アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


常識のウソが国を滅ぼす

ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
 ↓お申込みはコチラ↓
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

「大豆と満州」満州急発展の裏にあった開拓ばなし
前編

後編


やまと新聞の動画コラムねずさんの動画マガジン
http://www.yamatopress.com/co/pg146.html


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

Pandora’s Promise-1


史実を世界に発信する会の茂木先生から、貴重なメールをいただきました。
みなさんに内容をご紹介したいと思います。

内容は、原発のことです。
実は、昨今、環境主義者も反原発から転向しつつあります。

今年のサンダンス映画祭 (Sundance Film Festival) にロバート・ストーン(Robert Stone) 監督の作品 で「Pandora’s Promise(パンドラの約束)」という映画が発表されています。

ロバート・ストーン監督は、もともとは反原発派の環境主義者でしたが、この作品では一転して、「多くの環境主義者は過去何十年もの間、反核を正義としてきたが、その恐れていた技術こそが実は人類にとって最大の希望だと信じるようになった」と述べています。
(作品紹介より)http://www.sundance.org/festival/release/2013-sundance-film-festival-announces-films-in-premieres-and-documentary-pr/“>http://www.sundance.org/festival/release/2013-sundance-film-festival-announces-films-in-premieres-and-documentary-pr/

現実の問題として、2050年までには、世界のエネルギー消費量は現在の3倍になると予測されています。
これは当然のことで、世界の資源エネルギーを一部の先進諸国だけが独占していた時代から、かつて後進国と呼ばれた世界各国が、次々と近代化を遂げているのです。

ということは、これを化石燃料で補おうとすれば、それによるCO2排出量は膨大なものとなるということです。
しかもその化石燃料は、年々、残量が減っているのです。

資源が必要なのに、その資源が減っていくとなれば、世界は、残りすくなくなる資源を求めて、再び動乱に至ることになります。

以前、英国のトマス・ロバート・マルサス(Thomas Robert Malthus)という学者のことをご紹介させていただきました。
彼は、その著書である「人口論」(1798年)の中で、「世界の人口は幾何級数的に増加するが、食料の生産能力には限界がある。だから人口の増加には一定の限界がある。世界の人口は世界の食料生産量から計算して、20億人を超えることはない」と予測しました。

この本は、当時、歴史的名著とされたのですが、案の定、彼の予測はあたり、世界の人口が20億を超えようとした1940年代には、第二次世界大戦が勃発しています。

当時ドイツでは、ヒットラーが躍進しましたが、ドイツが過激なナチス党になびいたのは、ひとつには不況で失業者が増えたということもありますが、それ以上に、食い物がなくなったということが大きなファクターになっています。
仕事もなく、食い物もない。
その一方で、ユダヤ人たちが贅沢な飽食の暮らしをしているとなれば、あいつらを殺せ、奪え!という過激な運動が、力を得たのも、ある意味やむを得ない動きだったといえるかもしれません。

そんなことはないのではないか。現にいま世界の人口は70億人を突破しようとしているではないか、とおっしゃる方もいるかもしれませんが、それは、収量が従来種の5倍もある新種の小麦を日本が開発したからです。
そのお話しは、当ブログの「小麦のお話」で詳しくご紹介していますので、ここでは割愛します。

ですが、資源が乏しくなれば、それを持つ者、持たざる者との間で、まさに血で血を洗う戦闘が起きるのは、これは世界の歴史が証明している事実といえます。

CO2の問題に加え、世界の資源需要の前に、では、いかにして安全に原発を活用するか、あるいは何よりも安全な原子力エネルギーを開発するかは、まさに日本に与えられた使命といえるものなのかもしれません。

適切にコントロールすれば、核はもっともクリーンで、廃棄物を出さず、又資材消費が少なく、安全で、安価なエネルギーです。
けれど、そのためには、まさに「適切なコントロール」が何よりも大事です。
そしてそれができるのは、私は、日本の技術だと思うのですが、みなさんはいかがでしょうか。

========
《放射能と原発問題―常識のウソが国を滅ぼす》
 史実を世界に発信する会」事務局長

───────────
1 太陽=核エネルギーを国旗としている日本
───────────
古事記・日本書紀に放射線など出てこないのだから、放射線という人工物は日本の伝統に合わないという人もいる。
古事記に出てこないからということになると、その人は自動車を使わないのかというと、言動は全く一貫していないようだ。そもそも、古事記をこういう問題に持ち出すことは、古事記を汚すものというべきである。

札幌医科大学の放射線防護学の教授である高田純博士は、太陽エネルギーは核即ち放射線エネルギーであり、その太陽の象徴である日の丸を国旗としている日本の国柄が核、放射線と相いれないどころか全くその逆であるという。
むしろこの方が正解というべきだろう。

確かに太陽エネルギーの元が核であり、放射線であるということは、昔はわかっていなかったが、日本はこの太陽を敬い、国旗にもしてきた。国旗日の丸が世界唯一である、ということは日本人の
先人の知恵を誇りたくなることではないだろうか。

───────────
2 放射線は生命に必要なもの
───────────
なぜならそもそも太陽からの核放射線なしに地球の生命は存在できないのだ。
勿論エネルギーである放射線は、生命にとっての適量がある。
多すぎても少なすぎてもいけない。

太陽系の惑星のうち、水星と金星は、太陽に近すぎてエネルギーが生命誕生には多すぎる。
地球より太陽から遠い惑星では、エネルギーが足りないので生命が存在できない。
地球は、生命存在に丁度適量な範囲のエネルギーを受けているがゆえに生命が存在している訳である。

そして人間は放射性物質カリウム40を体内に取り入れて、大体成人では4000ベクレルの放射線を有し、また放射している。
赤ん坊は母の放射線を「被曝」しながらお乳を飲んでいるのである。
このカリウム40の放射線は、生命に絶対的に必要なものであり、これを除くと生命は死滅する。

放射線のおかげで生きているにもかかわらず、少しの放射線も悪と嫌う放射線アレルギーは、未開人並みの知識がもたらす非科学的迷信の極みである。

実は、地球上の生命誕生の過程では、今より多すぎる放射線と闘いながら、生命は進化を遂げてきたようである。
従って、現在の自然放射線量よりも、かなり高いレベルの放射線にも基本的に適応できる仕組みをそなえていることが分かってきた。
ここ30年くらいの間に急速に発展したDNA修復機構の研究からそれが解明されつつある。

ラッキー博士の、年間2.4ミリシーベルトほどの自然放射線量の50倍ほどの100ミリシーベルトくらいの放射線量が、人間の体に最も良い、との主張はこうした研究から確証されてきているのである。


───────────
3 ICRP(国際放射線防護機構)基準の非科学性
───────────
福島の事故でどのくらいの放射線量が放出されたのかというと、人体が受ける放射線量でいうと、年間で5ミリシーベルトから、高いところでも50ミリシ-ベルトにはならない程度のレベルである。

つまり今でも帰還が制限されている地区でも全く「避難する必要なし」なのだ。
『放射能と理性』(徳間書店)の著者オックスフォード大学のウェード・アリソン博士は、事故から半年後に来日し、福島も調べ、10月に外国人特派員協会で講演したが、全員帰還して差し支えないと断言した。

ところがICRP基準を盲信し、さらに緊急時100~20ミリシーベルト、緊急事故後20~1ミリシーベルトというのを厳しく解釈する論者に引きずられたために、30キロ圏避難という非人道的な対応をしたのが政府である。

ICRP基準についてアリソン博士は、人体にどのくらいの影響があるか、ということで決められた基準なのでは全くなく、単に低ければ低いほどよい、どこまで低くすることが可能か、という目標値に過ぎないと断言している。

ところが、反核派の人々によってICRPは原発推進派の人々によってつくられた、原発産業寄りの組織である、というデマが強く主張された。
実際には、1997年にセビリアで開かれた国際学会(500人参加)でDNA修復研究者によ
ってICRP側は完敗したにもかかわらず、基準見直しは行われなかった。

しかし、現実は、左翼、緑の党など反核派はどんなウソでも平気で繰り返すという厚かましさによって、このウソがマスコミを支配してしまっている。
NHKがこうした連中のウソをそのまま載せたのが、2011年末放送の「追跡!真相ファイル<低線量被曝が低線量被曝のリスクを半分に評価しているなどと述べている。

しかし、実際は前よりも厳しくしているとICRP委員を務めたことのある中村仁信大阪大学名誉教授は述べている。(『原発ゼロで日本は滅ぶ』(中川八洋・高田純共編/オークラ出版)


───────────
4 3月16日「永田町都市伝説」にやられた人々
───────────
事故後間もない3月16日ころから永田町界隈では「数日のうちにとんでもないことが起こる・・・みな逃げよ」という都市伝説のようなオバケが跋扈していたようだ。
(『誰も書かなかった福島原発の真実』(澤田哲生/WAC)

「福島原発事故で、使用済み核燃料プールが爆発を起こさなかったのは全くの偶然。『神風が吹いた』とアメリカの専門家は言った。全電源喪失で水素爆発を予想し、首都圏3千万人の退避を覚悟した。」などと左翼の高野孟も言っているが、似たような風評がネット上でも流れたようである。

しかし、こんなことは科学的原理的にあり得ないことである。
服部禎男博士(元電力中研理事で2005年には以前から発案していた超安全小型炉(スーパー・セーフ・スモール・シンプル)のUS Patentを取った)から詳しくその説明を聞いた。
またそのころプルトニウム角砂糖5個分で日本全滅とかいう風評が流れたが、博士はプルトニウム被曝で死んだ人はいないし、プルトニウムが猛毒だなんていうのも全くのウソ、と教えている。(『「放射能は怖い」のウソ』(服部禎男/ランダムハウスジャパン)

要するに全く科学的根拠のない「デマ」であったのだが、このデマにやられた人がかなりいるらしいのは困ったことである。
保守派の著名な言論人でこれをまともに信じて、孫を疎開させたという例もあるらしい。
また高野の言っている非科学的デマをまともに受け取っている民族派がいるらしいのは信じられ
ないことである。

こういう問題を科学的に考えるのではなく、「放射能は怖い」の思い込み、又「アメリカ様」が言っているから、ということでデマを信じてしまうなどということは、情けない限りである。
自主的主体的思考力を欠いた民族派とはいったい何なのだと言いたい。


───────────
5 コントロール不能は自然であり、原発ではない
───────────
核、原子力発電は人間のコントロールの効かない怪物であるかのような前提で、福島原発事故を議論する傾向があるが、これはよく考えると全く間違っている。

マグニチュウド9という地震学会想定の16倍(関東大震災のほぼ50倍)の地震にもかかわらず、原発本体は即時に核分裂反応を停止させた。
しかし、この想定外の規模の地震は、それまで来たことのなかった規模の津波を福島にもたらした。

昭和8年三陸大津波の時、女川では15メートルの津波がきた。
従って、それに備えた立地、堤防となっていたため住民避難所にまでなった。

ところが、福島に来た津波は1.5メートルだったのだ。その10倍の津波が来ると予想できなかったのは致し方ない。
要するに自然のコントロールが利かなかったというべきなのだ。

そして電源喪失という事態になり、簡単にいえば水がかけられなくなった。
火事で、水がかけられなかったら、大災害になるのは当然である。
原発でもこれにより炉心溶融が起こり、ジルコニウムと反応して水素が発生し、これを放散するのが遅れたため、爆発が起こった、というのが事故の実態である。

こうした事故にも拘らず、一人の死者も、一人の放射線障害者もなかったという事実をよくよく考えるべきである。
思い込みによってとんでもない見当違いをしているのではないですか、ということだ。


───────────
6 最も安全なのが原子力発電であるという厳然たる事実
───────────
京セラの稲盛和男会長は、昨年外国人特派員協会での記者会見で、「なんとか原発なしで高度な文明を維持していければいいのですが、現在の科学技術ではそれは不可能だと思っています。必要悪として、どうそれをコントロールして使っていくかということに力を入れなければならないと思っています。」と述べた。

脱原発一色であるかのような風潮の中で、勇気ある発言と言うべきだろう。

しかし、本当に原発は必要悪なのかというとそれは論理的おかしい。
何故なら火力その他の発電と比べて、単位発電量当たりの死者を見ると、図にみるように、原発が最低なのである。

*『「反原発」の不都合な真実』(藤沢数希・新潮新書p.28)
反原発」の不都合な真実-1


この数字は、WHO、IEA、IAEAその他研究者のデータをもとに作られた、かなり信憑性の高いものである。原子力発電50年の歴史で、死者数は多めの推計で4000人ほどなので、TWh(兆Wh)当たりの死者は0.03人。
これに対して、火力発電の場合、21人なので、700倍である。

ソーラーも死者が出ないわけではない。
屋根の転落事故、又膨大な敷地に設置する作業過程での事故等々ある。
原発の15倍ほど危険なのである。


───────────
7 最も環境にやさしい原発
───────────
さらにもう一つ付け加えておくと、廃棄物という点でも原発は、火力に比べて1万分の1しか出ないという意外な事実である。
下表のとおりである。
しかも放射性廃棄物のうち、高レベル廃棄物はその0.6%である。

中低レベルの廃棄物は有効活用の道すらある。
高レベルについてもガラス固定化による廃棄方法はできているのであるが、過度に放射線を恐れる風潮のため、進行が妨げられ、又高コストになっている。

しかし、ガイア理論で有名な地球物理学者ジェームズ・ラブロックは、全世界の高レベル放射性廃棄物を自分の私有地に引き受けてもよいと宣言している。(『ガイアの復讐』(中央公論新社)

本質的には実はその程度の問題なのである。
今後エネルギー消費拡大に伴い、CO2その他で地球環境が汚染されるのを防ぐ救世主の役割が原発には期待されているのである。 

年間排気量-1


このように、相対的最も安全であり、また廃棄物が圧倒的に少ない原発は、必要悪どころではない。
今後最も力を入れて活用すべきものなのである。

世の中の常識とされることが往々にして間違っていることがある。
放射能、原発に対する世の常識となっているものは、完全な間違いである。

常識の間違いにいつまでも惑わされ、またそれを特定のイデオロギーに利用され、脱原発などと叫ぶひとには、仙谷由人の言った後世に残る名言を贈りたい。

「脱原発など集団自殺である。」

=========

私は、原子力科学者ではありませんので、放射線云々の難しい話は、正直、わかりません。
わからないのに、これを書くのは何故かといえば、原発論が科学や倫理の問題ではなく、利権がらみの政治問題になってしまっていると思うからです。

原子爆弾を投下され、一般人に多数の死者を出したという経験を持つ日本人が、原子力や放射能といったものに、得体のしれない恐怖を感じるというのは心情としてはよく理解できることです。

私などは、子供の頃学校で教師から「広島、長崎は原爆が投下されたため、向こう100年は人が住めない」と教わりました。
で、言うのには、当時「ミュータント」なんて言葉が流行っていましたから、原爆で放射能汚染された広島、長崎の人たちは、顔が二つあったり、足が三本あったりするようなミュータントになっていると。

子供達にとっては、これは恐怖です。
古い話ですが、当時「マタンゴ」なんていう映画が大流行していて、イメージの中では、同地の人たちがまさにその「マタンゴ」になっている。
「こわいねー」と子供たちで語り合ったものです。

地理の授業では、広島は政令都市で人口が100万を超えているという。
子供心に、これは恐怖です。
なにせミュータントが100万人!(笑)
(広島、長崎の人、ごめんなさい)

ところが高校生くらいになると、フォークソングが大流行して、友人たちがバンドを組んだりしていたのですが、そのフォークの神様が吉田拓郎(よしだたくろう)、彼は広島出身です。
しかも五体満足な普通の人間です。
マタンゴのようなミュータントではない。

西城秀樹もデビューしました。
YMCAなどと元気よく歌い、同級生の女の子たちがキャーキャー言っていました。
これまた広島のご出身です。
もちろん西城秀樹も、ちゃんとした人間です。

また同じ頃、終戦後の広島ヤクザを描いた「仁義なき戦い」などが大ヒットして、友人たちと映画館によく足を運びましたが、これまた広島の物語で、不思議なことに、終戦直後、つまり原爆が投下されたばかりの広島で、普通に生きてドンパチやったり、闇市で暴れ回ったりしている。
そこにあるのは全国の焼け野原になった主要都市と同じ光景です。

結局、大人になった自分が就職したのは、広島に本社のある会社で、もちろん周囲は広島県人ばかり。社会人になってからの会社関係の友人の多くも広島県人がほとんどです。
みんな普通の人です。

いったい「100年は人が住めない」、「放射能汚染によってミュータントになっている」というアノ話は何だったのでしょうか。
要するに政治的に偏向して歪められた話というのは、まるで信頼に値しない、ということです。

だいたいいますぐ原発を廃止したら、日常使うエネルギーが高騰して困るのは、庶民である私達です。会社関係でも、原材料費は上がるし、電機代はあがるし、これまた経営ができなくなってしまう。

要するに、いますぐ原発を廃止したとしても、資源需要がなくなるわけではない、ということです。

さらにいかがわしさを感じるのは、反原発を唱える左翼の人たちが、尖閣の下に眠る海底資源の確保について、何も語らない、何も言わないことです。

すでに支那は、日本との約束さえも破って、尖閣からの盗掘を開始しているのです。
必要な我が家の資源を、お隣の横暴な暴力団みたいな国に盗られていて、そのことについて、何も言わない。
何か裏があると思わない方がどうかしています。

しかもお隣の韓国も、中共も、一緒になって「今後原発を大増設する」と言っているわけです。
支那産、韓国産の製品が、なにかにつけ粗悪品であることは、普通の日本人なら、誰でも知っています。
クルマひとつまともに作れない国が、原発を大増設するというのです。
それって大丈夫なんでしょうか。
万一のことがあったとき、日本に影響はないのでしょうか。
なぜそのことについて、メディアでは誰も指摘しようとしないのでしょうか。

しかも人によっては、「国内の原発停止によって失われる電力は、今後韓国から買えばよい」などと公然と発言している猛者もいます。

ここまでくると、裏金でも動いて、適当なことを言って世論操作して金儲けを企んでいるのではないかと疑われてもしかたのないことなのではないでしょうか。

原発にリスクはあると思います。
だからこそ、日本は、そのリスクを限りなくゼロに近づける努力をする。
それができるのは日本だし、世界に先駆けて安全な原発を開発し運用する国民性を持っているのも日本です。
そしてそれが、「日本の底力」なのではないかと思います。

他国のスパイの工作や、向こう100年は人が住めないだの、ミュータントになっているだのというデタラメに惑わされたら、国を誤ります。
そのような余計なことに時間や労力を使うくらいなら、むしろ、原発の安全を徹底して追求し、原発を堂々と運用できるように、最大限の努力を払うことに、力を注いだ方が、はるかに建設的なのではないかと思います。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

「放射能は怖い」のウソ出版記念講演アマゾンキャンペーン特典動画


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロは、みなさまのご支援で成り立っています。
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
関連記事

コメント
一大事のときに
原発事故で引っ掛かっていたことがあったのですが、
時の政権のスポークスマンの妻子がすぐにシンガポールかどこかに高飛びをしていましたよね。
追及されると、ただの以前から計画していた旅行だと言って。
武士の情けか誰もそれ以上言及しなかったようですが、
てめえの旦那が国家の一大事を迎え頑張っているとき(一応な)、旅行にノコノコ行く女房っているんだ?と。

でも、スポークスマンも言っていた通り、ただちに影響の出るレベルではなかったのですよね。科学者がこう言っているのですもの。まあ、一般にはここまで知られていませんでしたが。
私はうっかり、放射線から逃がしているのかと思いましたことよ。
2014/09/21(日) 11:26 | URL | ステラ #J9KrKsHg[ 編集]
お人好しを利用するテレビ権益者たちは詐欺
2013/02/21(木) 14:13 | URL | 眼 #-[ 編集]
No title
今の電力不足は、東日本大震災後に管元首相が明日東海地震が起きたら、浜岡原子力発電所は被災すると言ったのが全てです。
当時言われたことに、浜岡原子力発電所付近の地震発生確率は84パーセントもある! 明日地震があったらどうする! そして、福島原子力発電所の地震発生確率は極めて低かった・・・・・

結局、その後全原子力が止まった。今は、大飯原子力発電所だけが動いてる。

今年の夏は、どうするの?
我慢して、節電生活を2年やりました。
テレビでは、昨年の夏は電力不足にならなかったから、原子力発電はいらないといっていますが、ええ加減にして欲しいです。おまけですが、原子力がないからと火力発電で懸命にカバーしていますが、そのための燃料費で、お国は昭和54年以来の赤字です。
原子力がないからと、天然ガス外国から言い値で買わされているのと違いますか?
国内に電力が少なく、あっても電力費が高いため、企業は外国に出ていかないと生産活動も十分に出来ない。そして、国内に仕事が増えない。
昨日のテレビで青山繁晴氏が、原子力規制委員会に福島瑞穂氏の親しい人がいると言っていましたが、多分その人は原子力の再開をさせないことを目的にしているでしょう。
2013/02/21(木) 09:29 | URL | ポッポ #-[ 編集]
勝手に止めるな!
(関電労組、月給削減受け入れ=春闘で初の要求見送り)
関西電力労働組合(岸本薫委員長、組合員約2万人)は18日、大阪市内で本部委員会を開き、今春闘で労働条件に関する一切の改善要求を見送ることを決めた。電気料金値上げに伴い、経営側が2012年12月に提示した「13年夏の賞与ゼロ」「4月から月給(基準賃金)5%程度削減」を受け入れる方針も決定した。同労組が賃金や賞与など全ての労働条件について改善を求めないのは、1953年の発足以来、初めて。(2013/02/18-20:44)

各電力会社の社長は電気料金と出資者、社員の為に精一杯努力をしているのか。
早急に政府に原子力発電再開の陳情をすべきでしょう。
社長の経営能力がないのなら辞職するべきです。
労組は亡国民主党を応援してきた「つけ」がいま賃金引き下げとなってきている。
自らの判断が間違っていた事を認めましょう。

全ての根源は菅直人の暴君が国民の承認なしで勝手に発電停止命令を出した事ではないのか。どのように責任を取るつもりなのか。
電気料金は住んでいる地域の電力会社以外とは契約出来ず国民は料金規定に従わなければなりません。税金と似ています。
日本全国の電力消費工場の経営者はこの暴挙を訴える事をしないで泣き寝入りをするつもりなのか。

私の母が人工透析を受けていた時、突然病院が停電になりました。
病院の職員全員で透析室の透析機械を手回しハンドルを使い手動で回しながら事なきを得ました。

日本国内の発電が不足して一時的に停電したら多くの病人が助からずに死んでしまいます。 このリスクは大きい。

政党の政策をどうこう言っているのではなく、国策として原子力発電推進に取り組んで来たのです。

今さら勝手に止めるなと言いたい。
2013/02/20(水) 21:35 | URL | はっちょもん #-[ 編集]
東北の食材は長寿の薬
本当のことを勉強すれば「福島」に住みたいと思う人の理由がわかる。
それがわからなければお花畑と同類かもしれません。
私は好んで東北産、茨城や千葉、埼玉の食材を買っています。
健康体で長生きしたいので、福島に住みたいと思っています。

何言ってんだ?と思った人、調べる努力を忘れてますよ~
ヒント・広島は長寿。
2013/02/20(水) 17:52 | URL | gunto #aF03qbSI[ 編集]
武心‏@g369
武と品性の的なお話がTLに流れてきたので。前段階的な話をすると、武術における品性を考えた時には、少なくとも古流を考えると「武士道」を考えなければなりません。まあ日本の古流武術はもちろん武士だけで形成されたわけではないにしても、基本軸としては武士の習いというの側面が強い

なので基本的に日本における古流 (明治以前) 武術における品性というのは、武士道に仮託されるべきものと考えて良い。「卑怯もへったくれもあるか」という考え方は、特に戦国気風の時代には色濃く、太平の治世者としての武士にとってはあまり褒められたものではなかった。


だから古流の卑怯技というのも、使いドコロを間違えてしまうと、名を貶めるだけであって、そうなると面目丸つぶれ、武士の一分が立たぬという話になってしまう。

現代の平等社会ではここらへんの身分制度などを中々我が身に置き換える事が出来ないので、業を一平面上に置いて考えてしまい、よくわからなくなる。TPOをよくよく説明しないといけない。

TLとはあんまり関係ない話なのだが思いついたので。 何か投げつけてから切りつけるのも、決闘、試合の衆目の場で用いるものではないのだが、そこら辺を説明せずに師匠は嬉々として剣道家の方などに説明するので、競技的にも、武士道的にもどうなのよ?という顔をされる。

そりゃもっともだ。「そういう事しないと勝てないのね」「卑怯な手でしか勝てないのね」とか陰口叩かれるのも仕方ない。流石に最近は私が居る時は解説を入れているが、半端に説明すると誤解しか生まない典型例だろう

で話を戻すが、明治以降の古流武術は何に品性を仮託すればいいのだろうか?という所になってくる。でこっからはまたグルグルと何度も書いてる事の焼きましになるので昨日のことでも
2013/02/20(水) 16:41 | URL | 貼り付け #37ur3VDY[ 編集]
日本の食品は大丈夫でしょうか
下記の記事は2011年6月の韓国記事抜粋です。
キムチの日本向け輸出「衛生検査が3年間免除に」=韓国
Y! 【社会ニュース】 2011/06/01(水) 19:01

  韓国農林水産食品部と農水産物流通公社(aTセンター)は1日、韓国国内のキムチ製造業者である大象(デサン)FNFと株式会社モアが業界初に日本の「輸入食品等事前確認制度」に登録されたと明らかにした。韓国メディアは、「キムチの日本輸出が速くなった」と相次いで報じた。
  「輸入食品等事前確認制度」とは、海外から輸入される食品とその製造業者を登録することで、食品の輸入手続きが迅速化・簡素化される制度。登録された食品は衛生検査などの検査が一定期間省略されるが、今回この制度に登録された韓国産キムチに対する衛生検査は3年間免除されるという。

一方、下記の記事は2013年2月20日の記事です。日本の食品は大丈夫でしょうか?
食品に異物混入4733件「最多は虫、キムチからカエルも」=韓国
サーチナ 2月20日(水)12時44分配信

 食品医薬品安全庁は20日、昨年報告された食品の異物混入の発生件数は4733件で、2011年度比15.8%減、2010年度比44.9%減となり、2年連続で減少したと明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。

 韓国メディアは、「虫・カビなど食品への異物、昨年4733件で15.8%減」、「サンドイッチからカタツムリ発見、昨年の異物報告4733件 」、「昨年の食品で最も多かった異物は虫」などの見出しで伝えた。

 食品医薬品安全庁は、異物調査が完了した4658件を分析した結果、異物の種類は虫が49.5%(2343件)と最も多く、次いでカビ〈570件、12.0%〉、金属(505件、10.7%)、プラスチック(283件、6.0%)、ガラス(73件、1.5%)の順だったと報告した。

 また、異物が発見された食品では、麺類が20.5% (957件)で最も多く、コーヒー(558件、12.0%)、菓子類(434件、9.3%)、飲料類(330件、7.1%)、パン・もち類(293件、6.3%)が続いた。

 主な異物混入の事例を見ると中小企業の製品が多く、ジーティーアイの『唐辛子揚げ』からは、タバコの吸殻が発見され、ジョンウ食品の『味キムチ』はカエル、サンドファームの『プレミアムハムエッグサンドイッチ』からはカタツムリが発見されたとの申告があったという。

 食品医薬品安全庁は、異物事故を減らすために大企業と中小企業間の「業界異物管理協力ネットワーク」を着実に運営して自律的な管理がなされるよう誘導する方針としている。これは、大企業と中小企業が協力体制を構築し、相互現場訪問、情報共有などをする方式で、昨年のネットワーク参加企業の異物混入率は17.5%となり、2011年の31.1%より大幅に減少した。

 また、食品医薬品安全庁は「食品を購入する際には、製品の包装状態を入念に確認し、また食品を保存するときは常にきれいな場所でよく密封した後、涼しい場所に置くように」と呼び掛けている。(編集担当:李信恵・山口幸治)
2013/02/20(水) 15:36 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
放射線ホルミシス
放射線はエネルギーなので放射線を受けたといっても蓄積することはありません。放射線の問題は受けたエネルギーによるDNAの損壊です。が、動物は自然治癒能力を有しています。DNAの修復能力が損壊量を超えている限り放射線は問題ない事になります。

反原発を叫ぶ人たちは「福島県民の痛み」を訴えます。が、福島県民が受けている痛みは「放射線被曝」ではありません。放射線を恐れた「避難生活」が直接の痛みです。下記の文章は、一般社団法人ホルミシス臨床研究会理事
工学博士/元電力中央研究所名誉理事、服部禎男氏の放射能に関するお話しを文字にしたものです。少し長くなりますが読んでみて下さい。福島県民の避難生活を早く終わらせるためには、科学的な根拠をもとに検討するべきではないでしょうか。

服部禎男氏の放射能に関する話の文章は不正な投稿と判断されて却下されたので削除します。が、結論は「福島県民の避難は必要ない」です。不正投稿の理由がわかりません。

2013/02/20(水) 15:26 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
No title
民主党の金子恵美が予算委員会で安倍総理に噛み付いていました。
ほんとうにすべての福島の方々が「原発NO」って言っているのでしょうか?
このままでは福島が第2の「沖縄」になってしまいそうです。
「かわいそうに」が口癖の偽善者が沢山入り込んで、ゆすりたかりの県になってしまわないでしょうか?
国会中継を見ながら感じました。
2013/02/20(水) 13:27 | URL | kamekichi #CZUBwZ9Q[ 編集]
放射線と発がん
放射線と発がん、日本が知るべき国連の結論
(2013年1月11日 Forbes.com)

 昨年12月、極めて重要な報告書が粛々と発表された。そこに結論として書かれているのは、原子力科学の専門家が長年にわたり主張してきたことだ。――つまり、約0.1シーベルト(Sv)または10 rem以下の放射線の被曝(ひばく)は大した問題ではない……

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO50651160W3A110C1000000/

2013/02/20(水) 12:52 | URL | #9jgEo1Cg[ 編集]
日本の太陽
現在次世代エネルギーである、熱核融合炉の実用化実験が世界各国で行われていますね。
私はそれも日本が最初に実用化するんじゃないかと、期待しております。
2013/02/20(水) 10:54 | URL | 伊予人 #-[ 編集]
国民の敵を攻撃しているからといってその人が国民の味方だとは限らない
今回の極左の反原発運動の上手いところは、反日で国民の嫌われ者の民主党を利用したところ。
sengoku38や外国人献金問題などで民主党は隠蔽&反日体質だということが国民に浸透していたのを逆に利用した。
その売国民主党が東電を擁護するということは東電もその売国民主のお仲間であり悪だと国民が思ってしまった。
当時は、いわゆるネトウヨと呼ばれる人たちまでが極左の世論誘導に乗せられてしまい原発を叩いていたほど。
2013/02/20(水) 10:39 | URL | HND #-[ 編集]
No title
本日は“沈黙”をしようと思いましたが、ひとこと申しておきましよう。我が国の電力消費量は1970年、あの高度経済成長最盛期より倍以上にております。ケンとメリーの愛のスカイラインCMが流れ、待望のマイカー時代が到来した“夢のかなった時代”・・その当時より“電力を湯水のように使う時代”に突入したのです。それに便乗してさまざまな利権が暗躍し、さまざまな胡散臭いことが発生したのがマスゴミのデマというのでしょうか?太陽が核エネルギーであることは百も承知しております。では人工太陽を頑張って造れば人類は永遠の幸せを手に入れることができる?・・それこそが神ならぬ人間の行う科学への過信といわねばなりません。科学は出来る可能性を追求しますが、結局は出来ること出来ないことを明確にするものです。・・以上です。
2013/02/20(水) 09:37 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
利益だけでなく負担も受ける覚悟
原子力にしろ、軍事力にしろ、過去に痛い経験をすると、なんでも過剰に反対するのが、我が国のダメなところだと思います。
また、基本的に情報戦に弱く、その上戦後から強まった個人主義、自分さえよければ、自分の周りさえよければ、自分の生きている間さえよければという考え方の元、国の借金にしろ、少子化の問題にしろ、何でも「先送り」にしてきたことで、危機的状況は深まるばかりです。
某政治家が尖閣問題を棚上げしようともちかけたように、都合のよいことだけは現在を生きる者が利益を受け、都合の悪いことについては未来の世代に負担を強いる。
今の若い人達が老人世代に対し、厳しい感情を持ったとしても仕方がないとさえ思えます。
なんであんな人達の為に年金制度を支えなくてはならないのかと。
これからの世代が後世からそう思われない為には、利益は受けるが、問題は先送りという戦後世代が繰り広げた悪習を断ち切らなければなりません。
戦争反対と言っても戦争がなくならないのと一緒で、いくら日本一国が原子力反対を唱え、原発をゼロにしたところで、世界の原発推進という状況は変わりません。
日本だけよければ、日本だけ原発がなければという考えは、自分達の世代さえよければと考えてきた戦後世代と何ら変わりません。
危険な原発から目を逸らし、現実逃避に浸るのではなく、むしろ率先して原発問題に取り組み、あらゆる知識を動員して安全性の向上、問題点の解消に取り組んで行くべきです。
また、原子力の必要性を説き、需要に応えるだけでなく、抑制を進める取り組みも大事だと思います。
日本がアメリカ並の影響力を持ち、世界に働きかけていけたら良いのですが、それに必要な絶対的な政治力、軍事力がなかなか育たないところが悩ましいところです。
2013/02/20(水) 07:09 | URL | クボタ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク