アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


日本を抜本的に建て直す!

人気ブログランキング ←いつも応援クリックありがとうございます。

オスプレイ
オスプレイ


西村眞悟先生が、ご自身のブログ「眞悟の時事通信」の7月17日の記事で、たいへん興味深い当を得た記事をアップされましたので、ご紹介します。

〜〜〜〜〜〜〜〜
【我が国の自衛権と台湾と「生活第一」】
眞悟の時事通信 2012/7/17
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=758


四月に、元満州特務機関員の門脇朝秀さん(九十九歳)に同行して東台湾の「山の人」(原住民・高砂族)を訪問してから、台湾と日本のことを語る機会が多くなった。
そこで、今日は、我が国の自衛権の立場から台湾を観てみたい。

およそ我が国の戦後は、自衛権を具体的に考えないということを特色とする。
これは不思議でもなんでもない。
日本国憲法を「憲法」とする体制では、自衛権を考え発言する者は、「問題発言」の常習者で追放すべき者となるからである。

憲法前文は我が国は「平和を愛する諸国民の公正と信義」に頼れば平和であり、九条は戦争は禁止で交戦権はないとして軍隊をもつことを禁止している。
これはつまり、自衛権を考えるな、考えてはならんという体制である。

しかしながら、自衛権を具体的に考えないということは、自国の歴史を理解できないということである。
従って、日清日露の戦いも、支那事変からの事態も、大東亜戦争も、「戦争反対と叫んでいれば避けられた戦争だ」と思っている者がほとんどとなる。

原発反対を叫ぶデモに参加し、デモ解散後にクーラーのきいたビアホールでとびきり冷えたビールを飲むのを楽しみにして歩き、しこたまビールを飲んで食べてから、クーラーのきいたマンションに帰って冷蔵庫から冷えた水を出して飲み風呂に入ってクーラーをいれたまま寝る。

これで原発がなくなるのか。
それほど、現代社会という巨大な有機体は単純ではない。

ましてをや、相手国のある国際社会、さらに我が国周辺のように、その相手国がずらりと軍備増強に励む独裁国家である場合には、我が国の憲法前文は嘘であり、その嘘を前提にした九条があれば戦争はないと考えるとすれば、それは痴呆そのものである。

少なくとも、政治家は、戦争反対を叫んでいるだけで任務を全うできない。
従って、常に自衛権のことを具体的に考えていなければならない。
これを怠れば、国家を防衛することはできない。

そこで、我が国の自衛権と台湾の関係を書いておきたい。

国際法は慣習国際法という形で存在し、その慣習は具体的な紛争ケースが創りだしている。
そして、およそ国際法を学ぶ者が検討する自衛権に関するケースは、次の二つである。

───────────
(1)デンマーク艦隊引渡請求事件、一八〇七年
───────────
紛争当事国イギリス・デンマーク

一八〇五年十一月、トラファルガー海戦でナポレオンの艦隊を打ち破ったイギリスにとって、残る脅威は、ナポレオンが陸路デンマークを制圧して、デンマークの艦隊をナポレオンの艦隊としてイギリスを攻撃することであった。

そこで、イギリスは、一八〇七年、ナポレオンがデンマークを攻略する前に、デンマークに艦隊の引渡を請求し、デンマークが拒否するとコペンハーゲンを海から攻撃してデンマークの艦隊を全てイギリスに持ち去った。

イギリスは、これを自衛権に基づく措置としている。

───────────
(2)カロライン号事件、一八三七年
───────────
紛争当事国イギリス・アメリカ合衆国

一八三七年、カナダにおいてイギリスからの独立闘争が始まると、ニューヨーク、ミシガン、バーモントなどの北米各州のアメリカ人はカナダを支援し始めた。

アメリカの船カロライン号はナイアガラ川のアメリカ領とイギリス領の間を往復して独立を叫ぶ反徒を支援する武器や物資そしてアメリカ人支援者を運んでいた。
そこでイギリス軍は、このカロライン号を急襲して船を破壊してナイアガラ瀑布にほりこんだ。

イギリスは、これを自衛権に基づく措置であると主張した。


この二つの自衛権のケースを前提にして我が国の自衛権を具体的に考えておかねばならない。
そうでなければ、国を守れない。

この自衛権を学び、従って具体的な緊急事態でそれを実行しえた人物に東郷平八郎がいる。

カロライン号事件から五十七年後の一八九四年、日清戦争の緒戦において、我が国の巡洋艦「浪速」の艦長であった東郷平八郎大佐は、黄海でイギリス商船「高陞号」が清国の兵士と武器弾薬を満載して航行しているのを発見し、船長に「停船せよ」と命じるも拒否されたので直ちにその船を撃沈した。

東郷艦長は、この撃沈をカロライン号事件と同じく、自衛権に基づく措置として動じることはなかった。

しかし、時の伊藤博文内閣は腰を抜かし、イギリスも当初激昂するかにみえたが、東郷の措置の全貌が伝えられると、カロライン号事件通りなので一挙に沈静化した。

さて、(1)のデンマーク艦隊引渡請求事件であるが、この事件で明らかになった自衛権から言えば、仮に台湾が中共に併呑されるとすれば、台湾の強力な海軍と空軍は、中共の人民解放軍と一体化して我が国に対する脅威になるのであるから、我が国は自衛権に基づいて、台湾の海軍と空軍の引渡を請求できることになる。
この角度からも、台湾は日本の自衛権と不可分な生命線である。

次に、我が国を取り巻く情勢と我が国の進路そして、その進路を確保するための方策を簡単に述べる。

まず、アメリカは、オバマ大統領のつくりだした巨額の財政赤字によって、国防費の大幅削減による軍備縮小は必至である。
横須賀を母港とする原子力空母ジョージ・ワシントンは数年後に稼働できなくなる。
日本からアメリカの空母がなくなる。
海兵隊の予算も確実に縮小されるであろう。

次に、中共であるが、二〇年以上にわたって軍事費を二桁の勢いで増額してきており、核ミサイル戦力と軍の近代化そして海空軍力の増強は尋常ではない。
そして、国内には貧富の格差が増大して暴動が絶えない。

このアメリカの軍備縮小と中共の軍備拡大という正反対の動きによって、東アジアにおけるアメリカの軍事的プレゼンスは減退し中共のプレゼンスは膨張している。

つまり、東アジアにはアメリカの後退による「力の空白」が生まれ、中共の増大による「力の不均衡」が生まれている。

そして、この軍事力を膨張させている中共が、暴動を頻発させている国内不満の解消のはけ口として、東アジア特に台湾海峡と尖閣において対台湾そして対日本への軍事的行動に打って出る可能性が高まりつつある。

この我が国を取り巻く厳しい状況のなかで、我が日本国内の状況は如何か。
それが、情けないかな、「生活第一」である。

つまり、「生活第一」とは
「金魚鉢の中の平和」
「頭だけ隠したダチョウの安心」だ。

しかし、この外部状況下における「生活第一」は、中共の軍事行動を抑止するのではなく、返ってそれを呼び込み誘発させる要因となっている。

さらに内に呼び込む要因に止まらず、沖縄の状況を観れば、中共の思想侵略そして沖縄侵略を我が国内部において作り出す絶好の温床となっている。

沖縄県知事自らが、「オスプレイが配備されるならば沖縄の全基地を封鎖する」と言い放つような沖縄におけるアメリカ軍のオスプレイ配備に対する異常な拒絶反応は、既に、中共の思想侵略の成功を示す中共のための反米反日闘争の様相を帯びている。
オスプレイを普天間基地に配備するのが危険だというならば、日米合意通り基地を普天間から移転すればいいではないか。

また、現在基地に配備されている航空機のほうが、オスプレイよりも事故率が高いのならば、オスプレイへの転換に異存を言う筋合いはないではないか。

さらに、オスプレイは、零戦なみの300ノット以上の高速で飛行し、しかも航続距離が長い。
従って、オスプレイ配備によって今までより広範囲に平和維持活動が可能となり我が国の安全がさらに強化される。
中共に支配されることを望むのではないのならば、オスプレイ配備に斯くも異常に反発する理由は見当たらない。

オスプレイ配備を切っ掛けに、また口実に、巻き起こっている沖縄の反対運動は、「生活第一」に象徴される我が国の国内事情が生み出した中共の工作活動の成果としか考えられない。
これこそ、我が国の内向き一辺倒の「生活第一」政治が、返って国家の危機を生み出している証左だといえる。

中共の国防動員法は、中国人は北京政府の指令があれば日本国内にいても指令通りの軍事行動をとる義務を負うとするものであるが、我が国は自衛権に基づいて、そのような義務を負う中国人の我が国への入国を禁じるべきだと思う。

我が国は、この外部の危機と内部の危機を克服しなければならない。
その為、国土を強靱にし国を強くし国を富ましむことである。
明治のように言うならば、我が国の進路は、富国強兵であらねばならない。

特に、空母を一発で撃沈できる巡航ミサイル、空母キラーミサイルを緊急に開発し実戦配備することは死活的に必要である。
同時に、ステルス戦闘機の開発そして高性能潜水艦の開発配備も必要である。

要するに、我が国には、中共に暴発を思い止まらせるに足る軍事力、暴発しても目的を達せられない、勝つ見込みはない、と思わせる軍事力が必要なのだ。

この軍事力のない「生活第一」など相手の侵略を呼び込むもので、返って国家国民にとって有害だ。
パンツ一丁で、札束ぶら下げて新宿歌舞伎町の路上で昼寝しているようなものだ。
~~~~~~~~~~~~

実に的を得た、適切な記事だと思います。

政治の責任とは、究極的には、国民の生命と財産を守ることにあります。
「国民の生活が第一」であって、そのために何百万人もの同邦の生命や財産が失われる事態を招くというのでは、本末転倒です。

日本は防衛力を強化すべし、とは、このブログでも度々述べさせていただいていることですが、そのためには、日本の軍事費の倍増が必要不可欠です。

消費税法案の通過にあたり、防災、減災対策の実施は、法案に盛り込まれました。
具体的な取り決めは、今後の課題となりますが、基本的な方向は、向こう10年で、100兆円の予算を計上し、年10兆円の予算をかけて、老朽化した全国の橋梁や、道路、港湾設備、河川、建築物等への防災対策を施す、というものです。

予算の調達には、建設国債を充てます。
これで国の借金が増えるではないか、という声もありそうですが、そうではありません。
建設国債で調達した資金は、そのまま建設物として遺ることになります。

つまり、貸借対照表上、貸方と借方の両方が増えるわけで、これは日本国政府の負債だけでなく、同じだけの資産を増やすという結果を導くものです。

今回、残念なことに、民自公た国の合意によって成立した消費税法案に具体的に盛り込まれたのは、この防災、減災対策の件だけでしたが、本来であれば、これをさらに進めて、資源開発国債についても、織り込むべきものであったのではないかと思います。

すでに、日本国の領海内には、豊富な天然ガス(メタンハイドレード)、希少金属(レアメタル)等が、まさに宝庫のように眠っていることが明らかになっています。
埋蔵量は世界最大であり、その採掘から得られる国富は、1兆円の1万倍、1京円にさえ達すると言われています。

この資源開発を、国家事業として推進する。
そのために、資金を、向こう10年で100兆円、防災対策建設国債とは別に、資源開発国債として国債を発行し、資金を調達する。
さらにプラス100兆円で、合計300兆円の国家財源を確保できれば、日本は大きく変わる。

調達資金は、資源開発に投じるとともに、その資源を守るための防衛費の増強に充てる。
防衛費は、向こう10年で、合計50兆円、年間5兆円を増額する。
これを日米共同で、東亜の安全と人類の福祉、日本国の国益を目的として実施する。

同時に、日本国憲法なる占領法規を撤廃し、廃案となっていない大日本帝国憲法の所定の手続きにのっとり、大日本帝国憲法の改正を行なう。

たったこれだけのことで、日本の軍事力は米国と並び世界最強となり、日本人の生活の安全が保障されるのみならず、独裁国家である特ア三国の暴虐政治を打破し、東亜および世界に公正と安全安心を実現でき、しかも、日本の官民あげた資源開発と、日米防衛産業は、波及的に多大な経済効果をもたらし、日本は不況から脱し、向こう10年で、ほとんど借金のない国体を築き上げることができるのです。

そしてそのためには、一日もはやく、民主党政権を叩き潰すこと。
国会に巣食う在日コリアンや、中共マネーに汚染された売国政治家を選挙でたたき落とし、強靭な真の保守政権を誕生させることです。

先日、元寇と北条時宗のお話を書きました。
いまの日本に必要なのは、まさに「決断」をした北条時宗です。

そしてもっと大事なことは、北条時宗や、鎌倉武士団を支える国民の明確な「意思」です。

国を変えるのは、政治家の先生を選ぶ、私達ひとりひとりの国民の意思にすべてがかかっている。

そのことを、再度、強く申し上げたいと思います。


人気ブログランキング
↑↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

中山成彬、消費増税議論に思う[桜H24/6/29]


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
日本の心を伝える会 日心会

関連記事

コメント
沖縄左翼の真実は嘘で固められている
沖縄版の国旗国歌と天皇と元号に反対するブログに一石を投じてみた。

その内容は、尖閣問題を危機と捉え、地勢的にも沖縄は捨て石ではなく要石であるという内容から戦中戦後、そして未来に向けてそのポジションが不変であることを小学生にも理解しやすいように書いてみた。

 なぜ、南シナ海を脅かし、空母を保有し、尖閣を欲すのか。

 沖縄の左翼系平和ボケ主義者達は、だれも明快に応えられないまま、過去の大戦での唯一地上戦によって多くの民間人が犠牲になり、戦後のポツダム宣言により沖縄は本土から切り離されたという間違った差別意識に固執し、その被害意識を支那との友好関係に置き換えた沖縄文化を強調する屁理屈での返答があった。

 さらに、渡嘉敷島であった軍命による集団自決について問いただしたところ、このことに誰も返答がなく話題が意図的に変わっていくような姑息な輩と感じた。

 この軍命による集団自決については、沖縄での常識として全てのメディアが報じ、異論を唱えるものは非県民と思われる危機感を感じている。

 しかし、渡嘉敷島では作家 曽野綾子氏の碑文があり、それは渡嘉敷から阿波連に向かう県道の脇にあり、悲しい集団自決のことに触れ哀悼の意が込められた碑文となっており、どこにも軍命による・・・との文字は見あたらない。

 その碑文の建立に向けては、渡嘉敷村から依頼を受けて叶えられており内容に誤りがあれば村議会は撤去を依頼するはずであるが、その碑文は今も燦々と降り注ぐ太陽の下光沢を放っている。

 作家曽野綾子氏は、「ある神話の背景 沖縄・渡嘉敷島の集団自決」を執筆するため慶良間諸島の渡嘉敷島を訪れ、踏査によって得た事実に基づくノンフィクションレポートです。
2012/07/23(月) 20:58 | URL | amawari300winmag #pomYUn5g[ 編集]
No title
誤字 的を得た  は  的を射た 当を得たとの混同と思われます
2012/07/22(日) 18:35 | URL | 杉田 #-[ 編集]
No title
今朝、息子と話しをしました。

多くの子どもたちが学ぶ学校。
その学校を支えてるのは、健やかに育った子どもたちです。
8割がたの、先生の言うことを聞いて、ルールを守る子どもたちが
学校の土台ともなっている。
その中で、普段から特に優秀で目立つ子は、先生からのフォローもあるけれど、いわゆる「可もなく不可もなく」という子たちは、特に目立つこともなく、余り目をかけてはもらえない。
普通に出来て当然、出来て当たり前、だから、感動を与えるまでには至らない。だけど、たまに、失敗をすれば、みんなの前で「赤っ恥」をかくことが結構ある。
かたや、ルールから外れた子達は、先生から当然のごとく目をつけられるが、たまにいいことをすると、またそれが目立って、先生がものすごく褒める。
よくあるパターンだけれど、目立たない子というのは、自分の存在価値を見出すのに苦労している。

でも、そういう目立たない子達が大人になり、社会に出て、学生時代と同じようにこつこつとまじめにやっていくことによって、日本社会というのは支えられていると思うのです。

社会は、彼ら「名もない縁の下の力持ち」によって土台が築かれている。

マスコミの報道によって、多くの人たちが、そういった見えないところで頑張る人たちを蔑ろにする傾向が強くなってきていると強く感じます。

官僚が悪。警察が悪。大企業が悪。そして自民党が悪。

彼らは目立つ組織ではあるけれど、一人ひとりは目立たない。
優秀な人が多いが、「地道」です。

勿論どの組織でも完璧な人間の集まりなどありません。それが分かっていながら、一方的に十把一絡げにして叩きまくることが多すぎます。

異常ですよ。

マスコミ対策?3年前は全てが本当に異常だった。
あそこまでやられて、どうしろと言うのですか。

マスコミが今、大津のいじめ事件を「正義ヅラ」して報道していますが、私は、そのことに腹が立って仕方がありません。
よくもまぁ、偉そうに批判が出来ると思いますね。

>谷垣氏は「自民党の為」とは言いつつも敵であるはずの民主党に歩み寄り媚びをした態度で消費税増税に協力し、公明党まで巻き込んでいます。

公明党?
自民党が手足を押さえていなればいつ暴れ出すか分かりません。

民主党に歩み寄る?消費税増税に協力?
民主党が無理矢理乗っかってきたのです。
そして消費税を絶対に今すぐ上げさせないために、また、民主党の売国バラマキに使わせないようにさせたんですよ。

>女性の方なども生理的にもファンになれないでしょう

意味が全く分かりません。
麻生さんの口が曲がってるから嫌いと言うのと同じですか?

>いじめにあった人とあまり変わらないようにも見えます。

いじめを受けた方が悪いのですか?

中川昭一さんは亡くなりました。
あのイタリアでの記者会見は、その後、酩酊ではなかったと訂正されましたか?辛坊が自分の番組で中川さんのことに言及した時、音声を消して、辛抱はなんと言ったのですか?
中川さんの業績をロクに伝えず、散々、叩きまくり、いわば死に追いやった辛坊は社会的制裁などなく平然とテレビという公の場に出ていますが。

>体当たりで力強い党首に国民は期待をしている

谷垣総裁の記者会見を最初から最後までご覧になったことはあるでしょうか。どうか一度見てください。

記者たちから繰り返される馬鹿馬鹿しい民主党の内紛への質問の酷さ。
そういった中で、谷垣さんは毅然とした態度で「発信」をしています。
マスコミは全くそういうところは流しません。

先日、6月28日、谷垣さんがゴーサインを出して自民党本部の1階の一角で始まったネット発信「カフェスタ」の1周年の時にも記者会見があったのですが、この会見の最後に、非常に不機嫌そうな記者の声が聞こえます。
この声、どこかで聞いたことあるなと思いました。

この記者の声、佐賀県知事の下記の記者会見での天皇陛下侮蔑発言を何度もしてきた在日記者の声ではないかと私は思っています。
検索すると、この記者、東京に戻って来ているようですし。

『2006年9月28日 佐賀県知事による質疑応答 (1/2) 』
http://www.youtube.com/watch?v=QZ2rUiROI7o

今、自民党を潰すということは、彼ら在日が大喜びする方向にいってしまうのと同じです。
許せますか?耐えられますか?
2012/07/22(日) 11:24 | URL | 共通一次世代 #HfMzn2gY[ 編集]
No title
 管理人様
本日、偕行社より
月刊誌が、四月号から七月号まで一度に来ちゃいましたw
まあ~了解していましたので。
嬉しいです、
早速読ませて頂きます、、、、、、、て?
ねずさん、、、
ほぼ毎回書かれてるじゃないですか~
流石ですなっつ
一応パラパラとだけ、、ななめ読みですが、
これから、時間かけて皆様の書かれた
文章読ませていただきます、
毎月の楽しみが増えました。
ではまた
2012/07/21(土) 20:48 | URL | 稲おやじ #0MXaS1o.[ 編集]
No title
ねずさん、こんばんは。先日、西村眞悟氏のパーティ動画を観ていましたら、参加者数百人でたちあがれの平沼代表、地元堺市長、チャンネル桜の水島社長や石平氏など保守派の方たち及び一般の応援者の前で必ず国会議員に返り咲き日本を再生させる、シナから守ると力強くお話しされていました。私達一人一人の手で政治屋ではなく本物の政治家を国会に送り出さなければならないと思いました。今回のねずさん動画ですぎやま氏が国会議員は日本派と反日派に分れているとおっしゃっていますが、西村氏は勿論純日本派、中山氏も日本派、この日本派の議員を一人でも多く当選させ政権運営出来れば、現在の様な反日派が黙ってしまう強力な国に成り得ると信じます。次回までに議員候補が出自を明らかにして出馬することはないでしょうから、絶対にマスコミに騙されない、自分で調べて投票したいと思います。
2012/07/21(土) 19:53 | URL | ハギノ #-[ 編集]
保守は国を守るもの
「なぜアメリカは日本に二発の原爆を落したのか」
で日高氏が日本海軍の防衛軽視を問題としているが,
まこと, 国を愛するとは第一に国を守ることであり,
保守とはまさしく「国を守る」ことでなければならない.
この意味で, 日本帝国海軍と関東軍には大いに
疑問を感じているが, 同時に, 田中角栄以来の自民党も
保守であったか大変に疑問を感じている.
佐藤守の著書を読めば, 田中角栄が真っ赤な朝日を使って
行なった政治的策略が「箸がころげても自衛隊が悪い」
という現在の風潮を作ったことが納得できる.
田中角栄は日本に新風を吹き込んだことで評価される
面もあるが, 佐藤氏の推測が正しいなら, 国防を犠牲に
した点で保守とは対極の政治家であったと言える.
また, 経済政策では麻生氏を評価する人々も多いが,
麻生内閣の浜田靖一防衛大臣が野党とぐるになって
田母神航空幕僚長を不名誉な除隊処分にしたことは
自民党が保守ではないことの最終証明になっている.
自民党に「保守的な活動をする」議員は存在するが,
党として保守に回帰している証明はまだない.

経済政策や福祉政策は「国民の生活が第一」と同じで,
国民の歓心を買うものだが, 国民のの当座の歓心
とは逆を向いても国防路線を守ることができた時に
自民党は保守として信頼されると思う.
2012/07/21(土) 19:47 | URL | ちび・むぎ・みみ・はな #-[ 編集]
知ってはならない日帝時代の真実
知ってはならない日帝時代の真実

見てはならない日帝時代の映像私は1923年生まれです。 もう韓国のためにも、日本のためにも事実を
言いたいです。 これはかなりの覚悟が必要です。 生命の危険を覚悟しています。
しかし、これは私の使命であることです。
http://youtu.be/Wuk94SmwPoY
(動画)

詳細は【知ってはならない日帝時代の真実 】和文翻訳版をご覧下さい。
http://translate.google.co.uk/translate?sl=ko&tl=ja&js=n&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&layout=2&eotf=1&u=http%3A%2F%2Fyeoksa.blog.fc2.com%2F

長期間に渡り日教組や反日売国テレビ局・マスコミにより流布されてきた日本を貶める「自虐史観」で多くの
日本人を洗脳して来た日本人社会の破壊者達の嘘を朝鮮人自ら告白している動画及び記事です。 
特集で盛りだくさんの事実が掲載されていますので、愛国系日本人は必ず見ることを特にお勧めいたします。
次頁は「IconNex」をクリックすると日本語に自動翻訳されます。
詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

2012/07/21(土) 19:22 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
やった! 西村先生だ!
 西村先生の大ファンです(勝手に先生などと言って申し訳ありません。どうぞ叱りつけてやってください)。先生の持論である「国防の整備」「日本国憲法無効論」、その通りだと思います。
 憲法については、日本に主権がなく、一切口出しできない被占領中に作られたため、原文は英語です。それを日本語訳して日本国憲法という通名を名乗っているだけで、本名は占領政策基本法です。
 前文に「平和を“愛する”諸国民の云々」とありますが、外人の口説き文句じゃあるまいし“愛してるよ”などという言葉が堂々と日本の公文書、それも憲法に記されているなんて、気色悪いわ。
 大日本帝国憲法は停止しているだけですから元に戻し、適切に整えれば良いのであって、憲法改正など論外です。米国製と刻印されたものを無理やり日本製にする訳でしょう。そんなもの、ただの偽造ですよ。
 それからもう一つ、何より大切なのは「教育勅語」の復活です。大日本帝国憲法と教育勅語は車の両輪、日本の骨格ですからね。
 占領政策の一環に思想犯の釈放がありました。変態はこれが相当嬉しいから、恩義を感じ護憲を叫ぶのでしょう。思想犯の中には人殺しもいたのですが、殺人犯を仰ぐなら中共で活動すれば良いのです。さぞかし出世することでしょう。薄熙来の二の舞になっても知りませんがね。
2012/07/21(土) 19:21 | URL | 旭 #.oDeeKmY[ 編集]
No title
今の私達は日本丸と言う船に問題山積という荷物を載せて乗っています。
それも船頭さんが多く、「あっちに向え」「こっちに向え」はたまた、乗客同士が「ああでもない、こうでもない」とバラバラ、少なくとも私にはそう見えます。
これでは船は前には進めません、進むどころか騒いでいる間に時化が来、その内大型台風が来、日本丸を襲い、日本丸沈没です。
火を見るより明らかです。

いろんな雑音が聞こえてくるとは思いますが、今一番大切なのは乗船している私達が一つになる事です。
日本丸が浮くも沈むも私達一人ひとりに全てがかかっています。
日本丸が浮くか沈むかの瀬戸際です、自分の目で、耳で、心で判断し日本丸を護る時だと思います。

そして日本丸に多くの船頭さんは要りません。
日本丸(日本)を護るこの一念、確たる信念の持ち主、日本丸の舵取りを任せられる人、一人いればいいのです。
そうです、北条時宗のような人です。
そして船頭さんの周りに船頭さんを補佐する確たる信念の持ち主であるブレーンを付ければよいのです。
日本丸を護った上で、問題山積の荷物を紐解き、腐ったものは捨てる!

まさに正念場です、頑張りましょう!
2012/07/21(土) 17:13 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
No title
長谷川慶太郎著「中国大分裂」 P135以下ルーピーや民主党の政治化がいかに馬鹿か書かれていました。
ルーピーや韓国人から献金をもらってた輩は沖縄海兵隊の意味をまったくわかっていない事が明らかですし。韓国を危機的状況におちいらせようとし、韓国の大統領が岡田に泣きついたことが書かれています。
アメリカの陸海空の出動にはアメリカ議会の承認が必要なのですが、海兵隊だけは大統領の命令で出動できるそうなのです。
韓国駐留アメリカ軍は陸軍ですので、議会の承認が必要なのですが沖縄駐留海兵隊がないと、即応体制ができません。
ルーピーや韓国人から献金を貰ってた輩は無知ゆえに韓国を危機におちいらせた訳ですw。
馬鹿ですね~~
2012/07/21(土) 17:04 | URL | sai #-[ 編集]
国を守るのは国民だ
国を守るのは国民の意志と政治家の決断にかかっている
という点に大賛成.

尖閣諸島の問題にしても, 自衛隊の戦闘部隊を派遣する
だけで中共は何もできなくなる. 装備の優劣は問題外.
日本人の命を的に戦いを仕掛けなければならないとすれば
中共の外交的大敗北となるし, 米軍も好むと好まざるとに
関わらず出動せざるを得なくなる.

科学技術が幾ら進歩しようと, 国を守るのは国民だ.
この当たり前のことを国民から遠ざけて来たのが
日教組の平和教育.
2012/07/21(土) 12:37 | URL | ちび・むぎ・みみ・はな #-[ 編集]
保守派に願うことについて
脇が甘かったのです。私は保守賛成です。しかし自民党の党首交代でマスコミの餌食にされた選挙にマスコミ対策をしなかった保守政党が負けたのです。事実を認めなければなりません。ここで踏ん張らなくてはなりません。谷垣氏は「自民党の為」とは言いつつも敵であるはずの民主党に歩み寄り媚びをした態度で消費税増税に協力し、公明党まで巻き込んでいます。こんな軟弱な党首では次の選挙に与党返り咲きは期待出来ません。いじめにあった人とあまり変わらないようにも見えます。とても無理です。女性の方なども生理的にもファンになれないでしょう。むしろ野党根性のままで選挙に臨まなければならないのです。応援するならそこまで掘り下げて堂々とした態度ではっきりと意見を通せる約束を確認して積極的に、懸命になって応援すべきです。「次の選挙はマスコミ報道との戦いで臨む」くらい堂々と発言してもらいたい。そのような体当たりで力強い党首に国民は期待をしているということに気付いてほしいのです。
2012/07/21(土) 12:21 | URL | はっちょもん #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/21(土) 11:53 | | #[ 編集]
新型インフル特措法成立 緊急事態時は住民行動制限など要請
新型インフル特措法成立 緊急事態時は住民行動制限など要請
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120427/bdy12042722450005-n1.htm

この法案は 4月27日、参院本会議で民主、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。

反日売国テレビ局・マスコミに捏造された新型ウイルス騒動は多くの人々は覚えています。 
今回成立した、この法案は前回の新型インフルエンザ騒動で多く日本人母親が子供達への接種を敬遠した
ワクチン接種を強制的に行なう内容です。 正に日本人社会の破壊者による、日本民族絶滅を企む、
子供が出来なくなるワクチン(断種ワクチン)を強制的に接種する法案が参院本会議で成立しました。

このように狂った政策を民主党と公明党は推進しています。
彼等の黒幕の支那、朝鮮に支配されている反日売国テレビ局・マスコミは隠蔽報道で日本国民に知らせません。
今回、7月19日付けの厚労省、風疹対策の徹底を通知も反日売国テレビ局・マスコミが一斉に報道開始した。 
妊婦や少女(10才代)へワクチン接種を要求しています。

【関連情報】【新型ウイルスの掲示板】http://www.aixin.jp/axbbs/snt/snt2.cgi
2012/07/21(土) 10:58 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
保守派に願うこと
>今回、残念なことに、民自公た国の合意によって成立した消費税法案に具体的に盛り込まれたのは、この防災、減災対策の件だけでしたが、本来であれば、これをさらに進めて、資源開発国債についても、織り込むべきものであったのではないかと思います。

理想はそうだとしても、今の「国会の勢力図」の現実を見れば、自民党のまとめた消費増税法案は、現時点において精一杯手を尽くしたものだと思います。

自民党の今の人数では何も動かなかったところをなんとか野党をまとめて民主党政権に対して完璧に楔を打ったのです。

最近、特に思うのは、「現場を思う」、「現場に目を向ける」ことをせずに、一方的に批判することが多いということです。
実は自分の職場においてもそうです。
現場の懸命な努力は、たまにしか見に来ない上長によって一方的に判断されます。

国会の運営を見れば分かります。
マスコミに煽られ誤った判断をしてしまった国民によって、与党から野党になってしまった自民党には民主党のこども手当を初めとする狂った法案を廃案にすることは極めて困難であったけれど、国会で、特に選挙で勝った参議院で、まさに「砦」として何度も問題点を繰り返し繰り返し取り上げ、法案の廃案はどんなに手を尽くしても衆議院の優勢で出来ないにしろ、効力を弱めることはこの3年間ずっとやってきたのです。

また、震災関連法案も自民党がどれだけ動いたか、全くマスコミは報じず、国民は、自民党に対してむしろ「足を引っ張ってきた」などと、また間違った認識を既に持っています。

自民党は震災後、本当に懸命に動いたと私は思います。高評価を与えてしかるべきだと思っています。
しかし、自民党は野党であり、行政側にいません。
「法の執行」はあくまで三権のうちの「行政側」、「政府側」の民主党政権であって、自民党はそこには手出しが出来ません。
このことが一番苦しいところなのです。

先日の九州豪雨。
谷垣総裁が被災地を訪れ、速やかに激甚災害指定をしなければならない旨を述べましたが、自民党は政府に働きかけるしかありません。

その被災地の現場を見れば、阿蘇の外輪山の周囲を流れる二つの川が合流する地点に出来る予定だった立野ダムが民主党政権の仕分けで凍結しているところであることが分かりました。

http://www.qsr.mlit.go.jp/tateno/damujigyo/aramasi01.html
『立野ダム工事事務所|ダム事業の紹介|立野ダムはどうして必要なの?』

阿蘇から、熊本市までの地形を見れば、ダム建設が喫緊の課題であったことはこのHPを見ても分かります。

ちなみに、ダム反対派の意見も見ていただくと良いと思います。↓
穴あきダムという特徴を持つ立野ダム。穴を開けるだけで「利権」と結びつけるところがなんとも・・。
http://blogs.yahoo.co.jp/sekairodan/folder/212465.html?m=lc&p=1

こちらも。↓今回の大きな被害を見て、同じことを言えるのか聞きたいくらいです。
kawabegawa.jp/2012/20120519.pdf
『2012年5月19日 – 阿蘇の大自然を破壊する最悪のダム計画. 立野ダム中止. を求める住民団体結成集会』

自民党が与党だったとき、何をするにも野党側は何でも反対をしてきました。とにかく、日本のためを思ってではなく、日本を破壊するために、です。

野党になって更に厳しい状況です。そしてまだ国民は目が覚めていない。

「軍事増強」を声高に張り上げてもまだ国民はついてきません。
脱原発に対して、一般の人たちは、私が感じる限り、マスコミの、特に報道ステーションの誘導にまんまと引っかかっています。
驚くことにネットを見ている人でさえそうなのです。

橋下市長に関しても同じです。
「口が達者だけでなく、やることやってるよね」これが、出てきてしまうんです。

自民党に対する批判はマスコミだけでなく、ネットでも異常なくらいに多い。

あの国会で、狂った民主党の閣僚や後ろのうそばかり入った野次部隊によって構成されてしまっている今の国会で、国民の応援もなく、孤軍奮闘する自民党をどこまでもどこまでも一方的に批判するにはもうやめて欲しいです。

保守派は、一気に何もかも片付けようとしますね。
はっきり言って無理です!

法に従い法に則って、その範囲で懸命に今の民主党政権を崩壊へと導き、かつ、多くの災害対策を懸命に進めようと頑張っている自民党を保守派がろくにバックアップできないことが非常に悔しいです。

革命を皆さん、求めているのでしょうか?
本当に血で血を争うようなことを望んでいますか?
自衛隊員にクーデターを起こせなどと言う人もいますが、そんなことを本当にさせるおつもりでしょうか。
自衛隊員を思うならば、絶対に無駄死にをさせてはいけないと思うのではないのでしょうか。

自民党が出来る範囲は今の方法しかありません。良くぞ谷垣総裁は最適な方法を取ったと私は思っています。

そして解散権は野田にしかありません。
野田を解散に追い込め!!と皆言いますが、既に追い込んでいます。
決めるのは野田です。狂った民主党の首相は「恥」を知りません。
待つしかないのです。

厳しい状況下で、自民党を見捨てれば、維新の会が必ず出てきます。
本当にそれでよいのですか?

今でさえ、狂った人間が何百人といる今の国会で、少数で対抗する最善策を自民党は懸命に取ってるのです。

理想を掲げるのは勿論かまいません。
ただ、保守派は冷静に現状を見て欲しい。
国会と言う現場を見て欲しい。
強くそう思います。
2012/07/21(土) 08:53 | URL | 共通一次世代 #HfMzn2gY[ 編集]
先手必勝
先手必勝です。日本の政治家の無能ぶりはあきれるばかりですがこれがもし、日本の企業家、経営者であればよくよく解る話ではないでしょうか。ピータードラッカーや孫子の兵法などを学べば自社の経営戦略をどうすべきか、起こり得る事態をシュミレーションして手遅れにならないよう、一手先を必死になって真剣に取り組まなくては倒産してしまいます。政治家も国家のリーダーとしての役割を果たす使命があるはずです。外交で発展させ、国防で存続をさせる。あたりまえのことを出来ない民主党トップは早々に交代すべきです。私の幼なじみで大手総合商社の会長をしています方は「政府がなにもしないから我々経済界で日本の発展の為に務めなければならない」と話されていました。その時はなるほどと思いました。しかし情けなくもその方の前会長は売国発言をしています。一時の自社の利益誘導の為に動いたことは明らかで非常に情けない恥ずかしいことでした。この因果は免れません。初代創業者は嘆いているでしょう。時が経てば解るでしょうがそれでは遅すぎます。政府と経済界が自己保身でお互いに協力せず、不名誉ばかりで問題です。常に情報収集をして先手を打たなければ護国としての役は果たせません。ピータードラッカーも孫子の兵法も同根で同じ教えです。よく学び官僚、民間、政府が一枚板となってこの国難を回避しましょう。
2012/07/21(土) 07:19 | URL | はっちょもん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク