アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


超空の要塞を倒せ!

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

キンセンカ


本日は悠仁親王殿下のお誕生日です。
誕生花はキンレンカ、花言葉は愛国心です。
心からお祝いを申上げたいと思います。



さて、ここから今日のお題です。
先日「日韓併合の真実と李承晩ライン」のことを書いたので、それに関連して、もうひとつ。
というか、あの記事で書ききれなかった部分を、すこし書いておこうと思います。

それは何かと言うと、B29のことです。
B29といえば20世紀最強の空の暴君と評された完全武装の超大型戦略爆撃機です。

英語名は「Super fortress」で、これは直訳したら「超空の要塞」です。

B29
b29


開発したのはボーイング社です。
つまり、B29は、今風にいえば「ボーイング29」で、最近就航して話題になった「ボイーング787」の70年前の大先輩です。
(ただし、B29の「B」は、「Bommer(爆撃機)」を表す記号です)

実際、B29はたいへんな飛行機で、エンジンはターボ搭載の2,200馬力の巨大プロペラを4基も搭載。
実用上昇高度1万メートル(9,720m)、前後上下左右に12.7mmの機関銃を12門も搭載していて、さらに20mmの巨大機銃が一門。

ですから戦闘機でB29に挑んでも、全方位、死角がないのです。
どの方向から挑んでも、機銃ではたき落される。

さらに飛行高度が高いため(たとえば零戦の上昇高度は6,000メートル)、撃ち落とせない高高度で飛来し、超上空から、その巨体に積んだ爆弾や焼夷弾、ナパーム弾を地上にバラまくのです。

まさに、空の要塞そのものだった飛行機です。

そのB29は、大東亜戦争のさなかの昭和17(1942)年9月に就航し、昭和19年後半からは、本格的に実戦配備されました。
そして日本本土に飛来し、日本中の大都市を焼土にした。

昭和19(1944)年11月以降に行われた東京大空襲では、B29が東京上空にやってきた回数は、なんと106回、一回の空襲でやってくるB29は、100機から500機です。

日本は、特別に開発した高射砲や、果敢な特攻作戦でこれに挑むけれど、多勢に無勢であることに加え、高度の問題もある。
性能を常識で考えれば、当時の日本の戦力で、B29など落せるはずがないのだけれど、それでも日本軍は果敢に戦い、714機を撃墜し、1588機に損傷を与えています。
当時の日本の軍人というのは、実にすさまじいものであったと思います。

ちなみに、米軍は、日本本土に出撃するB29の乗組員達に対して、「万一日本国内に不時着した場合でも、日本の一般市民の捕虜に対する取り扱いは至極人道的なものなので抵抗しないように」と訓示していたというのは、有名な話です。

このことは、実に重要な事柄で、日頃「日本人は猿だ、獣だ、野蛮人だ」と戦意を煽っていた米国が、実は、現場においては日本人が戦いの場においても、また民間人ベースにおいてさえ、常に人道的行動をする民族であるということを、米軍の作戦本部は「ちゃんんと知っていた」ということだからです。

さて、その20世紀最強の暴君と呼ばれたB29ですが、そんなにすごい戦略爆撃機ならば、相当長期間運用されrのが普通ですよね?

たとえば、爆撃機ではないけれど、みなさんよくご存知のボーイング727なんて飛行機は、就航したのが昭和38(1963)年ですが、半世紀経った今でも、しっかりと現役飛行機として空を飛んでいます。
以外と、飛行機の現役就航期間というのは長いのです。

にもかかわらず、みなさんご存知の通り、B29は、ある日を境に、こつ然とこの世から消えてしまっています。
なぜでしょうか。

実は、その答えが朝鮮戦争にあります。
朝鮮戦争は、大東亜戦争の終戦から5年目である、昭和25(1950)年6月25日から、昭和28(1953)年7月27日の休戦までの約3年間朝鮮半島で繰り広げられた戦いです。

この戦いは、北朝鮮の金日成のソウル攻略戦に始まり、韓国軍の一方的敗退によって、米軍が参戦。多国籍軍(連合軍)を編成して、中共軍、ソ連軍、北朝鮮軍と対峙し、最後は米軍が韓国の頭越しに休戦協定を締結することで終わった戦闘です。

開戦の当初、北朝鮮軍は、まさに破竹の勢いで、米軍が緊急で派遣した一個師団さえまたたく間に粉砕し、ついには朝鮮半島南端の釜山まで、韓国および連合国軍を追いつめています。

なにせ北朝鮮軍は、ソ連製の最強戦車であるT型戦車を前面に押し立てていたのです。
この戦車は装甲が厚く、鉄砲や機関銃、果てはバズーカ砲にいたるまで、まるで歯がたちません。
まさに鉄鋼戦隊そのもので、戦いは一方的に北朝鮮有利にすすめられたのです。

これを逆転させたのが、釜山の戦いでT型戦車をことごとく打ち破った金錫源将軍でした。
彼は、日本の陸軍士官学校を卒業した軍人で、釜山においてはじめて旧日本兵だった朝鮮人部隊を編成すると、北朝鮮の戦車隊を海岸線におびき出し、そこを米艦隊によって砲撃させることで、北の戦車隊を壊滅させたのです。

バズーカ砲などでは歯がたたない地上の暴君T型戦車も、戦艦の巨大な主砲の前には、まるで紙でした。
この釜山の戦いで勝機をつかんだ韓国および連合軍は、いっきに戦線を取り返し、ついには朝鮮半島の北端に位置する平壌まで攻め上がります。
実は、このときに大活躍したのが、B29だったのです。

海岸線におびき出せば、さしものソ連製戦車も、艦砲射撃の前では塵にしかなりません。
しかし、内陸部に深く入り込まれたら、艦砲射撃はそこまで届かない。
つまり相変わらずソ連製戦車の独り舞台だったわけです。

これに対抗する方法として投下されたのが、B29で、B29は地上爆撃用の爆弾だけでなく、ナパーム弾を搭載し、空からT型戦車のいる一帯を、丸焼けにしたのです。
いくら戦車が強いといっても、鉄のかたまりです。
紅蓮の炎の前には、なかにいる人間が、戦車のなかで焼き鳥になってしまう。

こうして米国が投入したB29によって、一説によればナパーム弾を含む60万トンもの爆弾が北朝鮮に投下されています。
大東亜戦争で米軍が日本に投下した爆弾が、全部で16万トンですから、それがいかにすさまじいものであったかわかります。

この米軍の空からの攻撃で、北朝鮮ではおよそ230万人の民間人が死傷しています。
その爆撃の凄さがわかろうというものです。

こうした米軍の爆撃に、慌てたのが北朝鮮の金日成です。
彼は、なんとかしてくれ、とソ連のスターリンに泣きついた。

そこでスターリンが、B29対策に導入したのが、ソ連製のジェット戦闘機「ミグ15」です。

ミグ15
ミグ15


この戦闘機(ミグ15)は、最大速度が時速1,076km/hです。
つまり、B29のおよそ二倍の速力があります。
そして実用上昇高度は1万5千メートルです。
B29よりも5千メートルも高いところを飛びます。
しかも武装は、強力な37mm機関砲です。

要するにB29よりも、1.5倍も高高度を飛ぶことができ、B29の倍の速度で飛行し、さらに強力な砲門を備えていたわけです。

ソ連から持ち込まれたミグ戦闘機の前に、世界最強の空の暴君とされたB29は、一瞬にして空に浮かぶ巨大なでくの坊になりました。
図体がでかいから、マトがでかい。
しかも動作が遅く、ミグからみたら超低空しか飛べない。

このミグ戦闘機によって、集団で飛来するB29の爆撃隊は、ただの紙になりました。
あまりにも次々と簡単に撃墜される。
超上空から攻撃してくるミグの砲火から逃れようと、B29が飛行高度を落とせば、地上からは高射砲の餌食です。

この様子を見ていた金日成は狂喜します。
あの「空から降って来る恐怖の大魔王」が、まるで紙くずのように撃ち落とされるのです。
気持ちはおおいにわかる気がします。

あまりにミグがつよいことから、金日成は、ソ連に頼み込んで、ミグ戦闘機を大量に北朝鮮に仕入れます。
そしてこんどは自分たちの手で、米空軍をやっつけようとしました。
B29をたたき落とすだけでなく、今度は奪われた朝鮮半島の制空権を自分たちのものに取り返そうとしたのです。

一方米国は、B29があまりに簡単に撃墜されることから、ついに昭和26年には、B29を第一線から完全に退かせます。
そして制空権を取り返すために、同じくジェット戦闘機であるF-86Aセイバーを朝鮮半島に差し向けます。

F-86Aセイバー
F-86Aセイバー


こうして世界ではじめて、ジェット戦闘機同士のドッグファイトが行われたのが、朝鮮半島の上空でした。

この戦績は、4対1で米軍のジェット戦闘機の圧勝だったとされています。
こう書くと、なんだか米国製セイバーの方が圧倒的に性能が優れているように見えますが、実はそうでもありません。
ジェット戦闘機としての実力は、米ソとも、さほど違いがない。
違いがあったのは、パイロットです。

ソ連軍のパイロットがミグを操っているときには、ミグの被害はほぼゼロだったのですが、米軍がセイバーを投下する昭和27年頃になると、北朝鮮兵士が操縦するミグが、朝鮮半島の空を飛ぶようになっていたのです。

きわめて簡単な理屈ですが、ジェット戦闘機は地上からの弾の届かない超高空を飛ぶから、墜とされないのです。
ところが何を血迷ったか、北朝鮮兵の乗るミグは、米軍のセイバーが現れると、低空に逃れようとする。
低空に来れば、これまたあたりまえのことですが、地上からの高射砲の餌食になります。

こうして、戦闘機はジェットの時代を迎えました。

ちなみにジェットエンジンというのは、ものすごく簡単にいうと、プロペラ式エンジンの発達したものです。
プロペラ式エンジンは、羽根(プロペラ)を回して、前方にある空気を後方に送り出すことで推進力を得ます。

この「プロペラの回転によって後方に送り出される空気」を、狭い穴から思い切り吹き出させたら。。
これがすなわちジェット気流で、その狭い穴から吹き出す空気の力で、推進力を得ようというのが、要するにジェットエンジンです。

ジェットエンジンは、プロペラ機よりも強力な推進力を得ることができますから、当然、これを搭載した飛行機の機体も、より頑丈になものにしなければなりませんし、スピードが早くなった分、機体や翼の形状も変化させなければなりません。

こうして開発され、実戦配備されたジェット戦闘機が、上にご紹介したミグや、セイバーなのですが、このミグが初飛行したのが、昭和22(1947)年12月30日、セイバーが初飛行したのが、同じく昭和22年10月1日のことでした。

ところが日本では、これに先駆けること二年も前の昭和20(1945)年8月7日、ジェット戦闘機が大空を舞っています。
昭和20年8月7日といえば、その7日後が終戦の日です。
つまり、終戦の直前に、ジェット戦闘機が日本の空を舞っているのです。

飛行機の名前は、「橘花(きっか)」といいます。
エンジンを開発したのは石川島重工業で、機体を開発したのは中島飛行機(いまの富士重工)です。

橘花(きっか)
橘花


この「橘花」は、ドイツのメッサーシュミットMe262を参考に作られたジェット機で、8月7日の試験飛行と同時並行で10機が生産体制にはいっていて、さらに続々と量産される予定となっていました。
搭乗員としては、予科練甲飛14期生100名と16期生の200名がすでに事前訓練にはいっています。

もっともこう書くと「そんなこと言ったって、すでに当時の日本には、飛行機を飛ばすための燃料がなかったではないか」という声も聞こえてきそうです。

これも実は対策が進められていて、なんと赤松や黒松などの松の木から採取する「松根油」を用いた燃料が当時の日本で開発されていました。
松根油については、戦後に書かれた資料などをみると、なにやら必死で「役に立たないシロモノだった」と否定ばかりしているのですが、これも実は硫化モリブデンを触媒としてオクタン価を高める技術が当時すでに開発されていて、実際に松の木から採れる油で飛行機を飛ばせる状況になっていたのです。

ということは、朝鮮戦争であっという間にB29が引退した事実を考えると、もしあと半年大東亜戦争が長引いていたら、あの日本の空襲に猛威を振るったB29も、空に浮かぶただの紙風船になっていたかもしれません。

それにしても日本って、なんだかとてつもない国ですね。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

日本の極秘軍用機 SECRET JAPANESE AIRCRAFT OF WW II part1
動画を貼りたいのですが、「リクエストにより埋め込み無効」となっていて、動画を貼れません。
ですので、代わりにURLを貼っておきます。
是非、ご覧ください。
すごいです!
part1 http://youtu.be/SYtj4zzbN0Y

part2 http://youtu.be/rUkkFxtlcVg

【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
関連記事

コメント
橘花の初飛行
国産ジェット「橘花」の初飛行は海軍木更津航空隊で行われ、その成功直後の昼過ぎ、関係者はその前日、広島に落とされた特殊爆弾により街が壊滅した放送を聴く・・・そんな場面が「ロンギヌス迷宮」に載ってました。投稿後、同書を再読して追加することにしました。
2013/02/07(木) 22:21 | URL | 久保寺 進 #-[ 編集]
「ロンギヌス迷宮」ご紹介
 Me262研究のため、ドイツへ派遣された空技廠の技術将校の物語・「ロンギヌス迷宮」をご紹介しておきます。他に、デ・ハビランド・モスキート爆撃機、銀河、シュトルヒ、ライサンダー(英)などが登場します。Uボートの詳細な攻撃シーンは映画を観ているようでもある。
 物語全体は、WW2大戦期から西暦2000年までの60年に及ぶ聖槍・ロンギヌスの追跡劇ですが、前半部は当時の航空機技術話とドイツ国内事情。後半部は民族文化論、歴史観、宗教観へと主題が移行します。しかも、日本人=ユダヤ人の「日ーユ同祖論」が底を流れている。多彩な内容が盛り込まれているのですが、流れは自然。400ページの大作と言ってよいと思います。読後、物語の「オチ」となる「北緯34度32分」上の施設を何故か調べる。ジュンク堂、7&Iweb書店のレビューが的確にこの本を評しています。「凄い」という表現に尽きるのは、そうしたレビュー投稿者と同じ。
2013/01/29(火) 00:15 | URL | 久保寺 進 #-[ 編集]
ドクター中松
ドクター中松先生の、アパグループ懸賞 真の近現代史観「日本は負けていない -超経験者しか知らない史実-」を思い出しました。
2012/09/08(土) 22:55 | URL | 夢のメトロ #xl3yL0pg[ 編集]
No title
悠仁親王殿下の誕生花はキンレンカだそうですが、写真の花はキンセンカですね。名前は似てるけど全く違う花ですよ。
2012/09/07(金) 09:57 | URL | なでしこ #-[ 編集]
悠仁親王殿下が6歳の御誕生日
悠仁親王殿下が6歳の御誕生日
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-909.html

秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまが6日、6歳の誕生日を迎えられました。
お住まいの庭で姉の眞子さま、佳子さまと一緒に笑顔の悠仁さまです。

http://youtu.be/yfU5cHJ97BM
(動画)

【御皇室関係の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj7.cgi
【御皇室関係のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

国民の生活が台無しとトンデモ橋下で
日本崩壊
http://ameblo.jp/nyaonnyaon/entry-11347672356.html
「橋下徹氏、特別永住者(在日韓国朝鮮人)にのみ参政権を与えるべき、と語る」

2012/09/07(金) 00:44 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
No title
失礼ながら、ひとつご指摘申し上げます。
9月6日の誕生花は、キンセンカではなく、
金蓮花(キンレンカ)ツル性の多年草の様です。
2012/09/06(木) 23:24 | URL | #-[ 編集]
No title
今日、民主党の細野豪志環境大臣が民主党の代表選に立候補するよう、民主党の若手議員が推挙していました。
彼は現政府において人気があり、ルックスも良いとかで、野田首相にとって手強い相手になります。
しばらく前の国会を思い出しましたが、彼は地元のパチンコ業者5軒からそれぞれ70万円の政治献金を受けています。小沢氏は業界からの政治献金の禁止を主張していますが、片一方で個人献金は推奨しています。
従って、小沢氏の推奨する献金方法をそのまま実行しているのが、細野氏です。(これはもちろん違法ではなく、合法です。)
2012/09/06(木) 22:42 | URL | #-[ 編集]
No title
次の政権は、自民党を中心とした政党が担うことになるだろうね。

安倍元首相が返り咲きしたら面白い。前回は勉強の期間だったから。

民主党に投票した人たちも、もうもうこんな党にはコリゴリだろう。

維新の会?出立点はよかったが、魑魅魍魎の巣となってはおしまいだよ。

 

2012/09/06(木) 22:30 | URL | あ太郎 #eSGkAR1I[ 編集]
No title
シナの経済は破綻に直面しつつあると言う話もあります。
日本のバブル崩壊と同じと言う事です。
また資本主義、民主主義ではなく開放されておるとは言うものの
シナは共産主義、一党独裁で民主主義ではない為、共産党の意思により
全てが決定される国である事を私達日本人は今一度確認するべきです。

日本国への主権侵害に対してしっかりとした対抗措置を取るには
日系企業もマスコミや媚中派の政治家、役人に踊らされて安易にシナ進出をしてはならないと思います。
むしろ人質にされる危険性を排除する為に早急にシナから撤退し東南アジアや南洋諸島の国々インド等親日国への投資と支援をするべきです。

そしてシナや韓国、北朝鮮、ロシア等の反日国家の包囲網を構築するべきと思います。
2012/09/06(木) 21:50 | URL | 一有権者 #-[ 編集]
No title
先日、尖閣問題での中国のデモをテレビで見ていました。
日本人の小さな店が、例によって投石などの愛国無罪で破壊されていました。
イオンの前には警察官がづらり並んでおり、投石も被害もなかったとのことでしたが、副首相の親族が経営していることを知っていたのでしょうか?
小さなお店の方は、民主党がうらやましくなったでしょう。
2012/09/06(木) 16:41 | URL | #-[ 編集]
No title
こんな記事が。
大人の対応が不味い時がある証明ですね。
日本の対応を言われてるようでした。

怒った時にほとんどそれを表に出さないと、相手の態度はさらにひどくなる
http://www.lifehacker.jp/2012/09/120906younogood.html
2012/09/06(木) 16:10 | URL | hehehe #-[ 編集]
No title
連続投稿でごめんなさい。
昨日から気になるニュースがあります。それは尖閣諸島を国が購入と言うものです。
石原知事はそんな話は聞いてないとの発言です。

ここに来て、つまり選挙目前に控え風前の灯火と化した民主にこのニュースです。
反日勢力の情報操作が見え隠れしてる様に思えます、慎重に見守る必要があります。
石原知事を信じています。
2012/09/06(木) 13:06 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
No title
B29といえば、大刀洗平和会館にB29を平らにし枠組みされた実物大の大きさの物が一階の天上にあります。
日本の戦闘機と比較できます。
B29の大きさは漠然と分っていたのですが、目の当りにするとその大きさに驚いてしまいました。
そのB29が100機から500機、想像を絶します。

帝都防衛を任せられたのが、海軍厚木三〇二航空隊です。
多勢に無勢、そんな中でも勇猛果敢に挑んでいったのが英霊の皆さんです。
そしてそれを指揮する立場の小園司令のお気持ち、余りあるものがあります。
英霊の皆さんに改めて感謝です。

それに比べてと言っては何ですが、朝鮮戦争で北は当時ハイテクの戦闘機を持ってしても、搭乗員の資質というか、教育というか、何ともお粗末なこと。

「橘花(きっか)」は僅かに残った図面と写真から掘り起こし完成させています、その技術は賞賛されています。
日本の技術力は、昔からの物を挙げれば枚挙の暇もないほど素晴らしい物ばかりです。
終戦末期、連合国のように油が有り余っての開発なら当たり前の事ですが、油が無い中でのジェットエンジン燃料の開発、それも松の木からです、その技術力、驚嘆に値いします。

そして無い無いづくしの中で世界に先駆けジェット機を飛ばしているのです。
日本が精神面に於いても、技術面に於いてもとてつもない力を持った国なのだという事が良く解りました。
2012/09/06(木) 12:45 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
No title
自分も子供の頃、松から取れる燃料の事は本で読んだ事があります。その本の中でも松の燃料は使い物にならなかったと書いてありました。
またそこまで実用化が出来ていたのなら何故、今現在では松の燃料が使われていないのでしょう?もちろん技術的だけでなく経済的にも色々な理由があるとは思います。
B29が引退した理由はジェット戦闘機の出現だったのですね。もし日本のジェット戦闘機が早く生産化されていればとも思うのですが、元よりアメリカとは国力に差があり過ぎました。
今の日本の技術で戦闘機を作らせたらとんでもない戦闘機が作られるんじゃないかと夢想します。
アメリカからわざと性能の劣る戦闘機を高い金を払って購入するより、純国産の戦闘機を作れる国家にしたいものです。
2012/09/06(木) 12:32 | URL | 日本人で良かった #-[ 編集]
燃料電池バスから電力を供給、トヨタが2015年に向けて実用化を急ぐ
ps:
米国務長官、中国の習近平国家副主席との会談…急きょ中止
http://newsworlds.blog129.fc2.com/blog-entry-2736.html
2012/09/06(木) 11:10 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
燃料電池バスから電力を供給、トヨタが2015年に向けて実用化を急ぐ
燃料電池バスから電力を供給、トヨタが2015年に向けて実用化を急ぐ
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1209/03/news081.html

一般家庭では燃料電池自家用車で家庭の電力需要をまかなえる。
燃料電池は騒音の発生もなくて排出されるものは水であり、これを飲料水
に変えることも可能。 心配になるのは燃料にする水素ガス(H2)である、
なんとこれが水や海水の電気分解で作ることが出来る。 
水から始り水に返る永久エネルギー源として利用される。 
今、話題の危険な原発の代わりにすることが出来るばかりか、発電所から
工場や家庭に送電する送電線も不要になる。 コストのかさむ前総理韓直人
が推奨した、あの太陽電池、メガ・ソーラーシステムより遥かに安上がりなものである。

詳細は
【燃料電池の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kfn/kfn0.cgi
【燃料電池タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ps:
あの鳩山さんが言い出したCO2削減、皆さんはもうお分かりですね。
地球温暖化キャンペーンの欺瞞性を暴露すると、氷は解けると体積は減ります。
ひとつの嘘を見抜いていきましょう。
植物の生育にはCO2が必要です。
地球は生き物で100年周期で気象変動をしています。
北西航路の再開は100年ぶりの出来事でCO2とは無関係な話、
マスコミが宣伝する捏造報道にも注意しましょう。

詳細は
下記の地球温暖化の騙しの手口を参照願います
http://www.aixin.jp/axbbs/tnk/tnk.cgi#8月10日_22時50分54秒
(注意:URLを時間まで一緒に切り取り貼り付けてください)
2012/09/06(木) 10:28 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
No title
温暖化詐欺で、又ばら撒きしてるようです。
国内に予算振り向けろと言いたいですね。

途上国のCO2対策で新制度。削減分は日本に算入。政府、13年度から本格化
http://www.bangkokshuho.com/article_detail.php?id=500
2012/09/06(木) 09:37 | URL | hehehe #-[ 編集]
No title
毎回素晴らしい文章を拝読しています。今回の松根油では思い出があります。終戦時6年生だった我々は軍馬の飼料採りと松根油の原料である松の採集をしておりました。いっぱしの軍国少年だった訳です。
2012/09/06(木) 09:34 | URL | 上田隆男 #P0vgGwAM[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク