アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


大東亜共同宣言

ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
 ↓お申込みはコチラ↓
http://www.mag2.com/m/0001335031.html


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

富士山0217


昨日の記事が、すこしわかりにくかったとのご意見がありましたので、今日はすこし切り口を変えて、「大東亜共同宣言」から書きおこしてみたいと思います。

この「大東亜共同宣言」は、昭和18(1943)年11月6日、つまり大東亜戦争のまっただなかで、日本、支那、タイ、満州、フィリピン、ビルマの6カ国に、自由インド仮政府を加えた実質7カ国の共同声明として出された宣言です。

内容は非常にたいせつなことを含んでおり、実はこの「大東亜共同宣言」がきっかけとなって、翌月、米英支の三か国(中心的役割は米)が共同宣言というカタチで「大東亜共同宣言」に対抗的に出したのが「カイロ宣言」、これを受けて作られたのが「ポツタム宣言」、そして「降伏文書」と続くわけです。
その意味でも、「大東亜共同宣言」は、歴史上、たいへんに重要な位置を占める重要な宣言といえます。

ところがおかしなことに、この「大東亜共同宣言」、その全文を紹介している本は、いま、ほとんどありません。
かなり意図的にこの宣言が、歴史から抹消されています。

また、これもおもしろいことなのですが、「大東亜共同宣言」では、なるほど宣言文は、当時の東亜の共通語であった日本語で書かれましたが、むしろ参加した外国が、この宣言に興奮し、大歓喜をしています。
このあたり、対抗的に出された「カイロ宣言」が、米国によって無理矢理言わされ、各国がこれに対して何のステートメントも発表していないのと、大きな開きがあります。
つまり、「大東亜共同宣言」は、当時の東亜諸国の思いそのものであった、ということです。



ちなみに、「大東亜共同宣言」を発したこの7カ国の中で、大東亜戦争開戦前の時点で独立国であったのは、日本、支那、タイ、満州の4カ国だけです。
もっとはっきりと云うと、これはまったく驚くべきことなのですが、この時期の世界で、有色人種の独立国というのは、実はこの4カ国だけです。

では、その他の国はどうだったのかといえば、すべて白人たちの植民地です。
国でさえありません。
先日も書きましたが、たとえばベトナムは「フランス領インドシナ」、インドネシアは「オランダ領東インド」、エチオピアは「イタリア領東アフリカ」です。

こう書くと、ブラジルなどの南米諸国は独立国となっていたのでは?と思う方がおいでになるかもしれませんが、それもまた甘いです。

東アジア諸国よりもずっと以前に南アメリカには、イベリア半島からやってきた食い詰め者の冒険者たちがエルドラド(黄金郷)の夢を抱いてやってきました。
彼らは若い単身者でした。
そして彼らはそのあり余った精力を、先住民族に対する殺戮と強姦に向けたのです。

その結果、南米人に純粋種は絶滅しました。
ですからいま生き残っているのは、全員、白人種との混血種だけです。

ちなみに南米諸国は、おおきく3つに大別されます。
ひとつは、エクアドルやペルー、ボリビアなどのように、先住民族との混血エリアです。

ふたつめは、アルゼンチン、ウルグアイのような、先住民族がほぼ完ぺきに抹殺されたエリアです。
このエリアの女性たちは、手当たりしだい強姦されたあげく、子を産む前に殺戮の対象にあった結果、民族が根絶やしにされたのです。

みっつめは、黒人奴隷の輸入が人種構成を複雑なものにしたブラジルです。
ブラジルの場合、コーヒーの農園主たちは、最初先住民族を奴隷化しようとしたのですが、地の利を得ている先住民たちは、すぐにジャングルの密林の中に逃亡してしまう。
そこで農園主たちは、ブラジルの自然環境になじみがなく、肌の色ですぐに奴隷と識別できる黒人をアフリカから大量に運び込んだのです。

ちなみにブラジルには、「ファーベラ」というスラムが数多くあります。
遊休地があると、そこにある日突然流民たちがやってきて巨大なスラムを形成します。
もちろん所有権や建築に絡む一切の法は、すべて無視されます。
政府も、これを取り締まることができません。
なぜなら、ファーベラを下手に取り締まると、貧困民たちが暴徒化し、収拾がつかなくなるからです。

ファーベラは貧困のスラムです。
そこでは女たちは16歳になったら娼婦にならないと食べていけませんでした。
リオのカーニバルは有名ですが、カーニバルは、ファーベラごとに山車が出ます。

山車の上では、半裸の若い女性たちがサンバを踊ります。
山車に乗るのは、ファーベラに来て1年未満の男女です。
彼らは、山車の上で自分の裸を晒して踊り明かすことで、はじめてファーベラの一員、仲間として認められたのです。
いまでは楽しい観光資源となっているリオのカーニバルも、もとをたどせばそういう事情があります。

ものごとは受け止め方次第かもしれませんが、若い女性が自分の裸体や恥部を晒すことは、いかなる民族であれ女性の本能として辛く悲しく不条理を感じることなのだろうと思います(熱帯等特殊な環境は除きます)。
明るいサンバのリズムには、そうした哀しさもあるということは、私達もしっかりと理解する必要があろうかと思います。

話が脱線しましたが、世界の有色人種の中で、たった4つ残された独立国と、これに日本が大東亜戦争開戦直後に独立させたフィリピン、ビルマが加わり、またこれから独立しようとするインドを加えた7カ国で、共同声明を発表したのが、「大東亜会議共同宣言」です。

その「大東亜会議共同宣言」の全文を掲載します。

ご一読いただくとわかりますが、ここで宣言しているのは、互いを尊重し、それぞれの民族が民族の歴史、文化、伝統を活かしながら互いに文化交流を深め、互いに経済関係を強化することで、相互に発展し、世界各国とも進んで仲良くしていこうということです。

要するに東亜諸国は、それぞれの国や民族毎に、相手が欧米列強であれ、同じ東亜諸国であれ、アフリカや南米や、太平洋の諸国等であれ、すべての諸国が、互いの存在や文化を認めあいながら、「対等」に交際していこうということを明確に宣言しています。

このことは、ものすごくたとえは悪いかもしれませんが、今の若い人たちにものすごくわかりやすく言えば、日本アニメのワンピースやドラゴンボール、あるいはNARUTOの主人公の仲間たちが、支配と隷属を強要しようとする悪の一味に対して、自由と公正のためにたちあがっている姿と、実はまったくおなじ姿です。

=======
【大東亜会議共同宣言】
昭和18(1943)年11月6日

(現代語)
世界各国が、民族毎に自分たちの土地を持ち、お互いにたすけあって、ともに国家として発展し、みんなで明るく楽しみをともにするためには、まず世界平和の確立がその根本です。

けれども米英は、自国の繁栄のためには、他国や他の民族を無理矢理押さえつけ、とくに東亜諸国に対しては飽くなき侵略と搾取を行い、東亜諸国の人々を奴隷するという野望をむきだしにし、ついには東亜諸国の安定そのものを覆(くつがえ)そうとしています。
つまり、東亜諸国の戦争の原因は、そこにその本質があるのです。

そこで東亜の各国は、手を取り合って大東亜戦争を戦い抜き、東亜諸国を米英の押さえつけから解放し、その自存自衞をまっとうするために、次の綱領にもとづいて、大東亜を建設して世界の平和の確立に寄与します。

1 東亜諸国は、協同して東亜の安定を確保し、同義に基づく共存共栄の秩序を建設します。
2 東亜諸国は、相互に自主独立を尊重し、互いに助け合い、東亜諸国の親睦を確立します。
3 東亜諸国は、相互にその伝統を尊重し、各民族の創造性を伸ばし、東亜諸国それぞれの文化を高めあいます。
4 東亜諸国は、互いに緊密に連携することで、それぞれの国家の経済の発展を遂げるとともに、東亜諸国の繁栄を推進します。
5 東亜諸国は、世界各国との交流を深め、人種差別を撤廃し、互いによく文化を交流し、すすんで資源を解放して、世界の発展に貢献していきます。

(原文)
抑々世界各國ガ各其ノ所ヲ得相扶ケテ萬邦共榮ノ樂ヲ偕ニスルハ世界平和確立ノ根本要義ナリ
然ルニ米英ハ自國ノ繁榮ノ爲ニハ他國家他民族ヲ抑壓シ特ニ大東亞ニ對シテハ飽クナキ侵略搾取ヲ行ヒ大東亞隷屬化ノ野望ヲ逞ウシ遂ニハ大東亞ノ安定ヲ根柢ヨリ覆サントセリ大東亞戰爭ノ原因茲ニ存ス
大東亞各國ハ相提携シテ大東亞戰爭ヲ完遂シ大東亞ヲ米英ノ桎梏ヨリ解放シテ其ノ自存自衞ヲ全ウシ左ノ綱領ニ基キ大東亞ヲ建設シ以テ世界平和ノ確立ニ寄與センコトヲ期ス

一、大東亞各國ハ協同シテ大東亞ノ安定ヲ確保シ道義ニ基ク共存共榮ノ秩序ヲ建設ス
一、大東亞各國ハ相互ニ自主獨立ヲ尊重シ互助敦睦ノ實ヲ擧ゲ大東亞ノ親和ヲ確立ス
一、大東亞各國ハ相互ニ其ノ傳統ヲ尊重シ各民族ノ創造性ヲ伸暢シ大東亞ノ文化ヲ昂揚ス
一、大東亞各國ハ互惠ノ下緊密ニ提携シ其ノ經濟發展ヲ圖リ大東亞ノ繁榮ヲ増進ス
一、大東亞各國ハ萬邦トノ交誼ヲ篤ウシ人種的差別ヲ撤廢シ普ク文化ヲ交流シ進ンデ資源ヲ開放シ以テ世界ノ進運ニ貢獻ス

=========

おもしろいことに、この大東亜会議共同宣言が出たのが11月6日で、そのすぐ1ヶ月あとの昭和18年12月1日に、米英が中心となり、支那の国民党の蒋介石を招いてその3カ国で、共同宣言を行っています。

つまり、大東亜会議共同宣言に対抗する宣言を、わずか1ヶ月後に行ったわけで、それが「カイロ宣言」と呼ばれるものです。

たいへん不思議なことに、このカイロ宣言は宣言の原文は、いまではまったく「わからない」ものとなっています。
そんなバカなと思われるかもしれませんが、すくなくとも日本では、まったくわからないものとなっています。
いまわかるのは、当時の報道から、その内容が伝えられているだけです。

おそらくは、内容の中に「都合の悪い部分」があり、そこを意図的に改ざんしているために、宣言の原文を隠しているのだろうと思います(*1)が、それでも、この「カイロ宣言」の言い分をみると、たいへんに面白いことがわかります。

(*1) おそらくその「都合の悪い部分」というのは、カイロ宣言が日本に無条件降伏を求めるとしているという点だろうと、私は思っています。連合国がポツタム宣言において日本に求めた無条件降伏は、あくまで日本軍の無条件降伏であって、日本国政府の無条件降伏ではありません。けれど降伏後の占領統治は、日本国政府が無条件降伏をしたかのごとき占領政策となっています。
そしてその根拠を「カイロ宣言において、連合国は日本軍ではなく、日本国に無条件降伏を求めている」という点におかれたわけです。けれども実はカイロ宣言には、日本国の無条件降伏などうたわれていなかった。であれば、カイロ宣言の宣言文が、戦後故意に隠蔽された理由も、ありえるものとなります。


なにが面白いかというと、「大東亜共同宣言」が、自由と独立、支配と隷属からの脱却と、公正な世界の実現といった、世界の諸民族は人として「対等」な民である、ということを、強く主張しているのに対し、「カイロ宣言」は、日本が軍国主義の侵略国家であり、その野蛮な日本に仮借なき弾圧を加えると宣言しているわけです。

さきほどの日本アニメのたとえでいえば、ワンピースや、NARUTO、ドラゴンボールの主人公たちに対して、支配者である悪の枢軸国が、その主人公たちを暴力的侵略者である、と決めつけているわけです。

欧米による植民地支配というのは、約500年もの長い期間、続いたものです。
ごく一部の白人支配層が、数の上では圧倒的に多い有色人種たちを差別し、収奪し、その有色人種たちを使役することで、自分たちは「働かずに贅沢な暮らしができる」という夢を実現した「歴史ある制度」です。

白人諸国にしてみれば、日本の行ったふるまいは、彼らの財産や生活の基盤そのものを破壊する行為であったわけです。
それまで、王侯貴族のような生活ができたのに、日本という、たった一国の跳ね返り者によって、すべて破壊され、自分たちも働かなければ食べられなくなった。

いってみれば、いま、これをお読みのあなたの家に、いきなり武装した黄色い猿がやってきて、あなたの家も土地もパソコンも衣類もみんな奪っちゃった、みたいなもので、まさに怒り心頭であろうことは、それはそれで容易に想像ができようかと思います。

けれど、人類というのは、町内会長さん、たったひとりの贅沢な暮らしのために、他の町民が生きているわけではありません。みんなが等しく生を受け、みんなが等しくしあわせな暮らしを希求できるように生まれてきています。
人は、一部の人の贅沢のために生まれてきているのではありません。
そして、それこそが、まさに日本の常識であり、世界の民衆の常識です。

これは世界の人類史上の、まさにエポックだと思うのですが、日本という不思議な国は、いまから1300年もの昔に、民衆こそが大事という国の形を築きあげました。
日本には神の血筋としての天皇がいて、民はその天皇の民です。そして権力者は天皇によって任命され、民のために働く。それが日本という国のカタチです。

ですから日本では、民は権力者とは人として対等な民です。
「なるほどあいつはたしかに東大出のエリートで、政治権力者かもしれねえ。俺は学歴もなんにもない一介のしがねえ職人でしかないかもしれねえ。でもな、寿司を握らせたら俺の腕は天下一だぜ」というのが、対等の概念です。

「あいつは勉強は学年で一番だ。だけど駆けっこだったら俺が一番だ」
「俺は勉強も駆けっこも苦手だけど、マンガを書いたら俺が一番だ」
「俺は勉強も駆けっこも絵もかけねえけど、ドラムを叩いたら学年一だ」等々、こういう概念は、相手のすごさをきちんと認めた上で、自分も向上して行こうという「対等」意識です。

「大東亜会議共同宣言文」も、この「日本的対等意識」が根幹となっています。
すなわち、
肌の色が違っていても、俺たちは人として、民族として対等だ。
欧米と対等になれるよう、自分たちも互いに協力して成長し、発展していこう。
東亜諸国の民族も国もみんな対等に付き合おう。
そういう考え方に基づいているわけです。

これに対し、対抗的に出された「カイロ宣言」は、差別され、迫害され続けた者たちが「対等」になろうとすることを拒否し、対等な関係を求めて立ち上がった者を、軍国主義の侵略者とレッテルを貼って決めつけています。
そして戦後の日本も、そのレッテルにいまだにずっとひきずられています。

=======
【カイロ宣言】
昭和18(1943)年12月1日

(現代語訳)
(1) 各軍事使節は日本国に対する将来の軍事行動を協定した。
(2) 三大同盟国は、海路陸路及空路により、その野蛮な敵国に対し、仮借なき弾圧を加える決意を表明した。右弾圧は既に増大しつつある。

(3) 三大同盟国は、日本国の侵略を制止し、かつこれを罰するため、このたびの戦争をなしつつあるものである。右同盟国は、自国の為に何等の利得をも欲求するものではない。また、領土拡張の何等の念をももっているものではない。

(4) 右同盟国の目的は、日本国より1914年の第一次世界戦争の開始以後に日本が奪取し、また占領した太平洋における一切の島嶼を剥奪すること、ならびに満洲、台湾および澎湖島の如き日本が清国人から盗取した一切の地域を中華民国に返還することにある。

(5) 日本国は、暴力および貧慾によって日本の略取した他の一切の地域から駆逐されるべし。
(6) 前記三大国は、朝鮮の人民の奴隷状態に留意し、朝鮮を自由かつ独立のものとする決意を有している。

(7) 右の目的をもって、右三同盟国は、同盟諸国中日本国と交戦中の諸国と協調し、日本に無条件降伏させるに必要な重大かつ長期的行動を続行する。

(原文)
PLEASE SAFEGUARD AGAINST PREMATURE RELEASE OR PUBLICATION.
http://www.ndl.go.jp/constitution/shiryo/01/002_46/002_46tx.html

The following communique is for automatic release at 7:30 P.M., E.W.T., on Wednesday, December 1, 1943.
Extraordinary precautions must be taken to hold this communication absolutely confidential and secret until the hour set for automatic release.

No intimation can be given its contents nor shall its contents be the subject of speculation or discussion on the part of anybody receiving it, prior to the hour of release.

Radio commentators and news broadcasters are particularly cautioned not to make the communication the subject of speculation before the hour of release for publication.

STEPHEN EARLY
Secretary to the President

President Roosevelt, Generalissimo Chiang Kai-shek and Prime Minister Mr. Churchill, together with their respective military and diplomatic advisers, have completed a conference in North Africa.

The following general statement was issued:

"The several military missions have agreed upon future military operations against Japan. The Three Great Allies expressed their resolve to bring unrelenting pressure against their brutal enemies by sea, land, and air. This pressure is already rising.

"The Three Great Allies are fighting this war to restrain and punish the aggression of Japan. They covet no gain for themselves and have no thought of territorial expansion. It is their purpose that Japan shall be stripped of all the islands in the Pacific which she has seized or occupied since the beginning of the first World War in 1914, and that all the territories Japan has stolen from the Chinese, such as Manchuria, Formosa, and The Pescadores, shall be restored to the Republic of China. Japan will also be expelled from all other territories which she has taken by violence and greed. The aforesaid three great powers, mindful of the enslavement of the people of Korea, are determined that in due course Korea shall become free and independent.

"With these objects in view the three Allies, in harmony with those of the United Nations at war with Japan, will continue to persevere in the serious and prolonged operations necessary to procure the unconditional surrender of Japan."

========

もうひとつ書いておかなければならないことがあります。

欧米において、とくにそのエスタブリッシュメントというか、古くから、その支配層にいた伝統的家柄のエリートさんたちの間には、いまだに「日本によって自分たちの植民地における財産と利権を奪われた」という恨みを激しく抱いている人たちが多い、ということです。
まことに残念なことではありますが、それが事実です。

そしてもうひとついえるのは、私達日本が、未来においても世界の中の対等な民、対等な民族であり続けるためには、そうした恨みをもった人たちとも、ちゃんと仲良く付き合って行かなければならないということ。

そして古くからの植民地支配以上に、いまだに不当な支配と隷属を国のカタチとしている有色人種国家が、日本のすぐ隣にある、という事実です。

昨日、ポツタム宣言と、降伏文書の詳細に関する記事を書きましたが、そこには日本に対する占領統治は、占領が終結した時点で、すべて終わりにする、と明記されています。

日本の占領統治が終わり、日本が独立したのが、昭和27(1952)年です。
それからもう60年が経過しました。
日本が真実に目覚めるときが、ようやくやってきたのだと、私は思います。

新しい日本のために。
新しい世界のために。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

人種の平等と世界平和,公正な世界を目指した日本 YouTube


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロは、みなさまのご支援で成り立っています。
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com

関連記事

コメント
No title
消されていたのでパス抜きで再度投稿します。
本文中の「日本が独立した」については「日本への対外主権制限が解除された」とするのが望ましいと思います。他の記事にもあります通り休戦条約履行までの間、連合国が日本政府を監察することが終戦の条件であって、休戦後も侵攻を続けたソ連への自衛行動や在外邦人の復員、更には講和交渉と条約の締結はすべて戦前と同じ日本国政府が主体となって行った為です。講和条約を国の主権に対する制限解除ではなく独立とだけ書くことは米国から戦後独立したものと曲解される為に日本国民としては気を付けて記述する必要があると考えます。
2016/05/19(木) 09:27 | URL | 名無し #-[ 編集]
大東亞の団結は植民地解放という平和のためのもの
この共同宣言により東亞が一致団結したが植民地帝国主義に武器を取って立ち向ったのが大日本帝国だけだったことがWW 1に引き継いで歴史をまたもや間違った方向に向かわせた。
なぜロスチャイルドは東亞にも武器援助して保険をかけなかったのか(笑)。
2015/12/25(金) 12:36 | URL | 比留間明 #-[ 編集]
朝鮮を馬鹿にして味方面しても無駄
>>欧米(植民地支配)側の立場

私が思うに、決して今現在の大多数の人は、欧米を「悪の化身」などとは思っていないと思いますよ。ただ事実として、当時の欧米列強が奴隷制度を強いて、大多数の白人が有色人種を同じ人として扱っていなかったという事実が在り、そういうことを行うということは、当時の日本人と価値観が違うと言うことが言えますし、今現在の我々の価値観とも違いますし、今現在の世界の価値観とも違います。

当時の欧米の「悪意在る侵略」を、大航海時代や植民地開拓などという聞こえの言い言葉に置き換えて、プロパガンダを行ってきたのは事実です。それ自体が悪いかと言えば、一概には言えません。大航海時代や植民地開拓などの真実がひどかったため、今を生きる国民に自虐史観を与えないために、過去を反省し良い様に用いるなら、責める人はせいぜい、敵国や左翼思想のパッパラパーぐらいだと思います。

ただ、それはその国の問題であって、裏で反日国家を作り上げているような連中が動き回っている現状では、いずれはそれも利用される。そもそも自分の罪を認めないことが問題をややこしくして大きくしているのであるから、我々日本人は、それに対して気を使うことはしても、気を使わないからといって責められるいわれはない。ただし極力気は使う。しかし中には気を遣っている事を弱腰と観るおかしな連中も居る訳で、ケースバイケースです。

そして当時の欧米がまるで今の価値観での金貸しのように、土着人に色々と貸し与えて、それを返せないから奴隷にしたという風に受け取れますが、それは都合が良すぎます。あなたの認識は、大東亜戦争によって奴隷制度は一応は終止符を打ち、当時の面影が薄れてきた今の世界での価値観の元での例えになります。

それに加えて、土着人に貸した、というのも違うのではないですか。貸すどころか始めから奪っていたのが当時でしょう。仮に始めにそういう貸して返さないから虐げたと言うのがあっても、行く先々でそのようなことを続ける事の正当性にはなりません。

また最低限の賃金で反乱が起きない程度に飼いならし現地の人達が徐々に弱るような奴隷制度を強いていたのが東亜地域。反日工作サイトでもおなじみの人類牧場化計画の前身でしょう。これは日本も気をつけるべき部分だと私は思う。

そしてあなたの言う土着人ではない、しかも欧米列強より遥かに進歩した文化のもと発展した道徳観を有した日本、更に言えば、現状の日本より優れた道徳観を有していた日本が、それら欧米の、あなたの言葉を借りれば土着人並の価値観に対して声を上げたのです。

加えて文化と文明は別物です。当時の欧米列強はいわゆる侵略をして奪うことを主として栄えてきたから、それらに類する文明が進化していただけで、文化で言えば、日本も欧米に負けず劣らずというか文化に優劣つけるのもおかしな話です。また文明も侵略という部分に特化していなかっただけで、それらに対応できるには十分な国だったから、今が在ると言えるでしょう。

あと、あなた様の価値観だと、何かを借りて返さなければ奴隷にされても仕方がない、契約だからそれを理解しない土着人が悪く仕方がない、となるのですが、それをおかしいと思わないのであれば、少し異常かと思います。土着人と解っているのに自分達と同じ教育がされていないと分かっているのに、貸して返せないから奴隷に繋がっただけで仕方がない、などと考えるのは異常です。

当時の欧米と植民地の関係がそうだった、ということを言っただけとかは通用しません。貴方自身がそうだったから仕方ないとしているという事は、貴方自身がそれを容認している事になります。あなたがどういう価値観を持った人間かは、これが全てを物語っています。


とまぁ、文法も若干おかしいし、明らかな工作コメントに感じられますが、一応指摘しておきます。
2014/01/25(土) 16:41 | URL | 愛国日本!反日撲滅! #-[ 編集]
「神との契約」とは、ファンタジー。
聖書には、旧約・新訳があります。
旧約は神とユダヤ教徒との契約。
新訳は神とキリスト教徒との契約。
と、されています。

これらの契約は、ファンタジーだと思います。
ユダヤ教は、エジプトのファラオ、イクナートン(アクエンアテン)の一神教を盗んだものだ、という指摘があります。他ならぬフロイトの指摘です(アクエンアテンは、ツタンカーメンの父です)。

人類の父・アダムとは、アクエンアテンのことだったのです!
そう考えると、ユダヤ人の父・アブラハムも、ノア(ノアの箱舟で有名)も、アクエンアテンのことを述べているのだと分かります。
聖書とは神のことが書かれているそうです。イエスは、(聖書には)「私のことが書いてある」と言いました。当然です。救世主は神の化身なのですから。
ちなみに、鎌倉時代の僧侶・日蓮は、八万法蔵と言われる膨大な仏教の経論釈を「我が身一人の日記文書(にっきもんじょ)なり」と言いました。イエスと全く同じです。日蓮には、救世主の自覚があったのです。
アクエンアテンもイエスも日蓮も、一つの国、一つの地域に限定された存在ではありません。地球全体を救うために現れるのです。
従って、彼等と特別な契約関係にある民族・信者というものは存在しません。

日本という国がすごいのは、「全てが神である」という思想です。八百万の神とは、本来そういう意味です。自分を苦しめるものも敵対するものも、全てが神の御霊(みたま)の持ち主だと、悟り切っているのです。
だから、日本人には欧米的な「植民地支配」の考え方が出来ないのです。許せないのです!

欧米の「契約思想」など、低劣な思想です!断乎粉砕して参りましょう!
2014/01/25(土) 10:43 | URL | 越智富夫 #5fY02qfU[ 編集]
No title
欧米は悪の化身みたいな誤解が生じかねないので僭越ながら加えさせてください。
欧米を擁護するつもりもないし植民地支配を肯定する気もさらさらありません、ただひとつの視点として捉えてください。

15世紀(大航海時代、植民地開拓時代)の時点で、西洋とそれ以外の諸国では備えている文明の利器には雲泥の差が存在しました。西洋は裕福で、それ以外は貧困。
この両者が関係(国交)を持つといずれ発生することのが、貧困側が裕福側に対して「借りを作る」という事象です。
いわずもがな、借りた以上は返さなければならない。返すためには稼がなければならないが、当然裕福な人たちほど稼げない。
この関係が続けば続くほど、貧困側には借りが返しきれないほど膨らんでいきます。
当時の国際社会ではIMFやADBなどのような国際的な救済機関など存在しません、返す最終手段としてとられるのが「奴隷売り」(身売り)です。こうなるともはや「植民地支配」です。
つまり、欧米にとって「植民地支配」というのは、正々堂々の手続きで得た利権なわけです。
過去の歴史でおきている虐殺などの事件は土着人がこういった契約というものをまったく理解できず、誤解から生じる衝突です。
そこにいわゆるイエローモンキー、ジャップがしゃしゃり出てきて「奴隷売買はやめろ、人権守れ、人種差別するな」とのたまったわけです。
欧米にしてみれば「ふざけるな」というのもある程度は納得いただけると思います。
当時の日本と欧米の間にあった軋轢とはこういうものです。

日本と朝鮮半島の間でも貸し借りはありましたが、日本の貸し方は、欧米のそれとはまったく違い、「貸してやる代わりにこの金は(必ず儲かるように)あらかじめ定めた事象の範囲内でのみ使うと約束しなさい」 これだけで貸しました。
そして、朝鮮人はことごとくこの約束をやぶってました・・・あげく借金まみれで返せなくなり、ロシアに身売りするか、清国と一緒に崩壊するか、日本と併合して面倒を見てもらうかというところまで落ちぶれた というわけです。
しかも馬鹿がつくお人よしの日本は、併合して借金をチャラにしてロシアなどに売り払った朝鮮半島の利権を買い戻すまでした。
2014/01/25(土) 05:17 | URL | 欧米(植民地支配)側の立場 #mQop/nM.[ 編集]
No title
~恵隆之介さんのブログより~http://www.ryunosuke-megumi.com/
「私はドイツ人を尊敬します。二度の世界大戦を起し敗北し、また国土を二分されたにもかかわらず、立派に復活し、今やNATO軍の中核を占めている。日本の成金達はステイタスにドイツ車に乗りたがる。対照的に、女々しい日本人の一部が、ことあるごとに「GHQが、GHQが」と言っております。また頭の悪い一部の自衛隊幹部(とくに陸自)が帝国陸軍に断絶宣言をしています。」

日本人が、白人を感情的に敵視するのではなく
白人を上手に利用できるようになった時、
戦後レジームから脱却したといえるのでしょう。
2013/02/18(月) 19:03 | URL | 小心者 #-[ 編集]
No title
日本の将来を憂れ思う皆さん、そして日本大好きと思っている愛国派の皆さん今晩は、

ねずさん、いつも貴重なご意見ありがとうございます。

大東亜戦後の左翼による日本悪かったと言うGHQ向けの間違った教育を施された多くの国民が、此のブログで目覚めているように思います。
此の私もその一人です、^ー^

当時のGHQ特にアメリカは、日本の復讐を恐れ、徹底的に破壊、非戦闘員までもナチスが真っ青になるような殺戮をし、戦勝者に都合のいい歴史を捏造しました。まーー今になって考えてみれば分割統治されずにすんだのがせめてもの幸運だったのですね。

ねずさんが仰っているように陸海軍の軍部が無条件降伏したにすぎず、日本政府はサンフランシスコ講和条約で元の大日本帝国に戻ったと理解できました。

歴史は繰り返す。

と言われますが、今まさに日本は国難のまっただ中に置かれているが安倍政権の精力的な活動を応援し、乗り切ろうではありませんか。

そして、先人たちが思い、描いたアジアが共に栄える大東亜共栄圏を実現し、先の大戦で亡くなれた英霊に証明しようではありませんか。



2013/02/18(月) 01:16 | URL | 虎さん #52438jAI[ 編集]
No title
本日も貴重なお話ありがとうございます。とはいえ、いつもながら短いコメントしか記帳できず恐縮です。本日は武道界の古狸を相手の会議&懇親会の行事に忙殺され、実に疲労困憊いたしました。「武道を愛好する者は皆愛国者か?」・・はなはだ正直者の老骨武闘派としては?もあるのですが、はっきりいって、武道界同志(かな?)は売国奴でないことは間違い有りません(よくだまされますが・・)。皆々、個性豊かな身体にエキセントリックにむち打ち、我が国の後進を「強い国民」にしよううと必死に汗流しております。全ては我が国の偉大な父祖の志を・・受け継いでいようとしている・・のかな?・・不器用な武闘派どもの努力が、何時の日か報われんことを!・・で、いつか皆様と、愛国談義をいたしましょういね(^^)v、先日の名古屋ではちょっと警戒をしており、失礼いたしました!
2013/02/18(月) 00:15 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
今回の記事は折に触れて再掲していただけますでしょうか
極めて貴重なお話をありがとうございます。
敵国というと特定アジア三国+強盗殺人国家ロシアのみを想起しますが
英米蘭仏豪の全ての支配層はほぼ反日家と思って間違いないでしょう。
同盟国だったドイツも遡れば日露戦争の結果に恐怖し、最初に皇帝自らが「黄禍論」をぶち上げて反日デマの先駆けを果たしています。
日本人の殆どは先人の努力も知らず自らが「欧米白人と同格になった」
と信じ込んでいますがとんでもない話で、欧米の支配層らはアジア人など人間と思っていません。唯一絶対正義のキリスト教信奉者らは1000年・2000年という単位で物事を考えるのです。その覇権を挫いた日本民族は許してはならない。何代かかっても滅ぼせと…と思っているでしょう。白人至上主義の変形たる「環境テロリスト」の暴力的反日行動を完全に野放しにしている事こそ、その証左です。
 今は国富も技術力も有るから相手にしてくれているのです。しかしそれが尽きたらどうなるでしょうか?今でさえ食料自給率は4割・エネルギー自給率はそれ以下なのに、信じがたい量の食料を廃棄しているのです。
 将来、重税を逃れて知的階層は国外に逃げるでしょう。残されるのはゲームだのAKBだの享楽にうつつを抜かし、自国の古典も歴史も知らず、何の知的訓練もせず体力もスキルも持たぬ者のみです。その時に白人国家の支配層は特亜+露と組んで平然と元の正体を現すでしょうね。地獄に叩き落とされた日本国民を世界は見捨てるでしょう。ネガティブな話をして誠に申し訳ありませんが、私は底辺校に勤務していた事があるので思ってしまうのです。現実を直視せねば将来、日本は無くなるよ…と。
 ともあれ、大東亜共同宣言を行った友邦の国民こそ「友人」と認識し官民の交流を進めるべきでしょうね。そして日本人は、いくら髪を金に染めようと(この者共は外国人に見せたくない国辱と思いますが)近代的生活様式を受け入れようと英語を学ばされようと「アジア人」である事に決して変わりはなく、白人の仲間入りなど永久に不可能なのです。それで結構であり、あくまで「アジアの盟主」で良いのです。白人キリスト教徒は得亜人とは違う意味で民族・世界観が180度違うのですから。今の保守派にそれを説く人が少ないのが惜しまれます。長くなってしまい失礼致しました。
2013/02/17(日) 21:17 | URL | 読者 #MAcqijD.[ 編集]
意義のあること
今日も良い記事をありがとうございます!
戦前、有色人種の国で独立国家というのは日本と満州と支那とタイの四つしか世界に存在
していなかった。後の国は皆、欧米諸国の植民地として搾取に苦しんでいた‥。
ショックを受けました。こんな分かりやすい歴然たる事実を、初めて知ったような気がする
のはなぜなのでしょう?さすがに歴史の授業で学んだはずなのに‥。
そこでハッと気付きました。教え方なのです、教科書の内容なのです。
まるで欧米諸国の機嫌を伺うかの如く、ハッキリと白人諸国が有色人種の国を搾取していたとは
言わず、もちろん、そのために日本が「大東亜共栄圏」を掲げて立ち上がったことにも触れない。
触れたとしてもそれは、表面的な理想論で実質は欧米と同じような搾取目的だったのだ、と。
なんという教育の仕方でしょうか。
少なくとも、戦後独立を果たした国々の指導者たちが、日本を讃える発言をしていた事は初耳でした。
そのようなことは一切授業で教わった事もなく、まさか感謝されているなどとは思っても
みませんでした。

戦争に負けて占領政策を受けるということは、ここまで何もかも骨抜きにされてしまうことなの
ですか。私は本当に、精一杯闘って死んでいった英霊の方々に申し訳ない気持ちで一杯です。
ねずさんのこのブログを毎日読むようになって、段々と真実が見えてきました。そして、初めて
戦前の軍人さん、兵隊さんたちの心情が分かるようになってきました。
今の教育は、私たちの父祖がどのような思いであの戦争を闘っていたのか、という視点が欠落して
います。
「戦争=いけないもの。⇒だから平和を大事にしましょう」というこんな単純な見方だけです。
戦争に負けて軍事力を取り上げられ、国の根幹に関わる憲法までも勝手に制定され国のありようを
自分たち自身ではなく他国に決められてしまった状態なのに「戦争はいけませんよね~、
何がなんでも平和ですよね~」と馬鹿みたいにヘラヘラ笑っているのが、現在の日本の姿だと私は
思っています。言葉は悪いかもしれませんが、そう思えてなりません。
だからこそ、英霊の方々に申し訳ないと思うのです。

ねずさんがブログの中で繰り返し指摘されているように、平和を守るためには、自分たちが強く
ならなければいけません。自分の身を護ることが出来て初めて平和が訪れるのです。
どうしてこういう正論を、学校で教えないのか。
一つの記事をきっかけにして、毎日いろいろ考えさせられる、今日この頃です。
2013/02/17(日) 21:11 | URL | 鷺草 #zGP8omvY[ 編集]
No title
仰るとおり、人として対等なので
白人コンプレックスは不要ですね!

[欧米において、とくにそのエスタブリッシュメントというか、古くから、その支配層にいた伝統的家柄のエリートさんたちの間には、いまだに「日本によって自分たちの植民地における財産と利権を奪われた」という恨みを激しく抱いている人たちが多い、ということです。]

たまたまかもしれませんが、周囲には
日本に恨みを激しく抱いているハイソな欧米人がおらず‥

実家父が李登輝先生と偶然ですがお目にかかったこともあり
長いこと台湾独立派の方々と家族ぐるみ親しくさせて頂いておりますが
彼らは、日本人がイングリッシュネーム(英語名)を
持たないことを「あら‥」と少し残念がります。

世界は動いているということでしょうか‥
難しい問題ですね。
2013/02/17(日) 20:43 | URL | 小心者 #-[ 編集]
No title
おはようございます。今日は【適応】について

『意識とはなんだろうか』という本を読んでいる。僕は、考えている自分というもの、自分の中枢というものに対しての疑いがいつもうっすらとあるのだけれど、この本の疑問点がすごく似ていて、面白かった。様々な実験結果や事例等を用いて展開している。

例えば逆さ眼鏡という上下が反転する眼鏡をかけて生活するとしばらくは混乱し吐き気をもよおすという。それでもつけっぱなしでしばらく生活していると逆さ眼鏡に自分が適応し、全く普通に生活できるようになる。今度は眼鏡を外した時逆に混乱するようになる。

イタチを縦線ばかりの箱と横線ばかりの箱で育てた場合、箱から出たとき、縦のものには反応しても横たわっている障害物にはぶつけて転んでしまったり、その逆が起きるという実験がある。育つ環境に適応する事により、見えやすいものと見えにくいものがある。

後天的に盲目になった方が、点字を読んでいくと脳の中の”見る”事を司る部分が活性化されるという。外から見れば手で触っているのだけれど、脳の現象だけ捉えれば手で見ている事になる。見るという事を使いながら育った結果できた脳が、新しい環境に適応している。

私達は私達も気付かないほど何かに既に適応して生きている。例えば言語。エスキモーは100以上の雪に関する言葉を持っていると言われるけれど、私達にはわからない雪の違いが彼らには言分けられる。同じように私という言葉が相手によって変化する日本人は関係性の微妙な変化に鋭くなる可能性もある

【終わり】縦線で育ったイタチが、横たわっている障害物が見えないと言った時、イタチは果たして嘘をついているのだろうか。もしかしてみんな全く違う世界を生きているんじゃないかと子供の頃から時々思う。そんなもの大人になったらなくなると先生に言われたけれど、年々その感覚は増すばかりだ。
2013/02/17(日) 18:49 | URL | 為末 大‏@daijapan #ybUpJMn6[ 編集]
No title
お疲れさまです。

ポツダム宣言、東京裁判において軍国主義だの、侵略国家だのと呼ばれた事は迷惑千万この上ないと思っています。
東京裁判は明らかに勝った者勝ちの腹いせ裁判に他なりません、そう思っています。

ねずさんも言われる通り、せっかく植民地にし、そこから何百年もに渡り美味しいご馳走をを食べ続けていたのが、突如として取り上げられたの同じですからね。

あの時代亜細亜諸国のほとんどが植民地化していました、しかしその中で日本だけが唯一の独立国家でした。
当時の状況において日本は乗るか反るかの、つまり、言うがままにして植民地となるか、それとも断固国を護るかの瀬戸際に立たされていました。

おそらく黙って言うがままにしていたら遅かれ早かれ、西欧列強のどこかの国の植民地になっていたと思います。
そうしたらもっと歴史は変っていたでしょうね。
というより、日本がその時点で消え去っていたという事です、そう考えると恐ろしくなります。
その窮地に到って、「命に代えてでも国を護る」そう決断されその一念で英霊の方々は戦われました。
そのおかげで今日の日本があります。

占領軍最高指令、マッカーサーも先の戦いは日本の自衛の戦いであったと証言しています。
その自衛の戦いにおいて軍国主義だの侵略国家だの、戦犯だのともっての他です。よって日本には一切そういう言葉は存在しません。

西欧列強こそ正に侵略国家だった、そう思います。
なぜなら、時代はどうであれ西欧列強が亜細亜を植民地化するにあたり、平和理に話し合いで植民地化されました?お聞きしたいものです。
時代は違えそこには軍事力がものをいってると言ってるのです。
西欧列強は日本に対し軍国主義だの侵略国家などと、よく言えることですね、まさに上を向いて唾吐くようなものだ思います。

西欧列強の言い回しでいうなら軍隊を持ってる国は全て、今も昔も軍国主義だということになります。
という事は、取りも直さずレーダー照射したお国は軍国主義国家ということになりますね。

不条理な東京裁判において、また、戦後の日教組教育において自虐教育をされあたかも日本が軍事力で亜細亜を侵略したなどと、ふざけた事がまかり通っていること事態おかしいのです。
教育の現場で史実を教える事が大切だと思います。

そして言われ無き誹謗中傷で窮地に立たされているのが今の日本です。
日本はいろんな意味において変る時が来ていると思います。
2013/02/17(日) 16:55 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
No title
YouTubeの動画が貼り付けられていない(表示されない)のは私だけでしょうか?
2013/02/17(日) 12:09 | URL | じょあ #-[ 編集]
ねずさん、おはようございます♪
昨日のお話は難しくって、脳内アレルギーが分泌されちゃいましたが、今日のお話はとってもわかりやすかったです。

ありがとうございました。
2013/02/17(日) 10:39 | URL | みー #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大東亜共同宣言

ねずさんの ひとりごと 大東亜共同宣言
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク