任問題にもなった.
それで庇う動きが出て, 現在に繋がっている様だ.

日本を救った乃木将軍は一切の弁解をしなかった.
人間, 長所もあれば短所もある.
短所も大きかったと認めるしかないだろう.
森鴎外は漢籍に関する知識は当時随一.
文化に対する功労が色褪せるわけでもあるまい.

2012/02/28(火) 20:15 | URL | ちび・むぎ・みみ・はな #-[ 編集]
No title
このとき東大医学部の青山胤通は鈴木梅太郎が農学部教授であることからまったくこの研究を信用せず、あまつさえ東大医学部で治験することさえ拒否、回状を回して鈴木梅太郎の脚気治療薬を作る業者は東大医学部への出入り禁止などと種々妨害をしたそうです。その妨害にもめげず、鈴木梅太郎の研究を信じ、脚気治療薬『オリザニン』を製造販売した会社はいまも第一三共として健在です。東大医学部で治療薬を出さないため、薬品製造工場の門前には治療薬を求める人々が門前市をなしたそうです。

 ちなみにこの青山胤通、私の曽祖父の弟(東大医学部卒、ドイツ官費留学生)と大喧嘩をしています。私の曽祖父の弟は一本気な性格で血の気が多く喧嘩っ早いことで知られていたのですが(そのため兄=陸軍軍人、温厚な性格で部下を殴ったことは生涯を通じて一度もなかった=と職業が逆だったらよかったのにとよく言われていました)、いろいろ調べてみると、どうもこの青山胤通のやり方がおかしいと抗議に及んで大喧嘩になったようです。鈴木梅太郎の研究の邪魔をした例に限らず青山胤通は北里柴三郎にも喧嘩を吹っかけて東大から追放しており、怒った北里柴三郎は自分で大学(北里大学)を作って学長になっています。
2012/02/28(火) 17:30 | URL | 遠藤 #-[ 編集]
No title
なつかしい話です
昔、「栄光なき天才たち」という漫画を読みましたが、その中でも特に好きだった話の一つです

この漫画を読んで思ったのですが、いつの時代も、自分のためではなく世の中のために頑張り、社会に画期的な進歩をもたらす人達がいます
特に日本はそういう人が多いと思ってます
同時に、自分個人の利益のために、そういった立派な仕事を社会から排しようとする人達というのも必ず存在するようです

世の中が変わる時、それが例え良い方向への変革であっても、拒絶したり排除したりしようとする人達がいる
結果的に、その努力が実ることは100%無いのですが

結局、自分がそれまでに学んだことに固執してしまうわけで
いわゆるインテリな職業の人達は、若いころはそれなりに勉強したのでしょうが、年を取ってからは楽して稼ぐ事を覚えて、それ以上新しい事を学ぼうとしなくなくなる
もしくは既得権益にしがみつこうとする
だから、世の中が変わって、それまでの「飯のタネ」が使えなくなることに恐怖するのでしょう
これは個人でも企業でも言えることです

俺に言わせれば、「歳とってからも新しい事を勉強したり、努力したりしろ。楽して生きようと思うな」ということなのですが、それ以上に言いたいのは「社会のために役立とうとしろ。今のお前らは社会にとってむしろ害悪だ」ということです

俺から見れば、無駄な抵抗する人達は「腐ってる」と感じるわけですが、案外正確な表現かもしれないと思ってきました
常に新しいものを吸収して生まれ変わっているものは腐りません
淀んでいるから腐るわけで
腐らないためにも、過去の成功にしがみつかず、常に次のステップを追い求めていきたいものです

随分、話が逸れてしまいました
2012/02/28(火) 15:54 | URL | noname #-[ 編集]
小林秀雄 三題
生きた社会を成立させる心のあり方とは 
どうも日本の文化一般の軽佻浮薄さ加減が限界にきているように思えてならない。テレビの番組の内容を見れば、瞭然である。バラエティとは中味のないやっつけ番組の同義語と化しかねない様子である。ニュース番組でもそうで、コメントの程度が低すぎる。人間精神に対する畏敬の念の無さは、当該文化の頽廃を生む。頽廃はやがて、根を腐らせ、その文化の生き生きとした勢いそのものを枯らしてしまうだろう……
http://blog.livedoor.jp/bach1050alain_/archives/51802940.html

小林秀雄『信ずることと知ること』
「今度のユリ・ゲラーの実験にしても、これを扱う新聞や雑誌を見ていますと、不思議を不思議と受け取る素直な心が、何と少ないかに驚く。
テレビで不思議を見せられると、これに対して嘲笑的態度をとるか、スポーツでも見て面白がるのと同じ態度をとるか、どちらかでしょう……
http://blog.goo.ne.jp/usmle1789/e/78686377c53a78c345fba0dea7a37d0c

小林秀雄の「幻のルオー論」・・1
 それによると、小林は晩年、「本居宣長」を書き終えたら、画家のルオーについて書きたいと思っていた……
http://koufukuahi.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/1-c8be.html
http://koufukuahi.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/2-02a5.html

2012/02/28(火) 10:43 | URL | #9jgEo1Cg[ 編集]
No title
 同じ様な話で、北里柴三郎氏は内容的にはノーベル賞をもらえただろうという話があります。
2012/02/28(火) 09:28 | URL | モーリン #c5NzTaeA[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク