アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


新たな武士の台頭

日本史検定講座を受講しよう!
申込は、あと若干名の受付が可能です。
ラストチャンス!!

■説明ページ http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html
■関連記事 http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1696.html

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

=======
やまと新聞の動画コラムねずさんの動画マガジン
http://www.yamatopress.com/co/pg146.html

最新号
黄色い点字ブロック


あんぱんのお話

======

本文↓ここから↓
源平合戦-1


「武士」と書いて「もののふ」とも読みます。
「もののふ」というのは「物部」で、「もののべ」とも読みます。
「もの」というのは、「えもの」つまり武器を指します。
ですから「物部」は、武器を扱う氏、つまり武門の長であったわけです。

時代が下って奈良時代になると、菅野真道らが編纂した延暦16(797)年の「続日本紀」の巻八に、「文人武士は国家の重んずる所」という一文が出てきます。
これが我が国における「武士」という言葉の初出になります。

太宰府における防人や、貴族の持つ荘園の警固兵など、古代における武士は、いまの時代にあてはめれば国軍の兵士や、民間の警備員のような役割の者達だったといえます。

ところが平安時代後期になると、貴族による全国的な支配秩序が崩れ、それに代わる私的な権力を持つ者達が現れました。

もともと、貴族の持つ荘園は、貴族や大寺院が自分たちの力で開いたものではなく、地方の有力農民などが開墾した農地が寄進されてできたものです。

従って名目上所有者は貴族ですが、実態は有力農民たちが管理運営していたものでした。
農地は平安時代を通じて、さらに開墾されていきますが、そうした農地は必ずしも貴族や大寺院に寄進されず、農民達が自分たちの手で守り抜くものとなっていきます。

はじめのうちは、土地は開墾すればいくらでもあるものでした。
けれど時代が進むと、当時の技術で開墾できるところは開墾しつくしてしまい、点在していた農地は、その境界を他の農地と接するようになります。

すると、治水利水権や、土地の境界線をめぐるもめごとが起こる。
貴族や大寺院の土地ならば、もめごとの調停は、貴族や大寺院側が行うけれど、それが私田だと、そうはいきません。
自分たちの力で解決しなければならない。

そこで農民たちは互いに結束して武装し、半農半武の武士団を形成しました。
律外の民としての武士のはじまりです。
彼らは自分たちの領地を守るために、一所懸命となって働きました。
食うか食われるかの戦いの中で、彼らは勇敢であることを誇り、卑怯を軽蔑し、武士の誉れを大事にする存在となっていきました。

そしてより大きな保護を得るために朝廷の武士(いまでいったら国軍)である源氏、平氏という大きな「家」に帰属し、そこで本領を安堵してもらうかわりに、いざというときには一命を投げ打って働く奉公をする御家人、つまりその一家に所属する集団となっていきました。
新たな「武士」の誕生です。

つまり、言葉は同じ「武士」でも、鎌倉以前の「武士」と、鎌倉以降の「武士」では、その意味合いがまるで異なるのです。
鎌倉以前にも武士はいました。
防人とか北面の武士などといった存在です。
けれど、それらは、いまで言ったら国の軍隊であり、地方公共団体の警察官のような存在です。

ところが鎌倉以降の武士は、そうした公的軍人や警察官等と異なり、庶民を代表して立ち上がった人達です。
つまり「領主」です。
刀を持てば武士というわけではありません。
また領主とともに戦いに出向く領民は郎党であって武士とは一線を画した存在です。

江戸時代、「鎌倉武士のようだ」という言葉は、武士に対する最上級の褒め言葉とされていました。
その鎌倉武士が尊敬されたのは、彼らが農地共同体の小領主であり、かつ、勇敢で領民思いであり、誰からも尊敬を勝ち得るだけの存在となっていたからです。

そしてそういう武士達が、元寇という外圧を機に、国を守るために敢然と立ち上がり、蒙古の大軍を跳ね返して、日本という国を守り抜いた。
そのことが結果として、本領を安堵するだけでなく、日本を護る、すなわち「公」のために忠義をまっとうする、つまりより大きな正義のために生命をも投げ打つ「武士」として、我が国に完全にその存在を定着させていったわけです。

このことは、民の側から見た武士達が、私利私欲ではなく、「公」という概念に仕える公明正大な存在となっていったということも同時に示しています。

ところが、日本を二分する武士勢力である平家は、源氏によって討たれました。
なぜでしょう。

平家は、伊勢平氏の棟梁であった平忠盛の長男清盛が、保元の乱、平治の乱で軍功をたて、武士としては初めて太政大臣に任ぜられたとされています。
軍功があって太政大臣にまで出世したのなら、武家の棟梁として申し分なしです。
何も「平家を討とう」などということにはなりません。

にもかかわらず清盛が民の顰蹙を買い、結果として家を滅ぼす原因となったのは、清盛が朝廷に食い込んでいったことそのものと、大きな因果関係があるといわれています。

それが何かと言うと、なるほど清盛が乱に勝ち抜いたことは事実なのですが、その際に彼は西日本の水軍を傘下におさめていたのです。
当時の水軍というのは、国際私貿易の担い手でした。
支那や朝鮮に船を繰り出し、私的交易を図って巨富を得ていたのです。

宝船の絵といえば、七福神が乗っかっていて、船には金銀財宝や米俵が満載されている図が描かれていますが、まさに国際貿易は、海難事故というリスクはあったものの、成功して帰還すれば、巨利を得ることができました。

少し時代は前後しますが、宝徳年間に明に渡った商人の楠葉西忍の記録によれば、明で250文で買った絹糸が、日本に持って来ると5貫文(5000文)の値で売れ、日本で10貫文で仕入れた銅が、明で40〜50貫文で売れたそうです。
刀剣類や漆器などは、やはり2〜30倍の値段で売れたと書かれています。
つまり、私貿易は、それだけボロ儲けできる商売だったわけです。

そうした利権を手中に収めた清盛は、朝廷に金をバラまき、地位を上昇させました。
なにせ時代は平安後期です。
律令制度の令田制度は崩れ、朝廷や貴族達の税収も減っていた。
そこへ登場した清盛は、まさにカネのなる木をもって、政治権力を買い取っていったわけです。

今風にいえば、清盛の治世は、まさに経済最優先の治世であったということができるかもしれません。
こうして政治権力を得た清盛は、娘の徳子を高倉天皇に入内させ「平氏にあらずんば人にあらず」とまで言われる時代を築いたわけです。

要するに清盛の力の源泉は、国際交易によって得た財力にあります。
従って清盛は、政界に力を持てば持つほど、ますますその財力を強化する必要に迫られます。
そしてそのために、清盛は、ますます国際交易に力を入れました。

このことは、交易の相手国であった支那、朝鮮との国交の親交化にもつながります。
当初は、商売のための財物が日本に流入するだけだったものが、次第に人的交流も強化されていきます。
はじめのうちは、それなりの人格者や高僧、あるいは技術職人などが渡来しますが、年月を重ねるにつれ、戦乱の続く大陸から難を逃れ、親戚を頼って日本に渡来する者たちも増えていきます。

私は、支那人や朝鮮族が、必ずしも悪人ばかりとはいいませんし、中には本当に尊敬できる人格者も数多くいるし、また普通の生活をし、郷に入ったら郷に従うまっとうな人達が大半を占めるということは、否定するつもりはありません。
けれど、人肉を食し、人を殺したり集団で弱い者、女性などをかどわかし、暴行したりする不逞な者達がそうした渡来人の中に数多く混じっていたであろうことも、これまた否定できない事実です。

結果として、それまでの平安日本の社会ではあり得ないような悲惨で残酷な事件が、国内で頻発する。
農作物や家畜が、半ば公然と盗まれる。
そうした治安の悪化は、民の怒りとなって蓄積していきます。

とりわけ東国の武士達からみれば、流れ者が乱入してきて治安を乱す。その治安の乱れ(犯罪行為)は、そのまま本領を安堵すべき武士の不名誉となっていきます。

そうした世の中の乱れを産んだ平家には、当然に民の怨嗟の声が充満してくる。
そしてその声は、はじめは小さかったものが、次第に世論となり、「平家討つべし」の大合唱が起こりはじめます。

そして一部の武士達が、源氏の嫡流である源頼朝を担ぎ上げ、中央政府を仕切る清盛に対して反乱を起こす。
はじめは小さな勢力でしかない頼朝派は、乱をすぐに鎮圧されてしまうけれど、「頼朝立つ!」の報は、東国を駆け巡り、ついには平家を滅ぼし、鎌倉政権の樹立に至っています。

こうした一連の流れは、似たようなケースが、我が国の歴史には度々登場します。
そしてそのことが、我が国の歴史が、だいたい150年から200年単位で、開国と鎖国をくり返す歴史となっています。

日本は、明治の開国から、今年で144年です。
開国政策は、我が国に江戸日本では考えられなかったような富をもたらした一方、大東亜戦争の焼け野原を招き、そして戦後復興という、未曾有の経済成長をもたらしました。

けれどその一方で、日本人の常識、経済的自己の利益よりも公に尽くす、あるいは人と人とが仲良く暮らす、互いに信頼を基礎におく安定した社会構造を大きく破壊してきました。
そして昨今では、日本的「和」よりも目先の利権を最優先する政党が、政権与党に座るという事態まで招いてしまっています。

そしてそのことで、日本社会は、わずか三年で富を海外に流出させたのみならず、人々の生活は苦しくなり、巷には政権与党に対する怨嗟の声が満ちるという情況になってきています。
そしてその一方で、民の幸福や日本社会の安定を願う、保守主義者ないし日本主義者が、大きく成長してきています。

思うに、いま立ち上がりつつある保守勢力、あるいは日本主義者、日本派、名前はいろいろな呼び方になっているけれど、その日本派の人々は、いわばかつて、民の私権を守るために立ち上がり、公に尽くすことを最大の使命と考え、我が国を守るために、自発的に立ち上がった人達です。
ということは、いま目覚め、立ち上がりつつある人々は、かつて領民を守るために立ち上がった鎌倉武士同様の、現代版「武士」といえる人達といえるのではないでしょうか。

もちろん社会構造が違います。
ですから、現代版の「武士」たちは、刀を腰に二本差すようなことはしません。
けれど、その思想と行動は、常に日本人としての日本の民とともにある。
それが武士です。

そして、つい最近まではバラバラに行動していたその現代版「武士」達は、いま安倍総裁という棟梁を得て、新たな日本つくりの段階にはいろうとしています。
新しい時代のはじまりです。

歴史は繰り返すといいます。
当面は日本は大乱となるかもしれません。
けれど、それは新たな日本を築くための産みの苦しみなのです。

私達は、誇りある日本の明日を信じて、いま、立ち上がったのです。
勝ちましょう! 衆院選!!

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

【西田昌司】11/26  『国会に嘘つきはもういらないから』


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


【ご寄付について】
私の活動へのカンパは以下の口座にお願いします。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
関連記事

コメント
下記の動画を拡散して下さい!
下記の動画を拡散して下さい!

テレビ朝日が情報操作しデマを流すように強要したことを経済学者に暴露されました!

■テレビ朝日の報道番組で経済学者に「安倍の経済政策はハイパーインフレになり経済破綻すると言え」と強要

https://www.youtube.com/watch?v=Ak35A8m9o5c

経済学者の男性はテレ朝系・モーニングバードに出演

「経済破綻とハイパーインフレでお願いします」と言われたと激白
「江頭みたく次から呼ばれない覚悟で本当のことを話した」 とも暴露

http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1354014704/
2012/11/28(水) 00:29 | URL | 安倍叩き=マスゴミ #amXlFcx2[ 編集]
武士の初仕事
今日の記事を読み、「よ~し!やっと我らが棟梁も誕生した事だし我々も現代版武士となって、取り敢えずは目の前の総選挙戦い抜くぞ~!!」と気持ちを奮い立たせながら先日お約束した『中山なりあき総決起大会』に馳せ参じた宮崎一区民です♪ε=┏( ・_・)┛イザッ!
想像以上に大勢の人達が集まっててw(°0°)wビックリ‥しながらナントカ前の方に座り登壇者の話を聞いてたんですが、その話によれば天満橋(←中山サンが作った橋)の先まで大渋滞だったそうで、その人気ぶりにまずは一安心(^.^)ホッ・・
恭子サンやわざわざ杉並から駆け付けた区議サンらに続き、最後に登場の中山サンが色々悪口wを言い始めたんですが、ドーヤラ自民の県連のイジメwにあって仲違いしたそーでして、安倍サンとは今も仲良しで電話でやり取りしてるそうです。 こないだ安倍サンが日銀白川やらに叩かれてた時も元大蔵官僚として「いやアレは安倍チャンが正しい」って理由を電話で懇々と説明したとの事。 また浪人中に郡部以外の宮崎市内全戸戸別訪問してた事も知りました(驚) 
あと貰ったチラシに水間サンの投稿があったんですが、そこに「伝統ある所が日本を護り作ってゆく。是非宮崎(←皇室の故郷)が起爆剤になってほしい」と書いてあったので、迷いも吹っ切れ中山サンが国政復帰出来るよう投票する事に決めました。 ‥ただ『維新』とは書きたく無いし安倍自民には圧勝して欲しいので、小選挙区に『中山なりあき』、比例で『自民党』と書く積もりです♪ 
考えてみりゃ宮崎一区なんて日本全体から見りゃ極く一部で大勢にはさほど影響せんので、飛車を切って玉を獲りにいく感じでしょうか? 形はどうあれ中山サン西村サンには国会の場に座って闘って欲しいんで。
もっとも一区の住民じゃなく隣の宮崎ニ区の住民なら何の迷いも無く『江藤拓=自民党』と投票出来たんですがねぇ‥(^^ゞ  直前で二転三転されたおかげで余計な回り道してしまいました(苦笑)(^o^;  素晴らしい大会でしたが、散々文句言ったろうと意気込んで行ったので、質問コーナー的なコーナーが無かったのが唯一のダメ出しでしょうか(´ω`)フンガ~
あっそうそう、会場出る時恭子サンと握手しました♪ なお閉会時のシュプレヒコールでコール役のお兄さんがグダグダ過ぎて失笑買ってたのはご愛嬌ww(*^□^*)ξ
2012/11/28(水) 00:11 | URL | 宮崎一区民 #-[ 編集]
先日のエントリーですが
「会津士魂」を見る想いです。
 勤勉であり、功を語らぬ東北人の姿でしょうか。小沢のようなナリスマシ東北人や安住・玄葉のような「地元を棄てる者共」に読ませたいものです。
 ねず様ブログ愛読者の私は実は、若いころ反日家でした。理由は大叔父が南方戦線で餓死しかかっており、その作戦の無謀さを聞かされていた為です。
 しかし人間、一度は私見を捨てて学ばねばなりませんね。
今回の記事も合わせて拡散に協力いたします。
2012/11/27(火) 22:48 | URL | 読者 #MAcqijD.[ 編集]
原発から卒業できる道を示す…「嘉田新党」結成表明
原発から卒業できる道を示す…「嘉田新党」結成表明
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121127/stt12112718060008-n1.htm

【関連情報】
http://www.tachiagare.jp/pdf/why_tachiagare.pdf

反日売国テレビ局・マスコミは大津いじめ事件を大々的に取り上げて世論操作を行いました。
その目的は支那や朝鮮が日本民族を支配して奴隷化することも可能になる「人権委員会設置法案」成立させる
ための世論の誘導です。 この法案181回 7号 人権委員会設置法案 及び 8号 人権擁護委員法の一部を改正
する法律案は野田内閣で閣議決定され衆議院法務委員会で2012年11月13日 (火) に審議に入りました。 
日本人社会の破壊者創価学会公明党の宿願のこの法案は公明党の賛成で衆議院でも参議院でも賛成多数で
可決寸前でした。今回、民主党政権野田総理が突然解散したので、この法案が次の国会で審議される
ことに成ります。
まさに今、支那が尖閣諸島を侵略して、朝鮮大統領が不法占拠している日本領土の竹島に上陸して国際問題
になっている、この時に、又、朝鮮大統領李明博が天皇陛下に謝罪を要求するなど、日本民族の存亡の危機
を迎えている非常に重要なこの時に実施される、今回の総選挙を脱原発、TPP、消費税増税とか賛成か反対か
の争点に摺りかえて国民の関心逸らしている反日売国テレビ局・マスコミの誘導に騙されないで下さい。 
今回の総選挙の争点は尖閣諸島を守り、竹島を取り返す事です。 反日売国勢力の支那人、在日朝鮮人や
支那や朝鮮に支配されたテレビ局・マスコミ及び在日朝鮮人の成りすまし反日売国民主党や支持団体の日教組
などを排除して日本人が日本を守れる地域防衛体制、自衛隊の国防軍や政治体制を構築して、日本人社会の
破壊者を追い出して破壊されて行く日本人社会を再建する事に賛成か反対かを問っている選挙です。
これからは、今までのように繰り返し繰り返し日本国民を騙して来た反日売国政治家や反日売国政党は不要なのです。

【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2012/11/27(火) 22:37 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
No title
安倍さんの「サボり先生方のポスター貼り」発言が出ましたが、
きたる選挙に向けての注意事項を少々貼らせてください。
ひめのブログさんが詳しく書いてくださっていたので。

**************************************************

■ 外国人の選挙活動は入国管理局へ通報!!! ■

入国管理局に、外国人による選挙活動の取り締まり徹底を
要望しましょう
 ↓
入国管理局
info-tokyo@immi-moj.go.jp


■ 公職選挙法にのっとった注意事項 ■

選挙違反を見つけたら、「交番」か「選挙管理委員会」へ即通報!!
「公立学校の先生の選挙活動」も犯罪、日教組要注意!!
落選運動について、「後援会参加者は違法」!!
街宣中候補者へのヤジは、公示前は良いが「公示後は違法」!!

違反の無い、健全な選挙に。

**************************************************
2012/11/27(火) 22:05 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
No title
いつもありがとうございます。
今日のニュースで安倍さんはなぜ討論をweb動画にこだわるのか分からないと言っていた議員がいました。
民主はホテル貸切で討論とか言っていましたが、当然だと思うのです。編集できないようにしたいからではないでしょうか。ホテルでなら野田さんにまた騙されるかもしれない。テレビなら変な編集をされるよってweb動画ならそのまま流されるからです。そんなこと私でもすぐにわかるのに。そんな馬鹿な発言をニュースにすることが愚か。今度の選挙ではこてこての保守の方々に当選してほしいです。当然保守に票をいれます。
2012/11/27(火) 21:31 | URL | 日和 #-[ 編集]
このブログで学ばせていただいたことで、私は変わりました。感謝。
この国の運命を左右するといっても過言ではない闘いに圧勝しなくてはなりませんね。命を懸けて最前線におられる安倍総裁のために、個人として、できることをします・・・微力ではありますが・・・。
土曜日、吉祥寺での街頭演説に行きましたが、聴衆者は数千人にものぼり、安倍総裁の力強い発言に「この人しかいないっ。」と痛感いたしました。
同日、日比谷での演説は映像で観させていただきましたが、大きな日の丸国旗をバックに語られる安倍総裁に、国内外のネガキャンに負けないでっと祈らずにはおられませんでした・・・。
濁流の中に身を置き、この国のために身を捧げている安倍総裁の支援者が一人でも多く増えますように・・・・朝〇、読〇、N〇K、TブタS等の日本を貶めたい者達からの負のエネルギーを少しでも跳ね返すことが出来るとすれば、身近な人に自分の知っていることを話し投票材料のひとつとしてもらったり・・・直接、媒体に意見電話、メールをすること・・・などでしょうか・・・?。
2012/11/27(火) 19:17 | URL | 圭 #-[ 編集]
ねずさん、今日も素晴らしいお話しをありがとうございました。
「武士」という身分も、スタイルもなくなりましたが、「精神」は受け継がれているのですね。
というか、DNAに刻み込まれているようです。
日本って奇跡の国だとつくづく感じます。
平成の「武士」の方々、よろしくお願いいたします♪
2012/11/27(火) 17:57 | URL | 紅葉狩り #-[ 編集]
外国人移動容易化法
山口博以(y-hiroyuki)‏@yamaguchi1964

外国人移動容易化法って、意味が理解できません。

「日・英・中・韓」の4か国語表記案内看板で、日本の美しい観光地の景観が台無し、しかも日本人移動が、看板が見にくくなって容易でなくなっている。

日本の公務員は誰のために仕事と予算を使っているんだ!!

即刻、こんな法律は廃止してほしい。
2012/11/27(火) 17:09 | URL | 加治将一@kaji1948 #yjv6NG8A[ 編集]
選挙の争点
今回の選挙の争点はただ一つです。それは「反日売国議員の徹底排除」です。経済や原発、TPP問題などの内政が争点ではありません。反日売国議員を排除すれば内政は解決できます。

自民党が公約に掲げた国防軍に対して批判が出ています。自衛隊は国民になじんでいるので名称を変える必要はないと言います。日本の中だけならそれでも構いません。しかし世界が相手です。自衛隊では隊員の命を守れません。

日本の辞書では「隊」も軍の意味を持っています。しかし、外国では異なります。英語では軍は「army」であり「隊」は「squad」です。「squad」は隊、分隊であり「軍」そのものを意味していません。

交戦し、ジュネーブ条約の捕虜として扱われるのは軍隊であって自衛隊ではありません。国内では自衛隊を軍と解釈しても交戦相手国が認めなければ捕虜扱いはされないのです。自衛隊員の命を守るのであれば名称をきちんと軍にする必要があります。

解釈では世界に通用する軍にはならないのです。憲法9条があるから軍に出来ないと言うのなら自衛隊は「軍」としての解釈は出来ないことになります。軍名称に反対する人たちは自衛隊員の命を守らないのでしょうか。
2012/11/27(火) 13:49 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
No title
花は桜木人は武士、我が国の歴史の中で武士が国の頂点に立ち、治世を行った事実はすばらしいことです。武器を扱うことは人格を磨かなくては単なる犯罪者集団を形成することになります。手入れを雑にしても乱射できるロシア製の銃器は気違い国家らによって次々とコピー生産され、世界の紛争、犯罪の温床の元となっています。それに対峙する公安関係者が武器を扱うことに対し色々いちゃもんつける馬鹿な反日政治家がいますが、そんな連中は二度と表舞台に立てないよう呼びかけましょう。特に社民党、共産党だけは許せません!!
2012/11/27(火) 09:29 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
No title
先日紹介された岡潔博士が述べている一節。


 「太平洋戦争が始まったとき、私は日本は滅びると思った。ところが戦争がすんでみると、負けたけれども国は滅びなかった。そのかわり死なばもろともと思っていた日本人が我先にと競争をするようになった。私にはこれがどうしても見ていられない。そこで自分の研究室に閉じこもったのだが、これではいけないと思いなおした。国の歴史の緒が切れると、そこに貫かれていた輝く玉たちもばらばらになる。それがなんとしても惜しいのだ」


戦後、この歴史の緒が切れてしまい、左翼や朝鮮人の跋扈を許してしまった。同時に、日本式の和がなくなってしまった。社員は家族だという考えもない。あるのは、〇〇マーネージメントだそうだ。

互いに支えあう、助け合うという美徳も影をひそめてしまった。「死なばもろともと思っていた日本人が、我先にと競争するようになった」のだ。


安倍総裁(総理)によって日本が取り戻されたら、日本人はもう一度切れた歴史の緒を結ぼう。


2012/11/27(火) 08:11 | URL | あ太郎 #eSGkAR1I[ 編集]
マスコミ
武士の時代は、情報は、口で伝える時代ですけど今の時代は、善悪をマスコミが伝える時代ですからマスコミに振り回される人が大半ではないでしょうか
政治家でも有名になりたいだけに出てくるのも沢山いるしマスコミを利用するのもいい加減にしてくださいと思いますけど 有名になりたい人は、マスコミにお酒の接待をしてるんです。
お酒で つられるディレクターやプロデュサーも問題ありですけどマスコミ関係は、建造物侵入や警察の御厄介になることは、平気でやるのであるテレビ局関係に不審者に思われるような格好なので警察に通報しますと言ったらそれから来なくなりました。
マスコミ関係の連中 特にテレビ局は、収録スタジオに入らないと出世しませんから あの手この手を使います。
2012/11/27(火) 07:45 | URL | 匿名 #Dq74ESy.[ 編集]
No title
脱原発党とかなんとか・・
訳のわからない政党乱立、自己の利権を確保する為だけの政党の多い事、中身が薄くて透けて見える様です。
とにもかくにも、12・16は安部総裁に阿部総理になってもらい、維新の日本派と共に日本を取り戻す政治を強力に推し進めて欲しい、俺も下級武士かもしれないけど、頑張るぞ~!
2012/11/27(火) 07:37 | URL | イシコウ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク