アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


電気と国会議事堂

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

街灯裸電球


いまでは、あたりまえに使われている電気ですが、かつては「危険なもの」だから「使わない方がいい」とされた時代もあったのです。
明治の中頃の新聞を見るとおもしろいです。

「電気は危ない」、「電気は危険」、「電気は人々の生活を破壊する」、「電気のない安全な生活を」、「電気は大災害をもたらす」、「電気は経済的に非効率だ」、「電気は明かりの灯る者と灯らない者との間に差別をつくる」等と書かれています。

理由もおもしろいです。



当時の発電は、火力発電でした。
熱でタービンをまわし、電力を生み出します。
いかにも恐ろしげな猛火です。
そのような施設の猛火が、もし燃え広がったら、大火災になる・・・と、このあたりまでは、なるほどとうなづけます。

ところがさらに電気に対する恐怖は続きます。
電気は、発電所から送電線で、供給されます。
その送電線は、電信柱の上を伝っています。

ものめずらしさもあったのでしょう。
なんとかと阿呆は高い所が好きじゃないですが、その電柱に登って電線に触り、感電して落下して、大怪我する人が後を絶たなかったのです。

木登りや、ハシゴ昇りなど、高いところに登ったって、これまで怪我ひとつしたことがない抜群の運動神経を持った人でさえ、電信柱からは落ちる。
なんのことはない、感電しただけのことなのですが、これがまた理解できない。
なぜなら、電線にスズメは停まっています。
スズメは感電しないのに、人は電信柱から落ちるのは、きっとあの柱の上には、人々に災いをもたらす魔物が住んでいるに違いない・・・
というわけで、電信柱魔除けのお札が、大真面目に売られたとか売られなかったとか。。。

私たち日本人がはじめて電気を見たのが、明治15(1882)年のことです。
この年の11月1日に、銀座2丁目に、アーク灯が点灯しました。

下の絵は、当時の模様の錦絵です。
東京銀座通電気燈建設之図
東京銀座通電気燈建設之図


この街灯は、それまで行燈(あんどん)や提灯(ちょうちん)しか夜の照明がなかった日本で、はじめて灯された電気灯だったわけです。
明るさは、ローソク4000本分です。

おかげで銀座の町は、連日、見物客で大にぎわいになりました。
この電気街灯は、翌年には京都の祇園に、翌々年には大阪の道頓堀にも設置されました。
もっともこの電気灯は、送電線で電力が供給されるタイプではなくて、その場に据え付けたバッテリーから電力を供給していました。

バッテリーではなく、電力会社から電力の供給が始まったのは、明治19(1886)年です。
鹿鳴館に、日本で初めての「室内の電灯」が灯されました。
これが明治20(1887)年1月のことです。

次いで皇居に電灯が灯されました。
それが明治22(1889)年1月6日です。

さらに営業用に電灯がつかわれるようになったのが明治23(1890)年11月の、浅草/凌雲閣です。
その後、朝日新聞や、時事新報といった新聞社が電力の供給を受けるようになっていきました。

ところが一方で、電信柱の事故が絶えないところへもってきて、明治政府への反発もあったのでしょう。
おもしろいことに、朝日や時事新報などの新聞社は、自分たちがその電力で夜の照明を得ていながら、一方では電気反対の大合唱をしていたのです。

そして明治24(1889)年1月、事件は起こりました。
新しく築造したばかりの国会議事堂が、漏電による出火で全焼してしまったのです。
当時の国会議事堂は、いまの永田町ではなく、東京/霞ヶ関にありました。
いまは経済産業省が建っている場所です。
ここに、前年の11月に国会(仮)議事堂が建設されました。
この議事堂が、我が国で初の国会である「第一回帝国議会」が開催された場所です。

第一次国会(仮)議事堂(明治23年)
第一次国会(仮)議事堂(明治23年)


この事件は、日本中に衝撃を与えました。
夜間の業務の遂行のために、市町村役場への電灯の導入を検討していた多くの市町村でも、この事件をきっかけに、一気に電気の供給を拒否へと向かいます。

日露戦争(明治37ー38年)で捕虜になって日本に連れてこられたロシア人が、日本の街並の夜が暗いことに驚き「日本はなんと貧しい国だろう」と書き遺していますが、要するにそれだけ多くの市町村が、電気や電灯の導入を拒んだのです。

その一方で、電力を受け入れ、これを積極的に活用しようという動きもありました。
そのひとつが江の電であり、路面電車であり、街灯であり、商店などの夜間の店内照明であったりしたのです。

要するに、電気は危険なものとする人々がいる一方で、たとえ少々の危険があってもそれを積極的に活用しようという人たちもいて、けれど、そういう人たちは欲に目がくらんだ頭のおかしい人たちだと誹られる。
電気反対派=やさしい人たち、電気推進派=欲ボケ者たち、そんな色分けが続いたわけです。
そんな対立が、どのくらい続いたと思いますか?

なんと40年です。
その40年後に何があったかというと、大正11(1922)年の関東大震災です。

大震災前までに、関東一円では、徐々にではありますが、猛烈な反対運動を押し切って、道路に電柱が建てられ、街灯が設置されだしていたのです。
おかげで、夜道も(それは裸電球の灯りではあるけれど)、それなりに照らされるようになっていったのです。
電力反対派の声を押し切ってです。
さんざん罵声を浴びながらも、暗い夜道に灯りが灯るだけで、多くの人の夜の通行が安全になる。
だからみんなのためにと、黙々と電灯の推進をしてくれた人たちがいたのです。

ところが関東大震災は、その電柱をなぎ倒してしまいました。
当時の人々は、ふたたび電気のない、真っ暗な生活に引き戻されたのです。
その暗さに、多くの人々がおびえました。
これが、電気に反対し続けた日本人が「文明」に負けた瞬間です。

原発は、多くの方々がご指摘されるように、たしかに危険を伴うものだと思います。
けれど、すでに日本人の生活に産業に、電力が欠かせないのも事実です。
鉄鋼から日用品や、食品加工まで、すべて電力頼みです。

私たちが明るい光のある生活、モノ作り大国日本の維持発展ができる国を支えるためには、どうしても原子力による電力の安定供給が不可欠です。
そしてその電力は、太陽光発電や、風力発電程度では、とても賄いきれるようなものではありません。

では、日本の電力の供給量が不安定になり、製造業などの産業で使う電力供給が不安定になり、日本の夜道から灯りが消えたら、喜ぶのはいったいどこの国なのでしょうか。

日本産業を破壊したいのは、自称大国のお隣の国でしょう。
日本の夜の街並から街灯の灯りが消えて喜ぶのは、斜め上の在日強姦族かもしれません。

焼失した国会議事堂は、第二会帝国議会の開催に間に合わせるため、いったん、帝国ホテルを貴族院、東京女学館(旧工部大学校)を衆議院にあてて、急場をしのぎました。

その後、焼失した跡地に、第二次仮議事堂が再建されるのですが、明治27(1894)年の日清戦争で大本営が広島に移された際に、国会議事堂も広島に引っ越しました。
広島の国会議事堂では、明治28(1895)年に第七回帝国議会が開催されています。
広さは約900坪で「広島臨時仮議事堂」という名称だったようです。
広島に国会議事堂があったんですね。

広島臨時仮議事堂
広島臨時仮議事堂


いまの永田町の国会議事堂は、大正8(1919)年に一般公募によってデザインが決まりました。
竣工は大正9(1920)年ですが、途中、火災に見舞われたり、関東大震災が起こったりと、なかなか建設が進みませんでした。

そして、ようやくいまの国会議事堂が完成に近づいたとき、昭和11(1936)年の二二六事件が起こりました。
このとき武装した一団が、完成前の国会議事堂を占拠しています。

国会議事堂が完成したのが、昭和11(1936)年11月7日です。
それまで、帝国議会が行われていた場所は、すべて「仮議事堂」と呼ばれていました。

帝国議会が開かれたのが明治23(1889)年で、ようやくちゃんとした国会議事堂が完成したのが、昭和11(1936)年です。
その間、およそ半世紀です。

その半世紀ものあいだ、我が国の権威の象徴である国会議事堂が、仮設住宅のままでした。
なぜでしょうか。
重大な国政を担う議事堂を、どうして戦前の政府は、仮設のままで半世紀(47年)も、放置したままにしておいたのでしょうか。

ひとつには、それだけの余裕が、日本政府になかったということもあろうかと思います。
自国の国権の最高府である国会議事堂を建設することよりも、他の課題を優先したのです。
では、その「他の課題」とは何だったのでしょうか。

朝鮮半島の経営、台湾の経営、満州の経営等々
それらの総督府関連施設については、日本政府は惜しみなくお金を使い、立派な建物を建設してきました。

つまり日本は、自分の国の国家議事堂を、仮施設にしたままで、新たに日本の仲間となったところの庁舎や都市インフラの整備のために、費用を投じ続けてきていたのです。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

韓国朝鮮女性を守った日本
【日韓併合の朝日報道記録】


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com

関連記事

コメント
電気は使うけれども、発電には反対・・・・・マスコミは、今も昔も進歩がない。
日本で初めての水力発電所を造った京都ですが、市電は動かしたのですけど、こんなに大きい発電所の電気をどう使うのかが、問題になったそうです。

しかし、原子力は動いているのに、発電所だけ止めている。そして、火力発電を推進して、石油と石炭を焚いて発電し、貴重な外貨を使い、二酸化炭素を排出する。民主党政権の遺産は、しっかり受け継いでいます。

民主党の遺産と言えば、民主党が政権を取ったとき、民主党の職員を政府に入れました。そのときの立場は、一般的な公務員ではなかったはずです。その後の公務員試験にその連中は通ったと言うことでしょうか? 分からないことです。でも、公務員の試験制度自体が、変更されています。そして、キャリア制度は変わったままです。
何事につけ、悪し様に言われる官僚ですが、いざというとき頼りになる存在でもあります。
2013/06/12(水) 21:33 | URL | ポッポ #-[ 編集]
自国の国会議事堂の建設を後回しにして内地の経営を優先するとは...。改めて日本の偉大さを痛感いたしました。今日も素晴らしい記事をありがとうございました。反原発で洗脳されている奴らは全員この記事を読んで頭を冷やせ!
2013/06/12(水) 20:29 | URL | yosinaripon #rYZKQwYE[ 編集]
どんなものでも保守は必要
橋にしても道路にしても作ってそのままほったらかしと言うわけには行きません。
たとえ原発であろうと例外ではありません。

先人の残した遺産を守り受け継いでいくのは、次を担う者の務めです。

エネルギー問題をないがしろにし、国が危うい状況で何も手を打てなければ、それこそ後世に申し訳がたたない。
2013/06/12(水) 18:42 | URL | ぷれっくすなんばー #GCA3nAmE[ 編集]
自国の国権の最高府である国会議事堂を建設することよりも、他の課題を優先したのです。
では、その「他の課題」とは何だったのでしょうか。

朝鮮半島の経営、台湾の経営、満州の経営等々
それらの総督府関連施設については、日本政府は惜しみなくお金を使い、立派な建物を建設してきました。

もうこのような事は反日国家である中国、韓国には止めましょう。

日本国と日本国民は親日国家や同盟国そしてこれから親日国になるであろう可能性が高い国々への支援に限るべきと考えます。

いくら支援を行ない援助しても感謝せず恩を仇で返し、さらなる日本国の誹謗中傷を国際社会に行う特亜国との国交は最小限にするか断絶へ向けても構わないと思います。
まずはこれらの国へのビザ発給の再開と厳格化通貨スワップはじめ支援の廃止を行ない、鳩山政権時に非常にゆるゆるに緩和されたといわれる国籍取得について非常に厳しくする必要が有ると考えます。
移民による多民族国家米国においても国籍取得については非常に厳しい物があると聞いた事があります。帰化しながら日本の国益を毀損するような人物の国籍取得を認める事が日本国と日本国民にとって正しい事かどうか考えなくても理解できるはずです。
帰化した反日人が議員になったり公務員に潜り込み政治を日本人に不都合な事になるよう工作したらどうなるか等考えれば考えるほど政治家に売国政策を進める人物を当選させてはならぬ事をひしひしと感じます。
留学生についても同様です。日本人学生が進学費用の負担に目処がつかず諦める一方特亜国出身を含む留学生に
返還義務の無い奨学金を与えている事に納得も出来ません。

これらも政治を変えることで阻止できるはずです。まずは選挙において国家観や意識の無いおかしな人物を当選させぬ事です。鳩山などは悪い意味での良い例です。
安倍氏、麻生氏を信じ頑張りましょう。
2013/06/12(水) 17:32 | URL | 一有権者 #-[ 編集]
【都議選辻立の掲示板】開設のお知らせ
【都議選辻立の掲示板】開設のお知らせ

日本の中に二つの国が作られました。 それは人権擁護法案を推進してきた創価学会公明党と在日
朝鮮人、在日支那人の日本人社会の破壊者達を擁護する団体組織です。
日本の警察も裁判所も手を出せない3条委員会の特定個人情報保護委員会が設立されます。
最近成立した人権擁護法案を偽装したマイナンバー法案の中に書かれています。 反日売国テレビ
局・マスコミがこれを隠蔽している事は、日本国民を騙す犯罪行為です。

詳細は
【関連情報】
人権擁護法案を偽装したマイナンバー法案【マスコミ隠蔽の掲示板】をご覧下さい。
http://matome.naver.jp/odai/2136976119340577901
所謂、池田大作の言う【総体革命】が達成されるのです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%8F%E4%BD%93%E9%9D%A9%E5%91%BD
それではどうしたらよいのでしょうか、

【都議選辻立の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/tgs.cgi
【要請書送信先都議会議員一覧】
http://www.aixin.jp/ystgdb.cgi
を見て、隠蔽されている重大な問題を考えてみて下さい。

【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
 
2013/06/12(水) 15:53 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
発展的な思考が必要
ねずさん本日も大変に示唆に富む話を有難うございます。
昔も今も電気の人体に対する危険性そのものは変わりありませんが、今の人は生まれた時から電気が有るのが当たり前であり、危険か否かは論点ですらなかったと思います。
私の場合、無線設備を扱う仕事柄、人一倍その危険性と防御方法について教育を受けてきましたので、安全に過ごせましたが、電気と危険性を理解しないままに、事故だけを目の当たりにしては拒否感も高まりますよね。

今日の原発反対運動にも相通じるものがあるなと思うところです、あくまでも放射能の危険性を前面に押し出して危険だと思い込めば、どうすればその危険性を減殺して実用に供し、人々の役に立てることができかと言った発展的な思考はできなくなってしまいますよね。

原子炉の危険性とその防御はあまりにも専門的であり一般人の理解を超えるところはありますが、しっかりと学び発展的な思考をしたいものです。
2013/06/12(水) 14:46 | URL | alpha #-[ 編集]
燃料電池
電気の長いお話おもしろかったです。
原発が駄目になって、発送電分離が論議されていますが、燃料電池考えませんか。
 先日有る展示会で、エネファームについて質問してきました。質問は簡単です。何故0.7kwなのですかというものです。担当者は、しどろもどろで、ごめんなさいの一点張りでした。
 理由は簡単です。0.7kwに制限する根拠がないからです。と言うより、電力会社の嫌がらせで、燃料電池の発生した電力を絶対に、系統に逆送させてはならないと決めつけられているからです。つまり自由に幾らでも発電できる燃料電池を系統に繋いで逆送されたら、或いはこの電気を売られたら、電力会社の売り上げが確実に減るからです。
 燃料電池は極めて高効率で、安全で安定で、防災電源としてこの上ない機能を持っていて、長寿命で、技術的にも完璧に完成しているのにも関わらずです。 エネファームの0.7kwというのは、まさにこの電力会社の利権を守る象徴なのです。
 少し考えてみて頂けませんか。
2013/06/12(水) 14:14 | URL | いろかにほへと #-[ 編集]
国会議事堂を長く仮設で過ごしたというのは江戸城再建を許さなかった保科正之を想起させてくれますね。それが日本ということでしょう。

ところで、原子力発電は、子孫に数千年~数万年の廃棄物管理をお願いしなければいけないものです。これを推進しなければならないとしたら、未来の子孫、つまり我々のことを考えた国づくりをされた先人と我々は大きく違うことを受け入れねばならないのでしょうね。

自らの豊かさと子孫の環境、我らが先人たちは後者を取ってくれたのに、申し訳ないことです。
2013/06/12(水) 09:28 | URL | jackie #JalddpaA[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク