アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


商家にみる日本のヒミツ

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm
■日本史検定講座の第二期募集がはじまりました
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1825.html

■倭塾(わじゅく)塾生募集中
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1829.html
人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

桜_010323


時代劇に出てくるような日本の商家といえば、店主がいて、番頭さんがいて、手代(てだい)さんがいて、丁稚(でっち)とよばれる少年たちがいて、という姿を想像される方が多いかと思います。

けれど実際には、そうした体制をとっているのは、ある程度の大店(おおだな)の話、小さな、いまでいう中小零細の商家の場合は、「家」というカタチをとっていました。
それがどんなものかというと、まず店主は「親方」です。先輩社員が「兄貴分」、その中のリーダー的存在が「若頭」、古参ないし仕事の出来不出来によって社員たちには順位がつけられていて、これらがまとまって「若衆」、入社間もなくまだ後輩のいない社員は「新入り」です。

なんだかそんな用語を聞くと、ヤクザの世界?なんて思ってしまうかと思いますが、実は普通の商店においても、その組織形態は、同じです。
なぜそうなるのかといえば、店主である親方を実の親と同じ存在に見立てて、社員みんなをその「家族」に見立てていたわけです。


日本は、初代神武天皇が大和の国の橿原(かしはら)に都を定めたとき、「六合(くにのうち)を兼ねて、もって都を開き、八紘(あめのした)をおおいて宇(いえ)と為(せ)んこと、またよからずや」と詔(みことのり)を発したとされています。
天の下をおおう家となろう、というわけですから、国全体がひとつの家族となり、互いに慈しみあい、互いに励ましあい、助け合って国を発展させて行こうという意味です。

これを「八紘一宇(はっこういちう)」といいますが、戦後の学者たちはこれを「日本が海外侵略を正当化する標語」だと決めつけました。
けれど諸外国のように、権力者が民間人を平気で虐殺したり、その財産等を奪い、蹂躙する様子を考えれば、みんなが家族となろうという理念には、そういう残虐さは介在しようがありません。
こういう点なども、「心が歪めば、周囲のすべてが歪んで見える」という人の性のさもしさを感じます。

さて、商店は、どこもそうですけれど、最初に起業した時点では、店主ひとりの活躍がものをいいます。
行商をしたり、台所にたったり、それこそ生産活動から、営業活動、帳簿処理にいたるまで、その全てを店主自身がやっていかなければなりません。

そしてお店がすこし大きくなると、店員を雇うようになります。
店員も、規模の小さいうちは、女房であったり、息子さんたちであったりしますが、それがだんだんお店が大きくなると、他人さまを雇うようになります。

その雇った他人様を、家族として迎え入れるから、店主は親方となり、先輩は兄(あに)さんとなるわけです。
そして肉親としての兄弟は、長男、次男、三男、四男と、生まれた年に従って順番があります。
ですから、店員も、同様にその順番が付けられます。

ときおり、長男、次男よりも、四男坊がとびきりの才能をもった人だったりすることもあります。
けれど、基本的にこの兄弟の順番は変わりません。
ただ、役割や責任の範囲が異なって来るというカタチがとられました。

そしてお店がさらに大きくなると・・・実は今日の最大のテーマがここなのですが・・・兄弟分の順番とは別に、番頭、手代、丁稚といった組織上の役割が振られます。

番頭さんというのは、実は、店主に代わって店を切り盛りする、いわば総責任者です。
人事、総務、経理財務、営業、管理、監査等、お店の経営活動の一切を切り盛りする責任者です。
つまり、いまの会社でいえば、社長の役割をこなすのが、番頭さんです。

「あれ?! 番頭さんが社長さんなら、店主はどうなっちゃうの?」
実は、ここがたいへん重要なところです。

番頭さんも、手代さんも、丁稚君も、全部が店主によって雇われた者たちです。
そしてお店も、店主のものです。
極端にいえば、番頭さんも、手代さんも、丁稚君も、店員さんたち全員が、店主のいわば「私有民」です。

けれど店主は、君臨するけれど、統治はしません。
統治の一切は、番頭さんに委ねるわけです。

このことを店員さんの側から見ると、店員さん達は、統治権をふるう番頭さんの私有物ではない、という明確な線が引かれることになります。
つまり、店員さん達の地位は、君臨している店主によって担保され保障されているという関係になります。

商家という組織内にあって、番頭さん、手代さん等には、もちろんそれぞれの役割分担があり、責任範囲があるのだけれど、基本的に全員が、一家、すなわち家族であって、そのなかに奴隷の存在が認められない、いいかえれば、全員が、その一家の家族として、人として対等な関係が、そこに生まれるわけです。

このことを、西洋で生まれた株式会社などと比較してみると、その違いが鮮明になります。
株式会社は、資本家が株主となり、優秀な社長を雇って商売をやらせ、その利益を株主が不労所得として吸い上げるという仕組みです。

この場合、株主に雇われた社長にとって、社員はいわば「手駒(てごま)」であって、そこに人格権はありません。
なぜなら社長は、株主に利益を還元するためだけに存在し、その利益をあげるために社員を利用するからです。
利用価値がないなら、首を斬る。
だって、家族でも身内でもなんでもないのです。
利用価値のない社員を手元においていたら、それだけ会社の業績が悪化する。
悪化すれば、社長は株主から自分の首を斬られるのです。

そういう意味で、株式会社は、利益を上げることに特化した組織形態であるということができます。
そこで問題になるのは、株主にどれだけの配当を出せるかだけであり、社員の人を育てるとか、人材を育てるという発想さえも、利益をあげて配当金を伸ばすためだけのいわば手段でしかありません。

ですから、欧米では、言うことを聞かない社員は、即、その場で首を斬ります。
上司はボスであり、ボスの命令に背く者は、その瞬間に存在価値を失うからです。

一方、社員の側は、そうそう簡単に首を斬られては生活に困ってしまいますから、集団で団結し、組合を作ってハチマキを巻き、経営側と対峙しようとします。
そしてさらには、裁判に訴えて国家権力によって不当を糾そうとまでします。
考えてみると、実にやっかいなことをしているわけです。

ところが不思議なことに、こうした体制に徹した企業で、五百年、千年と続いた企業はありません。
なぜか短期間に高収益をあげ、なんとかドリームを達成するものの、業態が長く続かない。
気がつくと倒産して、この世から消えています。

逆に、長く持っている企業では、たとえばロスチャイルド家のように、家を単位とし、日本の商家に非常に近い体制をとった会社です。
ロスチャイルド家というと、すぐに陰謀説を思い浮かべる人もあるようですが、実は、欧米で五百年、千年と続く企業は、日本型の「商家」と同様に、家主が君臨すれども統治せず、という仕組みを持った企業であるという点は、実におもしろい展開であるように思います。

これに対し、古くからある日本型経営というのは、店主がいて、店の全ては店員も含めてぜんぶ店主のものだけれど、その店主は(あくまでも大店の場合ですが)、店の切り盛りはしません。
ただ、店主として君臨しているだけです。
実際の経営は、店主によって任命された番頭さんが切り盛りしますが、なぜ番頭さんにそれができるかというと、番頭さんの権限は、店主によって認証されているからです。
つまり、店主の権威によって、番頭さんは権限をふるうことができるわけです。

その番頭さんは、たとえば気に入らない店員がいたとしても、そうそう簡単に、その店員の首をきることはできません。
なぜならその店員が、「番頭さん、オレはあんたに雇われいるわけじゃないんだよ」と言われれば、番頭さんは二の句が継げない。
番頭さんが首を斬ろうとするならば、店主をはじめ、周囲のみんなに、充分にそれを納得させなければなりません。

また、店員さんたちは、もちろん番頭さんの言うことを聞いて、目先の利益をあげることにも努力するけれど、店主によってその地位を保障されていることから、目先の利益や、いまの役割をまっとうすることだけでなく、お店の将来、あるいは自分の将来にとって役立つ勉強をかさね、いつかは番頭さんのような立派な人になろうと努力していきます。
そしてそうやって努力を重ねた者が、次の番頭さんになるわけです。

もうすこしまとめると、日本型商店経営というのは、実は、店主は君臨すれども統治せず、つまりある程度大店になると、番頭さんがすべてを切り盛りしていて、店主はそれに口出ししない。
けれどすべての店員は、店主によって雇用された者たちという関係になっています。
こういう関係になることによって、店員達は番頭さんの私物にならない。
人として、仕事に邁進できる。

実は、こうした仕組みは、日本という国、全体においても、同じ体制がとられていました。
というよりも、日本という国柄が生んだ国の形を、知らず知らずのうちに、商家においても模倣していたと言った方が、正しいといえます。

どういうことかというと、世界中、どこの国においても、民は、豪族や王たちの私有民です。
私有民と書くと聞こえはいいですが、生殺与奪の権を持たれてしまっているのですから、早い話が奴隷と同じ、動産でしかありません。
古来、民は、権力者の動産ですから、当然のこととして、そこには人権など認められていません。
これが世界の常識です。

ところが日本には、天皇がおいでになります。
豪族たちの権力は、その天皇の権威によって与えられたものにすぎません。
そして豪族たちが支配する民たちは、天皇の民とされました。
これが何を意味するかというと、日本における民は、豪族たちの私有民(動産)ではない、ということです。

日々の生活においては、豪族や大名たちの支配の中で、日本の民は生活しています。
けれど、その民の立場は、豪族や大名などの私有民ではありません。
なぜなら、民衆は天皇の民だからです。

つまり日本は、天皇という存在によって、民衆が豪族や大名といった政治権力者の私有民とならずにこれた、世界でも希有な国柄であったということです。

このことのありがたみは、日本の国から、天皇の存在をないものと考えたら、すぐにわかります。
天皇の存在がなくなった瞬間に、民は、豪族や大名、あるいは昨今なら企業経営者やお金持ちの資本家たちの、ただの私有民になるからです。

繰り返しますが、私有民というのは、ただの動産です。
そして、たとえ人間に生まれても、ただの動産として扱われるというこは、奴隷となって生きることを規程されるのと同じだ、ということです。

日本人は、なんだかわからないけれど、天皇という存在をありがたがる、といいます。
それは実は、当然のことなのです。
天皇という存在があるからこそ、私たち民衆は、支配者の私有民や動産、奴隷とならずに済んでいるからです。

そしてその天皇は、初代神武天皇が、民衆も含めて、みんなが家族の一員だと規程してくださっているわけです。
だからこそ、ありがたい。
だからこそ、感謝する。
そういう国柄が、そもそもの日本の姿です。

そしてそういう、権威と権力を切り離すという、実に単純明快な方法によって、日本には古来、奴隷という存在を持たない国を形成してきた、それが日本です。

現行の日本国憲法は、天皇の存在を、「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴(第一条)」としています。
けれど、これは言葉が違うと思います。
天皇は、「日本国最高の権威であり日本国民統合の象徴」が、本来の姿に近いかと思う。
あるいは大日本帝国憲法では、「大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス(第一条)」とありますが、これが正しい憲法のあり方であろうと思う。
なぜなら、天皇がいてくださることによって、私たち民衆は、権力者の奴隷にならずに済んでいるからです。

反日思想の人たちは、ことさらに天皇の存在を否定しようとします。
なぜでしょう。
私には、彼らは「肩書きや地位で、権力を欲しいままにしたがる、きわめてさもしい性根の人」にしかみえません。
なぜなら、天皇の存在がなければ、民衆は、ただの私有民になってしまうからです。

一部の権力者だけが王侯貴族のような優雅な生活を満喫し、多くの人を私物、あるいは物として支配する。
そういう社会体制が、ほんとうに民衆にとって幸せをもたらす社会体制といえるかどうか。
それを考えたら、答えはあまりにも明確なことではないかと思います。

先日、民主主義について書きましたが、民主主義といっても、結局は権力者が民衆から収奪するという社会体制を産んでしまうということを考えれば、皇国2700年という世界一長い期間にわたって日本が日本であり続けた体制の本質(私はこれを皇民主義と呼んでいます)が何かを知り、そのことの凄味をちゃんと踏まえて未来を築くことが、結果的には、民衆にとっての幸せな国つくりになるといえるのではないでしょうか。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

【大人のメルヘン】 やっぱり韓国が世界一だ!

この動画を観てわかるのは、かつて日本の皇民となることで近代化を押し進めた韓国が、戦後その皇民日本を否定することで、結果としてどうなっていくのかを象徴してるということといえるのではないでしょうか。つまり日本も天皇を否定したら、この動画のようになってしまう危険がある、ということです。

【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロは、みなさまのご支援で成り立っています。
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
関連記事

コメント
主の人徳
NHKの江戸時代を舞台にしたコメディー番組で、江戸文化に詳しい専門家として出演していた杉浦日向子さんの発言をふと思い出しました。
その回のお芝居では、商家の旦那が丁稚に対して何かというと「クビだ!」を連発していたのですが、実際には商家の旦那がそんなに簡単に奉公人をやめさせることはなかったのだそうです。なぜなら、しょっちゅう人がやめてまた新しい人が入る、使用人が定着しない、そういうところは「主人に徳がないからだ」と世間に見られてしまうから、だそうです。

80年代の地方都市で、また企業が「人を育てる」ことを当たり前にしていた時代に20代を
過ごした私としては、なるほどな~と、納得したことを覚えています。
2013/03/26(火) 20:58 | URL | aterui #-[ 編集]
No title
長崎県の対馬に対し、韓国の昌原市議団が訪問して領有権を主張しようとしたそうです。対馬市議会はもちろん怒っているのですが、韓国は先日、対馬の観音寺から盗んだ仏像を韓国に持ち去り、返還に応じていません。そして、これでも足りないとばかりに、対馬まで占領しようと考えているのです。
民主党政権は朝鮮王室儀軌等の文書を文書引渡協定でプレゼントしました。そのときに日本は、対馬宗家文書を交換という形で返還させれば良かったのですが、これをしなかったために、売国行為になりました。


ところで、中国は最近、過去の歴史において中国の領土で会った地域は、現在も中国に権利があるようなことを言っています。

昔の中国に、周囲を呼ぶとき東夷西戎北狄南蛮と言うのがありました。
東夷とは、元々、中国の東に位置する山東省あたりの呼び名でしたが、秦以降は朝鮮や日本列島もこれに含まれたそうです。
西戎は、中国の西部の牧畜民。北狄は、北方の中原的都市文化を共有しない遊牧民族。南蛮は、南方の帰順しない異民族。
東夷西戎北狄南蛮と言っても、中国の王朝で最も版図の大きかった元のときには、日本以外はすべて中国に含まれたと思います。
もっとも、モンゴルが中国を侵略して、大都(現在の北京)を首都とした国が元です。見方を変えると、中国はモンゴルの植民地であったのです。国力の衰えたとき、元はモンゴルに還りました。
元と同じことがあったのは、明の後で女真族は満州から中国を侵略し、首都を北京として清を名乗りました。中国は、植民地になりました。このとき、女真族は民族名を満州に改めています。
清の国力が衰えたとき、孫文によって中華民国が建国され、その後に満州国が建国され、大東亜戦争後に、国民党と共産党が戦った結果、現在の共産党政権が成立したとき、すぐにモンゴルを侵略して、一部を内モンゴル自治区にしました。チベットも侵略して、チベット自治区にしました。ウイグルを侵略して、新疆ウイグル自治区にしました。
中国は満州も侵略して、東北部としています。満州と中国の境界は、万里の長城で、清国が建国されるまでは、歴代中国の建設した万里の長城が、国境でした。ですから、中国の真ん中から若干北側に、元の国境であった万里の長城があります。そして、女真族は元々人口が少なかったことも有り、漢民族に飲み込まれました。

いま、中国は尖閣に手を伸ばしていますが、その次は沖縄、そして日本と、大きな夢を描いているでしょう。
これを絶ち切るためには、始めの一歩が大事です。
守れ尖閣!
2013/03/25(月) 23:17 | URL | ポッポ #-[ 編集]
ロリ・ワラックさんが訴える「日本のTPP参加は主権の放棄」
ロリ・ワラックさんが訴える「日本のTPP参加は主権の放棄」
http://youtu.be/fm-6DR6o3vs
(動画)
アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは
http://youtu.be/HLVKAalmD48
(動画)

反日売国勢力やテレビ局・マスコミが推し進める日本人社会の破壊作戦であるTPPの正体がアメリカから
暴露されました。 
このような実態を把握できない自民党安倍政権に我々愛国系日本人は不安を感じます。 
日本人社会の破壊者の創価学会公明党を排除するべきです。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2013/03/25(月) 22:47 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
商家
丁稚奉公という形が無くなった時点で日本人の人を育てるということが無くなり即戦力にになりました。
丁稚という制度は、貧しくて学校に行けない子供の為でもあり夜間や定時制に行きながら自分で店を持って活躍してる人は、今でも沢山います。
私の親戚も丁稚で学校に行き陸軍に入り通訳をしてた人もいます。
戦後の教育改革で無くなり育てることが出来なくなったのは、残念なことです。
2013/03/25(月) 19:42 | URL | 匿名 #mQop/nM.[ 編集]
ちていのき‏@baritsu
1950年代に戦略航空軍団が柔道に目をつける。もともとは大戦中に多くの爆撃機クルーがドイツ収容所で死んだため、抵抗、脱走手段が必要なのを痛感していたためだが、長時間飛行に耐える体力や精神力の養成にも向いていると判断した。

もちろん指導者は足りないため、当初は講道館に派遣して学ばせたが、1953年に小谷澄之をリーダーとする柔道、空手と合気道(柔道内、富木氏)の一団が各基地を回り指導する。この時の指導団が米国の戦後武道に意外に大きく影響しているのを再認識。もっと調べてみよう

この空軍武道プログラムの発案は、あの鬼畜カーチス・ルメイなんで、日本兵の忍耐力も知っていたかもしれませんね。焼夷弾空襲を思うと日本人としては複雑な所ですが、逆に言えばルメイは感情抜きで「効果」を求める人物だった、とも考えられますね


黒糖丸‏@kokutoumaru
@baritsu カーチス・ルメイ…マジすか。戦後源田実が運動して叙勲させ、しかし先帝陛下は直接の授与を拒否されたという。複雑ですね。
2013/03/25(月) 16:55 | URL | 貼り付け #nlInLFEA[ 編集]
No title
終身雇用 年功序列型賃金 それが 日本の企業の最大の強みであったんだが。 
どんな会社でも 家族的と言う言葉を大事にしていた。
親方と言ったり おやじと言ったり。
それが いつの間にか 慰安旅行も運動会もない 派遣社員ばかりの他人同士の組織になってしまった。
 戦後 日本が失ったのものの最大のものは家族制度で有ろうと思う。 このため 現在の日本は 個々ばらばらで連帯感に薄れた個人主義の横行する世の中になってしまった。 
日本が世界に台頭することを恐れれた勢力が、日本の強さの秘密をずっと前から知っていて 戦後すぐにその解体に取り組み、民主主義 共産主義 自由主義 平等主義等というような いかにも有難そうな思想を持ち込み、自虐史観で仕上げられ、そして かばい合いなしの 自由競争原理で 社会も経済もシナやチョウセンにまで馬鹿にされるような 国になってしまった。
 日本は 談合や 護送船団方式で誰も敗者にならない制度で2千年以上やってきた。
かって 中学を出て集団就職で修行した今の零細企業の親爺さんは 自分は年金を受給しながら 従業員の給料を何とか払っていたりする。 そして後継者がいない。
 これから 一旦壊れた家族制度を復活させることは困難であろうが 社会の中に皆で助け合う家族主義的な制度を構築できないだろうか。 そして 日本の誇り皇統を守りたい。
2013/03/25(月) 15:31 | URL | 古希のネトウヨ #-[ 編集]
No title
大切なことを耳にタコができるくらい繰り返し伝えていただくことは我が国のあるべき姿を守ることにつながります。シナ&南北朝鮮の「ウソも何百回も主張すれば本当になる!」という野蛮人の屁理屈とは違うのです。正しいものが勝たなければ世界人類は滅びると思います、絶対に奴らに負けるわけにはいかんのです!ありがとうございました。
2013/03/25(月) 09:26 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
興味深いお話です
商家においても日本の国体を縮小した形が取られていたということですね。
皇民主義というのは概念としては理解しているつもりですが、今ひとつねずさんが何を目指しているのかがよく分かりません。
制度として何か変えたいのでしょうか?
はたまた憲法の条文を変えたいのか?
天皇陛下は国民の多くから敬慕されていますし、現状で特に問題はないと思うのですが?
左翼思想における自由とは、全ての人の自由というのは建前で、実際のところは自分の思い通りになるという意味での自由を目指しているだけです。
彼等はその理想の為なら手段を選ばず、その為に生じた不幸は理想実現の前には仕方がない些細なことだと簡単に切り捨てます。
そして理想は常に実現せず、実現させる為には仕方が無いとされる手段のみが延々と繰り返され、情報隠蔽、捏造
、弾圧が続けられる。
そうして左翼思想者達は永遠の夢を見ながら、かつての毛沢東やスターリンのような指導層の為に地獄の道を歩み続ける。
思想という無機質な化物を頂上に頂いた時、それを利用する一握りの者と大多数の奴隷が生じてしまう。
奴隷は巧みに操られ、密告等で奴隷間に憎悪や保身を促進し、権力者を打倒する芽は常に摘み取られるよう支配されてしまう。
それを考えると、日本はやはり天皇制で良かったなぁと思います。
天皇陛下は左翼世界の権力者と違い、上に立っても、なんでも自分の思うとおりにして良いということはありません。
一般人にはとても考えが及ばないような配慮、責務、制約等があります。
それでもなお、日本に生きる全ての国民の為に、一部の者が暴走する社会の仕組みを確立させない為に、存在してくださることは大変ありがたいことだと思います。
よく左翼は、日本兵は死ぬ時実際は天皇陛下万歳などとは言わなかったと言いますが、たとえそうであっても、日本兵一人一人の心には天皇陛下に対する敬慕が確かにあったと思います。
硫黄島での怪現象が、天皇陛下が追悼にいらして以来、ピタリと止んだそうです。
皇族の宮様が硫黄島にいらした際、壕に入るにあたり、戦死者の眠る場所に土足で踏みいるわけにはいかないと、履物をお脱ぎになったというお話も耳にしました。
このような心持ちで民に接することは独裁者や普通の王侯には絶対にマネできないことだと思います。


2013/03/25(月) 07:28 | URL | クボタ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

商家にみる日本のヒミツ

ねずさんの ひとりごと 商家にみる日本のヒミツ
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク