アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


初代知覧平和会館館長板津氏講演のお知らせ

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

富屋食堂のトメおばさんと6人の隊員
(左上が板津さん)
富屋食堂のトメおばさんと6人の隊員


皆様、猛暑の中多岐に渡るご活動お疲れ様でございます。
日頃より日心会の活動にご理解ご協力を賜りまして誠にありがとうございます。

暦は盆を迎え、子供達は夏休みの最中、等々何かとお忙しいとは存じますが
今回、元特攻隊員であり「知覧特攻平和会館」の初代館長もなさっていた板津忠正氏をお迎えして生のお話を伺います。

どうぞ、日心会中部ブロック勉強会に足をお運びください。

詳細は以下の通りです。

1 講師 板津忠正氏
  元特攻隊員  
  初代「知覧特攻平和会館」館長 
2 日時
  8月26日(日曜日)13時30分~16時

3 場所
  名古屋市中区
  中生涯学習センター第3集会室
  愛知県名古屋市中区橘1丁目7−11)

4 参加費
  500円

5 主催
  日本の心をつたえる会 中部ブロック


〈板津氏プロフィール〉

大正14年1月25日名古屋市昭和区に生まれ。
昭和18年10月に大刀洗陸軍飛行学校を卒業後台湾へ。

昭和20年に陸軍特別攻撃隊員となり、同年5月28 日に特攻の出撃命令を受ける。
出撃するも途中エンジントラブルにより徳之島海岸に不時着、知覧に帰還。

板津さんは「自分に命が永らえたのは自分にしかできない何かがあるからだ」との強い思いから、名古屋市役所で勤めながら、特攻で亡くなった多くの仲間の遺族を探出し、特攻慰霊とともに当時の状況を遺族に 説明する。

59年7月に要請を受け知覧特攻平和会館事務局長、61年新館建設と同時に初代館長に就任。
昭和63年に特攻で亡くなった全ての方の資料収集するために退職。

1995年、特攻で亡くなった1036名全員の遺影を集める。

★知覧特攻平和会館初代館長 板津忠正HP
http://www.itatsutadamasa.jp/index.html

★知覧特攻平和会館
 http://www.chiran-tokkou.jp/

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

元特攻隊員 板津忠正の証言 4of5



昨日の記事(【大爆笑大拡散】実はプールを泳いでいるだけだった!!と、大韓猿国)は、久々に4万件をこえる皆様のご高覧をいただきました。みなさまに大感謝です。拡散、よろしくお願い申し上げます。

【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会

【ご寄付について】
私の活動へのカンパは以下の口座にお願いします。

【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
関連記事

コメント
特攻隊員の心情を考えてみた
特攻隊については戦後、さまざまな推測、憶測、批判が出た。
そして生き残りの隊員の方々からもエンジン故障による不時着
などで部隊に帰還した際に卑怯者呼ばわりされたとか、書物で
読んだことが有ります。

いずれにしてもこの特攻作戦については巷間、いわゆる進歩的
文化人や知識人たちの認識は無謀で残酷で最悪の作戦であり若者
たちを無駄死にさせる何物でもないと言う批判が出ています。

しかしながら大東亜戦争末期で日本の情勢は矢玉尽き果てようと
しているときに、このまま座して死を待つか戦って死ぬかと言う
瀬戸際に追い詰められたときに(開戦を決意した時と同じ)軍人
として考えれば、これしか有効な手段は無かった訳ですから祖国
の防衛、ひいては父母、家族を守るためにと言う意気に燃えて
恐怖感など微塵も感じずに機上の人となって出撃したものと推察
しています。

特攻機、回天などの特攻作戦はミサイルの無い時代に人間の目で
確実に目標を捕まえて攻撃するまさに一発必中の作戦で有った訳
ですから戦況が悪化する状況の中では血気にはやる若い軍人たち
が我もわれもと志願するのは、当時としては当然の成り行きだと
思っています。

それを現在の価値観や感覚で批判するのはもってのほかであり
散華された英霊たちを侮辱するものだと思います。
当時、私は9歳でしたが17~18歳ぐらいになっていれば
当然、特攻隊を志願していただろうと思います。
2012/08/25(土) 17:17 | URL | terag3 #KVPRtAI6[ 編集]
知覧の思い出
7年前に行きましたが、移動の電車の中で、現金カード類、帰りの航空チケット引換え券やらの入った財布を落としてしまい途方にくれていましたが、
部活帰りの中学生が、わざわざ途中下車までしてくれて、届けてくれた駅が「喜入」でした。

知覧平和会館ヘは、7年ぶりに今秋行って、カメラ質入れまで覚悟していて、全く落ち着いて見ることができなかった会館を今度はじっくり見てこようと思っています。

鹿児島で「よろこびはいる」事がまたあればいいなと思いながら行ってきます。

ところで先日、TBSで深夜1時くらいから朝4時前まで各地方局の30代ディレクターがその人目線での「戦争と私」のようなドキユメンタリー短編番組を見ましたが、特攻を「テロ」と表現していました。なぜ「テロ行為」という表現が誰にも(局の制作局長又は部長)に指摘され改められなかったのか…
その内、日本には「正しい歴史認識にもとづく正しい用語」が使われなくなる恐ろしさを感じています。
2012/08/24(金) 02:03 | URL | よし #-[ 編集]
No title
【緊急拡散】人権侵害救済法案の閣議決定危機迫る!
本国会中9月にも提出か!

人権侵害救済法案 今国会で提出、閣議決定をすると8/23の国会で野田総理
公明党・東議員が質疑。
国民反対してるのに竹島、尖閣のどさくさにまぎれて
通すのか
http://www.youtube.com/watch?v=gplyZ6mdLQc
2012/08/24(金) 01:41 | URL | hehehe #-[ 編集]
No title
鹿児島の黒島という小さな島に特攻機が不時着し、島民は不時着し怪我した搭乗員を手当て、介抱し、小舟で本土に送り返しました。
介抱された搭乗員はお礼にとお菓子などを再特攻の際に黒島に投下して特攻されていったと言う話もあります。
自分も勉強不足で詳しい所までは知らないのですが、黒島では今でもそれにちなんでセスナ機から投下する行事が行われているそうです。
小舟で本土に送った方は今も存命で「本土に送ったことで死なせてしまった」と言っておられたと聞き、思わず涙が出ました。
2012/08/24(金) 00:52 | URL | 日本人で良かった #-[ 編集]
No title
やはり、帰化人で日本人では無いようです。

竹島・尖閣決議案に反対=社民
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012082300869

社民党は23日の政審全体会議で、李明博韓国大統領
の竹島上陸や中国人活動家の尖閣諸島上陸を受けた
二つの衆院決議案に反対する方針を決めた。重野安正
幹事長は会議に先立つ記者会見で「ちょっと刺激的、
挑発的で、国会で決議する内容ではない。
熱くなってけんかをしても良い結論は出ない」と述べ、
中韓両国との関係が悪化している状況で、領土に
関する決議を採択すること自体望ましくないとの認識を
示した。
会議では、赤字国債発行に必要な特例公債法案に
反対することも確認した。 (2012/08/23-19:39)
2012/08/23(木) 23:15 | URL | hehehe #-[ 編集]
No title
記事とは違いますが、
そういえば、日本の責任で無いのに金出している
こんな事業がありました。
「在サハリン韓国人支援共同事業」
こんなのソ連の責任なのはっきりしてるのに。
読むとびっくりしますが、韓国に金渡してるんですよ。

参考資料
“仕分け”されても何故か蘇った「鳩山・仙谷」案件
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/tachiyomi/20100114_1.html
2012/08/23(木) 22:36 | URL | hehehe #-[ 編集]
この方知ってます
わたしが高校生の頃、修学旅行で知覧の特攻記念会館に行きました。その時に説明をされた方が板津さんでした。「この特攻隊員の写真に写っているの、実は私なんですよ」たしかそう説明されていました。私が高校生の頃なので28年ほど前の話しです。ご健在と知って嬉しくなりました。
2012/08/23(木) 18:15 | URL | 靖 #-[ 編集]
No title
死を前に一点の曇りもない清らかな若者の笑顔、心が痛みます。
知覧特攻平和会館初代館長 板津忠正のHP、読ませて頂きました。

戦記物はよく読んでいます。
活字は同じですが、本と違った何かを感じました。
身を持って体験された方であるからこそ淡々と語られる言葉ひとつひとつに重みがあり、ただただ涙です。
特攻の方達の「さようなら」は生還の望みがない永遠の「さようなら」です。

駄目です・・後から後から涙が出てもうこれ以上言葉になりません・・・・。
ただ一人でも多くの方が参加され、散華された彼等の声なき声を感じてほしいと願っています。
2012/08/23(木) 17:02 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
東映創立50周年記念作品『ホタル』は 酷い内容でした。
2001年公開の降旗康男監督、高倉健主演の日本映画。東映創立50周年記念作品『ホタル』は
酷い内容でした。ねずさんのブログ「帰って来た蛍」とおお違いだと思います。映画の内容の批判
が wiki ホタル (映画) http://ja.wikipedia.org/wiki/ホタル_(映画)
にあり、少し腹の虫が収まりましたが、、、卑劣な連中です。
映画しか見てない人は酷く洗脳されてしまうかもしれません。

 長いですが、コピー&ペーストします。

批判

八木秀次によると、セリフや描き方に関する違和感を雑誌に書いたところ(「反戦映画に仕立てられたホタル」『諸君!』2001年9月号)、その一年後、それを読んだという朝日新聞社の幹部が「そろそろ話しても良い頃だと思う」と以下の趣旨の手紙を寄越したという。朝日新聞社は『ホタル』製作委員会のメンバーであり、その幹部は前もってシナリオに目を通すことのできる立場にあった。映画の中に鳥濱トメをモデルにした奈良岡朋子演じるところの富子に、特攻隊員を「殺したんだよっ」と絶叫させる場面がある。また、朝鮮出身の特攻隊員・金山少尉に「遺書に本当のことが書けるか」と言わせるシーンもある。前者は年若い特攻隊員を不憫に思って実の子供のようにかわいがり、戦後はその慰霊のために生涯を捧げた鳥濱トメの口からは出ることのない政治的メッセージに満ちた言葉であり、鳥濱トメの加害性すら強調したものである。後者は知覧の特攻平和会館に保存・展示されている特攻隊員の遺書すべてが虚飾と体面の集積と言わんばかりのものである。その幹部は映画の製作発表直後にそれに気づき、思い余って鳥濱トメのお嬢さんの赤羽礼子に事実確認の連絡を取った。シナリオの細部に目を通していなかった赤羽は驚き、すぐに東映に問い、その点を質した。その幹部も東映に掛け合い、「東映は酷い映画を作ろうとしていますね。まだご遺族も、特攻隊の生き残りの方も存命中です。ぜひシナリオを訂正すべきです」と進言した。やがて東映の枢要な立場の人から「趣旨は分かったのでなんとかしたい」と返事が来た。しかしその直後、「監督が一度フィルム・ラッシュを見て欲しいと言っているので、撮影所まで来てくれないか」ということになり、赤羽と幹部が撮影所まで出向し、問題の場面を見せられた。奈良岡朋子が絶叫するシーンはいつでも吹き替えができるように奈良岡朋子の背中が大写しになっており、それは「どうにでも致します」という意味であった。フィルム・ラッシュを見た赤羽と幹部は、「完成寸前にもかかわらず、東映が吹き替えの準備までしているなら、その誠意は分かった。決して認めるわけにはいかないが、裏方で携わった人たちの陰の苦労を考えて、あくまで東映のオリジナル・フィクションということならば、この件は以降『黙』とします」と述べて撮影所を辞去した。また、シナリオ段階の「遺書に本当のことが書けるか」というセリフは「検閲のある遺書に本当のことが書けるか」に改められていた。改悪であり、特攻隊員たちは遺書をしたためるに当たって検閲を想定し、建前を書いただけで決して本心は語らなかったということをほのめかすものであり、幹部はその意味に後で気づくことになるのだが、もう後の祭りであったという。

その上で、八木は、奈良岡朋子の後ろ姿が大映しになったシーンは、幹部が言うように吹き替えの用意ではなく、降旗監督が映画の本質的テーマを傷つけない範囲で譲歩したように見せるためのポーズであると批判している。その理由として、日本共産党の『前衛』で、『ホタル』に関して降旗監督の発言に触れた以下の文章をあげている。「彼ら(特攻隊員)の最後の日々を見とった食堂の女主人富子(奈良岡朋子)、彼女は年老いて食堂を引退することになり、町の人たちが感謝のつどいを開く。彼女は挨拶の途中、『あんな若い人たちを殺してしまった』と絶叫して、立ちすくみ、泣き崩れる。この『殺してしまった』という言葉は重要である。ここではそれを成すすべもなく、見送った自分への悔恨として語られているけれど、あの若者たちは『死んだ』のではなく、『殺された』というまぎれもない事実といや応なしに向かい合わされる。『殺した』最大の責任者こそ、小泉首相が参拝した靖国神社に合祀されたA級戦犯たちであり、あえていえば『日本の悲劇』が記録フィルムによって見せたように、天皇もまた特攻隊員をほめそやし、はげました責任を免れない。特攻隊の若者たちは『死んだ』のではなく『殺された』という地点から、初めてことの真実が見えてくる。降旗監督は講演会で『ホタル』の製作過程を率直に語った。最初は生き残った特攻隊員と死んだ特攻隊員、その婚約者という男二人、女一人の人間関係からスタートした。何とかして天皇の戦争責任をも描きたかったけれど、スタッフ全員の賛同を得られなかった。その結果、死んだ特攻隊員を朝鮮半島出身者とすることで『大日本帝国』全体の責任を問うことにしたという。(中略)『ホタル』は若い特攻隊員の死を悲しみ、悼む次元にとどまらず、大日本帝国が犯した加害の責任をもしっかりと視野に入れることになる」(映画評論家・山田和夫「日本映画は戦争をどう描いてきたか」『前衛』2001年11月号)。八木は、この説明から「殺したんだよっ」と富子に絶叫させるシーンが持つ政治性は明らかで、昭和天皇の責任をも含意したメッセージが込められた言葉であり、これは監督にとって絶対に譲ることのできない言葉であり、映画の構想の時点でもともと政治的イデオロギーがあり、むしろそれが出発点であって、特攻隊員や鳥濱トメはいわばそれを飾り立てる道具立てでしかなかったと批判している。八木は、降旗監督が揮毫した石碑が知覧の特攻平和会館前に立っているが、それはその会館に収められた遺書が検閲の結果のものに過ぎず、真実のことを書いていないものだと言い、会館や隣接する特攻平和観音のおおもとを作った鳥濱トメの実像を捻じ曲げた映画を撮った張本人のものであり、「自分がこの映画をに描いた特攻隊員と鳥濱トメの像こそ真実だ」とその解釈を独占しようとして特攻平和会館の前に陣取っているとしか思えず、「彼ら(特攻隊員)を冒涜する映画『ホタル』とそれを撮った降旗康男という人物に憤りを禁じえない」と述べている。
2012/08/23(木) 15:19 | URL | 白なまず #zs7ksgSA[ 編集]
No title
軍隊の戦術に決死はあっても、必死があってはならないと思います。
日本の特別攻撃隊は、全く勝ち目がなくなったときに始められました。
そして、特別攻撃隊を戦略として使うという、とんでもないことをしました。
玉砕という戦法を使う軍隊だからできたことかも知れませんが、常識を越えています。写真を見ていますと、笑顔の方々に日本人の国を思う心を見ることができたと感じます。

今の日本人が、大東亜戦争の終末期のような状態に陥ったとしたら、いかに日教組により弱体化が図られたと言っても、日本人は同じことができると思います。
理由は、東日本大震災のときの東京電力にあります。
菅首相が怒鳴ろうが、わめこうが、東京電力の幹部が避難しろと言っても、吉田所長以下の主要スタッフは、逃げなかったと思うからです。
これは逃げた場合に、不幸にして原子炉のメルトダウンが爆発的なものであると予測できるならば、最後の砦となる担当者は逃げないと思うからです。
菅首相は、逃げるなら追いかけると脅かしたそうですが、逃げるのは彼でしょう。首相退任時の往生際の悪さは、とても真似ができません。(やはり、4列目の男です。)

それから、宇垣中将はポツダム宣言受諾後に最後の特攻機として、彗星艦上爆撃機5機と共に出撃されましたが、この際の同行された方々は戦後、遺族年金を受け取れたのでしょうか?
崇高な意志と共に戦死をされた方を侮辱するわけではありません。日本の国は時々妙なこと(戦争で負けたとたんに、戦勝国の機嫌を一生懸命にとって、それまでの軍隊のプライドは何だったのかと疑問を感じることがあります。)をするので、それまでの特攻隊と同様の処遇があればと思った次第です。
2012/08/23(木) 14:38 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
8/19、昼頃、アメリカ、ラスベガスのアイスクリーム店に、日本刀を持った韓国系アメリカ人、Bong Kuk Pak (Steve Pak) が強盗に入り、店内で日本刀を振り回したところ、店員が持っていた銃により、射殺された。

http://www.lasvegassun.com/news/2012/aug/20/alleged-dairy-queen-robber-former-unlv-qb-arrest-r/
2012/08/23(木) 11:38 | URL | #-[ 編集]
中国・韓国に行ってはいけません

法も人権もなく、反日無罪の国です

罪を着せられ人質にされます

重罰・死刑にされる恐れもあります 

政界・マスコミ・芸能界・大企業、
教育現場・市民団体・宗教・・・
ありとあらゆる場所に潜伏する工作員、
スパイの存在にも注意が必要です

家族・親戚・友人・学校・会社・近所・ネット・ポスティング・・・
あらゆる場所で事実を伝えて広めていかないと大変危険です
http://www.youtube.com/watch?v=t47P2NmdFnc
http://peachy.xii.jp/korea/
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52875899.html
2012/08/23(木) 07:45 | URL | テロリストの資金源を断て! #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク