アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


平家物語

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm
■日本史検定講座の第二期募集がはじまりました
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1825.html


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

壇ノ浦の戦い


いま、Facebookで、倭塾(わじゅく)「今日は何の日」というグループを運営していて、毎日、その日に関連する日本の歴史上の逸話などをご紹介していて、ご参加いただいている方も1500人を超えました。
参加も退会も自由なので、もしこのブログをお読みの方で、ご参加してみたい方は、下のURLからご参加いただければと思います。
https://www.facebook.com/groups/619770954707070/

で、日付はすこしさかのぼるのですが、4月25日の「倭塾・今日は何の日」では、壇ノ浦の戦いをご紹介させていただきました。
旧暦ですと、元暦2(1185)年3月24日のことです。


壇ノ浦の戦いは、ご存知の通り現在の山口県下関市で行われた、源平合戦最後の戦いです。
この戦いで、栄華を誇った平家は滅亡に至りました。

このときの物語は、ねずブロの過去記事「源平桃と壇ノ浦の戦い」でご紹介させていただいているのですが、折角ですのでちょっと引用いたしますと・・・

治承4(1180)年に源頼朝が平家打倒の兵をあげてから5年、屋島の戦いで敗退した平家一門は、長門国引島(山口県下関市)まで後退し、そこで源氏に最後の決戦を挑みます。

源氏と平家は、いろいろに対比されますが、戦い方の手法も、正反対です。
平家は、弓矢を用いて離れて敵を討つという戦い方を得意としました。
これは特に水上戦で有効な戦い方です。大量の矢を射かけ、敵を粉砕するわけです。

対する源氏は、馬を多用した陸上での接近戦が得意です。

実は、こうした戦闘形態の違いは、近代戦の銃器を用いた陸戦にも似ています。
艦砲射撃やら空爆やらで、あめあられとばかり砲弾を撃ち込む米軍と、肉薄して接近戦で敵を粉砕するという日本との違いみたいなもの、とお考えいただくとわかりやすいかもしれません。

そしてだいぶ春めいてきた新暦の4月25日、平家一門は、関門海峡の壇ノ浦に、無数の船を浮かべて義経率いる源氏を待ち受けたわけです。

静かに夜が明けました。
午前8時、いよいよ戦いの火ぶたが切って落されます。

源氏は潮の流れと逆ですから、船の中で一定の人数は常に櫓を漕ぎます。
平家は、潮の流れに乗っていますから、櫓を漕がなくても舵だけで、船は前に進みます。

潮の流れに乗る平家は、流れに乗って源氏の船に迫り、盛んに矢を射かけます。
なにせ漕ぎ手が不要です。全軍で、総力をあげて矢を射続ける。

一方、潮の流れに逆らう源氏の船は、平氏の射る矢の前に、敵に近づくことさえできません。
船を散開させ、なんとか矢から逃げようとする源氏、密集した船で次々と矢を射かける平氏。
こうして正午頃までに源氏は、あわや敗退というところまで追いつめられていきます。

ところが、ここで潮の流れがとまる。
追いつめられていた源氏は、ここで奇抜な戦法に討って出ます。
義経が、平家の船の「漕ぎ手を射よ」と命じたのです。
(これについては異説もありますが、それについては後述します)

堂々とした戦いを好む坂東武者にとって、武士でもない船の漕ぎ手を射るなどという卑怯な真似は、本来なら出来ない相談です。
ところが開戦から4時間、敵である平氏によってさんざんやっつけられ、追い落とされ、陣を乱して敗退していた源氏の武士達も、ここまでくると卑怯だのなんだのと言ってられない。

義経の命に従い、平家の船の漕ぎ手を徹底して射抜きます。
気の強い源氏の武将たちに、そこまでの決断をさせるために、あえて義経は流れに逆らっての攻撃命令を朝の8時に下したといえるかもしれません。

平家は、狭い海峡に無数の船を密集させています。
そこに源氏の矢が、漕ぎ手を狙って射かけられたわけです。

こうなると船の漕ぎ手を失った平家の船は、縦になったり横になったり、回ったりして、平家船団の陣形を乱します。
密集している平家の船団は、大混乱に陥いってしまう。
そこへこんどは、潮の流れが、源氏側から平家側へと変ります。
まさに潮目が変わったわけです。

潮の流れというのは、一見したところあまりピンとこないものですが、まるで川の流れのように勢いの強いものです。まして狭い海峡の中となれば、なおのことです。

勢いに乗った源氏は、平家一門の船に源氏の船を突撃させる。
平家一門は、ここまで約4時間、矢を射っぱなしだったのです。
すでに残りの矢は乏しい。
それを見込んでの源氏の猛進です。

船が近づき接近戦になれば、もともと接近戦が得意な源氏武者の独占場です。
離れて矢を射かける戦い方に慣れた平氏は、刀一本、槍一本で船に次々と飛び移って来る坂東武者の前にひとたまりもない。
平家の船は次々と奪われ、ついに平家一門の総大将、平知盛の座乗する船にまで、源氏の手が迫ります。

実は、「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」で有名な平家物語では、このあたりから、まるで錦絵を見るような色彩豊かな描写をしています。

迫り来る敵を前にした平教経(たいらの のりつね)は、そのときすでに、部下ともども、矢を射尽くしていました。
そこに源氏の兵が迫って来る。

問題はここからです。

平教経(のりつね)は、今日を最後と肚に決めます。
教経(のりつね)は、着ていた赤地の錦の直垂(ひたたれ)に、唐綾縅(からあやおどし)の鎧・・・豪華ですね・・・に厳物作りの大太刀を腰にして、白木の柄の大長刀(おおなぎなた)の鞘をはずすと、迫って来る源氏の兵たちの中になだれ込み、次々と敵をなぎ倒していきます。

その鬼気迫る壮絶な戦いぶりを見た、総大将の平知盛(たいらのとももり)は、ここで教経(のりつね)に使者をつかわすのです。
「教経殿、あまり罪を作りなさるな。そんなことをしても相手は立派な敵だろうか」

実は、平家物語の壇ノ浦の戦いで、ここがいちばん大事なとこです。
猛烈な戦いの最中に、平知盛は、
「雑兵を殺すことが、武将として立派な戦いでしょうか?」と疑問を投げかけているのです。

これがどういうことかというと、当時の日本は平安律令体制の国家です。
そして「雑兵」というのは、武者ではありません。
武者に従ってついてきている従者たちであり、故郷に帰ればお百姓さんたちです。

そして我が国の律令体制では、お百姓さんたちは、大御宝(おおみたから)です。
その大御宝(おおみたからは)、当時の漢字で書くと「大御百姓」です。
つまり、目の前にいる雑兵たちは、民百姓であり、天皇の宝なのだという認識が、まずあるのです。

そして武門の家というものは、天皇のもとでその大御宝を護るために存在する。
その武門の家の長が、たとえ敵といっても、雑兵たちの命を奪って良いものか、と、平知盛は、こう言っているわけです。

そしてこれを聞いた教経(のりつね)も、そのことにちゃんと気付いて、
「さては大将軍と組み合えというのだなと心得て、長刀の柄を短く持つと、源氏の船に乗り移り乗り移りして、義経殿はいずや、義経殿はいずこと大声をあげながら、敵の総大将である源義経を探し求めた」わけです。

ここも重要な点です。
教経は、知盛の言うことをちゃんと理解し、「長刀(なぎなた)の柄を短く持った」のです。
これが何を意味するかというと、普通は、薙刀(なぎなた)は柄を持って、刀の部分で敵を斬り伏せます。
ところが「柄を短く持つ」というのは、刀身を後ろにして、薙刀の柄の部分だけを使って、襲って来る雑兵たちを殴り倒した、ということなのです。

つまり薙刀で、相手を斬り殺すのではなく、薙刀の柄を使って、相手に打撃を与えるだけで命は奪わないように得物を使ったのです。

武家は、民百姓を護るためにこそ存在する。
ならば、その武家が、民百姓の命を奪ってどうする?
だからこそ、教経は、薙刀の歯を使うのをやめにしているのです。

戦いですから勝敗は大事です。
けれど、どんなに厳しい戦いのさなかにあっても、何のために戦っているのか、自分たちの果たすべき役割は何なのか、そういう明確な意識が、知盛にも教経にも、ちゃんと備わっていたということが、この短い一節の中に、込められている。

教経は、義経を探すわけですが、残念なことに教経は、義経の顔を知りません。
そこで鎧甲(よろいかぶと)の立派な武者を義経かと目をつけて走り回ります。

ところが義経は、まるで鬼神のように奮戦する教経の姿に、これは敵わないと恐怖を持ちます。
他方、部下の手前、露骨に逃げるわけにもいかない。
そこで教経の正面に立つように見せかけながら、あちこち行き違って、教経と組まないようにしました。

ところが、はずみで義経は、ばったりと教経に見つかってしまう。
教経は「それっ」とばかりに義経に飛びかかります。

義経は、あわてて長刀を小脇に挟むと、二丈ほど後ろの味方の船にひら〜り、ひら〜りと飛び移って逃げるわけです。
これが有名な「義経の八艘飛び」です。

教経は早業では劣っていたのか、すぐに続いては船から船へと飛び移れない。
そして、今はこれまでと思ったか、その場で太刀や長刀を海に投げ入れ、兜(かぶと)さえも脱ぎ捨てて、胴のみの姿になると、
「われと思はん者どもは、寄つて教経に組んで生け捕りにせよ。鎌倉へ下つて、頼朝に会うて、ものひとこと言わんと思ふぞ。寄れや、寄れ!」
(われと思う者は、寄って来てこの教経と組みうちして生け捕りにせよ。鎌倉に下って、頼朝に一言文句を言ってやる。我と思う者は、寄って俺を召し捕ってみよ!)とやるわけです。

ところが、丸腰になっても、教経は、猛者そのものです。
さしもの坂東武者も誰も近づけません。
みんな遠巻きにして、見ているだけです。

そこに安芸太郎実光(あきたろうさねみつ)が、名乗りをあげます。
安芸太郎は、土佐の住人で、なんと三十人力の大男です。
そして太郎に少しも劣らない堂々たる体格の家来が一人と、同じく大柄な弟の次郎を連れています。

太郎は、
「いかに猛ましますとも、我ら三人取りついたらんに、たとえ十丈の鬼なりとも、などか従へざるべきや」
(いかに教経が勇猛であろうと、我ら三人が組みつけば、たとえ身の丈十丈の鬼であっても屈服させられないことがあろうか)

と、主従3人で小舟にうち乗り、教経に相対します。
そして刀を抜いて、いっせいに打ちかかる。

ところが教経は、少しもあわてず、真っ先に進んできた安芸太郎の家来を、かるくいなして海に蹴り込むと、続いて寄ってきた安芸太郎を左腕の脇に挟みこみ、さらに弟の次郎を右腕の脇にかき挟み、ひと締めぎゅっと締め上げると、

「いざ、うれ、さらばおれら、死出の山の供せよ」
(さあ、おのれら、それでは死出の山へ供をしろ)

と言って、海にさっと飛び込んで20歳の若い命を散らせます。
まさに勇者の名にふさわしい最後を遂げたわけです。

平家物語といえば、その冒頭の言葉、
======
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず、
ただ春の夜の夢のごとし。
たけき者もつひには滅びぬ、
ひとへに風の前の塵に同じ
======
という書き出しがとても有名です。

けれど平家物語は、権力に驕った清盛や、「平氏にあらずんば人にあらず」と暴言を吐いた平時忠などを描く一方で、勇敢に戦い散って行った平教経のような若武者、「雑兵を殺すでない」と激しい戦いのさなかでさえも、庶民の命を大切にしようとした平知盛など、その心根の素晴らしさを描いています。

そうした素晴らしい人たちさえも、風の前の塵にと同じように散っていく。
その無常観を通じて、平和でいることのありがたさ、権力の虚しさ、勇敢な若者の美しさなどを描いているわけです。

ややもすると、このシーンでは「義経の八艘飛び」、義経の身軽さばかりが強調されるようですが、実はそうではなくて、平家物語は、知盛や教経を通じて、武門の長と民百姓の関係を、見事なまでに描ききっているわけです。

こうして壇ノ浦の戦いで、平家は滅び、壇ノ浦の戦いで命を救われた建礼門院を、後白河法皇が大原にお訪ねになり、昔日の日々を語り合う場面で、語りおさめとなります。

琵琶法師の語る平家物語は、実に色彩が豊かで、まさにそれは総天然色フルカラーの世界。
その公演が、一話2時間くらいで、12話で完結です。
二時間分の話し言葉というのは、だいたい2万字ですから、法師の語る平家物語は、全部でだいたい24万字、つまり、いまならちょうど本2册分くらいの分量です。

そしてそこに描かれる世界は、美しさと儚さ(はかなさ)が同居する、とても感動的なストーリーで、それだけの文芸作品が、なんと13世紀頃にはできあがっていたというのだから、これまたすごい話です。

平家物語は、戦後もたいへんに日本人にとっては親しまれていて、NHKの大河ドラマでも、昭和47(1972)年に仲代達矢が主演した「新平家物語」、平成24(2012)年に松山ケンイチが主演した「平清盛」なども放映されています。

ただ、戦後に小説化された平家物語は、これまたたいへん不思議なことに、原文の平家物語にある、上に述べたような知盛や教経の、天皇の民をどこまでも大切にしようとした武将たちの葛藤や、美しさのようなものが、なぜか華麗にスルーされています。

むしろ教経などは、平家方のただの暴れ武将のような扱いになったりしていて、物語の通底する一番大切な日本的心が、なぜかどこかに飛んで行ってしまっているかのようです。
(とりわけ平成17年のNHKの「平清盛」に至っては、もはや平家物語ではなく、韓流ドラマになってしまっているかのようです。下に動画を掲示しますので、ご覧になってみてください。)

先にご紹介した、義経記の静御前や、枕草子、あるいは平家物語など、どうもいまのままでは、そこにある日本的心が、加工され修飾されていくうちに、どんどん削がれていってしまうような気さえもします。

時間がかなり厳しいのですが、近々、「ねずさんのわかりやすい『小説・平家物語』」なんてのを書いてみたいなと思ったりしています。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

NHK「平清盛」壇ノ浦に消ゆ


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com

関連記事

コメント
No title
↑上のコメントで「平曲相伝者」に関わる質問があれば@sobasakeまでお願いします
2013/04/30(火) 08:23 | URL | #-[ 編集]
No title
素敵な解釈、納得です。

粗探しで申し訳ありませんが、平家物語を琵琶法師、というより平曲相伝者が語るのに、24時間では不足します。全二百句で100~150時間程度です
2013/04/30(火) 08:14 | URL | #-[ 編集]
台湾民政府の大日本国領土の完全復帰を期する声明
台湾民政府の大日本国領土の完全復帰を期する声明
http://youtu.be/8u_-ifV2xmU
(動画)

台湾人は昭和天皇を慕っていました。
http://youtu.be/COHLbnLnQ84
(動画)

主権回復の日に関連する記事から見つけた動画です。 愛信にはまさに晴天の霹靂でした。
安倍総理の支那との一戦も厭わない覚悟やTPP交渉への参加の方針はここで言うところの大日本国領土の
完全復帰を目的にしたものか思案します。

詳細は
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
2013/04/30(火) 00:42 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
No title
日ロ首脳会談がありました。
四島の返還問題は、今回はまだ具体的に動かないと思います。
考えてみますと、日本とロシアの領土問題は1855年の日露和親条約から始まりますが、その頃のロシアの目的は、樺太の獲得にあったと思います。1809年に、間宮林蔵が島であることを確認していますが、それ以前から日本では、樺太を島であることが知られていました。従って、樺太について、日本とロシアで交渉すると、日本の領土になったでしょう。
これをロシアのものとするため、ロシアは、先ず、1855年に千島列島から領土交渉を始め、千島列島の南側4島を日本側、それより以北をロシア側にしました。(日本とロシアの国力・軍事力を考えるとき、日本に有利な交渉力はなかったし、それ以上は要求しても無理だったと思います。)
そして次に、1875年に樺太・千島交換条約で、日本は千島列島全体を、ロシアは樺太を領土としました。
千島列島と樺太の面積を考えると、日本にとって割に合わない条約ですが、これも仕方のないことですし、正式な条約です。そして、ロシアは目的の樺太を獲得したと思います。
その後、日露戦争の結果、樺太の南半分は日本に割譲されました。
結局、大東亜戦争に終戦直前に、ソ連は日ソ中立条約を一方的に破棄して参戦し、どさくさ紛れに千島全島と樺太を占領して現在に至るのですが、ロシアはそういう国です。
安倍首相は首脳会談で、国交を開くことから始められますが、慎重勝つ大胆に日本の目的を達していただきたいと思います。

ベトナムの漁船が、中国船に発砲されたため、船は炎上して(幸い消火できた。)帰って来たとのことです。
この事実を、中国は捏造したと主張しています。
中国は、1等書記官がスパイをするのか、スパイが1等書記官をするのか、分からない国です。尖閣問題もさることながら、FTA交渉には、十分が注意をしていただきたいと思います。
2013/04/29(月) 22:54 | URL | ポッポ #-[ 編集]
H25/4/28  ニコ超会議
H25/4/28  ニコ超会議
http://kuso-oyaji.jugem.jp/?day=20130428

H25/4/28 超自民党ブース【主権回復の日式典を終えて ゲル&百合子】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20722350

民主党ブース【菅直人氏 原発について火病く騙る】そして犯罪者 奸直人
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20721149

民主党前総理菅直人氏の話を聞いてどう思いますか。 反日売国テレビ局・マスコミが作り上げた、あの民主党
政権は日本民族にとって悪夢であったことが良く判ります。今回の総選挙で民主党が大敗北して、4分の1に落
ち込む57議席です。自民党は大勝利で過半数241議席を上回る294議席を獲得して政権交代を成し遂げました。
しかし今でも、この反日売国テレビ局・マスコミの組織体制はなに一つ変わってはいない事をしっかりと確認して
ください。 日本の政治を変えるには先ず支那朝鮮に支配された反日売国テレビ局・マスコミの排除から始め
なければなりません。 そして、大東亜戦争終結から68年間の長い間、日本を蝕んできた反日売国勢力の、
社会主義者、共産主義者や創価学会公明党などの日本人社会の破壊者の政治に対する影響力を無くす事です。

詳細は
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい
2013/04/29(月) 22:52 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
ねずさん、更新ありがとうございます。
是非、ねずさんの小説「平家物語」 読みたいです。 原文の方も早速読み直そうと想います。 さて、韓国が靖国神社参拝に関して、国会で弾劾決議を採釈したとの事。 他国の信念、信条に干渉してくるとは韓国は以前後進国ですね。今の日本人は日本国の国魂に感応する人達が年齢に関係なく増えています。 日本人の信念、信条を否定する国と友好を結べるわけがありません。極論を言えば、自国の教授の発言を暴力でねじ伏せるような 、尊大野卑な韓国などと付き合いなど無くしても、日本国にとっては痛くも痒くもないです。 経済的に成り立たなくなるのは、韓国の方です。 まあ今でも一部の財閥しが国と結託して利益を独占しているので貧富の格差は拡がる一方で、国が成り立っているとは言えませんが。 ここなんですよ。日本と韓国の決定的な違いは。韓国人は自分の家族、親族さえ潤えば良いと想っている。他者は奴隷のように身分が開いても、負けた人間が悪いと想う国柄です。 身内、親族よりも公を重んじる日本国、日本人とは、相容れません。
2013/04/29(月) 22:49 | URL | ひろし #-[ 編集]
小心者様へ・・・
文章をよく理解なさってください。
私が知盛公が無念に想うだろうと言ってるのは、民衆を為政者が収奪する結果に繋がることに否を唱えるだろうと言っているだけです。
TPPとは強者による弱者への収奪に他ならないのですから。
平家が海洋民族やら貿易やってたやらとはなんら別次元のお話です。

あと
>TPPを上手に利用すれば、中韓露による 尖閣・竹島・北方領土の近海における違法操業を訴えることや 仏像を盗んだ韓国を訴えることもできます。
とのことですが、TPPに参加していない中韓露をTPPで訴えることは出来ません。
もう少しよく勉強してから発言なさってください。
2013/04/29(月) 22:24 | URL | クボタ #-[ 編集]
天才脳機能学者・苫米地英人と世界ナンバーワンをとった男・水野和敏氏の対談実現!
天才脳機能学者・苫米地英人と世界ナンバーワンをとった男・水野和敏氏の対談実現!

http://www.youtube.com/watch?v=1BTlTlAn8ps&feature=youtu.be&a

日産はGHQの仕込みの会社?
2013/04/29(月) 22:03 | URL | 貼り付け #nlInLFEA[ 編集]
TPPについて
こんにちは。いつも勉強させて頂いています。
コメント欄で小心者様が、TPPを上手に利用すると、中韓露の違法操業や、韓国の仏像の返還利用できると述べておられましたが、具体的にどの様にできるのか、ご教示して頂けるとありがたいです。
私自身は、TPPに関しては、メリットよりも、デメリットの方が大きいと思っていますので反対です。
スレ違い及び、我が身の不勉強をお詫びしつつ宜しくお願い致します。
2013/04/29(月) 21:35 | URL | 皇紀2670 #-[ 編集]
はじめましてして
こんにちは。
この3ヵ月、大変勉強させていただきました。
色々な方のブログやホームページで、ある程度は勉強していたのですが、このように、深く、分かりやすい楽園のような場所があったことに驚きです。深い知識と、広い情報に、感謝いたしております。
大学で国文科でしたが、近代は、苦手で、あまりやっていなかったことが災いして、知らないことだらけでした。
まだまだたくさん知らないことがありますので、ゆっくり読ませていただきます。
遅くなりましたが、ご挨拶まで。
2013/04/29(月) 21:20 | URL | はおこ #mKMpoWCs[ 編集]
すみません訂正です。
☓草場の⇒◯草葉の陰
2013/04/29(月) 19:22 | URL | 小心者 #-[ 編集]
No title
クボタ様へ‥

TPPに反対されるのは個人のご自由ですが
海洋民族の象徴である平家一門は
TPP交渉参加について草場の影で泣いたりしません。
滅多なことを仰らないで下さい。

危険を冒してまで何故、安倍政権が交渉に踏み切ったのか
理解できない人は、戦後の日教組教育の産物だと思います。
古来から海洋国家である日本にとって、
太平洋のルール作りは生命線だからです。

TPPを上手に利用すれば、中韓露による
尖閣・竹島・北方領土の近海における違法操業を訴えることや
仏像を盗んだ韓国を訴えることもできます。

もちろん、農業だけでなく守るべきものを守り
国益第一で慎重かつ狡猾に交渉を進めて頂きたいものです。
また道州制はオスマン・トルコ解体と同様の亡国行為なので
私も反対です。
(公務員のリストラは必要だとは思いますが)
2013/04/29(月) 19:19 | URL | 小心者 #-[ 編集]
【スポーツ言論空間】について
もうスポーツをやっている最中に水を飲んではいけないなんて誰も言わないけれど、ほんの十数年前にはそういう事がスポーツの現場で行われていた。足腰を鍛えるというような表現で、腰から下は全部同じ部類に捉えられていた時代もある。

短距離的能力と長距離的能力は全く違っていて、ボルトがマラソンを走っても恐らく相当遅い。そういう事はスポーツの中ではある程度常識化されているのだけれど、なかなか一般社会では理解されていない事が多いように思う。

今スポーツをやっている人達が正しい知識を手に入れられるような場所が無いものか。科学的根拠のないサプリメントや商品もたくさんあるけれど、それが効くと信じて使っている人もたくさんいる。本物とそうでないものがわかりやすくなっている場所はないものか。

最近アイデアとしてスポーツの言論空間を作れないかと思っている。僕とそれから数名の選手と研究者で構成して、オピニオンの発信とそれから現在の定説になっているものの紹介、今まさに最先端で研究されているものの説明等、そこを見ればとりあえずスポーツの情報が手に入る場所

スポーツの強化を今日本は行っているけれど、トップ選手であれ実は正しい科学的知識を持っている事は少ない。それから水泳選手は知っていても、野球選手は知らないような体の知識もたくさんある。情報を共有するだけでも随分選手の強化は変わる。

【終わり】という事で、スポーツの情報が集まる場所を作れないかなと今構想を練っています。ご協力いただける方募集しています。
2013/04/29(月) 16:19 | URL | 貼り付け #cQkO275U[ 編集]
創価学会は北朝鮮宗教である(池田、公明党、韓国朝鮮人、オウム)
創価学会は北朝鮮宗教である(池田、公明党、韓国朝鮮人、オウム)

私の知っている創価学会の在日系のおばちゃんは3/11人工津波­­地震が起こる事を三日前の3/8から
知っていたと、とても自慢­し­ていました。彼女の娘が地震の三日前に電話してきて、「人工­津波­地震が
3/11に起きるよ!!! 」と言ったそうです。この人工津波地震は、日本人に対する天罰で­­因果応報 自業自得
だとエキサイトしていました。「日本人は割り箸を使って森林を無­­駄にしているから世界中から嫌われてる
んだ。」と戯言をほざい­て­ました。

創価学会は北朝鮮宗教である①(池田、公明党、韓国朝鮮人、オウム)
http://youtu.be/M-d1g9DIDBM
(動画)

創価学会は北朝鮮宗教である②(池田、公明党、韓国朝鮮人、オウム)
http://youtu.be/Snc_P6aHxb0
(動画)

東北地方太平洋沖大地震の発生を3日前に承知していた者がいたと証言する書き込みがあります。 
創価学会信者だそうです。 海底掘削船の地球号を管理していたのが国土交通省、(公明党冬柴大臣
は死亡しています。) また福島第一原発を保有する東京電力株式会社を支配していたのが創価学会で
有ったことなど、さまざまな疑惑が繋がってきます。 天網恢恢疎にして洩らさず。

詳細は
【東日本関東大震災の真相は!の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj13.cgi
証拠記事を集めた簡約版はこちらをカッチとね
2013/04/29(月) 15:55 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
ブログ「犬のしっぽ」から
2013年4月29日

TPP


内部から発見された秩序は、絶えず均衡をもたらすが
外部から与えられた秩序は、つねに混乱をもたらす。

分断して征服するための欲望の影だから。

すでに、日本の郵便貯金制度の破壊工作はその影で覆われた

http://two-pictures.net/mtstatic/
2013/04/29(月) 14:03 | URL | 貼り付け #8qPnXzgo[ 編集]
No title
平清盛主演松山けんいちには気の毒な事をしましたね。
犬HKの曲解した歴史解釈による大河ドラマでは日本国民の視聴率を
上げるには無理があろうというもの。

そもそもこの準国営放送局にどれくらい日本の歴史を否定する左翼や在日が潜り込んでいるのか。?

放送が始まって程なくあまりにも当時の日本が汚らしく汚れた風情に
撮影されていたことに兵庫県知事は違和感をもっていると発言されていました。其の汚れ具合いは実はシナの千年属国だったどこかの国の事でえはないのか。?出鱈目な日本の反日メディアは潰すべきですね。

そして本当の日本の歴史を私達大人を含め覚えていかなくてはなりません。
2013/04/29(月) 13:29 | URL | 一有権者 #-[ 編集]
No title
毎日素晴らしいお話ありがとうございます。日本人として学ぶべきことがこのブログにあります。日本人の背骨となるべき教えがここにあります。私の子供や孫にも読ませて我が家の教育の基盤にしてゆきます。ありがとうございます
2013/04/29(月) 11:20 | URL | 省堂 #XgfDN7fg[ 編集]
松山ケンイチの「平清盛」は何度か見ましたが、酷かった。平安時代の京都がまるで李氏朝鮮の漢城のように描かれて。韓流ドラマそのままでした。仲代達也の新平家物語の方がずっと良かったと思います。ねずさんの平家物語是非読んでみたいです。
2013/04/29(月) 09:34 | URL | 小倉っ子 #rv8W5JGg[ 編集]
No title
いつもありがとうございます。
一つ申し上げますと今回添付の動画は、武蔵坊弁慶のなかでの合戦シーンと思います。川野太郎の義経、隆大介の知盛、吉右衛門の弁慶なと。
ブログの本筋に影響のあることではありませんが、こういう枝葉末節なところから、全部を否定する輩が世の中にはたくさんおりますので。
2013/04/29(月) 09:30 | URL | 坂井信夫 #-[ 編集]
沖縄の反日運動の淵源
(読者の声2)またぞろでてきた沖縄の反日運動の淵源はその人口構成にあります。大東亜戦争終戦の時点の沖縄県の人口は約30万人でした。今は140万人を超えています。
 日本全体では、5割くらいしか増えていません。
ここに沖縄の反日運動の淵源があります。大東亜戦争終戦の時点で日本に韓国・朝鮮系の住民が約200万にいました……
http://melma.com/backnumber_45206_5798593/

2013/04/29(月) 09:19 | URL | #9jgEo1Cg[ 編集]
「トリハマの土器が語るもの」展
若狭歴史民俗資料館では5月19日なでトピック展示「トリハマの土器が語るもの」が開催されています。
縄文時代に使われていた土器から魚を料理した痕跡が実証された実物土器などが展示公開されています。
この機会にご覧になってください。↓
http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/rekimin/topics/kikaku1304-03.html
漆と縄文文化
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1371.html
世界に誇る縄文文化
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-802.html

2013/04/29(月) 08:42 | URL | はっちょもん #-[ 編集]
こんにちは
私は長州の出身でして、関門海峡で船釣りに興じたことがあります。

おっしゃる通り、関門海峡は潮の流れが急でして、魚群探知器を使ってスポットを探る船は、常にスクリューを回してホバーリングしなければ、10秒と同じ場所に留まれません。

たまに、魚群が潮と一緒に移動することがあって、船を潮の流れに任せることがあるのですが、その時に地球を釣った(根掛かり)ことがありましたが、まるで巨大なクジラでも針に掛かったのかと思わせるほど、獲物が走っているような感覚でした。

実際には船が動いているわけですが、釣り手の感覚としては針に掛かった巨大なクジラが船と反対側へ泳いでいるような錯覚にとらわれます。

そのくらい、関門海峡の潮の流れは速いのです。

オールで漕ぎながら潮の流れと反対側へ進むなんて、ちょっと考えられないくらい大変なことだと思います。

2013/04/29(月) 08:04 | URL | 硫黄島 #-[ 編集]
その通りですね
毎回ねずさんの的を得た解釈にはあらためて感服致します。
義経をはじめとして、源氏の戦いには奇襲や騙し打ちなどの要素が強く、これは一般市民も虐殺され得る現代の戦争を知る我々には違和感ないですが、戦にも作法があった当時においてはとても蔑まれるべき行為でした。
平家追討後の義経が諸将に見捨てられたのも、当時の武士にあるまじき彼の戦法の数々が理由の一つではないかと思います。
古代ローマ等でも戦は貴族階級のやる事で、普段労務を担ってもらっている分、有事の際には民を巻き込まず、自分達だけで戦うといった矜恃があったようです。
現代とまるで逆ですね。
人間はもしかしたら進化ではなく、退化してるのではないかと思わせられます。
昨日NHKスペシャルでTPPの特集をやっていましたが、TPPの「一旦参加してしまうと、加盟国すべての承認がないと脱退できない」、「途中から参加した国は、これまでの交渉で合意された条件を受諾し、再交渉はできない」、「これまでの話し合いで合意された内容は、参加を果たした後でないと明らかにされない」といった危険性やISD、ラチェット規定など注意すべき点には一切触れられていませんでした。
しかし、一点真実を付いた事例が紹介されていました。
TPP参加で利益を伸ばそうとしている日本のコンビニ業者の話です。
この業者はベトナムで規模を拡大したいが、現地の中小個人商店を保護するベトナムの規定により、それが思うように進んでいないそうです。
TPPに参加することで、その障壁が取り払われると期待しているとのこと。
この事例で日本人は「日本企業が儲かる!やった!」と思うのか、はたまた「えっ?そしたらシェアを奪われるベトナムの中小個人商店はどうなってゃうの」と感じることが出来るのか?
私は日本人の感性・モラルが後者であってくれることを祈りたい。
そしてそこから発展して、「日本の企業がTPPでベトナムの個人商店を淘汰しようとしている」ということは、「TPP加盟国の企業から日本国内の産業が破壊されることも大いにあり得るのでは?」という危機に気付いてほしいです。
日本は大企業(為政者)か他国の民を収奪する代わりに、天皇陛下の大御宝である臣民を他国に差し出そうとしています。
平知盛公も草葉の陰で無念の涙を流されていることでしょう。

2013/04/29(月) 07:27 | URL | クボタ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク