アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


日韓併合の真実と李承晩ライン

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

人種差別-1


今回お届けする記事は、久々の大作です。
400字詰め原稿用紙で40枚分、約1万6000字です。

内容は、日韓併合の真実と李承晩ラインについてです。
いま、竹島問題が争点となり日韓に亀裂が入っていますが、なぜそうなったのか、なぜそんなことが起こるようになったのか、その理由を探った記事でもあります。

それについては詳しいよとおっしゃられる方も、是非、ご一読してみてください。
これまで巷間語られてきた切り口ではなく、少し違った切り口で流れを見ています。

あまりこの件については詳しくないという方も、この日韓併合と李承晩ラインが、いまの竹島問題に直結している事柄なので、是非、ご一読願えればと思います。
きっと、目からウロコだと思います。

さて、本文です。


日本は「韓国併合に関する条約」に基づいて大韓帝国を併合しました。
明治43(1910)年8月29日のことです。
いわゆる「日韓併合」です。

ちなみに併合直後の明治44(1911)年の韓国の年間総予算は3,565万円でした。
韓国内からの税収は1,330万円です。たった三分の一しかありません。
足らない分は、全額日本から補充しました。
なぜでしょう?

日露戦争が終わってまだ6年です。
日本だって予算に余裕があったわけではありません。
にもかかわらず、日本はなぜ、韓国に莫大な財政を投下したのでしょう。

そもそも日韓併合自体、いくら韓国に望まれたとはいっても、併合するしないを決めるのは、あくまで日本です。
何も金食い虫となる韓国を、無理に日本が併合する必要はありません。
どんな事情があったのでしょうか。

朝鮮半島は1392年にはじまる李氏朝鮮によって、ちょうど約500年、支那の属国(冊封国)でいました。
当時の朝鮮半島は、文明は遅れ、人口のほんの一握りの貴族(両班)が、庶民(白丁)をまるで人間扱いしないで搾取していた国です。

産業も育っていません。
鎖国していましたが、輸出品は、封主国である支那への女性献上くらいです。
国は貧しく、人々に教育もなく、山々は禿げ山、民家や街中にはトイレさえなく、首都ソウルでさえ堪え難い臭気が町をおおい、李氏王宮の正面入り口の南大門の真ん前でさえ、浮浪者がたむろしていた極貧国です。
あまりの極貧国であるがゆえ、欧米列強による植民地としての対象にすらなっていませんでした。
極端な言い方と思われるかもしれませんが「不衛生な猿山以下」と思われていたのが、当時の韓国だったのです。

そんなエリアを日本が併合する。
理由として、ロシアや支那を牽制する軍事的意図という人もいます。
けれど、それなら日韓併合の必要はまったくありません。
現に、日清、日露戦争において、日本は堂々と韓国の領土に兵を進めています。
それに抵抗できるだけの武力も資金も兵力も、気力さえも、韓国にはなかったのです。

ですから、仮に韓国に併合を望まれたとしても、日本は軍事的に領有するか、保護国、保護領、従属国にすれば足りたのです。
あるいは植民地でも良い。
何ら投資など必要はなかったのです。

それは日本人のやさしさからだ、という人もいます。
たしかに日本人はやさしいけれど、無駄なことをするだけの余裕は、日本にはありません。
先ほども述べた通りで、日本はまだこの時期、日露戦争の戦費の償還をしていたのです。
財政に余裕はない。

にも関わらず、日本は韓国を「併合」し、さらに巨額の財政投下までしているわけです。
なぜでしょうか。

当時日本は、明治の開国後、またたく間に国力をつけた日本は、日清、日露の戦争にも勝利し、明治35(1902)年には、世界最強の海軍国である大英帝国と対等な同盟関係まで締結する国家となっていたというのは、みなさまご存知の通りです。

有色人種国家は、欧米列強の前にひれ伏し、植民地支配を受けるしかないという世界の常識の中で、唯一日本は有色人種国家でありながら、名実ともに世界の一等国仲間入りを果たしていました。

目の前でそうした状況を見せつけられたごく一部ながら韓国の知識人を自認するモノたちが、そんな日本に驚愕したであろうことは、簡単に察しがつくことです。
だからこそ、李氏朝鮮第26代国王の高宗は、支那の属国である李氏朝鮮国王から、明治30(1897)年に国号を「大韓帝国」と改めて独立し、自ら初代皇帝に即位して、朝鮮の独立と開国に踏み切ったのです。

そして韓国は、明治42(1909)年10月には、あくまで日韓併合に「反対」する伊藤博文を暗殺しました。
これは安重根の単独犯にしては、いささか荷が重い話です。
韓国が、国をあげて、「日本の総理を暗殺してまで」、日本との併合を望んでいた、ということです。

現に、伊藤博文暗殺の一ヶ月後、喪が明けるのを見計らって、韓国国内に当時あった最大与党の一進会が、「韓日合邦を要求する声明書」を出しています。
この声明は、「日本と韓国が対等な立場で合併することで、新たにひとつの大帝国を作るべきである」という内容です。

しかしこの声明は、世界の嘲笑をかっています。
なぜなら当時の日本と韓国は、国力に雲泥の差があったからです。
日本と対等に合邦するということは、日本と同盟関係にある英国とも「対等な関係」を形成することになります。
文化もない、教育もない、産業もない極貧の有色人種国が、いきなり欧米諸国と「対等」な合邦を申し出る?
失笑をかうのは、あたりまえのことです。

しかしこのことがきっかけとなって、列強諸国から、「日本に韓国の面倒をみさせるべし」という声がではじめます。
ものの本によっては「韓国から合邦を望まれた日本が、諸外国にお伺いをたて、諸国の了解のもとに日韓併合を行った」というような記述をしているものがありますが、逆です。

どういうことかというと、これには少しばかり当時の世界についての説明が必要かもしれません。
現代の価値観と、当時の価値観が大きく異なるからです。

当時の世界は、欧米の白人国家が有色人種を支配するのが「常識」とされいた時代です。
国力のある国家が、そうでない国家を支配する。
それがあたりまえだったのです。

理由は、ひとことでいえば、宗教上の理由といえるかもしれません。
以前にも何回か述べたことですが、もういちど復習すると、
白人社会の伝統的価値観(宗教観)においては、この世は「」と「」と「」によって構成されています。
「神」は唯一絶対の存在であり、「人」は神の子です。

神の子である「人」は、神との間に交されたルールを守らなければなりません。
ルールを守るから「人」なのです。
ルールを知らない、あるいはルールを守れないモノは「人」ではない。

「人」でないモノは「獣」です。
たとえ人の姿をしているかどうかは関係ありません。「獣」は「獣」です。

バンパイヤ(吸血鬼)やリカント(狼男)は、人の形をしています。
けれど人間の勇者によって片端から殺されます。
バンパイヤやリカントは、いくら殺しても罪にはなりません。
なぜなら人の姿をしていても「獣」だからです。

「人」は、牛や豚を殺して食べます。
それは牛や豚が「獣」だから許されることです。
「人」を殺せば殺人罪ですが、「獣」を殺した「殺獣罪」というのは、世界中、どこを探してもありません。

そして西欧的ルールを守れないモノは、人の姿をしていても「獣」です。
ですから異教徒である有色人種は「獣」です。
「獣」は、「人」に危害を及ぼすならいくら殺しても構わない。
危害を加えない獣は、蜜蜂と同じで、飼いならして「家畜」にします。
そして使役して果実を作らせる。
できあがった果実は、「人」のものです。

そうした考えが、国家レベルになったものが「植民地支配」です。
つまり「植民地」は、神の子である白人種(人)が、人でない「獣」(有色獣)を、国家規模で飼いならして使役する社会制度です。
そして西欧では、古代フェキニアの時代から、これが常識です。

植民地でなく、保護国、保護領、従属国にするという選択もあります。
これも家畜を保護して従属させ、使役するという延長線上にある考え方です。

私達現代の日本人は、有色人種であっても、自分たちは「人」であると信じて疑いません。
ですからこのような説明をしてもわかりにくいかもしれません。

けれどそんな私達も、魚を釣ります。鰻(ウナギ)を養殖します。
そして魚を釣って殺して食べても罪になるとは誰も考えません。
ウナギの人権など、おそらく誰も考えたことなどないと思います。
要するに人でないということは、魚やウナギと同じ、ということです。

こうした有色人種を「獣」として使役するという考え方は、ヨーロッパにおいては古代からの、ごく一般的な思想です。
15世紀にはじまる大航海時代において、人が遠くアフリカや南米に出かけて行く。
その国の原住民を殺して金銀財宝を持ち帰る。
それが罪にならなかったのは、その国の原住民が「人」ではなく「獣」とみなされたからです。

そうした考え方が、まさに「常識」とされていた時代に、有色人種でありながら、唯一「人」として認められたのが日本です。

「人」と「獣」の違いは、ひとことでいえば、人としてのルールを守れるか否かです。
日本は、古来の伝統的武士道に基づく道徳観にさらに磨きをかけ、これを国民的共通観念とし、さらに教育によって西洋人以上に約束を守り、勇敢で、高潔で、人としての尊厳を保つ民族、国家、人種として、日本社会を構築していったのです。
そしてその努力があったからこそ、日本民族は、ルールを守れ、勇敢で高潔で勤勉な民族として、西欧社会に受け入れられました。
「獣」としかみなされない有色人種が、白人種の中でも最強とされた英国と対等な同盟関係を結ぶには、日本人の国をあげた努力が根底にあったのです。

ところが、お隣の韓国は、自らを何も律することなしに、また何の努力もすることなしに、日本に対して「対等な合邦」と言い出したわけです。
これはまさに、人として国家としての「ルール」をまるでわかっていない、つまり自ら「獣」宣言をしたようなものにしかなりません。ルールがわからない、理解できないということは「獣」である証だからです。

日本は困りきったし、西欧諸国は涙を流して笑い転げます。
あたりまえのことです。

結果、欧米諸国は、日本に「韓国の面倒をみてやれよ」といい出します。
「野良犬(もしくは猿?)が、君のとこに妙になついてしまったのだから、まあ、面倒くらいみてやりなさいな」というわけです。

一方日本は、世界でただ一国「有色人種も人である」と必死に主張していた国です。
その有色人種のお隣の国が「オイラ、獣です」と世界に向けて宣伝したわけです。
有色人種が「獣」なら、日本人も「獣」になってしまう。
そうなれば、明治の開国以来の国をあげての努力が、ぜんぶ水の泡です。

米英露伊仏独は、それぞれに日本に韓国支配を迫りました。
日本は欧米との外交上、韓国の面倒を見ざるをえない方向に追い込まれてしまったのです。

やむなく日本は、韓国の面倒をみることにしました。
本来なら、植民地か、保護国、保護領、従属国にするだけでも足りるのです。
そもそも当時の国際的常識では、韓国は「人の国」ではないのです。「猿の国」です。

けれど、日本が「有色人種は人である」と主張するなら、朝鮮半島に生息する猿も同じ「人」となります。
ならば日本は、韓国を対等に遇しなければなりません。
そして韓国の中味が「獣」でしかないなら、なんとか教育して「人」に仕立て上げなければなりません。

こうしてできあがったのが、明治43(1910)年8月の「日韓併合」であったわけです。

韓国を併合した日本は、韓国内に古くからある不条理な刑罰や牢獄制度を廃止させ、韓国内に八つあった言語を統一し、半島内に五千二百校に及ぶ小学校を作り、二百三十九万人を就学させ、道路をつくり、鉄道を敷設し、上下水道を整備し、路上での大便を禁止し、病院をつくり、電気を引き、ビルを建て、道路を拡張整備して、韓国の近代化をいっきに押し進めました。

それらすべては、日本が、韓国民を世界に認められる立派な「人」に育てようとした努力の数々だったわけです。

ところが韓国人は、こうした世界の趨勢をまるで理解できない。
とりわけかつての李氏朝鮮時代の支配層であった両班で、両班であることによる特権意識の強かった者は、日本に支配されることを快しとしませんでした。
対等な合邦であること自体が我慢できなかったのです。
むしろ、我が朝鮮民族こそ上位にある、などと考えていました。

みなさん、自分でいくら「私は偉い人」だと思っていたとしても、偉いか偉くないかは、周りの人々が決めることです。
そして家柄がどうあれ、周囲の尊敬を集め、対等なおつきあいを望むなら、しっかりと人間社会のルールを守る立派な大人にならなければ、誰も相手になどしてくれません。
ましてや、猿が背広を着て「私は偉い」などと尊大ぶったところで、なんのハッタリにもなりません。
周囲にいるのは、欧米列強という圧倒的な武力を持ち、世界をリードしている先進諸国なのです。

ちょっと考えれば誰だってわかりそうな、こうした簡単な理屈が、目が曇った者にはわからない。
産まれてこの方、風呂に入ったこともなく、糞尿垂れ流しで着替えの習慣もなく、女性には名前すら与えずに両方の乳房を露出させるという悪趣味の未開の野蛮な猿人が、いきなりパリの一流ホテルに現れて、我々を西欧貴族と同一に扱えと主張したところで、警察に逮捕されるのがオチです。あたりますぎるほどあたりまえの話です。

西欧貴族と対等にお付き合いしたいなら、それなりに我が身を律しなければならない。
そんなあたりまえのことが、まったく理解できなかったひとりが、後に韓国の初代大統領となる李承晩です。
李承晩の家は、没落両班の家系です。
たまたま近所に、米国人のプロテスタント系教会ができ、少年時代の彼は、そこで米国人宣教師から、英語を学びました。
その縁で、大韓帝国皇帝の高宗王が韓国近代化のための学徒として明治三十七(1907)年、国費で学生を渡米させることになったとき、李承晩は、そのなかのひとりに選ばれています。
きっと、優秀な若者だったのでしょう。

その優秀な若者は、東洋からきた栄えある学徒として、渡米したその日、米国大統領のセオドア・ルーズベルトと謁見の栄誉を得ました。
これまた李承晩にしてみれば、自尊心をくすぐられる誇り高い出来事だったことでしょう。

ルーズベルトの前に出た李承晩は、その場で米大統領にあてた「韓国への援助を求める請願書」を大統領に渡そうとします。
韓国の国書ではありません。
あくまで李承晩個人の「請願書」です。

ルーズベルトはにっこり笑うと、李承晩にやさしくこう言いました。
「君、こういうものは、公式のルートをちゃんと通すものですよ」

ルーズベルトにしてみれば、そんな人として、国家として、組織として、最低限のルールさえわきまえない東洋の尊大な留学生は、さぞかし滑稽な「獣」に見えたにちがいありません。

李承晩は「頭の良い」学生であったのだろうと思います。
この後米国に滞在した李承晩は、ジョージ・ワシントン大学、ハーバード大学に学び、明治43(1910)年には、プリンストン大学で政治学博士号を取って卒業しています。

ただ最近、とみに思うのですが、学校の成績がどんなによくても、人としてのルールやたいせつなこと、あるいはアイデンティティを身に付けない者は、結局は人の道を踏み外すように思います。
いい例が、かつてのオウムの幹部たちであり、近いところでは鳩ポッポも同様です。
頭はいい。けれど、肝心なところで、道を誤る。
昔の人はうまいことを言ったものです。
「頭の毛が三本足りない」

さて、ブリンストン大学を卒業した李承晩は、意気揚々と韓国に帰国します。
ところが祖国韓国で李承晩を待ち受けたのは、「日韓併合」という現実でした。

曲がったナショナリズム(両班最高!)に染まった李承晩にとって、この現実は受け入れがたいものだったのでしょう。
彼は翌年、寺内正毅朝鮮総督の暗殺計画に加担し、露見して投獄されています。
国費で留学の栄誉に服した韓国の英雄は、一夜にしてただの犯罪者となってしまったのです。
翌年出獄した李承晩は、米国に亡命します。そしてハワイのホノルルに居を構えて、そこを拠点に李氏朝鮮時代を賛美するファンタジーを細々と書き続け、朝鮮独立運動家としての行動を続けています。

一方、その韓国では、大正8(1919)年3月に、初代大韓帝国皇帝の高宗が逝去しました。
この葬儀を前に、韓国にあった天道教という宗教団体が、ソウル市内の中心部のパゴダ公園(現タプコル公園)で朝鮮の独立宣言を読み上げることを計画しました。

本来はわずか33人の小規模な集会でしかなかったのですが、そこに数千人の学生が集まり、口々に韓国独立を唱えて、デモ行進をはじめたのです。

このデモは、その後五月にかけて合計1542回も行われました。
参加延べ人数は205万人です。

もっというとこのデモは、昨今日本国内で行われているような大人しいものではありません。
むしろ暴徒です。
暴徒団は、警察署や役場を襲撃し、生徒達が授業を受けている小学校にまで押し寄せて、投石、放火、破壊、暴行、強姦、虐殺を繰り返したのです。
いいですか?小学校を襲い暴行、強姦をしたのです。
それが何を意味するかわかりますか?

死傷者は2万人を超えています。ひどいものです。これが「三・一暴動」と呼ばれるものです。

この暴動は、やがて鎮圧され、暴動の原因をつくった天道教の幹部達も逮捕されました。
日本は、特別な弾圧のようなことはしていないのですが、この後、日本が大東亜戦争終結によって韓国を撤収するまで、韓国内では、このような反日、反政府デモは起きていません。
日本の統治によって社会が安定し、経済が目に見えて発展して行く姿を、韓国民達が目の当たりにしたからです。
そして何より、新たに覚えた糞尿にまみれない清潔な暮らしに、多くの民衆(猿)がしっかりと馴染んで行ったのです。

日本は、韓国を日本の領土、日本の一部としました。
当時の韓国は、日本の九州、四国、北海道と同様、同じひとつの日本であったのです。
そして36年間の日本の統治によって、朝鮮半島は人口が2倍となり、24歳だった平均寿命は、60歳にまで伸び、家畜として国母(皇太子の生母)ですら名を名乗ることが許されなかった女性にも、全員名前が付けられて人間としての扱いをうけることができるようなり、近代国家としての体裁をひとつひとつ整えて行ったのです。


そうした韓国に再び変化が訪れたのが、終戦です。
終戦の年の10月に韓国に帰国した李承晩は、韓国の初代大統領に就任しました。
大統領というと、わたしたち日本人は、米国大統領のような法的な存在を想像しますが、李承晩の目指した韓国大統領は違います。
大統領とは名ばかりで、その実体は李氏朝鮮王朝の皇帝です。
すなわち猿山のボス猿です。

そして李承晩は、大統領に就任するとすぐに、韓国内で言論の取締を行っています。
すなわち、市内で「日本統治時代のほうがよかった」「いまの政治はおかしい」と発言しただけで、全員その場で逮捕、投獄し、厳しい拷問を加えた挙げ句、殺害してしまったのです。

こうして逮捕された政治犯は、李承晩が大統領に就任した最初の二年間だけで、日本統治36年間の政治犯の総数をはるかに上回るものとなりました。

そして李承晩は、身勝手な我がままで金日成を追い込み、朝鮮戦争を引き起こすと、自分だけはサッサと前線から逃亡し、その逃亡途中で、武器さえも持たない韓国の一般市民を、北朝鮮のスパイだと一方的に決めつけ、韓国民20万人以上を殺害しています。

みなさん、朝鮮戦争による死傷者の数はご存知でしょうか。
韓国軍将兵が20万人です。米軍が14万、その他連合国軍が22万、北朝鮮軍が29万、中共軍が45万です。
加えて、民間人死傷者数は、韓国側133万人、北朝鮮側が250万人です。
合計で、なんと500万人を超える死傷者を出した戦いが朝鮮戦争だったのです。

ちなみにこの戦争で米軍が投下した爆弾の総重量は約60万トンです。
これは大東亜戦争で米軍が日本に投下した爆弾の総重量の4倍です。
朝鮮戦争が、いかに泥沼的殺戮戦だったのかがわかろうというものです。

そして朝鮮戦争が行われた期間は、昭和25(1950)年6月25日から、昭和28(1953)年7月27日です。
これをみたら、ピンとくる方もおいでになるかもしれません。

そうです。
日本がサンフランシスコ講和条約を締結したのが昭和26年、施行されたのが昭和27年4月です。
まさに、朝鮮戦争の最中の出来事だったのです。

ここまでくると、なぜ米国がサンフランシスコ講和を急いだのか、理由が見えてきます。
米軍を筆頭とする連合国は、あの悲惨な朝鮮戦争に、世界最強をもって鳴る日本軍を再生させ、参戦させようと急いだのです。

ところがときの総理の吉田茂首相は、そうした米国等の思惑を見抜き、占領統治憲法に記載された事項を盾に、言を左右にして日本の再軍備と参戦を拒みました。
まだ戦後の傷跡の癒えない日本が、泥沼化した朝鮮戦争に加担させられることを防いだのです。

そして米国は、翌年、当事者である韓国李承晩大統領の「あくまで戦う」という意向を無視して、韓国の頭越しに北朝鮮と休戦協定を締結しています。
米国が日本の参戦をあきらめたからです。

サンフランシスコ講和条約発効によって、占領統治憲法はその役割を失い、大日本帝国憲法が復活するというのは、私の持論です。
理論的には、そうなります。
なぜなら、GHQによる占領統治期間というのは、戦争状態を意味し、サンフランシスコ講和条約でその戦争状態が終わったからです。
この間、戦争をしていたのは占領統治領日本ではありません。大日本帝国です。
従って講和条約の当事者は大日本帝国であり、講和条約発効の時点で大日本帝国が復活していると考えるのが妥当な考え(理屈)です。

ただし、同時に私は、当時吉田茂首相が、あくまで占領統治憲法(現:日本国憲法)を盾にとり、日本の再軍備による朝鮮戦争参戦を拒んだ、その決断を正しいと思うし、心から感謝したいと思っています。
なぜなら、もし日本が朝鮮戦争に参戦していれば、戦いは勝てたかもしれないが、間違いなく多くの日本人の若者の命が奪われたであろうことは、間違いないからです。

その若者たちとは、昭和20年から昭和30年くらいまでの間に、結婚適齢期にあった若者達です。
つまり、いまの団塊の世代が生まれた前後の時代に、結婚適齢期にあった若者達です。
つまり、その時代の日本人の若者の命が多く奪われたとなれば、いまの団塊の世代とそれに続く何年かの世代の人たちの多く、この世に生まれていないし、私もこの世に産まれていない。

その意味で、私達は吉田茂首相、重光葵外相に、やはりまずは感謝しなければならないと思う。
なぜなら、私達がいま生きているのは、この二人が日本の朝鮮戦争参戦をあくまで拒んでくれたからです。

もっとも、それから60年も経過した今日、朝鮮戦争時に意図的に曖昧にした憲法を、もう見直すべきというのも、事実も、これまた当然の事実です。


さて、朝鮮戦争の苦戦によって、日本に再軍備させることを急いだ米国に対し、日本の参戦をあくまで拒もうとする李承晩が行ったことがあります。
それが、日本の竹島に対する一方的な軍事占領と、海洋領海線を一方的に拡大した李承晩ラインです。

竹島の占領は、昭和26(1951)年7月のことです
実はこの2年前に、李承晩は対馬の領有宣言を行っています。
しかし、これは日米両国はおろか、連合国諸国から完全に無視されています。
「猿が何かわけのわからんことを言い出した」くらいの評価だったのです。

ところが、竹島に関しては、李承晩は強引でした。
時は、ちょうど米国がサンフランシスコ講和条約の草案を起草していた当時のことです。
李承晩の読みはおよそ次のようなものでした。

1 日本が参戦する
 ↓
2 日米という最強の取り合わせで北朝鮮と戦う
 ↓
3 当然日米連合が勝つ
 ↓
4 この場合、韓国李承晩政権と北朝鮮金日成政権はどちらもこの世から消滅する。
 ↓
5 朝鮮半島は再び日本の領土となる


政権の危機感を募らせた李承晩は、米国政府に対して要望書を提出しました。
内容は、
(一)日本の在朝鮮半島資産の韓国政府への移管
(二)竹島、波浪島を韓国領とする要求
です。

(一)は、すでにそうなっているものです。
何の問題もありません。むしろ「いまさら何?」という程度の問題です。
ところが(二)は、すでにGHQが日本統治時に決定した領海線であるマッカーサー・ラインを否定するものです。
これは米国にしてみれば、迷惑な要望でしかありません。
ただでさえ李承晩の我がままに乗ったばかりに、米国は米国の青年たちの命を、朝鮮半島で損耗している最中なのです。
そしてなんとか日本を参戦に導こうと水面下でコツコツと努力している最中に、この李承晩の提案は、邪魔なものでしかありません。

激怒した米国は、翌月には在朝鮮半島の日本資産の移管は認めるが、それ以外の要求は「一切認めない」という、外交文書としては異例の厳しい内容の書簡を李承晩に送りつけます。
これが「ラスク書簡」です。

そして「ラスク書簡」の一ヶ月後の昭和26(1951)年9月8日、日本との間にサンフランシスコ講和条約が締結され、翌年4月28日、この条約が発効しています。

ところが、です。
要望書を袖にされた李承晩は、おもしろくありません。
というより、地位を失うことが怖かったのかもしれません。

李承晩は、サンフランシスコ条約が発効となる三ヶ月前の昭和27年1月8日に、突然、日本との国境を一方的に定めた「李承晩ライン」を取り決めたのです。

これに一番驚いたのは米国です。
朝鮮戦争の最中なのです。
なんとして強兵で知られる日本軍を参戦させようと水面下で努力していたのに、日本に協力をもらうべき韓国が、日本にいきなり喧嘩を売ったのです。

米国にしてみれば、これではすべてが台無しです。
サンフランシスコ講和条約自体の意味がなくなる。

どう対策しようか迷う米国に対し、李承晩は、カウンターパンチが効いたと思ったのでしょうか。
さらに追い打ちをかけます。
同月27日に、「李承晩宣言韓国政府声明」を発表したのです。

この声明で李承晩は、李承晩ラインは「国際法において確立された」と一方的に宣言します。
そんなことをすれば、日本は怒るにきまっています。
そして日本が怒れば、米国の朝鮮戦争に日本を参戦させようという目論見は、総崩れになる。

米国は、ここへきてようやく事態を重く考え、李承晩に、
「サンフランシスコ講和条約によって竹島は日本領である」
「李承晩の一方的な宣言は、国際法上違法である」
と韓国政府に伝達しています。

そしてこれに対する李承晩の回答が、韓国官憲による日本人漁船の拿捕と、竹島の軍事占領だったのです。
実にとんでもない話です。

李承晩ラインは、朴大統領によって廃止されるまでの13年間継続しました。
その間に拿捕された日本の漁船は、328隻にのぼります。
そのなかには、韓国が、韓国漁船を装った船で日本漁船に近づき、まるで騙し討ちのように銃撃して拿捕したケースもみられます。実に卑怯極まりない方法です。

そして日本人3,939人が韓国に抑留され、44人の日本人船員が殺害されました。

韓国に抑留され釈放されたときの日本人船員
韓国に抑留された日本人船員-1


写真にあるのは、ようやく解放されて帰国した日本人漁民です。
ガリガリに痩せ細った体、腫れ上がった顔、全身が打撲と裂傷で紫色に変色しています。
あまりにも酷い仕打ちです。

李承晩が行った非道はそれだけではありません。
一方的に領海線を敷いた彼は、一緒に朝鮮戦争を戦ってくれている米軍にも内緒で、勝手に竹島に兵を入れ、これを軍事占領してしまたのです。
あきれ果てた行状です。

もっとも、李承晩のこうした暴挙を、日本政府は上手に活用させてもらっています。
すなわち韓国の日本に対する暴挙と、日本に与えられた日本は軍事力を持たないという占領憲法を盾に、朝鮮戦争への参戦を拒んだのです。

血を流して韓国のために戦ってくれている米国に対し、あまりにもあきれ果てた韓国の行状は、結果として米国内の朝鮮半島への執着を捨てさせました。
このことが、日本の朝鮮戦争参戦拒否を上手に促進してくれたという側面は否定できません。

まだ大東亜戦争の傷跡の癒えない日本は、国際戦争に駆り出されるより、日本国内の復興を優先させることに成功したのです。
また、韓国に拉致された被害者の漁船員たちについては、米軍に依頼して、都度、日本への返還を要求し、船員達をもらいうけています。

これは明らかな日本外交の勝利といえる反面、サンフランシスコ講和の時点で本来破棄すべき占領統治憲法(現・日本国憲法)を温存するというマイナス面を残して現在に至っています。

他方、李承晩の暴挙によって、せっかくの講和後も日本の参戦を棒に振った米国は、あくまで北朝鮮との戦いの継続を望む李承晩を無視して、彼の頭越しに北朝鮮との休戦協定を結びました。
これが昭和二十八年七月二十七日の出来事で、以来、朝鮮半島は北緯三八度線を境に北と南に別れています。

「頭越しに」というのは、たいへん重要なファクターです。
要するに、米国は、この時点でもはや韓国を共に戦うパートナーとみなしていなかった、ということだからです。

一方、この休戦を不服とした李承晩は、韓国内に収容した敵軍の捕虜を国内で何の脈絡もなく全員釈放して放逐するという暴挙に出ています。
放逐された捕虜たちは韓国各地で事件を起こし、多くの韓国民に惨事を招きました。
米国政府は、この李承晩の勝手な行動に猛抗議をしています。
が、あとの祭りでした。

こうして大統領というよりも、まさに暴君としての専制政治を敷いた李承晩でしたが、彼の専横政治がようやく倒れたのは、昭和三十五(1960)年になってからのことです。
韓国国内で民衆による李承晩打倒デモが起こったのです。

韓国全土に広がったこのデモは、一八六人もの死者を出し、ついに駐韓米国大使のマカナギーが李承晩を訪れて、大統領を辞任しなければ、米国は対韓経済援助を中止するとまで通告します。

みなさん、これが何を意味するかわかりますか?
これは米国による明らかな、たいへん露骨な「内政干渉」です。
この時点で米国は、韓国をすでに「国家」としてみなしていなかった、ということです。

国家ではなく、未開の蛮族であれば、その蛮族の自治は、基本的に未開の蛮族に任せるのが原則ですが、状況に応じては国家は蛮族の平和のために、必要な干渉をしなければならない。
それが世界の常識です。
ですから、米国のこの通告は、内政干渉ではなく、国家が蛮族に行う当然の処置でもあったのです。

すこし補足すると、ラスク書簡、その後の通告、そして朝鮮戦争の休戦。
朝鮮戦争は、38度線で「休戦」していますが、これは、
「韓国が北朝鮮と休戦」したものではありません。
「米国が北朝鮮と休戦」したのです。
韓国があくまで戦争継続を主張する中で、米国が「勝手に」休戦協定を締結してしまったのです。
ですから、朝鮮戦争の「休戦」は、韓国と北朝鮮の「休戦」ではなく、「米国と北朝鮮」の休戦であり、韓国はいまだ「戦争中」です。
にもかかわらず、米国は韓国に戦闘行為の継続の停止を要求しています。
そして後年、李承晩の大統領継続も、拒否しています。
つまり「内政干渉」です。

こんなことが公然と行われたということは、すでにこの時点で米国は韓国を「人の国家」とみなしていなかった、ということです。

米国に見放された李承晩は「行政責任者の地位は去り、元首の地位だけにとどまる」と発言しました。
これがまた韓国民衆の怒りを買います。
民衆が求めたのは、李承晩の政権の追放だったからです。

パゴダ公園にあった李承晩の銅像は、暴徒と化した民衆によって引き倒されました。
韓国国会は全会一致で、李承晩の大統領即時辞任を要求しました。
ここにいたって、李承晩体制は、ようやく終止符がうたれます。
そして李承晩は養子にとった息子まで自殺するなかで、ひとり米国に逃亡し、九十二歳までしぶとく生き延びています。

李承晩自身は失脚しますが、残念ながら韓国の法律に組み込まれた「李承晩ライン」は、その後も維持されました。
ようやくこれが廃止されたのは、昭和三十一(1956)年に軍事クーデターを起こして、韓国内に新政権の朴正煕大統領が誕生してからのことです。

日本の陸軍士官学校を卒業し、親日家であった朴正煕大統領は、昭和四十(1965)年六月に日本との間で「日韓基本条約」を締結し、李承晩ラインを廃止しました。そして日本の経済援助を得て、韓国内の産業振興を図り、結果韓国は「漢江の奇跡」と呼ばれる経済の大発展を遂げたのです。

ただ、この日韓基本条約において李承晩ラインは廃止となったものの、竹島については、当時の日韓両国において「争いの余地のない日本の領土」という認識のもとで、特段の取り決めがなされませんでした。
このため、いまだに竹島が領有をめぐっての日韓の火種となって残っています。

さて、私達日本人は大統領という名前を聞くと、米大統領のような法治主義の代表者というイメージを持ちます。
けれど韓国における大統領は、未開の野蛮族の王様です。
絶対君主であり、君主は民衆の幸福より君主の身の安全を優先します。
李承晩はまさにそのために反日侮日工作を行ったし、昨今の李明博もそのひとりです。

そしてその韓国の反日侮日の原点となっているのが、韓国の初代大統領李承晩の蛮行にあります。

ひとつ申上げたいことがあります。李承晩は(いまの韓国もそうですが)、李氏朝鮮時代をまるである種の「理想国家」として描いている点です。
その「東洋の理想国家李氏朝鮮」を打ち壊し、破壊したのが日本だというわけです。

けれど、この路線を敷いた李承晩は、その李氏朝鮮王朝について、何ら畏敬の念も尊敬の念も敬愛の情も持っていなかったことは、以下の事実が証明しています。

どういうことかというと、李承晩は、李氏朝鮮王朝の正当な血を引く李氏朝鮮の皇族の韓国入国を拒否しているのです。
日本は戦前、朝鮮を統治するにあたって、李氏朝鮮王朝の最後の皇太子である李垠殿下を、日本の皇族と同じ待遇として日本に招いています。
その李垠殿下は日本の陸軍中将として軍事参議官まで勤められました。

李承晩は、その李垠殿下を、事実上の国外追放状態にしたままにしました。結局李垠殿下は、日本で生涯を質素な公営住宅で過ごされ、亡くなられたときも公営住宅内の集会所でひっそりとした葬儀がとりおこなわれています。
このとき韓国政府からの出席者は皆無です。
皆無、皆無です。
日本からは三笠宮崇仁親王殿下がご出席賜われました。
その様子に参列した全員が涙を流しています。

要するに李承晩には、李氏朝鮮時代への憧憬などまるでなかったわけです。
あったのはただの妄想であり、彼はその妄想を自己の権力の拡大に「利用」しただけ、ということです。

ところが、多くの韓国民が、そのくだらない妄想からいまだに抜け出せないでいる。
「建国の妄想どこまでも」というわけです。

しかし、その妄想のおかげで何が起こったか。
500万人の命が失われ、いまもまだ朝鮮戦争は続いているのです。

さて、最近、私は思うことがあります。
それは、結局のところ、かつての白人社会における「ルールを守れないモノは『人』ではなく『獣』である」という考えは、正しい考えだったのではないか、ということです。

李承晩の非道、金日成の非道、中共政府の非道、そして昨今の李明博韓国大統領の陛下に対する侮辱発言、さらにはロンドン五輪における「スポーツでさえもルールを守れない民族」。。。

そうしたものを目の当たりにするにつけ、かつて日本が「獣」を「人」とするために、財をかたむけてまで懸命に努力したことが、結果として何の役にもたっていない。
いないどころか、むしろいまだに彼ら「獣人」たちは、世界に害毒をまき散らし続けています。

日本では何の報道もされていませんが、すでに国際社会においても、「獣はやはり獣でしかない」という解釈が主流になりつつあるといわれています。
日本も、戦前から続く「人は人である」という考えを、そろそろ改めなければいけないのではないかと思うのです。

韓国人が、自分たちは「獣」ではない、と思うなら、自ら努力してルールを守る「人」になれ。
できないのなら、日本はこれ以上、彼らと国交を交える必要はないし、国内にいる「獣」に生活保護金など与える必要もない。

日本人は、しっかりと歴史の真実を見据え、戦後にねじ曲げられた歴史から、真実の歴史を取り戻さなければなりません。
同様に心ある韓国の人々も、一日もはやく、歴史の真実から目を覚まさしていただきたいと思います。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

韓国併合・劇的ビフォーアフター


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会


関連記事

コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/01/05(日) 15:37 | | #[ 編集]
ひどすぎます
現在における朴クネ大統領の反日発言は、この李承晩の妄想と暴走から来るもので、いまだそこから抜け出せていないことがよくわかりました。
韓国は自分の悪事を認めて、日本に土下座するべきだ!「100倍返しだ!」
2013/10/13(日) 12:03 | URL | マジカルアイ #t50BOgd.[ 編集]
No title
子を持つ親になって感じることがあります。その性質、行動、思考までが子に伝わっているのです!決して躾や環境による人格形成の結果ではないと、DNAにここまで仔細な情報が含まれているのかと驚くことしきりです。
優秀な警察犬の資質は父犬からしか伝わらないと聞いたことがあります。あるいは牛肉の霜降り体質など。
蛮族は、蛮族のDNAのままその変容に幾千年、幾万年を要す。
朝鮮土人もアフリカ土人も「人」になるまで関わらない方がよろしい。退化して消滅するんじゃないかと淡い期待を抱きつつ。
2013/10/07(月) 01:34 | URL | #-[ 編集]
No title
まさに目から鱗でした。
併合時の日韓関係も、李承晩も、そんな風に考えたことはありませんでした。

当時、欧米も中国も韓国も、日本に対して複雑な感情で見ていたことでしょう。
中韓は、「自分達より下」と考えていた日本が、いつの間にか自分達を遥かに凌駕してたのですから、その心中は想像できます。

欧米の有色人種に対する認識も、成る程と思いました。
そう捉えると合点がいくことがいくつかあります。
とても興味深く、面白く拝読いたしました。
いつも貴重なお話をありがとうございます。
今後も楽しみにしております。
2013/09/19(木) 18:51 | URL | 希恵 #eUuK0DGI[ 編集]
なぜ李承晩??
こういった文献を見るにあたってわが父(日系二世)も朝鮮戦争に参戦したものです。でもこの戦いが韓国国民のためでなく李承晩のヤンバン理想郷のためであったと知るほど怒りを覚えてきます。そして韓国国民の大半の人たちがその妄想の虜になってしまっているのが残念でなりません。

もしこれでアメリカが完全に李承晩のアメリカ介入要望を無視してそのまま日本復興に過半の目を向けていたら朝鮮半島は完全に共産主義の国家になっていたかもしれないでしょうけどそれと同時にその後のベトナムみたいに徐々に共産主義を削り取る国家、もしくはカンボジアみたいに王朝を徐々に回復させる方法もあったのかもしれません。それをとってもアメリカって国は参戦判断に失敗しているかもしれません。ましてや半島内で500万人の犠牲でも目が覚めなかったアメリカにも責任がある可能性があります。

いずれにせよ、今の韓国の影響を作ったのはアメリカかもしれません。でないと尉山や龍山、浦項や金海に米軍基地もできなかったでしょうし、そして「大統領」の名目も「総理大臣」もしくは「最高指導者」となっていたかもしれないと思います。

いずれにせよ韓国国民は目を覚ましてもらいたい。李承晩は建国の父とともに朝鮮戦争最大の責任者だったことを。
2013/05/04(土) 18:06 | URL | HZ #vqVejzTM[ 編集]
朝日新聞の巧妙な捏造発見!
12月の韓国大統領選挙の朝日新聞の記事についてです。2人の候補者の政策や考え方などの話があり、また古い話もあってその中で
「日本の植民地統治、そして朝鮮戦争で傷ついた経済の建て直し・・・」
という表現がありました。いくら朝日新聞が反日であっても植民地政策で朝鮮の経済がボロボロになったというのは事実に反していてあまりにもひどい捏造です。メールで抗議しようか迷っています。今まで抗議はやった事が無いのでちょっと勇気が要ります。読者の投書でもめちゃくちゃひどいのがいっぱいあります。ストレス溜まりまくりです。
2013/01/02(水) 01:40 | URL | zappo #MdBx3Qpk[ 編集]
首相吉田茂
ネズさん、毎回楽しみに又、勉強させられ 元気を貰っています。有り難うございます。さて今回も同様ですが、唯一点、吉田茂首相の評価に就き意を異なります。先ず、吾が尊敬する南州翁曰く’血を流す事を怖れ、忌み嫌い避ければ、必ず敵の侮りを受ける’言い換えると、’飽く迄正道を踏め、仮令血を見る事に成ろうとも’。
自分が(多分皆さんもと思いますが)、尊敬し又、友と成りたいと願う人はどの様な人でしょうか、金持ち、地位、学歴等では有りません。其の人が、持って産まれた状況の下、其れを受止め受け入れ、正面と向き合い日々前進努力する姿、この人の姿です。人の集まりが国、とすれば国と国の交わりに就いても同様でしょう。
然るに、時の我が国の状況が如何なりと雖も、正道を踏まず可からず、加えて、我が国軍を動かすのは、仮令、米国の要請が如何に強硬であれ、決定するのは我が国自身です。之を怖れ又、加えて其の言い訳に占領軍憲法を利用する、正道を踏み外すも甚だしき事です。
戦後、我が国の歪みの元凶は此処にある。経済復興すれど、世界を見渡せど真の友好国無く、其の経済も衰退、’臣、吉田茂’等、片腹痛い。
2012/09/05(水) 03:41 | URL | 山田正英 #lPBMZJQI[ 編集]
No title
日韓併合は、歴史上最悪の取り返しのつかない間違いだったと思います。
朝鮮半島がロシア領になろうがほおっておくべきでした。逆にそのほうが良かった。
樺太のほうがよっぽど大事。
また、殺害された44人の日本人のためにも、またご家族のためにも謝罪と賠償金を声を大にして求めるべきです。
2012/09/04(火) 18:34 | URL | #-[ 編集]
日本の情報戦能力を高める必要性
この「日韓併合」については日本のどのマスコミも「日本が植民地支配していた」とか「戦前日本の植民地だった」という表現を平気でしています。
保守系の書籍でも「植民地」と書かれているのはよく目にするのですが、そこから直さないとならないと思います。

長文ご苦労さまでした。
これをソースを含めて更に短くして、日本語、英語、韓国語で歴史教育の冊子に出来たら有益だと思いました。
2012/09/04(火) 11:07 | URL | pin #-[ 編集]
人権救済法案で造る外国人差別のない社会
ある日の道端での出来事
日本人女性:A子
韓国人男性:B犬

B犬「A子、俺と付き合えョ」

A子「ごめんなさい」

B犬「なんだと(怒)」 (性的) 暴力発生

通りすがりの周囲の人たちは人権団体が恐くて止められない

近くにいたサラリーマンC男がやっと止めに入るが、他の韓国人数人に囲まれボコられる

警察がやっと止めに入るが相手が韓国人と分かるとここから逃げるよう指示する

後日、人権委員会からA子に対して外国人の人権を侵害したとして氏名公開と家宅捜査と罰金刑が科せられる

止めに入ったC男には人権委員会への出頭命令と数日間にわたる取調べが行われ、その後も繰り返しの罰金刑と強制取調べが何度も科せられ続ける

C男の妻が裁判所へ無実を訴えるが、訴えを起こした妻も人権委員会への出頭命令と人権擁護委員による強制取調べが始まる

なぜかC男の娘にも人権委員会への出頭命令が下る

その後、A子は身も心もぼろぼろになり果て ふうぞく で働かされていた

(これはフィクションでありこのようなことが絶対に起こるわけではありません)



【人権擁護法(人権侵害救済法案)の問題点 】

1) 国籍条項がない。(外国人でも人権擁護委員になれる)

2) 人権の定義が非常に曖昧で恣意的な解釈が可能。
 (心的外傷後ストレス障害でなんでも因縁をつけられる)

3) 人権擁護委員の選定方法と基準が曖昧。(外国人でも人権擁護委員になれる)

4) 人権委員の資格条件が"特定の政治目的を持って活動する者"に都合が良い。(外国人でも人権擁護委員になれる)

5) 冤罪の救済が明記されていない。(言いがかりをつけられた無実の人が救済されない)

6) 家宅捜査、差し押さえの権利の濫用の可能性がある。(令状が要らない、土足で踏み込める)

7) 人権擁護委員を監査する機関が存在しない。(自己チェック機能がないので暴走する)

8) 人権擁護委員が持つ権力が大きく、実質法の下ではなく上に存在する。(三権から独立している)

9) 言葉狩りを生む危険性がある。(心的外傷後ストレス障害でなんでも因縁をつけられる)

10) 国家転覆活動歴のある者を排除する欠格条項がわざわざ削除された。(殺人鬼の日本赤軍でも人権擁護委員になれる)
2012/09/04(火) 01:28 | URL | 生類憐れみの令 #-[ 編集]
事実関係の確認
事実関係を確認させてください。
日本統治時代に朝鮮人の平均寿命は60歳ではなく46歳に延びたのではないでしょうか?
また、李承晩ラインで44人が「殺害」されたのではなく、44人が「殺傷」されたのであり、「殺害」されたのは5人ではないでしょうか?
2012/09/04(火) 00:27 | URL | 名無しさん@2ch #09d2314U[ 編集]
No title
連投します。
こんな活動もあるという例をコピペします。

79015 :。:2012/09/02(日) 11:49:12 ID:yVXrHarM

古賀ならありうると思わせるのが、要注意点なんだよね。
自民党内に内紛の種をまき。
ジミンガー(正しくはチョウロウギインガー)と批判し。
谷垣の指導力がーなどと印象操作を試みる。
マスゴミと特亜からすれば、してやったりのつもりでしょう。

ただ、これ、総裁選に谷垣さんが競り勝ったら、
注目された分だけ、現執行部の正当性が増すので、裏目になる(笑)

で、総裁選は今国会議員数が少なく、
党員(地方)票の割合が高めとなっている。
谷垣総裁以外の他の候補者は、地方重視の具体案を出せるか?
マスゴミは、不信感を持たれている地方や古参の党員を扇動できるのか?
ま、地方党員の木道翁のコメントから、
結果は予測できますが、実に見物ですわな。

のぼせあがった、マスゴミと一部国会議員は、
せいぜい迷走して貰って、派手に報復を受けていただきたい。
木道翁をはじめ、既に地方は腹を括ってるんですわ


79021 :。:2012/09/02(日) 12:24:28 ID:yVXrHarM

あと、なんらかの働きかけがしたい人は、
地元の伝をたどって、地元自民党議員や後援会へ、平の党員でもいいから、
メールや電話、あるいは直に、
日頃の活躍への激励と、谷垣総裁の継続を話してみよう。
今総裁を変えると、選挙が戦いづらくなる旨と、
谷垣さんの選挙での常勝と、地方重視の姿勢を添えるとベターです。
マスゴミや一部国会議員は、居丈高に振る舞っているが、
所詮彼等は、空中戦しか出来ない(笑)
だから、リアルな草の根での地方党員への接触は効果的です。
総裁選は、一部の国会議員、ましてやマスゴミや他党員の玩具じゃない。
自民党員一人一人のものなんだよね。
地方を固めれば、谷垣さんは勝てます。
私も皆様も、草の根レベルから盛りたてる事ができます。
連中の好き勝手にさせないよう、共に頑張りましょう。


ニートな2ちゃんねらー日記
木道 ◆VEkb2cSbK2:もしかして、マスコミが自民党の議員にロビー活動しかけてるんじゃ?
http://2nnlove.blog114.fc2.com/blog-entry-7360.html#comment79134
2012/09/03(月) 23:45 | URL | 山本ぽんすけ #HJS1sVhY[ 編集]
No title
アメリカの悪意には気をつけた方がいいでしょうが、竹島がアメリカが日本と韓国の間に仕込んだ領土問題というのは陰謀論のつもりでしょうが、底の浅い妄想です。
韓国なんかとるに足らない国だったわけで、そんな国を日本を牽制する道具として使おうとは考えないでしょう。
もし本当にそうしたかったなら、竹島のように当時は資源も未発見の沖の孤島への侵略だけではなく、最低対馬くらいは韓国に侵略させたことでしょう。

それから、アメリカは2015年に在韓米軍を撤退することにしていることから分かるように、韓国を明確に防衛ラインからはずしています。もう、韓国は対ロシアや対支那で協同に事にあたるべき同盟国としての扱いはなくなっているのです。
今は、韓国内にある欧米資本を損をさせないで撤退させる準備機関にすぎないのです。
かの国の大統領の行動は、もしアメリカが背後にいたというならば、むしろ日韓関係を悪化させてこれ以上日本が韓国を支援したりしないようにするために下準備だった可能性もありますね。
大統領が積極的にアメリカに協力したのか、アメリカの陰謀にひっかっかて、やってはいけないことをやってしまったのかは分かりませんが。

確かに、この欧米資本の安全な撤退に日本のカネが使われることになりそうで不愉快ではありますが、これも民主党を選んでしまった国民の愚かさが招いたことともいえるでしょうね。

最後に、HN忘れたのなら思い出させてあげますが、あなたのHNは志士でしたね。
2012/09/03(月) 23:23 | URL | 山本ぽんすけ #HJS1sVhY[ 編集]
No title
朝鮮人は教育で改善できないと思います。ついこの間も書きましたが、反日も教育が根本の原因ではないと思います。日本に併合されて古代の地方集落のようなソウルが近代化されるところを実体験してきた世代が、通化事件を起こし、朝鮮進駐軍を名乗って暴れたのです。
当時、親日派もいたことから、朝鮮人は全員基地外というのは確かに違うでしょうが、親日派は結局弾圧され反日ばかりになったことは、それが全体として見たときの朝鮮人の心性を端的に示しているのです。

教育というなら、日韓併合から約100年、日本は努力してきましたが、彼らの無礼はひどくなる一方です。これまで日本の政府要人たちはなんとか特アとも良好な関係を構築しようと譲歩に譲歩を重ね、一方的な支援をしてきたのにこれです。

反日教育は彼らの反日性を促進しているでしょうが、教育が反日である原因ではないのです。
大体、反日教育をしている国から大勢人がやってきています。あなたなら、自らの国を植民地化して住民を虐殺したり、無理やり慰安婦にしたりしたひどい国に行きたいと思うでしょうか?反日教育は受けていても、実際には本当のことを知っているのかもしれません。あるいは知らないとしたらなぜ来るのでしょうか?日本侵略のためのトロイの木馬になるためでしょうか?

彼らを人と思うからおかしなことになるのです。獣とも違う。ヒトモドキです。外見が人の形をしているから人だと思ってしまう。しかし実際には人ではないのです。

20世紀の共産主義と朝鮮の近代化は、壮大に失敗した社会実験だったと思うべきでしょう。100年かけてもうまくいかなかったのだから、この先何年かけてもうまくいくはずがありません。
大体、遅くとも、戦後まもなくのとき、恩を仇で返された時点で気づくべきでした。

今、朝鮮ヒトモドキは世界中に散らばって反日活動をしています。単に放っておくだけではまずい。放っておいたら世界に反日が拡がるかもしれません。
日本がアメリカとの戦争に追い込まれた原因のひとつが、支那やソ連の反日プロパガンダに欧米が騙されたことにあります。
ねずさんのエントリーにあったように、通州事件が起きた背景に朝鮮人の反日活動があります。

朝鮮人は確かに愚かでまともに相手にするのはばからしいと世界各国の人も思うかもしれませんが、それで油断していてはいけないと思います。

日本人は情報戦や戦略思考の面で弱すぎます。人が好すぎます。
朝鮮は、日本が開けてしまったパンドラの箱でもある。日本が責任を持って、また箱を締め直さないといけないのはないでしょうか。
2012/09/03(月) 23:10 | URL | 山本ぽんすけ #HJS1sVhY[ 編集]
No title
バカ民主の 小川売国議員が、人権救済法案を提出したことは皆さま御存知だと思います。
この法案は、まだ閣議決定が残っているそうです。

そこで、この閣議決定署名に唯一反対に回ってもらえる期待が持てるのが、

松原国家公安委員長と森本防衛大臣です。
以下に両大臣の問合せ先を記してありますので、ぜひ閣議署名反対の訴えをお願いします。


松原 仁   お問い合わせ   http://www.jin-m.com/prof_3_iken.html
         国会事務所    TEL:03-3508-7452(直通)
                       03-3581-5111(代表) 70709(内線)
                    FAX:03-3580-7336

森本 敏    Facebook    http://www.facebook.com/satoshi.morimoto.official

実際反対表明してもらえるか、分かりませんが
一人でも多くの反対の声を両大臣にお届け下さい!

ご協力お願い致します!!
2012/09/03(月) 22:47 | URL | ttttt #2LnHr7fI[ 編集]
No title
こんばんは。大変勉強になりました。ありがとうございました。
いつも思いますが、日本人としてこの様な歴史事実を教育の場で知ることが出来ればと思います。真実を知れば韓国がどう言って来ようが説明できますし、謝罪外交をする政府に国民一丸となって何をやっているんだと声を上げることが出来ます。もう私は支那や北がどうであれ、韓国とは国交断絶が望ましいと思います。関って良い事は一つもなし、日本が犠牲になるばかりです。
2012/09/03(月) 22:31 | URL | ハギノ #-[ 編集]
ありがとうございます。
子供の頃に駆け足で習った近代史…。
子供ながらに違和感を抱いていました。大義名分もないのに動けるか~なんていう民族だった筈なのに、戦争は根本から人を変えてしまうんだな。生きるか死ぬかだもんな…なんて簡単に感じており、ねずさんの旅を読むたびに納得です。美化して日本は凄いではなく、実際の時代背景や世界の動きも分かり子供達はねずさんの旅を学ぶべきじゃないかなっと思います。いつも楽しみにしております。
2012/09/03(月) 21:42 | URL | 日本が日本であるために #-[ 編集]
李承晩コイツノ名は忘れてなるものか!
米国の都合で疲弊した戦後の日本人を朝鮮戦争に狩り出そうとしていた。

>ところがときの総理の吉田茂首相はそうした米国等の思惑を見抜き、

  < 私は、何年か前にこの話を知り、吉田茂に感謝したものです。日本は吉田茂に助けられたと。 同時に誰が首相になるかによって国民の生命、国の命運が左右される恐ろしさを実感し現在の日本の実態に寒心した。

日本人漁民の写真には怒り心頭、この朝鮮鬼畜の仕業を未来永劫伝え続けなければいけない。

李承晩、コイツの名は忘れてなるものか!

民主党には朝鮮人議員が約80人。通名で日本人の振りをした!
2012/09/03(月) 21:40 | URL | アンテナ #-[ 編集]
ねずさん、今日の大作ありがとうございました。
読ませていただくのに50分かかりましたが、物語りを読んでるようで、眠くならずに、よくわかりました。
わかりやすい言葉で歴史を学べるということは、楽しいことだったのですね。
これからもよろしくお願いいたします ♪
2012/09/03(月) 21:14 | URL | みーたん #-[ 編集]
No title
日韓併合のいきさつと、またその理由、経過など、とてもわかりやすく
謎が全て解けたような気がします。
何故日本は韓国を併合したのか、何故赤字覚悟であれだけ韓国を
立て直したのか、日本が追い込まれ日本自身のためであったことが
納得できました。当時は単なるお人よしからやったのではない、
自国のためにやったのだ、「国益」を守ろうとしたのだと
いうことがわかり、本当に良かった。
今の日本も国益を守るためにやるべきこと、してはならないことを
決めていくべきです。
今の日本は、韓国と国交断絶し自主自立の道を
歩むべきです。
2012/09/03(月) 19:54 | URL | #flPMGraQ[ 編集]
No title
いつも楽しく拝読させて頂いております。
今日も大変勉強になるお話をありがとうございました。

ただ1点、伊藤博文が暗殺された時はすでに首相ではありませんので、元首相という記載にされてはいかがでしょうか。
そちらのほうが記事の中立性を感じます。

今後も応援しております。
2012/09/03(月) 18:24 | URL | じょあ #-[ 編集]
No title
学校の成績がどんなによくても、人としてのルールやたいせつなこと、あるいはアイデンティティを身に付けない者は、結局は人の道を踏み外すように思います。

最近の日本人はねずさんが仰るような人達が増えてきていると思いますね。
これでは日本人も獣人になってしまいます。何故か高卒の人より大卒の人にねずさんが仰るような人が多いように感じるのは私だけでしょうか。?

日本の学府に獣人が教授や準教授として日本人学生に何を教えているのかなと思います。
過日も教師が日本を壊したい連中にアジトを提供していたとか。本人は
知らなかったと供述しているようですが日本の教育は危機に瀕していると思いますよ。家庭も地域も学校もね。
2012/09/03(月) 17:57 | URL | 一有権者 #-[ 編集]
素晴らしい!
ねずさま

今日は読みごたえがありました。素晴らしいと思います。
ただ一言申し上げます。
米国の悪意に対して、もう少し敏感であってほしいと感じます。
李氏は呂氏に代えて米国が連れてきた傀儡政権でした。ねずさんが仰せのように李承晩が独自に行動できたとはとても思えません。
米軍がいなければ韓国そのものの存在があり得ない状況で、海軍も持たない韓国が米国の意志に反して日本の島を取れるものではありません。絶対に。
その証拠に、後の日韓基本条約締結の時も竹島問題の解決をしようと試みる日本に対して仲裁に介入し竹島問題の解決を邪魔をしたのも米国です。
事大主義の韓国が単独で日本の島を取る度胸などありません。
ラスク書簡の裏で韓国と日本を未来永劫いがみ合わせる為に、米国が日韓間に領土問題を仕込んだと見るのが国際政治の常識だと思います。
残念ながら、米国のプロパガンダが効いていると感じます。
竹島でも慰安婦でも韓国が日本に対してた高飛車なのはバックに米国が付いていると安心しているからです。
韓国が単独で日本に刃向う度胸はありません。
2012/09/03(月) 17:39 | URL | HN忘れました。 #-[ 編集]
No title
李承晩ラインのことは、義務教育で教えられているのでしょうか?

日本人の軍隊ではなく、韓国人の軍隊に従軍慰安婦を必要とすることは、ベトナム戦争が教えているのではないでしょうか?
2012/09/03(月) 16:57 | URL | ポッポ #-[ 編集]
日韓基本条約について
竹島については、当時の日韓両国において「争いの余地のない日本の領土」という認識のもとで、特段の取り決めがなされませんでした。

の部分は、韓国側も譲らず、致し方なく、密約、棚上げとしたと言う認識なのですが、如何でしょうか?
2012/09/03(月) 16:34 | URL | Ichiro #-[ 編集]
一気に読みました
記憶が曖昧だった当時の事件や各国の対応がすっきり整理できました。この事実を受け入れない限り、どんなに日本や西欧の真似をしたところで、彼の民族は永遠に最下層のままではないかと感じました。

「IT先進国韓国を見習え」「儒教に裏打ちされた歴史と伝統の国」「優秀な留学生を受け入れてグローバル化を」「宿命のライバル韓国」・・
TVの画面で語るアナウンサー、キャスター、コメンテーター、IT企業家、芸人、タレントがみんなお猿さんに見えてきました。
2012/09/03(月) 15:18 | URL | umenomi #QVCflvck[ 編集]
リーライン
毎日ありがたく拝読させていただいています。
私は長崎県の五島列島出身ですが、20年近く前、親戚である漁師から聞かされた話を忘れることができません。
「リーラインってのがあって、そのそばまで漁に出ると、日本海域なのに韓国人が銃をむやみに発射してくる。怖くて船を全速力で走らせて逃げたことが何度もある。」
という話でした。
長崎県の離島は、朝鮮半島がすぐ近くにあるため、いろいろと不愉快なことに遭遇します。
子供の頃は、海で遊ぶとハングル文字のごみばかりが流れ着いていることに気が付いていました。
彼らは、海にごみでも有害物質でも捨ててしまう癖があるようです。
土地売買(対馬の土地をこまごまと買い集め実質韓国領にするつもりのよう)を含む領土問題などを細かく話し合って、その後はおつきあいをきっぱりやめたいです。
そのためには、在日だらけの政府をなんとかしなくてはなりません。
2012/09/03(月) 14:21 | URL | 島育ち #We0ZpaVo[ 編集]
No title
預言の書によると、ねずさんのご主張のとおり、獣と臣民(人)を分ける事が遠からず起きると思います。

ひふみ神示 第05巻  地つ巻 第三十六帖
 二二は晴れたり日本晴れ、、、、、、神の臣民と獣と立て別けると申してあろうが、世の態(さま)見て早う改心して身魂洗濯致して神の御用つとめて呉れよ。大き声せんでも静か に一言いえば分る臣民、一いへば十知る臣民でないと、まことの御用はつとまらんぞ、今にだんだんにせまりて来ると、この方の神示(ふで)あてにならん だまされてゐたと申す人も出て来るぞ、よくこの神示読んで神の仕組、心に入れて、息吹として言葉として世界きよめて呉れよ。、、、、

2012/09/03(月) 13:58 | URL | 白なまず #-[ 編集]
日本は神の国
アメリカは、神を信ずる国そしてその証拠に紙幣にもそれを現わしている国。
日本も神仏を尊ぶ国。
神仏を信じる国と同盟結ぶならいいが、
神を信ぜぬ国と同盟結ぶのは許さない。
By天照大神神示「最大幸福化社会の実現」幸福の科学出版
追伸信じるか信じないかは自由です。
2012/09/03(月) 13:00 | URL | 英 #-[ 編集]
No title
お疲れ様です。
現、日本の姿を彷彿とさせるようです。
こうして歴史が教えてくれています、その歴史の中に答えがあります。
あくまで真実の歴史の中にしか真実の答えはありません。

歴史に嘘はないのですが、特亜の嘘の歴史を実しやかに教えてるのが、現日本の教育です。
嘘から真実の答えなど出るはずもありません、ただ出てくるのは間違った答えで、間違った道に進んで行くだけです。進んでいるのが現日本です。
教育の大切さ、改めて感じます。

韓国に対し、どうのこうのと言っても物事の道理が理解出来ない国に何を求めても無理、だからといって「言うな」ではありません、間違いは間違い、きちんと発信しなくてはいけません。
正しい答えを出すには日本国民に史実を教え、そして日本の現状況を知らせる事が大切かと思います。
悲しいかな教育においても、マスコミにおいても、反日勢力に牛耳られ、真実が伝わらない現日本において、これが一番のネックだと思います。

最初から物事の道理が解らない国は論外、そんな相手を変えようなんて土台無理、そういう意味において要は、日本の中にこそある病巣に気がつき、日本人自身が目覚めない限り、変らない限り、そして行動しない限り、日本の未来は無いという事です。

で、マスコミは本当の事を報道しませんが、今や韓国経済は風前の灯火のようです。
自国に自信満々の韓国、日韓併合以前の韓国を立て直した日本に対してでさえ逆恨みです。
それこそ韓国にとっては日本からの経済援助など「小さな親切(本当は大きな親切ですがね)大きなお世話」と思っていると思います。

その証拠に、自信があるからこそ、今度の大統領の発言、行動です。
何処かの属国になろうがなるまいが、それは韓国自信が選ぶ事です。
お人好しの日本、下手に手出し、口出ししてはなりません、それこそお隣の必殺技、逆恨みが待っています。
助けた上に逆恨みされるのは火を見るより明らかです。
よって、先日の記事にもありましたが、韓国に対し>二度と恐ろしい事<(経済援助など)をしてはなりません(笑)

まあ、してもしなくても、恨まれるのは目に見えています。
同じ恨まれるなら、日本も国難の時です、日本人の血税使ってまでしない方がいいに決まっています。

>日本人は、しっかりと歴史の真実を見据え、戦後にねじ曲げられた歴史から、真実の歴史を取り戻さなければなりません。
同様に心ある韓国の人々も、一日もはやく、歴史の真実から目を覚まさしていただきたいと思います。

同感です。
で、結論、お付き合いしないのが得策だと思います。
2012/09/03(月) 12:50 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
No title
読み応えがありました。
長文の書き起こし、お疲れ様でした。

韓国併合、私は日本が諸外国の承認を得て、合邦したのだと理解していました。そうではなく、諸外国によって彼の国の面倒を見るように言われていたとは、驚きでした。

李承晩のこの悪行三昧、韓国民は知っているのでしょうか? 朝鮮戦争は、私は金日成が仕掛けたと思い込んでしました。
>金日成を追い込み、朝鮮戦争を引き起こす
これは、大東亜戦争で、米国が日本に最初の一発を撃たせた手法と同じ。政治舞台の裏側はいつもそういう謀略があったりするものなのですね。

私のおばあちゃん(明治生まれ)は、私が小さい頃、道理にかなわない腕力を使ったとき、汚い言葉を使ったとき、「そういうのは野蛮人のやること」と言いました。
野蛮人は、しかし、「人」です。教育によって野蛮人は野蛮人でなくなる。私はそう信じています。
韓国やシナの昨今の言動を見るたびに「野蛮人だ」と思います。獣は教育することができないですが、野蛮人にはそれができる。彼らが野蛮人なのは、教育がないからだと思うのです。それは政府が抑圧的であり、民衆支配のために、真実を隠蔽したり、言論弾圧をしているからだと思うのです。

しかしねずさんは仰います。
>日本も、戦前から続く「人は人である」という考えを、そろそろ改め
>なければいけないのではないかと思うのです。

ねずさんがそう仰る気持ちは、韓国シナの昨今のとどまることの知らない、行き過ぎた反日言動から、分かる気もしますが、私的には、やはり野蛮人、未開人のカテゴリーがピッタリ合うような気がするのです。私にはこの件、もう少し熟慮考察が必要なようです。

今回の書き下ろしの史実は重要だと思います。ハングルに訳されると良いなと思います。それが野蛮人への教育だと思います。

ありがとうございました。



2012/09/03(月) 12:43 | URL | あつし #-[ 編集]
竹島の日本領土の根拠
ねずさんの歴史解説は切り口が素晴らしく、通常の歴史認識と異なる新鮮さを感じます。それは、ねずさんが正しい歴史を知っているからだろうと思います。これからも続けていただきたいと願っています。

韓国は「独島は我が国の領土」と世界で常軌を逸した行動を繰り返しています。が、その根拠は示しません。日本が島根県に組み込んだ1905年は外交権を日本に奪われていて意思表示が出来なかったと正当化しています。

しかし、意思表示が出来た大韓帝国時代の1899年に韓国人の歴史家「玄采」が監修した地理書「大韓地誌」の第1篇に書かれた韓国の領土範囲には竹島は含まれていません。この地理書は当時学校教育でも使用されていました。

更に、1947年発行の崔南善著「朝鮮常識問答」でも竹島は含まれていません。特筆すべきは「大韓地誌」では対馬も日本の領土とし、日本海も記載されています。韓国が言う「日本海は東海」は明らかに捏造です。

この事実は水間正憲氏の著書「日本人が知っておくべし領土問題の真実」に詳しく書かれています。韓国が卑劣なのは竹島が日本の領土であること示す過去の古書や地図を日本から焚書していることです。

「大韓地誌」の原本の第12編に記載されている竹島を含む「江原道」の地図も紛失しているそうです。復刻版でみると竹島は書かれていません。

更に驚くのは国立国会図書館では1970年以前の地図は何故か収集対象になっていないそうです。日本の国会議員、あるいは外務省に工作員がいるのではないでしょうか。
2012/09/03(月) 10:59 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
No title
それは、間違いです。
ご葬儀は日本で行われています。
2012/09/03(月) 09:56 | URL | ねず #-[ 編集]
No title
毎日楽しみに、拝読させて頂いております。
さて、一つ質問があります。Wikiをみますと李垠殿下は「1963年(昭和38年)に日韓国交正常化交渉が始まると、朴正煕大統領の協力により夫婦ともに韓国へ渡り、同地で死去した。」とありますが・・如何でしょうか。
2012/09/03(月) 09:54 | URL | 毎日楽しみに、拝読させて頂いております。 #-[ 編集]
遺憾だけで済ませるなら政治家を辞めろ!
だけ落として来たか考えるべきである。
必要なのは「遺憾」というバカでも使える言葉ではなく、効力のある実行である。
効力のある実行とは勿論、武力の行使も含む。
バカでも言える「遺憾」だけで済ませるなら、政治家を辞めろ!
2012/09/03(月) 09:47 | URL | ニック #lCBQkjls[ 編集]
助けてください
【村田春樹氏、東京法務局人権擁護部から訴えられた! 2012/02/04】
http://www.youtube.com/watch?v=ni7Fq0GCTeI
①在日韓国・朝鮮人が経済的理由で日本に来た。
②日韓両国間で、特別永住権を取り決めたのは間違いだった。
③特別永住者は、一般永住権と比較して著しい特権を有している。
------------------------------
これらを言ったら、著しい人権侵害で訴えられ、出頭を命じられました。
(法務省人権擁護局のれっきとした「前科」になりました)

従って、もしも人権救済機関設置法が成立施行されれば、
・尖閣諸島は日本固有の領土です。
・竹島は日本固有の領土です。
・拉致被害者を帰せ!
・在日は帰国しましょう。
これらを公言したら、著しい人権侵害で訴えられる可能性大です。
従って、人権救済機関は、日本国家の国益に反します。
2012/09/03(月) 09:21 | URL | #NmRVQg7I[ 編集]
No title
>「人は人である」という考えを、そろそろ改めなければいけないのではないか

残念ながら、そうかもしれませんね。
戦後社会は大東亜戦争で掲げた日本の理想を実現しようとする壮大な実験だったの
かもしれません。
でも、私としては、この実験が完全に無駄だったのではなく、
「獣はやはり獣でしかない」と「人は人である」の間のどこかに最適の解がある
いう希望を持ち続けたいと思います。
2012/09/03(月) 06:13 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

誰か納得したか・・・

☆「人」と「獣」の違いは、ひとことでいえば、 人としてのルールを守れるか否かです。 日本は、古来の伝統的武士道に基づく 道徳観にさらに磨きをかけ、これを国民的 共通観念と

【朝鮮戦争の真相】韓国が日本に宣戦布告!『左翼により隠蔽され 日本人の多くは真相を知らない』

【朝鮮戦争の真相】韓国が日本に宣戦布告! 『左翼により隠蔽され 日本人の多くは真相を知らない』 http://open.ldblog.jp/archives/39604232.html 一部転載、させていただいた記事です 【朝鮮戦争の真相】「李承晩大統領、対馬侵攻で全軍を南下させ釜山に集結、...
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク