アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


台湾と主権のお話

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

台湾民政府
台湾民政府1021-1


台湾からのMailをお届けします。
我が国益にも大きく関係する問題です.
考えて見る価値のあるものと思います。

〜〜〜〜〜〜
【日本人の誤った「台湾帰属の認識」は即刻訂正すべき!】
黄◯◯ 2012年10月16日


=======
やまと新聞の動画コラムねずさんの動画マガジン
http://www.yamatopress.com/co/pg146.html


やまと新聞社「ねずさんの動画マガジン最新号」特別編
歴史通11月号P60より「日韓併合から李承晩ラインに至るまで」

======



以下に、「万国公法」、「国際戦争法」、「下関和平条約」、「サンフランシスコ講和条約」及び「米国憲法」に基づいた戦後の「台湾領土と本土台湾人の法的帰属」の真実を列挙します。
(国際戦争法の専門家、林志昇氏の「国際法理論述」参考)

1、台湾は、日本の植民地ではなく、日本天皇の神聖不可分の国土です。

明治28(1895)年4月、下関条約で大清国皇帝は拓殖地であった台湾を、大日本帝国天皇に永久割譲しました。
その後、日本は台湾に「内地延長」政策を採り、インフラ基礎建設を整備、「皇民政策」を実施して、台湾人の改姓名を自由化させました。

昭和20(1945)年4月1日、昭和天皇の詔書で、台湾に明治憲法実施を宣布、台湾は正式に日本の「神聖不可分の国土」 となり、台湾人は内地日本人と同等に参政権が与えられ、徴兵制度の義務が課されました。
日本は「台湾主権」の構築を完成させたのです。


2、日本は、戦後から今に至るまで台湾の「領土主権」を放棄していません。
日本には、台湾に対する「残余主権」と「主権義務」が残されています。

昭和27(1952)年発効のサンフランシスコ和平条約第二条b項で、
日本が放棄(renounce)したのは、
台湾主権(sovereignty)ではなく、
その主権権利(right of sovereignty )上の管轄権と、処分権(right to territory)、及び宣告権(claim to territory)のみです。

神聖不可分の「領土権」は、どの国にも譲渡していません。
従って日本は、残余主権(residual of sovereignty)を擁しています。
ということは日本には台湾への、主権義務(obligation of sovereignty)も依然として残っています。
日本は台湾を他国の侵略から守る役目を果たすべき義務があるのです。

実際、日米安保条約内に、台湾海峡が含まれているのは、その理由からです。


3、 台湾にはいまなお、日本天皇が主権権利を行使できる「大日本帝国憲法」即ち「明治憲法」が存在し、廃棄されていません。

大日本帝國領土の中で、ポツダム宣言第8条で制限された領土範圍、即ち、北海道、本州、四国、九州の四島には、「平和憲法」が施行されているが、その他の領土である「台湾」は、依然日本天皇に帰属し、同盟軍の占領前に実施されていた明治憲法は、その実施を、一時中止(suspend)されているだけで、廃棄されていません。
よって台湾人は、法理的に、今でも日本天皇の臣民です。


4. 台湾は現在「国際地位未定」です。

台湾は、「主権独立国家」ではなく、中華民国の領土でもないという状況が続いています。
従って「台湾」と「中華民国」は、混合すべきではなく、個別に切り離して「台湾問題」を思考するのが正しいということになります。

日本国土であった台湾は、昭和20(1945)年10月25日から、今日に至るまで「米国を中心とする連合国軍事政府」の「占領地」です。
現在、台湾に存在する中華民国は、戦後米軍の代理占領だった国民党蒋介石軍が中国共産党に敗れ、昭和24(1949)年から台湾に逃亡してきた亡命国政権として台湾を管轄します。
一方で「主要占領権国」である米国は、未だに台湾の「占領終結」を宣言していません。
従って、「台湾」は、日本が中華民国に返還した領土ではありません。


5.台湾人は無国籍である。

台湾には、「本省人」も「外省人」も存在しません。
台湾は中国の一省ではありません。
それ故「本省、外省」の名称はあり得ません。

米国連邦高裁は、2009年に、
「台湾人は無国籍」
「台湾人には国際で承認された政府は無い」
「台湾人は政治煉獄の中で生活している」との判定を下しています。

本土台湾人の日本国籍は 不幸にして、中華民国と日本政府が「国籍法」を無視し、一方的に双方からそれぞれ、強制帰化され、強制廃棄されたものです。

これは、中華民国、日本とも、「国籍法違反行為」です。
台湾人の中華民国国籍は虚偽であり、無国籍の本土台湾人は「日本国籍」に復帰すべきです。


6. 台湾に存在する「国民党」も「民進党」も、中華民国亡命国の政党です。

したがって「国民党」も「民進党」も、本土台湾人を代表する資格はありません。
在台中国人は「占領政権の亡命難民」であり、台湾人は、いまもって「被占領人民」です。

台湾人を代表すべき民進党が、台湾を含まない中華民国憲法に追従する政党である限り、台湾人を代表することはできません。
従って国民党の李登輝も民進党の陳水扁も台湾人ではあるが、亡命国中華民国に忠誠を宣誓した亡命国の総統であって、台湾国総統ではありません。
「台湾国」は未だ誕生していないのです。

「中華民国」の名は、国際社会で昭和24(1949)年から消え失せ、「中華、台北」 (Chinese, Taipei)に改名されています。
「中華、台北」とは、国際社会で認定されている「Chinese exile government in Taipei=亡命中国政府在台北」の略称です。


6.台湾住民に「正名、制憲」や「住民自決」の住民投票は不可能です。

現在の台湾住民(people on Taiwan)は、法理上無国籍の本土台湾人(people of Taiwan)が、多数を占めていますが、台湾の管轄権を擁する中華民国国籍の中国人が含まれており、お互い国家認識の異なる敵対している異質群衆の集まりとなっています。

よって2300万の台湾住民の「帰属問題」に関る投票資格の認定には正当性が無く、この論争は物議を醸し出すだけのものとなります。
また、「台湾主権」を擁しない占領国の米国と中国殖民政権は、本土台湾人の「住民投票」を企画して「台湾帰属」を決定する立場にありません。

したがって、台湾人の 総統選挙は「台湾建国」後に始めて実施可能であり、中華民国体制内での「正名、制憲」や「住民自決」は不可能なのです。


以上の様な「複雑な台湾地位」と「無国籍台湾人」の法理問題を、ほとんどの日本人も、台湾人も理解していません。
間違った認識の感情論だけで「台湾独立建国運動」に励んできたけれど、それらは結局は骨折り損のくたびれ儲けで、何の成果も無いばかりか、民主化まで後退している情況です。

一部のリーダー階級の台湾人は、中華民国体制内で建国達成への進路が見出せず、「台湾独立建国」の信念が揺らぎ始めてさえいます。
独立派の元老、史明先生も台湾人に「独立建国」を叫ぶ人が少なくなったと嘆いています。
この状態が続けば、台湾人の意志薄弱と戦略無しで、台湾はやがて中国に併呑されるのが落ちとなります。

けれど、台湾の「活路」には、最後の手段として、「正義の法理解決策」が残されています。

複雑な「台湾問題」を抜本的に解決するには、戦後中華民国軍隊を台湾に進駐させ、曖昧な台湾政策を続けて台湾人を政治煉獄の中で、60余年生活させてきた米国の責任を徹底的に法理追及し、「台湾地位正常化」を訴願することです。

2006年10月24日、米連邦法廷で米政府を告訴した林志昇グループ228名は、「台湾地位の正常化と台湾民権保障」の訴求を行いました。

この裁判は、三年間の攻防戦を経て、米連邦高裁は、
台湾人は無国籍であり、国際で承認された政府が無く、政治煉獄の中で生活している」と判定しました。

米政府はこれに対し、抗弁権を放棄した後、2010年7月4日「台湾民政府」のワシントンDC代表処の設立に同意しています。
そして「台湾民政府」は、同年9月8日、ワシントンDCの四季ホテル(Four seasons hotel)で盛大な祝賀会を催行しました。

かくして「台湾民政府」はその後、曖昧政策を採っている米政府と密接な連絡を取り続けています。
無国籍台湾人の国籍問題の解決に向け、米国に対し、「台湾公民身分証」発行を要求、既に、米国内で製作された3000枚が発効済みとなり、申請者は増加中です。

そして現在、パスポート代理の旅行文件も製作中です。
やがて、台湾は完全に中華民国と切り離され、最終地位は、大日本帝国の連邦自治国と成り得るのです。

2011年末、台湾民政府の閣員150名は、靖国神社参拝と天皇陛下誕生参賀を催行しました。
それは日本政府と日本国民の誤った台湾認識を訂正し、台湾人は日本人であり、台湾は日本の国土であることを日本政府と日本国民に伝え、正確な台湾の真実を認識してもらうのが目的ででした。

しかし、予想通り、日本のマスコミは中国を恐れ、そのことを一字も報道しませんでした。

今年の年末にも、台湾民政府は、官員を増やして同じ活動を催行します。
私達は、日本国民の支持と応援を期待しています。

台湾は日本の運命共同体だけではなく、生命共同体です。
日本国益のためにも、中国の恫喝を恐れず、昔の武士道精神を取り戻し、米日台協同で東アジアの平和と安定を築こうではないか。

黄◯◯ 2012年10月16日

台湾民政府のwebsite:
台湾語サイト
http://taiwancivilgovernment.ning.com

日本語サイト
http://www.taiwan.gr/
〜〜〜〜〜〜

先日もご案内しましたが、また繰り返し、同じことを書かせていただきたいと思います。

台湾人には、
People on Taiwan」と、
People of Taiwan」とがあります。

現在の台湾の人口は約2,300万人です。
このうち、約4分の3にあたる約1,725万人は、元々台湾に住んでいた人達です。
この人達が「People of Taiwan」です。

一方、台湾には、大東亜戦争終結後に支那大陸から入って来た人達がいます。
人口の約4分の1にあたる約575万人です。
この人達は「People on Taiwan」です。

この区別は現地台湾の人達にとって、大変重要な意味を持ちます。

要するに台湾における親日派の人達は、「People of Taiwan」であり、東日本大震災に際して多額の義捐金を送って下さったのも、この方達です。

そして、この「People of Taiwan」の方達こそ、大東亜戦争終結以来、外来人(主として支那国民党)に苦しめられ続けて来た人達なのです。

これだけの人口差がありながら、台湾がいまだに占領から独立できないのは、旧国民党の連中が、台湾の政治、メディアを牛耳っていることによります。

戦前、日本となり、日本人として大東亜戦争を戦った原台湾人の皆様は、いまも日本とともに歩むことを希望しています。

台湾は、ご存知の通り戦前は「日本」でした。
日清戦争によって、日本は清国から台湾領土の「割譲」を受けたのです。

領土の割譲を受けたということは、台湾の主権者は日本になった、ということです。

ところが昭和20年、日本が戦闘を終わらせたとき、日本に米軍がGHQとして占領統治に入り込んだのと同様、台湾には、蒋介石率いる支那国民党軍が占領のために入り込みました。

ここで大切なポイントは、「軍による占領統治は、当該地域の主権を奪わない」ということです。

わかりやすい例として、イラクがあります。
イラクは、フセイン政権のときに米国を筆頭とする国連軍と戦争となりました。
そしてフセイン政権は破れ、イラクは米軍を筆頭とする国連軍によって占領されました。
そこには、日本の自衛隊も派遣されています。

要するに、イラクは、終戦直後の日本と同様、米軍を筆頭とする国連軍によって、占領されたわけです。
そして占領軍によって統治を受けることになりました。
では、イラクの主権は、米軍を筆頭とする国連軍がもっているのでしょうか。

答えは、NOです。
軍による占領統治は、当該エリアの行政、司法、立法の三権を、一時的に軍の管理下に置くだけで、当該国の主権は、当該国民がそのまま有するというのが、国際法上の常識です。

そして軍の管理下において、当該国民が選ぶ政権が誕生し、当該政権との講和が成立したとき、その国の主権は、当該国の政権に委ねられるのです。
これが、世界の「あたりまえ」の常識です。

同様に日本も、GHQによって国政の三権がGHQの管理下に置かれましたが、当然、日本国の主権は、日本国民が留保しています。
それが「国民主権、主権在民」の意味です。
(同様に国政の三権分立というのも、GHQがその上位機構として管理者となるからこそ、分立となるのです)

そして、サンフランシスコ講和条約が締結されました。
ただ、日本がイラクと異なるのは、イラクがフセイン政権が崩壊したのに対し、日本では、太古の昔から続く日本の国体がそのまま継続されていた(崩壊していない)という点です。

そして講和条約というのは、戦争の当事者国どうしで交すのものです。
ですから、大東亜戦争に参加していなかった(というより大東亜戦争当時には存在しなかった)、韓国も北朝鮮も、中華人民共和国も、サンフランシスコ講和条約には参加していません。
これまた、戦争の講和なのですから、あたりまえのことです。

そして、これまたあたりまえのことながら、日本国憲法下の日本も、大東亜戦争を戦った当事者ではありません。
大東亜戦争を戦ったのは、大日本帝国です。
従って、サンフランシスコ講和条約を締結した当事者は、連合国と、大日本帝国であるということになります。

ですから本来日本は、サンフランシスコ講和の時点で、大日本帝国を復活させていなければならなかったのです。
ところが、当時、それをすると、日本は500万人が死亡するという激戦の朝鮮戦争に従軍しなければならなくなる。

だから、時の宰相の吉田茂は、日本国憲法を逆手にとって、九条があるからと朝鮮戦争参戦を拒んだわけです。
おかげで、朝鮮戦争(昭和25〜28年)当時、日本は朝鮮戦争に兵を派遣し、大量の若者命を犠牲にすることなく、その若者達は、もっぱら日本国内で子づくりに励むことができた。
こうして産まれたのが、いわゆる団塊の世代です。
つまり、団塊の世代というのは、ある意味、日本国憲法9条のおかげで、いま命をもらっているといえます。

ただそのために、一方では大切なことが犠牲になりました。
本来、日本は占領憲法から脱して、本来の主権を取り戻し、独立自尊の国家を築くことができたはずなのに、それができないまま、戦後67年のまどろみの中に沈むことになったこと。

そしてもともと日本領だった千島列島、南樺太といった北方領土、そして南の台湾領土についてまでも、曖昧な状態に放置し続けてしまったのです。

他方、台湾は、昭和24年には、支那本土において支那共産党との戦いに破れた、蒋介石率いる国民党が、その本拠を「占領統治していた台湾」に移していました。

ではその台湾について、昭和27年のサンフランシスコ講和条約には、どのように定められているかというと、次の記述となっています。
〜〜〜〜〜〜
第二章 領域
第二条
(b)日本国は、台湾及び澎湖諸島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する。
〜〜〜〜〜〜

ご一読いただいてお分かりの通り、そこには「権利、権原及び請求権を放棄」すると書かれています。

「権利、権原及び請求権を放棄する」というのが何を意味するかというと、
「日本が当該エリアの領主としての権利、日本がその権利を得ることになった原因となった権利、およびそのエリアに関する租税等の請求権を放棄する」ということです。

わかりやすくいうと、領土としての「処分権」を放棄した、ということです。
あくまでも「処分権」を放棄したのです。
そして大切なことは、「処分権」の放棄と、「主権」の放棄では、まったく意味が違うということです。

わかりやすくたとえてみます。
花子さんが自分の携帯電話を誰かに売ろうとしたとします。
そこで花子さんは、友人の太郎君に、その処分を依頼しました。
つまり、自己の所有物(主権物)の「処分」を、太郎君に委ねたのです。

処分を委ねただけなら、その携帯電話は、処分されるまでは、花子さんのものです。
つまり、花子さんが「所有者」であり、太郎君は「処分権者」になったわけです。

もちろん、太郎君は処分先を決めれば、花子さんは約束通り、その相手に携帯電話の所有権を移転の契約を締結し、携帯電話は、その相手のものとなります。

領土の場合は、これを「割譲」といい、「割譲」には割譲するための「条約」の締結が必要となります。
条約によって、晴れてその領土が、相手国のものとなるのです。

たとえば日清戦争のあとの下関条約で、日本が台湾の割譲を受けた。
あるいは、阿片戦争で、大英帝国が清国から香港の割譲を受けたのと同様です。

では、携帯電話の処分を委ねられた太郎君が、処分先を決めずに放置したままにしていたら、その携帯電話は、誰のものでしょうか。

答えは、簡単です。
いまだに花子さんのものです。

要するに台湾は、サンフランシスコ講和条約によって、日本は連合国にその処分権を委ねたのだけれど、それから60年を経過して、いまだに、連合国は台湾の処分先を「決めていない」のです。

ということは、台湾の主権者は、誰でしょう。
日本なのです。
つまり、台湾は、いまもまだ日本が清国から領土として割譲を受けた時のまま、日本の領土のままになっているのです。

これは、何も欲をかいて言っているのではありません。
国際法と、講和条約を文字通り解釈すれば、そういう答えにしかならない、ということです。

従って、台湾はどういう情況にあるかというと、いまだに日本でいったらGHQに相当する支那国民党が、占領したままの状態になっている、ということなのです。

戦後台湾は、日本と同様に急速に経済成長を遂げました。
これは日本と同じ、戦前の教育を受けた、まさに皇民のみなさんが、必死の努力をしたためです。

ところが、台湾が日本ほどの経済力を身につけなかったことには、原因があります。
もともとの台湾人(日本人)が必死の努力で稼いだお金を、政治を牛耳る国民党の連中が、政治的に富を横からさらい続けたのです。

ですから、国民党に連なる、あとから台湾にはいりこんだ連中は、お金持ちです。
まさに政財界を牛耳っている。
ちょうと日本において、戦前から朝鮮戦争後にいたるまで、貧窮のどん底にいた在日朝鮮人が、いまの日本の富を独占しているようなものです。

日本は、ともに大東亜を戦ってくれた台湾の同胞に対し、戦後67年間、そしてサンフランシスコ講和から60年間、そういう圧政の下にあった台湾の同胞を、ほったらかしにしてきたのです。

それどころか、台湾民との国交をある意味閉ざし、中共にすり寄った。
その結果が、支那の反日暴動です。
最近では、上海で日本人が襲撃されるといった事件まで起こっている。

東日本大震災が起こったとき、中共政府は、日本の福島原発事故をこれさいわいに、日本からの渡航者に対して露骨な放射線チェックを行いました。
そしてありもしない南京問題をでっちあげ、尖閣のみならず沖縄までも占領しようと着々とコトを進めています。

これに対し、台湾民は、貧しい生活の中から、なんと200億円もの大金を義援金として日本に贈り、さらに尖閣問題では、下にビデオでご紹介しますが、尖閣は明らかに日本の領土であると、宣言を行ってくれています。

台湾出身の鄭春河さんは、遺稿で次のように述べました。
「台湾はね、待ってるんですよ。
連合艦隊は必ず来る、日本は必ず立ち直って台湾を助けに来る、信じてるんです。」

2009年に日本に帰化した金美齢さんは、長年台湾民主化運動に関わってきた人です。
そして彼女の主張は、一貫して、自分は日本統治下の台湾に産まれたことを誇りに思っているというものです。

ありとあらゆる恩恵を被りながら、100年経っていまだに反日でいる国。
子供達に生きる勇気どころか、陰湿なイジメしか招かない教育者の名を借りた悪魔。
そこに資源があるとみるや、他国の領土領海を一方的に軍事侵攻しようとする馬鹿者。
日本の政治家でありながら、他国にへつらい、キックバックで私腹を肥やすことしか考えない政治家。

そんなものを、いつまでものさばらせておいても、私達に良いことはひとつもありません。

垢にまみれた服は洗濯に出し、いまこそ、日本は長いまどろみから醒め、新しい日本、本来の日本の建設に取り組むべきときがやってきています。

そしてその新たな取り組みの中に、日本人としていまも誇りを胸に抱き続けておいでになる台湾の同胞のことも、私達は忘れずに、しっかりと手を携えていかなければならないと思います。

日本が目覚めるということは、世界の、そして人類の良心が目覚めるということです。
なぜなら日本は、日本人は、互いの和を大切にし、殺すことよりも作ること、破壊するよりも建設することを好む民族だからです。

日本が日本を取り戻す。
そのことは、同時に世界が良心を取り戻すための行動になるのです。
私達ひとりひとりが、日本に目覚めることが、ほんとうの意味での世界の平和と人類の幸福、そしてなにより、私達自身の幸福を招くのです。

たとえ何があっても、どんなことがあっても日本を取り戻す。
みなさん、戦後67年のまどろみから、もう目を覚まそうじゃないですか。
そして堂々と聯合艦隊の旭日旗を台湾の港に翻らせようではありませんか。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

台湾民政府の声明_尖閣列島


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


【ご寄付について】
私の活動へのカンパは以下の口座にお願いします。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
関連記事

コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/02/16(日) 22:15 | | #[ 編集]
台湾民政府の活動実態は?
彼らは台湾人の国を作るといいながらやっていることは、色んな人から金を巻き上げて、独立派の諸団体を排撃・離間工作を行うなど、どこの誰のためにやっているのかわかりません。

台湾民政府の人間と会ったことがある日本語世代の台湾人の方は、「金を払うと閣僚になれるそうだ」と私に教えてくれました。現在の主席S氏は、4000万円払ったそうでうがが、今はここから抜けたいそうです。

こちらを読まれて、彼らが何を行っているかをご判断いただきたいと思います。
http://ameblo.jp/gold-eagle/entry-11519460351.html
http://www.emaga.com/bn/?2013050001618704008868.3407
2013/05/19(日) 13:25 | URL | 鹿島 #-[ 編集]
No title
なるほど、大変興味深いお話だと思います。
ただの契約書に不備があったので契約自体が無効というような話とも違うようですね
でも、この場合大日本帝国自体が存在しないのでますますややこしい状況なんですね
主権こそ放棄していないけれど、その他の権利を放棄しているとなれば、正直日本に主権を返還してもどうして良いやら…
震災への援助や、太平洋戦争では共に戦ってくれた台湾のみなさんの事を大変身近で尊敬出来る友人と認識しておりますが
言語、習慣、その他諸々違いすぎるのもあって大変大規模で難解な問題だと思います
最終的には台湾国として独立するのがベストな状況であるだろうとは思いますが、それでも、現状よりもっと身近な友人となりうることは確かでしょう
私はそういう未来を大変望ましく思います。
ただ、この話の肝はやはり「アメリカ」でしょうね…
もちろん、それ以前に台湾の皆様の総意としてアメリカへぶつける事無くしては誰も身動きが出来ないのも現状では確かだと思います。
せめて微力ですが口コミにて拡散に協力させて頂きます。
2013/01/28(月) 23:18 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/02(金) 01:10 | | #[ 編集]
No title
支那中国や韓国の暴虐、仁も知も礼も義も信も無い輩に対する日本国政府の対応を情けなく腹立たしく思っていた昨今、台湾からのメッセージ及び日本の台湾に対する立ち位置のご解説は実に勇気が湧きました。

私は小林よしのり氏の台湾論により台湾が大好きになりましたが、しかし氏の台湾論においても流石に主権の存在までは知識が及んでいなかったようです。
実に目から鱗 腹にストンと落ちてくる感じがします。

まさしく、今日本が手を携えるべきは台湾の台湾人である。と強く思います。
今、私が出来ることは、支那の蛮行と韓国の厚顔無恥を広く知って頂くこと。ファックス メールを送り続けること。抗議デモに参加すること。利権のための政治を追求すること。拡散、署名、その他出来ることはなんでしょう。
お知らせ下されば出来ることは全てやりたいと思います。国民が目覚めていること。戦う覚悟が出来ていることを政府政治家に知らしめたい。
2012/10/24(水) 10:25 | URL | まーさ #tn8F/5UY[ 編集]
No title
此度の記事、並びに台湾民政府からの生の声を拝聴し、彼の地に住まう
真に尊き台湾の方々の思いを何としてでも実現させたいと思います。

正直、台湾に関しては支那共産党の支配がかなり深いところまで及んで
いるものとばかり考えておりました。民進党、国民党は支那共産党の傀儡
政権であって、どれもが支那共産党の勢力争いの片棒を担いでいるに
過ぎず、最早、台湾の独立などは夢の藻屑と化した感を抱いておりました。

しかし、今日、台湾民政府声明文、並びに生の声明を拝聴できたことは誠に、
心より嬉しく思います。まだ、感激が収まりません。これほど、気骨のある
真に尊き台湾の方々が目と鼻の先にいらっしゃる。

清は滅び、漢族の中華民主主義人民共和国なる未開国に俺のもの呼ばわり
される覚えは何処にありません。

心から台湾を誇りに思う台湾の民を我等は守る義務があります。
未開国の連中に蹂躙させてはなりません。
声を挙げましょう。
2012/10/22(月) 23:18 | URL | 皇国の住人 #2Bh/CRnw[ 編集]
No title
「100人に1人が不法移民」 人権に押しつぶされる英国
http://www.hoshusokuhou.com/archives/19224188.html

>「人権はいまや、国外追放を免れようとする不法移民の最大の武器となっています」
>◆重くのしかかる経費
>◆テロ容疑者までも悪用
>◆寛容政策のジレンマ

これが現実。日本も朝鮮人、シナ人が同じ様に入って
来ている現状を世界に向けて訴えるべき
もちろん不法な他の外人も
基礎的なルールを守らないのに
人権だけが一人歩きするのは間違ってる
2012/10/22(月) 22:15 | URL | hehehe #-[ 編集]
国会追求・被災地復興予算ネコババ事件
レ違い失礼いたします。

【10.18 参議院 決算委員会 森まさこ議員】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19146163?via=thumb_watch

 福島の復興予算ネコババ事件の国会追求です。
遅刻してきた蓮舫議員が再び仕分けをやりはじめたそうで、 森まさ子議員の時間が削られてしまったようです。

【“仕分けコンビ”、復興予算で開き直り連発 自公に責任転嫁】
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20121019/plt1210190955001-n1.htm
《東日本大震災の復興予算の「流用」問題を審議した18日の
参院決算委員会で、かつての「仕分けコンビ」が開き直りとも
取れる発言を連発した。平 成21年の政権交代直後の「事業
仕分け」では、歯切れ良く予算のムダ削減 を訴えていた枝野
幸男経済産業相と蓮舫元行政刷新担当相。3年余りの与党
暮らしの末、「言い訳」を余儀なくされる場面が目立った。
 「あのー、ミソもクソも一緒にした議論はやめていただきたい」
 普段は理路整然と答弁することが多い枝野氏の冷静さを欠いた
答弁に、委 員会室は騒然となった。自民党の森雅子氏が、流用問
題で地元・福島の企業向け立地補助金が不足していることを厳しく
指摘したときのことだ。
 山本順三委員長(自民)はすかさず、「言葉は慎重に選んでくだ
さい」と 注意したが、枝野氏は「間違ったことを言っているとは思
わない」と収まら ず、「被災地以外に予算が使われていることは、
理由も原因も全然別の話だ 」とまくし立てた。自民、公明両党に
も責任があるといわんばかりだった。》
2012/10/22(月) 21:36 | URL | 某さん #LkZag.iM[ 編集]
No title
台湾の政情が狂ったのは、一つは日本が戦争に負けたこと。もう一つは、戦争で日本に勝った蒋介石が、中国共産党軍に負けたことです。
蒋介石は中国共産党に負け、行き先が無くなったから、海で仕切られている台湾に逃げ込んだ。逃げ込まれた台湾の方にとっては、災難でしかないと思います。
国際法上の取り扱いで日本に帰属することが可能ならば、日本に帰ってきていただけると、素直にうれしいと思います。

次に、蒋介石軍が共産党軍に負けたことは、日本にとっても不幸なことでした。
戦前のABCD包囲網に蒋介石軍が含まれていましたし、日本との戦争に貢献したから、国連の常任理事国になっていた。(気がついたら、国連から放り出されていた。)
蒋介石が日本に戦後賠償を求めないとしたのも、欧米がドイツに賠償を求めないことに習ったからです。中国がオオッピラに戦後賠償を求められなかったのもこれのため、だから日本は理由の分からない名目で援助を行い、未だに賠償を寄越せという。

ところで、野田首相は特例公債法案の処理、社会保障と税の一体改革、一票の格差の是正と国会議員の定数削減を含む選挙制度の改革ができないと解散しないような雰囲気です。
前の首相が三法案が通らないと辞めないと言って、首相の座にしがみついたのと似て来ました。

国連非常任理事国の選挙の際、玄葉外務大臣は日本の国連大使に韓国に投票するように指示したそうです。
今、日本は韓国と竹島の問題でもめています。また、韓国はいわゆる従軍慰安婦問題の嘘を日本だけでなく、海外で喧伝しています。
こんなときに韓国を支持したら、諸外国は韓国の主張が正しいと感じるのではないでしょうか? 売国政権、早く解散しろ!
2012/10/22(月) 21:08 | URL | ポッポ #-[ 編集]
日米関係
シナは日本の領土である尖閣諸島は自分のものだと言っています。1970年以前のシナの教科書では尖閣諸島は日本の領土と書かれていました。清や明などの古い話を持ち出す必要はありません。

それでもシナは核心的利益と言いだしました。自分の領土ではないことを知った上での主張です。国際法を持ち出してもシナには通用しません。「俺のものは俺のものだ」。それが彼らの国際法です。

シナには国境がありません。国境は国威が決めるというのが中華思想です。武力で脅迫して、相手がひるめばそこが新たな国境線です。世界の人はそのことを知る必要があります。シナの軍事力がアメリカを圧倒すれば「ハワイ」は俺のものだというかも知れません。そんな馬鹿なことはないと言うかもしれません。

しかし、日本の歴史にはその事実が残っています。それはシナからの脅迫ではありませんでした。が、軍事力が国境を決めた事実です。1904年の日清戦争後、日本が獲得した遼東半島を独仏ソの3国干渉でシナに返還しました。日本の軍事力が3国より勝っていれば干渉はなかったでしょう。戦後はそんなことはないと言うかも知れません。

が、シナという国には戦前も戦後もありません。武力が国境を決めるのです。尖閣諸島問題も圧倒的な武力を持てば平気で行使します。それがシナという国です。日本の政府や外務省は歴史を勉強していません。それが日本の最大の不幸です。

尖閣諸島や南シナ海の領土問題で、アメリカの存在がなければ彼らは平気で武力行使してきます。それに対して誰も文句が言えないからです。武力行使しないのはアメリカの軍事力がシナを圧倒しているからです。台湾がシナに武力侵略されなかったのもアメリカの存在です。平和憲法ではありません。

現時点では日本はアメリカとの同盟を強化する必要があります。が、いつまでもアメリカに頼ることは不可能です。

アメリカの軍事力の問題ではありません。問題は、アメリカがアメリカで無くなっていくからです。アメリカはグローバル世界を目指し、多民族の共生国家になっています。その結果、白人人口は移民人口に負けそうになってきています。このまま移民が進めば、アメリカは移民民族に支配されることになります。

そんなに遠い将来ではありません。移民民族の中で政治的な活動をするのがシナと朝鮮人です。他の民族はそれほど政治的な活動をしていません。近い将来、シナや朝鮮民族の影響力が強くなったアメリカが日本に対して親日を続けるでしょうか。

私は疑問です。日本はアメリカの将来を考えて、進むべき道を決める必要があります。政治に素人の私が心配していることは政治家の先生方は織り込み済みと信じています。
2012/10/22(月) 18:29 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
No title
4,5,6
そして、とくに最後の「台湾住民に「正名、制憲」や「住民自決」の住民投票は不可能です。」ははじめて知りました。
ねずさん、情報ありがとうございました。

2012/10/22(月) 15:33 | URL | #-[ 編集]
No title
強引に閣議決定した人権侵害救済法案に反対する署名を求めています!
↓請願用PDF ダウンロード、印刷して使用して下さい。
http://jinkensingai.blog.fc2.com/
2012/10/22(月) 14:58 | URL | 人権侵害救済法案廃案を目指そう! #V8nSTNrI[ 編集]
taiwan love !
政権交代!!

待っていても、政権交代は落ちてこない!!

「民主党はただちに解散せよ!
国民の信を問い、潔く解散総選挙を行え!」の一言でいい。


官邸・野豚議員会館・船橋事務所・売国反日民主党に
『内閣総理大臣 野田佳彦殿宛』に、

直接抗議(FAX・手紙・はがき・電話など)するべし。
メールよりFAXや電話は黙殺されにくいそうです。


かけだし鬼女様のブログ
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/42785d20d38eacc7f7c4df094b62e2aa?st=0

***ちょっと実名でFAX送るのはコワイ…そんなかたにはコチラ!***
無料&匿名でFAXがメアド1件につき1日2件「ネットから送れる!」サイト!!
http://www.myfax.com/free/
かけだしもFAXが自宅にないので、コチラ経由で送ってます!
*海外のサービスなんて、日本語文字化けの可能性アリ
かけだしは「PDF」で保存してから利用しています!
↓ myfax の使い方はコチラ ↓
http://rocketnews24.com/myfax/




【大拡散希望】
■【沖縄県】全市町村調査の結果、県民の本当の気持ちが見えてきました。 
尖閣諸島の自衛隊配備:必要82% 沖縄独立:反対99% やはり反対派は
「職業左翼」と「在日中国人」だったのか!
http://yuuhan.info/d.php?q=213

■10月に赤坂で開催予定のK-popフェスが延期に・・・竹島問題のあつれき受け、
このような催しに、日本の〝復興予算”が使われていることが、
バレたから延期になりました。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/saigai/kizuna_project.html

2012/10/22(月) 09:49 | URL | hope #-[ 編集]
No title
大拡散希望。
■【沖縄県】全市町村調査の結果、県民の本当の気持ちが見えてきました。 
尖閣諸島の自衛隊配備:必要82% 沖縄独立:反対99% やはり反対派は
「職業左翼」と「在日中国人」だったのか!
http://yuuhan.info/d.php?q=213


10月に赤坂で開催予定のK-popフェスが延期に・・・竹島問題のあつれき受け、
このような催しに、日本の〝復興予算”が使われていることが、
バレたから延期になりました。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/saigai/kizuna_project.html
2012/10/22(月) 09:26 | URL | hope #-[ 編集]
No title
台湾は日本を龍体とすると、玉である。龍が玉を追いかけ、つかむ時
龍体から龍神が復活し本当の日本に戻るであろう。
2012/10/22(月) 08:45 | URL | 白なまず #AMNr.eOs[ 編集]
女子高生コンクリ事件を遥かに超えるグロさで吐きそうになった
【南京大虐殺のモデルとなった事件があった!!】 通州事件1
http://www.youtube.com/watch?v=MTwie1yYEbQ
【南京大虐殺のモデルとなった事件があった!!】 通州事件2
http://www.youtube.com/watch?v=cAM4FzysKyk
【南京大虐殺のモデルとなった事件があった!!】 通州事件3
ttp://www.youtube.com/watch?v=_hFpxj0RkLo
【南京大虐殺のモデルとなった事件があった!!】 通州事件4
ttp://www.youtube.com/watch?v=oncE74q25iY
【南京大虐殺のモデルとなった事件があった!!】 通州事件5
ttp://www.youtube.com/watch?v=hIvNmR6SA-s

【必見!】通州事件で反日左翼を論破できるぞ♪【歓喜♪】
http://www.youtube.com/watch?v=GijJayMl3Mw

【必見!神動画!】石平氏が激白!!中国人が日本人大虐殺を計画!
http://www.youtube.com/watch?v=U0KaI7qGNxE
2012/10/22(月) 08:29 | URL | 拡散 #amXlFcx2[ 編集]
No title
全く考えもしないことでした。
いい話をありがとうございます。
2012/10/22(月) 08:01 | URL | 谷内口博 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク