アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


大東亜戦争開戦の帝国政府声明

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

帝国政府声明文
(クリックすると大きくなります)
帝国政府声明


大東亜戦争開戦にあたり、大日本帝国政府が日本国内外(台湾、朝鮮、満州、支那国民政府、タイ王国、南方諸島諸国等)に向けて発した「帝国政府声明文」の全文をご紹介します。

なんとこの声明文は、開戦当日に新聞紙上で発表された公の政府声明文でありながら、戦後67年間封印され続けていたものです。

<追記>
今朝程、この記事をアップしました際に「WEB上に、<全文>がテキスト化して公開されるのはこれが本邦初です」と書きましたが、すでに黒鯛さんのブログで、以前紹介があったようです。
お詫びいたしますとともに、記事はただいま訂正しました。また該当箇所は削除しました。
尚、原文の新聞記事は、今朝この記事をアップした時点で、文末に安農さんのブログからお借りした旨と該当URLを明記し、出典は明らかにしています。
また、標記新聞記事の口語訳につきましては、不備を承知で私自身が行ったものです。
以上、クレームがありましたので、追記します。

戦後左翼とGHQは、大東亜戦争を「日本軍による侵略戦争」だったと決めつけ、そこから全ての歴史を眺めようとします。
けれど、この声明文を一読すれば、それは侵略戦争などとはほど遠く、まさに東亜の独立自尊と自衛のための「防衛戦争」だったことがあきらかとなります。
戦後、この声明文が封印され続けて来た理由も、どうやらそこにありそうです。

声明文は、昭和16(1946)年12月9日の大東亜戦争開戦の日に、朝日新聞の夕刊に全文が掲載されました。
原文は名文調で難しい漢字で書かれていますので、はじめにねずきち流で口語訳したものを掲載します。
まずはさっとご一読されてみてください。
原文は末尾に掲載します。

ちなみに要点を先に申し上げると、文中に、大東亜戦争の目的は、
「米英が日本を含む東亜諸国を未来永劫植民地として隷属させようとする企みを、永久に排除する」とあります。
原文は、
「以て東亜の禍根を永久に排除し、聖旨に応へ奉るべきの秋なり」です。
そこに開戦の意図があり、聖旨の本意があったということです。

また、人種の平等と東亜諸国の独立については、
「世界各国が各々その所を得るべしという詔勅は、日星のあきらかである」とあります。
原文では、
「惟ふに世界万邦をして各々その處を得しむるの大詔は、炳(へい)として日星の如し」です。

世界各国にあるさまざまな民族は、肌の色も違えば民族の伝統や文化もそれぞれ異なるけれど、その異なる文化を持つもの同士が、対立したり、片方が片方を隷属させたりするのではなく、互いに互いを尊重しあい、それぞれの民族がそれぞれの伝統や文化を守り、それぞれの国を守り、生きる。

現代社会では、あたりまえの現実となっているその事が、まるであたりまえではなかった時代に、日本はこれを現実にしようと立ち上がったのです。
なぜなら、私たち日本人にとって、それはあたかも日月がこの世にあるのと同じくらいあたりまえのことだったからです。

また日本は、開戦にあたって南方諸国へ兵を進めました。
そのことを戦後左翼は「日本による侵略だ」「日本による植民地支配だ」と宣伝します。
けれど、それも違う。

声明文にあります。
「このたび日本は、南方諸地域に対して、やむを得ず新たに行動を起こすことになりましたが、何等その諸地域の住民たちに対して敵意を持つものではありません。
ただ米英の暴政を排除して、東亜を明朗なもともとの姿に復し、手を携(たずさ)えて共栄の楽をわかちあおうと祈念するものにほかなりません。
日本は、これら諸地域の住民が、日本の真意を了解し、日本とともに、東亜の新天地の新たな発足を期していただけることを信じて疑いません」
そこまで書いているのです。

原文では、次のようになっています。
~~~~~~~~
而して、今次帝国が南方諸地域に対し、新たに行動を起こすのやむを得ざるに至る。
何等その住民に対し敵意を有するものにあらず。
只米英の暴政を排除して東亜を明朗本然の姿に復し、相携へて共栄の楽を分たんと祈念するに外ならず。
帝国は之等住民が、我が真意を諒解し、帝国と共に、東亜の新天地に新たなる発足を期すべきを信じて疑わざるものなり。

~~~~~~~~~

そして大日本帝国政府は、全国民に向かって呼びかけます。
この言葉は、そのまま現代の私たちに、日本の未来の繁栄のために、私たちがどのような行動をしなければならないのかを語っている言葉のように思えます。

~~~~~~~
今や日本の栄衰と東亜の興廃は、この一挙にかかることとなりました。
全国民は、このたびの戦いの原因と、使命に深く思いをはせてください。
そして、どんなときにも、

けっして驕(おご)ることなく、
怠(おこた)ることなく、
よく尽(つ)くし、よく耐(た)え、
私たちの祖先の遺風を顕彰し、

困難にあったら必ず国家興隆の基を築いた私たちの祖先の赫々(かくかく)たる歴史と業績を思い、
雄渾深遠な陛下の統治を思い、

万事にわたってソツがないようにすることを誓い、
進んで征戦の目的を完遂し、
もって陛下の御心を永遠に安んじ奉るべし
~~~~~~~

原文~~~~~~~
今や皇国の隆替、東亜の興廃は此の一挙に懸かれり。
全国民は今次征戦の淵源と使命とに深く思を致し、苟(かりそめに)も驕ることなく、又怠る事なく、克く竭(つく)し、克く耐へ、以て我等祖先の遺風を顕彰し、難儀に逢ふや必ず国家興隆の基を啓きし我等祖先の赫々たる史積を仰ぎ、雄渾深遠なる皇謨(こうぼ)の翼賛に萬遺憾なきを誓ひ、進んで征戦の目的を完遂し、以て聖慮を永遠に安んじ奉らむことを期せざるべからず。
~~~~~~~~~



~~~~~~~~~~~
口語訳【帝国政府声明文】
昭和16年12月9日午前0時20分発表

このたび宣戦布告が発せられました。
そこで大日本帝国として、国の内外に声明を発します。

東アジアの安定を確保し、世界平和に貢献するのは、日本の不動の国是です。
そのために日本は列国と友誼を厚くしてきました。
国是を完遂することこそ、日本国の外交の要(かなめ)です。

ところが蒋介石率いる国民党政府は、我が日本の真意を理解せず、いたずらに外国の力をたのんで、日本に敵対し、この結果、支那事変が起きました。

けれど陛下の御威光の下、日本軍の向かうところに敵はありません。
支那の重要地点は、いまやことごとく日本軍の手に帰しています。
さらに日本と思いをおなじくする人々と、南京に国民政府が生まれ、いまや支那国民政府と日本は、良好な隣国としての諠(よしみ)を結ぶに至っています。

さらにその支那国民政府を国家政府として承認する国も、すでに11カ国に及んでいます。
いまやこれに敵対する重慶政権は、支那の奥地に残存して無益の交戦を続けているだけの状態となっている。

こうしてようやく支那に平和が戻ろうとしている情況ができつつあるのに、米英両国は東亜を永久に隷属的地位に置こうとする頑迷な態度を改めていません。

米英両国は、さまざまな奸計を用いて支那事変の終結を妨害し、更にオランダをそそのかし、フランスに脅威を与え、日本とタイ国との親交までも裂こうとして策動しています。

その動きは、日本とこれら東亜の南方諸国との間に共存共栄の関係を築こうとする、ごくあたりまえな民衆の欲求を阻害し、東亜の民衆に永遠に「安らかな日」を与えようとしないものです。

こうした米英両国の動きは、日本を敵視し、日本に対して計画的に攻撃を実施しつつあるものです。
そしてついに彼らは、無道にも「経済断交」という暴挙を打ち出してきました。

およそ交戦関係にない国家間において「経済断交」というのは、武力による挑戦に匹敵する敵対行為といえます。国家として黙視できるようなものではありません。
しかも米英両国は、さらに他の国々を誘い込んで、日本の四方で武力を増強し、日本の自立に重大な脅威を与えつつあります。

日本国政府はこれまで、上に述べたよう米英が日本の存立と東亜諸国の安定とに対して重大な脅威を与えて来ているにもかかわらず、太平洋の平和を維持し、全人類に戦禍の波及することがないよう堪忍自重し、米国と外交交渉を重ね、背後にいる英国並びに米英両国に附和する諸国に反省を求め、日本の生存と権威の許す限り、互譲の精神をもって事態の平和的解決に努めてきました。
手をつくすべきをつくし、為すべきことを為しつくしてきたのです。

けれど米国はいたずらに架空の原則を弄して東亜諸国の現実を認めず、日本の真の国力を悟ろうともせず、物量だのみで武力による脅威を増大させ、日本を屈従させようとし続けました。
日本は、平和的手段で米国ならびにその他の国に対する関係を調整し、ともに手をたずさえて太平洋の平和を維持しようとする希望と方途を全く失うことになってしまったのです。

こうして東亜の安定と帝国の存立とは、まさに危機状態に瀕することになりました。
そしてことここに至って、ついに米国及び英国に対し宣戦の詔勅が発せられたのです。

詔勅を承り、まことに恐懼感激に堪えないものがあります。
私たち帝国臣民は、一億鉄石の団結で決起し、勇躍し、国家の総力を挙げて戦い、もって東亜の禍根を永久に排除し、聖旨にこたえ奉るべきときとなりました。

おもうに、世界各国が各々その所を得るべしという詔勅は、日星のあきらかであることと同じです。
日本が日満華三国の提携によって共栄の実を挙げ、進んで東亜諸国の興隆の基礎を築こうととしてきた方針は、もとより変るものではありません。
また日本は、志を同じくするドイツ、イタリア両国と盟約し、世界平和の基調を糾(ただ)し、新秩序の建設に邁進する決意をますます牢固にしています。

このたび日本は、南方諸地域に対して、やむを得ず新たに行動を起こすことになりましたが、何等その諸地域の住民たちに対して敵意を持つものではありません。
ただ米英の暴政を排除して、東亜を明朗なもともとの姿に復し、手を携(たずさ)えて共栄の楽をわかちあおうと祈念するものにほかなりません。
日本は、これら諸地域の住民が、日本の真意を了解し、日本とともに、東亜の新天地の新たな発足を期していただけることを信じて疑いません。

今や日本の栄衰と東亜の興廃は、この一挙にかかることとなりました。(皇国ノ隆替 東亜ノ興廃ハ此ノ一挙ニ懸カレリ)

全国民は、このたびの戦いの原因と使命に深く思いをはせてください。
そして、どんなときにもけっして驕(おご)ることなく、また怠(おこた)ることなく、よく尽(つ)くし、よく耐(た)え、それによって私たちの祖先の遺風を顕彰し、困難にあったら必ず国家興隆の基を築いた私たちの祖先の赫々(かくかく)たる歴史と業績を思い、雄渾深遠な陛下の統治を思い、万事にわたってソツがないようにすることを誓い、進んで征戦の目的を完遂し、もって陛下の御心を永遠に安んじ奉ることを期します。
 以上
~~~~~~~~~


=========
【帝國政府聲明】原文
昭和16年12月9日午前0時20分
大日本帝国政府発表

恭しく宣戦の大勅を奉載し、茲に中外に宣明す。
抑々東亜の安定を確保し、世界平和に貢献するは、帝国不動の国是にして、列国との友誼を敦くし此の国是の完遂を図るは、帝国が以て国交の要義と為す所なり。
然るに殊に中華民国は、我が真意を解せず、徒に外力を恃んで、帝国に挑戦し来たり、支那事変の発生をみるに至りたるが、御稜威(みいつ)の下、皇軍の向ふ所敵なく、既に支那は、重要地点悉く我が手に帰し、同憂具眼の十国民政府を更新して帝国はこれと善隣の諠を結び、友好列国の国民政府を承認するもの已に十一カ国の多きに及び、今や重慶政権は、奥地に残存して無益の交戦を続くるにすぎず。
然れども米英両国は東亜を永久に隷属的地位に置かんとする頑迷なる態度を改むるを欲せず、百方支那事変の終結を妨害し、更に蘭印を使嗾(しそう)し、佛印を脅威し、帝国と泰国との親交を裂かむがため、策動いたらざるなし。乃ち帝国と之等南方諸邦との間に共栄の関係を増進せむとする自然的要求を阻害するに寧日(ねいじつ)なし。その状恰も帝国を敵視し帝国に対する計画的攻撃を実施しつつあるものの如く、ついに無道にも、経済断交の挙に出づるに至れり。
凡そ交戦関係に在らざる国家間における経済断交は、武力に依る挑戦に比すべき敵対行為にして、それ自体黙過し得ざる所とす。然も両国は更に余国誘因して帝国の四辺に武力を増強し、帝国の存立に重大なる脅威を加ふるに至れり。
帝国政府は、太平洋の平和を維持し、以て全人類に戦禍の波及するを防止せんことを顧念し、叙上の如く帝国の存立と東亜の安定とに対する脅威の激甚なるものあるに拘らず、堪忍自重八ヶ月の久しきに亘り、米国との間に外交交渉を重ね、米国とその背後に在る英国並びに此等両国に附和する諸邦の反省を求め、帝国の生存と権威の許す限り、互譲の精神を以て事態の平和的解決に努め、盡(つく)す可きを盡し、為す可きを為したり。然るに米国は、徒に架空の原則を弄して東亜の明々白々たる現実を認めず、その物的勢力を恃みて帝国の真の国力を悟らず、余国とともに露はに武力の脅威を増大し、もって帝国を屈従し得べしとなす。
かくて平和的手段により、米国ならびにその余国に対する関係を調整し、相携へて太平洋の平和を維持せむとする希望と方途とは全く失はれ、東亜の安定と帝国の存立とは、方に危殆に瀕せり、事茲に至る、遂に米国及び英国に対し宣戦の大詔は渙発せられたり。聖旨を奉体して洵(まこと)に恐懼感激に堪へず、我等臣民一億鉄石の団結を以て蹶起勇躍し、国家の総力を挙げて征戦の事に従ひ、以て東亜の禍根を永久に排除し、聖旨に応へ奉るべきの秋なり。
惟ふに世界万邦をして各々その處を得しむるの大詔は、炳(へい)として日星の如し。帝国が日満華三国の提携に依り、共栄の実を挙げ、進んで東亜興隆の基礎を築かむとするの方針は、固より渝(かわ)る所なく、又帝国と志向を同じうする独伊両国と盟約して、世界平和の基調を糾し、新秩序の建設に邁進するの決意は、愈々牢固たるものあり。
而して、今次帝国が南方諸地域に対し、新たに行動を起こすのやむを得ざるに至る。何等その住民に対し敵意を有するものにあらず、只米英の暴政を排除して東亜を明朗本然の姿に復し、相携へて共栄の楽を分たんと祈念するに外ならず、帝国は之等住民が、我が真意を諒解し、帝国と共に、東亜の新天地に新たなる発足を期すべきを信じて疑わざるものなり。
今や皇国の隆替、東亜の興廃は此の一挙に懸かれり。全国民は今次征戦の淵源と使命とに深く思を致し、苟(かりそめに)も驕ることなく、又怠る事なく、克く竭(つく)し、克く耐へ、以て我等祖先の遺風を顕彰し、難儀に逢ふや必ず国家興隆の基を啓きし我等祖先の赫々たる史積を仰ぎ、雄渾深遠なる皇謨(こうぼ)の翼賛に萬遺憾なきを誓ひ、進んで征戦の目的を完遂し、以て聖慮を永遠に安んじ奉らむことを期せざるべからず。

==========

最後にひとつ。
縄文時代から面々と続く日本人の気高な精神性の高さは、江戸時代の武士道によって完成され、明治、大正、昭和にかけて日本社会の隅々まで深く浸透しました。

大東亜戦争の開戦のとき、帝国日本政府が開戦の声明を発表しているのですが、そこには次のようにあります。
「然るに米国は、徒に架空の原則を弄して東亜の明々白々たる現実を認めず、その物的勢力を恃みて<帝国の真の国力>を悟らず、余国とともに露はに武力の脅威を増大し、もって帝国を屈従し得べしとなす」

ここでいう日本の<真の国力>というのが、まさに日本人の高い精神性です。
日本は、その<真の国力>をもって、日本の何十倍もの物的、人的国力を持つ国々と、日清、日露、大東亜戦争を戦い、ついには白人至上主義の植民地主義を廃絶させ、世界に「世界万邦をして各々その處を得しむる」つまり、世界の民族がそれぞれ自国の民族の伝統と文化を尊重し一国として独立し、自尊することができる世界を築き挙げたのです。

なるほど日本は先の大戦で236万柱の英霊の命を失い、国土も焼土となし、半島から台湾、満州、南方諸島を含む広大な領土を失いました。
けれど、米英は7年間による日本支配においてすら、日本を植民地化することができなかったのみならず、世界の植民地をことごとく失い、さらに40年後には日本は世界第二位の大国にまでのしあがっています。
そしてこれを為したものの本質が、すなわち<日本の真の国力>にあります。

いま、日本は史上4度目の危機を迎えていると言われています。
それは何かと言えば、本来日本がもっていた、まさにその<真の国力>が失われつつある、ということです。
言い換えれば、いま私たちに必要なことはその<日本の真の国力>を取り戻すことにある、といえるのではないでしょうか。

そしてそのために何が必要かも、この声明文に書かれているように思います。
すなわち、
~~~~~~~~~
全国民は今次征戦の淵源と使命とに深く思を致し、
苟(かりそめに)も驕ることなく、
又怠る事なく、
克く竭(つく)し、克く耐へ、
以て我等祖先の遺風を顕彰し、
難儀に逢ふや必ず国家興隆の基を啓きし我等祖先の赫々たる史積を仰ぎ、
雄渾深遠なる皇謨(こうぼ)の翼賛に萬遺憾なきを誓ひ、
進んで征戦の目的を完遂し、
以て聖慮を永遠に安んじ奉らむことを期せざるべからず。
~~~~~~~~~
です。


この「帝国政府声明文」は、開戦当日の開戦の詔勅を受けて、政府から発表されたものです。
開戦の詔勅については、以下をご参照ください。
■開戦の詔勅
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-569.html

冒頭の新聞記事の写真は安農さんのブログからお借りしました。
http://blog.livedoor.jp/giranbarekanjya/archives/51044397.html

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

大東亜戦争【不屈の武士道精神】


【メルマガ会員募集中】
(1) 日心会メルマガ(無料)
 申込は↓コチラから。
http://www.nippon-kokoro.com/mailmag_entry.php

(2) ねずブロメルマガ(有料)
 申込は↓コチラから。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
関連記事

コメント
帝国政府声明
初めまして。私は、安濃博士のラジオ番組やブログで『帝国政府声明』を知りました。
そして、調べました。公文書にあります。
国立公文書館 アジア歴史資料センター
Japan Center for Asian Historical Records National Archives of Japan
〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目22-5 住友不動産本郷ビル10階
Tel. : +81-(0)3-5805-8801(代表)   Fax. : +81-(0)3-5805-8804
e-mail : enquire@jacar.go.jp  センターHP : http://www.jacar.go.jp/



・レファレンスコード:C12120377700
 件 名:昭和16年12月8日 帝国政府声明
(1画像目から)

→こちらの原本は防衛省防衛研究所所蔵です


私のブログにも載せてあります。

皆で、声を上げる時ですね。
2016/08/21(日) 15:14 | URL | karion168 #-[ 編集]
帝国政府声明文
2年ほど前、ねずきちさんのブログや他のブログのコメント欄に、安濃豊氏の「日本戦勝国論」を紹介する方がいらして、そこで帝国政府声明文を知りました。

帝国政府声明文にある戦争目的から、結果として「戦勝国は日本だった」という安濃氏の理論を自分なりに納得した時は大変な衝撃でした。
この場をお借りして、当時ご紹介してくださった方々にお礼を申し上げます。ありがとうございました。

多くの方にこの帝国政府声明文をもっと知っていただきたいです。
東京の講演会へ安濃氏をお呼びできたらいいですね。
2012/04/02(月) 16:41 | URL | 春風 #-[ 編集]
尖閣岬を守れ。
お早うございます、ねずきち先生。血潮が目覚める。とはこのことを言うのでしょうか。この度のお話もありがとうございました。多くの方に知ってほしい。強く感じました。自分なりに広めさせて下さい。以前にもご挨拶させて頂きましたが、私は今、東京湾入り口、房総半島の西南端に位置する西岬(館山市)を日本の伝統、神社神官の意向を無視、踏み外し愚弄する無法者からどう守るか。不義を阻止し解決していくか。に気持ちをさいている者です。西岬を守ることが尖閣を守る。擬似予行演習になる。と考えている者です。地方の田舎の出来事だからこそ、受け継いできた西岬を保ち守する者こそ、行言一致、真の保守人の1人、日本国の領土保守を任せたい現代の高杉晋作魂を受け継ぐ1人であると感じております。桜子さまのコメント、お考えに大いに賛同致しました。西岬のほとんどの人々は、陰極まって陽いずる。俗論党におされていた長州の生まれ変わり時のごとく、高杉晋作のごとくの人物出現を待つばかりの状況です。西岬とは、戦時中、首都防衛最前線基地であった館山市の大山(おおやま193m)域のことです。房総の尖閣、西岬を守れ。とは、山を館とする館山5万市民の宝山、鎮守山である大山、貴重な清流(青龍)、命の源である山の水源を未来永劫埋めつぶす。海をけがすことになる大所業から守れ。という運動です。何故これが尖閣を守る擬似的演習になるのか。一言でいいますと、その手法が尖閣に同じ。だからです。先月30日、衆議院第一議員会館で開催された国民集会、尖閣を守れ!(主催:日本会議、日本会議国会議員懇談会)に参席して感じました。今国会での法案成立をめざす。とし発表された決議文(案)に登場する尖閣。という言葉は、西岬。と置き換えることができます。決議文にはこうあります。「平成二十二年九月の尖閣事件以降、尖閣諸島をめぐる情勢は緊迫の度を深めている。特に尖閣諸島海域では、多くの中国船が我が物顔で違法操業を繰り返し、今や日本の漁業関係者は漁業ができない状態に追い込まれている。沖縄からの切実なメッセージに呼応して『尖閣を守れ』『日本の海を守れ』という声が全国各地から沸き起こり、同年十一月より領土領海を守るための署名運動が繰り広げられた…。」以下、房総の尖閣問題、何にみんな怒っているか、具体的いきさつを述べさせてださい。1、首都防衛最前線山が逮捕歴のある(房総の沖海に残土を大量に棄てている所を漁船に発見され発覚)産廃残土運搬業者により買収された。2、業者による山の切り崩し、川の埋め立て、産廃残土持ち込み計画は、山を売った地主、地区の役員数人以外ほとんどの地元民は知らされていなかった。3、計画を知った地元若手衆が公に発信しようとすると、後ろから刺されるぞ。だまっていたほうがいいぞ。海では仕事をさせない。と圧力をかけられる。4、屈しない地元若手熊野神社氏子衆らの呼びかけにより、地元区民197名の真意を問う。ご先祖から受け継いできた山を切り崩し川を埋めつぶす所業は、ご先祖に対しての不義極まりない冒涜である。事業を認めるわけにはいかない。とする過半数を超える124名分署名を市長に提出。さらに、氏子衆、地元漁協、賛同人の呼びかけに賛同する一万人署名を市長に提出。4、館山市長は、個人的にも市民のほとんども計画反対であると思う。と若者衆との会談で話す。4、しかし計画反対多数とは言えない。大山の麓である坂田(ばんだ)区の総意は事業賛成であるとし、事業許可。5、2012年1月5市有地である青道(川)下流域を、機能していない川とし、国有地であった市有地1662平方メートルを、33万2千円で事業者に売却。6、1月11日、山の切り崩し工事を開始するにあたり、山の鎮守である熊野神社神官は地鎮祭を拒否。7、 応神天皇をご祭神とする安房の国総社、鶴谷八幡宮神官は、「地区内で賛否が分かれている。」わかりやすく言えば総意にあらず。とし、同じく地鎮祭を拒否。6、にもかかわらず、事業者は山崩しを強行。7、任期が終われば、立候補しようとも二度と選ばれないであろう一市長が許可しても、永年皇室をお守りする八幡宮神官、熊野神社、安房一の宮洲崎海中神社神官の意向を無視する行為は、天皇家、わだつみが里、海神さまたちへの尊敬も崇敬もない不義極まりない行為。どちらに神々の軍配が上がるのか。8、冷静に大局的にみたとき、事業者は、たんなる運び屋業者であるということ。今回の騒動の大本は、自分のとこで出た廃棄物だけど、パシリに捨てさせろ。という経済至上主義を爆走してきた日本を代表する大手建設6企業。と神奈川の建設会社1社。本来であれば、皇統保守、日本の心、神々が宿る鎮守山を守り保護する立場にあるはずの企業代表者たちに、日本の未来について。会談を申し込んでゆく所存です。目の前の運び屋業者ではなく、海の向こうの搬出企業本体に、企業の正義を問うていく所存です。尖閣も同じく、現場以上に、中国国本土に出かけ、先の河村市長のように正々堂々、真心を持って、相手から拒否され続けようとも、話し合いの機会を持とう。とその姿を示し続けるところに、一点の突破光がさすのではないか。と信じ、行動にうつして生きます。尖閣の演説で熱いメッセージをとばされていた参議院義員、宇都隆史さんのような情熱を持って。企業の正義。をお教えくださった中條高徳先生、童門冬二先生のメッセージを胸に。お読み頂きありがとうございます。
2012/04/02(月) 08:35 | URL | ミタマキ貝 #0MXaS1o.[ 編集]
帝国政府声明文について
ねず吉さま、いつもブログを拝見しております。
帝国政府声明文は非常に重要な資料になると思い、感激しております。
しかし、帝国政府声明文をネットで検索していると倉山満さんという人が帝国政府声明文のことを「作文」と書いていました。
http://www.kurayama.jp/modules/wordpress/wp-ktai.php?view=comprev&num=0&p=531&page=0&PHPSESSID=xsfecnrto

なかなか周りに理解されない資料かもしれませんが、頑張って下さい。
2012/04/01(日) 19:11 | URL | 天地将 #-[ 編集]
No title
愛信さんのコメントの中に<北朝鮮の羅津(ラジン)港を租借した中国が、新潟の土地を狙う理由>とありました。

で、思い出しましたのですが、幕末、長州藩は 下関戦争を戦っています。
下関戦争は幕末に長州藩と、イギリス・フランス・オランダ・アメリカの列強四国との間に起きた、文久3年(1863年)と同4年(1864年)の前後二回にわたる攘夷思想に基づく武力衝突事件。
長州藩が負け、講和締結、その交渉にあたったのが高杉晋作です。
講和の全権を任せられた 高杉晋作は、悪魔のように傲然として交渉にのぞみました。欧米側の要求は、「賠償金300万ドルの支払い」と、「長州藩の領地である彦島を借してくれ」とのことでした。晋作はこれをきっぱり断っています。
こうして、何度かの話し合いで、講和談判をまとめあげました。
賠償金の支払いには応じましたが、彦島の租借を巌として譲りませんでした。

何故かというと晋作は文久2年(1862年)5月から約2ヶ月間、高杉晋作は上海に滞在しました。上海で見た光景は、晋作を愕然とさせることになりました。そこには、アヘン戦争に負けた影響で、欧米の植民地のようになってしまった悲惨な中国の姿がありました。晋作は、このままでは、日本は中国と同じ運命をたどってしまうとの思いにかりたてられました。
何としても国を護る、この一念です。

歴史に「もしも」は無いのですが、もしあの時、彦島を租借されていたら、列強四国の領土と化していたかもです。
租借というのはそういう意味もあるという事です。
本州、四国、九州、北海道に分けられていたかも知れません。
という事はその後、起きた戦いは無かった事になります。
そして日本も亜細亜諸国と同じ植民地になり果て、今現在も亜細亜諸国の独立は無く、植民地支配され苦しんでいた事でしょう。
その様な事を考えると、そら恐ろしくなります。
租借どころか領土を売るなんて言語を絶します、それにマスコミは事実も報道もしない!
例えその土地が私有地であろうがなかろうが、まして私有地なら国が何らかの策を講じるのが当たり前でしょうに。
増税法案など提出してる場合ですかね。
例えば、領土売却防止法案なるものを通すのであれば国民は諸手を上げて賛成しますよ。
先人達が命を賭けこの国を護ったというのに、、、、。
腐りに腐り切っています。














2012/04/01(日) 18:40 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
コメントの中に
 やはり日本の戦後教育の罪は深いですね。
 これだけの証拠があがっても,少し自分で調べただけで判る事実も、否定する、認めようとしない、逆に意地になる。
 確かに、驚異的な経済復興を遂げた要因の一つではあったかもしれません。
 しかし、その後の本当の事を言うべき時期を逸してしまった…と言うか、金に目が眩んだ国を動かす機関が、そこにしがみつきすぎたのか。
 そして、現在日本は歴史上最悪与党に消滅させられようとしている。
 本来の日本人と相容れない民族の触手が伸びてきている。
 自国に誇りを持っていない人々にはこれを防ぐ事は出来ないと思います。
2012/04/01(日) 10:56 | URL | #4eYB0gbE[ 編集]
動画の永久保存お願い
3月22日放送NHKスペシャル 動画 「東京大空襲 583枚の未公開写真」 TV小僧

http://veohdownload.blog37.fc2.com/blog-entry-13409.html

「米軍が東京市民を狙った大量虐殺を100回以上も繰り返した」と明確に断言した放送は戦後67年にして初めてではないでしょうか

終章の語りは、311大津波被害と全く同じです

(終章の語り)
「奪われた多くの命・家族の絆、失われた物が市民一人一人にとって如何に掛け替えの無い物で有ったか」

米軍記録映画では目標は軍事施設としていたが⇒「実際には市民に対して無差別に攻撃をしていた」
「昭和19年11月24日の東京初空襲から民家・小学校・神社・病院まで標的」

何処が燃え易いかを分析し⇒「商業地域と密集した住宅地域の効率良く焼き尽くせる地図を作成」
米国内に下町住宅密集地をそっくり再現し⇒「早く燃やす為の爆弾の量や落とし方を分析」

「明確に市民への爆撃を目標とした」
「3月10日だけで32万発の焼夷弾投下、10万人余りが死亡」
「100回以上に亘った大規模な東京無差別爆撃、市街地を狙って市民を無差別に襲い、5月末には市街地の半分以上が焼失」

これは永久に日本人ホロコーストの証拠となります。
2012/04/01(日) 02:02 | URL | 参考 #-[ 編集]
No title
自衛の戦争をするならそれにいたるまでに十分な根拠と根回しが必要と思います。
もしあの時点で日本が自衛戦争をアメリカに対して行うならそれなりの宣伝や相手への警告を何度も発していないといけなかったと思います。
それまでの日米交渉で日本は一度でもそれを言ってない。支那事変の解決を哀願するのみ。
それまで仲介を頼んでいた相手にいきなり「ハワイへの奇襲攻撃」じゃいくらなんでも酷すぎる。
英語でいう"Aggression"を日本語に訳したのが「侵略」と自分では解釈しています。「侵略」は「動員奇襲開戦」ということになります。
この「動員奇襲開戦=侵略」を国策として放棄しましょうと謳ったのが1928年に日本も含めた主要大国が結んだ多国間条約の「パリ不戦条約(ケロッグ=ブリアン条約)」です(これってあんまり日本の歴史教科書に出てこない気がするんです)。
1941年12月8日、日本は明らかにこれに違反する「ハワイ攻撃」をしました。
もちろんこの条約は自衛戦争を否定していません。否定できるわけがありません。でも前にも書きましたがそれをするなら筋の通った国家宣伝がないとだめでしょう。
恐れ多くも天皇陛下の御璽御名をお預かりして世界と結んだ約束をなんのためらいもなく破ってしまっては、日本の指導者たちは国際法を理解していない大バカものと断罪されても文句言えません。
自分はサヨクじゃありません。自分の父親は帝國陸軍航空隊のパイロットでした。16歳で志願して19歳で最初のミッション、それが帝都防衛でB29を迎え撃つのが父の任務でした。飛来するB29を3機撃墜しましたが、自分の機も被弾しパラシュートで脱出、再起を計っていましたがそこで終戦となったと聞かされました。
下々の兵士は立派だったんです。だからこそあの戦争がはじまった経緯が残念でなりません。
2012/04/01(日) 01:52 | URL | 踊れドールズ #-[ 編集]
No title
これはすごいですね、初めて拝見しました。
歴史の教科書に必須掲載にすべき文章です。
日本の近現代史で最も重要な資料のひとつになると思います。
2012/03/31(土) 19:20 | URL | #-[ 編集]
No title
最近の中高生と接して考えされられることが多くあります。
私もまだまだ若輩ものですが、彼らの考えは我儘と個性を履き違えているように感じます。

自分が楽しむことで他人に迷惑をかけてはいけない。これは当たり前のことです。他人のことも考えて自制できなければなりません。

彼らは我慢(自制)することが、自分の道楽を邪魔する敵対するものだと捉えているようです。何で自分が我慢しなければならないのか。それが戦後に手に入れた個人の自由じゃないのか!そんな具合です。

自由とは、不自由のなかにあります。本当の自由とは、定められた規則に違反しない範囲で自由であるということを確りと自覚していただきたい。

ここまで堕落した子どもらをみると流石にやるせなく思います。日本に害する餓鬼、そうは育って欲しくないものです。

私たち大人は子供らの規範となるべく、正しく慎ましく暮らしていきたいと思う次第です。大人は大人で古典を勉強しなおすべきですよ、ほんまに。
2012/03/30(金) 14:42 | URL | #-[ 編集]
【8.6田母神講演会】ヒロシマの平和を疑う!完全版[桜 H21/8/12]
皆様のご要望にお応えして、「8.6 田母神講演会 ヒロシマの平和を疑う!」を全編特別公開することにしました。ご家族やご友人、会社の同僚やご近所の方など、一人でも多くの方に御覧頂けますようお願いいたします。

1/3 http://www.youtube.com/watch?v=l9rdS0x8kRU&feature=relmfu
2/3 http://www.youtube.com/watch?v=qRxALHW-MgI&feature=relmfu
3/3 http://www.youtube.com/watch?v=2RypSKocZAQ&feature=relmfu

2012/03/30(金) 07:55 | URL | #9jgEo1Cg[ 編集]
北朝鮮の羅津(ラジン)港を租借した中国が、新潟の土地を狙う理由
北朝鮮の羅津(ラジン)港を租借した中国が、新潟の土地を狙う理由
http://johokosa.blog98.fc2.com/blog-entry-518.html

【関連情報】
被災者苦しむ最中に売国法案成立に心血注ぐ菅民主党政権
http://youtu.be/KI8q_0bTyY0
被災地復興へ数次ビザ=中国人観光客向け検討-輿石氏2012/03/24 http://bit.ly/GYV3xc

北京を訪問中の輿石東民主党幹事長は、同党と中国共産党でつくる「交流協議機構」の会議で
基調講演し、東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島の3県を観光する中国人を対象に、
有効期間内であれば何度でも出入国できる数次査証(ビザ)の発行を検討する考えを表明した。

 東北地方大震災の発生で福島第一原発を爆発させた。 反日売国韓直人政権は支那と韓国の救援隊
だけを空港へ出迎えた。 この頃にジャスミン革命で中東から追い出された支那の労働者(解放軍軍人)
が東北大震災の復興特需へ大量に投入されると見込まれていた。 今回の輿石東民主党幹事長が発表
した数次査証(ビザ)の件や小沢一朗婦人の実家福田組の関与した、支那へ新潟の広大な土地を売却
したのも反日売国民主党の一貫した政策である。

【東日本関東大震災の真相は!の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj13.cgi
証拠記事を集めた簡約版はこちらをカッチとね
2012/03/29(木) 21:59 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
中立の意味
祖国日本に立脚してものが言えて初めて日本人と言えるのではないだろうか。
日本人がずいぶん減ってしまったように感じる。
世界に向かって堂々と自分の意見が言える。
そういう国にしなければ。
2012/03/29(木) 21:51 | URL | ぷれっくす #-[ 編集]
No title
ねずきち様、すでにどなたかのブログにアップされていたと有りましたが、最初であろうとなかろうと私は気にしません。
ねずきち様のブログでこのような物があったのを私は始めて知りました。
解り易く解釈くださり、お教えくださるねずきち様のオリジナルの記事だと思って拝見しています。
そして何よりも、こうして書いて頂いたおかげでとても勉強になっています。
大変でしょうが頑張って下さい。
2012/03/29(木) 21:34 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
No title
ねずきち様、素晴らしい記事、そしていつも解り易く説いてくださり有り難うございます。
ここに、小田村四郎 前拓殖大学総長が平成8年、ある本の出版にあたり記した序文があります。

「東亜の安定確保を至上の国是とした我が国策に沿って、海外に雄飛して祖国の繁栄と万法邦共栄の理想実現のために挺身する青年たらんとする事が、我が拓大の建学以来の伝統であった。
神本、柳川(大東亜戦争に第十六軍参謀部別班員としてジャワ防衛義勇軍育成の父と謳われた柳川宗成大尉)氏に止まらず、大陸に、南方に赴いて理想に燃えて活躍した卒業生は数え切れない。
そしてそれはひとり拓大出のみならず多くの日本青年の心意気であったし、これらの名もなき若人らの純粋な努力の積重ねによって祖国の繁栄と名誉は支えられて来たのである。
思えば幕末開国によって国際社会に参入した日本が見たものは、駸々としてアジア、太平洋の天地を侵略する欧米列強の姿だった。
アジア諸民族は無力であった。
ひとり日本のみが極東において二千年の伝統を堅持しつつ近代法制と軍備を整備し、自らの生存と不平等条約是正のために挙国一致の努力を続けた。
そして国連を賭した日露戦争の勝利は、白人支配に甘んじていたアジア諸民族に独立への希望を燃え上がらせた。
自存自衛のため巳むなく開戦、大東亜戦争は武運拙く敗戦に終わったけれども、この戦争の結果、白人植民地は消滅した。
十五世紀の大航海時代以来、450年続いた白人支配の終焉という世界史上の驚くべき大事業を成し遂げた原動力こそ、日本国民の尊い血と汗の結晶であった。
近時、一面的に史実を歪曲捏造し、祖国の歴史と父祖の偉業を敵視する自虐史観に充ちた、独立国家にあるまじき歴史教科書が出現した。
われわれの父祖が心血を注いで築いて来た自国の歴史を虚心に仰ぎ、確乎たる自信と誇りを持たない限り、国家の未来は無い。
「我ガ神聖ナル祖宗ノ遺訓ト我ガ光輝アル国史ノ成跡トハ炳トシテ日星ノ如シ」(戌申詔書、明治四十一年)との大御言葉こそ、日本国民の確信でなければならない。
十九世紀中葉にイギリスでベストセラーになり、我が国でも明治初年に「西国立志編」として爆発的に愛読されたサミュエル
.スマイルズは、その続編「品性論」の中で次のように語っている
「国としての品格は、自分たちは偉大なる民族に属するという感情から、その支持と力を得るものである。
先祖の偉大さを受け継ぎ、先祖の遂げた光栄を永続させるべきだという風土がその国にできあがったときに、国家としての品格が高まる」とあります。

前後はまだまだあるのですが、正に今の日本人の心に響くような序文でしたので記載させて頂きました。
2012/03/29(木) 21:05 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
67年も伏せられたとは悔しくてなりません。
なぜ日本が戦争に参加したかが伏せられた。つまり正当防衛だった日本を、凶悪犯のまま67年間放置されたわけですね。すぐ教科書に反映させ、日本人の誇りを取り戻したいです。
2012/03/29(木) 13:38 | URL | zipangu #-[ 編集]
いつもねずきちさんのブログで勉強させて頂いています。

最近の近隣諸国の行動を見てると、大東亜戦争をせずにいられなかった当時の日本と同じような状況に感じてしまいます。
朝鮮の魚釣島の不法占拠は侵略であり、いまにも不法占拠されそうな尖閣諸島。
国や方法は違えど、日本が追い詰められているのは変わりありません。

今までは強力な武器を持ち、安保条約が抑止力になっていいましたが、そのハッタリは近隣諸国に暴露てしまっています。
日本は縛られた憲法により、反撃出来ない事は承知でロシア、支那、朝鮮は好き勝手に日本の領海に入りやっています。
また戦闘になった時、利益追求型人種のアメリカが直様行動するか疑問です。

日本の自尊自衛の為、我々の先祖の為、そして未来の為に早期に憲法改正し、軍備を整え反撃出来る体制にする、それこそ真の東アジアの安定が来ると私は思います。
2012/03/29(木) 13:32 | URL | #-[ 編集]
No title
僕が知り得た近代史のそのものです。
終戦の玉音放送を聞いたときの当時の方々のお気持ちが、今ようやく骨身に沁みました。
活動の手を弛めるわけにはいきません。
2012/03/29(木) 12:35 | URL | ガトー #.zfh79b6[ 編集]
No title
日教組主導の歴史教育では自虐史観のみの観点からしか授業行われないのでしょう。
過日の長崎県の百人斬りも現況を現した一部分でしょう。

もっとしっかりとした公正中立な立場から教育を行うべきですね。ねずきちさんがこのブログで教えてくださっている先人の素晴らしいかの地における産業振興や施設の建設や現地人との交流等は一切学校の授業では触れられる事がありません。
副読本で良いから教えるべきものと思います。
これらの事を事実に基ずいて教えられるようになれば素晴らしいことですし、いかに中韓が嘘を言っているか判るようになるはずです。
2012/03/29(木) 12:10 | URL | 一有権者 #-[ 編集]
No title
5年ぐらい前から我が家でも歴史で言い合いになっております。
私の主人も「南京大虐殺はあったんだ!!」と言い放ちましたし、シナや朝鮮の話題になると「もう聞きたくない」と拒絶しました。大学生の長男も資格試験の勉強の最中でしたので「そんな嫌な話は聞きたくない」と拒絶されましたし。
私は「聞きたくないなら聞かなくてもいいよ、でも時々独り言でシナや朝鮮のことを言うかもしれないけど・・・あしからず」とめげずにブツブツやってました。
本棚にはさりげなく最前列に「ちょうど主人の机の横、座高の高さの所に)、保守の方たちの歴史に関する本をズラ~リと並べ、主人が真実に目覚めてくれるのを待っておりました。
少しずつではありますが、私の居ない時に時々読んでいるようです。
戦後数十年、意図的にすり込まれた間違った教育は、改めるのにも時間がかかるのでしょうね。
2012/03/29(木) 11:47 | URL | 日本大好き #FVwNVV2Y[ 編集]
No title
日本は侵略国家で悪い国だったという考え方が日本を支配していますが、事実は日本の防衛と、欧米によってアジアが植民地支配されていることから救ったということがわかります
2012/03/29(木) 11:47 | URL | #-[ 編集]
No title
この文書が戦後67年間も封印され、公開されたのはどのような経緯によるものでしょうか?
思えば現代の情報通信の発達した中においても、事実が正しく伝わっていないものです。また、同じ情報を得ても一人一人その評価は違ってきます、ましてや昭和初期において国民の大多数を占める田舎の皆さんにとってどのように伝わっていたのか、どのように理解されていたのかを今の私たちが評価するのは難しいところです。

しかしながら、戦後アジアの植民地であった諸国が戦後短時日で独立したことを見れば、本声明の信ぴょう性、つまりこの声明を実現しようとするあらゆる段階での努力は一つの方向をなしていたと思えます。
2012/03/29(木) 11:32 | URL | 基準点 #oClLaHTE[ 編集]
アムステルダムの光芒【照らされた日本の誇り】
アムステルダム市長で、その後オランダの内務大臣に選ばれたエドゥアルト・ヴァン・ティン(Eduard van Thijn)氏の言葉です。(日本ではよく、「サンティン」と誤って呼ばれています)
アジア諸国だけでなく、戦勝国側でも、大東亜戦争における日本の正当性を認める声が上がります。現在、日本に謝罪と賠償を求めているのは、日本と戦っていない中華人民共和­国(中国共産党)と韓国、北朝鮮の3か国だけです。世界の教養ある人から見れば、日本の「私たち日本が悪でした」という自虐史観は異常に思えるのでしょう。もうこのGHQ­に押し付けられた嘘だらけの自虐史観を捨てて、真の誇りを取り戻しましょう!【拡散希望】
光芒(こうぼう)とは、雲の切れ間から太陽の光が線になって差し込む現象です。

http://www.youtube.com/watch?v=Dx-BBg0AgP4&feature=related

http://melma.com/backnumber_45206_5525150/

2012/03/29(木) 10:26 | URL | #9jgEo1Cg[ 編集]
ねずきちさん、今日も素晴らしいブログありがとうございます 。

ひろシマラー油さんのコメントにありますような、御主人様との会話がうちにもあります。
この大東亜戦争というものは、たしかに大義だけでは語れないたくさんの事実と悲劇と犠牲がありました。でも、またねずきちさんがご紹介下さったこの声明文も、たくさんの真摯な思いの集大成であるのも間違いないでしょう。
このような様々な矛盾でさえ、私たちは謙虚に受け止め、学んでいこうとする態度が大切なのだと思います。
お互い頑張りましょうね♪
2012/03/29(木) 09:41 | URL | 桜咲く #-[ 編集]
肯定し過ぎ?
ねずきち様、おはようございます。いつも心の琴線に触れるブログの更新を有難うございます。
丁度、夕べ夫と大東亜戦争の大義に付いて話し合った所です。
私はアジアの安定と独立の為に日本は戦った!と言うと夫は「それは表向き。単に少しでも味方が多い方が良いから協力させた。
それに天皇陛下は戦争を望まれていなかったんだ。良い様に大義を鵜呑みにして肯定するんじゃない。」と言い放ちました。
勉強不足の私は何も言い返せませんでした。
夫の父親は戦争体験者です。「日本はつまらん戦争をした。」と時々おっしゃいます。何だかやるせない気持ちが心の中で渦巻いてます。長文失礼致しました。

2012/03/29(木) 08:52 | URL | ひろシマラー油 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク