アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


若者のチャンスを奪う戦後社会

ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
 ↓お申込みはコチラ↓
http://www.mag2.com/m/0001335031.html


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

浮見堂-1


はやいもので、このあいだ新年になったと思ったら、もう三月です。
子供の頃の1年というのは、ほんとうに長くていろいろな思い出がいっぱい詰まった1年だったけれど、歳を重ねる毎に、1年はずいぶんと早くなっていくように感じます。

考えてみれば、10歳の子供にとっての1年は、人生の10分の1を占める膨大な日月ですが、50歳の大人にとっては、人生の50分の1、80歳なら80分の1の日月でしかありません。
一年があっという間に感じるのも、そういうことなのかもしれない。

さて、三月といえば思うのが(もっとも私がその時代に生きていたわけではありませんが)、かつて毎年三月に行われた上海の園遊会です。


この園遊会は、当時、上海のフランス租界の近くの交差点口にあった三井物産の支店長の社宅で行われていたもので、毎年三月に園遊会が開かれ、そこには国内外2千人の官民人が招待されたそうです。
当時この園遊会に招待されなかった者は、社会的に紳士として認められていないとまでいわれたといいます。
それだけ権威ある園遊会だったわけです。

この三井の支店長宅というのが、またものすごいものです。
建物は一万坪の土地に、三階建ての本館と別館、更に付属の建造物があり、広大な庭には池、温室、芝生の野球場と五面のテニスコートが作られ、正門から本館の玄関までには、実に百メートルの小道があり、樹齢三十年以上の桜が280本も植えられていたそうです。
ここに支那に駐屯する世界中のVIPが招かれ開催されたのが、上海の三井園遊会だったわけです。

当時の三井の支店長は、後に満鉄総裁になる山本条太郎ですが、彼はなんとその上海支店長に、34歳の若さで就任しています。

この上海支店長が、どれだけすごいVIPだったかといえば、園遊会の行われた支店長宅もさりながら、支店長車がまたすごい。
なんと、防弾処理を施された八人乗りのキャディラックです。
しかもこの車、ウインドガラスは3センチ以上の厚さがあり、ドアも不注意に開けて人にぶつかると、人が吹っ飛んでしまうほどの重量のあるものだったといいます。

他にも支店長車として、やはり防弾処理された8人乗りのビュイックが一台、中型車が2台。

車そのものが大金持ちか大臣でもなければ乗れなかった時代に、これだけの車を備えることができたのは、それだけ三井物産上海支店に実力があったということであるとともに、それだけの地位に、34歳の若者が就任し活躍していたというところに、時代の勢いのようなものも感じ取ることができます。

これだけ若い人が、世界の第一線で日本を代表する活躍ができたということには、いくつかの側面があります。
なかでも重要なことは、かつての日本が個人ではなく、「家」を単位とする社会であった、ということがあげられます。

家を単位とし、家そのものが自作農等によって「食える」状態にあったから、ある程度の年齢になったら、大人たちは早々に引退して、若い人たちにその仕事上の責任を委ねることができたのです。
つまり、引退しても、食うに困らないという背景がきちんとあったわけです。

さらに大切なことは、価値観です。
支店長などの社会的責任を負う仕事に就くことを、偉い人になった、高収入になったとして誇るという思想そのものがありませんでした。

日本人は、その全てが天皇の民、皇民です。
この皇民思想というのは、ある意味、非常に徹底していて、社会的地位を得て、人の上に立つということが、人を支配するといった上下関係、もっといえば、支配と隷属という関係の上位に立つという概念を、根本的に否定していたのです。

どういうことかというと、人の上に立つというのは、天皇の民、皇民を預かる、ということです。
同じ皇民のひとりである自分が、皇民としての尊貴な人々を自分の部下に持つわけで、これは、たいへんな責任を担うものです。
ですから、偉い人というのは、「エライ(たいへんな)人」として周囲に認識されたし、本人の自覚も、人の上にたって支配するというのではなくて、責任をまっとうするという強い義務感に支えられれていたのです。

自分のために生きるということと、人のために生きるということでは、自分のための方が楽です。人のために生きる、しかも多勢の部下たちのために日々を生きるというのは、たいへんな重荷です。
けれど、その重荷こそが人を(つまり自分自身を育てる)という気持ちがあったから、そこにトライした。

そして、ある程度の功績、実績をあげ、責任をまっとうしたら、残りの人生は、自分や自分の妻子や孫のために、余生を捧げる。
そのために早々に引退し、家に帰って自作農をする。
金儲けよりも、もっと大事な、未来を担う人材を育てるために、郷土に身を埋める。
それがなにより、かっこいいというより、ごく普通の日本人の観念であったわけです。

それが戦後、家を本位とする社会体制が崩れ、個人主義となり、農地が細切れにされて、田畑で多勢を養うことができなくなり、結果として、誰もが都市部で働かなければ食えないという時代となりました。
農地は、開発と称して次々と潰され、そこに耐久年数のないマッチ箱が建てられました。
そのマッチ箱には住宅ローンという借金が付随していて、なんと60歳で定年退職したあとまで、支払いが続くという状態になっています。

だから、歳をとっても現役を引退できない。
いつまでも、働き続けなければならない。
しかも家族制度が崩れているから、年寄りになっても、子供達は誰も面倒などみてくれない。

そうは言っても高齢なれば、就職先を得れるということ自体が希有で幸運なことであり、それでも生きていくためには食わなきゃならないから、食い扶持を得るためにと称して国から年金をもらわなければ、生きていけない。
国の支給するお金がなければ食えないという思想は、そもそも共産主義の思想です。
かつての日本には、もちろん恩給のような制度はあったけれど、それらも、基本、家を単位に支給されていたものです。個人ではない。

おかしな話ですが、個人主義が礼賛され、大家族よりも核家族の方が、なにやら古い因習から「解放」されて気楽で幸せなことのように宣伝され、そう信じてきた結果、現実をみれば、いまの若い人たちは、なんら責任ある仕事を与えられず、それこそ先日の琵琶湖疎水の話ではないけれど、20代前半で、1千億の大工事を委ねられたり、咸臨丸に乗って諸国視察の旅に出て、以後の国政の重鎮を担うなどということは、まったく行われなくなってしまっています。

若者達にチャンスが与えることができない社会になってしまっているわけです。
そして白髪頭の年寄りたち(私も含めてです)が、いつまでも現役で役職を独占し続ける。

大局的にみれば、若者自由だ、核家族だ、個人主義だといいながら、まわりまわって若者に、社会を背負って力を振るうチャンスを失わせているのが、今の日本だ、ということです。
なんという矛盾でしょうか。

そして、そういう日本になればなるほど、日本の活力は損なわれ、結果として経済までもが沈滞化するという事態を招いています。

戦後の日本において、もっとも大きくこの日本の国の姿を歪めたのは、日本人から歴史が奪われたことにあると思います。
けれど、同時に、その歴史を引き継ぐ、家族制度が崩壊し、農業が崩壊し、鎌倉時代に大失敗した「田分け」の相続制度を復活させることで、家の連続性さえも失われてしまっている。
そのことも、私たちがいま、国家百年、千年の大計のもとに、もういちど原点に帰って考え直していかなければならないことであるように思います。

目先の政治課題も、もちろん大切なことです。
売国左翼や、特アの工作員たちから、国を守らなければならないからです。

目の前の国際問題への対策も大切なことです。
国益は守らなければならないからです。

けれど同時に私たちは、国家百年、千年の大計を考え、構築していく大きな国家戦略そのものを学び、考え、提案し、拡散する、そうした機構の存在も必要なのではないかと思います。

戦後の歪みは、そこまでしなければ、治らない。
対処療法だけでなく、根治療法への取組みが、いま、まさに求められてきているのだと、私は思います。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

皇国史観研究会「皇国の興廃 教育にありー教育は国家百年の大計」②


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロは、みなさまのご支援で成り立っています。
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
関連記事

コメント
>戦後日本の姿を歪めたのは、歴史が奪われた事にある

↑コチラでもお馴染みの中山成彬議員が、その歪みを治そうと歴史問題を国会の場でバッサリ斬りまくってましたね(^O^)/
アカや中韓を揶揄した上で、「皆さん歴史を直視するとはこういう事です」とゆー話の切り出し方が最高でした(^ .^)y-~~~
侵略戦争史観・慰安婦問題・創氏改名等々‥全て証拠付きでのメッタ斬りでした(笑)

『国会中継 中山成彬』←youtubeで是非皆さん御覧あれ♪ 同日に慰安婦ウソ話披露してた辻元ザマァ~~ww( ゜д゜)、ペッ
2013/03/09(土) 01:13 | URL | 日本一の偏対男 #-[ 編集]
No title
 今は長寿社会ですし、食べる事一つとっても一汁一菜で済んだ
質素な暮らしではありませんから、老人が働かさる得ないのも
仕方有りませんね。
 それに長子相続ですと、その家に貢献した奥さんには
 相続権が認められません
 戦前の家督相続制度が良いものだとは余り思えませんね。
 それより相続税、固定資産税といった税制の方が問題だと思います。
2013/03/08(金) 22:26 | URL | #-[ 編集]
何を置いても原状回復
原状回復と書くと、南出信者か、と言われることも有りますが、それが真理だと考えているので小生は何とも思いません(ただ、小生も氏の意見に全て賛同している訳ではありません)。我が国は、GHQによって良識ある人達が公職を追われ、警察は地方分権化され、明らかに弱体化し、土地土地の在日勢力とつるむ様になりました。CCTV日本支局(通称NHK)も、この時に再編され、現在の売国組織の原型が出来ました。憲法や皇室典範も圧力で変えさせられました。これらは、通常の国際法違反であると共に、連中が決めたポツダム宣言違反でもあります。それが、実に7年間も続いたのです。

ですから、この時期から現在につながる政府には、何ら正当性は無いのです。よって、それを元に戻すしかありません。これがごく簡単な原状回復の考えです。但し、いわゆる蔑称である農村の『寄生地主制』を元に戻すことは、土地の権利関係もぐちゃぐちゃになりますから簡単ではありません。ただ、方向性としては、かつての大地主制が果たしていた役割を、現在では農業の企業化・集団農業化(無論、ソ連のそれとは異なります)などで担うしかないかも知れませんし、それは今、現に我が国では進行しています。
2013/03/08(金) 21:08 | URL | 素浪人 #xo2ligvU[ 編集]
内田樹‏@levinassie
『潮』の取材だん。お題は「学校教育」。公教育は国民国家の次世代の成員の成熟を支援するためのシステムですので、「国民国家内部的」な制度です。だから、脱国民国家をめざすグローバル資本主義とは食い合わせがよくありません。

グローバリストは「教育の受益者は本人である」という立場をとります。自己の学習努力の成果は本人が排他的に占有できるという考え方です。知識も技術も免状も資格もみな本人のものです。でも、そう考えると当然「じゃあ、受益者負担で・・・」という話になる。

自己努力の成果を独占したいなら、自己責任で教育を受けてくれ。なんで自己利益を増大させる事業にわしらが税金を投入しなくちゃいけないの?という話になります。19世紀に公教育導入に反対したアメリカの納税者の言い分です。教育の受益者が本人なら、教育コストも自己負担しろ、と。

これを覆すロジックは「公教育の受益者は本人ではなく、社会全体である」というものでした。でも、このロジックは学校が国民国家内部的な制度であり、公教育を受けた子どもは公教育を受けていない子どもより高い公民意識をもち、公共の福利を配慮するという前提に立たないと成立しません。

国民国家が崩壊し、グローバル化するということは、全員が公共の福利を配慮する義務から解除されるということです。そのとき「じゃあ、公教育なんか要らないじゃない」という話になります。必ずなる。もうなっているかも。

つまり僕たちが今目にしているのは、18世紀フランスで着想され、19世紀のアメリカで制度化された「公教育」というシステムの「末期」だということです。
2013/03/08(金) 16:51 | URL | ツイッター #yd1dj.v2[ 編集]
No title
子宮頸がんワクチン接種で、重症者がでた模様。

民主党政権下での、日本人根絶やしの陰謀臭いっす。



2013/03/08(金) 15:10 | URL | あ太郎 #eSGkAR1I[ 編集]
No title
あくまでも私の感想ですが、1970年代初頭、いわゆる高度経済成長の時代までは企業の経営者陣も「社員は家族!」の意識が強く、トップから現場の皆が一丸となって頑張り、その結果が明確に成果として出せる幸せな様相であったと思います。・・それが今日のリストラ人減らし・・社員を首にして会社だけ残してなんの意味が有るのでしょうか?・・こうした発想は絶対日本人の発想ではないと確信しております。我が国をつぶそうとしている奴らの仕業に違いない・・そう思います。
2013/03/08(金) 14:55 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
No title
衆議院予算委員会での中山成彬氏は、素晴らしいものでした。そして、最後の朝日新聞の招致には小躍りしました。(是非、お願いします。)

今回の衆議院選挙は、3月5日に一票の格差が違憲状態にあるとされました。選挙結果は有効であったとしても、前回の選挙が既に違憲状態とされていたのですから、当然です。昨年末に0増5減案は、可決されていたのですが、今回の選挙に、このための選挙区割りが間に合わなかったのは、日程的に仕方のないことです。しかし、選挙区割りを決めるには、この後、それ程の期間は、かからないと思います。

次に、今年の7月に実施される参議院選挙は、もう目前と言っても過言ではありません。それまでに、格差は3倍以内になるように改正しないと、さらに厳しい裁判結果になります。

選挙方法については、7月の参議院選挙は応急的な処置をしておき、この次の選挙までに、衆議院、参議院共に選挙方法を基本から考えてはどうでしょうか。

衆議院は、小選挙区をそのままに、比例は30議席を減少させて、残りの150議席のうち、30議席を少数政党に有利な方法というのは、判りにくいです。(少数政党への優遇は、議席数が国民の意見を反映できる方法であれば、必要はありません。死に票が多い選挙方法だから、こんな対応策を考えることになるのです。)
衆議院は全国を8ブロック程度に分けて、非拘束式比例選挙で合計400人程度とすると、判りやすいと思います。基本として比例選挙は、死に票がありません。必要なのは、政党の支持者の割合を国会に反映していることで、死に票を少なくすることだと思います。
また、参議院は昔の全国区30名程度と併せて、一選挙区の議員を3名~4名とする選挙区を全国に20程度とする中選挙区としてはどうでしょうか。
(1の選挙区を3名~4名とすることで、人口が増大した場合でも1名を増減することで、小選挙区又は大選挙区になることを防止できます。)
2013/03/08(金) 14:40 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
戦前の地主の農地をばらばらにしたのは、大東亜戦争の敗戦によって農地改革がなされたためですが、大地主から小作農に農地を分割をして、貧しい小作を自作農にする。こう言えば聞こえは良いのですが、その頃の日本は米の自給すらままならず、日本が米を自給できるようになったのは昭和30年代で、その後は米余りが叫ばれたため休耕田ができて、今度は米を作らないようにさせて・・・・・・農家は、政治に振り回されることになったのでしょうか? その一方で、都市近郊の農家は土地を売ることで資産を形成しています。農地改革は少なくとも農業の継続を目的としていたはずですが、都市で生活してきた者には判らないことばかりです。


ところで、予算委員会で民主党の辻元清美氏はいわゆる従軍慰安婦をテーマにしていました。今回は、中曽根元首相の著作に触れています。(吉田清治の著作は、さすがに使えなくなったのでしょう。)
中曽根元首相は海軍士官でしたが、外地において慰安施設の開設に関わったことがあったそうです。民間人が慰安婦になる女性と報酬や諸々のことを契約し、慰安所を開設するならば、当時の法律では合法です。
しかし、辻元氏は中曽根元首相が慰安所の開設に関わった場所(朝鮮半島ではない。)に関係なく、また、当時の法律に合致しているにも関わらず、女性を強制連行をして慰安婦にしたといい、これがいわゆる従軍慰安婦問題であるとしています。
いわゆる従軍慰安婦問題は、韓国の済州島でおこなわれた問題ではなかったでしょうか? また、場所に関係なく、慰安婦を強制的に使っていなければ、いわゆる従軍慰安婦問題には該当しません。
これは、韓国が朝鮮戦争の際に韓国軍慰安婦に対して行ったことを、韓国がやったことだから、日本もしている筈だと思い込んでいるのと同じで、慰安婦がいたから強制的な扱いもあった筈だとの、思い込みが原因だと思います。

また、辻元氏は他国が日本を非難しているとしていましたが、それならば、日本の国として、諸国の軍隊がこれまでに行った非道について調査し、説明してはどうでしょうか? 日本の終戦時には、満州、中国、日本国内において、数多くの婦女子に対する暴行や強姦がありました。(中国人、韓国人、ソ連人、米国人等によるもの。)それだけではなく、ドイツやフランスにもあったでしょう。ベトナムにおけるライタイハン問題もあります。その上で、日本と日本以外の比較をするのも、ひとつの方法です。

今、日本に5万人、米国に2万人、豪州に1万人の韓国人女性が慰安婦(売春婦)として従事しており、中には日本人と偽っている不埒者もいるそうです。
辻元氏は、これらの現在の慰安婦を、非人道的境遇から解放して、自国への帰還運動をされるべきではないでしょうか?
2013/03/08(金) 13:38 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
今日の記事もそうですが、すごくためになるビデオのご紹介ありがとうございました。
これからも勉強させて頂きます。良き日本を取り戻しましょう。
2013/03/08(金) 08:01 | URL | じょあ #-[ 編集]
卵が先かニワトリが先か
若者が育たないから任せられない。
老人が任せないから若者が育たない。
どうも負のスパイラルに入ってしまっているような気がします。
ただ、やはり任せられないように若者が見えてしまうのは、若者が育っていく環境を整備して来なかった前世代の責任であるかと思います。
まず、教育の場をしっかり整備して、豊かな土壌を作り出すことが、若い芽
を育てていくには必要です。
これからの財界人にしても、しっかりとした倫理観を持った人に登場してもらいたいものです。
台湾に詐欺紛いの交渉で大量の不人気商品を売りつけたヒュンダイや、公の場で堂々と他国の製品を罵るサムスンのような、大企業と称しながら、品のない行動を取る輩にはなってほしくありません。
2013/03/08(金) 07:31 | URL | クボタ #-[ 編集]
No title
若者が社会に出て活躍する場が失われ、あったとしてもベンチャー
などと称して、起業した一握りの人だけだと思います。
そういった環境が若者を大人へと成長させる機会を失わせ、結局
日本の国としての力が削がれてしまっていると思います・・・
私個人として出来る事は少ないけれど、為に生き、与えられた命を
最大限に活かせるよう努力したいと思います。

3月8日ミモザの日にあたって・・・
2013/03/08(金) 07:04 | URL | ミモザ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

若者のチャンスを奪う戦後社会

ねずさんの ひとりごと 若者のチャンスを奪う戦後社会
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク