アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


特攻 隊員の心情

倭塾第3回公開講座のご案内
今回は知覧特攻基地の母、鳥浜トメさんのお孫さんからお話を伺います。
6月9日(日)15時開始 (受付開始14:30から)
詳しくは↓で。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1895.html

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

二飛曹任官祝


昭和5(1930)年6月3日、つまり83年前の今日、海軍少年飛行予科練習生として、栄えある第一期生が入校しました。
予科練の始まりです。

元、特攻隊員の永末千里さんは、その予科練出身の元特攻隊員です。
永末さんは、昭和2年のお生まれで、満16歳で海軍甲種飛行予科練習生として、鹿児島海軍航空隊(予科練)に入隊され、昭和19(1924)年3月、予科練を卒業し、飛行術練習生となられ、同年11月に、海軍二等飛行兵曹に任命されています。

上にあるのは、その任官祝いのときの写真です。
全国から集まった、健康で明るい若者たちの輝く笑顔が写っています。


永末さんは、インターネットで、「老兵の繰り言」というブログを書いておられます。
http://blogs.yahoo.co.jp/senri0220

ブログは新聞でも紹介されました。
永末さん新聞


その永末さんのブログから、文を引用します。

=========
【特攻隊員の心情】
2006/7/29〜30
http://blogs.yahoo.co.jp/senri0220/39818441.html
http://blogs.yahoo.co.jp/senri0220/39855094.html

今日は人の身、明日はわが身、いつ出撃命令が出るか分からない状態で、更に死ぬため の訓練が続けられました。 
一度は死を決意したものの、夜半ふと目覚めて故郷に思いを走らせることがあります。
そして、まだ死にたくない、何とか生き延びる方法はないものかと、生への執着に悩まされることも度々でした。

特攻隊が編成された当初は、 皆一様に無口になり、決意を胸に秘めている様子でした。
ところが、日が経つにつれて、今度は以前にも増して快活になってきのです。皆それぞれ自分の死を納得したのでしょうか。
それとも、表面の快活さは、心中の悩みを隠すための手段なのかも知れません。

心を許し合った同期生の間でも、直接この問題に触れて話し合うことはありませんでした。
それは、他人の介在を許さない、自分自身で解決すべき問題だからです。
そうは言っても、人生経験の浅い18歳の若者に、このような解答を出させるとは非情です。

だが、内心の葛藤とは裏腹に、飛行機を操縦している時だけは、緊張のため雑念も涌かず、死ぬための訓練でありながら、超低空飛行を行っても怖いというよりもむしろ爽快な気分を味わうことさえありました。

訓練は続き技量は上達しても、 死に対する不安や恐怖は消えるどころか益々強くなってきました。 
この生への執着は、出撃命令を受けて最後の離陸の時までは、恐らく断ち切ることはできないであろうと感じていました。

だれでも、一時の感情に激して死を選ぶ事は可能かも知れません。
しかし、理性的に自分の死を是認し、この心境を一定期間持続することが、われわれ凡人にとって、いかに大変なことであるか、経験しない者には想像もできないことでしょう。 
日ごろ大言壮語していた者が、「特攻隊」の編成に際し、仮病を使ってまで逃げ隠れした事例からも判断できます。

見方を変えれば、あれが人間の正直な姿であったのかも知れません。
当時のような「全機特攻」の重苦しい雰囲気の中で、なお死から逃れようと努力する者には、それ相当の勇気
が必要であったと思われるからです。

他人の心を計り知ることはできません。 
だが、意識して皆との話の輪に加わり、他愛ない 話題に興じて、  無理に快活に振る舞っている自分の姿を、彼らはどう見ているのでしょう。
彼らもまた私と同じような心理であったのかも知れません。
皆と一緒に談笑の輪の中にいながら、ふと脳裏を掠める不安に戦(おのの)く事も度々でした。

昼間は同僚との馬鹿話で気を紛らわす事もできます。
しかし、夜中は自分だけの世界です。
眠れぬままに、遠い古里の思い出に浸り、死後の未知の世界を想像することも再々でした。
際限なく次々と頭に浮かぶ雑念を振り払いながら、 儚い人生につかの間の安らぎを求めようと、 焦燥する日々がが続いたのです。

「特攻隊員」を命じられた場合、覚悟が決まるというか、決心がつくというのか、死に対する気持ちの整理ができるのに、2~3日かかるのが普通です。
中には一週間程度も悩み続ける者もいました。
そして、一週間が過ぎても、なお決心がつかなければ脱落するしかないのです。

それでは、特攻隊員はいかにして、死に対して自分の気持ちを整理し、覚悟を決めたのでしょうか。
まず一般的に死を解決する要素として考えられるのは、宗教です。

私の家は真宗の信者でした。
子供のころから、仏壇に向かう母親の後に座り「正信偈」その他のお経を読む程度の関心は持っていました。
また法要などで 「夫レ人間ノ浮生ナル相ヲツラツラ観ズルニ・・・」に始まる蓮如上人の「白骨の御文章(おふみ)」に無常を感じたり、 説教師の法話を聞いて感銘を受けることもありました。

しかし、いくら「極楽浄土」を信じていても、敵とはいえ「殺生」に変わりはありません。
だから、「極楽」ではなく「地獄」に落ちるのではないのか。などと考え始めると、ますます混乱します。

「そうだ! 狙うのは敵艦であって敵兵ではない!」そう心に決めることで、自ら安らぎを求めるのでした。

当時の年齢や人生経験から、信心といっても程度が知れています。
それに比較して解決すべき問題が、あまりにも大き過ぎたのです。
だから、宗教によって死を肯定する心境までには至りませんでした。

次に、「悠久の大義に生きる」という国家神道の教えです。
当時の精神教育は、この一点に集約されていました。 
だが、前述の宗教と同じように、真にこれを理解し、これで死を納得するまでには至りませんでした。

日ごろ同僚との会話の中で、
「俺たちは、戦死すれば軍神として靖国神社に祀ってもらえるんだなあ……」
「そうだよ、靖国神社にも先任後任があるんだ、俺が先に行って待っている。遅れて来た奴は食卓番だぞー」

「そらつくな、軍神が食卓番なんかするものか。毎日が上げ膳据え膳で、 お神酒は飲み放題だ!」
「そうだー、俺たちは軍神なんだ。だからお神酒だけは今から供えて欲しいなあー」
「なに言ってる。お前さんの供えてもらいたいのは、おふくろさんのオッパイだろう」
などとふざけ合っていても、本心から、軍神になることや靖国神社に祀られることでこの問題を解決できた者は、恐らく一人もいなかったのではないでしょうか。

人間はどうせ一度は死ぬのです。
それなら多少とも、後世に名を遺したいという見栄があります。
そして、軍神や靖国神社は生前に予想できる唯一の死後の姿でした。
地獄や極楽など単なる幻想の世界ではないのです。

立派に戦って戦死すれば、靖国神社に軍神として祀られることは約束された現実です。
しかし、初めからそれを目的として考えることは、神に対する冒涜でしょう。
私たちは、国家神道を観念的には理解できても、それは、死後の姿を想定する手段としてであって、死を解決するには別の何かを求めざるを得なかったのです。

次に運命として諦める方法があります。
確かに人の運命には予測できない面があります。
それは、過去の戦闘や飛行機事故などの例で、生死は紙一重であることを痛感していたからです。
だから、これに運命的なものを感じていたとしても不思議ではありません。
 
しかし、これは結果としていえることで、運命そのもで死を解決するのは、諦らめの理論です。
諦らめ切れないから悩むのであって、これが解決の手段にはなりませんでした。
要するに理屈で解決するのでなく、感情的に納得できる何かを求めていたのです。
(引用ここまで)
~~~~~~~~~~~

昨今の論調の中には、おどろくべきことに「特攻隊員というのは一種の狂信教信者に他ならない」などとわけのわからないことを書いている者がいます。
けれど、そういうことを言う連中というのは、おおかた支那や韓国からカネをもらっている売文屋でしかない。
カネのために誇りを失うことが、どんなにみっともないことか、恥ずかしいことなのか。

これが日本でなければ、おそらくそういう者達は、その本人だけでなく、親戚一同に至るまで、みせしめのために衆人環視の元でありとあらゆる暴行を加えられて全員虐殺されることでしょう。
それだけ酷いことを、そういった連中ははずかしげもなくやっているのです。

日本だから、日本というやさしさと包容力があるから、彼らは好き放題売文ができていました。
けれど、それも、もういい加減おしまいです。

考えてみていただきたいのです
文中に、「一時の感情に激して死を選ぶ事は可能かも知れません。しかし、理性的に自分の死を是認し、この心境を一定期間持続することが、われわれ凡人にとって、いかに大変なことであるか」とあります。

一時的な熱狂と興奮の中で、たまたま命を失うということと、あらかじめ死ぬことと決まって訓練を続け、そして死に至るということでは、雲泥の差があります。
なぜなら、実際に出撃して特攻するまでは、何年も何ヶ月も何週間もあるからです。

いよいよ出撃となって飛行場を飛び立っても、敵艦隊に突入するまでには、数時間あります。
その間、機内にひとりです。
それは、猛烈なストレスだったことでしょう。
ひよわな精神だったら、それだけで気がふれたかもしれない。

その特攻隊員たちが、出撃の日まで悩み抜いて、最後に自らの死を受け入れることができたのが、
「わが身を犠牲にして顧みない、肉親に対する愛情」だったというのです。
そして特攻隊員たちは、その肉親への愛情のために、わが身を肉弾にして、敵艦に突入していかれました。
悩みに悩みぬいて、最後の最後にたどり着くのが、肉親への愛だったのです。

その肉親というのは、親であり、子であり、親戚でもあります。
そして、私たちがちゃんと認識しなくちゃいけないのは、その肉親というものが、いまを生きる、つまり後世に生きている私たちひとりひとりの、現代日本人だといことです。
彼らは、私たちのために、命をささげてくれたのです。

私たちは英霊の尊い勇気の上に「生」をいただいているのです。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

神風特攻隊員たちの遺書


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
関連記事

コメント
日本は好き好んで戦争を始めた訳ではない
何百年に亘って、世界のほとんどの地域を暴力により支配していた白人種によって、
対抗できる最後に残された独立国の日本までもが彼らの植民地となっていたとしたら、
日本という国が無くなるばかりか、第二のアメリカ大陸、オーストラリア大陸の
ようにアジア地域までも白人中心の地域となっていたかもしれません。

北方からソ連、南方から欧州連合、東から米国、
世界中の強国のほとんどを敵にまわしてまで、
アジア各国が独立するきっかけとなる大東亜戦争を戦い抜き、
この美しい国を次の世代の為に残してくれた先人達がこの国には居ました。

家族の為に、お国の為に、次の世代の為に、
日本という国が無くなってしまわないように、
日々激しい訓練に耐え、沈めやすい輸送船にはめもくれず、
完全武装を施した戦闘中の戦闘艦や空母めがけて、
みずからの命をささげた青年少年達がかつて居ました。

彼らのどこが「気が狂っていた」のでしょうか?
彼らのことを悪く言っている人達にはいつか罰が当たれと思います。
2013/06/09(日) 14:16 | URL | 命に代えても守りたかったもの #-[ 編集]
湖南にて
未だシナの地に眠る祖父の御霊に合掌
2013/06/03(月) 20:36 | URL | ただのひと #-[ 編集]
いつもありがとうございます。
その心境を、知りたいと思っていました。
一人ひとりが、「やるべきことは決められている」中で、なんとか自分を納得させようと悩み苦しんだ様子が伝わって来ました。現代人よりもはるかに武士道精神があり、「国のために死ぬのは名誉なこと」と言っていた日本の兵隊さんたちだって、本当はもっと生きたかったのだと。
2013/06/03(月) 20:24 | URL | chas #FK6c8FRQ[ 編集]
No title
UPされた写真を見て、永末さんのブログで見た写真だとすぐに分かりました。

あの時代を生きてこられた元特攻隊員でいらした方です。
温厚で行動力もおありで、脳内年齢もお若い。
永末さんとは娘ほどの歳の差があるのですが、歩く早さには驚きました。
それに、さすが元海軍、酒豪でらっしゃいます。
また後輩の方が「冬でも靴下を履いたことがない」と笑っておられました。

あの時代を生きた方々が、櫛の歯が欠けるように鬼籍に入られています。
そして、元特攻という方々も数えるくらいにしか残っておられないと思います。

時は止められません、いずれは皆さんも靖国にお帰りになられることでしょう。
その時、先に逝った戦友の方達に何と言って今の日本をお話になるのでしょう。

あの時代、使命で命に代え日本を護られた英霊の方々、ならばその命の上に生かされている現在の我々の使命とは、それは「先人が護り通した日本を護る」日本人として当たり前の事です。

「靖国の皆さんに胸を張って報告できる日本にする」それが私達日本人の使命です。
英霊の方々、そして今を生き、戦後日本復興の礎となってこられた方々への感謝、恩返しだと信じています。

もう、時間は残っていません。
我々が出来る事から始める、肝要かと思います。

2013/06/03(月) 14:09 | URL | 桜子 #PyZMa2bE[ 編集]
No title
昔の職場には、特攻帰りという方がおられました。
仕事でもめた場合には、肝の据わったところが垣間見られました。
兵役に就いたとき、命を捨てることを前提に訓練を受ける。
どんな仕事でもそれなりに危険なことがありますから、命を落とす場合もあります。通常は危険を避けるための注意を受けると思いますが、目的が自分の命と引き替えに敵を攻撃するのですから、精神力が頼りです。凄いとしかいえません。
英霊に感謝します。

今日の朝、「みのもんたの朝スバッ!」を見ていたところ、参議院の本会議の欠席者が2割位いるそうです。
国会議員が本会議に欠席するについては、当然のこととして議長に届けが提出されるのですが、この欠席を3回~4回している議員が20名位、当然1回~2回欠席している議員もいます。
先日、川口順子参議院環境委員長は環境委員会があるにも関わらず、中国から帰って来なかったとして、問責決議にかけられて解任されました。
理由は異なるとしても、本会議は所用があれば欠席しても構わないものでしょうか? 欠席者の本音は、参議院の選挙が近いから地元での用が優先するというものでしょう。
しかし、参議院は選挙の後、例によって一票の格差で裁判にかけられるでしょう。そして、次の国会が始まれば、国会議員の定数是正が論議され、場合によっては、一院制の推進派もいることから廃止される場合もあるのです。
国会議員は自分の議席よりも、参議院の存在意義を優先させて仕事をしていただきたいと思います。
議員には、一人あたり一億円の経費が必要であり、それは税金から拠出されているのです。
2013/06/03(月) 13:27 | URL | ポッポ #-[ 編集]
■言論アリーナ「もう日韓の歴史問題にけりをつけよう」
必見です!あの田原が右傾化!

■言論アリーナ「もう日韓の歴史問題にけりをつけよう」

田原総一朗×ケビン・メア×片山さつき×池田信夫
http://live.nicovideo.jp/watch/lv139799778?ref=zero_nicotop

【会場のご案内】
2013/06/02(日) 開場:16:50 開演:17:00
この番組は2013/06/02(日) 19:02に終了いたしました。
来場者数:33170人 コメント数:41467

あの田原がかなり右傾化し本音を語っています。
普段テレビでは見れない田原を見れます。
ニコ生アンケートで河野談話を破棄するべきが80%です。

2013/06/03(月) 10:28 | URL | 必見 #amXlFcx2[ 編集]
No title
現在の我が国、定年をとっくに過ぎた還暦オーバー親爺の私でさえ「戦争を知らない子供たち」です。しかし私と私の家内のの父母、祖父母らはまぎれもなく戦争体験者です。ようはその体験が私たち子供らに如何につたえられ、今の若い世代にきちんと継承されているか?が問題なのです。そして私の従弟親子はそろって海上自衛隊員、そして私の身内は・・沖縄が売国勢力の陰謀でおかしなことになっていますが、野蛮国家を相手にした前哨戦はとっくに始まっております。マスゴミのおかげで知らされてないだけなのです。
2013/06/03(月) 09:20 | URL | 団塊の世代の後輩 #-[ 編集]
福岡県警はなぁ左翼創価学会支那帰化人公安体制やで~創価公安署長岡元の息子で西南大学商学部元福岡県警岡元大輔から貰ったコンセントに反応した◯留米氏北野町高良◯721-1-ステラオブアリエッティ302創価公明豚鹿毛信義、古賀好男、八女市本村25総合庁舎監視室左翼創価学会荒木町藤田古賀重文。中央府おささ5-16-58.501どぶす創価朝鮮左翼メンヘラ古賀麻里恵、創価豚糸数昌一、プラント本舗支那帰化人創価豚半晴誠吾、福岡県警左翼朝鮮創価学会藤吉道史、左翼朝鮮創価学会政党はなぁ保守自民党の邪魔をする寄生虫やで~http://kurume-city.jugem.jp/
2013/06/03(月) 09:14 | URL | 福岡県警はなぁ朝鮮創価バカ丸出し体制やで #-[ 編集]
ねずさん、今日も考えさせられるブログをありがとうございましたT_T

永末さんの「老兵の繰り言」は、お気に入りに登録させていただきました。

最近、思う事があります。
戦争を知らない世代が殆どになり、
戦争なんてあったの〜?
という平和な日本で暮らしていますが、本当はあの悲惨な戦争は終わる事などないのかもしれないと。

沖縄に行けば、まだ生々しく残る戦争の傷跡。
少し耳を澄まし、目をこらせば、消える事のない想いがたくさん感じるようです。

慰霊し、想いを浄化させていただくには、まだまだ長い年月がかかりますね。
そのためにも、まだ見ぬ子孫に代々語り伝えていくこと、真実の資料を残していくことが大切だと、最近しみじみと思います。

ねずさん、よろしくお願い致します(^_^)v
2013/06/03(月) 07:38 | URL | ラベンダー #-[ 編集]
No title
記事とは違いますが、河野談話撤廃の署名をお願いします。
http://www.tsukurukai.com/konodanwa-shomei.html
2013/06/03(月) 05:50 | URL | hehehe #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

特攻 隊員の心情

それは、猛烈なストレスだったことでしょう。 ひよわな精神だったら、それだけで気がふれたかもしれない
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク