アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


天皇と公民

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

天皇皇后両陛下0125-1


先日、ある方とお話しているときに、元旦の陛下のお勤めについての話になりました。
元旦、陛下はまだ夜明け前から起き出され、「四方拝」、「歳旦祭」のあと、内閣総理大臣や国会両院議長、最高裁判所長官、外国大使などからのお年賀を、まさに分刻みで深夜まで執り行なわれます。

そのすさまじいスケジュールは、宮内庁のHPからもご確認いただくことができます。
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/gokanso/gyoji-h23.html


で、彼は、その陛下のお忙しさに、我々国民が休んでいるときに、陛下は早朝からお勤めをされている。すごいねえ、というご感想だったわけです。

たしかにそれもそうです。
けれど大切なことは、もうすこし別なところにあります。



陛下は、元旦の日の出前の午前5時30分に、まず黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)と呼ばれる黄色の中に赤色を混ぜた束帯を着て、伊勢の神宮の皇大神宮・豊受大神宮の両宮に向かって拝礼した後、続いて四方の諸神を拝されます。
これが「四方拝」です。

続く歳旦祭(さいたんさい)は、やはり日の出前の午前5時30分から行われます。
ここでは、四方拝を済ませられた陛下が、皇統の繁栄、五穀豊穣、国民の加護を祈念されます。

そしてそのあと、祝賀及びお祝酒、元旦の御膳を召し上がられたあと、祝賀の儀として、各方面からのお年賀を次々とお受けになられるわけです。

このことを、もっとわかりやすく申上げると、天皇は、元旦、つまり年の初めの日の出(旦という字は、日の出を意味します)前に、まず、日本の最高神である天照御御神(アマテラスオオミカミ)、続けて四方の神様を、宮中にお招きされ(四方拝)、お招きした神々に、ご皇室と我々国民の弥栄(やさか)をご祈念されているわけです。

「ご皇室」と「我々国民」の弥栄です。
ここで忘れてはならないのは、我が国においては、天皇と国民は一体である、ということです。だから「公民」と呼びます。
「公民(こうみん)」は、いまでは「公」と書きますが、もともとは「皇民(こうみん)」です。
つまり、私達国民というのは、天皇の民である、ということです。

そして(ここが一番大切なことなのですが)、日本において、古来、奴隷というものがなかったのは、私達一般の国民が、天皇の民、皇民、公民と規定されていたからなのです。

施政者は、天皇が任命します。
その施政者が扱うのは、天皇の民です。
ということは、日本における施政者は、支配者ではない、ということです。
天皇から委託を受けて、天皇の民たちの安寧をはかる人という位置づけになるからです。

このことは、逆に考えたらすぐにご理解いただけます。
天皇という存在がなければ、権力者は文字通り支配者です。
民を殺そうが、民から奪おうが勝手です。
なぜなら支配しているからです。
支配される側にとって、そこに私権など発生しません。
すべての権利を支配者が握っているからです。

欧米における絶対王朝、あるいは支那の皇帝、いずれもそうです。皇帝は将軍や貴族を支配し、将軍や貴族は民を支配する。支配された民たちは、こんどは外国に出て行って、植民地の人々を支配する。
そこにあるのは、ことごとく支配と隷従の関係です。

ところが日本では、権力者を支配者とは誰も思っていません。
会社の上司でも、あくまで一定の権限を与えられている人であって、支配者ではありません。
江戸時代や戦国時代でも、大名も武士も、あくまで、お上から権限を委ねられた者であって、支配者ではありません。
だからこそ、武家で家督を相続しなかった者は、農家でお百姓を喜んでやっているし、農家や商家の出で、家老職などにまで出世した者もたくさんいます。

立場の違い、権限の違いなど、身分の差はあります。
けれどそれは世襲であれ、試験であれ、あくまでも「役割」の違いであって、人としてはお上も庶民も対等です。

よく、板前さんなどの職人さんが、この「俺は、これについてだけは、誰にも負けねえ!」と言いますが、その誰にもの中には、たとえ相手が将軍様であろうが、職人としての腕前にかけちゃあ、俺は負けはしねえという意識があります。
その根底にあるのは、人としては「対等」だという意識です。

日本人が、そのような「対等観」を持ち、また社会の中に奴隷という存在を持とうとしなかった、その原因こそ、天皇の民、公民(皇民)という意識です。

日本人である限り、誰もが対等な「人」である。
それは、天皇という存在と、私達公民(皇民)が、常にセットであるからに他なりません。

つまり、奴隷のいない社会、人として対等な日本社会というものは、天皇という存在があって、はじめて成り立っています。

ですから、天皇の存在を否定するということは、私達が公民(皇民)であるということも、否定することになるということになります。
公民(皇民)でないのなら、私達は、権力者によって支配され、隷属させられる「私民」となるからです。

1月1日の天皇の儀式というのは、その公民(皇民)とセットの存在である天皇が、元旦の、まだ夜が明ける前に、四方の神々をお招きし(四方拝)、その神々にご皇室と公民(公民)の弥栄をご祈念してくださっているわけです。

そしてその天皇は、わが国の最高神、天照大神の直系の血脈の上にあられる存在です。
つまり、天照大神にもっとも血縁関係上、お近い存在である天皇が、私達の弥栄を、まだ新年の世が明ける前に、ご祈念してくださっているわけです。

もっといえば、私達に、奴隷でなく、公民(皇民)という地位を与えてくださっている、その当の本人が、私達公民(皇民)の弥栄、幸せを、わざわざ神々をお招きした上で、ご祈念してくださっているわけです。

こんなにありがたい話はありません。

だから、私達は、新年になり、夜が明けると、そうした天皇や、日本の神様たちに、感謝を捧げに神社に初詣(はつもうで)に行くのです。

ここで気をつけなければならないのが、初詣は、あくまで「初詣」であり、「初参拝」ではない、ということです。

参拝と異なり、詣るという言葉には、感謝を込めるという意味があります。
合格祈願や、病気快癒、あるいは結婚祈願などは、参拝であって、詣ではありません。

元旦早朝に、陛下が皆の弥栄と、皆が食べて行けれるようにとの五穀豊穣を、八百万の神々にご祈念してくださっている。

神々にもっとも近い人が、元旦日の出前に、あろうことか私達の弥栄を神々にご祈念してくださっているのです。
それに対して、知らん顔をするというのなら、それは人間のすることではないです。
陛下がそのようにしてくださっていることに対して、私達が、ありがとうございますと、感謝をしに行く。
それが初詣です。

明治維新は、武家によって起こされました。
世界の革命では、革命を起こした者が、その後の政治の中心、権力の中心者となっています。

ところが日本では、明治維新を起こした武家は、進んで武家の身分を返上して四民平等にしただけでなく、廃藩置県まで実施して、大名という制度まで解体してしまいました。
おかげで、薩長土肥のそれぞれのお殿様で、維新後内閣総理大臣になった人は、いままでのところ、誰もいません。
これは、世界の革命史では、考えられないことです。

なぜそのようなことが日本では、一滴の血も流さずに行われ得たのか。
その答えも、天皇と公民(皇民)という中にあります。

天皇のもと、すべての民は、天皇の民であり、政治権力者は、その天皇から民への治世権を委ねられた者、というのが、私たちの国、日本のカタチだからです。

だからこそ、私達は、常に「対等」であることを求めます。

黒船がやってきて、私達日本人は、欧米列強のあまりの強さに、びっくりしました。
だから国をあげて努力して、彼らと「対等」になろうとし、それを実現しました。
このときに行われたのが、富国強兵です。

けれど、そうやって国造りをしたけれど、大東亜戦争ではその富国も強兵も、米国の圧倒的経済力の前に倒されました。
戦後の日本は、高度成長をしていますけれど、それも、米国経済に、対等になれる日本になろうと、国を挙げて努力した結果といえます。

そこにあるのは、あくまで「対等になろう」という意識です。
目的が対等ですから、追い抜き、追い越せ、とは異なります。
ですから日本は、明治の富国強兵でも、戦後の高度成長でも、対等になるまでの努力はするけれど、相手の上に立とうとか、相手を支配しようとかいう意図は、不思議なほど、まったく持っていません。

いま、支那の脅威がさかんにささやかれています。
国防を強化すべきだという意見も濃厚です。
けれど、極右と呼ばれる人々でも、日本は軍事力を強化して、中共政府を滅ぼし、中共を支配して支那人の富を収奪すべし、などと考える人は、おそらく誰もいません。

中共の軍拡、領土侵犯脅威に対して、これを防ぐに必要な体制を整えよ、という意見しか、まったく見受けられません。
それもやはり、日本人が支配ではなく、たとえどんな相手国であっても、常に対等な立場でいようとしている、そのための言論であり、主張であり、自衛隊の国軍化論です。

日本は、大東亜戦争を戦いました。その大東亜戦争を侵略戦争だという人もいますが、不思議なことに、日本は、植民地支配されている国や、無政府状態となっているエリアには兵を進めていますが、交戦国の国土には、一発の弾も撃っていません。

たとえば、オーストラリアは、日本が兵を進めたインドネシアから、目と鼻の先ですが、では日本がシドニー空爆を行ったかといえば、まったく行っていません。
真珠湾に攻撃を加えたではないかという人もいるかもしれませんが、大東亜戦争当時のハワイは、米国領ではありません。
ハワイが米国領になったのは、昭和34(1959)年のことです。

注)上の記述について、日本は一発も攻撃をしていないというのは言い過ぎだ。日本は米国本土に風船爆弾を落しているし、オーストラリアの軍港への侵入作戦もしているではないか、というご指摘のコメントをいただきました。本文の趣旨とかけ離れた微細な点に疑問を呈するのは、いかがなものかと感じましたが、一応、申上げると、日本本土が直接空爆に晒され、また原子爆弾を投下され、一般の市民が多数犠牲になったという事態と、ふうせんにくくりつけた爆弾が、米国の誰もいない森林の一部を燃やしたというのとでは、その被害規模の違いがあまりにも大きすぎ、議論にすらなりません。また戦略上軍事施設を狙ったということと、民間人を狙うということでは、その侵略性の有無に決定的な違いがあります。そのことを比喩的に「一発も」と申上げているのであって、しかもそれは天皇と公民という観念の説明の比喩の一部でしかありません。正確な軍記をお望みなら、それはそれでご自分でお調べになればよろしい。私の述べようとしていることは、そういうこととは違います。
また、ハワイについては、もともとカメハメハ大王依頼のハワイ王朝があったものを、米国が武力でこれを征圧し、王を引き下ろしてハワイ共和国を設立しています。そして1898年に米国の準洲とされ、真珠湾に米軍基地が建設されました。準洲というのはいまでもあり、プエルトリコやグアム、バージン諸島、マリアナ諸島、サモアなどがいまだに米国準洲です。これらの国は国連のISO国名コードも国別ドメインも、米国とは別です。つまり米国庇護下にありながら、独立した国家、政府を持っているエリアということになります。その意味では、つきつめていえば、いまの日本も米国の準洲に近い存在といえます。その日本を、米国領と考えるのか、独立国と考えるのかということと、戦時中のハワイが米国領であったと考えるということとは、似たようなものということになります。以上補足します。


要するに、大東亜戦争はあくまで自衛のための戦争だったのであり、なぜ戦ったのかといえば、日本は、欧米列強と対等な国であり続けるためであったわけです。
目的が「対等」ですから、日本が占領したエリアには、占領地の住民たちが欧米列強と互角に肩を並べることができるように、教育や教練を施し、さらに行政機構の整備までをもはかっています。
それがあったからこそ、彼らは、戦後、次々と独立を果たすことができました。

要するに、国としても、またひとりの個人としても、日本人の根底にあるのは、常に「対等」意識である、ということです。

たとえ、勉強で負けても、かけっこだったら俺が一番だい!という対等意識が、日本では、日本人の骨肉となっています。

そしてその「対等」意識を日本人が共通意識として持つことができるというのは、すなわち、日本人が天皇の民、公民(皇民)であるからです。

天皇と、公民(皇民)は、常に、一対(いっつい)です。
そのことを思えば、正月に、なぜ、私達が初詣に行くのかも、陛下が夜明け前から、皇室と皇民の弥栄をご祈念されている、ならば、それに対するお礼と感謝のために、神社に詣でて、感謝をしてこようという、日本人の初詣の行動も、ごく自然な行動であるということがわかります。

四方拝のお話から、ずいぶんといろいろなお話に発展してしまいましたが、意中をお汲み取りいただければ、幸いです。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

天皇陛下 79歳の誕生日
公務は減らさず現状維持(12/12/23)

天皇陛下は昨年12月23日、79歳の誕生日を迎えられた際に、ご公務を減らすなどの負担軽減について慎重な姿勢を示されました。陛下のこのようなご発言も、天皇と公民が対(つい)であるということを知れば、いかにありがたいご発言なのか、身に沁みてわかろうかと思います。


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお願い
ねずブロは、みなさまのご支援で成り立っています。
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
関連記事

コメント
偏見ではなく
差別、偏見は止めよう。
その通りですが、スローガンだけ掲げて満足しているのなら歴史学、考古学なんか要りません。サヨクと同じで自分たちの歴史観で型にはめていてはそれこそ偏見のない分析はできません。
部落差別は江戸時代に作られたものではありません。
八瀬童子のように歴史が古く由緒正しい部落民もあります。
ましてや猟師を差別してできあがったものでもありません。現代でも趣味として猟をするお金持ちの方がいますがガイドが部落民とは聞きません。
むしろ部落地区は都会の中に点在しています。近畿地方の都市部の中の方にたくさんあります。
世界中を見渡して、差別民の状況を見れば察しがつきます。ほとんどはある民族にまぎれた異民族(あるいは被征服民)です。

私は部落民=古代に難民として大量流入した不逞半島人説を唱えます。
部落=ゲットーでしょう。
職業は単に穢れ仕事を与えられただけだと思います。
2013/02/01(金) 11:04 | URL | 斎藤一 #-[ 編集]
部落は偏見
部落差別は昔からあったとの認識は間違いだと思います。

「えった・ひにん」は江戸時代の士・農・工・商の細分化で猟士や獣を生業としていた人達などと聞きました。
これは部落地区の人たちの長老から聞かせてもらいました。

しかし、昔も左翼的な思想の反体制の考え方のグループは存在していたようです。
思想では差別待遇はあったのかも知れません。
戦後は「赤旗新聞」を購読したり、補償問題などの運動をしたり、左翼そのものに傾倒していったようです。

私の父は部落の小学校で問題を穏便に解決しました。
紹介記事 ↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1584.html
私は偏見をしません。

2013/01/31(木) 19:25 | URL | はっちょもん #-[ 編集]
部落差別について
どんな歴史書も考古学書にも部落民の起源について書いてありません。
以下は私見です。2つの考え方があります。
皇室の先祖であるヤマト族が九州南部に降臨し東に(おそらく北は信越、南は静岡程度まで)勢力を伸ばしていったわけですが、各地にはもともとの豪族がいたはずです。最大の勢力が大国主の命だった。
大半の部族はおとなしく降服し融和していったと思いますが中には激しい抵抗を続け捕えられた。これらの部族が部落民となった。
これが一つ目の考え方です。
もう一つは。
ねずきちさんの平清盛の項からヒントをいただいた説です。
すなわち、非道をおこなった渡来人です。
古くから渡来人は大量に来ています。特に百済滅亡時に大量に来ています。国家として同盟国の難民を受け入れたものの犯罪を犯す。帰る国もなければ金もない。日本人とは道徳観が違う。
これを部落民とした。

以前は初めの説を持っていました。弥生人が縄文人を差別する構図。しかし大半の場所では縄文人も弥生人も融和した日本人がこれほど差別するということは、と考えると犯罪渡来人と考えた方が良いのではないでしょうか。
2013/01/30(水) 10:49 | URL | 斎藤一 #-[ 編集]
部落制度について
はじめまして。いつも目から鱗の記事、ありがとうございます。
私も部落制度について、ねずさんの見解が知りたいです。戦後、部落解放運動の利権目当てに、在日の方々が入り込んだと聞きました。
ぜひ、教えて欲しいです。あと、731?、736?部隊(支那で人体実験をおこなったといわれている)についても本当の所が知りたいです。ぜひ、教えて下さい。
2013/01/30(水) 02:06 | URL | アンノーン #-[ 編集]
No title
2012年1月1日から2012年12月31日までに、沖縄タイムスの投稿欄に掲載された投稿は計2427本(「主張、意見」1657本、「論壇、寄稿」413本、「茶のみ話」357本)。

投稿者年齢別の投稿数
10代  22  0.9%
20代  47  1.9%
30代 186  7.7%
40代 285 11.7%
50代 254 10.5%
60代 708 29.2%
70代 718 29.6%
80代以上205 8.4%
不明 2  0.1%

投稿者の平均年齢は62.3歳。
10回以上掲載された人は、52人。

掲載回数トップ10は以下の通り。(敬称略)
第1位 渡真利善朋(44)豊見城市 41回
第2位 高安哲夫 (40)那覇市  39回
第3位 仲村直樹 (41)宜野湾市 38回
第4位 山根光正 (68)那覇市  27回
第5位 大嶺よし子(68)豊見城市 26回
第5位 知念勇一 (71)嘉手納町 26回
第7位 上治修  (49)福岡県  23回
第7位 鳩間用吉 (74)那覇市  23回
第9位 前田孝信 (75)那覇市 22回
第10位 岸本定政(65)糸満市  21回
第10位 池辺賢児(35)宜野座村 21回

2013/01/30(水) 00:11 | URL | キン坊 #qTcYU4kM[ 編集]
第183回国会(常会)が開かれています
第183回国会(常会)が開かれています。会期は平成25年1月28日から6月26日までです。  安倍晋三(内閣総理大臣)所信表明演説http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=42373&media_type=wb&lang=j&spkid=21133&time=99:00:00.0

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
2013/01/29(火) 22:40 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
皇室と神社の正しい知識
はじめまして。いつも拝見しています。天皇陛下のご存在があって初めて国民は対等な公民でいられる…なるほどと感じ入りました。その通りだと思います。そうであればこそ、日本人は日本の宝である皇室のは正しい知識を身に着ける必要があると改めて感じました。ところでねず先生は、神社検定をご存じでしょうか?
ttp://www.jinjakentei.jp/
この神社検定では、ご皇室についても問題が出ているので、保守層の皆さんが正しい知識を身に着けるには最高です。また古事記・日本書紀などの記紀神話の基礎知識、日本の神社の基礎知識など、まさに日本人の心を再確認できるテストになっています。良かったらねず先生のサイトでも告知して頂けませんか?まだまだ受験者数が少ないようですから。因みに私は去年3級を受けてなんとか合格できました。今年は2級を受験する予定です。
2013/01/29(火) 17:15 | URL | 梅干元気 #M0Gv5u3s[ 編集]
No title
いつも楽しく拝見しています。

素朴に質問さんのコメントに賛同します。
私も以前からねずさんの仰る「対等」の意識と、所謂被差別部落の問題とのギャップに疑問を感じておりました。
犯罪者の社会復帰にも資する筈の同和部落がどうして被差別部落となって行ったのかという点にも疑問を感じています。

私にとっては未だ解くことのできない永年の疑問です。
どうか貴ブログでの解説をよろしくお願いします。
2013/01/29(火) 16:40 | URL | 門下生 #nlXYmTgg[ 編集]
オーストラリア空爆
毎回ブログを拝見しております。
今回のオーストラリアに空爆はしなかったにはテレビで映像を見た記憶(NTV系 知っているつもり)があったので「?」でした。
インターネットで調べた所、
ウィキペディアに「オーストラリア空爆」と日本の撃墜王、坂井三郎さんの話で、オーストラリアの基地上空で編隊3回宙返りをした話がありました。
民間地には攻撃しなかったけれど、軍事施設には攻撃したようですね。
2013/01/29(火) 15:11 | URL | 一通りすがり #-[ 編集]
【動画】■2013-01.28 アンカー■韓国の窃盗ビジネス特集!
ついにタブーに挑戦!

【動画】■2013-01.28 アンカー■韓国の窃盗ビジネス特集!

■日本の寺から盗まれた重要文化財!須田慎一郎が解説!
http://www.dailymotion.com/video/xx33w6_2013-01-28-yyyy-yyyyy_news#.UQbHwr_ZaAQ


【強盗】◆日本の寺から盗まれた重要文化財を韓国在住のジャーナリストが追跡~菅野朋子著「韓国窃盗ビジネスを追え」[11/21]

韓国在住の日本人ジャーナリストが7年追いかけた題材は、日本の寺から盗まれた重要文化財
(重文)の行方。具体的には「高麗版大般若経」と「阿弥陀三尊像」で、韓国で仏教文化が栄えた
高麗時代のものだ。日本にある朝鮮半島由来の古美術品は、倭寇や秀吉の朝鮮出兵などで略奪
されたものと見られがちで、韓国人の間では「もともとはわれわれのもの」「本国に戻ってくること
は正当」という意識が根強い。

ソース:gooニュース<韓国窃盗ビジネスを追え  菅野朋子著>
http://news.goo.ne.jp/article/toyokeizai/entertainment/toyokeizai-11711.html
http://img.news.goo.ne.jp/picture/toyokeizai/m-11711_img_7be98220379c6da54549632f54069d7512005.jpg

2013/01/29(火) 15:11 | URL | 韓国=強盗国家 #amXlFcx2[ 編集]
奴隷はなかった?
「日本には奴隷はいなかった」とのことですが、
江戸時代には「えた・ひにん」などと差別された人たちが
いたと社会科の授業で昔習いましたが、奴隷とは異なるのは
理解ますが、ねずさんのおっしゃる「対等」意識からすると
理解が難しくなります。この問題について、いつか貴ブログで
取り扱っていただけませんでしょうか?
よろしくお願い致します。
2013/01/29(火) 12:55 | URL | 素朴に質問 #-[ 編集]
今年の天長節もまた泣いてしまうだろう
ねずさん、こんにちは
今日もいい話どうもありがとうございました。
子供からよく質問を受けるのですが天皇陛下は何をしてるの?と。
私も子供の頃ですが不敬にも皇室の方々は何もせず国民の税金で暮らして
いいご身分だなぁなどと思っておりました。勉強不足を恥じています。
しかし、近年皇室の事をよく調べるようになって初めて皇室の実態
が理解できました。
ねずさんブログで更に知識が深まり、今では陛下を敬い畏れ
私が最も敬愛するお方となりました。
子供達にもこの話を分かりやすく噛み砕き、語って参ります。
2013/01/29(火) 12:53 | URL | 日本はいい国だ #JUGsyThY[ 編集]
資産家夫婦殺害事件の男はモロ朝鮮顔
資産家夫婦殺害事件の男はモロ朝鮮顔
http://live2.ch/jlab-maru/s/maru1359427667493.jpg

資産家夫婦殺害事件の男はモロ朝鮮顔
http://live2.ch/jlab-maru/s/maru1359427667493.jpg

資産家夫婦殺害事件の男はモロ朝鮮顔
http://live2.ch/jlab-maru/s/maru1359427667493.jpg

職業不詳w
300億円を運用!銀座にマンション
スイス在住
2013/01/29(火) 12:15 | URL | 朝鮮顔 #amXlFcx2[ 編集]
No title
一滴の血も流さずというねずさんの言葉は、武士たちが身分を返上した四民平等や、大名がその位を放棄した廃藩置県のことを言っていると思うのですが?
2013/01/29(火) 11:22 | URL | ラビット #qbIq4rIg[ 編集]
No title
一昨日の講演会にてお話されたこと、記述いただきありがとうございました。ただ明治維新後一滴の血も流さず武士が施政権を譲渡したというのは少々言い過ぎと存じます。士族の乱は少なからず発生し、尊い血が双方に流されております。日露戦争旅順戦にてわが軍を率いた乃木大将、児玉参謀もその鎮圧軍にあって負傷をしています。公民(皇民)のとらえ方は我が国の平安を維持するのには理想的な思想であって、その理想が日本人最大公約数にマッチしたからこそ、乱における勝者敗者とも治まったと私は考えております。なまいきなコメントご容赦ください、あくまでも私の私見にて失礼いたしました。
2013/01/29(火) 10:07 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
No title
いつもためになるお話ばかりですが、今日のお話は特に目から鱗でした。私たちが普段当たり前と思っているので、そのすばらしさに気付かないですね。
改めて日本のすばらしさ、陛下へのありがたみを感じる事が出来ました。
しかし開戦当時ハワイが米国領でなかったなんて...、本当に日本の教科書には騙されていました。
これからも私たちの目を覚ませてください。応援しています。
2013/01/29(火) 07:44 | URL | じょあ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓

↓好評発売中↓




ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク