アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


日本の原風景に学ぶ

人気ブログランキング ←いつも応援クリックありがとうございます。

幕末頃の子供達


しばらく前に夢野久作の書いたものから「にんじん畑」のお話を紹介させていただいたのですが、夢野久作といえば、昭和初期を代表する日本のミステリー小説家としても有名です。

その夢野久作は、本名を杉山泰道(すぎやまたいどう)と言って、父親は、玄洋社の国家主義者の巨魁といわれた杉山茂丸です。

実は、その(世間から畏れられた大物の)父、杉山茂丸について、夢野久作は「父杉山茂丸を語る」という一文を書います。

読んでみると、これが実におもしろい。

ちょっとその「さわり」をご紹介してみます。
夢野久作がまだ5〜6歳だった頃のことです。

〜〜〜〜〜〜〜
久しく家を空けていた父が、久しぶりに帰宅しました。
帰って来た父は、私の頭を撫でる間もなく、かみそりを取出して、しきりに磨ぎ立て、尻をまくってアグラをかくと、突然、きんたまの毛を剃り初めました。
なんでも、きんたまにシラミが湧いたのだとか。

「門司の石田屋という宿屋で頭山満と俺とが宿賃が払えずに、故郷を眼の前にしながらフン詰まっていたんだ。ところで頭山も俺もきんたまの毛にシラミがウジャウジャしていたから、ひとつこいつを喧嘩させてみようではないか。で、負けた方がここに滞在して小さくなっていて、勝った方が宿賃の金策に出る事にしよう!」てなことになったのだそうです。

頭山が「面白い、やってみよう」と云うた。
ところが頭山のシラミは、真黒くて精悍な恰好をしている。

俺のに湧いたヤツは真白くてムクムク肥って活動力がない。
これではドウ見ても勝てそうにない。

しかし俺には確信があったから、新聞紙を四ツに折って、その溝の十文字のところで、選手を闘わせた。
案の定、俺の白いヤツが黒い奴を押し倒おして動かせない。
で、俺が解放される事になって帰って来た訳だ。

ナアニ頭山は正直だから、シラミを逃がさないようにシッカリとつまんで出すから、土俵へ上らないうちに代表選手が半死半生になっている。
俺の方は、選手をつまみ出すときから、出来るだけソーッとつまんで、てのひらに入れてソーッと下に置くのだから、双方の元気に雲泥の相違がある。

勝敗の数は勿論、問題じゃないことになるのだ!ワハハ」

この話で、ウチ中が引っくり返るほど笑い転げました。
とにかく父が帰ると同時に家中が急に明るく、朗らかになった気持だけは、今でも忘れない。
〜〜〜〜〜〜〜〜

こうした破天荒な明るさ、このことは幕末から明治、大正、昭和初期に来日した外国人や、外地で日本の兵隊さんたちと接した外国人たちが等しく指摘している点です。

たとえば、義和団事件の模様を「北京篭城」という本に書いた英国人ジャーナリストのP・フレミングは、20万の大軍を相手に篭城戦を戦ったときの日本の兵隊さんたちについて、とても人間業とは思えない光景を見たと言って、次のように語っています。

〜〜〜〜〜〜〜〜
隣の銃眼に立っている日本兵の頭部を銃弾がかすめるのを見た。真赤な血が飛び散った。
しかし、彼は後ろに下がるでもなく、軍医を呼ぶでもない。
「くそっ」というようなことを叫んだ彼は、手ぬぐいを取り出すと、はち巻の包帯をして、そのまま何でもなかったように敵の看視を続けた。

また、戦線で負傷し、麻酔もなく手術を受ける日本兵は、ヨーロッパ兵のように泣き叫んだりはしなかった。
彼は口に帽子をくわえ、かみ締め、少々うなりはしたが、メスの痛みに耐えた。

しかも彼らは沈鬱な表情一つ見せず、むしろおどけて、周囲の空気を明るくしようとつとめた。
日本兵には日本婦人がまめまめしく看護にあたっていたが、その一角はいつもなごやかで、ときに笑い声さえ聞こえた。

長い籠城の危険と苦しみで欧米人、とりわけ婦人たちは暗かった。中には発狂寸前の人もいた。
だから彼女たちは日常と変わらない日本の負傷兵の明るさに接すると心からほっとし、看護の欧米婦人は皆、日本兵のファンになった。
〜〜〜〜〜〜〜〜

どんなに苦しくても貧しくても、痛くても悲しくても、泣きわめいたり当たり散らしたりするのではなく、明るさと笑いをもたらす。
それが、自分よりも集団、周囲の人々を大事にする、日本人の普通の常識だったのです。

フランス人のボーヴォワルは、来日して日本人に接し、その印象を次のように述べています。
〜〜〜〜〜〜〜
日本人は笑い上戸で、心の底まで陽気である。
日本人ほど愉快になりやすい人種は殆どあるまい。
良いにせよ悪いにせよ、どんな冗談でも笑いこける。
そして子どものように、笑い始めたとなると、理由もなく笑い続けるのである。
〜〜〜〜〜〜〜

腹の底から屈託なく笑えるというのは、相互の根底に互いの信頼関係があるからです。

「どんなに親しい友人でも、決して一緒に井戸の底を覗いてはならない」というのは、支那の格言ですが、そういう人と人とが信頼しあうことができない社会では、人は腹の底から大笑いするなどということはできません。

日本が素晴らしい国であるためには、みんなが大笑いできる国である、ということも、重要なファクターであろうと思うのです。

その一方で、夢野久作は、父について、次のような逸話も紹介しています。
やはり、久作がまだ幼かった頃のことです。

〜〜〜〜〜〜〜〜
奥の八畳の座敷中央に火鉢と座布団があり、そこにお祖父様が座っておられました。
大変に憤(おこ)った怖い顔をして、右手に総鉄張りで梅の花の模様の入った銀制の煙管(キセル)をを持っておられました。
そしてその前に、父が両手を突いて、お祖父様のお説教を聞いているのを、私はお庭の植込みの中からソーッと覗いていたのです。

そのうち、突然にお祖父様の右手があがったと思うと、煙管が父のモジャモジャした頭の中央にぶつかって、ケシ飛びました。

それが眼にも止まらない早さだったのでビックリして見ているうちに、父のモジャモジャ頭の中から真赤な滴りがポタリポタリと糸を引いて畳の上に落ちて流れ拡がり初めました。

しかし父は両手を突いたままジッとして動きません。

お祖父様は、座布団の上から手を伸ばして、くの字型に曲った鉄張り銀象眼の煙管を取上げ、父の眼の前に投げ出しました。
そして、
「モット折檻してやるから真直に直して来い」
と激しい声で大喝されたのです。

父はうやうやしく一礼し、煙管を拾って立上りました。
その血だらけの青い顔が、悠々と座敷を出て行くところを覚えています。
〜〜〜〜〜〜〜

幼い久作には、祖父が何で怒り、父がなぜ叱られていたのかまではわかりません。

けれど、幼子の前で、祖父が若い父親を叱り、キセルが曲がるほど強くひっぱたき、そのため頭から血を流しても、堂々と立ち振る舞い、きちんと頭を下げ続ける父。

笑いの絶えない明るい家庭である一方で、そうした厳しく、また凛とした強さと、家族の絆、信頼関係、毅然とした親子関係があったのも、これまた日本の原風景ではないかと思うのです。

底抜けの明るさとやさしさ。
そして毅然とした厳しさ。
まさにこのことこそが、日本人の日本人たるところなのではないかと思います。

2つは、車の両輪のようなものです。
どちらか一方に偏ってもいけない。

先般どなたかが、日本には、英国同様、成文憲法はいらないのではないか、という問題提起をされていました。
歴史と伝統ある日本には、そもそも憲法そのものが不要なのではないかという問題提起です。

是非はともかく、その方の論説でひとつなるほどなと思ったのは、現代日本では、日本国憲法という欺瞞を信奉するエリートと、日本人として日本古来の慣習をいまなお持ち続けている庶民との間には、根源的な文化の違いがある。
まるでそれは、人種の違いといってもいいくらい大きな違いです。

鳩ぽっぽにしても空き菅にしても野田にしても、日教組にしても、GHQが急場凌ぎに作った日本国憲法の理念からすれば、彼らのしていることは、きわめて「まっとうな」ことです。
けれど、その「まっとうな」ことは、日本の歴史、文化、伝統からすると、あまりにも軽薄でお粗末です。

つまり現代日本では、優秀であればあるほど、人間が馬鹿になる。
そこに日本人と日本をひっぱるエリートさんたちとの間の断絶が生まれ、今なお続く日本の混乱の元凶となっているのではないか。

私は、それは「正しい指摘」であろうと思います。

ひとついえることは、人々が心から笑うことができ、互いに信じあうことができ、ときに烈火のごとく怒り、叱ることもあるけれど、きちんと秩序を守る。
これをあたりまえとしてきた文化が、世界最古の歴史ある日本という国の文化である、ということです。

そして戦後の高度成長を担ったのも、日本が戦後の焼け野原から、またたく間に経済大国になりえたのも、日本がいまだに豊かな国でいられるのも、それらすべては、戦後のエリートさんたちの功績ではありません。
日本的精神を色濃く残している庶民のパワーがあったればこそ、可能にした現実です。

いま、日本は、不況に沈んでいます。
コンビニに行くと、高校生のアルバイトにまじって、働き盛りの中高年のおじさん、おばさんたちが、高校生と同じ時給で働いている。

日本は、なぜここまで落ち込んだのか。
ひとつはっきりしているのは、それは庶民の努力不足が原因ではありません。
日本の牽引役であるエリートさんたちが、日本の伝統文化を曲解し、正義を不義に、不義を正義に、よこしまを正道と勘違いし、日本のもつ素晴らしさを否定し続けた結果です。

それがわかれば、日本を立ち直らせるのは、簡単です。
日本が日本的なものを取り戻すこと。
それだけのことです。

たったそれだけのことで、日本は大きく変わる。
陽はまた昇る。
なぜなら、常にとどまらないのが日本人だからです。

お酒を飲む時、カラオケに行く時、心から信頼しあえる仲間たちと飲みかつ歌うときは、実に楽しいものです。
そういう信頼関係が、社会全体にあれば、もっと楽しい。
そうじゃありませんか?みなさん。

みなさん、
お互いが心から笑える秩序ある日本を、取り戻しましょう!

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

日本に学ぶ10のこと


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
日本の心を伝える会 日心会

関連記事

コメント
インターネット規制法案・委員会全会一致で可決。
スレ違い失礼いたします。




【突然にACTA批准が委員会全会一致で可決。残すは衆院のみ】
http://anti-acta.alternwcs.org/?p=304
《7/31の参議院外交防衛委員会に於いてACTA批准は全会一致で可決されてしまいました。
7/26の突然の同参議院外交防衛委員会での玄葉外務大臣によるごく簡単なACTAの趣旨説明(30秒程度)の後、初の審議入りである7/31、反対意見も出されぬまま、全会一致でACTA批准は可決されました。

7/31 22:56分現在、この可決を伝えるWebニュースはGoogle検索では出てきません。

このような重大な国際条約、問題に対し、国内海外問わず強烈な反対の声が上がる中で、このような形で、反対意見の一つも出されずに可決してしまうという事は異常な事態です。   以下略》



【欧州議会、海賊版防止条約ACTAを否決】
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1207/05/news025.html
《ACTAをめぐっては、その条文が不明確で誤った解釈によってインターネットの自由を侵害することにつながる恐れがあるとして世界中で反対運動が展開されている。欧州ではACTAに反対する街頭デモや議会メンバーへのメールによる嘆願が行われた他、欧州議会に280万人が署名した批准否決の請願書が提出されていた。欧州議会では、賛成39票、反対478票、棄権165票で、ACTAを批准しないことが決定した。》


欧州が否決したものを日本政府がなぜ可決して、しかも報道しないのか????

皆さんも、疑問を持って調べてみてください。
2012/08/01(水) 22:36 | URL | 某さん #LkZag.iM[ 編集]
管理者さんのおっしゃる「日本的精神を色濃く残してる庶民パワーが支えた。エリートではない」という意味は根源的なところを見つめて言ってることであると普通なら解釈できますし自分も同意です

決してエリートや自民党が何もしてないという意味ではないしエリートと庶民を分けてエリート敵視する意図もないことぐらい文章全体を読んでいれば分かることです。
自分が正しい相手が一方に悪いだのの論調も一切感じられませんし増して共産主義のイデオロギーだの心配する必要は全くないはずですが

管理者の意を読み取ろうともせず一部を短絡的に更に歪めて受け止め固守し見当違いな共産主義イデオロギーだのを心配するコメントもらったら管理者も残念でしょうに

管理者さんの記事は、自分にとって毎回新鮮であり認識を改めたり深めたりと勉強させて頂いてます。いつも有難うございます
2012/08/01(水) 20:41 | URL | anonymous #84fzpQqo[ 編集]
No title
抗議が必要だとは思いますが、アメリカ人にとって
「慰安婦の日」制定して思うのって、こんなでは。
「慰安婦の日ねえ」
「何それ。映画でも安くなんのか?見たくねえ韓国映画。
スーパーで特売すんの?買わないけど韓国製品。
アメリカに又、売春婦を押しつけようとしてんの?
日本人と嘘ついて。朝鮮女いらねーから。
FTAで黙ってアメリカに貢げばいいんだよ。韓国は。」

米グレンデール市が「慰安婦の日」制定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120801-00000025-yonh-kr
聯合ニュース 8月1日(水)14時43分配信
 【ソウル聯合ニュース】米カリフォルニア州のグレンデール市が7月30日を
「韓国慰安婦の日(Korean Comfort Women Day)」に指定した。
 韓国挺身隊問題対策協議会は1日、米下院による旧日本軍慰安婦決議案
の採択から5年を迎えたのに合わせ、同市が先月30日に開催した行事で指定したと
明らかにした。
 同市は慰安婦決議案の採択を積極的に後押しした。フランク・キンテロ市長は
同日発表した宣言文で「旧日本軍従軍慰安婦は日本政府に強制された売春」と批判
したほか、最近日本の教科書で慰安婦問題をはじめとする第二次世界大戦での日本
の戦争犯罪に対する記述が減っていると指摘した。
2012/08/01(水) 18:38 | URL | hehehe #-[ 編集]
失礼します。
2012年7月31日

<非同時的>ライブ中継


オリンピックは
厳密には衛星ライブ中継ではない。

衛星中継に必要な最小限の伝送時間に加えて
10秒前後のタイムラグを意図的に生成している。

あらゆるタイプのテロ行為に備えて
中継車からのすべてのカメラのライブ映像を
短時間に編集できる時間をつねに確保するために
サーバーで非同時的に管理している。

クラウドによって
あらゆるスポーツは
同時性(=ライブ)を共有できるが
あらゆる権力構造は
人々をより<非同時的>に支配しようとしている。

すべての現実から<同時性>を奪うために。
----

2012年8月 1日

最初の「全世界」


同時的な「全世界」を
共有するための
最初の聖火リレー付きの多国籍オリンピックゲームは
ヒットラーが考案した。

さらに当時はまだ実験段階であった
テレビ同時中継を準備していた。

当時はメディアによる同時性こそが
「全世界」支配のための<見えない武器>であった。

http://two-pictures.net/mtstatic/
2012/08/01(水) 16:47 | URL | 貼り付け #ybUpJMn6[ 編集]
No title
ねず様 疑問に思う事を書かせて頂きます。
日本の混乱の元凶は、庶民とエリートさん(日本国憲法を信奉する)との間の断絶にあると言われますが、日本国憲法を改正しようとする政党が今政権を担っていないからといって、責任のすべてがエリートさん側にあると言うのは、どうでしょうか。
戦後長く日本の政治を担ってきたのは、自民党です。経済大国になったのは、選挙のたびに「景気を良くして欲しい」という庶民の願いを受けて努力してきた、自民党の政治家に負うところが大きいと思います。決して庶民だけの努力ではないと思います。
しかし改憲を党是に持つ自民党でありながら、左翼とマスコミを含む左翼シンパは、長期政権下の汚職や腐敗を暴く事で自民党を追い詰め、憲法改正を論議することから国民の目を逸らせ、結局は民主党に政権を与える役目を成功させました。
日本では国民の考えを反映しない選挙結果などあり得ません。民主党に騙されたと思っている人も、騙されたのは自分であって、決して強制されて一票を入れたわけではありません。
自分がいつも正しい側にあり、相手が悪なら対立させても良いという考えが、共産主義のイデオロギーを生みだし、共産革命を目指す者が狙っている所ではないでしょうか。
それでは、先の戦争は軍部がすべて悪いのであって、善人である国民は何も知らされていなかったという共産党や社民党の考えと同じだと思います。

2012/08/01(水) 16:17 | URL | 甘野老 #-[ 編集]
いつも素晴らしいお話ありがとうございます。学生の時は、勉強嫌いでシャーペンの芯みたいな眉毛して、アホやったけど、心から信頼出来る友達にだけは恵まれたと思っています。楽しい時や遊ぶ時は誰と居ても楽しい物です。でも困った時、辛い時に頼れる仲間こそ本当の友達であり、仲間が困った時に何を置いても力になれる事、またそんな仲間がいる事のありがたさ、素晴らしさに感謝し、感動して、心から信じあえるんだと思います。助け合い、信じ合い、譲り合い、思いやる、そんな人生って本当に楽しいし、充実した物だと思います、だから心から笑えるんだと思います。たとえ仲間であっても心から信じるな!そんな諺が有る国を信じる事が出来るか!!
2012/08/01(水) 14:01 | URL | 鳥 #qTlQTaRY[ 編集]
No title
こんにちは。
最近つくづく思います。
東京大学はいらない、と。
福澤諭吉も大隈重信も、
大学を出ていません。
科挙のような制度は
日本にはいりません。
2012/08/01(水) 13:40 | URL | Supermum #-[ 編集]
No title
>日本の牽引役であるエリートさんたちが、日本の伝統文化を曲解し、正義を不義に、不義を正義に、よこしまを正道と勘違いし、日本のもつ素晴らしさを否定し続けた結果です。

ですよね、その結果、日本丸を操舵する船長があれです。
船長も船長ですが、それをサポートする乗組員もイコールですね。
しかしどのような物事に対しても決断するのは船長です、飾りではありません。
そういう意味で船長の責任重大です! 
今の日本丸船長、いかほどの認識、お持ちになっているのやら・・・・。
船長が船長なら乗組員も乗組員、同じ穴の狢というわけです。
下が偉くても上が馬鹿、ならば上を替えれば両輪揃うと言う事です。

先月7月30日は明治天皇が崩御されて、ちょうど100年目でしたね。
「明治は遠くなりにけり」では駄目なのです、今こそ明治の精神に立ち返る時だと思います。
2012/08/01(水) 12:09 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
No title
戦後、日本は大きく変わりました。

核家族を攻撃する人がいますが、始めは誰もなりたくて核家族になった訳でも、そう教育されてなったわけでも有りません。そうしなければならない状況に追い込まれたのです。
集団就職というのを覚えている方はいらっしゃるでしょうか。地方の中学を卒業した人たちを、都市近郊の工業地帯の工場がまとめて雇うシステムです。戦後日本は地方の産業を振興するだけの活力がなかったのでしょう。いくつかの地域を決めて、その地域に労働力を集める政策を実施しました。中学を卒業した人たちをまとめて雇ってそういう地域に連れて行って仕事につかせたのです。
集団就職した人たちは、故郷に戻っても仕事はありませんから、仕事のある地域で新しい家庭を始めるしかありません。当然実家とは離れてしまいます。
そしてそういう人たちが戦後の日本の復興に非常に大きな役割を果たしたのです。
彼ら無しには、高度経済成長はなかったでしょう。

そういう状況が二世代くらい続いてしまえば、大家族が崩壊するのは当然です。元々江戸時代から姑、嫁の別居はうらやまれる事だったのは、七部集の炭俵の中にある付合、分にならるる嫁の幸せ、というのを見てもわかります。分家して独立する嫁をうらやんでいます。それが皆に現実の物となったのです。

地方がそれぞれの産業を振興して、住民が根付く政策にある時点で転換するべきだったのでしょう。残念ながら政府はそれを見誤り、あくまで東京を中心とした新幹線行政に進んでしまいました。

昔は上野の駅の前には、盆正月前には帰省客のためのテント村が出来ました。地方から集団就職してきた人たちが規制するために、金がなくて特急券が買えなかったり、特急券の数が少なかったりしたために何日もテント村で待って列車に乗って帰省していたのです。集団就職第一世代の人たちは、故郷とのつながりも深いでしょうから、どうしても帰りたかったのです。

今となっては、集団就職から数世代経過して、故郷ととのつながりもほとんどありません。盆正月と言っても新幹線が少し混むくらいの物です。
日本の核家族化の進行は、つい最近始まった物ではなく、戦後すぐ、集団就職が始まったときに始まっていたのです。
2012/08/01(水) 11:35 | URL | 核家族 #AIlHpmOk[ 編集]
原状回復という言葉の重さ
日本の原風景、良い言葉です。日本の戦前戦中史と、戦後史との間には相当な隔たり・壁が存在しますが、それは原状回復を旨とすれば解決するものばかりです。憲法の話が最後に出ましたが、憲法と皇室典範こそ、その象徴と言えるでしょう。
2012/08/01(水) 09:51 | URL | 素浪人 #z8Ev11P6[ 編集]
No title
日本人は根アカ。それはやっぱり団塊前の人たちですね。我家の爺さんは底抜けに明るくやさしく人を赦す人なので皆から好かれています。爺さんを見ていると
本来の日本人を見ている気になります。わたし?わたしは宇宙人ですよ。日本的な文化が一個もはいってない。涙が出るほどなさけない。
2012/08/01(水) 08:30 | URL |     #-[ 編集]
日本人の矜持
おはようございます!

>陽はまた昇る。
思わず花うさぎさんのブログを思い出してしまいました。
私もそう信じ日々人生を送っています。

>底抜けの明るさとやさしさ。
>そして毅然とした厳しさ。
本当にその通りですね。
日本人ならそのように生きたいと思います。

この集合写真は良いですね。着ているものや髪型は違えど、今も昔も一緒だなと思えて見ていて楽しくなります。

ありがとうございます!

2012/08/01(水) 06:36 | URL | あつし #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク