アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


世界を超えた1枚の写真 丹羽保次郎

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

丹羽保次郎(左)と小林正次(右)
丹羽保次郎(左)と小林正次(右)


昨日、御木本幸吉のお話を書いたので、今日は同じく三重県は松坂市出身の大発明家、丹羽保次郎(にわやすじろう)のことを書いてみたいと思います。

FAXは世界の市場で日本が圧倒的なシェアを持っています。
また昨今、インターネットや携帯を使って、写真や画像が自在に送受信されていますが、その画像通信やファックスの写真電送方式の仕組みを発明したのが、丹羽保次郎(にわやすじろう)です。
おかげで丹羽保次郎は、特許庁の十大発明家のひとりに数えられています。


「ファックス」という名称は、ラテン語のfac simile(同じものを作れ)で、実はその原理が発明されたのは、英国人のベル(Alexander Graham Bell)が「電話」を発明したのよりも33年も前のことです。

初期の頃のファックスは、「振り子を利用して走査線を送る」というもので、簡単にいうと、振り子があっちに行ったときは「白」、こっちにきたら「黒」を送る。
最初の頃は、ほんとうに「振り子」を使ったために、離れた所では「送信側」と「受信側」で、振り子の振幅の同期がとれませんから、発明はされたものの、実用化にはほど遠いものとなっています。

これを改良して最初に実用化したのは、イタリアのカセル(Giovanni Caselli)で、文久2(1862)年、「振り子」の代わりに「電磁石」用いることで、10cm×3cmくらの紙片に書かれたアルファベットのサインの送受信を可能にしています。
この技術は銀行がサインを照合するのに実用化されています。

その後、ベルが電話を発明し、明治16(1883)年にはエジソンによって真空管が発明され、この電話技術と真空管技術を組み合わせて、写真電送を可能にしたのが、ドイツ人コルン (Arthur Korn) と、フランス人ベラン (Edouard Belin)です。
明治39(1906)年のことです。

コルンもペランも、発明した機材は似たようなもので、画像データの読み取りと書き込みにドラム(回転板)を使う、というものです。
ドラムの回転速度がぴったり一致していれば、送受信双方に同じ画像を送受信できる。

そこでドラムの回転速度を一致させるために、ギターなどで使われる、あの音叉が利用されました。
ところが音叉というのは、音を鳴らした場所の温度や湿度によって、振動数に微妙な影響が出ます。

このためコルン方式も、ベラン方式も、送受信の場所が離れれば離れるほど、それぞれの場所の温度や湿度の違から、ドラムの回転速度が微妙にずれ、結果、受信した画像がおおいに乱れてしまうという欠陥がありました。

写真の電送が目的です。
せっかく電送しても、画像が乱れてしまっては使い物になりません。
米国の電気学会では、この二人の写真電送装置を「年をとった赤ちゃん」と呼び、嘲笑の的となっていたといいます。

ところが、この「写真電送」が、「どうしても必要」という事件が日本で起こります。
何かというと、昭和天皇の即位の御大典です。

御大典の儀式は、昭和3(1928)年11月に、京都で執り行なわれると発表がなされます。
日本の各新聞社は、この半世紀に一度あるかないかの世紀の大報道をめぐって、なんとかして歪みのないきれいな写真を電送したい、と考えます。

なにせ京都で行われる儀式の模様の写真を、新聞号外で発表するに際して、そこに写真があるかないかでは、号外の説得力に雲泥の差が出ます。
加えて、場所が京都で行われるとなると、その写真をどうしても東京に移送しなければなりません。

けれど、フイルムを陸送したり、空輸したりするのでは、これまた時間がかかりすぎて、世紀の大報道に疎漏がでます。

とにもかくにも、なんとかして写真を電送したい。
そこで朝日と電通(共同通信)がドイツのコルン式、大阪毎日と東京日日がフランスのベラン式の写真電送装置を購入します。
どちらもまだ試作段階です。
なにせ米国では嘲笑をかっているシロモノです。
不安はある。
けれど背に腹はかえられません。

各新聞社が、バカ高い金を出して機械を購入し、それぞれ写真の電送実験を行います。

朝日と電通が買ったドイツのコルン方式のものは、かなり不鮮明ながら、なんとか判別できる写真の電送実験に成功しました。

ところが問題は大阪毎日と東京日々が買ったフランスのベラン方式の機械です。
京都で撮影した写真を、大阪毎日が京都から送信し、東京で東京日々が受け取るのです。

けれどこの両社の実験は、なんど繰り返しても、まともな写真が送れません。
日本は高温多湿のため、音叉の振幅がモロに乱れてしまうのです。
受信した写真は、誰がどうみても、心霊写真のようなシロモノだった。

けれど、大式典の日取りは、刻々と迫ります。
なんとかしなければならない。

大阪毎日と東京日々は、なんとか判別できそうな写真を持って、宮内庁にお伺いをたてにいきます。
「これでよろしいでしょうか」という新聞社に、写真を見せられた宮内庁は激怒する。

陛下の御真影が、まるでオドロオドロしい心霊写真のようなシロモノなのです。
宮内庁は、両社に対し、
「今上陛下はもとより、皇族関係者の写真電送は今後一切まかりならぬ」と内示したうえ、さらに国会にはたらきかけ、「歪んだ画像を文書に載せ公開することを禁止する法律」まで制定してしまう。

法外な大金を払って、せっかくベラン式写真電送装置を買ったのに、これでは何をやっているかわかりません。
そのとき、弱り切った大阪毎日と東京日日の首脳陣に、耳寄りな情報が飛び込みます。

日本電気の丹羽保次郎とその部下の小林正次が、ベラン式やコルン式の同期ずれによる画像乱れを改良した新型NE式写真電送機で、昭和3(1928)年8月10日に、東京~大阪間の電送実験に成功した、というニュースが飛び込んできたのです。

この日、小林が大好きな女優である松竹のマドンナ、松井千枝子のブロマイド写真をポケットから取り出して発信機にセット。
そして受信機で待ち受ける丹羽に、電送。
数秒のち、受信機から、松井千枝子がにっこりと微笑む写真が印刷されて出て来たのです。

実験成功です。
二人は、この写真電送装置に、日本電気の頭文字をつけて「NE式写真電送機」と称し、この快挙をプレス発表します。

さぞかし大反響があったと思いきや、学界の反響は、皆無。
メディアからも何の反応もありません。
会社も、どう商品化したらよいやら先も見えない。
実験の成功は、どうやらお蔵入りとなりそうだったのです。

そこに大阪毎日が、白羽の矢を立てます。
是非、「NE式写真電送機」を購入し、使わせていただきたい!

ところが、です。
何に使うのかと聞けば、陛下の即位の御大典写真の電送です。
技術者としては、目をつけていただいたのは嬉しいが、そんなおそれおおい写真に、万が一のことがあったら、御不敬罪で下手をすれば逮捕、投獄です。取り返しがつきません。

それに、そもそも実験に成功したとはいっても、同じ部屋の中でのことです。
果たして、大阪~東京間という長距離で、電送がちゃんと行え、きれいな写真が送れるのかどうか。

それでも、大阪毎日にしてみれば、もはや必死です。
朝日がコルン式を採用し、実験にある程度成功しているのです。
大阪毎日としては、いまさらドイツからコルン式を取り寄せるには、もう時間がない。
一か八かで、日本電気の丹羽保次郎の新型写真電送装置に賭けるしかない。

大阪毎日の必死の説得に、丹羽もようやく心を動かします。
そしてNE式写真電送装置を大阪毎日の本社に持ち込みます。

東京日々新聞の本社には、すでにベラン式の大型の写真電送装置が設置されています。
機械にはフランスから技術者もついてきいて、通訳もいる。
部屋には専用の電源もひかれ、豪奢な調度品も整えられています。
まるで貴賓室です。

ところが急遽、持ち込まれることになった丹羽の写真電送装置は、新たに電源ケーブルをひく時間もないし、急な話です。
専用の部屋どころか、電源を得るために、汚れた倉庫の一角にセットされることになります。
なにせ急場しのぎなのです。
そこしか場所がない。

いよいよ昭和3(1928)年11月6日がやってきます。
それぞれの社運をかけた運命の時です。

午前7時10分、京都御所に向けて、お召馬車が皇居を出発しました。
東京日々新聞は、その写真を撮影し、即座に、本社に持ち込んでこれを現像する。
現像した写真は、その場ですぐに、大阪毎日新聞の本社に電送します。

その日の午前9時、東京と大阪の街頭で、ほとんど同時に号外が配られます。
その号外の第一面には、御召馬車に乗ってご出発される昭和天皇のお姿が鮮明に映っていました。
世界ではじめて、電送写真が実用に用いられた、これが第一号でした。

そのときのお写真が、↓これです。
NE式写真電送装置で撮影された御大典の電送写真
NE式写真電送装置で撮影された御大典の電送写真


一方、朝日の号外が配られたのは、東京日々と大阪毎日が号外を配った2時間後のことでした。
朝日の採用したコルン式は、写真を1枚送るのに数十分もかかったうえ、使える写真はよくて10枚に1枚しかなかったのです。
しかも写真の電送に専用回線が占有される結果、記事原稿の送信がまったくできなかったのです。

これに対し、日本電気の丹羽保次郎の電送装置は、送信側で交流モーターを回し、その電流を受信側にも送って同時にモーターを回すという方法でした。
そのために送信側と受信側の環境が違っていても、回転に狂いが生じなかったのです。

この成功に、丹羽は、帝国発明協会から表彰を受けます。
その受賞理由には、次の記載がされています。
~~~~~~~~~
社会の耳目たる新聞紙上を通じて、御大典を写真報道するという、前代未聞の快挙を、天晴れ上ゝの成績をもって成し遂げたる。
これぞたんに我が国学界の独占する一発明のみならず、人類生活の大光明の具現にほかならない。
~~~~~~~~~

丹羽は、翌年には、無線通信による写真電送を、世界で初めて、東京~伊東間で実現します。

さらに昭和5(1930)年には、逓信省が丹羽の写真電送技術を一般向けに公開し、「写真電報」サービスを開始します。
ちなみにこのサービスの料金は、大8円、中5円、小3円です。
昭和5年といえば、ラーメン一杯が10銭だったそうですから、仮にいまが一杯600円とすると、写真電送の「大」は、約5万円での送信だったわけです。

それでも写真を電送するという技術は、無線技術の導入によって飛躍的に拡大します。
昭和11(1936)年のベルリンオリンピックでは、電波がベルリン中央電信局ーナウエン送信所ー埼玉県小室受信所ー東京中央電信局と継がれ、見事、新聞報道に鮮明な写真が使われます。

さらにこのときの写真通信成功の快挙に、この年の8月26日、ヒトラー総統が日本の技術力を祝福した文書を、これまたファクスで送ってきています。
両国の関係はこうして深まり、11月には日独防共協定が締結されています。

NE式の初回実験で送られたヒトラーの祝電
NE式の初回実験で送られたヒトラーの祝電


さらに丹羽の写真電送技術は、昭和12(1932)年には、携帯化されてどこへでも持ち運びが可能になり、支那事変で大活躍をすることになります。

そしてこの技術は、さらに世界へと広がり、いまや世界中でファックスが使用され、また、その画像処理の技術(画像をドット単位で分割し送受信する)という技術は、新たに映像送受信の技術として発展し、いま私たちのパソコンの画面に表示されている写真となっているわけです。

それにしても、日本って、すごいですね。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

【メルマガ会員募集中】
(1) 日心会メルマガ(無料)
 申込は↓コチラから。
http://www.nippon-kokoro.com/mailmag_entry.php

(2) ねずブロメルマガ(有料)
 申込は↓コチラから。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
関連記事

コメント
No title
いつもこのブログを拝見し、勉強させて頂き、
活力をもらっております。

日本人は本当に努力家が多く、
常に今以上に良くなる方法を考えていると思います。
このような話を小学生の時から学んでいたら
努力することの素晴らしさと
「世の中には、このような仕事がある」と知ることもでき、
良いことだらけなのになぁ、と思いました。
2012/04/03(火) 09:50 | URL | みまな #-[ 編集]
【国会議員が竹島集会を開催!一般人も参加可能!】
■竹島問題も解決を /初めて東京で集会■

《日時》2012年4月11日(水)
《場所》東京都千代田区の憲政記念館(http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/kensei/kensei.htm
([地図] http://www.tokyoguide.net/spot/189/map/
《主催者》
「日本の領土を守るため行動する議員連盟」=平沼赳夫議員(最高顧問)、西田昌司議員など国会議員の連盟。超党派の連盟なので他党の議員も参加している。
「竹島・北方領土返還要求運動県民会議」=漁協や商工団体
《後援》
島根県 島根県議会
《集会内容》
隠岐の島町の現状などの報告
※溝口善兵衛知事も自ら参加 
http://mytown.asahi.com/shimane/news.php?k_id=33000001203230006

朝日新聞2012年3月23日

《参加受付》チャンネル桜http://www.ch-sakura.jp/events.html

(注意!)本日午前中まです。歴史に関わり合いたい方のみ参加申し込みをして下さい。
2012/04/03(火) 04:26 | URL | 山田太郎 #-[ 編集]
ACTA(アクタ)の危険性について
ねずきち様へ

初めて投稿させて頂きます。
いつも勉強させて頂きまして、本当に有り難うございます。
この度は、本エントリーとは関係ない内容で大変恐縮ですが、
ねずきち様へお知らせしたい件がありまして投稿させて頂きました。

政府が、秘密裏同然にACTAと呼ばれる協定を結んでおります。
ネットの自由を奪うおそれのある極めて問題のある協定です。
詳細につきましては、下記のブログに掲載されておりますので、
非常にお忙しいとは思いますが、是非ご一読頂きます様、宜しくお願い致します。

ブログ名:政治家発言備忘録 http://bit.ly/HJPh3x
2012/04/03(火) 03:57 | URL | riruru #Fjgryyds[ 編集]
ジェームス・スキナー氏は冤罪つくりの「朝日」族
ジェームス・スキナー氏は冤罪つくりの「朝日」族
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-2951.html

 今日の支那は蒋介石が日記に記した様な支那共産軍腐敗官僚の略奪場と化しています。 
支那や朝鮮に支配された反日売国テレビ局・マスコミと愛国系日本人の情報戦勝が勃発しました。
 我々愛国系日本人は「テレビ局・マスコミに、視聴者しか助けてくれる者はいない事を自覚させましょう。」 
政治家と同じように「信」なくばテレビ局・マスコミも存続できない。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2012/04/02(月) 22:31 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
石原慎太郎を陛下は一言で包み込んだ
拙ブログで、当時皇太子であった陛下に起こった事件について、彼は加害者にシンパシーを感じる記事を発表していたことを紹介した。
しかし、その彼をも 陛下は包み込まれた 彼は救われた 彼のこれからの行動には芯が存在することになるだろう……
http://ameblo.jp/sankeiouen/entry-11210943914.html



昨日デリーで焼身したジャンペル・イシェの遺書 日本語全訳
追記(28日午後1時)誠に残念ながら、ジャンペル・イシェ氏は28日午前7時半に病院で亡くなられた。合掌。

昨日デリーで焼身したジャンペル・イシェの遺書と思われるものが発見された。彼の従兄弟であるツェリン・ロギャが発見し、デリーのTYCに手渡し公開された。

日付は3月16日となっている。少なくとも10日前には、焼身を決心していたことが分かる。

彼は焼身の前日、兄弟や友人に、理由は伝えず、金銭や身の回りの物品を譲り渡していた。

彼は依然危篤状態という。


以下、その日本語全訳。


1)世界の平和の導師、ダライ・ラマ法王が千年万年の長寿を全うされますように。

(法王を)チベット本土にお迎えすべきだ。骨肉と顔を同じくする同胞たちが集い、ポタラ宮殿の前でチベットの国歌を雷鳴の如く歌うことを願う。その日が必ず来ることを確信する。

2)同胞たちよ、将来の幸と繁栄を望むなら忠愛が必要だ。忠愛は民族の心の命だ。真理を求める勇気だ。将来の幸を導くものだ。同胞たちよ、世界の人々の平和平等を望むなら、忠愛という言葉を大事にすべきだ。義務に励むべきだ。忠愛とは真偽を区別する知恵だ。

3)自由は全ての有情の幸せと喜びの基だ。自由がなければ、それは風にさらされる灯明の如し。600万チベット人同胞の如し。3地域(ウツァン、カム、アムド)の同胞が一団となれば結果を得ることができよう。勇気を失うな。

4)私が今、話していることは600万チベット人の生存に関わることだ。民族の生死が掛かる今:財産を持つ者はそれを使う時。(知識等の)徳も持つ者はそれを発揮すべき緊急の時。命のある者はそれを投げ出すべき時と、私は思う。21世紀の今、宝の如し人の身を灯明と化すのは、チベット人600万の苦しみは人権・平等がないことだと世界の人々に知らせるためである。慈悲の心あるなら、慎ましいチベット人たちに注目してほしい。

5)我々にも先祖代々伝えられて来た仏法を守り、論理の書やチベット語を学ぶ自由が必要だ。世界の人々は平等であるべきだ。世界の人々よ、我々の後ろで立ち上がってほしい。チベットはチベット人のもの。プギェロー!(チベットに勝利を!)

2012年3月16日、タウのジャンペル・イシェが記す。
http://ameblo.jp/sankeiouen/entry-11207250239.html


2012/04/02(月) 12:41 | URL | #9jgEo1Cg[ 編集]
re:橋下徹という罠【愛国心を利用した詐欺師】
ps:
応援を!パンダ誘致反対で仙台市民が立ち上がった!
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1816.html

2012/04/02(月) 12:24 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
橋下徹という罠【愛国心を利用した詐欺師】
橋下徹という罠【愛国心を利用した詐欺師】
http://youtu.be/nAy4HHst7UE
(動画)

【関連情報】
【カルト狂弁護団懲戒請求の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/sgm/sgm1.cgi
【有権者の皆様へお願い】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/chsk.cgi
 支那人や朝鮮人に支配された売国反日テレビ局・マスコミが愛国系日本人を騙している事実を
多くの日本国民に知らせよう。

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
2012/04/02(月) 11:56 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
No title
その昔日本電気の社員でした。こんなすばらしい業績があったんですね。また宇宙探査機「ハヤブサ」にも協力していたのを知ってどれほど嬉しかったか。それなのに今の体たらく・・・。悲しいものです。
2012/04/02(月) 10:56 | URL | 玄界灘 #MDRAhZRU[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク