アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


釜石の奇跡

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

片田敏孝教授と子供達
片田敏孝教授と子供達


昨年3月11日に発生した東日本大震災は、死者1万5524人、行方不明者7130人、計2万2654人(2011年7月2日警察庁発表)の尊い命が失われました。
その厳しい状況の中で、津波の直撃を受けながら、小中学生全員が命を守ったのが、岩手県釜石市です。

今日は、そのお話を書いてみたいと思います。


岩手県釜石市は、これまでにも再三にわたって津波被害を受けてきた地域です。
明治29(1896)年6月15日の明治三陸地震では、釜石市の東方沖200kmを震源地とするマグネチュード8.5の巨大地震が襲い、この地殻変動によって起こった津波は、最大で海抜38.2メートル、釜石には8.2メートルの津波が襲い、当時の全人口6529人のうち、4041人が死亡しています。

しかし時がたつにつれて、悲惨な歴史は忘れ去られ、津波警報が発令されても誰も避難しなくなっていた。そんな意識を変えようと、立ち上がったのが、群馬大学大学院教授の片田敏孝さん(51)でした。

きっかけは2004年の、タイのスマトラ沖大地震だったそうです。
土木の専門家として現地入りした片田教授は、死者22万人、負傷者13万人の被害をもたらしたこの地震において、特に地震そのものよりも、そのあとに続けて起こった津波被害の深刻さにたいへんな衝撃を受けられたのだそうです。

「日本で起きると、大変なことになる!」

世界で起きるマグニチュード6以上の地震の約2割が、国土面積が世界の0.25%に過ぎない日本に集中しているのです。
なんとかする方法はないものか。

そこで片田教授は、津波対策のためのセミナーを開いたそうです。
ところが防災セミナーに集まってくるのは、そもそも防災対策や津波被害に高い関心を持った人たちばかりです。

「これでは被害は防げない」
そう思った片田教授は、平成17年から、全国の市町村の防災対策課に連絡をとり、津波対策を呼びかけます。

そしてたびたび巨大津波による被害に遭っている釜石市に焦点を絞り、市の対策課とともに釜石の小中学校で、直接子供達に津波対策のための授業を行うことにしたのです。

釜石では、過去の津波被害への対策のために、昭和53年から釜石港の入り口に防波堤を築いています。
この防波堤は、全長1660メートル、水深19メートルの深さから立上げたもので、平成22年には世界最大水深の防波堤として、ギネスブックにも登録された堤防です。
総工費を市民の人数で割ると、ひとりあたりなんと300万円の費用までかかっている。

これだけの防波堤を築き、そして各家庭には津波対策のハザードマップまで配られ、被害の阻止に勤めていたのです。

けれど災害は、思わぬ規模でやってくる。
防波堤は高さ6メートルの津波にまで対応しているというけれど、現に明治三陸地震では8メートルの津波が来ているではないか。

片田教授の必死の訴えに、市の防災課も、小中学校の生徒向けなら、とようやく災害対策教育への取り組みを許可してくれた。

教授は生徒たちに、ハザードマップの想定にとらわれるな、と教えます。
そして地震が来たら、津波から逃れるために最善を尽くせ、率先して避難せよ、と教えます。

そして、平成23年3月11日、東日本大震災が起こったのです。

地震が来たとき、海岸からわずか1キロのところにある鵜住居小学校では、地震直後に校舎の3階に児童が集まりました。
校舎の建物は無事、しかもこの小学校は津波による浸水想定区域外です。
鵜住居小学校のある位置は、明治、昭和の津波で被害がなかったのです。

ところが生徒たちが集まった屋上から見ると、隣りの釜石東中では、生徒たちが校庭に駆け出していました。
これを見た児童たちは、日頃の同中との合同訓練を思い出し、自らの判断で校庭に駆け出します。
それぞれの判断で、です。
校内放送は停電のため使えなかったのです。

鵜住居小の児童ら約600名は、500メートル後方の高台にあるグループホームまで避難します。
ここも指定避難場所です。
けれど一息つく間もなく、裏側の崖が崩れはじめる。

危険を感じた小中学校の生徒たちは、さらに約500メートル先の高台の介護福祉施設を目指して駆け出します。
その約30秒後、グループホームは津波にのまれた。

背後からは、建物を壊し呑み込む津波の轟音が迫ります。
生徒たちは、たどり着いた介護福祉施設からさらに高台へ駆け出す。

この時の写真が↓です。
釜石津波01-1


津波は介護福祉施設の約100メートル手前で止まりました。
すべてが避難開始から10分足らずの出来事だったといいます。

そして↓が、最初に子供達が避難していた小学校の津波後の写真です。
津波は3階建ての小学校を飲み込んでいました。
釜石津波02


市内各所では、すでに7割の児童が下校していた釜石小学校(児童184人)でも、生徒は全員無事でした。

祖母と自宅にいた児童は、祖母を介助しながら避難、指定避難所の公園にいた児童は津波の勢いの強さをみてさらに高台に避難するなど、ここでも片田教授の日頃の指導が生かされていたのです。

そこで片田教授のメッセージをご紹介します。

~~~~~~~~~~~
釜石市内の小・中学校での防災教育は、年間5時間から10数時間行いました。
けれど、子供たちに教えたことが、彼らの頭の中だけで完結してしまうと、それは家庭や地域へと広まって行きません。
 
そこで私は授業の最後に次のことを問い掛けました。

「君たちは先生が教えてきたとおり、学校で地震に遭えば絶対に逃げてくれると思う。
だけど、君たちが逃げた後に、お父さんやお母さんはどうするだろう?」

これは厳しい質問です。
子供たちの表情も一斉に曇ってしまう。
なぜなら子供達は、お父さんやお母さんたちは、自分のことを大事に思うから、きっと学校まで自分を迎えに来ると想像できるからです。
そしてその結果がどうなるかまで想像できるからです。

私は続けてこう話をしました。
「みんなは今日、家に帰ったら、お父さんやお母さんに君たちが教えてあげるんだ。
『いざという時は、僕は必ず逃げる。だからお父さんやお母さんも必ず逃げてほしい』と。
そのことを心から信じてくれるまでちゃんと伝えるんだ!」

その日は授業参観日だったため、子供たちだけがいる場でそう言い聞かせた一方、保護者が集まっている場所へも行き、次のように話をしました。

「私が行った授業を踏まえ、子供たちは今日、“いざという時は、僕は必ず逃げるから、お父さんやお母さんも必ず逃げてね”と一所懸命に言うと思います。

あの子たちは、お父さんお母さんが、自分のことを心配してくれるがゆえに命を落としてしまいはしないかと心配しているのです。
でも、皆さんも、子供たちが絶対に逃げてくれると信用できないと、自分一人で逃げるという決断がなかなかできないだろうと思います。

ですから、その確信が持てるまで、今日は親子で十分話し合ってほしい」

そして最後にこんな話をしました。

「東北地方には<津波てんでんこ>という言い伝えがあります。
これは、津波がきたら、てんでんばらばらに逃げなさい、そうしないと家族や地域が全滅してしまう、という教訓です。
しかし、これを本当に実行できるでしょうか。

私にも娘が一人います。
たとえば地震がきて、娘が瓦礫の下敷きになっていたとしたら、たとえ津波がくることが分かっていたとしても、たぶん私は逃げない。
どう考えても逃げることなどできません。

にもかかわらず、先人は、なぜこんな言葉を残してくれたのだろう。
私はその真意を考えたのです。

おそらくこの言葉には、津波襲来のたびに、家族の絆がかえって一家の滅亡を導くという不幸な結果が繰り返されてきたことが背景にあると気付きました。

その意味するところは、老いも若きも、一人ひとりが自分の命に<責任>を持て、ということです。

そしていま一つの意味は<信頼>です。
家族同士がお互いに信じ合っていることが大事、ということです。

子供は、お母さんは必ず後からちゃんと迎えに来てくれると、お母さんを<信頼>して逃げる。
お母さんは、子供を迎えに行きたいが、我が子は絶対逃げてくれているという<信頼>のもと、勇気を持って逃げる。 

これは家族がお互いに<信頼>し合ってなければできないことです。

ですから「津波てんでんこ」というのは、自分の命に<責任>を持つということだけではなく、それを家族が信じ合っている、<信頼>しあっている、そんな家庭を日頃から築きなさい、という教訓なのではないでしょうか。

今回の震災で、釜石では市全体で約1300人が亡くなりました。
学校の管理下になかった5人を除いて、全員が生き残ってくれました。

生き残った3000人の小中学生の親を調べてみると、亡くなったのは40人程度でした。
これは、被害全体から見たら、とても少ない数です。
 
これは子供を通じて行った親や地域への防災教育の取り組みや「津波てんでんこ」の話がうまく伝わった結果ではないかと感じています。
~~~~~~~~~

以前、このブログで「稲むらの火」という小泉八雲の物語をご紹介させていただきました。
◆稲村の火
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-769.html

戦前の日本では、小学5年生の学校の国語の教科書でこの物語を紹介し、地震のあとには津波が来るから高所に逃げなさい、と子供達に教えていました。

けれど昭和22年、教科書のこの記述はGHQによって削除されています。

そして日本では、その後も被害が起こり続け、昨今ようやく防災対策のためのハザードマップなどのマニュアルが各家庭に配られるようになっています。
けれど、自然災害というものは、私たちの想定をはるかに超えてやってくるものです。

いざというときに身を守り、家族や子供達の未来を守るのは、日頃からの備えと代々受け継がれて来た先人達の智慧なのではないでしょうか。
災害は、マニュアルに従ってやってくるわけではないのです。

下の図は、釜石市のハザードマップにあった想定区域(橙線)と、実際に被災したエリア(緑線)です。
釜石津波03


片田教授は語ります。
「最近では<絆>という言葉が流行っています。
けれど、<絆>だけでは人は生き残れません。
もうひとつ<信頼>が大切なのです」と。

日本は、根本に家族主義という<相互信頼関係>を置く国です。
先人達は、そういう国家を長い年月をかけて築き上げてくれて来た。
私たちはそのことの意味を、もう一度、しっかりと考え直してみなければならないのではないかと思います。

それともうひとつ、ポイントがあります。

それは片田教授の<そこで片田教授は、津波対策のためのセミナーを開いた。ところが防災セミナーに集まってくるのは、そもそも防災対策や津波被害に高い関心を持った人たちばかりだった。「これでは被害は防げない」と考えた片田教授が、小中学校で、直接子供達に津波対策のための授業を行うことにした>という行動です。

いま多くの保守の方が立ち上がり、日本を変えよう、日本を取り戻そうと行動を起こしています。
ただ、セミナーや講演会を行うだけでは、そもそも保守に目覚めた人たちしか集まってこない。

もちろん、セミナーも講演会も大事です。
けれど日本を変えるためには、一般の人たちを巻き込む運動をしていかなければならないのです。

片田教授は語ります。
「子供達に10年教えたら、始めに教えた小学校6年生は成人になります。そうなると今度は、大人たちが自分の子供に教えるようになる」

いまの日本社会は、その大人たちが、戦後の左翼思想に染まり、日本の伝統文化を軽視し、反日であることがまるで正義のような誤った概念にとらわれている人が多いといいます。

その染まりきった人たちをこれから変えるのは、大変なことなのかもしれない。
けれど、まだ何も染まっていない子供達は、本当のことを知れば、必ずや日本に誇りをもってくれる。
そういう子供達が増えれば、子供達から刺激を受けた大人たちが変るし、その子供達が大人になれば、その勢いはますます強く、大きなものになる。

もちろん、いま即時行動を起こさなければならないほど、日本が逼迫した状態にあることは認めます。
けれど、そうした反日行動への対処とともに、根治療法として、子供達に本当の日本を知ってもらう、先人達の叡智に触れてもらうという活動も大事だと思うのです。

日本の教育を変えるというような大それたことを申し上げているのではありません。
自分でできることからしようと申し上げています。

ボクも、ねずブロでご紹介している様々な日本の良い話を、なんとかして地元の小中学校で教える機会を得れるよう、運動してみるつもりです。

みなさまもご一緒に、何か考え、行動してみませんか?

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

「てんでんこ ‐津波を生き延びる知恵‐」片田敏孝教授インタビュー 1/2


【メルマガ会員募集中】
(1) 日心会メルマガ(無料)
 申込は↓コチラから。
http://www.nippon-kokoro.com/mailmag_entry.php

(2) ねずブロメルマガ(有料)
 申込は↓コチラから。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
関連記事

コメント
No title
学校で震災についてのレポートが出ました。
このことを書こうと思います。
2012/08/05(日) 11:48 | URL | ちゅうがくせい #-[ 編集]
現場の声
知人に聞いておじゃましました。すばらしい先生に出会えて、ほんとうに、ほんとうによかったです。お話、ありがとうございます。とくに、役所関係者皆さまに知ってほしいお話ですね。一年がすぎ、なにかできることはないか。って、考えたとき、ガレキの広域受け入れ意見に賛成することなのだろうか。と考え、被災地の方のブログをいろいろ見てまわっています。ひとつの意見が目に留まりました。政府民主党には、この声に真摯に向き合ってほしいと強く感じました。以下転載させてください。
私は被災地から離れた地方在住ですが、近い意見を持ちました。

「被災地に住んでいます。
がれきが復興の妨げになっているは、全く嘘です。
復興が遅々として進まないのは、津波浸水地域の国による買い上げ価格が決まっていない
ので、たとえ高台に宅地造成がなされても、資金不足のために家も建てられない。
地元企業も被災しており、雇用の場が非常に少ない。
津波で財産のほとんどを失っており、また収入がないために生活にも事欠くと言うのが
事実です。
がれき広域処理をしても、生活に事欠く被災地には1銭も落ちません。
被害者を出汁にして、自分の儲けを増やすと言うのは卑しい根性です。」
以上が被災地の人の意見です。

2012/03/22(木) 23:06 | URL | 日本人の1人の母 #V1rogjt.[ 編集]
悪質滞納者への強制徴収 機構が国税庁に委任
差し替え願います

悪質滞納者への強制徴収 機構が国税庁に委任
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120322k0000e040253000c.html

 年金保険料の支払いを逃れる為に、従業員の標準報酬月額を低くしている事業主がいる。
この手口は納付率を上げる為の詐欺的手法で社会保険庁の職員による入れ知恵である。 
消えた年金問題の様々な問題を処理する為に設立された第3者委員会ではこれらの犯罪行為
が発覚するのを恐れて、事実を隠蔽している。

【年金問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj1.cgi
【年金問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ps:
橋下徹という罠【愛国心を利用した詐欺師】
http://youtu.be/nAy4HHst7UE

http://nippon-end.jugem.jp/?eid=2824

2012/03/22(木) 23:02 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
良い話をありがとうございます。
「津波てんでんこ」の伝え人は、被災されご高齢と心労から肺炎でお亡くなりになっています。
確か日本共産党員のかただったと思います。
また自衛隊の重要性を痛感したと同時に感謝を述べられています。
原発事故に関しても、安全性を怠ったことを責めながらも、エネルギーの必要から原発を全て無くすのに反対したお方です。
ほんとうにいい人を亡くしました。
合掌。


私は井沢元彦氏の日本史の授業「天皇論」を読んでいます。
教科書がタブーとする"天皇の秘密"を明かしていくという。
勉強になります。
2012/03/22(木) 22:39 | URL | 韓朝シナ人は大嫌いだ! #-[ 編集]
No title
戦後70年近く全てを否定するような教育をされ続け、今になって何かがおかしいと多くの日本人が気付き始めています。
70年という時間は容易には取り戻せない様な気がしますが、そんな事は無いと思います。
教育も含め、早く一人ひとりの日本人が今の現状に目覚め、まず自分に何が出来るかというのを考え、出来る事から始めれば70年という時間なんてアッと言う間に無くなると思います。

半世紀以上生きてきて後何年生きられるか分かりませんが、次世代を担う子供達に世界に誇れる国、日本を残してあげたいですね。


2012/03/22(木) 21:54 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
教訓にしなくては
こういう事実こそ広めたいですね。

でも広めないのは、反日のマスコミの力です。

本当に困ったときに、だれが助けにきてくれたのか。
そして、だれが助けに来ずに口だけけだったのか。

多くの人が気づいていると思うのです。

ゆっくり、変わっていくと思います。
相手があせれば、急激に。

君が代に立たない教師が騒げば騒ぐほど。
尖閣にちょっかいを出せば出すほど。
慰安婦で騒げば騒ぐほど。
多くの日本人が気づいていく。
天に唾を吐くものは罰せられるのが世の常なんです。

一方、台湾は本当に信頼を得ました。無論、得ようと思って義捐金を出してくれたわけじゃなく、本当に気持ちよく出してくれ、数々の政府の非礼にも怒らず、励まし続けてくれました。
本当に感謝です。
2012/03/22(木) 21:27 | URL | にゃーさん #-[ 編集]
反日は教えても
愛国は教えない。批判的な心をもつことは教えても信頼し合うということは教えない。虚偽を教育してもそれを正す教育はしない。


百人斬り授業の修正教育は行われていない。教育は一回行われたら修正はしないようです。教師は辞めても生徒の意識は変わらない。当該学校では人権教育が盛んだったようです。意味はおわかりですよね?

人権教育よりも徳育を!!分断よりも信頼を!!
2012/03/22(木) 18:53 | URL | amotoyamatotake #uW8gZPwY[ 編集]
すばらしい!
すばらしい先生とその教えを守ったすばらしい子供たち。

本当に良かった。

2012/03/22(木) 17:14 | URL | ゆーすけ #-[ 編集]
民主党の政策全否定 藤井聡(京都大学教授)
2011年3月23日 予算委員会公聴会 
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13945651

予算委員会公聴会 質疑応答1/3
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13947043


藤井公述人資料は、
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/index.php/fujiilab/fujii.html

2012/03/22(木) 13:52 | URL | #9jgEo1Cg[ 編集]
ねずきちさん
今日も、素晴らしいブログをありがとうございました。
小中学校で身の安全を教えて頂けて、家庭にまで普及するのが、理想ですね。
早速、子どもたちに伝えます。
災害時は「てんでんこ」で生き延びなさいって。
2012/03/22(木) 10:21 | URL | ミータン #-[ 編集]
「てんでんこ」が何かは知ってましたが、どうしても拭えない疑問がありました。でも今日の記事で解決しました。「大地震が来たら自分一人でもとにかく逃げろ」とだけ教えるのは片手落ちですよね。
津波に限らず首都直下型地震でも同じことが言えると思います。「お父さんは仕事に行ってたらすぐには帰って来られない。でも『必ず』迎えに来るから心配するな」と常日頃言い聞かせておくのは大切なこと。これこそ「絆」ですよね。
2012/03/22(木) 08:40 | URL | tnt #-[ 編集]
一冊の本を読み終えた心持ちです。今まで自分の言葉にできなかった事が一気に解決されました。
2012/03/22(木) 07:34 | URL | 春 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク