アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


ブータンとダショー西岡

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
======
三ケ根山殉国碑への個人カンパご協力のお願い
詳細は→http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1721.html

やまと新聞の動画コラムねずさんの動画マガジン
http://www.yamatopress.com/co/pg146.html
======


ブータン王国
ブータン王国


元旦のテレビ番組で、ダショー西岡のことをやってました。
そこで今日は2010年の過去記事をリニューアルして、この西岡京治のお話をしてみたいと思います。

昭和33(1958)年といえば、日清食品が世界初のインスタントラーメンの「チキンラーメン」を発売した年です。

この年、大阪府立大学農学部に、ある依頼がありました。
「ブータンに、日本の農業専門家を派遣してほしい」というのです。

ブータンは、インドと中国にはさまれたチベット仏教国です。
国民総生産にかわる国民総幸福量(GNH)という概念や、さまざまな環境政策、伝統文化保持のための民族衣装着用など、非常に特色のある国でもあります。

国旗のデザインが、これまた難しい。


ブータンの国旗
ブータン国旗


要するにブータンという国は、たいへんに伝統を重んじている国家であるわけですが、その分、ある意味閉鎖的な国家ともいえるわけです。
そういう国に派遣され、民衆に溶け込んで農業指導を行う。これが難題です。

ブータン王国で農業指導をするということは、西欧的に現地の人を奴隷として使役して農業を強制する、というものではありません。
いやもしかすると、他の国々ならそういう手法が採られるのかもしれませんが、日本人というのは、古来、あくまでも相手との対等な関係を希求する民族です。

ですからブータンが日本に農業指導を依頼してきたということは、派遣される日本人農業技術者が、ちゃんと人々の生活の中に溶けこみ、「あの人のいうことなら間違いない」という人としての信頼を勝ち得ていくことができる人物である、ということが人選に求められるわけです。

ただ頭ごなしに技術を「教えてやる」方式では、絶対にうまくいかない。
そして現に「うまく行っていない」からこそ、日本に依頼がきたのです。

大阪府立大学の中尾佐助(助教授、当時)は、この依頼をブータンの首相から直接受けました。そのとき国情についても、詳しく説明を受けています。
けれど、そのとき「あの男なら!」と、すぐにピンとくる者がありました。
同学部の学生であった「西岡京治」(当時25歳)です。

性格が、穏やかで謙虚、友誼にも篤く、誠実で努力家、根気と忍耐が予想されるブータンでの生活に最適な男は、西岡京治しかいない!
助教授は、すぐにそう感じたそうです。
彼はすぐに西岡京治に相談をもちかけました。
「どうだ。行ってくれるか?」

西岡京治は、同じ年にネパール学術探検隊に参加しています。
彼は、ヒマラヤの自然の美しさと、そこに住む人々の貧しさを見ていました。
「俺が彼らの生活をよくすることに少しでも貢献できたなら」
西岡京治は、彼二つ返事でブータン行きを承諾しました。

それから6年、さまざまな紆余曲折があって、昭和39(1964)年2月、海外技術協力事業団(現・国際協力事業団)から、西岡京治に、正式な派遣決定の通知が届きました。
西岡は、新妻の里子を伴って、その年の4月に、ブータンに飛びました。

昔からそうなのですが、こうした海外協力隊では、たいていの場合、妻は日本に残して、単身で旅立つ者が多いです。
最初から西岡が、妻を伴ったということは、彼自身に、妻を愛する心と、ブータンに骨をうずめる覚悟があった、ということです。

ブータンに到着した西岡は、さっそく開発庁農業局の事務所に出向きました。
農業局は、局長も職員もすべて、インド政府から派遣されたインド人でした。

西岡京治は、彼らとの話し合いをもちました。
けれど彼らは、「自分たちはブータンの農業事情を一番知っている、ブータンの農民は遅れているうえに因習深い、何を言っても始まらない」と、西岡をハナからとりあいません。

それどころか、西岡がブータンの農民と接して農業指導を行いたいと申し出ても、その許可さえ与えてくれませんでした。

ブータンに着いて早々からこれです。
西岡は、このとき、何度も心が折れそうになったといいます。
けれど、ここで負けて帰るわけにいかない。
ブータンの貧しい農民たちの姿を実際に目で見て知っているのです。
なんとかして役に立ちたい。

そう思った西岡は、繰り返し彼らに働きかけ、ようやく農業試験場内で、60坪ほどの土地を提供してもらうことに成功しました。

ひとくちに60坪といっても、これを農地としてみたら、ごく狭小な土地です。
しかもそこは、ひどく水はけが悪い。
これでは野菜の栽培すら難しいのです。
要するに、簡単にいえば、日本からやってきた西岡に対する嫌がらせです。
「やれるものなら、やってみろ」というわけです。



それでも西岡は、そこでなんとか頑張ろうと決意しました。
そして農業局に、「ブータン人の実習生」を要求しました。
なぜなら西岡が派遣された目的は、あくまで農業指導であったからです。
荒れ地で、ひとりで栽培し、うまく行っても、それでは意味がないからです。

ようやく許可が出ました。
希望通り、西岡に実習生がつけられました。
けれど、その実習生はなんと12~3歳の子供が3人というものでした。

ここまでされたら、ふつう、怒るかあきらめるかします。
事実、いろいろな国から指導員が派遣されていましたが、みんなこういう仕打ちに耐えかねて怒って帰国しています。

ところが西岡は、あきらめない。
笑顔で少年たちと土を耕し、樹木を抜き、水利を図り、そこで日本から持ち込んだ大根の栽培を開始したのです。

子供達には、畑の耕し方、種の蒔き方、土のかけ方、ひとつひとつを西岡は目の前で実演してみせ、一緒になって畑で働き、大根を育てました。

西岡がなぜ大根を選んだか。
それは大根が収穫が早く、昼夜の寒暖差が大きいほど、おいしく、よく育つ作物だからです。
そして3ヶ月後、その小さな農地に、それまで誰もみたこともないような、おおきな大根が育ちました。

実った大根を抱えて見せた子供たちの笑顔が、たまらなく美しかった。
それは、野菜の栽培など到底無理と思われる荒れ地で、西岡は見事に野菜の栽培に成功してみせた瞬間でした。

西岡の成功を、ブータンの政府が何より喜んでくれました。
そして政府の命令で、今度は試験農場を、水はけのよい高台に移してくれたのです。
耕作地面積も、3倍です。
農業局ではなく、もっと上が動いてくれたのです。

水利がよければ、野菜はますますよく育ちます。
西岡の農場は、狭いけれど、青々とした野菜が見事に育ちました。

この噂は、ブータン国内で大きく広がりました。
ブータンの知事や議員たちも、西岡の試験農場に視察に来るようになったのです。

議員たちは感動しました。
そしてある議員の提案で、ブータンの国会議事堂前で、試験場で栽培した野菜を展示することになりました。

そこで西岡の野菜は、大評判となりました。
なにせ、みたこともないほど肥えた野菜なのです。
しかもおいしくて、みずみずしい。

噂が噂を呼び、ついにはブータン国王から「西岡氏にもっと広い農場用地を提供せよ」という勅命がくだされます。
このときのことを、後に西岡は「ブータンに来て、このときほど嬉しいことはなかった」と述懐しています。

孟子の言葉に「天の将に大任を是の人に降さんとするや、必ず先づその心志(しんし)を苦しめ、
その筋骨を労し、その体膚(たいひ)を餓やし、その身を空乏し、行ひその為すところに払乱せしむ。
心を動かし、性を忍び、その能はざる所を曾益せしむる所以なり」という言葉があります。

世に大きな貢献をしようとするとき、順風満帆にそれが成功するということは、まずない、といっても過言ではないと思います。
あらゆる迫害やイジメにあっても、それは天が、その人の心を鍛え、忍耐強くし、できないことを
できるようにさせるためだ」という言葉です。
「公(おおやけ)」に尽くすというのは、そういうことであろうと思います。

さて、西岡が国王から与えられた新しい農地は「バロ農場」と名付けられました。
「バロ」というのは地名なのですが、それだけではありません。
ここには、ブータンの国の柱となっているブータン仏教を伝えた、パドマサンババが、空飛ぶ虎の背から降りてきたという伝説が残っている場所なのです。

いまでもこの地では、毎年三月に、一年の豊作を願って、人々が様々な民族衣装や動物や鬼などの仮面をつけて、太鼓や管楽器による民族音楽に乗って歌ったり踊ったりします。
国王は、そういう由緒ある地を、西岡のために提供してくれたのです。
国王のお気持ちは、察して余りあります。

ただし、ここは標高2200メートルの高地です。
決して農業に適した土地とばかりはいえない。
けれど、ここで成功することは、単に収量の多い良い作物を作れたということ以上に、ブータンの人々に大きなメッセージを持つことになるのです。

西岡は、闘志を燃やしました。
昭和46(1971)年、西岡は、この高地で、米作りに挑戦したのです。

ただし、広大な農地での米作りは、西岡ひとりと子供3人でできるような仕事ではありません。
村人たちの協力が必要です。

ところがここでまた難題が持ち上がりました。
日本では田植えというと、縦と横を一定間隔で植える並木植えがあたりまえの習慣なのですが、当時のブータンは、単に種をバラまくだけです。

これだと手押しの除草機が使えず、稲の周りに雑草が繁殖します。
すると本来なら稲にいくべき土地の栄養分が奪われてしまう。
さらに苗の苗との間の風通しも悪くなります。当然生育も悪くなる。

西岡は、村人たちと再三、並植えについて相談を持ちかけました。
けれど村人たちは、
「ワシら、昔からこうやってきた」と、とりあってくれません。

何度も何度も村人たちと話し合いをしました。
そしてようやく一部の若者が「やってみよう!」といってくれ、村の長老の許可も得ることができました。
けれどもし、米の収量が上がらなければ、西岡の信頼は一気に失われてしまう。
西岡は祈るような気持ちで、稲の生育を見守ったそうです。

結果・・・・・
バロ農場は、従来型の雑多な植え方の田と比べて、なんと40%もの増産に成功します。
村人達は、驚き、喜びました。
バロ盆地では、数年のうちに約半数が西岡の持ち込んだ並植え栽培をはじめてくれるようになったのです。
そしてこの農法は、いまではブータンに広く普及し、ブータン王国の8割の田が、並植え方式を採用するに至っています。

昭和45(1970)年、西岡は、国王の命によって、シェムガン県の開発に従事することになりました。
この地は、貧しいブータンの中でも最貧地区、というより極貧地区です。

ここでは焼畑農業が営まれ、収穫量が下がると人々は別な土地に移動していました。
西岡は、ここに10人のスタッフとともに乗り込みます。

しかし、いきなり「よそ」からやってきた西岡の言うことなど、誰も聴こうとしません。
いままで何百年も焼き畑農業でやってきたのです。
それがあたりまえの常識となっている。
新しい農法などを試して、もし失敗でもすれば、その年の内に村人たちは餓死しなきゃらななくなるのです。
そして外国人である西岡の言う方法で、間違いなく成功する保証など、なにもない。

西岡の村人たちとの話し合いは、なんと800回にも及んだそうです。
西岡は根気強く、村人たちを説得し続けました。

西岡がえらいと思うのは、彼がこのとき話し合いをくり返し行ったというだけにとどまりません。
彼は、村人たちにとって新しい農法を教えるというだけでなく、無理な近代化を行わず、あくまで彼らの「身の丈にあった開発」を進めようとしたことです。

身の丈にあわない開発というのは、昨今でも政府開発援助などにおいて、よく見かける光景です。
あるいは、テレビ番組などで未開の地に行って、そこで新しい施設の造り方などを、日本から運び込んだ重機などを使って、いわば豪勢なやり方で、実施していく。

たとえば、水田に水を引くのに際しても、いたずらに巨額の費用をかけて、たとえば重機を用いて水をひき、水を汲み上げるといった具合に、です。
しかし、なるほどそうすれば成功は確実かもしれませんが、日本人スタッフなどが去った後には、むしろ、あの重機があれば、という渇望と無気力という弊害しか現地に残さない。

ですから西岡は、そうならないよう、あくまでも村人たちが持つ範囲のインフラの枠組みの中で、土地を開発し、農地を育てています。
たとえば、水路ひとつとっても、竹などの自然のものを利用して水路を確保したり、あるいは木でできたアブナイ吊り橋を、いきなりコンクリート製の近代的橋に掛け替えたりはしないで、耐久性のすぐれたロープを使って、吊り橋を直したりしたのです。

こうして西岡は村人たちとともに、バロに360本もの水路を完成させ、壊れかけて危険だった吊り橋17本を掛け替えました。
村人たちと一緒に作った手作りの道路は、なんと300kmにも達しています。

そして村人たちと共同で、60ヘクタールもの広大な水田を作りました。
西岡が来る前までの水田は1~2ヘクタールです。50倍の耕地面積です。

同じ人数、同じ労働力、同じ土地で、焼畑農業で農地を転々とさせるのではなく、水路を引き、道を作り、橋を架け、広大な定置農地を確保したのです。

そして、この広大な農地いっぱいに、満面の稲が稔りました。
村人たちにとって、見たこともないような、ものすごい量の収穫高です。

極貧地区は、またたく間に生活が安定しました。
生活にも余裕が生まれ、子どもたちのための学校もできました。
診療所もできました。
そしてなにより、村人たちは定住することができるようになったのです。

西岡たちが村を去る日、集まった全員の村人たちは、
「はじめに西岡さんが言ってくれた通りになった」と、涙を流しながら西岡たち一行を見送ったといいます。

ダショー・西岡
ダショー西岡


昭和55(1980)年、西岡は長年のブータン農業への貢献を評価され、国王から「ダショー」の称号を受けました。

「ダショー」というのは、ブータン語で「最高に優れた人」という意味です。
この位は、最高裁の判事クラスしかもらえない称号です。
ブータンでは最も栄誉ある顕彰です。

このとき西岡は47歳でした。
ブータンに来てから16年の歳月が経っていました。
そしてその後も12年間、西岡はブータンにとどまり、農業の指導をし続けています。

時は移って、平成4(1992)年3月21日のことです。
子供の教育のために日本に帰国していた妻・里子さんのもとに、一本の国際電話がはいりました。
ブータンからでした。

「ダショー・ニシオカが亡くなりました・・・」
突然の訃報に動転しながらも、
「葬式はどうなさいますか」との質問に、里子さんはとっさに
「バロでお願いします。ブータン式の葬式でお願いします」と答えました。

ブータンで28年間、ブータン人になりきってブータンのために生き、ブータンのために死んだ夫です。夫は、きっとそう願っているに違いない。
彼女は瞬時にそう確信したといいます。

ダショー・西岡の葬儀は、妻と娘の到着を待って、同月26日に行われました。
葬儀は、農業大臣が葬儀委員長を勤めました。
国葬です。

ラマの僧侶の読経が山々にこだましました。
葬儀には、西岡を慕う5千人もの人々が、ブータン全土から集まりました。

ブータンは、国をあげて西岡に感謝の心を捧げてくれたのです。
ブータン国王も、葬儀に参列なさいました。
国王は、このとき、
「肉体は、古い衣装です。そう思いませんか?」
と里子さんにおっしゃられたそうです。

古い衣装を脱ぎ捨てたダショー西岡は、永遠にブータンの民を見守ってくれ続けているに違いない。
国王は、そういう意味でおっしゃられたのです。

ブータンの民族衣装
ブータンの民族衣装


昨年、ブータンの国王が来日されました。
この国王は、ダショー西岡当時の国王の子です。

露骨に馬鹿にされたり、いじめられたりすることに、腹をたてて戦うことも大切なことです。
けれど、何があってもくじけずに、自分の持っているすべてを使って、公(おおやけ)のために尽くしぬく。
そこに日本人の本当の意味での勁(つよ)さがあるように思います。

日本は古来、そうやって国を築いてきました。
そしてそういう日本人が、いつまでも安心して暮らし、笑顔で子や孫たちと暮らせる日本にしていくこと、それが過去から今の日本をプレゼントしてもらった私達の日本人としての使命であるように思います。

なぜなら、私達は日本人なのですから。

※ひとこと付け加えさせていただきます。
国際関係において、良心が通用するのは、相手が人の棲む国家である場合だけです。
獣に良心は通じません。
いや、ほんものの獣でも、人の恩を理解し、恩返ししたりすることは多々あるものですが、人の形をした獣には、普通のほ乳類ならたいていの動物が備えているものさえもありません。
あるのは、上下関係と収奪の欲望だけです。
獣以下の人もどきには、毅然として接しなければ、国の道を誤ります。
そのこともあわせて、加えさせていただきたいと思います。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

「震災復興すると確信」ブータン国王が国会演説(11/11/17)


ブータン-1


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


三ケ根山殉国碑への個人カンパにご協力いただける方は、こちらに。
詳細は→http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1721.html
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
関連記事

コメント
感動しました
とても感動しました。
私は工業高校で建築を学んでいる者ですが、技術者の卵として、高い技術を持ち、それを広く世の中の為に役立てた西岡さんを心から尊敬します。
私も世の中の役に立てる建築技術者に絶対になりたいと思いました。
2013/11/09(土) 11:34 | URL | 建築家の卵 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/05(土) 02:24 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/05(土) 01:56 | | #[ 編集]
老害=田原総一郎
本日1月4日の関西ローカル情報tenに田原総一郎が生出演し問題発言連発!

河野談話は破棄するべきではないと田原が発言!
安倍政権は保守になれ!決して右翼になるなと発言
従軍慰安婦問題で軍が間接的に関与したと発言。
TPP賛成!農民は実際には反対していないと発言。
維新とみんなの党が一緒になる。
維新から石原が出て行けば民主党から参加する議員が増加する。

自民VS維新の2大政党対決をさせたいらしい。
民主党と公明党(創価学会と問題発言w)がくっつく可能性も示唆!

AKBはタカミナで持っていると発言し解説w

2013/01/04(金) 21:38 | URL | 米国でロビー活動する売春大国 #amXlFcx2[ 編集]
No title
【拡散希望】
中国初「釣魚島を守る」記念紙幣を発行 ドル札に尖閣諸島の地図
http://www.youtube.com/watch?v=-WWbI9IkNEE
2013/01/04(金) 20:59 | URL | もやし #-[ 編集]
No title
一昨年12月に靖国神社の神門に放火した中国人を、韓国は中国に引き渡したそうで、韓国と日本には「日・韓犯罪人引渡条約」が締結されていますが、この条約は政治犯は含まないとのことです。

第三条 引き渡しを当然に拒むべき事由
(c) 引き渡しの請求に係る犯罪が政治犯罪であると被請求国が認める場合又は引渡しの請求が引渡しを求められている者を政治犯罪について訴追し、審判し、もしくはそのものに対し刑罰を科する目的で行われたものと被請求国が認める場合。この場合において、次の犯罪は、それ自体を政治犯罪として解してはならない。
(ⅰ) いずれかの締約国の元首若しくは政府の長若しくはそれらの家族に対し、そのようなものであることを知りながら行った殺人その他故意に行う暴力的犯罪又はそれらの犯罪の未遂(当該未遂が犯罪とされる場合に限る。)
(ⅱ)両締約国が当事国である多数国間の条約により、引渡犯罪に含めることを両締約国が義務づけられている犯罪
(条約文は、関係箇所のみ。)

条約文からは、本件が政治犯に読み取れるとは考えられません。

靖国神社の神門に対する放火は、日本人の精神を踏みにじる許し難い犯罪ではありますが、韓国や中国では内乱に該当しても、日本の刑法では第二編第百九条の非現住建造物放火になりますが、第二編第二章の内乱に関する罪や第三章の外患に関する罪には該当しないでしょう。
従って、今回の韓国の処置は、日本に対する嫌がらせでしかなく、いつもの反日行動だと思います。また、中国はこの犯罪者の中国への移送を歓迎するとのことですが、これも予想されることです。

民主党政権下において、日韓条約を勝手に変更して朝鮮王朝儀軌を韓国にプレゼントしたことが、このような事態を招いたとも考えられますが、
このような国々がまともな条約を執行するとは思えません。
韓国、また中国とのFTA条約は締結後にどのような難問を提出されるかと、疑問に思います。
2013/01/04(金) 19:34 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
1月2日に富山大和に初売りの福袋目当てに行ったついでに
ブータン展を見ました、緻密なデサインの絹織物や毛織物など
めったに日本国内で見る機会の無いものを見れて良かったです。
2013/01/04(金) 18:38 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
新年早々、先人の偉業を紹介して下さり有り難うございますm(__)m 
日本人が模範とすべきは西岡氏にみられる真面目さ辛抱強さ、世の為に尽くす赤心であって「あの人見栄えが良い」とか「面白い」とかいったもんではありません。 ましてや決して愚拙のよーなフシダラかつダラシナイ大人に育ってはならんのです(´ω`)ンダナ‥

>何があってもくじける事なく、自分の持つ全てを使って公の為に尽くし抜く。それが日本人の本当の勁さ

↑イヤハヤなんとも耳が痛いです|(-_-)|  四字熟語で言えば『滅私奉公』なんでしょうが、なぜかその四文字は恐ろしげな悪のイメージにさせられてしまってますな(怒) つまり人類が為し得る最高の徳を今まで否定してきた訳ですな(怒) そりゃ英霊達が身を殺して為した偉業も理解出来んはずだわ糞アカ支那朝鮮共奴らが!!(激怒) 
‥おっとイケナイ。今日は偉大なる西岡さんの話であって、糞アカ支那朝鮮の話ではありませんでした(反省) 
それはそうと、最後の※見て思わず吹き出しましたww(ノд<。)゜。 確かにソコは見誤ってはならぬ重要なポイントですな(*^□^*)ξナルホドソーダ♪
2013/01/04(金) 17:11 | URL | 日本一の偏対男 #-[ 編集]
人擬きの民族には日本のやり方は通用しませんね。
2013/01/04(金) 15:27 | URL | 小倉っ子 #rv8W5JGg[ 編集]
『完璧なイメージ』情報弱者、脱却の1歩目に
完璧なイメージ: 映像メディアはいかに社会を変えるか


作者:キク アダット
出版社:早川書房
発売日: 2012-11-22



カメラマンは我々に「チーズ」あるいは「スシ」と言わせるのだ。

『これからの正義の話をしよう』の著者マイケル・サンデルは前書きで、冗談かと思えるような一文を記している。正月早々、「スシ」はそこまでアメリカの日常に浸透しているのか!と笑い話のネタを仕入れることができた。それと同時に、「一足す一は?」「二(ni)」や、隣の韓国に倣って「キムチ(kimuchi)」など、イの母音で終える言葉で、カメラマンは意識的に被写体に笑顔の表情というポーズをとらせていることに、気づくことができる。

ちなみに、サンデルは本書の著者キク・アダットの夫である。共にハーバードで教鞭をとる、なんとも恐ろしい夫婦である


しかしなぜ、写真には笑顔を求められるのだろうか、写真の魅力はあるがままの世界を記録することではないだろうか、それなのに、人はなぜポーズを取り、さらには写真を加工するのだろうか。

歴史をたどると、19世紀に写真が発明されたときには、それは「自然の鉛筆」と呼ばれたように、絵は本物に近づくことしか出来ないが、写真は正確に客観的に現実を捉えることができる、と考えられていた。しかし、発明後すぐに、撮影とそこで演じられるポーズに、作為性が潜んでいることが明らかになっていった。

その作為性が潜んだイメージをコントロールする争いを、最もはっきり繰り広げてきた舞台は、アメリカ大統領選挙である。かのマキアヴェッリが「外見は誰にでも見える」と書き残したように、政治家は外見を気にするよう、コンサルタントに仕向けられるようになった。

古くはリンカーンが、大量に現像された自身の写真をばらまいた。さらに「誰よりも立派に見えてほしい」という、支持者の熱意に負け、少しも生やしたことがなかったヒゲを生やし始めたのだ。

リンカーンはヒゲを生やすことが、気取ってばかばかしいと周囲から揶揄されることを恐れたが、現在のアメリカではそんな心配もなさそうだ。写真加工ソフトウェアの商品名であったフォトショップが、「フォトショップする」と動詞として使われている。写真の加工は、恥じらいのない当たり前の行為となり、見るものを欺いている。

続きは以下で
http://honz.jp/20864
2013/01/04(金) 13:46 | URL | 貼り付け #nlInLFEA[ 編集]
No title
本日も貴重なお話の提供、誠にありがとうございました。私の武道の師匠がアフリカに武道指導に行かれた際に、我が国とシナの海外支援事業の違いを武道指導のかたわら見聞したそうですが、我が国は(当時はもちろん売国民主政権でしたが)現地のアフリカの方々を雇用し、彼らに技術を指導しながらインクラ支援をするのが基本とのことですが、シナは本国からシナ人労働者をごそっと動員し、“植民地街”を形成したあげく“手抜き工事”を平気で行い、さっさと去っていくのが定番=支援とは名ばかり金儲け主義、とのことで極めて評判が悪いとの感想を述べられました。シナのことはともかく、我が国のこうした海外支援のあり方は偉大な先達が築いたやり方を現在も継続していることを表し本当に頭が下がります。だまって当たり前のことをやる=“謙譲の美徳”は日本人なら常識的感覚ですが・・野蛮人には“単なるお人よし”として受け取られ、恩を仇で返される事態を招きます・・昨年のパナソニックに対するシナ反日デモ襲撃がまさにそれです。対象となる国は支援するに値する国か否か?その見極めをきちんとすることが肝要と存じます。
2013/01/04(金) 09:38 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク