アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


鍛え上げられた陸軍将校の凄味

三ケ根山殉国碑への個人カンパご協力のお願い
詳細は→http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1721.html


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

陸軍士官学校1229


先日、「金門島の戦いと根本博中将」という記事(http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1713.html)という記事を書きました。

これについて、すこし書き足らないというか、大事なことを十分に伝えていないような気がするので、もう一度、あらためて、記事を書き直してみたいと思います。

いつぞや某政党の官房長官が自衛隊を「暴力装置」であると述べて問題にされました。
聞くところによれば、これは安保闘争時代からの左翼の一般用語、もしくは左翼の一般通念なのだそうです。妄語です。

その「暴力装置」が、正しく用いられることで、人の命を救うのです。
ひとたび鍛え上げられた優秀な指揮官に率いられたとき、それは何万人何千万人の命に救いをもたらす。
悪の非道な暴力に立ち向かって人の命に救いをもたらす、唯一の方法です。
それを「正義」と呼ぶのです。


=======
やまと新聞の動画コラムねずさんの動画マガジン
http://www.yamatopress.com/co/pg146.html

ねずさんの動画マガジン最新号
日本の◯がアメリカ・リンカーン大統領を支えていた


ねずさんの動画マガジン最新号
「中国を緑地化しよう」植樹をしてまわった日本軍・歩兵第三連隊


======


以前、「金門島の戦い」のことをご紹介しました。
この記事でご紹介した根本博中将は、陸軍士官学校を卒業した昭和の軍人です。

戦後、もっとも悪く言われつけたのが昭和の軍人であり、東京裁判とそれ以降の日本で、徹底的に叩かれ続けたのも昭和の軍人です。
けれど、その昭和の軍人が、どれだけ多くの人の命を救ったか、そのことについて、あらためて書いてみたいと思います。

根本博中将は、明治二十四(1891)年のお生まれで、いまは福島県現須賀川市となっている旧・二本松藩のご出身です。

二本松藩といえば、小藩ながら戊辰戦争で幕軍として、まさに勇猛果敢な戦いをした藩としても有名です。
その二本松の戦いについては、過去記事(http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1545.html)で詳しくご紹介しているので、ご参照下さい。
この戦いは、薩摩藩士で後に陸軍元帥となった野津道貫が、「おそらく戊辰戦中第一の激戦であったろう」と、述懐している戦いです。

根本中将は、そういう藩風を残した二本松に生まれ、育ちました。
そして中将に限らず、すくなくとも昭和の中頃までの日本人は、誰もが地域の記憶、地域の歴史を覚えていたし、自覚していました。
要するにそれがアイデンティティです。

いまどきの日本人には、地域の記憶も国の記憶もありません。
記憶というのは、歴史です。
つまり記憶喪失状態にある。
そして記憶喪失となった日本人に、過去の責任とかデタラメな捏造に基づいた責任追及や、賠償請求が行われているわけです。
こんな馬鹿げた茶番は、早急に終わらせなければならない。

根本中将は、仙台陸軍地方幼年学校を出て、陸軍中央幼年学校にあがり、陸士(二十三期)を経て陸軍に任官しました。まさに日本の陸軍畑一筋の人生を歩んだ人物です。

陸軍士官学校というのは、ものすごいところで、とびっきり優秀で勉強ができ、しかも身体頑健で健康そのものの青年でなければ、入学できなかった。
しかもその入学生に対して、つまり生徒ひとりに対して、数名の教師がかかりきりになって、徹底的に鍛え上げたところです。

士官学校では、入学したてのとき76cmだった胸囲が、わずか半年で1mを超えたという話も聞いたことがあります。
いったいどんな鍛え方をされたのだろうかと思います。

私もときどき、その陸士ご出身の方にお目にかかることがあります。
みなさま歳は90前後ですが、どなたも実に矍鑠(かくしゃく)としてらっしゃる。
しかもとても柔らかで、笑顔が素敵でおいでになりながら、その芯に自然な威(い)を備えてらっしゃいます。

その昔、陸士の方々が大陸や南方でご活躍された時代というのは、そのみなさまが、まだ現役将校だった時代です。
正直、こんなすごい人たち、こんな立派な人たちに率いられた軍というものが、いかに凄いものであったか。

今日、ご紹介する根本中将にしても、以下にお話しする活躍をされたときは、まだ40代後半から50代前半くらいの年齢です。
いまの私たちからみたら、年下です。
けれど、その貫禄というか、人としての偉大さというか、そういうものは、とてもじゃないけれど、現代日本人には、まるでないものであるように思います。

鍛え上げられた正義の人だけがもつ凄味、偉大さ、そういうものを、私達はもういちど、思い出してみる必要があるのではないかと思う。

さて、その根本中将ですが、終戦のときには、駐蒙軍司令官としてモンゴルにおいでになりました。
そこへ終戦後、ソ連の機械化旅団が攻めて来た。
戦争は終わっています。
北支方面軍司令部からは、「武装解除せよ」という命令もきている。

ですから根本中将は、軍使を出してソ連に二日間の猶予を願い出ています。
四万人近い在留邦人(民間人)がいたのです。
そのほとんどが婦女子です。
彼女たちを、無事にモンゴルから避難させなければならない。

ところがこれをソ連は聞き入れない。
そのまま武装解除せよ、という。
そして長口に攻め込むというのです。
これが何を意味するか。

すでに北満州では、ソ連と蒙古の連合軍による、暴行がはじまっています。
婦女子は強姦され、男は殺害されている。

このとき根本中将が下した決断は、
「民間人を守るのが軍人の仕事である。その民間人保護の確たる見通しがない状態で武装解除には応じられない」
「理由の如何を問わず、陣地に侵入するソ軍は断乎之を撃滅すべし。これに対する責任は一切司令官が負う」というものでした。

この決意を聞いた駐蒙軍の将兵の士気は一気に高揚したといいます。
ものすごくわかる気がします。
私だって、そんな局面にあったら、たとえ非力であったとしても、武器を手にして戦いたい。
愛する人を守るためなら、死ぬことだって惜しくない。
そんなことは、人として男として、あたりまえの心だと思う。

8月20日になって、ソ蒙軍が攻撃をしかけてきました。
根本中将以下の駐蒙軍は反撃しました。
激しい戦いは三日三晩続いたといいます。
圧倒的な火力を持つ敵との戦いです。
白兵戦まであったという。
どんなに激しかったことでしょう。

そしてその結果、駐蒙軍は、ソ蒙軍を撃退してしまうのです。
しかもこの戦いの最中に、邦人の引揚げを全員完了させています。

戦いで、駐蒙軍は、七〇名が戦死・行方不明となりました。
けれど敗退したソ連軍には、それに数倍、ないし数十倍する大打撃を与えています。

そして戦いの一方で根本中将は居留民避難のための列車の手配をしています。
各駅にはあらかじめ軍の倉庫から軍用食や衣類をトラックで運び、避難民たちが衣食に困ることがないように手配するという周到さで、です。

おかげでモンゴルから脱出した避難民の手記をみると、同時期に他の地域にみられたような悲壮感がまるでありません。
当時、張家口から脱出した当時二十五歳だった早坂さよ子さんの体験談があります。

======
張家口はソ連邦が近いのでソ連兵が迫ってくるという話にも戦々恐々と致しました。
五歳の女子と生後十ヶ月の乳飲み子を連れてとにかく、なんとか日本に帰らねばと思いました。

駅に着きますと貨物用の無蓋車が何両も連なって待っており、集まった居留民は皆それに乗り込みました。

張家口から天津迄、普通でしたら列車で七時間位の距離だったと思いますが、それから三日間かかってやっと天津へ着くことが出来ました。
列車は「萬里の長城」にそって走るので、長城の上の要所々々に日本の兵隊さんがまだ警備に着いていて、皆で手を振りました。そして兵隊さん達よ、無事に日本に帰ってきてと祈りました。
======

他のエリアでは、葛根廟事件のように女子供ばかりが故意に襲撃され、約二千名の婦女子が皆殺しにされたり、駅舎で待ち受けたソ蒙軍の兵士たちから夫や子の見ている前で輪姦され、あるいは避難途中に地元民に襲撃されて所持品だけでなく着衣まで奪われたりしていたのです。

これに対して上の手記では「手を振りました」です。
もちろん避難民ですからご苦労や不自由は多々あったろうけれど、他の地域の避難民から比べたら、いかにみやびだったことか。

そしてそれをなし得たのは、根本中将の断固とした意思と、その将を信頼して勇敢に戦った日本陸軍の兵士たちの活躍があったということを、忘れてはならない。

そして8月21日、ソ連軍を蹴散らした根本中将指揮下の中蒙軍は、夜陰にまぎれての撤収したのですが、列車は全部民間人避難のために使ってしまったとです。
ですから、みんなで徒歩帰還しています。

軍用食も避難民に供出した後だから何もありません。
そこで彼らは、最早所有者のいなくなった邦人の畑からトウモロコシをいただいて、それを生でかじって食事にしたのだそうです。

どんなに苦労しても、たとえ装備や糧食が不十分であっても、助けるべき者を助け、そのために命をかけて戦い、自分たちは最後に帰投する。
強いものほど先頭に立って苦労する。
これこそが、古来変わらぬ日本の武人の心です。
そしてそのおかげで、4万人の命が救われたのです。


モンゴルでの戦闘に勝利した根本中将は、軍装を解かずにそのまま北京に駐屯しました。
そして北京で北支方面軍司令官兼駐蒙軍司令官を務めました。
こんどは根本中将の庇護下に、今度は北支那に残る軍民合わせて35万人の命が置かれたのです。

この頃の支那は、まだ蒋介石の国民党が幅を利かせていました。
その国民党は、なんどとなく根本中将率いる北支方面軍に戦いを挑むのだけれど、ことごとく敗退しています。

すでに装備も不十分、弾薬も底をつき出しているはずなのに、それでも日本の北支方面軍を破れない。
日本陸軍が強すぎたのです。

次第に根本中将の存在は、国民党軍や八路軍の中で、恐ろしい「戦神(いくさかみ)」と呼ばれるようになっていきます。
日本軍には「天の神」がついている、というわけです。
神が相手では、そりゃ勝てない。

ちなみに支那においても、この「天の神(=天帝)」というのは、絶対のものという思想があります。
皇帝でさえも、天の神によって任じられるという形をとっている。
つまり天の神こそが、正義の神です。
その神が根本中将の北支軍に味方しているとなれば、これは戦うわけにいかない。

だから12月になると、蒋介石総統自らが、根本中将に面談を申し出ています。
相手が天帝なら、膝を折って、話し合わなければならない。

他方、根本中将にしてみれば、武装の目的は邦人保護と無事な日本への復員だから断る理由はありません。
むしろ両者の争いを早急に終わらせ、国民党の協力を得るに越したことはないからです。

はたして蒋介石は、
(一)北支軍とは争わない、
(二)日本人居留民の安全と、無事な帰国のための復員事業に積極的に協力する、という提案がなされます。
35万人の邦人を、無事に日本に帰還させることに責任を負っている根本中将にしてみれば、これはありがたい申し出です。
ですから根本中将は、蒋介石の申し出に答え、謝辞を込めて、
「東亜の平和のため、そして閣下のために、私でお役に立つことがあればいつでも馳せ参じます。」
と述べています。

蒋介石のむしろ積極的な協力のおかげで、在留邦人の帰国事業は、約一年かけて全員無事に完了しています。
こうして全てを終えた根本中将は、昭和21(1946)年7月、最後の船で日本に帰国しました。

北支方面にいた在留邦人35万人の命は、守られたのです。

それから三年経った昭和二十四(1949)年のことです。
根本中将は東京多摩郡の自宅にいました。

仕事はありません。
旧陸軍将校だというのでGHQによって、行動をいちいち監視されていたのです。
逆にいえば、陸軍将校というのは、まさに一騎当千、それだけ怖い存在だった、ということです。

ある日、中将は普段着のまま、釣り竿を片手に、妻に「釣りに行って来る」と言い残して家を出ました。
それからまる三年、中将の行方は杳(よう)としてわかりません。
三年後、帰宅した根本中将の手には、家を出たときに握られていた釣り竿がそのままありました。

行方不明となっていた三年間、何があったかについては、根本中将はまるで語らない。
家族にも語らない。
友人にも語らない。
そしてそのまま昭和41年、74歳で永眠されました。

この三年間の事情がわかったのは、中将の死後二〇年近く経った昭和六〇年のことです。
実は家を出た根本中将は、蒋介石との「私で役立つことがあれば」との約束を果たし、台湾で一千万の人の命を守っていたのです。

昭和24年といえば、日本では戦争は終わったけれど、東亜は、いまだ戦乱の中にありました。
翌年には朝鮮戦争が勃発しているし、中共政府が樹立され、人民解放軍がのべつあちこちで虐殺事件を繰り広げていた頃です。

その支那共産軍によって、蒋介石率いる国民党軍は支那各地で粉砕され、敗退し、蒋介石はついに国外脱出し、台湾に逃れていた、そんな時期です。

この時点で蒋介石に残されているのは、台湾本島と南支那海に面した福建省の港湾都市の廈門(あもい)近郊だけです。
すでに米国も蒋介石政権を見放していました。
米国務省は「支那は共産主義者の手中にある。国民党政府はすでに大衆の支持を失っている」と公式に発言して、国民党への軍事援助の打ち切りを発表していたのです。

そして蒋介石は廈門(あもい)を失えば、これで完全に支那本土での支配権を失う。
そして共産軍がその勢いで台湾に攻め込んで来れば、おそらくは国民党兵士は全員虐殺され、元日本人であった台湾人一千万の命さえも、風前の灯火、そんな情況にありました。

そんなことはない、台湾にいた国民党は連合国の一員なのだから、共産軍が台湾まで攻めて来ることはあり得ないという人もいるかも知れません。
けれど共産軍は、その翌年には連合国を相手に北朝鮮と朝鮮戦争を戦っています。
相手が連合国であれ、おかまいないなのです。
さらにチベットに攻め込んだ共産軍は、チベット600万の人口のうち四分の一にあたる150万人を虐殺しています。

そういう連中が、台湾にやってくるのです。
流れでいけば、元日本人であった一千万の台湾人のうち、すくなくとも二百万人以上は殺害され、いま、台湾は中華人民共和国の一部となり、その後の文化大革命でさらに人が殺され、21世紀となったこんにちにおいても、台湾では若い女性が貧困の中で焼身自殺をする、そんな情況になっていたかもしれません。

その情況で、根本中将は単身、ひそかに漁船を用いて台湾に渡りました。
これには戦前、第七代台湾総督だった明石元二郎氏の息子の明石元長氏も献身的に協力をしてくれています。
戦後の混乱期の中、なんとかして中将の渡航費を秘密裏に確保しようとする元長氏の手帳に「金、一文もなし」と書かれたメモが残されています。

戦後の焼け野原の混乱の中、渡航資金を確保するために奔走した元長氏の苦労が偲ばれます。
氏は中将を延岡の港から送り出した四日後、過労のためにお亡くなりになっている。
まだ四十二歳の若さでした。

他方、出港から十四日かけて台湾に到着した根本中将は、途中の嵐と時化、船の難破などの困難によって、上陸したときには船はボロボロ、体もガリガリに痩せこけ、髭は伸び放題、まるで浮浪者のような姿だったそうです。

ですから台湾警察によって不審な密入国者として逮捕投獄されています。
途中の経緯は紙面の都合で省略します。

投獄された根本中将は、その後蒋介石との面会を実現し、廈門(あもい)防衛隊の顧問を任せられました。

ところが根本中将は、この商業都市廈門を捨てろと進言したのです。
代わりに近くにある金門島に防衛ラインを引けというのです。

これは戦を指揮した湯将軍には辛い選択でした。
廈門(あもい)の守備隊なのです。
しかもその前には上海を奪われています。
そのうえ廈門(あもい)さえも撤退したとなれば、共産軍はますます勢いを増すし、湯将軍は信用を失う。

けれど根本中将は、そうした見栄でなく実を取るように進言しました。
廈門には20万の一般市民がいるのです。
廈門が戦場となれば市民にどれだけの惨禍が起こるか計り知れない。

こうして戦いの場は廈門からわずか二キロの海上に浮かぶ金門島に移りました。
そして金門島の国民党軍は、根本中将の作戦指揮に従うことで、完璧な防衛施設を整え、上陸した二万の支那共産軍の精鋭を、わずかな兵力で木っ端微塵に粉砕したのです。
木っ端みじんです。

戦いの詳細については、割愛します。
ともあれ共産軍にしてみれば、瀕死の状態にあった国民党軍に、2万の精鋭による大軍を差し向け、これを木っ端みじんに粉砕されたのです。

このことが何を意味するかというと、ひとつには、廈門(あもい)市に住む二〇万の支那の命が守られました。

さらに、この時期の中華人民共和国は、まだ建国宣言したばかりです。
まだ政治基盤が固まっているわけではありません。
その固まっていないうちに、戦いで「負けた」という事態が、これ以上拡大したならば、下手をすれば中共新政府自体がふっとんでしまう。

しかも調べてみると、それまで弱弱だった国民党軍が、いきなり強くなった背景には、あの「戦神」の根本博中将がついているという。
これでは勝てません。
勝てないどころか、根本中将の指揮によって国民党軍が北京に向かって進撃してきたら、共産軍に勝ち目はないかもしれない。
なにせ相手には、「天帝(=神)」がついているのです。

つまり、金門島の戦いは、共産軍に台湾上陸をあきらめさせ、結果として台湾の共産国化を防ぎ、台湾一千万の民衆の生命を守ったのです。

さて、戦いの後のことです。
金門島守備隊は台北に凱旋した。一行を迎えた蒋介石は、このとき根本中将の手を握って謝意を述べました。
しかし根本中将は、
「支那撤退の折、蒋介石総統にはたいへんな恩を受けた。自分はそのご恩をお返ししただけです」と静かに語っただけです。

そして結局根本中将は、この功績に対する報償を一銭も受け取らず、また、日本で周囲の人達に迷惑がかかってはいけないからと、金門島での戦いに際しての根本中将の存在と活躍については、公式記録からは全て削除してくれるようにとくれぐれも頼み、台湾を後にしています。

だから台湾国内でさえ、金門島の戦いは誰もが知っているけれど、根本中将の活躍については、誰も知らない。
そんな状態が戦後、長く続いたのです。

さて羽田に着いてタラップを降りる根本中将の手には、家を出るときに持って出た釣り竿が一本、出たときのままの状態で握られていたと冒頭に書きました。
それはあたかも、「ただちょいとばかり釣りに行っただけだよ」といわんばかりの姿であったといいます。

なぜ中将は釣り竿を手にしていたのでしょうか。
これについて、私は次のように考えます。

どんなに激しい戦地にあっても、途中にどんな困難があっても、そして何年経っても、決して家族のことを忘れない。
釣り竿は、その証だったのではないでしょうか。
これこそが、日本の武人の、父として夫としてのやさしさなのではないか。
そんなふうに思います。

立派なのは、中将だけではありません。
奥さんも実に立派です。
奥さんも、いまもまだご存命の娘さんも、そうした父の姿を咎めることをまってくしていないのです。

夫が行方不明の三年間、それはそれはご家族には苦労があったことでしょう。
その三年間に夫が何をしてきたのかも知らないし、わからない。
夫も語らない。

けれど、そういう夫が、何かお役にたつことをしてきたという、その一点だけは完璧に信じられる。
だから問わない。
聞く必要もない。

それが知るべきことなら、いつか知る時が来る。
それまでは夫を信じるだけ。
これが日本の武人の妻です。
おそろしいほどの信頼関係です。
私は中将の奥さんも実に立派だったと思います。

冒頭に「暴力装置」の語を書きました。
根本中将とこれに従う武人たちは、
蒙古の地にあっては4万の邦人の命を、
北支にあっては35万人の邦人の命を、
金門島にあっては、廈門(あもい)20万の命を、
そして台湾人一千万の命を救いました。

そして根本中将自らは、そうした功績を一切誇ることなく、また何ら報奨を受けることなく、そればかりか何も語らず、一介の老人としてその生涯を閉じられています。

みなさん、こういうことを正義でないというなら、いったい何をもって正義と呼んだらいいのでしょうか。
また、我が国の鍛え上げられた正義の武人というものが、いかに多くの民の命を救い、守り、助けることになるのか。

私は、軍が「暴力装置」だの云々とレッテル貼りで批判するよりも前に、そういう史実を、しっかりと学ぶことのほうが、よっぽど人として大切なことであろうと思うのです。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


三ケ根山殉国碑への個人カンパにご協力いただける方は、こちらに。
詳細は→http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1721.html
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
関連記事

コメント
自衛隊は認められた武力です。
非合法のチンピラサヨクテロリスト集団とは違います。暴力装置はサヨクのテロリスト集団でしょう。自分達がそうだから他人もそうに違いないというサヨクお得意の写し鏡史観ですね。
2013/07/01(月) 00:03 | URL | アジア #-[ 編集]
No title
今回の記事を読ませていただき日本人の鏡みたいな人がいた事に驚きというか私自身日本人で生まれた事に誇りを感じずにはいられません。共産党寄りの現総統が敬意を表しているのは、戦前、戦中日本の先人たちが台湾に良い事をしてきた証拠でしょうね。親日の台湾好きです。私は札幌に住んでいますが観光客に台湾の団体が多く見られます。このような記事が普通に教科書に載せられるような時代に変えていくべきだと思います。自虐史観教育から目覚めた若者が今の日本の混沌とした社会を希望有る国にしていくように感じます。我が民族には回りの国とは違う素晴らしいDNAが脈々と受け続けねば、先人たちに顔向けできないのではと思いますが、みなさんはどうお思いでしょうか。我が国の歴史を知れば絶体絶命の危機を何度か乗り越えたのに、現在の自信躁失社会になっているのは、戦後教育の影響が国民全体に行きわたってしまったのではないでしょうか。この素晴らしい国日本を再生して、美しい日本を取り戻しましょう。
2012/12/30(日) 12:34 | URL | 虎さん #-[ 編集]
No title
陸軍士官学校ではありませんが、陸軍幼年学校出身者で小説家の小久保均さんという方と会ったことがあります。現代日本人にはない異質な雰囲気を放っており普通ではないくらいの知的水準の持ち主です。15才の頃熊本の連隊に所属し本土決戦で死ぬ覚悟を決めていたところ終戦を迎えたそうです。小生の祖父も叩き上げで准士官(海軍兵曹長)となり戦没しており終戦まで生きていれば特務士官となっていた可能性があります。祖父たちと自分自身を比較すればするほど生きるのが恥ずかしくなってきます。
2012/12/30(日) 00:41 | URL | 楠公忠烈 #-[ 編集]
驚きと感動が…
知人から勧められて
ねずさんのブログを
拝見させてもらいました、
未成年の者です。
少し生意気ですが、
正直、自分が知りたかった事や、それ以上の事が記載されていて「これだっ!」って
感じです(^o^;)
これからもねずさんのブログを拝見させてもらいます!!

2012/12/29(土) 21:53 | URL | ぺんてる #-[ 編集]
感動しますね。
ねずさん、こんばんは。
根本中将には、感動しました。
改めて、日教組には、腹が立ちます!
昭和史は、ほとんど習ってません。
私は、洗脳教育により、大東亜戦争には、立派な人はいなかったのでは、と思っておりました。
自分自身が情けないです。
岡田幹彦先生の「東郷平八郎」や「乃木希典」を読んだときのように感動をしました。
天皇家と同じで脈々と大和魂は、受け継がれていたのではないのかなぁと思いました。
それを戦後教育によって奪われてしまった。
このような立派な人は、やはり書物として発行すべきだと思いますが…。
では。
2012/12/29(土) 21:13 | URL | あ. #-[ 編集]
台湾って素晴らしい国ですね!
 根本中将の記事と合わせて金門橋の戦い!そして45分間にわたるビデオを拝見して台湾建国の国士となった軍人が日本人であることを知りとても誉あることだと感銘を受けました。
 ただ、支那が歴史を捏造してまで恩になった日本を貶めようとしているのに対して台湾は60年も経った今、中国寄りの大統領がいるにも係らず台湾の歴史に根本中将を記載したり、記念式典でご子息たちに御礼の言葉をかけたり、握手してくれたり戦前の日本のDNAをそのまま残している素晴らしい国であることを証明していると思います。これからも親しく付き合うべき国であることを証明してくれました。
 過去の歴史の中で蒋介石はとても許せないやからであると思っていましたが少し見直しました。
 今日、自民党の意見欄にNHKを何とかしてくれ!最低でも視聴した番組の受信料にしてもらいたい。反日の公共放送は不要だと要望しましたが、ネットの力でなんとかマスゴミを退治したいものですね。
2012/12/29(土) 20:22 | URL | しょうちゃんのつぶやき #bvoP3EXo[ 編集]
また涙が
こんばんは
本日も泣きながら読ませていただきました。
本当にありがとうございます。
日本はいい国だ。
2012/12/29(土) 19:38 | URL | 日本はいい国だ #-[ 編集]
No title
是非ともマッカーサーアホ憲法を廃棄し、新憲法を制定してもらいましょう、頑張れ自民党&暴走老人:石原さん!!
2012/12/29(土) 19:37 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
今日もためになるお話しをありがとうございました。
根本博中将のお話しは二回目だし、ねずさんが何を伝えたいのだろうか、と注意深く、じっくりと読ませていただきました。

>愛する人を守るためなら、死ぬことだって惜しくない。
そんなことは、人として男として、あたりまえの心だと思う。


あたりまえとは思えませんが、一人でもそんな方が増えて下さると日はまた昇りますね。


>強いものほど先頭に立って苦労する。
これこそが、古来変わらぬ日本の武人の心です。


こういうことも、記憶喪失になってる武人の心だと思います。
しかし、最近ちらほらとこういう心を持つ武人を発見して嬉しいですが…


>蒋介石総統自らが、根本中将に面談を申し出ています。
相手が天帝なら、膝を折って、話し合わなければならない。


これこそ、現在に求められる本当の外交なのではないか、と思いました。
相手を刺激しないように、というような弱腰外交では何の解決も見つからないし、逆に相手を刺激するんじゃなかろうか、と思いました。

お忙しい中、ブログ更新ありがとうございます♪
2012/12/29(土) 18:54 | URL | ビオラ #-[ 編集]
慰安婦問題 再び
同じ話を繰り返すのはうんざりだが、NYタイムズがまたsex slaveを蒸し返しているので、史実を確認しておこう。

NYTは安倍政権が河野談話を見直そうとしていることをこう批判している

If Mr. Abe revises the apology, the move will run counter to the wishes of the United States. American officials say they have urged Mr. Abe to shelve calls to revise the Kono Statement to avoid increasing tensions with South Korea.アメリカ政府は「日本政府は河野談話を見直さないで韓国と仲よくしろ」といっているが、これは逆である。韓国政府が慰安婦の「強制連行」の証拠を一つも出さないまま日本を非難し続けているから問題が解決しないので、韓国が嘘をつくのをやめればこの問題は終わる。

ところがNYTのヒロコ・タブチ記者は、いまだに"Prof Yoshimi's historial account backed up by J-military, other docs, testimony"などと書いている。彼女がちゃんと読めばわかるが、この本の原著『従軍慰安婦』には強制連行の証拠は一つもあがっていない(それは吉見氏も認めた)。あるのは「人身売買も広義の強制連行だ」という彼の勝手な解釈だけだ。

慰安婦の「証言」はあるが、それは1992年の朝日新聞のでっち上げ記事のあと、福島瑞穂氏などが募集して出て来た信憑性のない話だ。私が1991年に取材したときは、一人も強制連行されたとは証言しなかった。

池田信夫ブログ
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51834521.html
2012/12/29(土) 16:54 | URL | 貼り付け #kSjPGwWM[ 編集]
No title
早くこの話を学校教育に!
2012/12/29(土) 12:11 | URL | 志士 #-[ 編集]
是非とも映画化して欲しいですね
また中韓及び、反日日本人どもの横槍で難しいでしょうが

藤田まこと氏主演の「明日への遺言」のように、日本人としての素晴らしさを行くあてに迷っている若者たちの道標となる様、暴力装置ではない軍人達の映画化を
そんな世の中に
至極普通で当たり前の世の中に日本がなってくれたらと思います
2012/12/29(土) 11:29 | URL | 下町キング #-[ 編集]
いつも、ありがたいお話しを拝見させ
ていただきありがとうございます

根本中将に日本人の真髄をみました。

その高い精神性と英知に深く感動しました。

当時の多くの日本軍人が同じ思いでそ
れぞれの役割を担っていたと思います。

この様な方々を敬わず否定する左翼や
マスコミに戦後教育に憤りを感じて止
みません。

本来の日本を取り戻す事を安倍政権に
期待し、国の為(愛する人々)に闘っ
た方々に最大の敬意と感謝を多くの人
がごく普通に持つ事を様になることを
望んでいます。


2012/12/29(土) 10:56 | URL | ヤマト #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク