アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


ヤマハさんと河合さん

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm
■日本史検定講座の第二期募集がはじまりました
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1825.html

■東京講演のお知らせ
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1843.html

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

天秤棒で荷物を運ぶ人
天秤棒


私などが子供の頃は、小学校の教室にはオルガンがあって、音楽の授業のときなどは、先生がそのオルガンを弾いてくれ、みんなで合唱したりしたものです。
クラスの中には、ピアノを習っている女生徒などもいて、学級内での合唱とかのときには、その女生徒がオルガンを弾いてくれたりしましたが、そうやってオルガンを弾いている同級生が、なぜかとてもまぶしく見えたりした、そんな古い昔の経験をお持ちの方も多いかと思います。

音楽の授業で教わった文部省唱歌の、さくらや桃太郎、浦島太郎や富士山、春が来た、春の小川、村の鍛冶屋、鯉のぼり、海、荒城の月、おぼろ月夜、我は海の子など、あれからもう何十年も経っているけれど、いまも心の歌になっている気がします。

そういえば、老人ホームなどで、こうした動揺や文部省唱歌は、ご高齢者の方々の共通の想い出の歌となっていて、年齢を超えて、みんなで楽しむことができ、しかもこれがボケ防止にもとても良いという話を聞いたことがあります。


最近の学校では君が代も教えず、卒業式に蛍の光や仰げば尊しなども歌わず、教えもしないと聞きます。
代わって、流行歌などを子供達に歌わせるのだとか。
歌は世につれ、という言葉がありますが、そうした時代毎の流行歌と、日本人として共通の心の歌は、また別なのではないかと思うし、時代を越えて生き残っている歌は、そのまま歴史の一部なのではないかとも思います。

そういえば、私が子供の頃には、靖国神社や、蘇我兄弟、広瀬中佐、八幡太郎、八岐大蛇、加藤清正、水師営の会見、斎藤実盛、児島高徳、日本海海戦、天照大神といった、私たちより前の世代の唱歌は、教えられなくなっていました。

けれど考えてみると、これらは歌を通じて日本の歴史を学ぶことができる、日本人としてのアイデンティティを構築する上で、とても大切な歌であるように思います。

何事も、変われば良いというものではありません。
とりわけ義務教育で教わる歌は、一生の宝でもあります。
とくに最近では、海外の人たちが、カラオケなどを通じて日本の歌に接し、そのやさしさや、心の細やかさに心打たれ、すっかり日本のファンになるケースも多いと聞きます。
歴史や、国語、物理、数学の授業のことばかりでなく、戦後、日教組によって歪められた音楽の授業についても、是非、メスを入れていただきたいと思います。

さて、その音楽の授業や、教室での合唱のときに定番だったオルガンですが、学制がひかれ、全国に小中学校が配置された頃から、あたりまえのようにあったものではありません。
明治の中頃までは、学校にオルガンなどというシロモノはありませんでした。

けれどそのオルガンを、子供達のためにと、必死で作った人がいました。
そしてその重たいオルガンを、田舎の山奥の小学校まで、歩いて運んだおじさんたちもいました。
昔はトラックなんてありませんから、みんな天秤棒にぶら下げて、担いで運んだのです。

そうやって子供たちに歌が届けられました。
学校に、ただ一台のオルガンです。
そのオルガンを、音楽の先生が弾いてくれ、その旋律に合わせて同じ国の同じ国民として、みんなで共通の思い出を刻んでいった時代がありました。

その先人たちの思いや努力、歴史を、個人主義とか個性化とかいう能書きひとつで、ぜんぶぶち壊しにするということが、本当に良いことといえるのでしょうか。
むしろ、それこそ情感に対する暴力そのものといえるのではないでしょうか。

そして子供たちから共通の思い出を奪う者、世代を超えた日本人としての共通の思い出を奪う者は、もはや教育者の名にさえ値しない。
そう思います。

そこで今日は、平成21年の過去記事から、ヤマハさんと河合さんを、リニューアルしてお届けしたいと思います。
この物語を通じて、先人達の思いに、すこしでも感謝の気持ちを思い起こすことができれば、と思います。

山葉寅楠
山葉寅楠


日本で最初に国産のオルガンを作ったのは、ヤマハの創業者である山葉寅楠(やまはとらくす)です。
寅楠(とらくす)とは、ちょっと変わったお名前ですが、楠正成(くすのきまさしげ)にあやかって付けられた名前だそうです。

山葉寅楠は、嘉永4(1851)年、紀州徳川藩で生まれました。
父親は、天文暦数や土地測量・土木設計などの天文方を勤めていた人だったそうです。
けれど若い頃の山葉寅楠は、宮本武蔵の強烈なファンで、16歳で二天一流の武者修行に出ています。

この武者修行というのは、剣の道を極めようとする者が、全国の道場をめぐり、剣術の試合をして腕を磨いたという、江戸日本の制度のようなものです。
よく、時代劇や格闘もののマンガなどでは、いわゆる道場破りがいて、その道場の門弟と試合をして勝つと道場の看板を持って帰ったり、割ったり、踏みつけたりするようなシーンが描かれますが、日本ではそのような乱暴狼藉は、100%御法度(ごはっと、禁止行為)でした。

武者修行者は、全国の道場を廻り、そこで試合を所望します。
これには、その道場の高弟が対応し、どちらが勝っても、勝った方は負けた方に、剣術を教え、互いの技術を高めあいました。

ちなみに、昨今の武道の試合では、ギャラリーが「ファイトー」とか声援を送りますが、かつての日本の武道の試合では、そうしたギャラリーの声援も御法度です。
日本の武道は、欧米の格闘技のような体力そのものを競うものではありません。
竹刀でむやみに打込んで、当たれば一本というようなものでもありません。
なにせ試合は木刀です。
打ち所が悪ければ、相手を殺したり、大怪我を負わせてしまいます。

ですから、打込む前に、相手の動きをよく読み、相手の動きを最小限の体捌きで躱(かわ)しながら、相手を斬るという稽古を重ねたわけです。
ですから試合にはたいへんな集中力を必要とします。
そして試合は、神前に礼をしてはじめる、神聖なものとされていました。
だからギャラリーの大声をはりあげての声援など、もっての他だったわけです。
試合は完全な静謐の中で行われていました。

そういう武者修行の旅に、寅楠は16歳で出たわけです。
相当な腕前であったろうことが、推察されます。

こうして、世が世なら、寅楠は、紀州藩で親の天文方を継ぐか、剣術道場を開いてそこの先生に収まるかしたところだったのですが、しかし明治維新で家が没落してしまいます。
時代が変わったのです。
いまさら剣術でもないし、これからは手に職がないと生きて行けない。
山葉寅楠は、20歳のときに、ひとり大阪に出て、時計や医療器具などの精密機械の修理を学びました。

ところが、せっかく精密機械の修理工を学んだものの、肝心の仕事がないのです。
明治の中頃です。
そもそも精密機械というもの自体が、決して数が多くない。
彼は技術者として職を求めて、全国各地を転々とします。

そんなとき山葉は、友人から静岡県浜松市で県立病院の修理工を捜しているとの知らせをもらいます。
明治17(1884)年、寅楠35歳のときのことです。

その頃、明治政府の意向で小学校に随意科目として唱歌科がもうけられていたのです。
浜松尋常小学校(現・浜松市立元城小学校)では、その唱歌教育を全国でも先駆けて開始しようと、オルガンを1台購入しました。

当時、まだ国産オルガンはありません。
ですから外国製です。
当時のオルガンは、外国から船に乗ってやってきたのです。
当然のことながら、とんでもなく高価な品でした。

ちなみにオルガンは、外見はすこしピアノに似ていますが、足のペダルで風を送って音を鳴らします。
ですので、当時はオルガンのことを風琴(ふうきん)と呼びました。
高価な外国製の風琴を、浜松の小学校が買ったということで、これはたいへんな評判になり、元城小学校には、全国から大勢の教師が視察に訪れたそうです。

ところが、この風琴、すぐに故障してしまったのです。
修理したいのだけれど、外国製だし、交換部品もなければ専門の楽器修理工もいません。
しかもとびきり高額な貴重品です。
万一修理に失敗したら、とりかえしがつきません。

困った小学校は、ある日、浜松県立病院に精密機会の修理工がいるという話を聞きつけます。
こうして山葉寅楠のもとに、オルガンの修理の依頼がきました。
時計や医療器具修理のできる山葉寅楠なら、きっとオルガンも直せるだろうというわけです。
いまにしてみれば、かなり乱暴な話ですが、当時にしてみれば、まさにワラをもつかむ思いだったわけです。

山葉寅楠にとっても、そんな見たこともない貴重なオルガンを、どうやって直すのか不安でいっぱいでした。
まわりの人たちが心配そうに見守る中、寅楠は、まずオルガンの点検からはじめました。
そして内部のバネが二本壊れているだけだとすぐに気がつきます。

そして、ここが実におもしろいのですが、このとき寅楠は、
「これならバネだけでなく、オルガンそのものも俺につくれそうだ」と思い立ったというのです。
「アメリカ製のオルガンは45円もする。自分なら3円ぐらいでつくることができる!」
そうなれば、日本の未来を担う子供達に、もっとたくさんのオルガンを普及し、活用してもらうことできる」と思い立ったわけです。

ちなみに明治10年代の白米10キロの値段は50銭でした。
いまだと同じ量で5,000円くらいですから、感覚的にはオルガン一台4500万円のところを、オレなら30万円で作れる、と考えたわけです。

寅楠は決心しました。
「将来オルガンは全国の小学校に設置されるだろう。これを国産化できれば国益にもなる」。

このあたりの寅楠の考え方は、非常におもしろいと思います。
オルガンの市場性に着目するだけでなく、それが「国益になる」と考えたわけです。
一介の職人さんの意識の中にも、自分の行動を「お国のために」と考えるという精神構造があったのです。

寅楠は、もと徳川方の武士で、当時の政府は薩長政府です。
お国のためというのが、薩長政府のためになるから、面白くない、などとはまったく考えなかったわけです。
それでも彼は、お国のため、と考えたわけです。

これもたいへん重要な点です。
当時の元武士たちは、武家という身分を四民平等で失ってもなお、そして政府が薩長政府であろうがなかろうが、お国のため、という意識を明確に持っていたということだからです。

よく、明治維新を革命だと考える人がいますが、それは違います。
日本は江戸の昔も、明治の世も、等しく天皇を中心とした国家体制だったのです。
ですから明治維新は、革命ではなく、天皇の親任のもとにある政府が、徳川家から薩長政府に代わっただけの政権交替です。
だからこそ、全国の武士たちは、廃藩置県や四民平等後も、お国のためを第一に考え、行動していたのです。

そしてかつての武士たちのこうした思考は、明治の終わりから昭和にかけて、全国民の共通の思いとなって行きました。
ですから、お国のため、という思考は、大東亜戦争直前の軍国主義教育のたまものである、などというのは、とんでもない間違いで、江戸の昔から、武士たちの間には、お国のため、あるいは公益に尽くすという考え方が、あたりまえのこととしてあったし、その精神が崇高なものであったからこそ、その精神が全国民の共通する思考となっていったのです。

さて、オルガンの修理を依頼された寅楠は、その翌日から、来る日も来る日もオルガンの内部を調べました。
修理が必要なバネだけではなく、オルガンの持つ様々な部分を、細かく図面に書き写したのです。

そうして約一ヵ月が経ち、ようやく何十枚もの図面を書き終えた寅楠は、そこからやっと壊れたバネの修理に取りかかりました。
バネそのものは、冶金術が発達していた日本では、作るのがそんなにむつかしいことではありません。
こうして寅楠は、見事にオルガンを直してしまいました。

「山葉さん、すばらしい。直してくれてありがとう!」
「いいえ、校長先生。私のほうこそお礼をいいたいくらいです。おかげでオルガンを知ることができたのですから」
山葉寅楠も、内心、ニッコリです。

ところが、です。
オルガンの図面は作ったものの、寅楠には、オルガンをつくるための資金がありません。

そこで寅楠は、あちこち尋ね歩いて、オルガン作りの資金援助の協力を求めます。
ところが、多くの人たちは「あんた、気でも狂ったの?」

面と向かって、そう言って断られれば、誰だって気落ちします。
プライドだってズタズタになる。
それでも寅楠は、あきらめませんでした。
「お国のためになるのだ」
その一念だけで、寅楠は、浜松市内の篤志家を求めて、一軒一軒を尋ね歩いたのです。

そうして5日ほどたったある日のこと、寅楠は飾り職人である小杉屋の河合喜三郎と出会います。
そして「力を貸してほしい」と頼み込みました。
河合喜三郎は、寅楠の熱意と腕に、「よしっ! こいつに賭けてみよう!」と決心します。
こうして寅楠は、河合喜三郎とともに、翌日から小杉屋の仕事場を借りてオルガンづくりをはじめました。

けれど、二人とも、情熱はあるけれど、材料もなければ専用の道具もありません。
寅楠は朝4時から夜中の2時まで、ほとんど毎日徹夜で、ひとつひとつ工夫しながら部品を作りました。
そして二ヵ月かかって、やっとオルガンの第一号を完成させたのです。

寅楠は、出来上がったオルガンを、真っ先に元城小学校へ運びました。
そして唱歌の先生に頼んで、そのオルガンを弾いてもらいました。

けれど、先生から、
「確かに形はオルガンだが、音がおかしい」と言われてしまいました。
そうです。調律がなってないのです。

ところが、まだ「調律」という言葉もなかった時代のことです。
しかもドレミの音階そのものが、まだ世に定着していない。
先生は「おかしい」というけれど、寅楠には何がどうおかしいのかがさっぱりわかりません。
先生も、何かがおかしいということはわかるけれど、具体的に何がどうおかしいのかがわからない。

そこで寅楠は、おなじく浜松市内にある静岡師範学校(今の静岡大学教育学部)に、オルガンを持参しました。
けれど結果は同じでした。
音がおかしい、です。

音の何がどうおかしいのか。河合と寅楠にも、肝心なところがさっぱりわかりません。
どうすればいいのか。。。。
こりゃもっと偉い先生に聞いてみなきゃわからんかもしれん。

寅楠と河合喜三郎の二人は話し合い、作ったオルガンを東京の音楽家に見てもらおうと決めます。
「それには、東京にある音楽取調所(現東京芸術大学)がいいだろう」

しかし音楽取調所で、いったい誰に会えばいいのかなんてわかりません。
会うためには、どうすればいいのかもわからない。
電話なんてものはありません。もちろん携帯もありません。
104の番号案内も、ありません。
行ったところで、エライ先生が会ってくれるかどうかもわかりません。

しかし、とにかく行くしかないだろう。。。

二人は、そう結論付けると、天秤棒にオルガンをぶらさげて、浜松から東京までかついで運ぶことにしました。

かつぐといっても、100kg近い重量のあるオルガンです。
まず重たい。
道のりは東海道を270kmです。
それを歩いて運ぶのです。

雨の日は動けません。
晴れても、風が吹いたらあおられます。
しかも、箱根の山越えは、ずっと坂道の難所です。
いったい何日かかることか。

山葉オルガン1890年
山葉オルガン1890年


重たいオルガンをかついで、東海道を上り、ようやく音楽取調所に着いた二人は、オルガンを教授たちに見せました。

教授たちはびっくりします。
国産でオルガンをつくってしまったことに、まず驚ろきました。
そのオルガンをかついできたことにも驚きました。
そして音が外れていることにも驚きました。

音程が狂っている。
音階もおかしい。
これでは楽器として使えるものではない。

西洋音楽を指導していた所長の伊沢修二は、
「調律があってないのです。あと一歩です。オルガンを完成させるために、君たち、ここで音楽を学んでいきなさい」と言ってくれました。
そして伊沢所長は彼らのために、宿泊所を提供し、音楽取調所で聴講生となることを許可してくれたのです。

喜三郎は、先に浜松に帰ることにしました。
寅楠は東京に残って、調律や音階を必死で学びました。

こうして約1ヶ月後、浜松に帰った寅楠は、先に帰っていた河合喜三郎と協力して、すぐさま2台目のオルガンの製造にとりかかったのです。

ところが・・・・。
途中で、資金が底をついてしまったのです。

河合の妻は、親戚中をかけまわって借金してくれていました。
衣服も、嫁入り道具も、ぜんぶ質屋に入ってしまっています。
残った着物は、いま着ている1着だけです。
ですからその着物を洗濯するときは、まる裸になるしかありません。

そんな様子を聞き知っている親戚たちは、お前たち夫婦は気でも狂ったのかと猛反対しました。
河合の妻は、それでもあきらめず、夫のために金策をしてくれました。
そんな河合の妻の様子は、夫の喜三郎も、寅楠も、みるのも辛いことでした。
もうやめようか、とも考えました。
けれど、寅楠と喜三郎は二人で話し合い、「今度こそ立派なオルガンをつくろう、日本中の子供たちに音楽を届けるために頑張ろう」心に念じて努力に努力を重ねます。
もう、後がないのです。
これで失敗したら、二人はすべてをあきらめるしかなかった。

二ヵ月経ちました。
とうとう第二号のオルガンが完成しました。

こんどは大丈夫だ。
しっかりと調律もした。
これならきっと認めてもらえる。

二人は、そううなづきあうと、天秤棒にオルガンをぶら下げ、ふたたび270kmの道のりを歩いて東京の音楽取調所に向かったのです。

再び、箱根の山を越えたオルガンは、伊沢所長の前ですばらしい音色を響かせました。
「山葉さん、すばらしい! よくやりました。これなら外国製に負けない見事なオルガンです。これで、全国の小学校へ国産のオルガンを置くことができますよ!」

やっとできた!
認められた!
このとき、寅楠と河合は、顔をぐしゃぐしゃにして泣いたそうです。

この時代、男は「男が涙を見せるのは、一生に1度」と教わっていた時代です。
その男が、大の大人のおやじが、洟をすすりながら、手を取り合って泣いたのです。

あまりの喜びに、寅楠と喜三郎は、このオルガンを国産第1号オルガンとして、そのまま音楽取調所寄贈しました。
「伊沢所長のおかげで完成したのです。どうか使ってください」

気前がよくてオルガンを寄贈したとかそういう話ではありません。
それだけうれしかったのです。
だからそのうれしさをカタチにしたのです。

二人は手ぶらで、浜松に帰りました。
そして喜びに目を輝かせて帰宅した二人を待っていたのは、河合の妻でした。
河合の妻は、嬉しそうに様子を語る二人の話をじっと黙って聞いてくれました。
「で、あんたたち、これからの生活はどうするの?」

一方、二人が造ったオルガンの寄贈を受けた伊沢教授は、このピアノについて、「国産オルガン製造成功!」と、あちこちに語ってくれていました。
実はこれ、ものすごいことだったのです。
どういうことかというと、二人の作ったオルガンが、いわば東京芸術大学学長のお墨付き、となったのです。
ニュースは、口コミで広がりました。
そして、寅楠のもとに、オルガン製造の注文が来たのです。

注文第1号は、静岡県内から、いきなり5台というものでした。
代金は前払いでいただくことができました。
そして、その後も政府の文部省唱歌の普及促進方針によって、オルガンの需要は全国でうなぎ登りとなったのです。

寅楠と河合喜三郎は、河合のお店の作業場に「山葉風琴製造所」の看板を掲げました。
そして本格的にオルガンの製造にとりかかりました。
そしてわずか1年後には、「山葉風琴製造所」の従業員は100名を超え、ロンドンにまでオルガンを輸出するようにさえなって行ったのです。

二人の努力と周囲の善意は実を結びました。
明治22(1889)年、山葉は、東京や大阪の楽器商社と協力し、個人商店だった山葉琴風製造所を、「日本楽器製造株式会社」に改組しました。
そしてこの頃から寅楠は、オルガンだけでなく、ピアノの国産化を目指すようになったのです。

伊沢修二教授の紹介で文部省嘱託となった寅楠は、アメリカに渡り、ピアノ工場を見学し、部品を買い付けました。
帰国した寅楠は、国産ピアノ第1号をつくるべく、会社の総力をあげてピアノの製造にとりかかったのです。
ピアノの部品には、アメリカで買い付けたものを使用したけれど、ピアノの生命といわれるアクション(響板)だけは日本で開発したものを使用しました。

なぜ国産にしたかというと、実は、天才がいたのです。
それは、河合喜三郎の親戚の河合小市(かわいこいち)という少年でした。
このとき、小市は河合の親戚の河合小市が造った。小市は、後に「河合楽器」を創業したひとだけれど、このとき小市は、わずか11歳でした。
けれど、いまでいう絶対音感があったのです。
そしてこの河合小市は、後年、おなじく浜松で、寅楠からの暖簾分けでピアノの製造会社を創業します。
それが、いまの「河合楽器」です。

山葉寅楠は明治33(1900)年にはアップライトピアノ、明治35年にはグランドピアノの製造にも成功しました。
山葉のピアノとオルガンは、アメリカのセントルイス万国博覧会で名誉大牌賞を受賞しています。

オルガン、ピアノの量産化で山葉寅楠は「日本の楽器王」と呼ばれるようになりました。
山葉寅楠の死後、「日本楽器製造株式会社」は、社名を「ヤマハ株式会社」に変え、いまでは世界一の楽器製造を誇る企業へと成長しています。

東海道を、天秤棒で重たいオルガンを担いで、270kmを歩いて運んだ山葉寅楠と河合喜三郎の二人の情熱と努力が、全国の小学校にオルガンを普及させ、文部省唱歌を全国に広めました。

田舎の山の中の小学校にも、オルガンが届けられました。
トラックなんてなかった時代です。
重さ100キロのオルガンは、船で運び、陸路はそれが山道であっても、一台一台全部、おじさんたちが担いで運びました。
大八車に乗せて運んだら、振動で調律が狂ってしまうからです。

ある日、学校に、はじめてのオルガンがやってきます。
全校生徒が、いまかいまかと、期待に胸を膨らませています。
そこへ、遠くのほうから、山道を登って来る、オルガンの輸送のおじさんたちが、天秤棒にぶら下げた大きなオルガンを下げてやってきます。

教室の窓際に座っている生徒が、それを見つける。
「きたぞー!!」
その声に、全校生徒が校門に向かって駆け出します。

ようやく荷物がやってくる。
校舎内に、その荷物が運び込まれて、セットされる。
子供達が、音楽の先生に、
「弾いてください!」とみんなが口々に声をかけます。

この日のために、紙の上に鍵盤の絵を書いて、必死で練習してきた先生が、オルガンの前に座る。
どんな音がするんだろう。
みんながドキドキしながら待っています。

先生が、オルガンのフタを明ける。
白い鍵盤が顔を出します。

鍵盤をひとつたたく。
ポーンと澄んだ音色が鳴り響きます。

そして、先生が、全校生徒が知っている唱歌を、そのオルガンで弾く。
生徒たちが、その澄んだ音色に胸をときめかせながら、先生と一緒に、その唱歌を歌う。
オルガンの音色がうれしくて、誇らしくて、みんなが力一杯、次から次へと知っている唱歌を歌う。
どの顔も、みんな笑顔です。

学校にはじめてオルガンがやってきた日、全国の小学校で、そんな様子が繰り広げられました。
そうやって子供たちに歌が届けられたのです。
そして同じ国の同じ国民として、みんなが共通の思い出を刻んでいきました。

そういう先人たちの思いや努力、歴史というものを、個人主義とか個性化とかいう能書きひとつで、ぜんぶぶち壊しにするということが、本当の意味での教育といえるのか。
私には疑問に思えてなりません。

そしてすくなくとも、そうやってお国のために、子供達のためにと、オルガンを造ったり、運んだり、弾いたりしてくれた先人たちに対する感謝の気持ちは、私たちはぜったいに忘れてはならないと思うのです。

※この記事は平成21年11月24日に一度アップしたものを、リニューアルして掲載したものです。
《以前の記事=http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-704.html


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

松竹映画「 二十四の瞳 」 仰げば尊し


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
関連記事

コメント
日本力は世界一
 島根県の安来あたりに残る神話などもロマンですしね。
2013/04/26(金) 22:19 | URL | トライボロジスト #-[ 編集]
今こそ本当の日本人の勇気と誇りを持とう!
ヤマハへの気持ちが変わったよ。
偶然にも、ヤマハ音楽教室に、子供を通わせている。

では、なぜ、音楽と言えば、ヤマハなのか?

まさか、ヤマハの創業の歴史などを考慮して選びはしないだろう・・・

そりゃ、やっぱり音楽ならヤマハだろ!と漠然とした先入観で、今は、音楽を学べる時代でもあるからだ。

また、ヤマハの歴史なんて知ったって、腕が上達する訳じゃないし・・・

でもね・・・この話を読んで、少なくとも、ヤマハ音楽教室に通わせたい思う親子さんには、ぜひ語るべき意義があると思った。

やはり、問題意識を持つこと=国益になるかどうか=人の役にたてるかどうかの観方が、今後の日本を担うべき人材に必要だろうな。

学歴ではなく、本当の国益とは何かを真面目に考えるべきだ。

だから、当時の時代背景からは、想像も出来ないほどの目標であったと想像に難くないことだろう。

しかし、現実は、それを成し遂げたのだ。

それは、何があったから出来たのか・・・

私は、誠があったからだと思う。

山葉さんの誠は、オルガンを広めて、日本の子供達に何とかお役に立てたいという魂から湧き出るような情熱があったからなのだろう。

そして、そうした本当の熱意に触れた瞬間に感受出来たすばらしい日本人が多くいたからなのだと思う。

河合さんの奥さんには、脱帽だ。

凡人では、決して出来ないことだ。

現代は、大量に情報だけ暗記し、その実証については、語らず、考えず、ただ暗記する能力がずば抜けて優れている人ほど、いい高校、大学に入って、権力の座に付けるような社会のような気がする。

そんな教育しか受けていない現代人が、もし、2回目に制作したオルガンが認められ、男泣きをした山葉さんや河合さんを側で見ても、何も感じることはないのかも知れない。
俺だったら、やっぱり・・・大泣きするだろうな・・・

今の日本の子供には、こうした無機質な暗記型の詰込みでは決して得られない想像力とは、やはり国益の為になるという大誠意が働かなくてはなしえないことを教えることが大事であると思います。

最後に、山葉寅楠さん、河合喜三郎さん、本当にすばらしい音楽楽器をこの日本で創ってくれましたことに、誇りと勇気をもらいました。

心より深く感謝申し上げたいと思います。

ちなみに、来週から浜松に出張予定です。

偶然か、神様が知らせてくれたのか・・・

張り切って行ってまいりますよ、浜松に!

山葉さんに感謝の気持ちを持って。
2013/04/23(火) 00:34 | URL | 白痴化進行中より #-[ 編集]
新型インフルへの行動計画、京都府が早急に策定へ
新型インフルへの行動計画、京都府が早急に策定へ
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20130416000162

【関連情報】
【新型ウイルスの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/snt/snt2.cgi

在日支那人や朝鮮人達に京都の大学卒業したら永住権を付与する京都府の反日売国施策の発表に続き、
今度はあのワクチ接種を強行して子供を出来なくする新型インフルへの行動計画、京都府が早急に策定する
そうだ。 在日朝鮮人や支那人へ永住権付与や断種ワクチン接種の強行など反日売国色が見え見えで、
まさに日本人社会の破壊者集団である事が容易に判る。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2013/04/16(火) 23:33 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
音楽は人の心を和らげる
ヤマハさんと河合さん、素晴らしいと思います。音楽って、人の心をなごませますよね。シナの文献を見ても、倭人が政治の場に音楽を取り入れていたことが読み取れます。6世紀の阿毎多利思比孤の太子の名にも、「歌」の字が入っています。これは従来、「太子を名づけて利歌弥多弗利(りかみたふり)となす」と読んでいますが、私は「太子を為利歌弥多弗利(いりかみたふり)と名づく」と読むべきではないかと思っています。原文は「名太子為利歌弥多弗利」です。倭人の名を漢字表記する場合、漢字1字1音表記が原則だったらしいですが、カという音を他では全て「哥」で表記しています。太子の名だけ、カを「歌」と書き分けています。「為利歌弥多弗利」も、何やら漢文になっているみたいです。「利の為に歌うこと弥(いよいよ)多くするに利弗(あら)ず」。「為利歌弥(いりかみ)」を入神状態だと解釈すると、太子は神官で、入神状態の阿毎多利思比孤の審神者(さにわ)を勤めていたのかも知れません。「歌」とは阿毎多利思比孤を入神状態に導くためのものだったかも知れません。あくまで私の想像です。それにしても、「為利」と始めて「弗利」と終わらせる、シナの文官の悪意を感じます!
それはともかく、私は趣味で尺八をかじったことがあります。尺八は、あの聖徳太子も、源義経も、織田信長も吹いていたそうです。一節切(ひとよぎり)といって、現在の通常の尺八とは少し異なりますが。源義経は尺八の名手(横笛も)、織田信長は天下の名器を所持していたそうです。その名器を豊臣秀吉、徳川家康またその息子と、相伝したそうです。
天武天皇紀を見ても、楽器の保管に関しての命令など、音楽を政治上重要な事柄とみなされていたことが読み取れます。
それにしても、日本の音楽は素晴らしい!童謡、日本古謡、わらべ唄などなど、歌詞を読んでもすごく心に響いてくる。軍歌を聞いても、日本人の心、魂がそこにある!
音痴をお嘆きのコメントを投稿された方がいらっしゃいましたが、大丈夫です。耳まで音痴の人はいません!私は2年前から、毎日歌の練習をしています。結構、高い声も出せるようになりましたよ!歌える曲が増え、歌の世界が広がりました。日本の伝統芸能の世界でも、男の人が結構高い声で歌っておられます。師匠からいわれるそうです、「声は出せ出せ、出せばそのうち出るようになる」と。出せば良いのです。カッコ悪ければ、布団かぶってその中で歌えばいいんです!(ちなみに、私はそうしてました!)
オルガンは、私の家にもありました。うちは貧乏だったのに、よく買えたなぁと、今では思います。それなのに、子供達は誰も弾かなかったなー。つくづく、惜しいことをしたなぁと思う今日この頃です。
それにしても、こんな重いオルガンを、天秤棒で運んだなんて、その御苦労を思うと、頭が下がります。この先人の御苦労があって、今のヤマハがあるのですね。
私も、未来の日本、世界のために、努力を惜しまない、苦労を厭わない人間になりたい!人生の残りを、そのことに尽くしたいと思います。
ねずさん、いつもためになるお話をありがとうございます!お体には、十分お気をつけください。応援しています!
2013/04/16(火) 22:57 | URL | 越智富雄 #hRorm7e.[ 編集]
ヤマハとカワイ
 いつも良いお話をありがとうございます。
価値観が変わります。
 それにしても、あの有名なヤマハとカワイがこのように興ったとは。
 ヤマハとカワイの記念館とか博物館はないのでしょうか。当時の様子を人形や模型で再現して、若い人たちに是非知ってほしいと思いました。
2013/04/16(火) 22:55 | URL | chas #FK6c8FRQ[ 編集]
No title
ヤマハのピアノ、エレクトーンのみならず外国において金管楽器や木管楽器、打楽器も高い評価を受けておりますね。

ウィーンフィルでも使用していた楽器をヤマハに依頼してヤマハは其の楽器をしっかり研究しウィーンフィルにウィーン独特の管楽器を提供し高い評価を受けています。

これも全て創業者である山葉、河合両先人の努力が現在に繋がっているということでしょう。誇るべき日本の努力の結晶の一つでしょう。
2013/04/16(火) 22:29 | URL | 一有権者 #-[ 編集]
No title
元城小学校出身です。山葉、河合、本田、浜松ホトニクス
の高柳さんの話は小学生の時必ず勉強します。皆誇りに
思っています。宗一郎が生前「韓国は絶対に相手にするな!」
と言っていたのも、浜松の子供なら、当時皆知っていました。
私のクラスにも、在日の女の子が居ましたが、その話が出ると
下を向き恥ずかしそうにしていました。クラスの中では皆、彼女の
前では話題にしないように暗黙の了解があり、子供心に可哀想に
思い話さないようにしていました。彼女が20歳位の時、日本国籍を
取得したと聞きました。彼女はそのために親戚や両親と疎遠になった
そうです。私は差別と言うのはこちらの問題では無くて、あちらの
心次第だと痛切に思いました。先日ゴルフ場で彼女の、ご主人と
偶然ご一緒したのですが、彼も同じような境遇の方だと知りました。
子供、孫には一切話して無いそうです。日本人として、今は本当に
幸せだと、国籍の選択は子供達のために本当に良かった事だと、日本には
本当に感謝していると言ってました。なぜか山葉さん河合さんの話から
子供時代の事を思い出し、又先日の出会いに思い出を巡らした次第です。
無関係な事柄と乱筆失礼しました。
2013/04/16(火) 22:11 | URL | #-[ 編集]
No title
 静謐の

  底より溢るる

      熱音(ねいろ)かな



2013/04/16(火) 21:38 | URL | #-[ 編集]
またしても感度しました。
いつも拝読させていただいております。電車の中でしたが人目もはばからずないてしまいました。自分に音楽の才がほんの少しでもあればヤマハ製品にお世話になっていたはずで、楽器により一層の愛着を持ったと思います。音痴であることが悔やまれてなりません。
2013/04/16(火) 19:07 | URL | Tarmac #gfAHeF2.[ 編集]
No title
小学校の時に「仰げば尊し」は3番まで必死で覚えました。難しい言葉だなあと思いながらも、大人になった気分でかっこいいなと思っていました。

「二十四の瞳」はプロレタリア作家と言われる壺井栄が原作の反戦映画ですが、今では保守的にさえ見えますね。日本はこんな所まで来てしまって・・。
2013/04/16(火) 18:56 | URL | 紺屋の鼠 #4TUF.cSM[ 編集]
No title
小学校の時 音楽の時間の前の休み時間に隣の教室から男の子総出で 自分たちの教室にオルガンを運んできたものです。
そんなオルガンで 最初に唄った歌は
”白地に赤く 日の丸そめて あー美しや日本の旗は”だったような気がします。
未だ 占領が終わってない時代に 今なら日教組が卒倒しそうな歌が 教科書の最初に載っていたような記憶があるのですが 記憶違いですかね。ちなみに 君が代は教科書の最後に載っていました。
 いずれにしても オルガンに合わせて私たちは 日本の景色や情緒 伝統文化や歴史ものがたりを歌で習ってきました。 今考えるとずいぶん難しい言葉もありましたが、そのまんま覚えていて 後年になってああ あれはこういう意味だったのかと懐かしむ 事も出来ます。
 イサベラバードだったか 日本では子供がずいぶん大切に 丁寧に育てられている と言う風な意味のことを書いていますが、先日 野口雨情記念館を訪ね おびただしい数の子供のための詩が作られ 作曲され そのことに大人が真剣に取り組んでいたのだと言う事にあらためて思い至り 外国ではこんな事あるのかな と思いました。
 日本文化のすごい財産です。 もっともっと子供に教えるべきです。 音楽のオタマジャクシは 世界共通言語ですから。それに美しい日本語の響きは良くマッチするのです。
蛇足ですが ヤマハのピアノは世界中で評判が良いそうです。 理由は 個体差が無く 品質が均質だから安心なのだそうです。 ここにも日本の製造技術のすばらしさ、品質管理の厳格さが現れています。 
2013/04/16(火) 16:32 | URL | 古希のネトウヨ #-[ 編集]
ねずさん、今日も感動して元気になる美しいお話しをありがとうございます♪

2009年にかかれたお話しも、やはり素晴らしいですね。

過去記事探すのも大変なので、今日みたいにご紹介いただけると助かります(^.^)V

ねずブロは何回読んでも面白いです。

早く本が出版されたらいいのに…

楽しみにしております!
2013/04/16(火) 13:09 | URL | アリッサム #-[ 編集]
No title
よいお話ありがとうございました。音楽のジャンルも色々あります、私も古い人間にて歌詞旋律の優れているものが大好きです、どのジャンルもそれぞれの方々の好みと言ってしまえばそれまでですが、私としてはレゲエだけは“音楽”に値しないと思っています。よって車の運転中、ラジオからレゲエが流れたら即OFFにします・・どこかの“ウソ泣き”を連想して不愉快になるのです、以上、とりとめのない話でごめんなさい・・
2013/04/16(火) 12:17 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
Twitterから来まして、拝見いたしました、すべて初めて知りました
すごく良い話ですね、感動しました
ありがとうございました
2013/04/16(火) 10:50 | URL | MACK #9iEAGeTs[ 編集]
先日娘の小学校の入学式でした。新任の男の音楽の先生が生き生きと楽しげに体を揺らしながらピアノを弾いておられました。
司会の先生の「国家斉唱、皆様ご起立ください」の声に上級生たちが一糸乱れずザッ!と立ち上がる様を見てまだまだ捨てたもんじゃないなと安心しました。

ヤマハのCFXは最高峰の呼び声も高い超高品質のグランドピアノです。金管楽器や木管楽器も実は一流奏者が愛用してたりします。同時に国民の平均所得が高いこともあり一般家庭の子供達もそれほど高くない月謝で習うことができ、これが楽器の質にフィードバックされる、という良い循環になってるのだと思います。

息子も娘もヤマハに通ってるので、今日の記事をお話してみたいと思います。ありがとうごさいました!
2013/04/16(火) 09:21 | URL | tnt #yYfDAmAg[ 編集]
No title
懐かしいですね
オルガンの音色大好きでした。
ピアノとはまた別の音色でどこか儚さを感じていました。

それはそうと…、
動画の仰げば尊しみながら口ずさんで居たのですが
2番の歌詞に全く覚えがありません。
歌詞の関係からどうやら1,3番しか習ってないのでは?と思ってます。
2013/04/16(火) 07:32 | URL | #-[ 編集]
お金が全てなのです
戦後、教育に目を向けず、経済だけに意識を傾けた結果、金のことしか頭にない国民が出来上がりました。
政治の良し悪しの判断基準は、暮らし振りがよくなるかどうか?だけです。
その他のことはほったらかし。
安倍政権も国会では中山先生の意見に頷いていますが、具体的にどう動くかはなんら示されていません。
おそらく安倍政権下でもこのほったらかしの傾向は続くのではないでしょうか?
亡国への歩みはゆっくりと、しかし着実に進んでいると思います。
蟷螂の斧かもしれませんが、坐して死を待つのではなく、精一杯大切なものを守るため、声をあげていきたいとは思いますけれど。
2013/04/16(火) 07:00 | URL | クボタ #-[ 編集]
■朝鮮学校の無償化対象外に賛成? 反対?
これが日本人の本音です

■朝鮮学校の無償化対象外に賛成? 反対?

ヤフー意識調査(実施期間:2013年2月20日~2013年3月2日)
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizvotes.php?poll_id=8640&qp=1&typeFlag=1

■賛成 82207票 83%
■反対 14990票 15%
■どちらともいえない 2635票 3%
2013/04/16(火) 06:18 | URL | これが日本人の本音です #amXlFcx2[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク