アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


陛下の新年にあたってのご感想

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

今上陛下0101-1


新年にあたっての陛下のお言葉です。

=====
東日本大震災から2度目の冬が巡ってきました。
放射能汚染によりかつて住んでいた地域に戻れない人々や,仮設住宅で厳しい冬を過ごさざるを得ない人々など,年頭に当たって,被災者のことが,改めて深く案じられます。

今後,震災や津波による被害の経験を十分にいかした防災教育やまちづくりが行われ,人々の安全な生活が確保される方向に向かうよう願っています。

日本は,大震災の影響等により,現在厳しい状況に置かれていますが,皆が被災者に心を寄せつつ,互いに支え合って様々な困難を克服していくよう期待しています。

本年が,我が国の人々,また,世界の人々にとって少しでもより良い年になることを祈ります。


(英文)
A second winter since the Great East Japan Earthquake has come around. At the dawn of the new year, my heart goes out to the afflicted people, those who cannot return to the places they used to live because of radioactive contamination and those who have to spend the cold harsh winter in temporary housing. I sincerely hope that, in the future, the experience of the damage caused by the earthquake and tsunami will be fully utilized in disaster prevention education and town planning so that the country moves towards assuring safety and security in the lives of the people.

Our country is now going through difficult times because of the earthquake and other factors, but it is my wish that the people's hearts will always be with the afflicted, and that everyone will support one another to overcome the various challenges.

It is my hope that the new year will be better, even a little, for the people of Japan and the people of the world.

======


平成25(2013)年の元旦における陛下のお言葉は、東日本大震災と原発の被災者のことでした。

短いお言葉ですが、陛下は「被災者のことが改めて深く案じられ」ると述べられ、
また「今後」とされたうえで,「震災や津波による被害の経験を十分にいかした防災教育やまちづくりが行われ,人々の安全な生活が確保される方向に向かうよう」と述べられています。

陛下は、ときおり、こうしたとても「厳しいお言葉」を発せられることがあります。
なにが厳しいかというと、陛下が「今後」と述べられているということです。

東日本大震災から2年を経過しているのに、陛下は「今後」と述べられた。
ここに陛下のお心をみることができます。

このことは要するに、この2年間の民主党政権下の震災対策を、ひとことでいうなら「何もしなかったと同じ」もしくは、「不十分」と厳しくご指摘されているお言葉といえるのではないでしょうか。
だから「今後」なのです。
これは陛下からの厳しいご叱咤(しった)であると、私達は受け止める必要があろうかと思います。

そして陛下は、「今後」なすべきは「防災教育やまちづくり」と「人々の安全な生活」とおっしゃられています。
このお言葉も、深いお言葉です。

防災教育」というのは、災害が起きた時の避難対策はもちろんですが、災害が起きる前の備えや対策も、それ以上に大切なことです。
いざというときに、どこにどうやって避難するかも大切ですが、あえて「防災対策」ではなく「防災教育」というお言葉を使われていることを、私達は真摯に受け止めなければならない。

日頃からの備えというだけでなく、私達が日本国民として、日本人家族として、互いに助け合い、慈しみあい、協力しあい、支えあって被害を少しでも食い止める、そういう日本人家族としての教育を、根幹に置く必要があるという意味が、あえて陛下が「防災教育」とおっしゃれてた、その言葉の中に込められているように、私には思えるのです。

国を代表する国会議員や閣僚が、いざというとき「何々戦略会議を作りました」などという形式と言い訳ばかりで、その実、何もしない。何もしないどころか、震災対策のための貴重な国家財源を、公然と他に流用浪費して平然とし、さらにメディアもこれを咎めることをまったくしない。
普通の日本人には、考えもつかない「ありえない」できごとです。

要するに、なんとかしなければならないという、国を大事にする、地域を大事にする、そういう国家観、政治観、民族観、歴史観が欠如していたのでは、いかに政治権力を担ったとしても、屁理屈を並べるだけで、何の解決もできない。
国政というのは、お笑いタレントや評論家、あるいは外国人が軽軽にできるものではない、ということも、昨年までに明らかになったことです。

いいかえれば、国家観、歴史観を持たない政治家は、政治家の名に値しないし、そういう政治家には政治は「できない」ということです。

ならば、国家観、歴史観をもった政治家を、私達は育てなければならないし、国民自体が、いまいちど民度をあげる工夫が必要となる。
それが「教育」です。

また「まちづくり」に関しては、全国にある高架鉄道や、高速道路、あるいは街道筋の橋などは、東京オリンピックのあった昭和39(1964)年以前、つまり昭和38(1963)年までに建設されたものであるということも、忘れてはならないことです。
つまり、今年でコンクリートの耐用年数の50年に達してしまうのです。

ウチの近所にも国道の橋が架かっていますが、河原に降りてその橋桁を見ると、真っ赤に錆が浮き、大型トラックが行き来する度に、リベットが震えています。
大きな地震でもくれば、いつ崩落してもおかしくないかもしれない。

そういうすでに耐用年数を超える橋や公共建築物が、全国に数十万カ所もあるのです。
これらに対しても、当然、補修工事を行っていかなければならない。

そしてその補修工事が、どこぞの国でよくあるような「利益を出すために大幅に手抜きした検査や工事」であれば、昨年末に起こった中央道のトンネル崩落事故のような悲惨が、また起きてしまう。

つまり、工事というものは、業者が儲けるためだけの工事ということだけではなく、しっかりとした安全対策がきちんと施される、日本らしい日本の工事でなけれなならない、ということです。

陛下は、そうした日本人としての矜持ある公共工事を「互いに支え合って様々な困難を克服していくよう期待」する、とおっしゃられている。

そして陛下の「人々の安全な生活」は、これまた深いお言葉です。
このお言葉は、けっして大震災だけを指しているのではない。
日本国民の安全な生活への脅威となるものにたいして、「安全な生活を確保」しなさいということです。

つまり、このお言葉の中には、支那や朝鮮からの日本に対する侵害や挑戦も、当然含まれているということです。
要するに日本は、いざというときの自衛隊の貢献にもあきらかなように、国軍についても、これを整備、強化しなさいとあんにおっしゃらているのです。

ともあれ、新年が明けました。
私は、先の衆院選を、天の岩戸が開いたという意味で「岩戸選挙」と名付けましたが、さらに新内閣は、まさに天手力男神(あめのたぢからおのかみ)です。

岩戸は開かれました。
けれどアマテラスオオオミカミを岩戸から引き出すのは、これから先、神々の一員として国政を担う閣僚の皆様や、国会、行政、そしてそれを支える国民のひとりひとりの意思と努力にかかっていようかと思います。

私達自身が、陛下のご期待に然う、しっかりとした国民となっていくこと。
今年は、そういう一年にしていきたい、自分自身もそうありたい。そのように私は思います。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

天皇陛下、新年のご感想
陛下のお言葉に関するメディアの報道です。
いかにも軽い、何もわかっていない報道ぶりです。


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!
関連記事

コメント
No title
明けましておめでとうございます、色々な意見を見ていますが、
最近の諸問題に於いて国家の指導的立場のある人に日の丸をせお
っているという意識が薄れているのではないでしょうか。戦後教育
に洗脳された結果が今の特亜に対する外交に端的に現れていると思います。教育次第で日本再生は簡単に解決するのではないでししょうか
人権、平和、平等教育でお人好しな子供たちを大量生産している
現実では責任ある国家的指導者は生まれないとおもいます。
田母神先生が言われていますが、戦前の教育を受けた人が居た
頃は舐められることはなかったが、と言っていましたがまさに
そのとおりだと思います。教育再生を急ぎ特亜を牽制し、そして
アジアの指導的な立場になるのが我が国の使命ではとおもいます
戦中の大東亜共栄圏なるものが形を少し変えて実現されるよう
安倍政権を応援しようではありませんか。少し飛躍しているのでは
思う方もいると思いますが決して夢ではありません。教育次第で
どうにでもなるのではないでしょうか。アメリカから真の独立を
し、自虐史観に早くおさらばし日本人の素晴らしい才能を再び
開花させようではありませんか。ブログ拡散が大事です。
2013/01/03(木) 16:33 | URL | 虎さん #-[ 編集]
猫めでさん
明けましておめでとうございます。

『日本の唯一の弱点は、教えを乞うべきお 師匠様を探しているうちに迷子になり、 何のことはない実はお師匠様は 自分自身であったと気が付かないことで あろうと思います。 』

いい得て妙と申しましょうか、まったく同感ですね。

優秀なはずの日本の指導者たちがどうしてそこに気付かないのか?

考えられる理由は「自虐史観」の為、ではないでしょうか?

日本のエリートの多くがものの見事に洗脳されているのです。

これから70年分の洗脳を解く作業(正しい日本史教育をする)を誰かがやらなければなりませんよね。

日本史検定講座…是非とも軌道に乗せていきましょう!!

2013/01/03(木) 02:08 | URL | たぬ #-[ 編集]
No title
尖閣シナ船衝突事件映像をリークしたsenngokuについて、当事者の元海上保安官についてマスゴミはうっかり“元海保特殊警備隊員”であったことを報道していました。海保に関しては少々私にも情報源がありますのでコメントいたします。海保には各管区ごとに“特別警備隊で編成する1000トン級巡視船:1チーム”が配置されており、その“特別警備隊”とは一般巡視船と異なり“海の機動隊”の訓練を常時行っております。で、その“特別警備隊”の中からさらに戦闘能力の秀でた者が選抜され、関西に1チーム編成されているのが“特殊警備隊”です。部外者からみて恐いのはこの特殊チームに現役でいる期間は海保職員名簿から外され、なおかつ自分が海保にて何処で何をやっているか一切家人には言えない!・・そういうヤバイ状況になるとのことです(これは特殊警備隊に誘われたのを巧みにかわした方から聞いた情報です)。で、例の映像リークですが・・これは時の政権に逆らうことが出来ない忠犬=特殊警備隊があのセンゴクあたりから頼まれ、国民の批判のガス抜きをはかって行われたリークと私は見ております。以上、長々と書きましたがつくづく売国民主政権が終わって本当によかった!そう思っている次第です。
2013/01/03(木) 00:35 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
re:(1)中国の野望にくさび打て 尖閣、石垣・宮古、台湾まで…侵攻想定
ps:
世界を知らぬ世界市民政権下の外国人福祉
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-3227.html
2013/01/02(水) 20:40 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
聖家族を戴く喜び
聖家族というと、幼児キリスト・聖母マリア・聖ヨセフの家族と洗礼者ヨハネを思い浮かべますが、東洋には男系男子で継承してきた日本の祭祀王のご家族がおられます。
どの時代においても、聖なる家族です。
天皇陛下は、神話と歴史が連綿と繋がる唯一の国の主であらせられます。
かつてローマ教皇ヨハネ・パウロ2世は皇居に昭和天皇をお訪ねになり、自ら格下とお認めになりました。
西洋の神の代理人が、日本の神の子孫を認めたということです。
これ、実はすごい事だったんですが、日本では大して話題になりませんでした。
本当は歴史的な会見だったんですよ。
昭和天皇のお喜びは如何ほどであったかと思うと、胸に熱いものがこみ上げてまいります。

地球には約200位の国があります。
国の起源も様々で、建国の理念も様々です。
日本は、建国200年や300年の国々を文化・伝承がないなどと軽んじることなど一切ありません。
ましてや、第二次世界大戦後に独立した国家にも一視同仁の慮りをしております。
皇室の国際親善は、宮内庁HPを丹念に読めば理解できます。
日本は世界最古の歴史を持つ国ですが、それをむやみやたらと誇りはしないし争いも好まない国です。
何と言っても比較対象となる国がないのですから、自分で考えていくしかありません。
日本の唯一の弱点は、教えを乞うべきお師匠様を探しているうちに迷子になり、何のことはない実はお師匠様は
自分自身であったと気が付かないことであろうと思います。
日本はとてつもない国で、自分の国は自分で何とかする気になるかにかかっています。
皇室という聖家族が指針をお示しになられたのですから、国民はそれに従い国を安定させていきましょう。
2013/01/02(水) 20:27 | URL | 猫めでる婆 #yDdMpUos[ 編集]
(1)中国の野望にくさび打て 尖閣、石垣・宮古、台湾まで…侵攻想定
(1)中国の野望にくさび打て 尖閣、石垣・宮古、台湾まで…侵攻想定
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130101/plc13010114570008-n1.htm

このシナリオの一部分は今現在、事実となって進行している。 日本国民の世論を盛り上げて、想定されるこの
現実にどのように対応するのか議論する必要がる。 反日売国テレビ局・マスコミは事実を隠蔽して日本国民に
危機的状況を報道しない。 
多くの愛国系日本国民は自分の目と耳で情報を集めて反日勢力に対する監視を強化して下さい。 東北地方太平
洋沖大震災の時の様に後になってから、まさかこんな様になっていたとは知らなかったではすまないのです。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2013/01/02(水) 20:06 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
No title
遅まきながら、
あけまして おめでとう ございます。

すがすがしい気持ちで新聞を見たら、「TPP機密海外流出か」との見出しが目に入りました。こんなこと、元旦早々の投稿に書けるか!
と、言うわけで、平成11年10月から12年4月までのTPP関連の機密文書が多数、農林水産省のパソコンで韓国のサーバーへ不正通信を繰り返していたとのことです。
これについて、不正通信を把握してからも政府は、国民には黙っていたのですが、どう考えればよいのかと思います。

民主党政府が成立したとき外務大臣に就任した岡田氏は、沖縄の核持ち込みについて外交機密文書を晴天の白日の下にさらして、自民党外家に国民を騙していたかと言うことを示しました。
また、尖閣諸島において中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件については、海上保安庁のビデオを公開しなかったためsengoku38事件を引き起こし、公務員の秘密保持は厳正でなければならないことを改めて知らしめました。これは、同時に国の情報管理の態勢も示しました。
ところが、政府の情報管理の出鱈目さを露呈したのも民主党でした。
中国の一等書記官問題では、鹿野農林水産大臣や筒井副大臣等が中国側と会談すると、なにを話してはいけないのか判らないなどと、国家の大臣とは思えない情報管理の甘さ(情報管理の感覚は皆無だった。)、信じられなかった。
そして、今回発表された事件です。
漏洩先が韓国か中国かは、分かりません。しかし、規則が変更されたのか、最近は、国会議事堂の清掃員にも中国人が入っていると、報じられたことがありますから、民主党政府は政府の情報管理の必要性を理解せず、国家情報の維持は国益であることも知らなかった。知っているのは、都合の悪いことを国民に知らせると、政府が批判にさらされると言うことだけでした。
このことが、数ヶ月もたってから発表されたのは、おそらく経験交代をできたからでしょう。そうでなかったら、そのまま国民には知らされなかったと思います。

昨年末の衆議院総選挙では、岩戸選挙で自民党が政権を回復しました。今年は、この勢いを続けて参議院選挙でもただ勝つだけでなく、憲法改正に必要なだけの議席を得ていただきたいと思います。
2013/01/02(水) 11:02 | URL | ポッポ #-[ 編集]
日本再生の時ですね
私達国民ひとりひとりが大いなる心の意識をもち、陛下の言霊を真摯に受けとめていかなければなりませんね。
これからの子供たちにも住みよく喜びがあふれる未来を作っていくのは私達大人の役目ですね。
2013/01/02(水) 07:16 | URL | れいさき #-[ 編集]
謹賀新年
新年明けましておねでとうございます。
ネズさんのご健康と、益々のご活躍を祈念致します。
併せて、占領憲法からの脱却と、天皇を護る国軍の復活、一日も早からん事を祈念致します。
2013/01/02(水) 07:09 | URL | 山田正英 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク