アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


学校の教科書

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

永久王殿下


冒頭にひとつの物語をご紹介します。
短いものです。
戦時中の小学6年生の上期の国語の教科書に書かれていたお話です。

戦前の教科書が軍国主義の象徴であるとか、戦争賛美とかいう人がいますが、ほんとうにそうなのか、以下の文をみて、考えていただければと思います。

文は、旧仮名使い(ゐる、おほひ)などと、「學」などの旧字の表記を、現代風に置き換えただけで、文章は原文のままです。



======

陸軍幼年学校の制服をお召しになつた北白川宮永久王(きたしらかわのみやながひさおう)は、母宮殿下(ははのみやでんか)の御前(おんまえ)にお立ちになった。

「ただ今、北海道から帰ってまいりました。
 これは、おみやげにと思いまして、
 求めてまいった黒竹の杖でございます。」

王は、お持ち帰りになつた杖を、母宮殿下におあげになった。

それをお受け取りになつた母宮殿下は、
「この杖をこうして持っていると、
 永久に手を引かれているようです。」
と仰せられ、やさしく王を御覽になつて、にっこりお笑いになった。


晴れた夏の空が、武藏野(むさしの)の上におおいかぶさっている。
陸軍士官学校予科を御卒業になつた王は、士官候補生として、今日も武藏野を縱横にかけめぐりながら、演習をなさっていた。

今まで晴れていいた空が急に暗くなって、大粒の雨が降りだした。
演習が終って、王は、一軒の農家の軒先にお立ちになった。御軍帽のひさしからは、雨のしづくがしたたり落ち、御軍服は、しぼるようにぬれていた。

「雨で、殿下には、さぞお困りになったことでありましょう。」
と、中隊長が申しあげると、王は、
「二月(ふたつき)余りも雨が降らなかったから、この雨で、農家はさぞ喜ぶことでしょう。ほんとうによい雨です。」
とおっしゃって、水晶(すいしょう)のすだれを掛けたように降りしきる雨を、いかにも気持ちよさそうにお眺めになった。


昭和15年の春。
陸軍砲兵大尉の御軍装で、王は、母宮殿下の御前に不動の姿勢でお立ちになった。母宮殿下は静かにおっしゃった。

「永久のからだは、お上におささげ申したものですから、決死の覺悟で、御奉公なさるように。」

大命を拝されて、王は蒙疆(もうきゅう)(*1)の地へ御出征になる。その最後のお別れに、母宮殿下に御挨拶(ごあいさつ)を申していらっしゃるのであった。

「陛下のおんため、力の續くかぎり戰ひぬく覺悟でございます。どうぞ御安心くださいませ。」

王は、母宮殿下にじっと御注目になり、敬礼をあそばされた。
母宮殿下も、御満足そうに王のお顔を御覧になり、心もち御頭をおさげになって、御答礼をあそばされた。

(*1) 支那、内モンゴル自治区中部の旧綏遠(すいえん)・チャハル両省などにあたる地域


広々とした蒙疆の原野、第一線における王の御宿舎は、粗末な蒙古の住民の家である。
軍務のおつかれで、王は、ある夜しばしかり寝のゆめをお結びになっていたが、あたりのさわがしさで、目をおさましになった。

「お目ざめでございますか。せつかくの御熟睡(ごじゆくすゐ)をおさまたげいたしまして、申しわけもございません。」

おつきの者が、恐る恐る申しあげると、

「何か起つたのか。」
とやさしくお問ひになった。

「いや、ほかでもございません。この附近の住民が病気で、今にも死にそうだと申しているのでございます。」

「病気。それは気のどくだ。」
王は、こうおっしゃって、一服の薬をお取り出しになった。

「これを飲ませておやり。」
と、おつきの者にそれをお渡しになった。

翌朝、王の御宿舎の前には、蒙古の住民たちが並んでいた。王のお情けに、心からお礼を申しあげるためであった。


「10時20分、戦闘たけなわなる時、宮機を迎えるの光栄に浴す。将兵一同感激にたえず。」

第一線から飛行機でお帰りなった王は、武官のさし出すこの電報を御一読ののち、今飛んでおいでになったはるかかなたの空を、もう一度ふり返つて御覧になった。

砲煙弾雨の間、王は、彼我の戦況を御偵察(ていさつ)になって、作戦の御指導をなさったのである。第一線の將兵たちは、この電文が示すように、ひたすら光栄に感激して、勇気百倍したのであった。


昭和15年9月6日、防空演習で帝都は夜のやみにとざされていた。その中を、王の御なきがらを奉安する御ひつぎの車は、儀仗隊の護りもいかめしく、立川飛行場から、静かに高輪(たかなわ)の御殿へお進みになっていた。

午後八時ごろ、御ひつぎの車は、御殿にお着きになった。正門の前には、お四つでいらつしやる若宮道久(みちひさ)王殿下が、喪章をつけない日の丸の小旗をお持ちになつて、父宮の御凱旋(がいせん)をお迎えあそばされていた。

「名譽の御凱旋をなさるのですから、心の中で万歳を唱へてお迎えするのです。」
とおっしゃった祖母宮殿下のおいいつけ通りになさったのであろう。

御ひつぎは、表玄関から、母宮殿下の御居間、桜の間にまずおはいりになった。

王が幼年學校の生徒でいらつしやつた時、北海道からお歸りになつて御挨拶をなさつたのも、蒙疆へ御出征の時、最後の御対面をなさったのも、この同じ桜の間であった。

その御居間で、神におなりになった王に、母宮殿下は、母君としての御慈愛に満ちたお迎えのおことばを、親しくおかはしになったのであった。
=======

いかがでしょうか。
冒頭のお写真は、その北白川宮永久王の在りし日のお姿です。
また下の写真は、北白川宮永久王が昭和10年に徳川祥子さまとご結婚なされたときのお写真です。

永久王殿下のご成婚-1


永久王殿下は、日頃からたいへんなスポーツ青年だったそうです。
しかも昭和9年に陸軍砲工学校高等科を卒業し、昭和14年には陸軍大学を第52期生として卒業されている、秀才でもありました。

ロサンゼルス五輪で馬術で金メダルを獲得した西竹一大佐とも馬術を通じて親交があり、御薨去される2年程前には、仲間の一人と部屋に招かれ、水入らずで色々と話をしたのが懐かしい、と西大佐も後に語っています。
スポーツマンらしく、飾り気のないお人柄であらたのです。

文中にある母、房子内親王は、明治天皇の第七皇女です。
父は陸軍砲兵大佐、祖父は陸軍大将北白川宮能久親王です。
まさに名門中の名門であられたわけです。

その名門の永久(ながひさ)王殿下も、満蒙の地へご出征されていたのです。
そして肩書きは陸軍駐蒙軍参謀でありながら、常に最前線に立たれていました。

ご薨去されたときの事件は、昭和15年9月4日の午前11時過ぎのことで、張家口での演習中に、不時着して来た戦闘機の右翼の先端に接触したというものです。
厳しい戦闘から満身創痍で帰還した飛行士を、一秒でもはやく収容しようとして、永久王殿下は、着陸してくる戦闘機のすぐ近くに出ていて、不時着に巻き込まれてしまいました。

右足膝下切断、左足骨折、頭部に裂傷という重傷です。
すぐに病院に搬送されたのですが、同日午後七時過ぎに薨去されています。
享年31歳という若さでした。

祖父の能久親王(よしひさしんのう)は、明治28(1895)年の日清戦争によって割譲された台湾に、最初に平定のために向かわれた近衛師団の師団長でした。
ところが不幸にも現地でマラリアに罹かり、台南で御薨去されています。
これが、御皇族初の、外地での御戦没者です。

この能久王殿下は、幕末の戊辰戦争では幕府側に立ち、一時は彰義隊の隊長となられ、さらに奥羽越列藩同盟の盟主になられた方でもあります。
畏れ多いことではありますが、ウチも幕臣だった関係で、とてもありがたく感じています。

そしてその家柄の永久王殿下の、出征の物語が、上にある戦時中の国民学校(現・小学校)の国語の教科書の教材になっていたわけです。

そこに書かれている物語は、子を愛する母君の慈愛と、外国人であってもわけへだてのない永久王のお人柄、そして悲しみを乗り越えて、真っ直ぐに生きようとする幼子の姿です。

戦時中の日本の教育を、軍国主義教育という人がいます。
なるほど戦時中ですから、戦争に関連したお話が教科書でたくさん扱われているのは事実です。
これは当然のことです。
戦争というのは、国家の一大事なのです。
扱わない方がどうかしています。

けれど、各学年の教科書を実際に読んでみると、そこにあるのは、勇猛果敢な戦う兵隊とか、勇ましい忠君愛国の道だとかなどよりももっとはるかに深い、人としての愛情や親子の絆といったものが、身近な話題の中で、ひとつの大きなテーマとして綴られていることに、あらために気付かされます。

以前、知覧航空基地の富浜トメさんの記事(http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1683.html)をご紹介した際に、勇敢に戦ってくださったひとりひとりの日本人の兵隊さん・・・そのおひとりおひとりが、みんな今を行きている日本人と血のつながった人々であるわけですが・・・たちが、なんでそこまでして戦ってくださったのかといえば、それは「思いやりの心」があったからだ、と書かせていただきました。

その思いやりとは、祖国に残してきた家族であり、友人であり、地域社会であり、日本であり、そして後年のいまを生きている私達日本人の弥栄を願う心です。

そういうやさしさをもった、人としての心を、戦前も戦時中も、学校で教えていたのではないでしょうか。
だからこそ、生徒たちも父兄も、そういう先生方をとっても尊敬していた。

いま、学校でそのような「人としての心」は教えられているのでしょうか。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

台湾蘭嶼島の長老が語る日本統治時代(昭和天皇+北白川宮能久親王)


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロは、みなさまのご支援で成り立っています。
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
関連記事

コメント
大事なものは大事だと教える、教育の大切さ
戦前の教育に関して、唱歌の果たした役割も忘れてはならないのではないでしょうか。
私はあるきっかけから戦前の文部省唱歌のCDを購入したのですが(昭和7年生まれの
私の母がそれを聞いて、大変懐かしいと喜んでおりました)、まず言葉の美しさに圧倒
されました。そして、両親や神仏は敬うものなのだと、改めて(いや初めて?)気付かされ
ました。「親に仕える」「おん社(やしろ)」「大仏がおわします」などの表現が出てくる
からです。
それから、幼いうちから人としての立派な心掛けが身につくよう、教訓的な歌が多いのですが、
どれも非常に真を謳っていて、美しいメロディーとともにあるので少しも嫌味ではなく、大変
印象的です。「一つとや‥」から始まる数え歌は9番までありますが、内容は今の時代にも通じる
ものが多く、とても良く出来ていると思いますし、3番まである「明治天皇御製」という歌は
メロディーの美しさもさることながら、「物学ぶ道に立つ子よ‥」で始まるその言葉の雅やかさ、
内容の素晴らしさに感動いたしました。こんな素晴らしい歌詞を作られた明治天皇というお方は
さぞご立派なお人柄だったに違いないと、単純にそう思えるほどに胸に響きました。
また、軍人さんはもちろんのこと歴史上の偉大な人物も、ちゃんと歌で教えているんですね。耳で
聞いて、口ずさむ事によって自然と敬愛の念が増す‥。素晴らしい。

私はこの、戦前の唱歌を聴いて初めて、その昔日本が、この海に囲まれた島国がどれほど海軍を大事に
誇りに思って来たかを知りましたし、明治時代の日露戦争の勝利が一大事だったことも知りました。
「日本海海戦」の歌などは、今おおっぴらに歌えば日教組の教師が血相変えて飛んで来そうな歌詞
ですが、今の時代の私が聞いても誇らしさで胸が熱くなります。
そのほか、四季折々の風情を歌ったものが多く、曲も歌詞も本当に美しいんですよ!愛国心なんて
仰々しく構えなくとも、唱歌を歌っていれば自然と身につく感じです。

私は戦前の文部省唱歌を聞いて、はっきりと悟りました。
天皇を仰ぎ見て神仏を敬い、親や祖先の教えに素直に従い、周囲に感謝し、大事があれば主君や
国のために進んで立ち上がり、どんな時にも品位を失わずに情けを大事にする。
そういう、古来より連綿と受け継がれてきた日本人の素晴らしい精神的文化は、先の大戦を境に
途絶してしまったのだな、と。現在の日本人は(誇りというのも含めて)、まるで心をどこかに
置き去りにしてきてしまったかのようです。

ねずさんがこの記事で紹介されていたように、戦前の日本の教育が軍国主義一辺倒だった訳が
ありません。なのに戦前が全て悪くて、戦後は民主主義だから何もかも良いのだ、などという
考えは間違ってますよね。
「我は海の子」。確か9番くらいまである思いのほか長い歌なのですが、今では決して公共の場
では紹介されることはないであろう、最後の歌詞はこうです。「♪出(い)で軍艦に乗り組みて、我は
護らん、海の国」。
果して現代の若者達は、この国を護ろう、愛する人達を守ろう。そうした気概を持っていざという時
闘えますかね?お隣りの韓国は徴兵制によって、殆どの青年は軍隊生活を経験している訳ですが‥。
日本も徴兵制を導入すべきだなどとは申しませんが、国を想う心というのを取り戻す教育であって
あって欲しいと願っています。国を愛さない国民が、どこにいますか。愛国心と聞くと眉をひそめる、
その今の日本の風潮自体が異常なのだということを、私たちはもっと理解すべきです。




2013/02/12(火) 03:16 | URL | 鷺草 #zGP8omvY[ 編集]
No title
今日は、○○タックルの特別放送を見ていました。そして、笑いました。
いわゆる従軍慰安婦問題についての説明で、「従軍慰安婦はどこかの記者が、でっち上げたもの」だそうです。記者の名前は書いていませんでした。また、当時の朝日新聞がどう動いたとか、国会で誰が問題にしたかも、掲載していませんでした。

まあ、朝日放送がいわゆる従軍慰安婦問題を、「でっち上げ」と記載したことは、記憶にないことですから、一歩前進していると思います。
しかし、自社がそのときにどうしたのか、その後に誤りについてどう検証したのか、と言うことに触れていないので、これの結末を説明させることが今後の課題です。

いわゆる従軍慰安婦問題について、朝日放送にも逃げられてしまった社民党の福島代表は、これから、正確な知識を勉強して、そして話してもらいたいものです。
2013/02/10(日) 23:11 | URL | ポッポ #-[ 編集]
美しい!
教科書の中で、特にこの一文なのですが、

「しばしかり寝のゆめをお結びになって」(四)

・・・なんという美しさでしょうか!
2013/02/10(日) 22:48 | URL | 旭 #.oDeeKmY[ 編集]
関東大震災でもやらかした証拠!
********************************************
■東日本大震災で韓国籍の犯罪者が合計3人も逮捕
********************************************

『林成富』『宋尚烈』『曹純一』


『林成富』→ ●義援金を盗んだ『林成富』を逮捕

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1546924
http://ameblo.jp/japan-conserva/entry-10872240631.html

『宋尚烈』→ ●「震災で金引き出せない」と寸借詐欺=各地で30件か、韓国籍の『宋尚烈』を逮捕-警視庁

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011071300613

『曹純一』→ ●津波で被災した青森県八戸市で韓国籍の虻川純一こと『曹純一』を窃盗容疑で逮捕

http://specificasia2.blog12.fc2.com/blog-entry-3912.html
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=ecDKwh6ca7A

韓国籍の人口は39万人
日本人の人口は1億2700万人
2013/02/10(日) 21:45 | URL | 在日朝鮮人の極悪っぷり #amXlFcx2[ 編集]
戦後教育は、まさに汚物の集積
現実に起きていることのみが、現在の戦後狂育の真実を反映しています。それは、戦後に生きる我々で感じない者は居ないでしょう。未だに洗脳されている者を除いて。後世に伝えるべきは、このおぞましい戦後狂育の事実だけで良く、戦後狂育自体は、我々の代で完膚無き迄に消し去らねばなりません。
2013/02/10(日) 17:01 | URL | 素浪人 #xo2ligvU[ 編集]
旧正月
今の小学校で どのような国語の教科書が使われているのか全く解らないが、おそらく ひどいものなではないかと恐れます。
朝日 毎日 NHK せめて戦前の国民学校レベルの敬語の使い方を習って欲しい。
今世界に誇る 日本人の高潔さは ずっとずっと昔から 折に触れ あらゆる機会を捉えて 何度も何度も 言い聞かせ 読み聞かせ 語り合って体に DNAに染み込ませてきたのではないでしょうか。
今日は 旧正月で 近くの神社に初詣に行ってきました。
最近 神社に行くと 若い女性が多く皆しきたりを守って参拝している姿に 何かうれしさを感じます。
これから、子供を産み育てる女性が この国の成り立ちの根幹を感じ始めているのではないか。 そうならば、日本の未来には 希望が持てます。
 明日は 紀元節 護国神社に 参拝したいと思っています。
いつも 良いお話を有り難うございます。
2013/02/10(日) 16:26 | URL | 古希のネトウヨ #-[ 編集]
先人達の生き様
戦前の教科書では、立派な先人達の生き様が紹介されていたと伝え聞きます。
明治の潜水艇事故での佐久間艇長のエピソードなどはその典型だと思います。
反日的な人々には、杜撰で劣悪な艦に乗せられて事故にあった日本軍国主義の犠牲者などとうがった見方で、誤った教材とされてしまう可能性も高いのですが、死を前にして、最期まで冷静に職務をまっとうし、長として部下を思いやり、事故原因と対策を検討し、後世に同じ悲劇が繰り返されないよう記録を残した姿勢は、和を尊び、たとえ我が身が滅んでも、その死を無駄にせず全体のために役立てようとする公の精神、おもいやりの心が古来からの日本人の性質であるということをよく物語っていると思います。
自分たちが住んでいる国が、そのような立派な先人達が築いてくれたものだと知っていくことで、自分の国を愛し、それら先人達の想いに応えられるよう立派な人間になろうという気持ちが芽生えていくのではないでしょうか。
2013/02/10(日) 13:35 | URL | クボタ #-[ 編集]
必要なのは道徳教育
中国では環境汚染が国民の生活を脅かしています。日本も高度成長期には環境問題が社会問題となりました。そのため、日本は環境規制を強化し、多くの問題を解決してきました。今や日本の環境技術は世界でもトップクラスです。

中国の環境問題は隣にある日本でも無視できない問題です。が、技術のない中国では環境問題を解決することは出来ないと思われます。そこで日本の環境技術で協力してはどうかといった声が出始めました。

しかし、中国の場合は技術の問題ではありません。金にならない環境対策を無視する民族意識が根本的な問題です。中国には今でも環境規制はあります。国民が守らないから環境が悪化していくのです。中国に必要なのは技術ではなく道徳教育ではないでしょうか。
2013/02/10(日) 13:22 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク