アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


高橋容疑者逮捕と戦後日本の闇

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

出撃前の敷島隊
敷島隊0610


オウムの高橋容疑者が逮捕されました。
これで手配されていたオウム事件の関係者は、全員逮捕となったわけです。
けれど、オウム事件の奥底にあるものは、いまだ終わっていません。
それがどういうものかについて、考えてみたいと思います。


そもそもオウム事件とは、麻原彰晃こと松本智津夫が昭和60年代から平成のはじめにかけて、救済の名のもとに日本を支配し、自らその王になることを空想し、それを現実化する過程で、外国での軍人訓練や軍事ヘリの調達、自動小銃の密造や化学兵器の生産を行い武装化し、教団と敵対する人物の殺害や無差別テロを実行したという事件です。
一連の事件で29名が殺人により死亡、殺人未遂が2名、オウムによる負傷者は六千名を超えるという、戦後日本最大の凶悪事件でした。

今回逮捕された高橋容疑者も、事件後17年を経過しながら、いまだに教祖である松本智津夫容疑者のDVDや著書などを携帯し、そのマインドコントロールの深さに多くの人々に衝撃を与えています。
しかも高橋容疑者は、逃亡者でありながら450万円もの大金を所持していました。

日雇い仕事をしながら貯めたお金といいますが、毎日毎日、漫画喫茶や個室ビデオに入り浸る生活をしていて、それほどの大金をなぜ所持することができたのか。
教団の闇は、まだまだ深いものがあるといわざるを得ません。

さて、そもそもこのオウム事件が世間に衝撃を与えたことのひとつは、教団幹部と言われる人々が、驚くほどの秀才たちであったことです。
彼らは弁がたち、実行力、行動力も優れる優秀な若者でした。
そんな英才たちが、なぜオウムのような狭量で過激、しかも反社会的行動をとるカルトに嵌ったのか。
ここに戦後日本のもつ、大きな暗闇があります。

このことについては、いろいろな評論家がいろいろに語っているのですが、どれも帯びに短したすきに長しです。
なぜ彼らは、カルトにはまってしまったのか。

実は、その答えはいまから60年も前に、明確に出されています。
答えを出したのは、ドイツ生まれの米国人、エリク・ホーンブルガー・エリクソン(Erik Homburger Erikson)です。

彼は昭和8(1933)年にドイツにナチス政権が誕生すると、米国に渡り、そこで精神科医を勤め、他の治療機関の手に負えないような問題行動を起こす青年に心理療法を施して、きわめて高い治癒率を上げた人です。
そのエリクソンが提唱した概念は、これまた有名な「アイデンティティ(identity)」です。

人は青年期において、「自分とは何か」「これからどう生きていくのか」「どんな職業についたらよいのか」「社会の中で自分なりに生きるにはどうしたらよいのか」といった問いを持ちます。
そしてその問いを通じて、自分自身を形成する。
その答えとなるものが、アイデンティティです。
ひらたくいうと「これこそが本当の俺だ」という実感、です。

エリクソンによれば、この実感が持てないと、人は自分のやるべき事が分からないまま日々を過ごし、ときに熱狂的なイデオロギー(カルト宗教や非行など)に傾いてしまうと述べています。

親からもらった優秀な頭脳を持ちながら、社会の中で自分がどう生きたら良いのかわからない、そんな心の隙間に、デタラメな「救済」と称する在日朝鮮人の松本智津夫の思考が入り込み、優秀な若者を教化する。
まさにオウム事件の本質がそこにあるといえます。

戦後教育は、戦前にあった愛国心の涵養や、徳育教育、日本人としての価値観の源泉となる神話教育を全否定しました。
そして学問とは先生の言うことを聞くことと、疑うことだと教えました。
この結果、目的もなく学問を詰め込まれた若者が、エリクソンの言う「社会の中で自分なりに生きるにはどうしたらよいのか」といった問いに対する答えを得ないまま、つまり自分自身の中心となるアイデンティティを形成できずに、社会に放り出されています。

もっというと、優秀で成績の良い青年であればあるほど、「日本は戦前悪いことをした」というデタラメの歴史観や思念まで刷り込まれてしまう。
その結果、自己のアイデンティティを形成するどころか、むしろアイデンティティを否定し、日本人であることを嫌い、現実を逃避して物事を深く考えることをせず、目先の金儲けや一時的快楽に走り、結果として「公(おおやけ)」に尽くす精神を忘れ、自分さえ良ければいいという、刹那的な思考に走っています。

この結果、優秀であるはずの官僚が害務省となったり、東大出のエリートがママから月1500万円の小遣いをもらってそんなの知りませんでしたとシラッと述べてみたり、言ってみたり、あるいはこの不況の最中に支那人を大量に日本に入れるとゴタクを並べてみたり、あるいは不況の最中に消費税を増税して日本の景気をもっと悪くしようと、そのために私の政治生命を賭けますなどとわけのわからないことを言い出す。
中には、自分が総理のときに福島原発事故が起こったにもかかわらず、野党の自民党が投じ何もしなっかったから事故が起きたのだと、平然と罪を他人になすりつける。

こうしたおかしな思考が起こるすべての原因は、彼らが戦後教育の優秀な申し子であり、青年期にもっとも大切な自己のアイデンティティを形成できなかった半端な人格に他ならないこと、同時にそういう政治家に票を入れる有権者の多くがまた、国家として、あるいは日本人としてのアイデンティティを形成できずに社会人となった大人たちである、という現実に端を発しているように思えます。

私から見たら、反日教や、侮日教、あるいは日本解体教などというものは、まさにカルトそのものです。
なぜなら、日本人でありながら日本を失うということは、他の誰よりも日本人である自分自身にとって、最悪の選択だからです。
ちょっと考えればわかることです。
ソマリアやカンボジアの悲劇を持ち出すまでもなく、国家のゼロ時(終戦によって国を失った満州や朝鮮半島)を経験した日本人が、彼の地で、どれだけ酷い眼に遭ったかを振り返れば、おのずと明らかです。

※ご参考
「通化事件ー国を失うことの悲劇」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1325.html

私達ひとり一人には「名前」があります。
その名前は、日本という国家によって承認された名前です。
たとえは悪いかもしれませんが、名前があるということは、飼い犬や飼い猫と同様、国という名の家族の一員となっていることを表します。

国がなくなるということは、家族の紐帯が断絶し、私達ひとりひとりが孤立した名のない存在になることです。
つまり、野良猫や野良犬と同じになるのです。
路上で車に跳ねられて殺されても、誰も見向きもしてくれない。
大怪我をしても、医療も受けれない。
国を失うということは、人が人でなくなるということです。

にもかかわらず、日本人が反日、侮日に染まり、日本解体の片棒を担ぐというのは、頭のおかしい、まさに天に向かってツバを吐く行為です。
およそ政治の世界でも、言論の世界でも、本来ならそういう思考自体がありえない。

もちろん、解体すべき国家もあります。
旧ソ連が、その典型です。
旧ソ連は、それこそ一日も早く、なくなったほうがいい国家でした。
けれど、ソ連を崩壊に導き、新たなロシアを誕生させたエネルギーは、反ソ、侮ソといったものではなく、ロシアを愛する愛国心です。
私達は、そこに注意を払う必要があります。

反日、侮日、日本解体を目論む者たちには、その愛国心がありません。
スクラップandビルドではなく、単なるスクラップ屋でしかない。
そこに民衆の幸福を考える理念は、カケラほどもありません。

それどころか戦後教育は、愛国心こそが悪の根源であると教えてきました。
いかにそれが馬鹿げた教育であったかがわかろうというものです。


では、青年期においてアイデンティティがきちんと形成されるとどうなるのか。
エリクソンは、人間の根本的な性質とし「忠誠性」を挙げています。
「忠誠性」というのは、様々な社会的価値やイデオロギーに自分の能力を捧げたりする事の出来る性質のことをいいます。
つまり「忠誠性」とは、公(おおやけ)のために自分を捧げることをいいます。
我が身を省みず身を捧げるのです。
古い言い方をすれば、「不自惜身命」ですし「義」です。

「義」は、羊ヘンに我と書きます。
羊は、古代において神への生贄です。したがって「義」とは、我を神への生贄として捧げる。
すなわち公(おおやけ)のために命を捧げることを意味します。

忠義の「忠」は、真ん中の心です。
自らの中心を、人々の幸せのために捧げることに置く。
それが「忠」です。
ですから「忠義」とは、公(おおやけ)のために身を捧げることです。

忠誠の「誠」は、言ったこと、言われたことを「成る」、つまり実現することです。
公(おおやけ)のために身を捧げ、言ったこと、言われたことをしっかりと生涯をかけて実現する。

そして「公」とは、人々の集団です。
家族や友達、恋人、会社の仲間たち、学校、故郷、地域、それらすべての集合体が国家です。
ですから国家は私達にとって、「この国」などでは決してありません。
「わが国」です。

民主主義というものは、その「わが国」の過去、現在、未来につながる「公(おおやけ)」の精神を持った集団が、入れ札(投票)を行なって代表を選び、その代表が政治を担うという仕組みです。

根底に愛国心がなければ、民主主義は成立しないのです。
このことはつまり、民主主義は、民主主義を守る、すなわち「国を守る」というアイデンティティをしっかりと形成した有権者が代表を選ぶことで維持される仕組みであるということになります。
売国者、反日者、侮日者、日本解体主義者には、民主主義政治に参加する資格は、そもそも「ない」のです。


もうひとつ申し上げます。
日本は、戦後67年間、戦争をしないで来ました。
この「67年間戦争をしなかった」というのは、世界史的に見ても実に画期的な出来事です。
では、その67年間の平和は、戦争放棄を謳った憲法9条によってもたらされたものなのでしょうか。

答えは「No」です。
なぜなら戦争は、相手があって行なうものだからです。
こちらが一方的に戦争を放棄しても、相手が攻めてくれば戦争は起こるのです。
実にわかりやすい簡単な理屈です。

では何故、日本は攻められなかったのでしょうか。
答えは、戦前にあります。

世界中のすべての国において、軍隊は、旧日本陸海軍を学びます。
なかでも日本が行なった特攻攻撃は、忠義の最たるものとして、およそ軍人ならば、必ず学ぶことです。
そして戦う相手として、これほど恐ろしい相手はいない。
たった一機の特攻機によって、何千人の乗組員がいる艦船が、海の藻くずとなるのです。
その脅威は、他に比べようもありません。

ですから世界各国の軍隊の日本に対する認識は、「日本はいまは眠っているが、目を覚ましたら恐ろしいほど強い」と思われています。
ですから日本と戦うことだけは、絶対に避けたい。日本に目覚めてもらいたくない。
それほどまでに戦時中の特攻は、世界に恐怖を植え付けているのです。

だからこそ日本を攻めようなどとは考えないし、日本は攻められなかったのです。
日本を攻めるなら、よほど腹をくくって攻めなきゃならない。よほどの準備をしなけりゃならない。
でなければ、日本を相手に戦争するなど、おそろしくてできるものではない。
これが、世界の日本に対する共通の認識です。

つまり、戦後67年間のわが国の平和は、戦時中に若い命を散らせてくれた特攻隊の隊員たちの勇気ある働きによってもたらされたものなのです。
憲法9条などではありません。
それが「世界の現実」なのです。


ではなぜ、特攻隊の隊員たちが、我が身を祖国のために散らせることができたのか。
その答えも、やはりアイデンティティにあります。
戦前の教育は、子供達、青年たちに「自分とは何か」をしっかりと教えました。
生徒たちは、国を愛することをしっかりと学びました。
つまり、青年期において、彼らは自己のアイデンティティをしっかりと涵養(かんよう)したのです。

だからこそ彼らは従容として自らの命を捧げることができたのです。
なぜなら、自らの命よりも大切なものを守ろうという強い精神が育っていたからです。

そして、その強い精神を持った旧日本軍のおかげで、私達は、戦後67年間、戦争のない平和と繁栄を手に入れることができたのです。


日本はいま、とんでもない閉塞感の中にあります。
景気の見通しも立たず、政治も、反日主義者の民主党では、どうにもならないと知りながら、ではどこの政党に投票したら良いかとなると、「わからない」という答えが一番多いといいます。

みんな少しでも良くなりたいのです。
自分たちのいまも、もちろんそうですし、子や孫の時代も同様に、平和で豊かな暮らしを実現できる日本でありたいのです。
すくなくとも、オウム事件のような悲劇を繰り返しては成らない。

であるならば、私達は「国を愛すること」という出発点を、共通のアイデンティティとして、あらためて共有化する必要があります。

なぜなら、それが民主主義の原点だからです。

要するに、オウム事件の奥底にある闇も、平成不況の奥底にある真の原因も、そしていまの政治のもつ闇も、言い換えれば戦後世代の私達が持つ閉塞感の奥底にある闇の真の原因は、戦後日本に科せられた歪みそのものにある、ということなのです。

私達が、新たな日本を築き、かつてない好況と現代だけでなく、子や孫の世代までもの繁栄と平和を手に入れたいのなら、いま、いちばん大切なことは、戦後日本の闇をとりはらうこと。
つまり、日本人が日本人としてのアイデンティティを取り戻すことに、すべてはかかっていると、私は思っています。


よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

【超人大陸】野田首相はN氏の娘の結婚式に蓮舫氏と共に出席


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
日本の心を伝える会 日心会
関連記事

コメント
No title
”東大卒”だとかそういう肩書きはその人の一部でしかない。
そのことをしっかり認識するべきです。

世の中博識な人がいるでしょう。すごい技術を持った人もいるでしょう。
しかし知識も技術も所詮は道具でしかなく、人格や人柄を裏付けるものではありません。
「キチガイに刃物」という言葉があるように、どんな道具も使い方次第で惨事を招きます。

エリートと呼ばれる人は、大きな利益を与えてくれるか、
大きな損失をもたらすかのどちらかの人間になると言うことです。
肩書きに騙されず、冷静に行動・発言を観察して、
その人の心を見ることが重要です。
2012/07/07(土) 17:06 | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #-[ 編集]
教育勅語。

あそこに、全て書いてありますね。

日本人としての誇り、責任に目覚めるべきだと思います。

2012/06/22(金) 19:54 | URL | [i:63647]きょーた[i:63647] #-[ 編集]
No title
こいつは工作員様、初めまして、桜子です。
御教授、そして励まし、有り難うございました。
仰る通りです、勿論民主のほとんどが帰化人、売国奴、そして日本の病巣であるのが在日だとも解っております。

>つまり、民主党が与党である限り何かを期待するのはお門違いです、引きずり落とす方法に神経をそそいでいたら悲観することもありません。

そうですね、民主になんぞ爪の先ほども期待はしていません。
民主を引き摺り降ろす為に日々、微力ではありますが努力しています、皆さんも同じだと思います。
しかしやる事なす事、あまりにも醜くすぎます!
で、「本当に私達の声が届いてるのかな?」と、か弱き女(?)が考えた次第です。
東京あたりでは皆さんがデモに参加され頑張ってらっしゃいます。
ここは地方都市ですがデモなどの情報が一向に入ってきません、勿論ネットで声を上げるのは大切ですが、行動を持って声を上げるのもありかなと思っています。
それ程までに日本は危機に瀕していると思います。
現政権を倒し、一日も早く真保守の誕生を願っていますが、それもこれも、もうあの民主のような者に騙されない様に我々国民がしっかりとした目、耳を持たなくてはいけないと思っています。
文章で相手に何かを伝えると言うのは難しいですね、文才の無い私は特にそう思います。
頑張りましょうね。




2012/06/20(水) 21:08 | URL | 桜子 #.YaUUqGk[ 編集]
名無しさん♪
いろいろなご意見を見て、学んで、謙虚に、日本を良くしていかないといけないのが、今の状況だと思います!
私も、今の自民党では満足できませんし…
ご気分悪くなさらずに、これからも率直なご意見お願いいたします。

楽しみにしておりますね。
2012/06/20(水) 12:27 | URL | みーたん #-[ 編集]
No title
こいつは工作員さんへ

あなたが日本に危機を感じられ、もっともなことを言われていると思います
私も自民党に真の保守政党として頑張ってもらいたいと
心から願っている一人です

しかし現在の日本の状況を生んだのも自民党であることは事実です
自民党に内部にも左翼がいることも事実です

自民党に保守政党として頑張ってもらいたく投稿させていただいたのですが

ただ一言だけ自民党がすべて正しいというあなたの論調ではすべての日本国民はついていかないと思いますよ

悪かったところは悪い政策だったと自覚させ改善させ
国民の理解が必要ならばはっきりとそれを国民に伝える

そして初めて自民党の元、この国難にオールジャパンで戦えるのではないでしょうか
2012/06/20(水) 10:11 | URL | #-[ 編集]
>政府の馬鹿さ加減に言葉もありません。
桜子さん、HNこいつは工作員です初めまして。

上記のお言葉ですが、民主党は朝鮮人(帰化して日本人のなりすまし)が主体でそれを支えるスタッフも朝鮮人です。日本国を朝鮮人の為の国にする国政をするのが基本です。それを操り工作しているのがシナ共産党です。

丹羽中国大使は朝鮮人でしょう、シナ全国にイオンを展開したい守銭奴の岡田にしてみれば国税で自分のために働くビジネスマンを雇ったようなもので願ったり叶ったりです。売国行為をしても更送されないのは「まだ使い道がある」と、シナから許可が下りないからだと想像します。

公務員として日本全国に忍び込ませてある日本人の振りをした朝鮮人、メディアを意のままに動かす朝鮮人創価の資金、国会を占領した朝鮮人、莫大な税金を搾取し続けている朝鮮人、、、、すべて朝鮮人なんですよ!だから与党である間出来るだけ朝鮮人の為になる政策、法律を作ろうと仕上げにやっきになっています。皇族までおも悪の手が回っています。

つまり、民主党が与党である限り何かを期待するのはお門違いです、引きずり落とす方法に神経をそそいでいたら悲観することもありません。

姑息な集団だけに目が離せません、亦このシロアリ集団は既に日本国の土台に巣食いかなり侵食しているのも確かです。日本は朝鮮人に侵略される、ではなくされています!

現実を直視し備える、その覚悟が必要です。

朝鮮人が仲間をどんどん日本に引き入れています、人民解放軍が全国に行き渡っています。
2012/06/20(水) 07:16 | URL | こいつは工作員 #-[ 編集]
病巣は創価 これに尽きる
小沢も創価だよ。^^

ホントは増税も再稼働も大賛成。

誰よりも推進派だからね。

不仲説は
「造反したかったんだけどできなかった」というための工作。

2ちゃんねるも創価。

http://blog.livedoor.jp/sheltem2/

http://pipeo.jp/users/folder/570/685
2012/06/20(水) 04:26 | URL | マウマウ #BFJTYZbE[ 編集]
週刊ポストご高覧下さい。m(_ _)m
拝啓、管理人さん人も国も優しいだけお人好しだけでは生きていけません。

オームは資金源が解明されていません、何故破防法が適用されないのかも不思議でなりません。

当時の国松警察庁長官が狙撃された真相も不明です、藪の中です。
オームは管理人が言われる通り、
日本にテロ戦争を仕掛けて来た破壊集団です。
宗教団体に偽装しているだけです。

宣伝、ご容赦下さい。 今、発売中の週刊ポスト小学館より チャイナの日本への一方的土地買い占めが特集されています。 ジャニーズ事務所と黒柳徹子が推進する仙台へのパンダ誘致と連携する、仙台チャイナゲットー植民地構想 新潟市チャイナ領事館土地5000坪買取。 名古屋でも同じく、今日本中でチャイナに買い占められる不動産を特集しています。 一方、共産圏であるチャイナでは日本は土地不動産は買えません。

付記URLより
更新中です「 外国人犯罪の増加からわかること 」元通訳捜査官 坂東忠信氏サイトです。 坂東忠信氏の新刊 「 日本が中国人の国になる 」 徳間書店より m(_ _)m乱文にて 敬具
2012/06/20(水) 01:59 | URL | (^o^)風顛老人爺 #-[ 編集]
No title
【尖閣諸島】台湾ホンハイ会長が「尖閣諸島を買って日本と共同開発したい」
と発言/ ネットユーザー「いくら台湾でもお断り」
http://rocketnews24.com/2012/06/19/222704/

親日国であっても主張すべきは、主張するべき。
尖閣諸島は日本領です。
2012/06/20(水) 00:54 | URL | hehehe #-[ 編集]
全力で妨害に入るでしょう
 2回連続でコメント記入させて頂くのは気が引けたのですが…
 最近よく考えていた内容が入っていたので、どうしても書き込みしたくなってしまいました。
 日本人が国を愛する精神を取り戻す事、そして大和魂を取り戻す事、その兆候が見えた時、応援してくれる国も多数存在すると思いますが、アメリカ・イギリス・ロシア・中国・韓国・北朝鮮他、今現在ある程度の力を持っている世界中の多数の国が、全力で阻止にかかると思います。
 多分、イタリアもドイツも。
 何故か。
 それらの国が一番恐い存在が日本なんです。本当の日本人なんです。
 真の日本人の精神に敵わないのが判っているんです。

 欧米列強は、奴隷候補の有色人種である日本人に初めて触れた時、驚きを隠せなかった。
 そして、そう感じたのを立証するかのように、世界中が恐れて手を出せなかった、最強と謳われたバルチック艦隊を、その一小国が技術と発想を駆使して撃破してしまった。
 こいつらを潰さないと…。そう確信したことでしょう。

 欧米列強は、自分たちが進化するのではなく、相手を窄めて自分たちが優位に立つ方式をとる…それが戦後の裁判なり日本の教育に顕著に出ていますね。
 それが見事に成功した…ように見えるが、時々垣間見えるあの精神は…?やはり武器を持たせてはいけない…!
 という事で、核武装も自国での武器開発も自衛隊の軍への移行も、世界は許さないのではないか?と思います。
 日本人のアイデンティティ復活は勿論ですが、先ず、世界に対してきちんと主張できる,世界に対抗出来るリーダーの出現が必要だと思います。
2012/06/19(火) 23:36 | URL | 蒼き男 #4eYB0gbE[ 編集]
No title
ねずさん、こんばんは。世界中のすべての国において、軍隊は、旧日本陸海軍を学ぶこと、なかでも日本が行なった特攻攻撃は、忠義の最たるものとして、およそ軍人ならば、必ず学ぶことって、全然知りませんでした。無知ですみません。誇らしいことですね。
次期政権では自衛隊を国軍にして、自国を守ると共に、拉致被害者を奪還出来るように、丸腰で世界に出ていくのではなく、武器を持って普通に活動出来るようにしていただきたいのです。特ア以外のアジアの国々はその方が心強く、喜ぶのではないでしょうか。日本は特アに遠慮することなく、普通の国になるべきです。日本人は誇りを取り戻せばまだ大丈夫だと思います。なるべく早くですけど。
2012/06/19(火) 22:37 | URL | ハギノ #-[ 編集]
No title
ねずさんがお教え下さる事、そして皆さんのコメント、いちいちごもっともです。
が、何故かコメントさせて頂いてても、また、抗議のメール、電話、FAXにしても本当に私達の声が届いてるのかどうかさえ疑いたくなるような今の現状です。

この様なニュースがありました。
>政府は19日の閣議で、東京都による沖縄県・尖閣諸島購入計画に反対を明言した丹羽宇一郎駐中国大使について「深い反省の意を述べており、現時点で、召還や処分などの措置を取ることは考えていない」とする答弁書を決定した。

政府の馬鹿さ加減に言葉もありません。

また、今年1月の事ですが >日本国内の中国総領事館移転に際し、国際法及び国内法に則った上で対処する」と、事実上は新潟市と名古屋市の広大な土地を中国政府が取得できるよう便宜を図ることを示唆する口上書を中国側に渡したことを発表、そしてその2日後には中国当局による北京・日本大使館の建築確認が与えられた。

尖閣発言にしろ、新潟市と名古屋市の広大な土地を中国政府が取得できるよう便宜を図ることを示唆?いいえ示唆したくらいでしたたかな支那が建築確認与えるはずありません、約束したからこそ与えたと私は思います。
ハッキリ言って国賊です!
今回の更迭問題、裏で支那の影が見え隠れしている様に思えてなりません(勿論民主も含む)
と言うのは支那の為にこんな美味しい発言してくれる大使はいないでしょうし、、おまけに日本の国土まで売ってくれる大使、おそらく何処の国に行ってもこんな大使はいないでしょう。
支那が離す訳がありません、それに丹羽大使は何処の党が後押ししたのでしょうかね、その中でも岡田副首相の肝入りだとか・・・情けなすぎます。


冒頭の敷島隊の写真、彼等の気持ちを思うと情けなくて涙です。


2012/06/19(火) 22:27 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
No title
ねずきちさんの意見に同意です。優秀な青年が自分が分からないうちにカルトに引き込まれてしまったのでしょう。若い時に、反日や侮日に染まっていても、社会に出て色々な経験を積んでいくうちに、ある時にこれはおかしいと気づく人も多いのではないかと思います。
ただし、今の政権をになっている輩は、根っからおかしいままの人たちか、または、日本を貶めるためになりすましで入り込んでいるような人たちではないかと思います。
二度と再び、立ち行かないように次の選挙では、民主党を大惨敗に追い込まなければならないと思います。
あとは、マスゴミをどうするかが問題だと思います。
2012/06/19(火) 22:21 | URL | 黒松白鹿 #-[ 編集]
>06/19(火) 09:56 名無しさん
自民がー自民がーって自民党を貶めるのが目的だな!

朝鮮人民主党には関係のない件なのか?

日本には公明、民主の朝鮮人政党ではなく、日本国なんだから日本人の議員である自民党が必要だ、数から言っても自民党だ。 それにさすが日本国の議員だ国会討論でもまともだよ。

国士が命を賭けて仕事をするには国民の強い支持のバックがあって始めて不可能を可能にすることが出来る。その様に行動を移す時代に入ってきていると思う!!

公明創価に頼らず準日本党(たちあがれ日本、石原都知事に期待)でいけるよう国民の覚醒が急がれる。

日本国民を騙している朝鮮人が何時までものさばられると思っているのか?いい気になるな!!
2012/06/19(火) 21:08 | URL | こいつは工作員 #-[ 編集]
マスコミを何とかする方法
マスコミがおかしい、明らかに偏向している。この事は日常的にネットにアクセスしている人々にとっては既に常識になっていると思います。
これは議会制民主主義を採用する我が国にとって、その政治システムの根幹に関わる重大な問題であり、直ちに正さなければなりません。

民主主義とは、主権在民であり、国民が直接政治に参加する仕組みですから、国民に与えられる情報に歪みや偏向があってはならないのです。なぜなら、どんな優秀な人物でも偏った情報や知識に基づいて判断すれば誤った答えに至る事は自明だからです。
つまり民主主義が健全に機能するためにはどうしても健全なメディアが必要なのです。逆に言えば健全なメディアの無いところに健全な民主主義は育たないという事です。
その意味でメディアの公正と中立性は死活的に重要なのであり、時流や時の政治権力に迎合してはならないことは言うまでもありません。

過去の歴史を見れば、政治権力を握った人間が情報を独占し、メディアをコントロールして恣意のままに国政を行うといったことが行われました。
「歴史の終わり」を書いたフランシス・フクヤマ氏は、そこで政治権力からの(自由)が保障された環境下での、国民が直接政治に参加するシステム(民主)が究極の政治システムであり、つまり自由民主主義こそが最後に勝ち残った政治システムであると説いたのです。

ところが、我が国ではマスコミ自らが政治を主導し情報で国民をコントロールするという異常な状態が続いています。本来権力を監視する立場のマスコミが自ら政治権力を行使しているような状況なのです。これでは国民がマスコミを監視しなければならなくなるのも当然です。

大半のマスコミはベタ記事扱いにしましたが、昨年、フジテレビの偏向ぶりに気づいた国民がネットやツイッターで呼びかけお台場に結集した事件は、その顕著な事例であり、これは日本の歴史上、否世界の歴史上でも特筆すべきニュース性を持った事件でした。
何故なら、本来国民に代わって政治権力を監視すべきマスコミが逆に国民の監視対象になりデモまでおこされたのですから。

主要なメディアは、60年70年の安保闘争で就職口の無かった学生を大量に採用したといいますし、日本にルーツを持たない日本人や、在日といった外国人が主流派を占めているとも聞きます。

こうした偏った人々が、自分達の道具としてメディアを使い、自分達の主義主張を政治的に実現しようとするならば国民はこれに立ち向かい健全なメディア環境を取り戻さなければなりません。

その為の手段として、私は一つ提案したいのです。それはデモや抗議活動もいいのですが、もっと効果的な方法として、クラスアクションつまり集団訴訟を起こすと言うものです。この手法はマスを相手にビジネスをやっている企業にはてき面です。日本では馴染みがありませんが、アメリカではよく行われています。

明らかに偏向であり、違法が疑われる報道に対して集団で訴えるのです。損害賠償額は一人1万円くらいでいいのです。それでも10万人が訴えれば10億円になります。訴訟費用も10万人規模になれば、一人の負担額は知れています。しかし訴えられた方は大変です。巨額な損害賠償を突きつけられるのですから。仮に負けたとしても、訴えたほうの損害額は訴訟手続きに掛かる費用のみで、こんなものは一人頭で割れば僅かです。また仮に負けたとしても訴えられた企業には大きな負のイメージとプレッシャーが残ります。

今回の政権交代劇を見ると、ネットユーザが民主党の抱える多くの問題点を正しく指摘していたにも関わらず既存のマスコミはこれらの問題を全く無視するか、ベタ記事扱いで国民に知らせず、その結果国民が誤った判断をしてしまった訳です。その後の経過はネットのブロガー等が指摘した通りなっています。

これに対し、マスコミは反省の言葉も無く、責任を取る気配もありません、こんな言った者勝ち、書いた者勝ちの風潮は正さなければなりません。言論の自由を盾に胡坐をかく怠け者には抗議の声を挙げるべきだと思います。

そして何より大切な事は、既存メディアの反日左傾と金儲け主義を排除し国民にとって公正で中立な報道環境を取り戻すことです。
2012/06/19(火) 18:19 | URL | 三四郎 #-[ 編集]
No title
ねず様 いつも読ませて頂いております。
私は、日教組教育にどっぷりつかって生きてきた、団塊の世代の平凡な主婦です。
真面目で素直であるけれども、世の中の事に、無知で無責任であった私は、新聞やTVに出るような人に影響されていました。
思考能力がないまま、権威あるものに従って来た為、ある時は自民党、ある時は共産党と、その時の風に流されて、一票を投じておりました。まさか自分が日本を貶めるような事をしていたとは夢にも思っていませんでした。
私のような人間がもしオームに入信したら、きっと無自覚に犯罪に手を染めてしまったかも知れません。
今思うと、満たされない自分の感情を、他人のせいにしていたと思いますが、そのような人間は又、意図的に不満感情を刺激すれば、どのようにもなってしまう危険性があるという事です。
正義を声高に叫び、その時の時流に乗っている人は、政治家であれ、宗教の教祖であれ、用心したいと思います。
2012/06/19(火) 17:41 | URL | 甘野老 #-[ 編集]
特攻隊が日本を救った
敗戦の色が濃くなった戦争末期に第1航空艦隊司令長官だった大西中将は特攻隊の出撃命令を出しました。散華された多くの若者は祖国を、家族を、妻子を守るために自ら命を提げたのです。決して命令による強制ではありません。

彼らは特攻によって戦争に勝てるとは考えていませんでした。彼らは自ら命を捧げることが「敗戦後の日本の復興に役立つ」と信じて散っていったのです。

特攻出撃を命じた大西中将は終戦の夜官邸で割腹自決しました。介錯や医師の手当てを拒んで十数時間後に亡くなりました。
下記は彼の遺書です。

「特攻隊の英霊に曰(もう)す、善く戦ひたり、深謝す。最后の勝利を信じつつ肉弾として散華せり。然れどもその信念は遂に達成し得ざるに至れり。吾、死を以て旧部下の英霊と遺族に謝せんとす。

次に一般青壮年に告ぐ。我が死にして、軽挙は利敵行為なるを思ひ、聖旨に副(そ)ひ奉り、自重忍苦する誡めとならば幸なり。隠忍するとも日本人たるの矜持を失う勿れ。

諸氏は、国の宝なり。平時に処し猶ほ克(よ)く特攻精神を堅持し日本民族の福祉と世界人類の和平の為、最善を尽くせよ。」

海軍中将 大西瀧治郎

特攻隊が戦後の日本を救ったのです。決して犬死ではありませんでした。大西中将も立派な日本の武人でした。
2012/06/19(火) 15:13 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
No title
様々なマスコミで、オームとは何だったかを取り上げていますが、オーム事件の本質は、おっしゃるとおりだと思います。
松本智津夫は殺人を何とも思わないが、自分が殺されることは恐がる臆病者です。自分の前で人を殺させたこともあるから、そのときの苦しさを想像できるのです。
オームの教義は読んだこともないし、見る気もしませんが、理論はしっかりしているのだろうと想像していました。(そうでないと、賢い連中は引っかからない。)ただし、一歩引いて常識的に考えればオームには引っかからなかったと考えますが、賢いだけに却ってやられた。

それはさておき、神風特攻隊や回天は、他国に真似のできない戦闘方法でした。
「死ぬきでやれ」とは言えても、「死んでこい」とは、命令できるものではないですし、「死んできます」と言えるものでもない。
戦局から、やむを得ず始まったものとはいえ、行く人も生かせる人も、辛かっただろうとしか言いようがありません。
2012/06/19(火) 15:05 | URL | ポッポ #-[ 編集]
先日、「帰ってきたほたる」を見てきました。
息子のような年代の若者が、たくさん沖縄目指して飛んでいかれました。
彼らの死は、いったいなんだったのか…
無駄死にではなかったのか…
ずっと考えていました。

>戦後67年間のわが国の平和は、戦時中に若い命を散らせてくれた特攻隊の隊員たちの勇気ある働きによってもたらされたもの

上のように理解し、彼らの思いを慰霊顕彰していくことが、残された者の役目なのかもしれません。
日本が、神話の時代から途切れることなく続いているのは、きっとたくさんの「国を愛すること」を身につけた先人の方々のお蔭なのでしょう。

現代では理解しにくいことになってしまいましたが、自分の中のDNAを頼りに、思い出していきたいです!

ねずさん
宜しくお願いいたします♪
2012/06/19(火) 14:13 | URL | ラベンダー #-[ 編集]
No title
カミカゼはアジア独立への一助となったとも思うのです。彼らは日本だけでなく世界を救いました。
2012/06/19(火) 14:02 | URL | Jackie #-[ 編集]
No title
>マスゴミをまっとうな日本人の為の報道させるように改>造するのも議員の仕事じゃないのか
>・・・これは、口で云う程簡単じゃないですよ!!
>それこそ「マスコミの餌食」になるだけです。

我々一般市民では新聞を読まない、テレビを見ない程度でしょうが

国会議員となれば話は違うでしょう
対抗できる報道機関を作ればいいのです
公共放送とネットでは一般的に信用度が全く違うのです
ないなら作る
それで国民に訴えかける
日本人であればどの報道がまともであるかきっと理解できるはずです




2012/06/19(火) 13:10 | URL | #-[ 編集]
真の敵を知る
67年間の間日本に戦争がなかったのは
単に米軍が日本に存在するからだ.
勿論, 米国が日本を重視するのは日本人が
体現してきた全ての事実に基づいていて,
日本が米国の重要な友邦になっている
からでもある.

しかし, 満洲にあった関東軍は民間人保護
を放棄して武装解除してしまった.
ここに単純に戦前の日本人はまともであった
とは言えないという事実があると思う.
特に, 戦前のエリート階層に問題がある.

「悪名高い治安維持法」の下, マルクス・
レーニン主義の話はとてもできない筈だと
我々は考えるが, 実際にはマルクス全集が
書店にあまたあり, 知識階級の必読の書であった
事実は, 「悪名高い治安維持法」が共産主義・
社会主義思想を助長した結果であると
中川八洋が観破している.

近衛文麿の正体が明らかになりつつあり,
記録上も, 終戦間際の関東軍上層部は共産
主義者が指導権を握っていた事も, そして
海軍・陸軍の上層部から戦後の共産党への
入党が多かったことも明らかになりつつある.
戦後の社会党が大きな勢力を持ったのも元
軍隊上層部の支持が大きかったからだろう.

これは, 現在の反日分子がGHQ工作の結果では
ないのではないかと言うことを示す. むしろ,
大正時代から連面と日本が抱えてきた宿痾で
あるかも知れない.

その様に見た時, 黒は白となり, 白は黒となる.
米軍占領が現凶なのか, 米軍占領が陸軍の
狙った日本ソビエト化を防いだのか.

いずれにしても, 「真の敵を知る」ことが
日本の立て直しのために必要だろう.
2012/06/19(火) 12:58 | URL | ちび・むぎ・みみ・はな #-[ 編集]
カイさんへ
メルマガのお申し込み、お手数ですが、再度
info@nippon-kokoro.com
宛に送付いただけないでしょうか。
洩れがないか確認してみます。
私のところでは、PCは正常に表示しています。
原因は、申し訳ないけど、私ではわからない><
ごめんなさい
2012/06/19(火) 12:47 | URL | ねず #mQop/nM.[ 編集]
No title
ねずさん はじめまして。

今月、日心会のメール会員に参加しました。
日々ブログを拝見しています。

英霊に対する感謝の念。
皇室に対する尊敬の念。

日本人として当然の想いを
忘れさせられている現状を憂います。
2012/06/19(火) 12:32 | URL | 疾風 #vA1pywFU[ 編集]
No title
ねず様、こんにちは。
いつも感動を有難うございます。
さて、メールマガジンの申し込みをかなり前にしまして、その後『順番にお受けしております、、、』旨のメールを6月1日に頂きました。
その後、どうなっているのか不安に思い、こうしてコメントを書いている次第です。

申し込みが殺到していて処理が遅れているのなら良いのですが。
それから、ブログランキングのバナーを押すと出てくるランキングのページが、何個も開かれてしまうのです。毎回ではないですが。
私のパソコンだけの不具合ならいいのですが、ねずさんのパソコン?は大丈夫でしょうか?
2012/06/19(火) 12:30 | URL | カイ #-[ 編集]
No title
 特攻隊の英霊が、今もなお日本を守っている。
 その通りだと思います。
 先日の「日本ミツバチの話」にも共通します。
 以前取り上げて頂いた、我が子を守ろうと私に攻撃してきたアゲハ蝶の話も共通します。
 先日田んぼ仕事でのことです。お尻に卵の固まりをつけた蜘蛛が、泥に埋まりかけていました。指につかまらせようと手を伸ばしたら、おそわれると思ったのか、卵を足で抱きかかえて守ろうとするのです。
 我が身を呈して子を守ろうとする気持ちは、虫も同じです。ましてや人は、と思うのですが・・・
 かつての日本人は立派でした。特攻隊が艦船に突っ込んでいるときだけ、沖縄の陸上への艦砲射撃が止み、防空壕からはい出して水を飲むことが出来た。突っ込んで行く特攻隊を拝みながら水を飲んだと言います。
 私達は、そんな優しくも勇敢な先祖を持つ民族です。彼らに安心してもらえるよう、生きている我々ががんばりましょう。ミツバチ、蜘蛛、アゲハ蝶に負けられませんよね。
2012/06/19(火) 12:00 | URL | きくりん #8jq.69z.[ 編集]
議員がマスコミを何とかしろ…と云うが
>マスゴミをまっとうな日本人の為の報道させるように改造するのも議員の仕事じゃないのか
・・・これは、口で云う程簡単じゃないですよ!!
それこそ「マスコミの餌食」になるだけです。
ヤツらには「報道の自由」という”印籠”があるからね!
麻生総理を「漢字が読めない」と報道したが、菅総理は「フリガナだらけの答弁書を読んでいた」が、殆んど報道されなかった。
この辺の裁量も「報道する側」の勝手な論理なのだ。
この問題の速効的解決策は残念だが「無」に等しい。
あとは、国民がロクでもない報道機関に対して「新聞不買」「視聴しない」「抗議行動」…などの地道な抗議しか見当たらないのだ。
2012/06/19(火) 11:21 | URL | 日本男児 #G53U5.1Y[ 編集]
No title
議員がマスコミはだめだではなく

マスゴミをまっとうな日本人の為の報道させるように改造するのも議員の仕事じゃないのか

公共の電波を使って洗脳装置と化している現マスゴミは
日本国にとって一番危険な存在であり

そのマスゴミに反日在日が入り込んでいるのを指をくわえてみていたのも自民党ではないでしょうか

後手後手の手遅れになるまで放置したのは自民党政権時です

マスゴミだけではない教育界、経済界ありとあらゆるところに反日左翼を放置したのは自民党政権である

国民が関心を持たなかったからそうなった?
関心を持つように国民に伝えることも議員の仕事ではないでしょうか

自民党の責任として一番危険と言えるマスゴミを潰すなり
改善するなり命を懸けてやってください

2012/06/19(火) 09:56 | URL | #-[ 編集]
No title
ねずさんの意見には大方賛成です。
ただ付け加えるとしたら戦後日本で禁止されたものは、国家、軍、そして宗教です。これを、全否定しました。
国家があるから戦争する。軍があるから戦争する。宗教があるから日本は突っ走った。だから、この3つがあったから日本は悲惨な目にあったという意味です。
そして、これを扇動したのが朝日系言論で左翼です。
そして、ねずさんには異論があるでしょうが、オウムを擁護したのはその朝日を筆頭とする左翼マスコミであり、宗教学者です。しかし、当時オウムを危険だといち早く警鐘したのは幸福の科学です。マスコミは、このことを報道しません。左翼の的は宗教です。その理由は、左翼は共産主義であり唯物論であるからです。本来、宗教にも正教と邪教がありその違いを教えればオウムなどにはびこさせるようなことはなかったはずです。
2012/06/19(火) 07:59 | URL | 英 #-[ 編集]
ねずさん、初めまして。
モバイル日心会から入会できませんでした。

私はパソコンやスマートフォンを持っていません。

メールアドレス、ニックネーム、地域、コメントを書いて送信ボタンを押しますが、送信エラーが出ます。
同様に三度試しましたけども同じ症状が出ます。
・htmlの記述を間違えている
・契約外のサーバーから送信しようとしている
・メンテナンス中
上記のいずれかと表示されます。
調査して頂ければ幸いです。
2012/06/19(火) 06:53 | URL | 三十代の人 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク