アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


輪中と平田靱負(ひらたゆきえ)

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

輪中
輪中


先日「日本人と堤防」の記事を書いたのですが、岐阜のご出身の方から、貴重なコメントをいただきました。
これは本文で紹介すべきと思いましたので、こちらに掲載します。
「匿名希望」の方からのものです。素晴らしい内容です。

薩摩の平田靱負(ひらたゆきえ)と薩摩義士のお話です。
平田靱負は、宝永元(1704)年8月12日の生まれです。
関ヶ原から104年経った江戸中期の人です。

↓ここから引用です。
********************

いつも拝読させていただいております。
ためになる記事を書いて頂き、ありがとうございます。
堤防の話で思い出した事があるので、初めてコメントさせて頂きます。

私は岐阜県岐阜市の出身です。
長良川の恵み豊かな地域で、小学校のときに鵜飼いや治水の歴史について学んだのですが、より深く知り胸を打たれた話があります。

それは、木曽三川公園から伸びる千本松原(油島締切堤)、宝暦治水の話です。

長良川は岐阜市を通り、伊勢湾に流れ込む一級河川です。
現在は岐阜城のある金華山の麓を穏やかに流れ、千年以上の歴史のある鵜飼いがあることで有名です。
その長良川の河口は、木曽三川と呼ばれており、木曽川、揖斐川、長良川が合流して、江戸時代、宝暦治水が行われるより昔は一大デルタ地帯となっていました。

輪中航空写真
輪中航空写真


ここは、川下は三川とも天井川になっていて、周囲の平地より川面の方が高い所にあるという特殊な地形で、一度洪水がおきれば大変な被害が出る所でした。

集落は輪中(わじゅう)と呼ばれる土手で囲んだ中にあり、民家の玄関は地面より2mくらい高くして作っています。
蔵は土台を更に高くして作ってあります。
そして、民家の玄関の天井や蔵には避難用の小舟が梁に掛け渡してある。

つまり、台風や豪雨があれば洪水で土手が切れる前提で生活が営まれていて、いざ土手が決壊したなら天井の高さまで濁流が押し寄せてくるということなんです。
想像できますでしょうか。

増水が始まったら皆で土手に出て、村総出で必死で土嚢を積みます。
女子供は蔵か屋根で様子を見て、もう保たなくなったら、玄関の屋根を破るか、蔵から舟で逃げるということです。

大切な財産と最低限の家財道具以外は濁流に呑まれてしまう。
水が引いて命があれば、また生活基盤を復旧し、暮らす。
この繰り返しで、増水の度に生活基盤が一切合財なくなってしまう、それが輪中の暮らしでした。


輪中は一つのコミュニティーとして成立していますから、それ一つは村として機能します。
もちろん、物流があり、生活があり、人の行き来があります。

洪水になると、みな必死で土嚢を積みます。
そうして、持ちこたえられなかったところ、どこか他の輪中の土手が決壊してザァッと水が引くんですね。

でも、単純に喜べません。
その決壊したよその輪中には、嫁に行った姉さんだとか、自分の恋人だとか、仕事に行ってる息子だとかがいるのです。

下流の川底が高く、複雑に合流と分流を繰り返す木曽三川。

将軍家のお膝元の尾張藩は上流で木曽川の大規模な治水事業を終えていたこともあり、この地の水害を根本的に解決するには、小領の利害を超えて三川を分割する、一体的な治水事業が必要でした。

宝暦3年の大洪水で甚大な被害を出したあと、紆余曲折あり、同年、幕府は治水事業に実績のある薩摩藩に白羽の矢を立てて、お手伝い普請という名目で正式に工事を命じました。
当時幕閣は、有力藩弱体化政策をとっており、関ヶ原で西軍についた外様大名の薩摩藩に多大な出費を課し、あわよくば破産に追い込む目的が大きかったのです。

すでに財政の逼迫していた薩摩藩は、巨額の費用のかかるこの普請の嫌がらせに、「徳川何するものぞ」、「一戦交えるべき」との意見も出ましたが、老中の平田靱負(ひらたゆきえ)は皆を説得し、それを抑えました。

彼は、「縁もゆかりもなく、遠い美濃の人々を水害の苦しみから救済する義務はないかもしれないが、美濃も薩摩も同じ日本である。
幕府の無理難題と思えば腹が立つが、同胞の難儀を救うのは人間の本分である。
耐え難きを耐えて、この難工事を成し遂げるなら、御家安泰の基になるばかりでなく、薩摩武士の名誉を高めて、その名を末永く後世に残すことができるのではないか」

「幕府と戦になれば、薩摩の地は戦場になる。そうなれば、罪のないわが領地の百姓達が沢山死ぬ。治水工事を請ければ、美濃の百姓達は死なずに安泰に暮らせて、仁義の道にも添うことになり、ひいてはお家繁栄に繋がるのだ。」と、皆を説得したのです。

平田靱負(ひらたゆきえ)
平田靱負(ひらたゆきえ)


藩主も平田の意見に賛同し、藩士も説き伏せて藩内の強硬派の矛を収めさせた薩摩藩は、工事を引き受けました。

工事にあたっては、幕府からは「内容は現場で指示する。工費は14万両程度を工面するように」とだけ言われ、詳細は何もわからないまま、命令だけが下りてきました。

1両を2万円と換算しても、およそ28億円の支出になる計算です。
当時すでに66万両の借り入れがあり赤字で経営していた藩では、「いかにして工費をつくる」が一番の問題でした。

藩では、藩債や献納金を募集し、小額な金までも集められる物はすべて集め、その上、美濃へ向かう途中の大阪に老中の平田が残り、砂糖を担保に7万両もの借金をして資金を作りました。

この外にも、藩費節約令を出し、工事の終わり頃には人頭税7倍、牛馬税3倍、船税50倍となり、藩士の給与は大幅に引き下げられたのです。

薩摩の人々が、相当な困難に耐えたのは想像に難くありません。

工事に携わった薩摩藩士は総勢947名。
彼らは、幕府から派遣されてきた役人のあからさまな工事妨害工作や、草履や蓑などの必需品の販売規制、さらに重労働にも関わらず「酒や魚は不要、馳走がましいものを出すな」との命令で、一汁一菜の食事の規制をされるなど、これでもかと圧力をかけられながら辛い仕事にあたりました。
(要するに、暴発を誘導し、不祥事を理由にお家取り潰しのきっかけが作れればしめたものということです。)

工事期間中には、抗議の割腹自殺をした者は記録で拾えるだけで61名に上りました。

しかし、現地責任者であった老中の平田は、抗議の割腹自殺となるとお家取り潰しになりかねないため、自害である旨は届け出ず、「病死とせよ」と指示します。
皆、はるばる美濃まで、1200Kmの道のりを旅した仲間達です。
兄弟家族の顔も知っている部下の藩士達が、次々と命を絶つ現場で、老中という職にあり、どんな苦悩だったか、想像に難くありません。

しかし、苦労を重ね重労働にあたる薩摩義士達は、更なる悲劇に見まわれます。
8月には、炎天下の重労働と乏しい食事のため体力が落ちている所に赤痢が流行し、157名が倒れ32名が亡くなりました。

薩摩義士の像
薩摩義士の像


そこに若き藩主、島津重年は参勤交代の途中に現地を訪れ、藩士たちの労をねぎらいました。
そのとき平田靱負は君臣に着工以来の難工事の様子や幕府役人のいやがらせ、疫病の発生、工事の費用の件などを説明しました。
君臣をはじめ家老らもことの事実におどろき涙されたといいます。
そして藩士たちは、この藩主の訪問で元気を取り戻し、難工事に再び取り組むのでした。

平田靱負
平田靱負


私が大人になってから知ったのは、ここからなのですが・・・

この工事期間中に、薩摩にいた26才の若き藩主、島津重年は、藩士達の美濃での苦境を伝え聞き、
「自分の藩士達が必死になって遠く美濃の地で命がけで働いているのに、自分は安穏と郷里で仕事をしている。
心だけでも彼らと共にありたい。財政も逼迫しているのに、自分だけ殿様の食事などできぬ」
といって、彼らが帰ってくるまで、彼らと同じ一汁一菜の食事を取り続けていたというのです。

こんな主筋の家の当主だから、平田のような老中がいるし、藩士達も命をかけられたのだと思います。

最終的に、多くの犠牲を出して、宝暦治水事業は、宝暦4年(1754年)2月27日に鍬入れ式、着工から僅か15ヶ月後の宝暦5年(1755年)5月22日に完了しています。

工事概要は、
木曽川/木曽郡針盛山を源が発し川長227 km
長良川/高鷲村大日岳を源が発し川長 166km
揖斐川/徳山村冠山を源が発し川長121km 。

この三川の安八郡墨俣付近~桑名市・愛知県弥富町まで堤防総延長120kmの、堤防修復や堤防を新築するという前代未聞の工事を成し遂げたのでした。

総工費は藩をあげて集めた12万両、大阪での借財22万両等を合わせ40万両にもなりました。
現在の金額に換算すると、推定300億円以上になります。
それに対し、幕府の支出は1万両にも足らずと伝えられています。

自分たちの地元に一切の利益はでないこの治水事業に、どれほどの労力を持って取り組んだのか・・・。

工事が完成したとき、役人が最終チェックの検分に来て
「日の本にこれほどまでの難工事成し遂げたものはない」と激賛したのでした。
妨害工作を命じ、藩を崩壊させようとした幕府側の人間をもってして、史上最高といわしめたのです。

工事が終了した報告を薩摩に届けた老中の平田は、翌日、藩の財政を圧迫する巨額の借金を作ったことと、多くの犠牲者を出した責任を取って切腹しました。

辞世の句は
「住み馴れし里も今更名残にて、立ちぞ わずらう美濃の大牧」
というもので、養老町・大牧の工事役館で東の日の出を拝み、西に向き割腹して果てたと伝わります。

平田靱負の切腹
平田靱負切腹


苦境に耐えて、たったの15ヶ月で、日本治水史上最大の難工事を成し遂げた彼らは、一体どんな思いであったのでしょうか。
藩や幕府の利害を超えて、広く日本の同朋の苦境を救わんがために力を尽くした老中・平田靱負。
それにつき従い、腰の刀を鍬に持ち替えて難工事を成し遂げた薩摩義士たち。

この工事は、結果的には、河川の分離は完全には終わらず、一時は洪水が増えたりもしましたが、その功績は偉大で、後世明治の河川分離の工事の礎となり、後の治水工事を完了させることができたのも、この宝暦治水の薩摩藩士の命を削った献身のおかげでした。

後に、この地には、切腹をして果てた老中・平田靱負を主祭神としてまつる「治水神社」が建立されました。
そして岐阜県の海津の堤防には、このとき幕府が薩摩から取り寄せて薩摩義士達が植えた日向松の並木、「千本松原」があります。

治水神社
治水神社


この松並木は土手の強化・防風林の役目を果たすとともに工事完成の記念として植えられたもので、今では樹齢200年を超える立派な松並木になっています。

ちなみに、薩摩が背負っていた借金271万両は、幕府を一切あてにすることなく、砂糖と陶器、泡盛の製造・輸出によって20余年をかけ返済されました。

とっても長くなってしまいましたが、堤防繋がりでご存じでない方にも是非知っていただきたく投稿させていただきます。

長々と、乱文・乱筆失礼いたしました。
参考になりましたら幸いでございます。
==========

匿名希望でご投稿いただいた方、とっても丁寧な文章での投稿ありがとうございました。

理不尽な要求を出した幕府、嫌がらせまで受け、抗議のための切腹者を61名も出しても、それでも工事を完成させた平田靱負、その平田靱負も、藩に迷惑をかけたと言って切腹して果てました。

昔は良い時代だった、という人がいます。
なるほど、良い部分もいっぱいありました。
けれど同時に、武士道も江戸社会も矛盾に満ちていました。
戦前も戦後も、様々な理不尽や矛盾に満ちています。

いつの時代も、誰もが様々な矛盾に満ちた社会の中に生きています。
それ自体は、今も昔も同じです。

ただ、現代社会と日本の昔の有り様が異なるのは、いまの日本では戦後教育の産物で、歴史を知らず、未来を考えず、「自分さえ良ければそれでいい」「いまさえよければそれでいい」と考える人が、あまりにも増えすぎている、という点です。

矛盾に満ちていれば、逃げれば良いとする今の日本。
矛盾そのものに、命をかけて立ち向かっていった昔の日本。

どこまで逃げても、日本人に産まれた以上、どこまで行っても日本人なのです。
ならば、みんなで、すこしでも住み良い日本にするために、立ちあがろうじゃないですか。
私たちは日本人なのですから。

《治水神社》
http://kaizukanko.jp/tabid/199/Default.aspx


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

薩摩義士しのび「光の川」 2012年5月24日


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
関連記事

コメント
No title
記事をお借りします。

http://blogs.yahoo.co.jp/shimofumichan
2015/09/03(木) 10:25 | URL | 島耕作 #-[ 編集]
No title
治水を収めた者が天下を取る。みたいなことを聞いたことがあります。
人間の体も大部分は水分で出来てますし。酒好きなのも、日本人
ならではです。四方を海に囲まれ、山ばかりの地形で、資源もなく
それでも、存在してるって何気にすごいと思います。
日本人なら今の生活を淡々としてゆけば安泰なのでは?
テレビとか、新聞とか教科書とか、めんどくさいです。
2013/05/26(日) 23:01 | URL | なつみかん #-[ 編集]
そういや昔、平田弘史さんの「武士道光芒記」って漫画で似た様な話を見ましたな。
調べたら平田弘史さんは「薩摩義士伝」ってシリーズ物も書いてるようで、その中でこの治水話も扱ってるとの事。 
是非読んでみたいですな♪
2013/05/19(日) 11:24 | URL | 宣伝 #-[ 編集]
20年後、中国にはありません、水資源
20年後、中国にはありません、水資源

http://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&rurl=translate.google.co.uk&sl=zh-CN&tl=ja&u=http://ap.ntdtv.com/b5/20130518/video/109435.html%3F%25E5%25B0%2588%25E5%25AE%25B6%25EF%25BC%259A20%25E5%25B9%25B4%25E5%25BE%258C%25E4%25B8%25AD%25E5%259C%258B%25E5%25B0%2587%25E6%25B2%2592%25E6%259C%2589%25E6%25B0%25B4%25E8%25B3%2587%25E6%25BA%2590&usg=ALkJrhiDe34v-YZIo-c6ceHKtmywlYq2ZA

20年後には支那は水がありません。  産業の発展もGDPの増加も環境破壊で支那の夢は実現できません。 
国内の政治権力争いが過激になり、香港や台湾との関係も険悪化して来ました。 
6.4に向けて情勢は不安定化して行くでしょう。 自動翻訳文ですので、意味不明な所もありますが、ご容赦願います。 
動画をみて概略を確認して下さい。

詳細は
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
2013/05/19(日) 01:01 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
No title
素晴らしいお話でした。
投稿していただいた方、そしてそれを紹介していただいたねずさんに感謝します。

昔は良かった、昔は~だったという言葉をよく言ったり、耳にしたりします、私もその内のひとりです。
日本はそれが当たり前だったのです。
勿論すべてがと言うわけでもありません。
ねずさんが言われるように今も昔も理不尽な事は沢山あります。
しかし現代ほど理不尽がまかり通っている世の中、日本建国以来と言っても言い過ぎでは無いような気がします。

読ませて頂いて思ったのは、平田靱負の人間としての心の豊かさ、大きさに感銘を受けます。
そしてその心を受け取り、治水工事に賛同した藩主の器の大きさ、そして危険も覚悟で治水工事をされた藩民の心の豊かさ、またしかりです。

つまり物事には発信する側とそれを受け取る側があり、平田靱負のようにいくら人間として当たり前の事を説いても、それを受ける側にそれだけの器がなければ物事は成っていきません。

こうしてねずさんのブログで勉強させていただいてる身として、自分に何が出来るのかもふまえ、少しでも受け取る側の器を磨かせて頂きたく思っています。


2013/05/18(土) 20:59 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
掲載ありがとうございます。
こんにちは。先日堤防の話を投稿しました者です。

ねずさん、ブログ本文への掲載、ありがとうございました。<(_ _)>
(HNが思いつかず匿名希望にしましたが、実は特に匿名希望でもないんです・・・(笑))

自分の地元の話を、多くの方に知って頂けて嬉しく思います。

ねずさんや、コメントをくださっている方にお礼申し上げなくてはならないのはこちらの方でございます(^_^;
本当にありがとうございます!

鹿児島の方のコメントにある通り、こちらでも、うちのすぐ近くの長良川温泉の旅館で、同じようなもてなしをした話は私も聞いたことがあります。

誇らしい気持ちになったものですが、実際に来て頂いた方にも喜んで貰えると嬉しいものですね。

載せていただいた治水神社の画像にもあるように、幕に描かれた丸に十文字は島津家の家紋です。

Wikipediaにもありますが(以下引用)
岐阜県海津市と鹿児島県霧島市は、これ が縁で友好提携を結んでいる。
なお鹿児島県と岐阜県は、これが縁で県教育委員会同士の交流研修として、お互いの県に小中高校教員を転任させている。
2007年 (平成19年)より岐阜県では他県への教職員派遣を止める事にしたが、鹿児島県のみ継続している。
鹿児島県で発生した平成5年8月豪雨の際は岐阜県より復旧支援の土木専門職員が派遣され支援に当たった。

ということもされております。

私個人としては、偶然、私のいとこが海津の出身で、教員をしていたので、いとこは行きませんでしたが、同僚が鹿児島に行ったという話も聞き身近な話題でもありました。

県外からくる方も、長島スパーランドに行くときは必ず通る堤防なので、見たことがあるかもしれません。
「あぁ、ここのことなんだ」と思ってほんの少し思いを馳せて頂けたら、と思います。

松原は、虫や病気で悪くなってしまっている所もあって、地元の有志が細々と保護活動をされています。(費用がかなりかかるみたいですね・・・)


今、不況だとか何か色々言いますが、当時の薩摩藩の困窮を思うと、結局、金額の過多は大した問題でないのではないかと感じます。

心のありようや、誇りでゴハンは食べられないけれど、それらがなければ生活が出来なかったろうと思うのです。
2013/05/18(土) 19:30 | URL | 匿名希望 #aYDccP8M[ 編集]
伝え語るべき史実、そして物語。
初めまして、ルパンと申します。
私は岐阜出身でございます。
今は分かりませんが、私の頃の岐阜県の小学生は、社会見学で必ずこの千本松原を訪れることとなっており、
この治水事業に関する授業は、半年ぐらいかけて学んでおりました。
もちろん、匿名さんのおっしゃる通り幕府が薩摩藩に嫌がらせをしたことまで細かく学び、
それでも「同じ日本人なのだから助けるのだ」という薩摩藩の心意気、意志も学ばせて頂きました。

そうした背景もあると思うのですが、自然と日本人であることを誇りに思うようになりましたし、日本にはこんなに素晴らしい仲間がいるんだと自覚するようになりました。今でも鹿児島の方々に足を向けて寝られない、という思いはあります。

そういえば、岐阜県の教職員には日教組に加盟している人が大変少なく、小学校の頃担任に聞いた時も「僕の周りにはほとんどいない」といっていたのを思い出しました。その意味で岐阜県で教育を受けることができたのは幸運だったのかもしれません。

先祖の成した偉業を、受けた恩を聴かせてもらえるということは幸せなことなのだと思います。

ちなみに岐阜県と鹿児島県は昭和46年に姉妹県となっており、今でも文化交流をしております。
ご先祖様に成り代わりまして薩摩藩士の方々にお礼を申し上げたいですし、現在の鹿児島の方々にお返しをしなければ、思っております。
2013/05/18(土) 18:58 | URL | ルパン #-[ 編集]
正しい歴史認識
お互いに助け合う日本人の心が世界に理解されることを期待しています。が、それを怨念の心で邪魔をする隣人がいます。怨念は他国だけでなく自国の国民も不幸にする最も卑しい心です。

韓国は歴史問題をアメリカに持ち込み、アメリカの力で日本を抑えようとし始めました。日米同盟を重視する日米にとっては厄介なことです。当然シナは喜びます。先の大戦の戦勝国対敗戦国といった構図を描いています。

中山元大臣が言いました。日本もダブルスタンダードが必要ではないかと。日本政府としては波風が立たないようにしながら、戦勝国でも敗戦国でもない国々(東南アジア諸国やアフリカ諸国)と連携を強め、歴史の真実は明らかにしていく戦略です。韓国が嫌がる事実も沢山あります。

政府は表だって動けないから民間が中心となり、歴史の真実を世界に広めていくのです。中韓が「やめてくれ」と声を上げるまで続けるのです。日本は歴史を改竄する必要はありません。事実を一次資料で明らかにしていくだけです。

ジャーナリストの水間正憲氏が多くの一次資料を集めています。戦勝国が反論できない資料で、朴大統領が言う「正しい歴史認識」を共有化していくのです。隣人と仲良くなっている日本のマスコミや文化人は駄目です。

日本の正しい歴史を一番良く知っているはずの「NHK」「朝日新聞」の良識のある日本人社員の方々にも声を上げていただきたいものです、下記はウキペディア辞典のものです。外国在住の方は知人、友人に拡散願います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E8%BB%8D%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6
2013/05/18(土) 15:35 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
サーベラス、西武HD株のTOB期限を2週間延長
サーベラス、西武HD株のTOB期限を2週間延長
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000005429.html

サーベラスの西武株買収工作が不調、期限までに予定株数を集められなかったために締め切りを5月末日
まで延長した。 時間が経過すれば株主は状況を把握できて決して負け戦は望まない。
ここからも反日売国勢力の衰退ぶりが読み取れる。

【株式ニュース】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/jsks/jsks.cgi
【株式ニュース】最新版タイトル一覧はこちらをクリックして下さい。
2013/05/18(土) 15:17 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
岐阜出身の匿名希望さん、ありがとうございました。
ねずさん、いつも貴重なお話をありがとうございます。また、今回は薩摩義士のことをご投稿いただきました岐阜出身の匿名希望さん、鹿児島の人間として、深く感謝いたします。
友人が、二十数年まえに岐阜に旅行でいった際、宿泊先のホテルで鹿児島から来ているということで、たいへんな歓待を受けたのだそうです。その歓待ぶりに『なぜか』と聞くと『薩摩義士への感謝と恩返し』と支配人からのこたえだったそうです。
鹿児島でも郷土史として学校で教わります。しかし、300年経とうとする昔の話です。友人は、岐阜の方々のあまりの義理がたさに感銘を受け、当事は行く先々でこの話をしていました。
教育の大切さ、歴史認識の大切さを痛感させられますね。歴史を捏造しようとする輩は、欲(我欲)だけで動くのです。自分さえよければ、他人なんてどうでもよいのです。こんな人間が組織のトップにたつと悲惨です。日本は、決してそんな国にしてはなりません。我々は先人たちの努力を受け継ぎ、この国をのこしていかなければなりません。何も特別なことではありません。我々は、正しい歴史認識をしさえすればいいのです。
2013/05/18(土) 13:57 | URL | 薩摩Mr.B #-[ 編集]
岐阜出身の匿名希望さん、ありがとうございました。
ねずさん、いつも貴重なお話をありがとうございます。また、今回は薩摩義士のことをご投稿いただきました岐阜出身の匿名希望さん、鹿児島の人間として、深く感謝いたします。
友人が、二十数年まえに岐阜に旅行でいった際、宿泊先のホテルで鹿児島から来ているということで、たいへんな歓待を受けたのだそうです。その歓待ぶりに『なぜか』と聞くと『薩摩義士への感謝と恩返し』と支配人からのこたえだったそうです。
鹿児島でも郷土史として学校で教わります。しかし、300年経とうとする昔の話です。友人は、岐阜の方々のあまりの義理がたさに感銘を受け、当事は行く先々でこの話をしていました。
教育の大切さ、歴史認識の大切さを痛感させられますね。歴史を捏造しようとする輩は、欲(我欲)だけで動くのです。自分さえよければ、他人なんてどうでもよいのです。こんな人間が組織のトップにたつと悲惨です。日本は、決してそんな国にしてはなりません。我々は先人たちの努力を受け継ぎ、この国をのこしていかなければなりません。何も特別なことではありません。我々は、正しい歴史認識をしさえすればいいのです。
2013/05/18(土) 13:56 | URL | 薩摩Mr.B #-[ 編集]
No title
千本松原、木曽三川の歴史、ありがとうございました。薩摩と幕府との関係等歴史に隠された事実と当事者の苦労が伝わりとても感銘を受けました。裏の歴史のような話になりますが私は横井といいます。この姓はまさにこの地域の出身です。あとは海部俊樹元首相の海部氏(日本最古の家系図がある)もこの地域で今でも海部郡と呼ばれています。また伊賀の服部さんもこの地域にいます。
横井、服部姓はもともと秦氏の流れのようで、大和朝廷時代に失脚して当地に流れ着いて隠遁した痕跡があります。あとは東海道が名古屋の熱田から桑名まで海路でこの地を迂回していたのは治水の心配だけではなく政治的なものがあったのかも知れません。因みに薩摩・島津氏も秦氏です。
2013/05/18(土) 13:45 | URL | AICHIJIN #-[ 編集]
薩摩藩こそ日本人の根源ではないか
実に感動したお話でした。
老中、平田靱負が、<幕府の無理難題と思えば腹が立つが美濃も
薩摩も同じ日本、同胞の難儀を救うのは人間の本分であるこれを
成し遂げたら御家安泰の基になり、薩摩武士の名誉を高めその名
を末永く後世に残すことが出来るではないか>・・・・と説得した。

そして工事に当たっては幕府のあからさまな妨害工作などにも
隠忍自重してこれを成し遂げたこと。
その結果が、薩摩藩は取り潰しに遭わず最終的には江戸幕府を
無血開城させることに繋がった・・・・

まさにこの事例は、大東亜戦争開戦時の日本國主導部の心意気
そして敗戦後の武士道を重んじた日本政府要人の毅然たる態度
によって、日本国解体には追い込まれずに堂々と復興した事は、
我らの父祖たちから,延々と受け継がれてきた日本人の血筋と
言うか血脈が大きく影響しているのではないでしょうか。

この史実も今まで学校で習ったことなどで、うろ覚えに覚えて
いましたがこのたびのお話で再度勉強し直し十分に再認識する
ことが出来ました。有難うございました。
2013/05/18(土) 12:43 | URL | terag3 #KVPRtAI6[ 編集]
マンガ
マンガで日本の教育の再生をしている団体があります。
薩摩義士伝、天回りしや、友情の海碑、その他あります。       興味ある方はふるさと日本プロジェクトまで。      
2013/05/18(土) 07:32 | URL | 秋田おばこ #-[ 編集]
No title
昔、東京12チャンネルのドラマで、宝暦治水始末記という副題で、杉本苑子原作、久坂栄二郎脚本「孤秋の岸」が放送されました。

その後、平田靱負を扱ったドラマか映画は無かったように思います。

今後、小学校の「道徳」の時間にでも、この偉業を生徒に教えるようになればいいですね。
2013/05/18(土) 06:42 | URL | あ太郎 #eSGkAR1I[ 編集]
No title
木曽三川千本松原の話は私が住む郷土の歴史として脈々と伝えられています。私の長男が小学校のころ学習発表会(昔は学芸会といったはずですが・)で劇としても演じられました。その息子も数年前に伴侶に恵まれ、あと二年先には息子の通っていた小学校に孫が入学、恐らく、この郷土の歴史も学ぶことになるでしょう。本日のご紹介、ありがとうございました。
2013/05/18(土) 06:20 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク