アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


二つの日本

人気ブログランキング ←いつも応援クリックありがとうございます。

サンフランシスコ条約の調印
サンフランシスコ条約


二つの日本について、書いてみようと思います。

終戦記念日が近づいていますが、この日、昭和20年8月15日はどういう日かというと、いうまでもなく日本が自発的に「戦闘行為を停止した日」です。
ですからこの日は、敗戦記念日ではなく「終戦記念日」です。


時系列で流れを追ってみると、次のようになっています。

8月14日 帝国政府、ポツダム宣言受諾を連合国側に通告
 (終戦の詔書の日付も8月14日です)
8月15日 玉音放送
8月16日 大本営、停戦命令を発令
8月30日 マッカーサー厚着飛行場に上陸
9月2日  戦艦ミズーリ上で休戦条約に調印

休戦ですから戦争状態は継続しています。
その戦争状態が終結したのが、昭和27年4月28日のサンフランシスコ講和条約発効の日です。

講和条約には、次のように書かれています。
~~~~~~~~~~~~
第一章 平和
第一条【戦争状態の終了、日本の主権承認】
(a) 日本と各連合国間との戦争状態は、第二十三条の定めるところによりこの条約が日本国と当該連合国との間に効力を生ずる日に終了する。
(b) 連合国は、日本及びその領水に対する日本国民の完全な主権を承認する。
~~~~~~~~~~~~

つまり日本は、昭和20年8月14日のポツタム宣言受託通告から、昭和27年4月28日のサンフランシスコ講和条約発効の日までの6年8ヶ月間も、連合国とは「戦争状態」にあったのです。

あくまでも終戦記念日は、戦闘行為を終結させた日であって、戦争の終わりを意味していない。
そして大切なことは、戦争が継続していたから、「占領統治」があった、ということです。

これはとても大切なことです。

そもそも「占領」というのは、他国の領土、拠点、政経中枢などを「軍」が占有・占拠することです。

軍は占領地において、軍による占領行政を敷きます。
そして軍の支配下においた現地政権を通じて間接統治を行ないます。
これが「占領統治」です。

日本が「占領統治」を受けていた、ということは、その時点で日本はまだ戦争状態にあった、ということです。
くどいようですが、「戦争状態にあったから占領統治があった」のです。

ちなみに、この占領統治下にあった日本は、国名は日本国でも大日本帝国でもありません。
─────────
「連合国統治領日本」
─────────
というのが、占領統治期間における日本の名前です。

日本から輸出される製品も、「Made in Japan」ではありません。
──────────
Made in Occupied Japan
(占領された日本製)
──────────
というのが、当時の日本の輸出製品に書かれた表記です。

さらにいうと、では当時の日本の国旗はどうなっていたかというと、これまた日の丸ではありません。
連合国が定めた三色旗が日本の国旗でした。
連合国統治領日本の国旗
連合国統治領日本の国旗


そもそも日本国というときの「国」とはなんぞや、という定義の問題がありますが、「国」というものが「政府が支配する一定の領域や住民・共同体・制度・文化などの総体」とするなら、間違いなく占領統治下の日本は、

(1) 大東亜戦争を日本と戦った「連合国」が
(2) 日本を占領し
(3) 日本を連合国軍の軍政下におき、
(4) 日本にGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)を設置して
(5) 日本政府をその支配下におき
(6) 日本政府を支配することで日本を統治した

そういう時代である、ということができます。

要するに、当時の日本政府にも日本人にも、主権などなかったわけで、ないのに「国民主権」などとうたった日本国憲法は、そもそも日本の占領統治のための「まやかし」にすぎない、ということです。

この占領統治下の日本において、日本国内では占領軍の意向によって、護国救国の志を持った様々な識者などが公職追放されるとともに、財閥が解体され、日本軍が解体され、修身や国史の教科書に墨が入り、日本の国会でのマスコミ取材が記者クラブのみを経由した情報しか提供できないように制限され、その一方で日本解体を遂行するためのさまざまな利権団体が生まれました。

たとえば、日教組です。
日教組が設立されたのは、昭和22(1947)年6月8日で、まさに占領統治下でのできごとです。
日教組は、日の丸国旗に反対の姿勢をとり続けていますが、彼らにとっては、彼らにとっての黄金時代である日本の占領統治時代が、なによりも「素晴らしい時代」なのでしょう。

ちなみに、S学会も、色と柄は異なりますが、何故か「三色旗」という語にこだわりをみせています。
学会旗と呼ばずに、あえて三色旗と呼ぶところに、なにやら連合国統治領日本の時代の三色旗への思慕が垣間みれるような気がするのは私だけでしょうか。

サンフランシスコ講和条約によって、日本が戦争を終結させたのは、昭和27年のことですが、本来であれば、この時点で日本は占領統治を脱したのですから、占領統治のための最高法規である「THE CONSTITUTION OF JAPAN(邦名:日本国憲法)」をも、廃案とすべきものでした。

なぜなら、そもそもこの「THE CONSTITUTION OF JAPAN」は、あくまで占領統治のための基本法規(最高法規)として書かれ、公布されたものであるからです。

実際、戦争を起こしたのは、大日本帝国であったわけで、戦争が終わったとするならば、それは連合国と大日本帝国の戦争が終わったわけであって、連合国と連合国統治領日本が戦争をしていたわけではないからです。

つまり、本来の筋道から言えば、サンフランシスコ講和条約で戦争の終結が宣言された以上、その終結宣言の当事者は大日本帝国だったわけですから、日本はサンフランシスコ講和条約の公布とともに、大日本帝国に戻っていなければおかしいのです。

別な言い方をするならば、日本が「連合国統治領日本」でなくなったのなら、「連合国統治領日本」の規程である「THE CONSTITUTION OF JAPAN」も、その効力を失う。
すなわち、「THE CONSTITUTION OF JAPAN」の日本語訳である「日本国憲法」は、その効力を失ったわけです。

そうでなければ、話がややこしくなります。

なぜかというと、戦争をした一方の当事者が大日本帝国という法人であり、戦争を終わらせ、講和条約を結んだのが連合国統治領日本であったとすると、連合国が連合国と講和したことになるからです。
なぜなら、連合国統治領日本の主権者は、連合国にある。
大東亜戦争は、連合国が連合国と戦った戦争ではありません。

ですから簡単にいえば、日本は、戦闘行為を停止した後、連合国の占領統治を受けることになった。
6年8ヶ月後、ようやく講和が実り、日本は占領統治を脱した。
脱した以上、日本は、大日本帝国に戻っていなければおかしかったのに、それをせず、ずっと曖昧なままにしてきた、ということです。

要するに、占領統治憲法である日本国憲法が、いまなお日本で用いられているというのは、終戦さえも曖昧なままにしてきている結果に他ならないということです。

この曖昧さが、年月を経るに従い、いま、きわめて深刻な事態を日本国内にひき起しています。

どういうことかというと、占領憲法を取消ていない日本では、日本を占領状態に置いておくことが正しいとされる国柄になってしまったのです。

すなわち、まじめで頭がよくて成績の良い子供ほど、占領憲法の理念を正義としてしまう。
諸外国を公正と一方的に定義し、日本は「遅れている」「日本は悪い国だ」と決めつけることを思考の原点に置くようになる。

その結果、なんでもかんでも、米中韓など言うことは「正しい」となる。
諸外国の中には、日本に感謝してくれている国も多数あるのだけれど、これが理解できない。
基盤としている起点が違っているからです。
ですから、日本は良い国だ。日本は過去、素晴らしいことをしてくれたと海外の要人が言っても、日本こく憲法という占領統治憲法を信奉する人々には、なんのことだかさっぱりわからない。
褒められたら、普通誰だって悪い気はしないものなのだけれど、褒められると「ありえない」と否定が先にきてしまう。

さらに戦後、(ここは特に言いたいのだけれど)、国史を「日本史」と呼び代える習慣が始まりました。
教科書は、判子で押したみたいに、どれもこれも表題が「日本の歴史」です。
イタリアの歴史、マカオの歴史、アメリカの歴史と、同じ延長線上で、日本の歴史・・・日本は日本人にとって外国じゃないんです。

ですから、正しくは「日本の歴史」ではなく、「国史」です。
国史であれば、そもそも日本国の建国の理念は何かからはじまらなきゃ、筋が通らない。
けれど、戦後教育は、この原点を忘れています。

占領法規を、憲法という国の中心規程に据え置くことによって、日本は、
(1) 重要なことは何も意思決定できない国になった
 (占領統治下であれば、占領軍が意思決定をし、政府はそれをただひたすら履行するだけです)
(2) 過去の日本を「他国」もしくは「侵略国」と定義する国になった。
(3) 日本の歴史、伝統、文化を否定することが、正義とされる国になった。

たとえば、建設談合は、我が国の建築にはなくてはならないものです。
談合というのは、常に適正価格で工事が行われ、確実に支払い保障される工事が、建設業者間で、きちんと順番にまわってくる、という日本古来の制度です。
値段は、高くても安くてもいけない。
だから確実に利益があがる。
その確実な利益が、きちんと順番にまわってくる。

それでも談合に参加している建設業者間で、競争は起こります。
すくなくとも、談合の順番から外されるようなことがあってはならない。
そんなことになったら、おまんまの食い上げです。

では、それぞれの建設業者は何をもって競争するかといえば、工事の出来の素晴らしさ、完成度の高さ、です。
ですから、日本の建設業者の造る高層建築物などは、バラバラにはめ込まれたガラスが、まるで一枚の大きなガラスであるかのように、きれいに景色が写ります。

ところが、戦後のエリートさんたちによって、談合は廃止されました。
今後は、欧米流に価格競争で行きましょうとなった。

するとどうなるか。
値段を下げなければ工事を請け負えない。
だから、建設業者は下請けの料金をたたき出した。
みんなが揃って、儲からないように儲からないように、建設業を持って行った。
おかしな話です。

談合が廃止になって、いったい誰がどういう得をしたのでしょう。
日本はよくなったのでしょうか。

要するに、戦後のエリートさんたちは、はじめからあらゆる面において、はじめからボタンの掛け違いをしているのです。
そもそも日本であり、戦争終結の時点で、モトの大日本帝国に戻ればよかったものを、いつまでも占領利権にしがみつくおバカたちに煽動されて、これを曖昧にした結果、戦後という時代は、最初のひとつめのボタンに、日本国占領憲法というおかしなものがはさまることで、ずっとボタンがひとつ、ずれたままになっているのです。

日本国占領憲法というのは、連合国統治領日本において、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が日本を支配するための憲法にほかなりません。

ですから、ひとことで申し上げれば、日本の占領が解けた時点で、この憲法は失効しています。

失効してもなにも困りません。
執行を停止していた大日本帝国憲法が解禁されるだけのことです。

「憲法改正論」「自主憲法制定論」等々、いろいろな議論はありますが、みんな誤解しているのは、憲法改正は、日本国占領憲法の所定の手続きに従わなければならないと思い込んでいる。
これは間違いです。

日本国占領憲法は、日本がサンフランシスコ講和条約で戦争を終結させ、日本が占領統治下から脱出した時点で、効力を失っているのです。
なぜなら、それはあくまで「連合国統治領日本」に与えられた占領統治のための憲法だからです。

ですから、憲法改正は、大日本帝国憲法の改正手続きに従うのが筋です。
それが結果として、自主憲法の制定になる。

自主憲法の制定というのは、日本国占領憲法を廃止して、新たな憲法を制定するのではないのです。
日本国占領憲法は、占領下から日本が抜け出た以上、その時点で効力を失っているのです。

戦後の日本は、簡単に図式化すると、二つの日本になっています。
古くからの伝統文化を尊重する庶民の国、日本と、占領統治時代を「良き時代」と仮定して、それ以外の一切を否定するエリート層の日本です。

はっきりもうしあげて、売国を正義とする、あるいは日本が占領統治下でいることがシアワセと思うような馬鹿者は、日本のエリートとしては、ふさわしくありません。
ふさわしくない以上、大学、小中高校、専門学校、公務員、政治家等々から、公職追放すべきです。

おそらく、これを行なう者は、米中韓、日本のメディアや評論家、そして日本のエリートさんたちから袋だたきにあうことでしょう。
けれど、誰かがこれをしなければ、日本は変わらない。

そしてそれを応援する世論がなければ、その実現はできません。

ならば、私達で、その応援体制を築きあげようではありませんか。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

真実はどこに・・・ FLASH


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
日本の心を伝える会 日心会

関連記事

コメント
うれしいですね!!
野狐禅様

初めまして。

『中山恭子女史を日本初の女性宰 相として推挙したいと思います。 彼女の物腰の柔らかさとは真逆の信念と 行動力は、過去の実績からも推察出来る ように、現今の男性議員に比べて群を抜 いていると思っております。 ここまで荒廃した国会では、中山恭子 総理により、女性が過半数を占める閣僚 で、新規巻き直しを図って欲しいと念願 しております。』

上記ご意見こそ私の夢であり、そうなれば日本は変わるという確信でもあります。

マスコミとマスコミを唯一の情報源とする巷では「総理の器の不在」を指摘する輩が多数おりますが、笑止千万。

知性・胆力・愛国心・行動力…全てを備えた人物がまだ日本にはいらっしゃいます。
恭子先生に限らず夫である中山成彬先生もまたしかり。

さらに西村慎吾先生も全てを備えておられます。

ただ残念な事は、戦後日本においては政治家の力量を「数を集める能力」(=集金能力)こそ第一としてしまった事であります。

有権者に政治家を見抜く目がなければ、民主主義が衆愚政治となるのは必定ではないでしょうか?

『政治と宗教はご法度』とばかりに仕事場でも、仲間内でも、議論どころか話題にすら出来ない日本の慣習が、政治音痴・宗教音痴を培養して来ました。

あのサリン事件などは最たるものと私は思っております。

もともと政治に関心の薄い国民性のうえに「公正さ」の欠片もないマスメディアの情報を鵜呑みにすれば、売国サヨク政党が名前を『民主党』としただけで、その甘い口車に有権者の多くがコロッと騙されたのが三年前の選挙でした。

この三年間での民主党3馬鹿総理は論外ですが、たとえ次期総選挙で保守派が政権を奪回しても靖国神社に参拝出来ないような総理では日本が変わりようがありません。

振り返ればほぼ40年ほど前、国会議事堂前へのデモがありました。当時は学生主体でした。いわゆるサヨクデモです。

さてあれから約40年、このままの日本では、今度は女房子供(or亭主子供)のいるいい大人が国会議事堂を囲まねばなりません。

難儀な事です。

政治家にばかり胆力を望むのではなく、
我々有権者一人一人も心せねばならないのではないでしょうか!?
2012/08/10(金) 21:55 | URL | たぬきち #-[ 編集]
No title
目から鱗というのは、このことでした。

1945年8月15日に大日本帝国は連合国降伏したため、それ以降の1951年までは、大日本帝国は連合国による非占領国であった。

敗戦はよく知っていましたが、再出発の記念日と言う日はあまり考えていませんでした。
憲法の公布日(文化の日、1946年11月3日)や施行日(憲法記念日、1947年5月3日)は当然知っていましたが、これらは国家主権を回復した日ではないのですね。
そして、サンフランシスコ条約(締結日は1951年9月8日、発効日は1951年4月28日)で日本は連合国の管理を離れたと言うことで・・・・このときの全権は吉田茂首相であり、吉田茂首相の貢献度が分かっていたからこそ、国葬にしたのでしょう。
しかし条約の発効日は、主権を回復したとして祝日になっても不思議はないのですが、これが強調されていない。朝鮮戦争中でもありますが、意図的なものを感じました。
このときに、独立国家として国防を主張した憲法を創設したならば、サンフランシスコ条約と同時に締結した日米安全保障条約により、警察予備隊(1950年8月10日に発足)又は保安隊(自衛隊の前身、1952年10月15日に警察予備隊から改編)が、朝鮮戦争にかり出される可能性があったのではないでしょうか。(昔、朝鮮戦争当時に、掃海隊の出動を要請されていたことを、何かで読んだことがあります。)
現在なら、日本の国家主権を明確にした憲法を作るに何の問題もないのですが、残念ながら主権回復時の状況から現憲法を運用してきたことが、逆に足かせとなっているのでしょうか? 
今、憲法を真に自主憲法とするには、現憲法の規定により改正するしかないと思います。前文を含め、多くの改正が必要だと思います。
2012/08/09(木) 11:43 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
戦前生まれの従兄弟から、日本国憲法は占領地統括法で、フィリッピンだって拒否したものを日本は喜んで受け取っているとよく怒っていました。彼はmade in occuopied japanのことも知っていました。でも占領下の国旗については知りませんでした。学校に高松宮様がお出でになったときは、自分の国の国旗を掲揚するのが何故悪いと日の丸をきちんと掲揚したそうです。私も占領下の国旗を見たことはありません(小学生でした)。多分、皆、金を払ってまでいやなものをということで無視したのでしょうか。
2012/08/09(木) 09:20 | URL | #-[ 編集]
No title
今日も勉強になりました、有り難うございます。
ポツダム宣言骨子、ほとんど気に入らないのですが、特に私が気にいらないのは6番目に書かれている文言です。
6.日本を世界征服へと導いた勢力を除去する。

何をふざけた事をと思いました、自衛の戦い(GHQ最高司令官であったマッカーサーも認めています)になぜ世界征服を導いた勢力が日本の中いるのですか?
で、ポツダム宣言を基に東京裁判(戦犯裁判)です。
この裁判を「野蛮人の首祭り」と評した人がいたとの事ですが、そのとうりだと思います。昔、蛮族というのがいた時、酋族間で争いが起こって戦う。
負けた方の首を携えて持ち帰り、屋根に並べて首祭りをやり、憎しみを晴らしたと伝えられています。

東京裁判も同じ事です、東京裁判の判決は、結論だけで理由も証拠も明確を欠いて、不条理な裁判であったと言う事です。
勝者は正義で負けた方は全部悪というわけです。
始から裁判前に政治的に決まっていたともいわれています。
パル判事が二年八ヶ月かけて昭和3年から昭和20年まで、18年間の歴史を調べ、綴っています。
それに、もともと国際法に戦犯裁判などの拠るべき法規は無い。

ならば戦犯という言葉すら存在しないという事です。
戦犯と呼ばれ処刑された方々の名誉、何としても回復して差し上げるべきです。
それには史実を知る必要があります。

私がもっとも悲しくて腹立たしいのは、日本を護る為に尽くした同胞の方々を、平気で戦犯と言ったり、書いたりするマスコミです。
どこの国に同胞を戦犯呼ばわりする国があります?怒り心頭です。
そのマスコミの皆さんの命も、先の戦いで命を捨て日本を護ってくれた皆さんのおかげなのです。現在の日本の状況も含め、もうそろそろ本当の事を報道されては?

よって、今直続くGHQ占領政策破棄、東京裁判無効。
2012/08/09(木) 07:43 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
誠にありがとうございました
ねずさん、いつも良い記事を本当にありがとうございます。

毎日、有難く読ませて戴いてますが、
今回のものはとりわけ、私にとって意義深かったです。

私は凡人ですが、凡人でも、頑張らねばならぬと思いました。
ありがとうございます。
2012/08/08(水) 23:21 | URL | 空満 #HlYXEWHA[ 編集]
東大法学部の廃止が日本再生への道!
ねず様、同意いたします。
ご指摘の「エリート」は東京大学法学部(頭狂大学阿呆学部)で量産されています。
京大・一橋・早慶中央であれ、難関とされる大学の法学部は
すべて東大法学部の亜流です。亡国の法思想は東大が源流なのです
東大そのものも弊害が多いので学部は廃止し大学院のみ残すべきですが、法学部に限っては大学院も認めてはなりません。亡国法思想はその源流から断たねばなりません。
なお先日のエントリーですが、取り上げていただきありがとうございました。
原爆を搭載したB29はテニヤン島基地を出撃する際、従軍牧師によってこう祈祷されたそうです
「神の名において悪魔どもを屠りたまえ」と。
何と我々の善良な祖父母は血塗られた白人キリスト教徒共に「悪魔」に
されていたのです。戦後米国は日本のキリスト教化を図りましたが
賢明な庶民は拒絶したため、知的階層の子弟の多い東大で布教しました
その結果東大は「反日的キリスト教徒」と「反日左翼」すべての草刈場となり現在に至っています。この大学が血税で成り立ち、国が年1000億円も投入しているのですから許しがたい話です。
雑感にて失礼いたしました。
2012/08/08(水) 22:56 | URL | 読者 #MAcqijD.[ 編集]
Re:ふたつの日本
ねずさん様

 ご説、真にご尤も、心から賛同いたします。
 ただ、これを推進できる政治家の出現に期待できるかどうかとなると甚だ心許ないことと言わざるを得ません。

 前門の虎および後門の狼ならぬ鵺の存在を充分認知し、日本という地にしっかり足場を決め、百年先を見通す見識を持ち、数ある政策の優先順位を決める判断力を持ち、諸策のバランス感覚に優れ、官僚を手足の如く巧みに使える腕力を持ち、自分の信念には生命を惜しまぬ胆力を持つ政治家ならば、多少の金銭欲と下半身のだらしなさには目を瞑ることが出来ると思うのですが、果たして平成の危機にこのような人物が現われるでしょうか。

 当面、中山恭子女史を日本初の女性宰相として推挙したいと思います。
彼女の物腰の柔らかさとは真逆の信念と行動力は、過去の実績からも推察出来るように、現今の男性議員に比べて群を抜いていると思っております。
 ここまで荒廃した国会では、中山恭子総理により、女性が過半数を占める閣僚で、新規巻き直しを図って欲しいと念願しております。
2012/08/08(水) 14:14 | URL | 野狐禅 #qauwC6GU[ 編集]
パクリの旗?
日本人で良かった 創価学会の旗の意味http://japan0609.blog40.fc2.com/blog-entry-89.html
三色旗の意味
http://www.phoenix-c.or.jp/~yucchi/soka/sansyoku.htm
三色鬼に要注意!
http://www.asyura2.com/0601/cult3/msg/189.html

ルーマニアの国旗と全く同じだが、旗の色の意味合いが違う。
創価はルーマニア国旗をパクってる?

2012/08/08(水) 11:23 | URL | イッケ #-[ 編集]
No title
日本のエリートは、偽エリートで全ての国の機関より公職追放するというところは、賛成ですが、
大日本帝国憲法の解禁ということは、大日本帝国憲法の復活ということだとおもいますが、現実は無理だとおもいます。
その一つは、人材論です。
大日本帝国憲法別名明治憲法ですが、あの当時、明治帝がおられ、明治の元勲がいたこそなりえた法律です。
仮の今の天皇陛下にそのような国家元首になっていただいたとしても、はたして、その臣下として今の時代に明治の元勲に匹敵するような人材がいるでしょうか。さらに言えば、今の天皇陛下に国家元首になっていただいたとすると、自衛隊の統帥権の問題がでてき、仮に他国と戦争になって負けた場合、こんどこそ、戦争責任が陛下に覆いかぶさり天皇家はなくなります。
2012/08/08(水) 09:27 | URL | 英 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

二つの日本

ねずさんの ひとりごと 二つの日本
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク